« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

「{金正恩東京五輪まで生き延びたい!}」を喧伝している北朝鮮劣悪国家指導者等のオトモダチ、もしくは、手下等・・・。

『「常人の世界」では「お友達が極悪犯罪等を行ったなら、先ず、自首を薦める」。

「極悪人の手下等の世界」では

「親分の極悪犯罪を他の人々に無理やりにでも是認させようとしたりする」』。

『「主として、日韓内での工作活動(非人道的なモノも含む)等や

大韓航空機の爆破や

偽札や覚せい剤等の製造~販売等や

他国内での爆破テロや

他国内での化学兵器使用暗殺テロ等々」や

「国際的対話交渉の結果である合意の反故」や

「地球上のほとんど全ての国々が属している国連の決議に反旗を翻す

国連決議の不履行」や

「休戦協定等を破った韓国への武力行使」等々の

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮劣悪国家指導者の実態」は

「言うまでも無く、極悪人」だ』。

『「以上の人間としての当たり前の事を基」に

「現状の日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等を見直す」なら

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実体」は

「誰の思いの中でも明らかになる」。

「極悪人に自首を薦める論調を主としているテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「健常」と言えるが

「極悪人の極悪犯罪行為等を是認・黙認させようとしている」なら

「其れは、極悪人のお仲間、もしくは、手下等になる」』。

『「例えば、北朝鮮金政権の目的は、体制維持ダケ等」と

「極悪人の体制維持を是認・黙認等させようとしてる情報配信内容が在る」。

「現状まででも、

既に、

北朝鮮国内での恐怖政治や情報統制や大量粛清等々ダケでは無く、

主として日韓内等、他国内での工作活動等や

核・ミサイル武装等々の脅し等による

国際社会内でのゴネ得政治等までし続けて来なくては

体制維持さえも出来て来ていない」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「更に、現体制からの転換防止等の為」に

「金正日の後を継いだ金正恩」が

「自らの叔父を粛清」したり、

「自らのの兄までも、他国内で化学兵器まで使った暗殺テロで殺して来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「日本の中の北朝鮮のオトモダチがお友達なら、

自首を薦めるのが当然の実態が其処に在る」。

「それなのに、日本の中の北朝鮮のオトモダチは、

自首を薦めるどころか、

北朝鮮劣悪国家指導者等の極悪事を

多くの日本国民に是認させたり、黙認させたり・・・等々している様相」だ。

「其処に露呈している」のは

「オトモダチでは無く手下の実態になる」』。

『「本日も多くのテレビ等」では

「北朝鮮が東京五輪に参加する(本来なら、したいと表現するべきだが)旨」を

「喧伝」している。

「その実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が東京五輪以降にまで延命したい!」等と

「言っているダケかも知れないのに!」

「テレ朝のサタデーステーションに至って」は

「金正恩(三男)や金与正(三男の後に産まれた長女)が

学費の高いスイスの外国学校に通った次男の金正哲とは違って

スイスの{普通の}学校に通っていた事まで喧伝していた」が

「どんな学校出であっても、

極悪事を行った、行わせた首長等は

極悪人になる事は言うまでも無い」のに

「その旨は、黙殺」だ。

「見事なまでの極悪人等の手下ぶり」を

「露呈していた」が

「自覚無き劣者、もしくは、確信犯の悪者の様相」の

「裸の王様」は

「態度ダケ」は

「堂々と日本の公共の電波を使ってその情報等を一方的に大量配信」と

「フテブテシイ」』。

『「実に醜悪」な

「20年遅れの世紀末の様相」が

「其処に露呈していた」』。

『「健常人間世界の常道」では

「極悪人には自首を薦める、

自首しないなら、強制的に逮捕する、

逮捕も出来ないなら、排除・駆除等する」が

「当たり前」だ。

「極悪人を常人や善人同様に扱う、扱わせる」のは

「極悪人の組織」等と

「相場は決まっている」。

「筆者は、基本的に所謂、死刑には反対」だが、

「それは、個人レベルの犯罪や問題等々に対してだ」。

「国の制度による死刑とは、国家による殺人になる」から

「個人レベルの犯罪や問題等々とは、明らかに整合性が悪過ぎる」。

「国家内で暮らしている個人レベルの犯罪等の裏には、

国家レベルの不行き届き等が未だ在る場合が少なく無い」。

「国家による個人レベルの犯罪に対する死刑の容認」は、

「現状の不行き届きな面も多々ある国家を悪戯に利す事に直結する」。

「だから、筆者は、基本的に死刑に反対」だ。

「しかし、

国家レベルで極悪犯罪等を行っている、行わせている者等に対して」は

「国家、もしくは、国際社会レベルでの死刑も含む厳罰は大いにアリと考えている」。

「何故なら、その事を認めない死刑廃止論等では、

国家レベルで極悪事を行う、行わせる者等を

悪戯に利すダケになってしまうから」だ。

「国家レベルの極悪事を行う、行わせる者等に対する死刑等には、相応の正当性が在る」』。

『「言うまでも無く、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等による極悪事の数々」は

「個人レベルの犯罪では無い国家レベルの重大犯罪」だ。

「其処に、個人レベルを適用する、させる事は明らかに間違っている」』。

『「筆者が幼少期から受け続けて来ている集団工作活動の数々」も

「個人レベルなら、とっくの昔に、筆者、もしくは、筆者の周囲が解決出来ている事だ」。

「しかし、実態は、個人に対する国家レベルの工作活動になっている」から

「個人レベルでは解決困難どころか、実質的には、不可能に近い」。

「もちろん、地球事消滅させる等の手段を使うなら、解消可能」だが

「そんな超大雑把な事をすれば、何の罪も無い人々までをも巻き込んで抹消してしまう事になる」。

「国家レベルの極悪事に対して」は

「国家レベル、或いは、国際社会レベルで解決する、させる」のが

「正道になる」。

「陰険なナチス・ヒトラーの撲滅は、今の人類の急務だ」』。

『「個人レベル犯罪等に対する国家による殺人に該当する死刑を排する」のと

「同様の{平和ボケ}感覚」や

「確信犯のお仲間悪」等が

「未だ、自首していない、北朝鮮劣悪国家指導者等の延命を望んでいる」。

「其処に露呈している」のは

「実体把握さえ???の劣者と確信犯のお仲間等の悪者」だ。

「本質的、劣悪者等に、人間世界の大きな実権・利権等を与え続ける」なら

「人類滅亡は必然になる」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「常連出演者等が麻生副総理兼財務大臣より自分たちを上に置く事で常連出演者等の自論の価値を上げようとしていた様相」だったが・・・。

『「麻生大臣は、新聞を読んでいないのでは?新聞を読めば、漢字も良く覚える」等の旨まで

「公共の電波上で述べていた」のだから

「本当に呆れた」。

「もちろん、忙しい中、麻生大臣兼副総理が読める新聞記事の量等」は

「多大では無い筈」だ。

「今回、多くのテレビ・マスコミ等や反対野党等により問題化されている

麻生大臣兼副総理の発言の内実」は

「TPP11の方が、森友問題より遥かに、

日本国・多くの日本国民にとって重要な事なのに、

新聞等の扱いでは、

森友問題の方がTPP11より遥かに重要であるかの如く扱っているのは

変だ」であり、

「こんな明らかに変な事さえも自ら気づいて直せない新聞等は

レベルが低い」等だった。

「この問題本質」は

「現状の新聞・ラジオ・テレビ等の公共的大情報配信機関による

事の大きさと

扱いの大きさの齟齬」に他ならない。

「新聞を読めば、漢字も覚える・・・レベルの

テレビ常連出演者等」は

「問題の本質を黙殺したまま

実質的、政治運動等を

公共の電波上で恥じらいも無く行う

実質的、大恥状態を露呈していた」が

「その自覚さえも無い劣悪状態、

或いは、確信犯の悪状態の様相」を

「露呈していた」』。

『「新聞を読む前には、新聞をどう読むのか?」が

「非常に重要になる」。

「どう読むのか?を抜きに、タダ新聞を読む」と

「漢字や文章表現や新聞の論等を{覚える}のがセイゼイ・・・状態に陥り易くなる」のが

「戦後日本の学校教育で自分を染め上げて来た人々の実態」だ。

「先ず、どう読むのか?を考え、

例えば、

新聞情報の中から、実体や事実・現実と強く推定出来る情報を取り出して読む様にする」なら

「新聞の論等に自分を染め上げさせてしまう事等の可能性の激減する」。

「重要な事は、実体や事実・現実となる」から

「実体や事実・現実の大きさや実影響等が大いに気になる場合も多くなる」。

「大きな問題なのに、新聞紙上での扱いが小さかったり、

小さな問題なのに、新聞紙上での扱いがおおきかったり、

する」と

「変や異常等を感じる」のが

「当たり前の状態になる」。

「原寸大では無い情報配信の裏に在ると強く推定出来る思惑等にも

思いが至り易くなる」。

・・・「先ず、新聞をどう読むか?を考える読者が多い」なら

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信をしていない新聞の

評判は直に悪くなる」のが

「当然」だが、

「新聞を読んで、漢字や文章表現や新聞の論等を{覚える}読者が多い」なら

「漢字の使い方が上手く、

文章表現が良く、

上辺の説得力ダケはある論等を掲載している新聞等」でも

「高評価状態に成り易い事になる」。

「戦後日本の学校教育」で

「どちら側の人々が多く育成されて来ているのか?」は

「現状日本の実態を見れば明らか」だ。

「高学歴を自慢等したりもしているテレビ常連出演者等のレベル」とは

「戦後日本の学校教育上での優等生レベルに他ならず、

より良い実務をこなす事が強く求められている

実人間社会の中では、

漢字は読めない場合もある

問題発言や問題行動等を起こしてしまう場合もある

日本国・多くの日本国民の為になる実務をこなしている政治家や

漢字は読めても、

官僚言語体系上の発言が主で

一般国民には分かり辛い国会答弁等をする

政治家ほど図々しさ等を露呈しない場合が多いが故に何処と無く頼りなげ・・・な官僚等より、

遥かに下」だ』。

『「実体としてレベル低い者の自論等」を

「主として、公共の電波上で配信し続ける事」や

「実体として、常連出演者等よりレベルの高い人々」を

「意図的に、貶めたり、黙殺したり、する事」で

「視聴者等」を

「レベルの低い者の自論等で染め上げよう・・・とし続けて来ている者たち等」が

「実態として、利している者・物・事や国等」を

「考えたり、検証したり、する」なら

「上辺の表現が容易でジェントルで正義っぽく大衆受けが良い分ダケ

国会茶番劇等より更に悪質な

テレビ・ラジオ・マスコミ等の

マスメディア茶番劇の本当の目的等」が

「浮かび上がって来る」』。

『「米国でも日本でも、EUでも、他の世界中の国々でも、

メディア批判が起きるべき本質が在る」から

「メディア批判が起きている」。

「自浄で、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信へと是正しないところ」には

「今後も連綿と続き、時と共に、その勢いや強さ等が増して行く

メディア批判・非難が

常に、付き纏う事になり、

何れは、崩壊・解消等させられる事になる」。

「現状メディア界の裸の王様たち」が

「自らは着物を着ていない事に気づき、

醜態を曝し続けていた過去を詫び、

是正するのは何時か?」』

『「そもそも、

一学校法人設立問題であり、

一国有地払い下げ問題である森友問題と

それに、更に付加された財務省文書書き換え・削除等問題」の

「真相は?」

「出来の悪い右翼の様相を露呈していた森友学園の小学校」が

「出来た場合」は

「出来の悪い右翼の基が大量育成される事になってしまっていた筈」だ。

「その様な事態」は

「右翼・保守より賢そうな{イメージ}で

支持を得続けて来ている

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)にとって、

好都合」になる。

「出来の悪い右翼」と

「如何にも賢そうなイメージの左翼(内実、親朝鮮等)」は

「同じ人脈である場合が多い」。

「●●系の人々が多く暮らす地域」に

「所謂、左翼(同上)も居れば、右翼の街宣車等も在る」のが

「戦後日本社会の実態」だ。

「同じ人脈の者たちの間」での

「学校の勉強等が得意だった者たちは、如何にも、賢そうなイメージの左翼(同上)にして、

学校の勉強等が苦手だった者たちは、出来の悪い右翼にする

(暗黙の)命令・指示等に基づいた了解等」が

「見え隠れしている」』。

『「もし、民主党政権が続いていた」なら

「森友学園小学校は無事旗揚げとなっていた可能性大」だ。

「その方が、所謂、左翼(同上)にとって、都合が良い状態になるから」だ。

「ところが、実際は、民主党政権は終わり、

所謂、左翼(同上)の勢いは急速に衰えて来ている」。

「ここで、戦略の変更があった事等が推定出来る」。

「出来の悪い右翼と、日本の保守政治家等を強く結びつけるべく

籠池氏等は動いていた様相」だが

「其処で出来た繋がりとして利用出来る事をテコにした

保守貶め、降ろし工作等が行われる事になった様相」だ。

「異常なまでに詳しい決済関連文書付帯記載が始まり、

その中で、安倍夫人の名が1月8日(金正恩の誕生日)に登場した」。

「1月8日にサイバーアタックで前のパソコンを壊された筆者の実感」では

「其処に、明らかな意図、もしくは、命令・指令等が在る大きな可能性」を

「無視出来ない」』。

『「その後、代わった理財局長の佐川氏」が

「国会で、反対野党等からの質問に対し、

かなり、大胆に、割り切った、官僚らしくない答弁を行った」。

「更に、佐川氏の答弁に合わせるかの如く、

今時、バレ無い訳も無い、財務省決済文書の書き換え・削除等が行われた」。

「文書を書き換え・削除等するなら、今時、バレ無い訳も無い事等」は

「頭の良い官僚等が分らない訳も無い」。

「官僚等が自ら、問題の種を仕込み続けている様相」が

「其処に露呈している」。

「財務省文書書き換え・削除等を暴露した」のは

「前々から、

森友問題等を大々的に扱い続けて来ている

朝日新聞」だった。

「財務省官僚にも、朝日新聞にも、東大出が山ほど居る」から

「その中の、所謂、左翼(同上)同志が結んで起こした大騒動劇の様相」が

「露呈している」』。

『「森友学園設立当初、

或いは、在日の母を持つ金正恩が北朝鮮のトップになった時等からの

意図、もしくは、命令・指令等の本質」は

「変わっていない」と「強く、推定出来る」。

「その実態」は

「先ずは、日本に従北政権化する事」であり、

「何れは、

日本を金政権の支配下に置く事であり、

金政権に近い者たちが日本社会や日本国民を

牛耳る事が出来る様にする事」等である

「可能性大」だ』。

『「実態として、

散々の極悪事を積み重ね続けて来ている北朝鮮金政権」を

「実態通りに、極悪政権等として情報配信せず、

むじろ、金政権の実質的、賛美・宣伝等を積極的に続けて来ている」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、

もしくは、オトモダチ、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「そして、そんな状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「嫌っている」のは

「北朝鮮に厳しい、トランプ政権であり、安倍政権」だ。

「逆に、実質的に推奨している」のは

「北朝鮮のオトモダチ人脈の臭いも濃い

反対野党等」だ』。

『「上記の様な実態・実体」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の自論情報等を鵜呑みにせず、

実体や事実・現実ダケを取り、

其処から自分で考えたり、検証したりする」なら

「誰もが分る事」だ』。

『「朝日新聞も含む、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

北朝鮮のオトモダチ人脈の臭いも濃い、反対野党等」には

「TPP11よりも、森友問題を大きく扱う事」が

「合理的になるバックボーンが在る」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮が在日の母を持つ金政権独裁等で無い

多くの国々同様の政権交代のある政権なっても、

そのバックボーンが在り続けるのか?」は

「大いに疑問だが」』。

『「学校教育」では

「本質や実体や事実・現実の捉え方」や

「本質や実体や事実・現実に基づく理解・把握・判断能力等」を

「教える」のが

「正道」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「本質や実体や事実・現実を

原寸大で情報配信すれば良い」。

「そして、原寸大情報配信を基」に

「視聴者・読者等は、自ら、考え、判断等する」のが

「健常状態」だ。

「戦後日本の現状までの実態」は

「学校教育で、覚える事を教え」、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等では、

偏向・偏重情報配信で

イメージで多くの視聴者・読者等を操ろう・・・等としている」。

「其処に在る」のは

「不健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム状態」だ。

「ナチス・ヒトラーのラジオ悪用による大衆誘導と同様の事態」が

「未だに、蔓延れている事」は

「本当に異常」だ。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「言葉狩り等をしている暇がある」なら

「是正すべき事を是正するべき」なのが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「実質的、ストーカー行為等により暴くべき」は

「特定個人等ダケの不倫問題等個人レベルの問題では無い」。

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員やその協力者等の実態」だ。

「拉致工作を行わされた者たちやその子孫等が、

その後、何も行わせられていない」等と

「本気で、考え・思える」なら

「相当な平和ボケで、ジャーナリスト等には向いていない」。

「それなのに、工作員やその協力者等が

現状の日本社会の中で行い続けている

工作活動(非人道的なモノも多い)等さえも、

ロクに告発等出来ていない」のは

「出来ないのでは、無く、しないから」と

「強く推定出来る」。

「しないのは、お仲間だから・・・なんじゃないの・・・等と

感じている一般日本国民の数も決して少なく無い」。

「言うまでも無く、工作活動等側のお仲間なら、確信犯の悪等」になる』。

『「新聞紙面でTPPは大きく報道されています」ダケを言い、

「森友問題のそれより大きな扱いを言わない」のは

「明らかに酷い」。

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信をする様に是正します」等と

「言うべき時」に

「偏重情報配信を続けている者たち等には自浄は期待出来ない」。

「選挙も無いから、人脈交代も無い事の悪害が露呈している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「前後を暴行事件問題等で挟んで、金政権の訪中を実質的に、大賛美・・・」等していたが・・・。

『「本当にお見事!(もちろん、皮肉)な北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり・・・」だ。

「北朝鮮が核武装出来た」から、

「北朝鮮の立場が向上」し、

「中国との完全一致も必要無く」、

「北朝鮮の非核化ダケでは無い、朝鮮半島の非核化という

米との間での核軍縮交渉まで出来る様になった旨論」や、

「北朝鮮が持つ核ミサイルをダシにした日本脅し論」や、

「北朝鮮外交日本蚊帳の外論」や、

「北朝鮮問題対話解決論」や、

「日朝会談推奨論」や

「北朝鮮への経済支援論」等を

「日本の公共の電波上に一方的にばら撒いていたのだから!」。

「もちろん、今更言うまでも無く、

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話・交渉・合意等が成り立つ訳も無い」。

「金政権の訪中を手厚くもてなした習近平」が

「強く感じた様相」なのは

「トランプとは話しが通じるが

金正恩はお話しにならない」だ。

「何しろ、北朝鮮の軍備の実態」は

「少々の時代遅れの核ミサイル等々が保持出来た程度でしか無い」。

「其れ」と

「主として、日韓内等の工作活動(非人道的なモノも多い)等」や

「他国内等でのテロ等の問題行動等」を

「基」に、

「図々しい、駄々コネ外交を続ける事」と

「北朝鮮内での恐怖政治」等で

「体制を連綿と維持しようとし続けている」。

「誰もが直に分る

呆れるばかり・・・の

劣悪ぶり」が

「露呈している」が

「其れを直そうともしていない」。

「劣悪状態のままの体制維持の為」に

「支配地域拡大・支配者数増大工作等までも

行い続けて来ている」。

「陰険なナチス・ヒトラー」。

「今時、そんなモノに力を与え続ける国も人々も無い」から

「実際に、中国も含む全世界の多くの国々」が

「北朝鮮に制裁を加えている」。

「朝鮮半島の非核化等では無い、

北朝鮮による核・ミサイル・工作活動等放棄」の

「実行が無い限り

全世界が北朝鮮にNO!を突きつけている基本構造は変わらない」』。

『「其れなのに、未だに、北朝鮮金政権」は

「訪中しても、

今まで通りの北朝鮮のご都合論を言い

図々しく、中国に{支援して!}と頼んだ」。

「習近平で無くても、世界中の何処の国の国家指導者等でも、直ちに呆れるのが当然の実態」が

「其処に在る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が劣悪では無かった」なら

「今回の訪中時」には

「北朝鮮は本気で直ちに核放棄する」から

「中国も制裁を止めて欲しい」。

「米国や韓国・日本等々にも、制裁を止める様に中国からも言って欲しい」等の

「実質的、命乞いの願い」を

「真剣に訴えていて当然」だ。

「現状まででも、散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権が生き延びる為」には

「自首が必需だから」だ。

「ところが、せっかくの訪中チャンス」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等は生かせなかった」。

「核の脅しや他国内での工作活動等や問題行動等々の継続~拡大」で

「延命どころか、支配圏の拡大・支配者数の増大まで

未だに、可能と信じ込んでいる実体を露呈させたダケ」だった。

「もちろん、そんな北朝鮮のご都合に

中国も全世界も同意する訳も無い」。

「ご都合論を言われれば、呆れ、ダメ出しをするダケ」だ。

「北朝鮮問題」は、

「もはや、北朝鮮劣悪国家指導者等のペースでは進まない」。

「他者支配が大好きな北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下・協力者等」は

「何としても、北朝鮮劣悪国家指導者等のペースで事を進めようとしている」が

「其れに乗る国はもはや無い」。

「韓国従北政権でも米・朝の選択では米を取る」。

「中国でも米を取る」。

「世界中の何処の国でも、

散々の極悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者の支配下に在る

北朝鮮を

本気で取る常道国は無い」。

「現状までの北朝鮮並みの極悪国なら、お仲間として北朝鮮を取る事もあり得るが、

それは、圧倒的マイナー」だ。

「結果、今後の北朝鮮問題」は

「主として、米中の合意を基に

近々、片付けられる事になる」。

「4月11日に

金正恩が

北朝鮮党大会で

核・ミサイル・工作活動等放棄宣言でもしない限り」、

「南北会談の実態も今回の訪中と同様と判る」から

「実質的には、無駄」だ。

「中朝首脳会談も、南北首脳会談も、米朝首脳会談も、

北朝鮮劣悪国家指導者等が劣悪である事を

中・韓・米の首脳が直接知るダケにしかなら無い」から

「実質的には、無駄」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の時間稼ぎ等にしかならない」。

「対話や交渉、合意等は、劣悪では無い者同士・国同士の間で成り立つ事」だ。

「対話をしても、ご都合論を無理強いして来るダケ」で、

「交渉し、合意した結果でさえも守らない北朝鮮」との

「更なる対話は無駄」だ。

「極悪人には自首を求める」。

「その為に、今、全世界が団結して圧力をかけ続けている」。

「それなのに、極悪人が自首しない」なら

「強制的に逮捕・排除・駆除等する」のが

「正道」だ。

「正道を逸脱して、極悪人を利し続ける」なら

「人間世界が抱えている重大問題が益々解決困難になる」。

「その先には、人類滅亡まで付いている」。

「米軍が限定攻撃等を行っても、北朝鮮は反撃出来ない可能性が非常に大きい」。

「万一、反撃するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等に成るダケだから」だ。

「北朝鮮側からの先制攻撃でも事態は同じ」だ。

「極悪人が生き延びる為には自首しか無い」』。

『「北朝鮮との無駄になる首脳会談等を行う」なら

「トランプ政権の支持率は益々落ちる事になる」。

「限定攻撃等の実行と中国との協力で

北朝鮮劣悪国家指導者等問題を解決する」なら

「トランプ政権の支持率も急上昇する事になる」。

「万一、北朝鮮が反撃して来て、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等になってしまって」も

「トランプ政権の支持率は高くなる」。

「首脳会談で問題が解決出来る相手か?否か?」は

「今回の訪中で既に明らか」だ。

「極悪人に過分な時間や資金やチャンス等々を与える必要は全く無い」』。

『「日本の中で

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下・協力者等の状態を露呈し続けて来ている者たち」の

「裏には何が在る?」

「血統か?」

「人脈か?」

「戦後日本の情報・教育か?」

「宗教か?」

「過去から積み重ねさせられてしまって来ている悪事等か?」

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等に握られてしまっている弱みか?」

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の工作活動(非人道的なモノも多い)等による脅しか?」

「・・・等々、等々」。

・・・「何れにしても、

そんなモノに

本来の自分を縛り続けさせる必要は全く無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等からの解放」は

「個々の人々が自分で出来る

人類としての健常実務」だ』。

『「未だに、

北朝鮮を中心にした論調で北朝鮮問題を喧伝し続けている

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「明らかに異常」だ。

「北朝鮮問題解決の為」には

「米中がどう動くか?」が

「肝になっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下・協力者等に対する実質的、応援になる

北朝鮮中心論」は「直ちに、止める、止めさせられるべき」だ。

「北朝鮮問題解決の為に実効がある論」や、

「米中主軸論」等が

「主流になる」なら

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等やその協力者等」は

「終わりの時が近い事等を知る事も出来、

北朝鮮劣悪国家指導者等から自分を解放する事等も

行い易くなる」。

「公共の電波や公共的マスコミ等を使って、

一方的に大量配信されている情報」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノ多い)等の継続~拡大等に

力を与える内実になっている場合」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

継続~拡大等する意志を削ぐ内実になっている場合」の

「日本社会への実影響」は

「かなり違う」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の側を実質的に応援して来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「責任や罪」は

「非常に大きい」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれない為」には、

「早急な是正と、自首~謝罪等々」が

「必需」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「当たり前の如く、何も出て来ない佐川氏の証人喚問」と「訪中したが言い分が通らなかった金正恩」・・・。

『「キャリア官僚の証人喚問」で「国会議員等が質問ダケしたところで、何も出て来ない」のは

「当然の現象」だ。

「質問ダケでは無く、ブツ(証拠)をぶつけなければ」、

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等にしても、

与党等にしても」、

「言い分や主張等が正しい事等」を

「多くの国民に分かる様に、証明等出来る訳も無い」。

「多くの人々」は

「先ず、最初の段階」で

「キャリア官僚等高学歴者等が発する言語自体の理解」が

「十分に出来ない」から

「其れダケで、キャリア官僚等高学歴者等に対してネガティブなイメージを抱き易くなる」。

「証人喚問等に呼ばれている

悪者イメージが付けられている者なら尚更」だ。

「其処から、多くの人々が内在的に求めている結論が生まれ易くなる」。

「自分が、自覚の有無を問わず、悪者と思いたがっている者は

悪者であって欲しい、或いは、悪者であるべきだ、・・・等々」。

「多くの人々に分り易い言葉で語りかけている」のは

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「分り易く、悪者イメージで喧伝している者等」を

「多くの視聴者・読者等は、

悪者等と

知らず知らずの内に思い込まされたりしている」。

「この大衆が持つ、大衆に持たせる事が出来る特定のイメージ」を

「悪用する事」で

「政治運動等も可能になる」。

「現状、大騒ぎになっている

森友問題や

財務省文書書き換え・削除等問題」で

「多くの人々が持っている、持たされている結論」は

「森友問題」では、

「安倍総理夫人の関与があった」であり

「財務省文書書き換え・削除等問題」では

「安倍政権の関与があった」等になっている様相だ。

「しかし、もちろん、それが真実とは限らない」。

「そればかりか、

その様な事が真実である事を示すブツ(証拠)は

何も出て来ていない」。

「更に、嘘を言えば、偽証罪に問われる証人喚問」で

「佐川氏は、安倍総理・安倍総理夫人・総理官邸・麻生財務大臣等々による

財務省文書書き換え問題への関与」を

「強く否定した」。

「政治家や政治家夫人からの働きかけによる

森友学園関連一国有地払い下げ事案の湾曲等」も

「否定した」。

「証言上では、

反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が{要望}している結論」は

「実質的に、何も得られていない」。

「其処で、

{都合の良い真実}を導き出す事による政権交代等を目論んでいる様相の

反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「その様な証言をした佐川氏を益々悪者にした」り

「証人喚問ダケでは事は済まない!済ませない!!」等と

「更に、大騒ぎする事等」により、

「何としても

{都合の良い真実}を

無理やりにでも

つくり出そうとしている」様相だ。

「まるで、北朝鮮による駄々っ子瀬戸際外交の様に」・・・』。

『「森友関連財務省文書書き換え・削除等の問題」について、

「現状までに、はっきりしている事実」は、

「実態としては、財務省理財局の官僚・公務員等が自ら起こした問題である事」だ。

「大元は、異常なまでに詳しい決済文書の付帯事項等の記載」だ。

「其処には、金正恩の誕生日である1月8日付け」で

「安倍総理夫人関連の記載が登場した事実もある」。

「ここで、日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等について、

ある程度認識等がある人々」なら

「気づく事」は

「其れが、元々の工作指令だったのでは・・・」の「大きな可能性」だ。

「つまり、安倍総理夫人を森友学園に対する土地売買に強く関連付ける事」等を

「道具にして、

北朝鮮に都合の悪い安倍政権を降ろせ!」等の

「指令」だ。

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」は

「金正恩の誕生日である1.8や

抗日の日とされている3.1等に

強い関心を持ち続けながら生活や工作活動等を行い続けて来ている」。

「年明け早々、

金正恩の誕生日である1月8日付けで、

ワザワザ異常な程詳しい付帯文書で

安倍総理夫人の名が出された事」に

「呼応」した

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、テレビ・ラジオ・マスコミ界や政界や官僚・公務員界の者たち等」による

「集団的工作活動」が

「行われ続けて来ている」のが

「森友問題や財務省文書書き換え・削除等問題」の

「実体である可能性」は

「かなり高い」。

「その場合」

「一つの鍵になる」のは

「1月8日付け」で

「安倍夫人の名を乗せた異常に詳しい文書を

書いた・書かせた・書かざるを得ない状態を創った者等になる」。

「その後の集団的呼応状態等」は

「他の指令等からでも同じ実態が現れる、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等やその協力者等の

ルーティンワーク等」になる。

「ルーティンワーク上」では

「出来るだけ一般日本国民も巻き込む手口」が

「多い」から

「ルーティンワーク上で

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員やその協力者等ダケを

明確に選別する事等」は

「結構、難しい事になる」が

「不可能では無い事」だ。

「森友問題や財務省文書書き換え・削除等問題を徹底的に全容解明する」なら

「徹底的に行えば良い」。

「一つの鍵になる{その者}と北朝鮮劣悪国家指導者等との関係性等」が

「暴かれるなら、上記の実体」こそが

「真実である可能性大になる」。

「上記の様な可能性が大きい事態」を

「黙殺したまま、

無理やり、財務大臣や政権の責任にまで{格上げ}して扱わせよう・・・」等の

「政治運動等を行い続けている」のが

「反対野党やそのお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「実質的には、

北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等を利している実態が露呈している」』。

『「金正恩が訪中した」が

「金正恩は北朝鮮の言い分を伝え、

習近平は其れに呆れ、コイツでは駄目!!!と強く感じた」から

「訪中は無駄、どころか致命傷になった」。

「それは、会談後の両者の表情等から良く判る」。

「上辺ではどんなに笑っていても、死相がより濃くなった金正恩」と

「実質的には、苦笑い・・・で、呆れた事がアリアリと判る習近平」。

「実質的には、命乞いの為の訪中」でも

「素直に命乞い出来なかった金正恩」の

「哀れな実態が露呈していた」』。

『「未だに、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等やその協力者等」は

「中朝会談~金正恩政権の延命等を喧伝し

日本国内の工作活動等の継続~強化等を実質的に{命令}等している」が

「それは、もはや、恥の上塗り」だ。

「近未来、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる名の大きさを大きくしている

自虐業等」は

「いい加減に止めた方が良いと思うが」・・・』。

『「例え、米朝会談が実現しても、

金正恩が核・ミサイル・他国内での工作活動等を直ちに放棄しない限り、

金正恩の生き目は無い」。

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない場合、

金正恩が言う事は

今回の中朝会談の二番煎じになる」から

「米朝会談は無駄」だ。

「4.11の金正恩等の宣言で明確に

直ちに、核・ミサイル・工作活動等を放棄して、

経済と平和友好に生きる旨等が

明言されない限り」、

「直に、米軍が予防的攻撃をする道」こそが

「正道になる」。

「従北政権との対話等を行わせても、

事態が良くなる訳も無い

ばかりか、

むしろ、より深刻化する事は明白」だ。

「極悪人等に、過分な時間や資金やチャンス等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「未だに、

北朝鮮側からは、

今まで、散々な対応をし続けて来ている

中国に対し、

核等の放棄もせずに支援を願う事で延命を図ろうとしている

金正恩等」は

「本当に、どうかしている」。

「金正男より遥かに、国家指導者としての資質が悪い事は明らか」だ。

「北朝鮮の政権交代には高い必然性が在る」』。

『「日本の政権」は

「現政権より良い政権への政権交代なら行うべき」だが

「現政権より良い政権の具体像が見えていない現状では

悪戯な政権交代は不要になる」。

「政権交代を言う前に、

より良い政権の具体的提案が必要な事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「因みに、金正恩政権より良い具体的政権」は

「少し考えるなら、

世界中の多くの人々が

直に思い付く」。

「現実的には、

個人独裁政治体制と

独裁者の世襲を直ちに止め、

とりあえずは

中国共産党政権下の中国並みの状態にすれば良い」。

「その為の{一時的象徴者}を担ぎ出せば良い」。

「その後、情報の自由化等と共に、民主化すれば良い」。

「もっとも、現状人間社会・経済システム等の{終わり}の方」が

「早くやって来てしまう可能性大」だが・・・』。

|

佐川氏の証人喚問は明日だが、今日も「森友問題に興味を持つ事で反安倍政権思考を育成させよう!政治運動」等が日本の公共の電波上で盛んだ・・・。」

『「決済済みの財務省文書書が換え・削除等されたが、決済内実等の重要事項は変えられていない」。

「決済文書を書き換え・削除等するなら、今時、それがバレ無い訳も無い」。

「決済内実等の重要事項を変えずに、

付帯条項の一部を

バレる事が容易に想定出来るのに、

ワザワザ書き換え・削除等した理由は?」

「それは、書き換え・削除等された内容から推定出来る」』。

『「書き換え・削除等」は、

「保守系政治家や安倍夫人関連のところ」と

「佐川理財局長(当時)の国会答弁との齟齬部分として追及される可能性がある部分」だ。

「バレる事が容易に推定出来る決済文書の書き換え・削除」が

「財務省や

佐川理財局長(当時)や

削除等された部分に乗っている政治家や政治家夫人等の

保守・保身等の目的なら、

余りにも、愚かな事になる」。

「頭の良い官僚等や、ズル賢い政治家等」が

「ワザワザそんな愚かな事をする」とは

「考え辛い」。

「ところが、

普通に考える」なら

「容易に推定出来る

書き換え・削除問題の本質にかかわる、

重要要素にも成り得る

上記の事態」を

「書き換え・削除等を暴露した側のテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「黙殺し続けている」。

「可能性の一つ」として

「容易に推定出来る事態」を

「黙殺したまま、

実質的に、大宣伝されて来ている」のが

「書き換え・削除等に対する、

政治家による関与」や

「政治家の圧力」等だ。

「財務省国会答弁」で

「明確に否定された後」でも

「未だに、

安倍政権の政治家の関与・圧力により問題が起きたゾ~!イメージ」を

「想起させ易い情報配信が続いている」。

「其処に露呈している」のは

「公共の電波や公共的マスコミ等を悪用」した

「反対野党等の為の政治運動」だ。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の主たる論調」は

「未だに、反対野党寄りになっている」』。

『「選挙も無いから政界の様な人脈交代も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」の

「大問題」が

「其処に露呈している」』。

『「例えば、

北朝鮮のオトモダチ、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の官僚等が

北朝鮮のオトモダチ、所謂、左翼(同上)のテレビ・ラジオ・マスコミ等や政治家・政党等と組んで

北朝鮮に厳しい安倍政権の支持率を落とす為」に、

「バレる財務省文書書き換え・削除等」の

「政界工作・大衆誘導工作等」を

「大々的に行った」なら

「書き換えさせた官僚等」と

「それを暴露した朝日新聞」と

「この問題をテコに北朝鮮に厳しい安倍政権の支持率を

懸命に落とそうとし続けている様相の

反対野党やテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち」等の

「人々の実態」と

「事の実態」は

「見事なまでに一致する」。

「状況証拠的には、最もあり得ると強く推定出来る実態」が

「其処に在る」が

「その様な事態を演じている側の様相の

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

反対野党等」は

「当然の如く、

上記の様な実態を黙殺し続けている」。

「その裏」で

「森友問題や財務省文書書き換え・削除問題等と

安倍政権との関連付け」には

「異常な程熱心」で

「重大な可能性まで排除した偏向・偏重情報の一方的大量配信」により

「視聴者・読者等の頭の中に、安倍政権は悪いんじゃないの・・・等のイメージを抱かせた上」での

「世論調査等で、安倍政権の支持率が大幅に落ちたゾ~!大宣伝をする」。

「政権支持率が大幅に落ちたゾ~!と大々的に見聞きさせられる」と

「そんな政権を支持する事は、止めておいた方が良いんじゃないの・・・」等の

「心理が多くの視聴者・読者等の中で育成され易くなる」から

「少しづつ時をズラして世論調査を繰り返す」なら

「北朝鮮に厳しい安倍政権の支持率も徐々に落とせ、

ついには、北朝鮮に厳しい安倍政権を降ろせる・・・」等と

「企み、

その為の実質的、情報・政治工作等を懸命に行い続けている様相」なのが

「日本の中の北朝鮮の手下やオトモダチ等の人脈の者たちの様相」だ』。

『「政界」には

「選挙がある」ので

「今や、北朝鮮の手下やオトモダチ等の様相が濃い政治家や政党等」は

「圧倒的、マイナーになっている」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等には選挙も無い」から

「人脈交代も無い」。

「旧来からの人脈の者たちが

日本の公共の電波上や公共的マスコミ上の

論やイメージ等を仕切っている」。

「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮の手下やオトモダチ等」に

「日本の公共の電波や

日本の公共的マスコミ等を使った

情報配信内容を

牛耳らせ続ける必要は全く無い」。

「人脈自体を是正するには、相応の時間も手順も要る」が

「そんな人脈による情報配信内容に

自分を操らせない事」は

「直ちに出来る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等に

自分を操らせない事は

日本に自虐状態を誘わない為に

個人レベルで直ちに出来る自主防衛の一つ」だ』。

『「政治や人間社会の問題等上の思いや判断等では、

頼るべき者を求めたり、

特定の者等の思い・判断等に依存したりしてはいけない」。

「実体や事実・現実の理解・把握が第一」で

「その上で、思いや判断等は、自分自身で行う事」が

「極めて重要になる」。

「多くの人々がその様な

民主主義社会の民としての基本中の基本を

疎かにする」なら

「容易に、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等による大衆誘導等が可能になってしまうから」だ。

「ナチス・ヒトラーのラジオ悪用の大衆誘導の二の舞を演じてしまう」のは

「歴史から学べていない、歴史から学ぶことさえも教えられていない

愚民状態の者たちになる」。

「民度の低い民を大量育成した上」で

「テレビ・ラジオ・マスコミ等を悪用した大衆誘導政治」が

「行われている社会」は

「民主主義社会では無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム社会」だ。

「民主主義社会への是正」が

「必要である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「一国有地払い下げ問題」や

「財務省文書書き換え問題」等々の

「国政上の実質的、小問題」で

「多くの人々が、大騒ぎし、大騒ぎさせられ」、

「北朝鮮に厳しい政権を降ろしてしまう」なら

「日本社会の実態」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム状態になる」。

「学校教育等により愚民化された民」が

「大量に居るが故の現象」が

「其処に、露呈している事になる」』。

『「財務省文書書き換え問題等で、責任者等を追及している暇がある」なら

「日本の中で北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等を行い続けて来ている者たち等を

告発等し、

必要十分な罪と罰等を問える

法整備や体制整備等を行う事等の方」が

「遥かに、多くの日本国民のメリットになる」』。

『「多くの日本国民が強い興味を持つべき」は、

「森友問題や財務省文書書き換え・削除等問題か???」

「それをテコに安倍政権にNO!を出すことか???」

「数々の保守政治家や安倍氏・安倍氏夫人等々に、無理やりすり寄って利用しようとした、

所謂、左翼(親朝鮮等)と同人脈の出来の悪い右翼的様相を露呈している

籠池現被告の森友問題」や

「財務省官僚(所謂、左翼等かも知れない)等による

バレる事が容易に推定出来る決済文書の大々的書き換え・削除等」等々によって

「北朝鮮に厳しい政権の力が落とされたり、

北朝鮮に都合の良い政権への交代等が招かれたり、してしまう」なら

「本当に、情けない程、

民度が低過ぎる民の数が多い事になる」』。

『「個々の視聴者・読者等が自らの民度を高くする事」は

「自分の意思と行動等で容易に出来る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に自分を操らせなくなる」なら

「自分の意思も行動等も容易に出現して来る事になる」。

「頼るべき」は

「者では無い、特定の者の論等では無い」。

「実体や事実・現実」だ。

「実体や事実・現実を理解・把握する」なら

「自ずと

自分の実体に基づいた

自らの考え・思い・判断等が生まれて来る」。

「所謂、理系の世界」では

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を基にして

製品等をつくり出さなければロクなモノが出来ない」。

「誰かが、こう思う、こう信じる」と

「大々的に喧伝等したところで、実体離れ、事実・現実離れしているなら、虚しいダケ」だ。

「天動説では、余りにも、実体や事実・現実の把握が困難で効率が悪過ぎる」のが

「理系、或いは、物質文明の世界」だから、

「理系、或いは、物質文明の世界では、地動説の実体が把握された後は、

圧倒的に地動説が主」だ。

「政治・社会・経済等の所謂、文系の世界」では、

「未だに、天動説・・・で、特定の誰かに頼りたがる傾向が強い」が

「文系、或いは、精神文化の世界が天動説のまま、

地動説レベル実用故に、急激な進歩・進化を実現出来ている

物質文明製品を使い続けようとすれば、

必然的に、人類滅亡が招かれてしまう」から

「文系、或いは、精神文化の世界を地動説レベルに健常進歩・正常進化させる事」は

「今、生きている全ての人類が

自覚のあり、無しは問わずに、

保持している重大な責務」だ。

「精神文化が天動説レベルの人類」は

「同じ人類を殺す自虐的な武器さえも

地動説レベルの科学技術等まで用いてつくり出し続けて来ている、

ばかりか、

実用までして来ている」。

「銃の問題」も

「テロ・戦争・工作活動等々の問題」も

「その解決」は

「全ての人類の精神文化レベルを地動説レベルにまで健常進歩・正常進化させる事」により

「可能になる」。

「逆に、精神文化側を天動説レベルのままにする・・・」なら

「進歩・進化し続けている物質文明製品の

天動説レベルの精神文化に基づいた実用により

人類は、容易に、滅亡する事になる」。

「判り易いのは、

武器等の進歩・進化による大実害を招いてしまう

最終戦争等故の人類滅亡」だが

「地球環境に大きな負荷を要求している数多くの物質文明製品の過剰・過分使用を

必然的にもたらす

現行の社会・経済システム等の

不進歩・不進化故の人類滅亡の可能性も非常に大きい事」は

「決して、忘れるべきでは無い」。

「そして、その両者が組み合わさる事による人類滅亡」こそが

「一番、可能性が高い」。

「そんな事態を避ける為に

今、必要な事」が

「多くの人類の精神構造の健常進歩・正常進化」であり

「それに基づく、人間世界の精神文化の健常進歩・正常進化」だ』。

『「多くの人類が今、行うべき重大な責務の

大きな邪魔にもなっている

日本国内の北朝鮮等による

工作活動(非人道的なモノも多い)等の撲滅」は

「本当に、急務」だ。

「国政上の実質的、小問題等々」で

「大騒ぎしている、大騒ぎさせられている場合では無い」』。

『「今時の人類として、必要な責務を十分に行えず、

未だに、公共の電波や公共的マスコミ等を使って

実質的、政治運動等を行い続けている

劣悪者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「独裁に走る・・・」等と「実質的、反安倍政権&利北朝鮮政治運動になる論」等を常連出演者等が日本の公共の電波上に一方的にばら撒いていたが・・・。

『「民主主義で肝要なのは民度」で「民度を言わない民主主義論では、お話しにならない」。

「お話しにならない民主主義論」と

「独裁論」を

「比べさせられる」なら

「独裁論の方が魅力的に感じられても何の不思議も無い」が

「其処で、ワザワザ民主主義を推奨する論等が言われる」と

「実質的、混乱状態等が想起され、

無意識レベルの嫌悪感等による防衛反応が立ち上がり」、

「多くの視聴者」が

「独裁VS民主主義の論」では「無く」

「他の要素を考えさせられてしまう状態に陥り易くなる」。

「本日のサンデーモーニングで常連出演者等が喧伝していた論の内実」から

「露呈」する「他の要素」とは

「政権交代可能状態」や

「一強状態否定」等々だった。

「つまり、実質的には、

北朝鮮に厳しい反安倍政権を

否定する感」を

「多くの視聴者に持たせる論内実になっていた」。

「テレビ等を悪用した大衆誘導では良く使われる手口」が

「露呈」している』。

『「民主主義で大切なのは民度」だから

「健常な情報・教育」なら

「民度を高める事に有益であって当たり前」だが

「戦後日本の情報・教育の多く」は

「汝自ら考えるるな!先生やテレビ・マスコミ等のリーダーの言い分等を覚えよ!状態」だ。

「更に、日本に対する自虐強い付き情報・教育等」までもが

「長く続いて来ていた」。

「実体」としては

「操り人形状態」で

「中・韓・北朝等にとって無害化された人々」を

「育成する情報・教育等が続けられて来ている」のが

「日本の情報・教育等の酷過ぎる実態」だ』。

『「結果、実質的に、多くの戦後の日本国民」は

「愚民化されている」。

「民主主義にとって重要な民度が低い状態」だ。

「民度が低い戦後日本社会」では

「健常な民主主義が成り立っていない」。

「多くの人々が現状利権に縋り付く金権依存状態」であり、

「政治的には、テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム状態」だから

「実際」に

「多くの人々の主たる興味」は

「現状利権と金」で

「政治」では、

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が

{今、考えるべきはコレ!}と喧伝」すれば、

「多くの視聴者・読者等が従い、

{現政権ダメ!}と言えば、その時の現政権の支持率は下がり、

{政権交代!}と言えば、

政権交代まで実現して来てしまっている」。

「実としては、多くの日本国民が多大なデメリットを受けてしまって来ているのに!」』

『「現状」でも

「北朝鮮のオトモダチ、政党・政治家・テレビ・ラジオ・マスコミ等が、

北朝鮮に厳しい安倍政権の支持率を下げる事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等にメリットをもたらす為」に

「一国有地払い下げ問題や財務省文書書き換え・削除等の

国政上の実質的小問題を

政権の大問題にしようとしている様相」等は

「冷静に、事実関係を捉える事が出来る民度が保たれている人々には容易な筈」だが、

「多くの人々」が

「北朝鮮のオトモダチ、テレビ・ラジオ・マスコミ等の論調に

異常なまでに従順」だ。

「さすがに、

自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!の二番煎じに乗せられてしまっている人々」は

「数少ない様相」だが

「未だに、

自民の中の親北朝等の者への政権交代の流れに

乗せられてしまっている人々」は

「未だに多い様相」だ』。

『「民主主義の前」には

「民度を高める事が肝要」で

「国政上の小問題で大騒ぎする前」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題等の国政上の大問題の解決が重要な事」は

「自虐状態を具現化しない為には、極めて、当たり前の事なのに!」』

『「民主主義の前に民度を高める事の重要性を言わない、

民度を高める為に必要な事等も言わない

常連出演者等」は

「それだけで、十分に悪質」になる』。

『「そもそも、現状人間世界の行き詰まり」は

「現状までの人間世界の精神構造故の必然に他ならない」。

「主として、武力による比べっこ支配権・被支配権争いの時代」は

「先の大戦以降、主として経済による・・・に進歩した」が

「どちらも、比べっこ支配権・被支配権争いである事に変わりは無い」。

「人間の精神構造として、

比べっこ支配権・被支配権争い」とは

「乳幼児レベルの精神構造」だ。

「健常な成人の精神構造は

本質・快適等探究になる」。

「乳幼児レベルの精神構造のまま人間世界の精神文化を構築し

その上で、多くの人類が生活する」なら

「乳幼児レベルの稚拙な争いが頻発する」のは

「至極当たり前の現象に他ならない」。

「自己健常支配の継続により本来の支配欲を充足し続ける」のが

「健常成人の常道」だが

「乳幼児レベルの精神構造上で生きている者たち」は

「自己健常支配の代わりに他の者・物・事を支配したり

他の者・物・事に自分を支配させる事で

支配欲を充足しようとするが

代償欲求の追及で本来の支配欲を充足させる事は不可能」だ。

「充足されない支配欲」は

「更なる代償欲求の追及行動等を生み出し易い」。

「どんなに名誉・名声・お金・財産・資産等々を得ても、

更に、もっと・・・と

追及し続ける者たちの裏」では

「充足されていない本来の支配欲が蠢いている」のが

「現実」だ。

「自己健常支配&本質・快適等探究」なら

「過剰な名誉・名声・お金・財産・資産等々は、邪魔なダケ」で

「必要な者・物・事に必要な者・物・事が適材適所で行き届く事による

快適人間世界の実現」こそが

「重要になる」。

「稚拙な精神構造を元に構築されている

現状の人間世界の精子文化製品である

社会・経済システム等」を

「連綿と使い続けているダケ」では

「快適な人間世界の実現は無理」だ。

「余りにも、性能が悪く、整合性も悪いから」だ。

「今、人類に必要な事」は

「多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」であり

「精神構造が健常進歩・正常進化した多くの人類が

健常進歩・正常進化した人間世界の精神文化製品をつくり出し、

それを実用する事」に他ならない』。

『「人類の物質文明製品」は

「急速な進歩・進化を実現出来て来ている」。

「人類の精神文化側で、急速な進歩・進化が実現出来ていない訳」は

「物質文明側との違いを探究するなら誰もが直に解る」。

「物質文明側」では、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ている」から

「急激な進歩・進化も実現し続けられて来ている」。

「ところが、精神文化側」では

「未だに、考え・思いレベルが重用され続けている」。

「例えば、多くの人々の死生観・人生観等でもそう」だ。

「科学レベルで判明している現実」は

「人類も含む生物の誕生・死が細胞ごとの実現象である事」だが

「未だに、丸ごと一人レベルの死生観・人生観等に過剰執着し続けている人々も数多い」。

「その結果として、

人間社会・経済システム等も、

丸ごと一人レベルの死生観・人生観等が基に築かれたモノのまま・・・」だ。

「物質文明側同様」に、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する」なら

「丸ごと一人レベルの死生観・人生観等に基づかず、

細胞ごとの誕生・死という現実と

丸ごと一人レベルで考え・思いたがる人の意識」との

「両方から整合性をとって社会・経済システム等も法等も整備し直すのが当然になる」。

「因みに、丸ごと一人レベルで考え・思いたがる人の意識」は

「自己健常支配の為には非常に有用」だ。

「しかし自己健常支配を怠り、それを他の者・物・事の支配や、他の者・物・事による被支配」に

「使い続けよう・・・とする」なら

「稚拙なトラブルの生みの親にもなり易い」』。

『「民主主義上で肝要な民度の基本中の基本」は

「成人レベルの精神構造であり、

具体的には、自己健常支配の継続による支配欲の充足等」だ。

「そして、本質・快適等探究」だ。

「その辺りが愚民化情報・教育等により、損なわれている」と

「自己健常支配の代わりに、

他の者・物・事の支配や

他の者・物・事による被支配を

過剰なまでに追及する

代償欲求過剰追及の世界が生まれ易くなる」。

「それは、自らの支配欲を健常に充足していない状態故」の

「病的な現象、もしくは、悪現象」だ。

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配」の

「精神構造」で

「人間世界を構築する」なら

「その一つの窮極は独裁体制になる」。

「独裁体制防止の為に重要な事」は

「個々の精神構造の健常進歩・健常進化」であり、

「それは、精神構造の健常成長を促す健常な情報・教育が在るなら、

容易に実現出来る事」だ。

「独裁体制を誘う、不健常な情報・教育等」は

「厳しく、禁止・排除等されて然るべきモノになる」』。

『「上記の面から、戦後日本」の

「情報・教育等」は

「明らかに酷い」。

「優秀な、リーダー的な、・・・筈の

常連出演者等」が

「上記程度の事さえ、言えない、言わない、のは、何故か?」

「言えないなら、能力不足」だ。

「言わないなら、悪意の存在が露呈する」。

「この実質的、異常事態の裏」には、

「反日他国悪権力者等の悪意の存在の臭い等」が

「濃厚に漂っている」。

「多くの戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「親北朝鮮・親韓国・親中国共産党等であり、

反日本の保守政権等で在り続けて来ている」のは

「偶然では無い」。

「何しろ、北朝鮮のオトモダチ政党等の人脈の者たち等」が

「未だに、牛耳っている場合も多い」のが

「日本の情報・教育界」だ。

「選挙も無いから人脈交代も無い事の実害」が

「其処に露呈している」』。

『「そんな戦後日本の情報・教育等に、

自分を支配・コントロールさせ続けていてはいけない」。

「脱自虐であり、自己健常支配等の実行」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

昨今の記事内容のせいか(?)筆者の寝床に当てられる工作電磁波が強化されているが・・・。

『「集合住宅の一室に筆者の寝床は在る」が「真下からと、北西斜め下及び西・北西横から」の

「筆者が寝床に入ると強化される工作電磁波」が

「より強化されている」。

「方向と強さから推定する」と

「筆者の居る集合住宅の電源設備室に在る電気機器」と

「西~北西方向に在る商業施設の

電源設備(斜め下分)と

業務用エアコン(横分)」が

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき工作電磁波を発生させる事が出来る

工作機器にされている可能性大」だ。

「工作電磁波のオン・オフや強さ等」は

「部屋の中に居る時の筆者を常に監視している、

上方向に居ると

強く推定出来る

工作員等が行っている様相」だ』。

『「もちろん、筆者の場合」は

「工作電磁波の存在に気づき

黄濁電磁波の強さ等に合わせて相応の対策をし続けて来ている」から

「工作電磁波による悪の実効は出ない状態をキープ出来ている」が

「対策無し」なら

「何しろ、一般家庭レベルより遥かに電気容量の大きい

電気機器が悪用され

非常に強い工作電磁波が発生させられ当てられ続けている」ので

「かなりの短期間でも悪の実効が出てしまう」と

「強く推定出来る」』。

『「日本社会の中」の

「自宅内」等での

「心不全」や

「原因不明のガン化・白血病化等」や

「脳卒中」等々の「裏」に

「工作電磁波が在る場合もかなりあるのでは・・・」と

「強く推定出来る」。

「また、

外出中・車運転中にも、

工作電磁波が当てられる、

工作電磁波に気づく、

党の場合も

少なく無い」ので

「至るところに工作電磁波を発生させる仕込みが行われていて

それを工作員(集団と強く推定出来る)が

コントロールし

ターゲットに当て続けている事等」が

「強く推定出来る」』。

『「もちろん、こんな異常事態」を

「放置し続けていて良い訳は無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等は積極的に告発等するべきだ」し

「政治家等は必要な法整備・摘発体制整備等を早急に行うべき」だ。

「逆から言えば、それらの必要な仕事を行っていない者たち等」は

「明らかに変になる」』。

『「変な者・物・事の裏には相応のバックボーンが在る場合が多い」。

「戦後日本の場合、

それが、北朝鮮劣悪国家指導者等による

拉致被害者の命や

核・ミサイル等や

日本国内での集団大規模テロ等々の

脅しである事」等が

「強く推定出来る」』。

『「北朝鮮金政権」は

「体制維持をしたいダケ」等々と

「北朝鮮金政権を実質的に援護している情報を

積極配信等し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等も多い」が

「北朝鮮金政権」は

「既に、体制維持の為に、

大量の北朝鮮国民の粛清ばかりでは無く、

主として、日韓内等での工作活動(非人道的なモノも多い)等を行い続け、

他国内で金正恩の兄までも科学兵器を使って暗殺するテロまで行って来ている」。

「北朝鮮金政権の体制維持」には

「既に、正当性が無い」のが

「実態」だ。

「普通に言う」なら

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権には

先ず、自首を勧める」。

「自首しないなら、

常道側に居る全世界の国々が協力してでも、強制的に極悪人等を逮捕する」。

「逮捕出来ないなら、排除・駆除等する」。

「それが、常道人間世界での

極悪人等に対する当たり前の対処」だ。

「幸いな事」に

「全世界レベルの圧力により

北朝鮮金政権は自首しないなら、

逮捕・排除・駆除等される状態に至っている」。

「其処で、大慌てした、韓・日内等の

北朝鮮金政権の実質的、手下等」が

「体制維持したいダケですから、対話を!」と

「極悪人等を全世界に容認せしめる

実質的、工作活動を行っている」のが

「現状」だ。

「極悪人等」が

「米国全土を標的に出来るICBM等を大量に保持出来てしまう」なら

「その後の極悪人等との対話・交渉等が

非常に不健常なモノになってしまう事等」は

「少し考えるなら、誰もが直に判る」。

「陰険なナチス・ヒトラー」は

「自首しないなら、早急に撲滅する」のが

「正道」になる』。

『・・・「という記事を書き込んでいた」ら

「上方向からの工作電磁波が強化された」。

「この辺りからも、筆者の周囲に居る工作員等が何を行っているのか?」が

「良く判る」。

「工作電磁波等を使った非人道的な粛清手段」で

「一般日本国民の言動等さえも粛清し続けようとする

悪の工作等を

集団で大々的に行い続けなければ

ここしばらくの体制維持さえも危うい」のが

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩政権の実体」だ』。

『「戦後日本の

現行法・現行の摘発体制」等では

「工作電磁波による粛清等」は

「例え、一般日本国民が殺傷等されてしまっていても

その原因が工作電磁波である事が立証されない限り、

黙殺状態になってしまう」。

「上辺の心不全や脳卒中や自動車事故等々の理由ダケが言い訳的に記されるダケ」だ。

「実態としては、工作電磁波による殺傷等被害者の数はかなりの数になってしまっている」と

「強く推定出来る」。

「何しろ、何十万人レベルによる、少なくとも十年以上にもわたる悪の工作だから」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等ならその実態等を告発等しない方が異常」だ。

「日本の政権等」なら

「必要な法整備・体制整備等々の対策をしない方が異常」だ』。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下集団による工作」は

「電磁波工作ダケでは無い」。

「工作電磁波技術が実効がある程になる前」は

「飲食物工作が主流だった様相」だ。

「日本人の異常に高い発ガン率等の裏には

飲食物工作がある」と

「強く推定出来る」。

「ドイツでは加工肉等常食でも発ガン率は高く無い」が

「日韓等では、発ガン率が高い」等々の

「実態」からも

「筆者の実体験」である

「小学生時、焼肉屋で食事の後の一週間にもなる入院二回(小三・小五)」や

「予備校時、予備校内ソバ屋で食事の直後の

電車内意識もうろう

(まるで、インシュリンでも盛られた様に・・・)

~病院直行

~一年以上の入院

(膵臓が痛められていた様相だったが、

胃ばかり調べられ、原因不明で、

治療効果も薄く・・・)」からも

成人後、

便利だったから・・・と、

特定のコンビニ(今は、そのブランドは無い)弁当ばかり常食していたら

体調不良で入院(フッ素等を過剰に継続摂取させられていた様相)」からも、

「戦後産まれの一般日本人にまで(子ども時代でさえ)も

飲食物工作を仕掛けていた実態」が

「強く、推定出来る」。

「医療工作や学校教育工作もかなり酷い」。

「筆者の奥歯は、何年か前、治して頂いた前まで、

小学生時から、ずっと、丈が前歯の半分程だった」。

「それまでは、

小学校時からずっと、

歯医者に行っても、

学校の歯科検診でも、

そのままで良い・・・」だった。

「奥歯で良く噛めない、

下顎の上に上顎も頭も乗っていない状態だった」が

「小学生時から、そのままで良い・・・だったので、

そういうモノとして筆者自身もスルーし続けていた」。

「歯医者にも、金属交換等の為に、色々な歯医者に、何度も行った」が

「長さは、そのままで良い・・・」だった』。

『「欧米では、歯による拷問等もある等の情報を得た後」に

「歯科に在った歯の模型を見直す」と

「前歯と奥歯の長さはだいだい同じ」だ。

「明らかに変」だから

「その後は、歯医者に行った時に、長くして欲しい旨も言った」が

「今、お世話になっているところに行くまで、ずっと、長さの是正は無かった」。

「多くの歯医者は、面倒だから・・・だったかも知れない」が

「学校等での検診も含めて、全ての歯医者がそんな訳も無い」から

「その辺り」にも、

「陰険なナチス・ヒトラー等の集団的悪意の存在」が

「見え隠れしている事」等が

「判る」と思う』。

『「人間には、善人も居れば、悪人も居る」。

「多くの人間は、常人」だろう。

「集団工作活動等を行い続けている手下状態にされている者たち等」は

「その何処に当たるのか?」

「被害者を出している」のだから「明らかに悪人」になる。

「悪人が自らの罪と罰から連綿と逃げ続ける為」に

「更なる悪事を積み重ね続ける事」は

「良くある話し」だ。

「悪人は放置せず、自首を勧め、自首しないなら、逮捕する」。

「逮捕も無理なら、排除・駆除等する」。

「そうしなければ、善人・常人の健常生活や健常人生が

大きく損なわれ続ける事になってしまうから」だ。

「悪人を放置する」のは

「悪人のお仲間、もしくは、手下等と相場は決まっている」』。

『「戦後日本の中で、散々な悪事を積み重ねて来ている者たち等」は

「その元凶の大元と強く推定出来る北朝鮮劣悪国家指導者等の下にでも

強制的に、送ってしまうべき」等と

「思ったりする事もある日本国民の数」は

「決して、少なく無い筈」だ。

「もっとも、その前」に

「悪の大元が自首しないなら、

悪の大元は、逮捕・排除・駆除等されてしまう可能性が非常に高くなっている」のが

「現実」だが』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題が解決した後」は

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の多くは、

雨散霧消状態に追いやられる事になる」が

「その中で、余りにも、酷い悪の工作活動等を行ってしまった者たち等」は

「漏れなく、摘発され、厳罰が与えられる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の解決がどんどん近づいている今日、

未だに、一生懸命集団工作活動等を行い続けている者たち等」は

「本当に、自虐的」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等と韓国従北大統領等との対話」は

「相応に、上手く行くかも知れない」が

「米朝対話」は

「実として、北朝鮮の核・ミサイル・他国内工作活動の放棄が無ければ、

成り立つ訳も無い」。

「対話が成り立たない場合、

米軍等による軍事オプションの行使になる」が

「限定攻撃で反撃の可能性が高い場合」は

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が自首しない」なら

「限定攻撃時の北朝鮮劣悪国家指導者等の対応を探る事」等が

「南北対話・米朝対話の主軸になる」。

「実態としては、既に負けている、

北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等に

今、求められている」は

「更なる、恥の上塗りにしか成り得ない、工作活動等に邁進する事では無く、

良質な敗戦処理に他ならない」』。

|

テレ朝朝番では「孤立している北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」が「韓国従北政権の言う、米・韓・朝三ヵ国会談等を重用」し「日本が孤立するゾ~!」等と視聴者等を脅す事で北朝鮮にとって都合の良い世論等を日本で育成したがっていた様相だったが・・・。

『「主軸の事実情報ダケ」を「情報配信する」なら「韓国の政権が米・韓・北三ヵ国会談に言及した」ダケになる。

「その主軸」に

「脚色する場合」、

「先ず、

従北政権状態の(韓国の政権)」を

「付けるか?否か?」で

「基本的な伝わり方が変わって来る」。

「従北政権状態の」を「付けない場合」は

「如何にも、中立的で正当な韓国の政権であるかの如きイメージ」が

「テレビ等の情報を素直に鵜呑み状態で受け取っている視聴者等の中で抱かれ易くなる」。

「逆に、従北政権状態の」を「付ける」なら

「言われている三ヵ国会談」とは

「北朝鮮や韓国従北政権にとっての希望等でもある実体」が

「理解・把握され易くなる」。

「実体把握上でのその差」は

「甚大」だ。

「更に、韓国政権が三ヵ国会談に言及した事」に「関連させ」て、

「北朝鮮劣悪国家指導者等側の言い分ダケ付け」

「米国側の言い分を付けない情報配信が行われたいた」のだから

「かなり、悪質」だ。

「北朝鮮に対する制裁を続ける日本は月に向かって吠える犬・・・等の旨」の

「付加情報」は

「日本も対話へ舵を切るべき世論等の育成には好都合になる」が

「三ヵ国会談情報とのセットでは無い」のなら、

「単なる、北朝鮮劣悪国家指導者等の負け犬の遠吠え等になる」。

「事実関係としては、今回の韓国の三ヵ国会談言及の前」に

「既に、北朝鮮が日本について言及していた北朝鮮の新聞紙面上等に在った情報の引用」と

「強く推定出来る」が

「それらを組み合わせる事によって

北朝鮮劣悪国家指導者等に都合の良いイメージや思い等」を

「多くの視聴者等に抱かせようとしている様」は

「本当に、醜悪」だ。

「米国の言い分」は

「情報配信されていなかった」が

「北朝鮮の言い分同様に推定する」なら

「米国の言い分」が

「北朝鮮の核放棄等が本気で実のあるモノなら、

三ヵ国会談を行っても良い等になる事」は

「北朝鮮問題をある程度知っている人々が少し考えるなら、誰もが分る」』。

『「北朝鮮側ダケの言い分を引用して付けた場合」と

「米国側と北朝鮮側の両方の言い分を引用して付けた場合」とでは

「多くの視聴者が受けるイメージ等や抱く思い等」は

「大きく変わって来る事」は

「誰もが分る事の筈」だ。

「それなのに、テレ朝朝番では、

北朝鮮側ダケの言い分を引用していた・・・」のだから

「その実質的、大衆誘導の企み」は

「確信犯」と

「強く推定出来る」。

「もちろん、

戦後日本の公共の電波」が

「まるで、ナチス・ヒトラーのラジオ悪用の様に、

大衆誘導等に使われてしまっていて良い訳は無い」。

「是正は急務」だ。

「それは、過去の実例や実害等まで含めた責任追及や罰等が在って然るべき事」だ』。

『「北朝鮮金政権」とは

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている、カルト宗教状態の独裁体制」で

「そんな体制を維持する為に、

主として、日韓内等、他国内でも工作活動(非人道的なモノも多い)等を

旺盛に行わせ続けて来ている」

「実態・実体」の

「人類として普通に考えるなら、是正や排除・駆除等が急務で当たり前の

酷い状態の政権」だ。

「他国内での工作活動等で日韓が主となっている」のは

「北朝鮮金政権の手下にし易い状態の人々が日韓内には数多く居るからに他ならない」。

「例えば、

親・兄弟姉妹・親戚等が北朝鮮に居て人質状態に置かれている

日韓内の朝鮮人やその知人・友人等々の数」は

「かなり膨大」だが、

「その様な状態下に置かれた人々」なら

「北朝鮮金政権等による脅し~命令・指令等」を

「人間として、簡単に断れる訳も無い」。

「その様な実態を悪用」して

「当初は、あまり罪を感じられない、

例えば、拉致対象者の調査等や

拉致対象者に対する有益分子化工作等を

行わせる」のが

「北朝鮮金政権の悪の手口」だ。

「余り罪を感じない事の先に在った拉致」とは

「明らかな重大犯罪」だ。

「重大犯罪の共犯に追いやられてしまった人々の多く」は

「その後の北朝鮮金政権の命令・指令等に忠実に成り易くなる」。

「手下状態の者たちに対して、

日韓内の一般市民も含む人々の家や部屋に、

侵入させて、

情報を得たり、

弱毒物や有害物等を執拗に仕込ませ続けたり、

その便を図るべく、鍵にならない鍵をつくらせたり、

飲食物関連の仕事を行わせ、その中で、飲食物工作を行わせたり、

医者・看護師・歯医者等に成れたそのスジの者たちには

医療工作を行わせたり、

学校教師等になれた者たちには、

有益分子化・自虐化教育等を行わせたり、

情報産業に就けた者たちにも

有益分子化情報配信や自虐化情報配信等を行わせたり、

情報・教育による政治世論工作を行わせたり、

政財界に入り込んだ者たちには政財界工作を行わせたり、

・・・等々、・・・等々」。

「直接、直に、殺傷事件化し、

直に、罪に問われる様な事等は行わせない」が

「集団による執拗な工作によって、

早死に化や弱体化をさせる事による

ライバル蹴落としや

有益分子化を行わせ続け、

その悪のメリット上」で

「極悪政権の存続~支配地域の拡大を企んで来ている」。

「世代交代を悪用して、

そのスジの人脈の人数を増やすと共に、

本来の日韓国民等の数を減らさせ、

支配をより容易にする工作も行われ続けて来ている」。

「陰険なナチス・ヒトラーの実態が其処に在る」』。

『「その陰険なナチス・ヒトラー」が

「米国全土を標的に出来るICBMまで大量に保有しようとしている事に対する

実効のある解決策」が

「今

米国を始めとする、日・韓・中等も深く係わっている世界中の善人・常人によって

行われようとしている」。

「それが、現状の北朝鮮問題の実体」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が流すべき情報」や

「日本の政界が取るべき態度」や

「多くの日本国民が示すべき民意」は

「既に、明らか」だ。

「今時になっても、

北朝鮮劣悪国家指導者等の利になる情報配信等を続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等や

利になる政策等を訴えている政治家・政党等や

利になる世論等を言っている市民等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「そして、

それは、

戦後の日本社会で、

何十年にも渡り、

陰険な工作活動等を行い続けて来ている人脈の臭いでもある」』。

『「もちろん、そんな工作活動人脈等を放置・容認等し続ける必要は全く無い」。

「元を絶つ事による解消」こそが

「一番、実効も高く、早期実現が可能な事である事」等は

「少し考えるなら、誰もが分る」』。

『「実を取る米国トランプ政権」が

「米国の実が大きく損なわれる選択をする訳も無い」。

「北朝鮮の核等を生かす実」では、

「米国の実が大きく損なわれる事になる」。

「中国と日本と韓国の中の従北派では無い者等を生かす実を取る」なら

「米国の実も大きく膨らむ事になる」。

「結論は、最初から決まっている」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等は既に、詰んでいる」のが

「現実」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等が

今、行うべき事」は

「既に、負けている勝負に執着する事では断じて無い」。

「良質な敗戦処理」だ。

「それなのに、未だに、酷い情報配信等を続けているテレビ等」には

「本当に、呆れる」』。

『「未だに、誤解している方々も少なからず居る様なので敢えて記す」が

「所謂、保守系と言われている、読売やフジの実体」は

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)利権を崩さない為の保守仮面防波堤」だ。

「だから、実際」に

「本来の日本の保守等なら、外す訳の無い

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等の十分な告発等さえも

行って来ていない」。

「拉致が拉致工作である事等さえも、十分に情報配信して来ていない」。

「拉致工作を行った者たち等やそれに協力等した者たち等の

その後の工作活動等さえも、

ロクに告発等して来ていない」。

「自民党内の政局でも、

平然と、朝鮮系や所謂、左翼系を推して来ている」。

「故金丸氏の様に、

北朝鮮からの金の延べ棒等々と引き換えに、

実質的、売国政策等まで言えてしまった等と

強く推定出来る者等」が

「日本の政権を握る」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、それ程、都合の良い事は無い事になる」。

「自民党だから・・・と、不用心は禁物」だ。

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実体」は

「上辺は保守系でも、所謂、左翼系でも、

その内実は、同じ人脈で、

その実体は親朝鮮系等」だから

「実際に、

何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかり・・・が主流」になっている』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

財務省文書書き換え問題が未だ収束しない訳・・・。

『「財務省文書書き換え問題を解明する事は簡単」だ。「先ず、財務省内で、書き換え命令を出した者を特定すれば良い」。

「当然、相応の立場の者が命令を出している筈」だ。

「当時理財局長だった佐川氏が命令を出していた可能性もある」が

「実際は、佐川氏の下のある程度の実権を持つ、

佐川氏の国会答弁等を受けて、

バレる事が判っているのに、

書類上の整合性を取る道を選択した

{愚かな者、もしくは、確信犯の悪者}等」と

「強く推定出来る」。

「其処に政治家からの圧力があっか?否か?」等は

「証人喚問等の場で、その者に問いただせば良いダケ」だ。

「タッタこれダケの事を行うダケ」で

「財務省文書書き換え問題は、かなり、解明出来る事になる」。

「それなのに、

何故?

財務省文書書き換え問題等で

未だに、

国会も

テレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「大騒ぎし続けているのか?」

「解明させない圧力等の臭い」が

「其処に、濃厚に漂っている」』。

『「圧力の出所は何処か?」

「それは、

財務省文書書き換え問題等で

連綿と

日本の政界や世論等を騒がせる事によるメリット」が

「何処に行くのか?」を

「考えたり、検証したり、・・・する」なら

「誰もが直に判る事」だ。

「安倍政権の保身の為」なら

「安倍総理や総理夫人が

実際に

強い要請等でも出していない限り、

官僚側の忖度問題でしか無い事になる」から

「むしろ、早期解明の方が理に適っている事になる」。

「現状まででは、

安倍総理等は

早期収束を目指しているが上手く行かない旨等が報道されている」から

「安倍総理サイドからの

解明妨害圧力等の存在は

無い可能性が大きい」。

「反対野党・テレビ・マスコミ等の側等はどうか?」

「森友関連問題等でも、他の問題でも、

安倍政権や与党自民党に負のイメージを持たせる事が出来る問題」で

「長く騒ぎ続ける事によるメリット」は

「決して、小さく無い」。

「反対野党・テレビ・ラジオ・マスコミ等の側には

解明妨害圧力等をかける事の合理性が在る事になる」』。

『「ここで、問題になる」のが

「そんな圧力があるとしても、

何故?そんなモノに

政府・与党等の側が屈してしまっているのか?」だ。

「日本の中のパワーバランス」なら

「現状では、圧倒的に、政府・与党等の側が優位」だから

「日本の中以外の要素の存在が強く推定出来る事になる」。

「例えば、

北朝鮮の工作員等による日本国内のテロ・工作活動等や

拉致被害者の命を悪用した圧力」なら

「少々の事では、政府・与党等も動き辛い事になる」。

「そんな事態を未然に防ぐ為には、

実効のあるスパイ・工作活動等防止法や実効のある摘発体制を整備し

日本国内の工作員・協力者等を

必要十分に摘発しておいたり、

北朝鮮から拉致被害者を取り戻しておく必要がある」が

「そのどちらも、未だ、出来ていない」のが

「現状までの戦後日本の実態」だ。

「その結果」として

「安倍政権や与党自民党等に負のイメージが付けられる

国政上等の実質的、小問題等で

連綿と反対野党やテレビ・ラジオ・マスコミ等が

大騒ぎし続ける事等」が

「戦後の日本社会で蔓延れて来ている」のが

「現実」と

「強く推定出来る」。

「反対野党にも、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等にも、

テレビ・マスコミ等がが{聖域}利権を維持させたがっている戦後日本の学校教育界等にも、

北朝鮮のオトモダチ」が

「少なからず居る」のが

「戦後日本の実態」だ』。

『「現状」では、

「森友問題等々で

日本の中の従北テレビ・ラジオ・マスコミ等が大騒ぎする事で、

安倍政権や与党自民党等に負のイメージを付け

大衆を操り、

北朝鮮に厳しい安倍政権を

何としても、降ろした上」で

「かつての故金丸氏の様な

金の延べ棒等々と引き換えに

売国政策等を言わせる事が出来てしまう

従北政権を

何としても、日本でもつくり出したい様相」等が

「露呈している」』。

『「多くの日本国民が絶対に忘れてはいけない事」は

「金正恩とは在日の母を持つ

近親者も含む大量粛清や

他国内で化学兵器まで使った兄暗殺テロまで行わせた

極悪非道な北朝鮮の独裁者であり、

在日の母を持つ極悪非道な独裁者が

正当性を保ち続ける為には

日本の支配も必需になる事」だ』。

『「極悪非道な北朝鮮独裁政権等の問題を解決する」なら

「日本の中の国政上の実質的、小問題の解決等も

ずっと早くなる可能性大」だ。

「現状で優先すべき」は

「北朝鮮問題の解決になる」。

「その為には、北朝鮮に厳しい安倍政権や与党等が力を持つ方が合理的になる」。

「国政上の実質的、小問題等」で

「大騒ぎする、させる事等」により、

「北朝鮮に厳しい日本の政権を弱体化させる事」で

「メリットを受ける」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等や日本の中のその手下、協力者等になる」。

「何事でも、事の本質的重大性を見失わせられてはいけない」。

「今、優先すべき」は

「北朝鮮問題の健常解決」だ。

「一学校法人設立や一国有地払い下げや財務省文書書き換え等々の

実質的、国政上の小問題等」が

「北朝鮮問題の健常解決を妨害する為に悪用されている実態」が

「露呈している事」等は

「何故?テレビ・ラジオ・マスコミ等で言われないのか?」を

「考えたり、検証したり、・・・等々する」なら

「日本の中の従北テレビ・ラジオ・マスコミ・政党・教育等々」の

「実体等」の

「把握」も

「容易になる」』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

より問題にすべき」は

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の為の工作活動(非人道的なモノも多い)等」だ。

「その辺りの妨害要素を徹底排除した後」で

「個々の国政上の実質的、小問題等の問題解決等」を

「訴える」なら

「事は、順調に進む」。

「逆に、

工作活動等を問題にせず、

或いは、黙殺せしめた上で、

個々の国政上の実質的、小問題等を大問題化して大騒ぎし続ける」なら

「その騒動の悪のメリットを受ける」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等になる」』。

『「安倍政権や自民党の支持率が落ちても、

北朝鮮のオトモダチも少なく無い、反対野党等の支持率が上がらない」のは

「当然の現象」だ。

「しかし、其処で、安心等してはいけない」。

「自民党の中にも、従北政治家は居る」。

「北朝鮮問題の解決が近い様相の今日、

北朝鮮に対して厳しい日本の政権を維持する事」は

「極めて重要」だ。

「北朝鮮問題解決時に、

日本が従北政権化させられている」と

「北朝鮮にとって都合が良い売国政治等が

行われてしまう可能性が極めて大きくなる」。

「北朝鮮のオトモダチも多い所謂、左翼と同じ人脈の者の場合が多い

出来の悪い右翼の様相が露呈している

森友学園籠池氏等の問題」や

「差別無き採用・人事等故に、

所謂、左翼も少なく無い、

財務省官僚・公務員等々が

引き起こした問題」等々の

「実質的、国政上の小問題等の大問題化大騒ぎ等に

乗せられて、

日本を従北政権化してしまう」なら

「多くの日本国民が、

余りにも、自虐的であり、平和ボケ、おバカ過ぎる事になってしまう」。

「北朝鮮のオトモダチも多い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や

学校教育等に

自分を操らせない様に、

常に、本来の自分を忘れない様にする事」等が

「戦後の多くの日本国民には、強く求められ続けて来ている」。

「この様な不健常状態」は

「一刻も早く是正されて然るべき事」だ。

「その為にも、一刻も早い、北朝鮮劣悪国家指導者等問題の健常解決」が

「強く、求められている」』。

|

「安倍政権の支持率が{大幅に}落ちたゾ~!」と喧伝した後の森友関連財務省文書問題の喧伝による大衆誘導効果問題・・・。

『「森友学園関連財務省文書問題の実体解明は未だ」だ。「それなのに、世論調査が行われた」。

「現状まで」では

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等(北朝鮮のオトモダチ人脈のモノも多い)」が

「{一強}安倍政権が重いから官僚等が忖度等した」等と

「{北朝鮮に厳しい}安倍政権に否定的な論調で喧伝し続けて来ている」。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等による一方的な情報の大量配信」の

「大衆誘導効果」により

「{北朝鮮に厳しい}安倍政権を是とし辛い状態が構築されて来ている」のが

「実態」だ。

「そんなベースの上」で

「未だ、

森友関連財務省文書問題の本質解明も不十分な時」に

「世論調査が行われた」。

「安倍政権の支持率が下がった結果」が

「当然の如く出た」。

「すると、今度」は

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「世論調査の結果、安倍政権の支持率が{大幅に}下がりました!」等と

「大喧伝」した。

「多くの視聴者・読者等の思いの中」で

「やはり、安倍政権では問題があるのでは・・・」等の

「{北朝鮮のオトモダチ}テレビ・ラジオ・マスコミ等にとって都合の良い思い」が

「生まれさせられている事」等は

「想像に難く無い」。

「その上」で

「ナカナカ本質が解明されない森友関連財務省文書問題」等を

「公共の電波上や公共的マスコミ上で、大喧伝し続けている」。

「一学校法人設立問題であり、

一国有地払い下げ問題であり、

関連財務省決済文書等書き換え・削除問題」等の

「国政上では、実質的、小問題に過ぎない事なのに!」

「森友学園問題を悪用した

実質的、{北朝鮮に厳しい}政権に対する

反政権政治運動・大衆誘導工作等」の

「実態」が「其処に在る」』。

『「情報配信内容によって

多くの視聴者・読者等が

抱かせられるイメージ等は

大きく変わる」。

「例えば、今回の大田理財局長の自民党議員の質問に対する答弁」でも

「心外な質問をされ、大田理財局長が困惑していた」等と「情報配信する」のと、

「本質を突かれた質問をされ、大田理財局長が慌てふためいた」等と「情報配信する」のでは

「視聴者・読者等が抱かせられるイメージは、正反対にもなる」。

「どちらの見方がより実体に近いのか?」が

「明らかに判明していない事」では

「両方を情報配信する」か

「事実・現実ダケ情報配信して見方は情報配信しない」のが

「公共の電波や公共的マスコミでの情報の一方的大量配信上」では

「正当」になる。

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信」には

「明らかに、この正当性が無い」。

「視聴者・読者等が鵜呑みにして、自分を操らせたりしてはいけない情報が其処に在る」』。

『「そもそも、森友学園問題とは、どんな問題なのだろうか?」

「元々、戦後の日本」では、

「所謂、左翼系の学校は山ほどある」し

「所謂、左翼系の教師等も山ほど居る状態が構築されて来ている」。

「米軍の占領政策により、

旧来からの日本の保守系の学校・教師等が徹底排除されたから」だ。

「戦後の日本社会」では

「右翼と言えば、出来の悪い右翼のイメージが強い」。

「まるで、左翼をより良く見せる為の道具であるかの如く・・・」。

「森友学園小学校の実体はどうだったのか?」

「幼稚園児に

{時代遅れの}教育勅語を暗記させていた

籠池氏等の実態」は

「明らかに、出来の悪い右翼的」だ。

「安倍夫人が感動した」のは

「幼稚園児が難しい日本語をスラスラと述べた事に対して」で

「それは、

例えば、{ゾンビアニメ=作者亡き後、キャラだけが一人歩きさせられているアニメ}の

ドラえもん等を観ても、感涙する人々も少なく無い事等」の

「同類の涙だった」かも知れない」。

「冷静に考える、或いは、我に返る」なら

「時代遅れの教育勅語は時代遅れの教育勅語以外の何モノでも無い」し

「ゾンビアニメは、ゾンビアニメでしか無く、

描かれている人の涙を誘う精神構造等は

他の多くの作品にも在る精神構造等に過ぎ無い事」等に

「気づく事」等が

「現実になっている筈」だ。

「一時の浅い感涙」を

「記事にすべき重大事として取り上げたサンケイ等」は

「読者向きのサービスの一つ」だろうが、

「それを、利用した近畿財務局職員」等は

「自らの保身の為、もしくは、意図的な政治工作の為、・・・等々だったのかも知れない」。

「そして、異常に詳しい、森友関連財務省文書問題上」で

「上記の事態等々を

重大的に取り上げて、

実質的に、反安倍政権政治運動等を行って来ている

政治家・政党・官僚・公務員・テレビ等」は

「確信犯」と

「強く推定出来る」』。

『「北朝鮮に厳しい政権を多くの日本国民に否定させる事」等は

「正しい」と

「信じ、信じ込まされ」て、

「日本の中で、反北朝鮮に厳しい政権運動等を行い続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ界や政界・官僚・公務員界等の者たちの実態」が

「其処に露呈している」』。

『「先の大戦後、

朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては、

強制的に、日本本土に帰還させられた」が

「戦後の日本国内には、多数の朝鮮人が居残り続けて来ている」。

「その多くは、

二国が一国になる二国間の合意契約だった日韓併合時に

自主的に日本に渡来した人々と

朝鮮戦争時の{難民等}」だ。

「米軍の占領政策」では

「日本の中の朝鮮人が重用された」。

「占領政策で重用された朝鮮人の多くは、

相応の利権等を

時には、日本人から奪う事で、

日本国内で得た」。

「日本国内で得た利権等を手放す事に直結する朝鮮半島への帰還を選択せず、

日本国内に居残る道を選択した朝鮮人も数多い」。

「朝鮮半島内の支配権争いで、朝鮮半島内が南北に割れた時、

日本国内でも南北割れが起きた」。

「日本国内にも、北朝鮮との強い繋がりを持つ人々が多数居る状態になり、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で

数々の工作活動等を行い続けて来ている事」は

「多くの日本国民が知っている事」だろう。

「拉致{工作}は、氷山の一角に過ぎ無い」。

「日本国民の中にも、北朝鮮のオトモダチが少なからず居る」。

「例えば、旧社会党と北朝鮮労働党との友党関係は有名な話し」だ。

「北朝鮮のオトモダチ」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等に協力等している場合も

少なく無い」。

「弱みを握られて脅されたり、懐柔等させて協力したりしている場合も多く、

実質的には、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態」だ。

「そして、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

日本国内での集団工作活動(非人道的なモノも多い)等は

今も、

多くの一般日本国民までターゲットにしながら、

旺盛に行われ続けている」』。

『「一学校法人設立問題」や

「一国有地払い下げ問題」や

「財務省文書問題」等々より、

「遥かに、重要で深刻な問題が其処に在る」。

「{北朝鮮に厳しい}安倍政権を降ろす為の政治運動等を行っている暇がある」なら

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を

徹底的に排除する事等こそが、

本来、日本国民が行うべき事」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等に操られて、

日本を北朝鮮に都合の良い政権にする事等に協力させられている人々」は

「自らの実体を冷静に見直してみる事」等を

「強く奨めする」』。

『「国籍・人種・民族・出自等々は問わず、

善人か?常人か?悪人か?こそが

重要」だ。

「例えば、日本国内に居る外国人・外国系の人々」でも

「平和共存等しようとしている方々」は

「常人・善人としてのお仲間」だ。

「もちろん、常人・善人に対する負の差別は絶対にダメ」だ。

「日本乗っ取り支配工作等に邁進している

在日の母を持つ北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」の

「実態」は

「悪人状態」になる。

「悪人に対する負の差別には相応の正当性が在る」。

「悪人を蔓延らせるなら、常人・善人の世界が大きく損なわれてしまうから」だ。

「工作活動(非人道的なモノも多い)等を行っている、行った、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、工作員・協力者等」には

「負の差別が与えられるべき十分な要素が在る」。

「例え、そんなに人数が多くても

悪人は悪人として扱われるのが

正道」だ。

「陰険なナチス・ヒトラーの放置」は

「人類滅亡への特急券に他ならない」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも、「北朝鮮金正恩等に厳しい安倍政権・トランプ政権等を多くの視聴者等に否定させる為の政治運動」等を日本の公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。

『「森友・加計問題の実態」は「所謂、左翼官僚等による問題文書等作成~所謂、左翼マスコミ等によるスクープ暴露」でもある。

「本道の政治・政策論争等」では

「現与党から政権を奪う事が出来ない

北朝鮮のオトモダチも少なく無い

戦後日本の所謂、左翼系の政治家・マスコミ人・官僚・公務員・一般市民等」が

「日本国内で持てる実権を少しでも大きくする為」に

「政争の具に出来る問題」を

「つくり出し、露呈させ、大騒ぎしている実態」が

「露呈している」。

「無理やりにでも、

保守系の政治家や政治家夫人等にすり寄り、

積極的に利用した様相が露呈している籠池氏等による

森友学園小学校設立の為の一国有地払い下げに関する

異常なまでに詳しい

近畿財務局の元文書を

ワザワザ改ざんした・させ、

それを朝日新聞等がスクープ暴露した事で

政争の具化されている問題」も

「その元文書の作成実態からして、普通では無い」。

「元文書のまま」でも、

「特定の政治家等からの圧力等に屈して

一国有地の払い下げを捻じ曲げた実態は読み取れない」のだから

「通常の国会答弁等」なら

「理財局局長の答弁時にのり弁資料付き等となるダケ」だ。

「ところが、佐川元財務相理財局局長の答弁」では

「言葉上で、政治家等の関与や、文書の存在等を

はっきりと否定した

実に、力強いモノ」だった。

「現状から振り返る」と

「まるで、後々に大問題化する為の仕込みの様・・・」でもある。

「実態としては、

佐川氏の答弁に合う様に

書き換えや削除等が行われている」のが

「大問題化されている財務省文書」だ。

「つまり、財務省内での帳尻合わせ」に「なっている」。

「通常の帳尻合わせなら、答弁を撤回して、是正した新たな答弁をすれば良いダケ」だが

「少し考えるなら、誰でも分る通り、

今時なら、バレるのが当然なのに、

ワザワザ、答弁に合う様に書き換えさせた」のだから

「其処には、明らかに、何処かの誰かの意志や命令・指令等が在った事等」が

「露呈している」。

「より問題が大きくなる方向に処理をする・させる者等とは?」を

「考える」なら

「誰もが、昨今の官僚・公務員等文書等問題の本質に気づく筈」だ。

「政争の具化出来る材料を政権側がワザワザつくり出す事等」は

「考え辛い」。

「つまり、反政権側にいる何処かの誰かの意志や命令・指令等の存在」が

「クローズアップされて来る」のが

「普通」になる。

「それなのに、この当たり前に考えられる一つの大きな可能性」を

「黙殺したまま、

現政権との強い関連性等を

強く、喧伝し続けている」のが

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道はほとんど行わず。

イメージ等で視聴者・読者等を操る事が大好きな様相の

テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「そして、その様な酷い実態を露呈しているテレビ・ラジオ・マスコミ等が

実質的に利している」のは

「反対野党等や、北朝鮮劣悪国家指導者等」なのだから

「未だに、騙され、操られ続けている視聴者・読者等」は

「直にでも、本来の自分を取り戻すべき」だ』。

『「北朝鮮に厳しい安倍・トランプ等に否定的な世論等」で

「利を得る」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等である事」は

「絶対に忘れてはいけない」』。

『「今回の財務省文書大問題化の流れの上」で

「日朝首脳会談が言われている事」も

「単なる偶然では無い筈」だ』。

『「在日の母を持つ北朝鮮金政権にとって必要な事」は

「韓国の従北政権化」と

「日本の従北政権化」であり

「米国全土を標的に出来る核ミサイルを数多く実戦配備した上での

米朝会談等」で

「米国からも、日韓の支配権を持つ事のお墨付きを得る事」だ。

「その筋書きの下」で

「日韓内でも

北朝鮮劣悪国家指導者等からの命令・指令が出され

日韓内に数多く居る北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等やその協力者等」が

「命令・指令の下の工作活動等を

連綿と行い続けて来ている」。

「その流れの上での、

決済済み公文書書き換え・削除等の大問題化による

政権交代等の世論等育成工作」なら

「文書書き換え・削除等の命令・指令の大元」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等になる」。

「この可能性」を

「排除したまま」

「無理やり、政治問題化させた

公文書書き換え・削除等への責任追及等」では

「明らかに、

現政権否定の為に偏っている上に、

不十分な、

インチキ論等になる」』。

『「偏りのある

不十分な

インチキ論」等が

「公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」で

「蔓延り続けられているのは何故か?」等を

「考えたり、追及等したりする」なら

「戦後日本の

テレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等々」の

「実権者人脈の問題も判る筈」だ。

「北朝鮮のオトモダチ、旧社会党系等の人脈の者たち等」が

「強い実権を握り占め続けて来ている」なら

「多くの

戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等の論等」が

「現状までの様に、

異常な程、利韓国・利北朝鮮・利在日等であり続けて来ている事」等も

「ある意味、当然になる」。

「そして、テレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界」には

「選挙も無い」から

「実権者人脈の交代等」は

「自浄任せ・・・」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が

実際に、何処のどんな者たち等を利して来ているのか?等を

ちゃんと検証したり、考えたりする」なら

「現状までで、

自浄が働いている様相を明らかに感じられる方々」は

「居るとしても、極稀で当然になる」』。

『「戦後日本の国政問題等で極めて重大な事」は

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等の

徹底排除」だ。

「拉致までされている」のに

「日本国内で、拉致工作以降も、

飲食物工作や電磁波工作や侵入工作や

医療工作や

情報教育工作や

政財界工作等々

数多くの非人道的なモノも多い工作活動等を行い続けて来ている

世代交代までしながら人数を増やし続けて来ている集団」を

「黙認・放置等し続ける事を選ぶ」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等になる」。

「今までの実害分ダケでも

非常に厳しい罪と罰が当然の集団」を

「放置し続ける事」は

「本当に異常」だ。

「トランプ政権も安倍政権も北朝鮮に厳しい事」は

「とても良い事」だ。

「この流れを一国有地払い下げ問題等の小問題上につくり出されている様相の

実質的、小問題等により

変えてしまう事」等は

「在り得ない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」なら

「何としても、北朝鮮にとって厳しい流れを変えたい」だろうが、

「今まででも、散々の極悪事を積み重ねて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「健常な人間なら、先ず、自首を勧め、

自首しないなら、逮捕するのが当然の相手」だ。

「逮捕も無理なら、排除・駆除等した方が、人間世界の為になる」のが

「現実」だ。

「極悪人を放置・容認等し続ける選択肢」は

「常人側には、在り得ない」。

「極悪人を放置・容認等したがる、させたがる」のは

「極悪人の手下等」と「相場は決まっている」』。

『「健常方向に向かう世界情勢に

積極参加等出来る

日本状態で無ければ、

多くの日本国民が多大なデメリットを受けてしまう」。

「ましてや、北朝鮮劣悪国家指導者等、不健常な、極悪な、者等を利してしまう

日本の状態」では

「多くの日本国民がとんでもないレベルの自虐等を強いられる事になる」。

「現状までの、

多くの、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」は、

「多くの視聴者・読者・生徒等をどの方向に導こう・・・等として来ているのか?」

「実利が、何処の誰に行く情報・教育等が主になっているのか?」

「今、大騒ぎしている、させられている

財務省文書書き換え・削除等の大問題化」でも

「この大騒ぎや

この大騒ぎによる現政権の問題化等」で

「いったい、何処の誰が実利を得ているのか?」

・・・「絶対に忘れてはいけない一面」が

「其処に在る」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等で動いている・動かされているかも知れない

政治家・官僚・公務員等々や

テレビ・ラジオ・マスコミ等々に

乗せられて

操られ

北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等を利し、

日本に大自虐状態等を招き込んでしまってはいけない」。

「その手の悪の工作等」が

「公共の電波や公共的マスコミや

学校教育等」を

「悪用して、連綿と行われ続ける事が可能な状態」は

「直にでも是正すべき重大事」だ』。

『「公文書の改ざん等を防ぐ対策も結構」だが

「その前に、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等による

実質的、マインドコントロールや大衆誘導等を

排除する対策が肝要」だ。

「情報配信に関しては、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信と

偏向・偏重等の無い各論併記状態の徹底が

極めて重要」だ。

「視聴者・読者等は、

テレビ・ラジオ・マスコミ等から

現実情報を原寸大で受け取り、

各論は参考程度に、

自分自身で考え、思い、意見を持ち、

判断等は視聴者・読者等自身が行える状態の構築」こそが

「極めて重要」だ。

「学校教育」でも

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用した教育が

所謂、文系でも肝要になる」。

「未だに、丸ごと一人の死生観・人生観等ダケを主に

宗教等、歴史文化遺産の座に置くべきモノの現状利権等の維持等の為の便宜等を図っている・・・等々」では

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や有名人等による操り人形化には都合の良い人間が育成し易いかも知れない」が

「自分本来の人生を健常に歩みやすくなる人間の育成」には

「百害あって一利無し」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「財務省文書書き換え等を、民主主義の根幹を崩す・・・等」と責めている「テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導等により、散々、戦後日本の民主主義の根幹を壊して来た者たち」問題・・・。

『「多くの日本国民が傾注する国政上の主題」を「一国有地払い下げ問題」等や「財務省文書書き換え問題」等に「させる事」により、

「実質的には、反対野党等を利しているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に酷い」。

「同様の事態」が

「戦後の日本社会の中で連綿と続けられて来ている」から

「拉致までされているのに、

未だに、

十分な実効を持つスパイ・工作活動防止法や摘発体制等の

整備等さえも行われず、

その結果として、

多くの日本国民(一般市民も含む)が

例えば、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等の

生贄状態に置かれ続けて来てしまっている」。

「日本国民の健康・安全・安心等を守る政治・政策等を行わせる世論等」を

「黙殺せしめる

実質的、情報・教育工作等」の「実害」は

「本当に、甚大」だ。

「戦後日本の異常な情報・教育や

それが元になってしまっている世論や政治等の下」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員やその協力者等は大いに蔓延り易くなり、

その裏で、

多くの一般日本国民が自虐状態を強いられ続けて来ている」。

「この異常事態の解消」等を

「訴える」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が行うべき重大な仕事」だが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が行うべき重大な仕事」を

「行わず」に

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の側を利し続けて来ている」のが

「現状までの多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等のオトモダチ人脈の問題」だ。

「そして、そのオトモダチ人脈の問題は

反対野党等の中にも在る」』。

『「事実・現実に基づいた原寸大情報配信」が「行われている」なら

「一国有地払い下げ問題」や

「一学校新設問題」等は

「一国有地払い下げ問題」であり

「一学校新設問題」等」に

「過ぎ無い」。

「財務省文書書き換え問題」等も

「同様」だ。

「余程の違法行為等が無い限り、

多くの日本国民の傾注を誘う、国政上の大問題並みの扱いとしては

報道等されない」のが

「当然になる」。

「ところが、現状」では

「一国有地払い下げ問題」や「一学校新設問題」等や

「財務省文書書き換え問題」等が

「国政上の大問題並みに、喧伝されている」。

「そればかりか、

実質的に、政権問題化され、

政争の具化されている」。

「その裏」で、

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

集団工作活。動(非人道的なモノも多い)等の

国政上の重大問題」等が

「黙殺され続けて来ている」。

「明らかに異常」だ』。

『「明らかに、異常な事を行い続けて来ている」のが

「反対野党や

反対テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「行うべき

実効のあるスパイ・工作活動等対策等を怠り続けて来ている様相」なのが

「与党等」になる』。

『「戦後の日本の中」の

「集団工作活動」が

「工作活動に関わっている者たちの数が余りにも多いから・・・」等と

「徹底的に、摘発等されていない裏」では

「どんなに少なく見積もっても

数百万人レベルの日本国民等が

集団工作活動等の犠牲者にされてしまって来ている」。

「集団で弱毒物や有害物等を執拗に飲食物や大気等に仕込み続ける粛清工作」や

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき工作電磁波を使った粛清工作」等では

「現れる実態」は

「被害者のガンや心不全や脳卒中等になる場合が多い」。

「事故や自殺等が誘発される場合も少なからずある」。

「工作活動の摘発無き世界」では

「病死や事故死や自殺等として処理されるダケ」だが

「実体としては、集団工作活動による大量殺傷以外の何モノでも無い」。

「{陰険なナチス・ヒトラー}を放置・容認等したままで良い訳は無い」』。

『「工作活動には実体が在る」から

「十分な体制を組んで、本気で摘発する」なら

「摘発自体はそれ程困難では無い」。

「例えば、電磁波工作なら、

ソフトにしても、ハードにしても、

工作電磁波を発生させる仕込みが必要」で

「実際に、その様な仕込みは、

至るところに仕込まれ続けて来ている」から

「工作活動を仕掛けている側が一気に無くす事も出来得ない」。

「実際に使用されているところからは、

工作電磁波独自の経時変化する複数和音的電磁波の実態が観測出来る」。

「周波数依存型の電磁波測定器塔では観測困難だが、

電界測定器や

音響兵器的特性があるので

金属板等に当て、音響化した後の音の測定」等では

「容易に観測出来る」。

「その悪影響の調査・実証等には、相応に時間がかかるかも知れない」が

「工作実態は、

工作電磁波を当てる人体実験が大々的に行われている様なモノ」だから

「工作電磁波が在った・在るところの被害者の実態」から

「実体把握も可能な筈」だ』。

(続きは、後程)

|

財務省文書書き換え問題の本質は「何故、バレると解っているのに、官僚は文書を書き換えたのか?そして、何故、朝日新聞がスクープ出来たのか?」でしょ・・・。

『「財務官僚になる程の頭の良い方々」なら「今時、公文書を書き換えれば、必ずバレる事」くらい

「解らない訳も無い」。

「仮に、上からの圧力があった」としても、

「今時なら、何れ、実態が告発されてしまう事になりますから、

その様な手段は行わない方が・・・等々の旨」くらい

「進言していて当然」だ。

「政治主導等を声高に訴えていた旧民主党等の面々とは違い、

官僚を上手く使う等の旨言って来ている現与党の面々」が

「上からの圧力をかけるとは考え辛い」し、

「仮に上からの圧力をかけていた」としても、

「その様な官僚からの進言等も無視して、無謀な書き換え等を強いる」とは

「考え辛い」』。

『「所謂、のり弁でも良かった筈の文書」を

「ワザワザ書き換えた事」には

「ある種の策略性や工作性等の臭い」が

「濃厚に、充満している」。

「そして、スクープしたのが、朝日新聞という辺り」にも

「同様の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「差別の無い公務員の世界」には

「言うまでも無く、

所謂、保守系の者も居れば、

所謂、左翼系の者も居る」ばかりでは無く、

「元々からの日本人も居れば、

朝鮮半島系の人々やそのオトモダチ等も居る」』。

『「極東情勢の現状」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の解決が強いられている状態」で

「韓国では、従北政権が出来てしまっている状態」だ。

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等やその協力者等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等から、早急な日本の従北政権化等を強いられていても

何の不思議も無い状態」が

「其処に在る」』。

『「そんな中」で

「北朝鮮のオトモダチ人脈も未だ、大いに蔓延っている

所謂、反対野党等や

所謂、左翼テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「今の与党より、

日本国の為、多くの日本国民の為になる

政治や政策等をロクに訴えずに、

例え、官僚の文書でも、追及出来るところを見出し、或いは、つくり出し、

それを、北朝鮮に対し強い態度で対応し続けて来ている

北朝鮮にとって都合の悪い現与党政権等の

失政にまで結び付けよう・・・等としている様相」は

「明らかに、政治工作的」だ』。

『「韓国では、朴大統領の友人を悪者状態に仕立てる事により、

政権転覆~従北政権化が実現してしまっている」。

「日本の安倍総理の友人、例えば、加計氏等を悪者に仕立てる事」は

「かなり困難だった」のだろう。

「其処で、問題的要素の強い籠池氏等」と

「安倍氏や安倍夫人や所謂、保守系の国会議員等」との

「繋がり」を

「積極的に、

つくり出させ、つくり出し、

籠池氏の問題を安倍政権の問題にすり替える工作等」が

「行われた様相だった」が、

「その実効は、不十分・・・だった」。

「其処で、更に、

財務省の中の所謂、左翼系官僚等と朝日新聞等の所謂、左翼系のマスコミ等が組んで

上辺では、安倍政権にとって都合の良い様に思える国会答弁等の裏で、

何れは、バレる、バラす、文書の書き換えを仕込んだ様相」等が

「露呈している」』。

『「問題人間的に捉えられても何の不思議も無い籠池氏等からの要望や籠池氏との交渉等」を

「直接の担当者になってしまった近畿財務局の人々等」が

「用心」し

「普通では、あり得ない程詳しい、決済の裏のメモ文書等を付けた事」は

「担当公務員・官僚等の自首防衛の為だった」かも知れないが

「それを、悪用して、

政権転覆劇等を仕込み

実践等して来ている辺り」には

「明らかに、

日本も韓国同様に従北政権化したい

北朝鮮劣悪国家指導者等の意志等や命令・指令等の影等」が

「見え隠れしている」』。

『「一国有地払い下げ問題」の

「財務官僚の一部による文書の書き換え」という

「実質的、国政上での、小事件・小問題」を

「民主主義の根幹に関わる大問題」等とか

「現政権故の大問題」等々で

「あるかの如く風潮し続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等」からは、

「明らかな、異臭が漂って来ている」』。

『「書き換え」を

「指示した大元」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等だったりして・・・」等と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「日本の国政上の実質的、小事件・小問題等」を

「執拗に解明しよう・・・等としている暇がある」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等の大問題」を

「早々に解決させた方」が

「遥かに、実効が高い筈」だ』。

『「極悪非道工作活動国家北朝鮮劣悪国家指導者等の大問題」を

「徹底解消・徹底解明した後」でも

「現状の財務省文書書き換え問題の大元が判明しない」のなら

「其処で、

初めて、日本国内の悪探し等を行った方が

遥かに、合理的で効率が良い」等と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「何しろ、現状まで」は

「拉致までされている」のに

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員等や協力者等」の

「十分な摘発さえ行って来ていない」のが

「戦後日本の寒過ぎる実態」だ。

「スパイ・工作活動天国状態の戦後日本」で

「拉致工作等に手を染めた工作員・協力者等」が

「その後、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を

何も、行わせられていない等」と

「本気で、思える」なら

「本当に、深刻なおバカか、確信犯の悪か、

相当に深刻な平和ボケか、

・・・等々になる」。

「戦後日本の異常に高い発ガン率等からも判る様に、

飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作等々、

戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な

集団的工作活動を

積極的に人数を増やす世代交代等までして

連綿と行い続けて来ている」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員や協力者等の実態」と

「強く推定出来る」』。

『「日本からの戦争が全く考えられない戦後の日本」で

「反戦!」を

「声高に叫んでいる暇がある」なら

「戦後日本の現実としての重大問題

日本の中の他国人脈等による工作活動(非人道的なモノも多い)等の

重大問題を解決させるべく

反工作活動!」を

「訴えるべき」だ。

「日本の場合」、

「反戦!」は

「戦前、戦中にこそ重要だった訴えに他ならない」。

「戦後の日本で重要」なのは

「反工作活動!」だ』。

『「朝日新聞の実態を振り返ってみよう」。

「戦前~戦中」は

「戦争に向かって、行け!行け1どんどん!!」だった。

「戦後、朝鮮半島内が、北と南に分かれた辺り」から

「一気に、所謂、左翼化」し

「戦後日本の中の工作活動は無い事に・・・」、

「拉致が露呈しても、朝鮮人の強制連行等を持ち出して、容認論・・・」等々で、

「戦前~戦中にこそ重要だった反戦!を戦後に声高に叫び、優等生ぶり、正義ぶり・・・」

「戦後日本の北朝鮮等他国人脈による工作活動等の重大問題」は

「ロクに告発せず・・・」、

・・・等々だ。

「そんな事の為に利用出来る高学歴の言葉・文書等使い上手」を

「日教組等の教師等が育成」し

「有益分子化された所謂、優等生等」を

「実質的、工作員等として、利用し、

実質的には、北朝鮮劣悪国家指導者等を利し続けて来ている」・・・。

「そんな実態」が

「露呈している」・・・』。

『「政界には選挙がある」から

「もはや、所謂、左翼政党や、反対野党等」は

「圧倒的、少数派」だ。

「政党数ダケは、数個レベルで在る」から

「例えば、野党6党とか、見聞きする」と

「少なくとも、その瞬間は、

まるで、与党と同レベルの数の国会銀等が居るかの如く

勘違いする、させられる、視聴者・読者等も

決して少なく無い筈」だが

「実際は、{選挙で裁かれた}圧倒的少数派」だ。

「だから、どんなに、視聴者・読者等をイメージで騙して、

まるで、与党と同レベルの野党があるかの如く思いこませ・・・ても、

政権交代は、実質的に無理」だ。

「其処で、所謂、左翼人脈のテレビ・ラジオ・マスコミ等が

推奨等している」のが

「例えば、自民党の中の、朝鮮系・所謂、左翼系の者たち等」だ。

「自民党政権」でも

「朝鮮系の者や所謂、左翼系の者等が

総裁~総理の座に就く」なら

「日本の従北政権化等も可能等」と

「信じたがっている」のかも知れない』。

『「もちろん、そんな人脈の意向に沿って、

多くの日本国民が動く必要も無ければ、

動く訳も無い」のが

「現実」だが』。

『「米国では、CIA現長官が3.31で解任でされるティラーソン氏の後に就く」。

「そして、今は、北朝鮮との対話を言っている」。

「裏を考える」なら

「現状では、北朝鮮が核開発等を実際にフリーズしている事」を

「CIA人脈の要人であるが故に、オンタイムで把握しているが故」の

「現状では対話」と

「強く推定出来る」。

「逆に、北朝鮮がちょっとでも、ズル等をして、動くなら、

対話は、直ちに、オンタイムで、無くなる状態」と

「強く推定出来る」。

「つまり、

北朝鮮は、既に、詰んでいる」が

「この人事で、更に、詰みの実態がはっきりした事になる」。

「もはや、北朝鮮は、米朝対話まで動けず、

米朝対話時に合意を得る為には、

核・ミサイル・他国内での工作活動等の完全放棄が必需になる」。

「行くも地獄、退くも地獄なのが、北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」で

「その実態は、その手下・協力者等も同様」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下・協力者等が今~行うべき」は

「良質な敗戦処理に他ならない」。

「今だに、日本の従北政権化工作や

他の工作活動(非人道的なモノも多い)等々を

一生懸命行い続けている者たち」は

「本当に、どうかしている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の解決の日は近い」。

「全世界が一刻も早い完全解決を待ち望んでいる」。

「日本の政界や官僚界の実質的、小問題の解決」は

「その後でも十分」だ。

「何故なら、

北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下、工作員・協力者等の問題とは違い、

多くの一般日本国民の実生活に

実質的な大影響が無い事だからだ」』。

『「何事でも、優先順位は間違えるべきでは無い」。

「優先順位を間違えると大悪を利してしまう事もありえるから」だ』。

|

「異常な程、詳しい」財務省文書が公開されたが・・・。

『「森友学園関連の決済後の文書」が「北朝鮮にとって都合の悪い安倍政権を降ろす為の道具等として使われ、反対野党やそのお仲間マスコミ等から過剰追及等されている」。

「個の政治工作」は

「戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の引き立て役、

同じ人脈が演じる出来の悪い右翼」等から

「始まっている」。

「既に、露呈している籠池氏の実体」は

「出来の悪い右翼そのもの・・・」だ。

「戦後の戦後の日本」では

「差別の無い公務員の世界」にも

「多数の朝鮮系の者たち等が居る」。

「近畿財務局がつくった文書の中」で

「森友学園への一国有地払い下げ関連の文書ダケ」が

「異常に詳しい経過説明等を付けている事の裏」にも

「その辺りの事情がある」と

「強く推定出来る」。

「出来の悪い右翼」が

「保守系の国会議員等との強い繋がりを無理やり持つ事」で

「保守系の国会議員等を道連れにした

国政騒動等を起こす」。

「それは、一国有地払い下げ問題や一学校法人設立問題等」の

「国政上では小事でも良い」。

「それを、

北朝鮮のオトモダチも含む反対野党やそのお仲間マスコミ等」が

「無理やりにでも大衆を巻き込んで、

政権転覆の流れをつくり出すべく、

小事を大問題化して、

大騒ぎし続ける」。

・・・「その指令元」は

「日本の従北政権化工作を行い続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等」の

「可能性もかなり大きい」。

「韓国で成功した従北政権化と同様の事」を

「日本でも行おうとしている様相が露呈している」。

「韓国」では、

「朴大統領の友人を問題化する事と

問題化された友人の問題行動等を

韓国のマスコミ等が正義ぶって暴き、

大衆の中でも大問題化させると共に

朴大統領と友人の強い繋がりも大喧伝した事等」により

「朴政権を転覆」させ

「その反対側に位置していた従北野党を与党政権化する事に成功した」。

「この大統領の友人に問題行動等を起こさせて、それをマスコミ等で大騒ぎし、

政権を転覆させる構造」は

「安倍総理と籠池氏に無理やりにでも強い繋がりを持たせよう・・・」等と

「懸命に足掻いている

現状の反対野党や

そのお仲間マスコミ等」と

「瓜二つ」だ』。

『「近畿財務省の決済済み文書」を

「書き換えたのか?

改ざんしたのか?」は

「表現上の問題」で

「より悪質なイメージを

視聴者・読者等に与える

改ざんを選択しているところから」は

「より強い、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「漂って来る」。

「捏造部分もあるかも知れない異常に詳しい内容自体」や

「小事を大問題化する事等による国政上のデメリット」等は

「問わず、

決済済みの

財務省文書書き換え/改ざん問題」を

「大問題化する事により

政権に大悪のイメージを持たせ

財務大臣や総理に責任を取らせよう・・・

北朝鮮にとって都合の悪い政権を転覆させる事により

日本も従北政権化しよう・・・等とし続ける事」の

「悪質さ等」は

「少し考えるなら、誰でも分る」』。

『「自民党の中」でも

「朝鮮系と言われている小泉ジュニア等」は

「政権転覆等側に都合の良い

政治家責任論等に言及している」。

「それを、

日本も従北政権化したい様相のテレビ等が、

喜々として、重用等している」。

「この辺りからも、

大衆誘導目的の政治工作・情報工作等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「既に、大阪地検が入って捜査している」から

「犯罪がある」なら

「立件される事になる」から

「近畿財務省文書問題」は

「捜査結果待ちで十分」だ。

「その後、問題点が露呈した」なら

「法整備等する事等により、是正すれば良い」。

「現状」は、

「北朝鮮のオトモダチ、反対野党やそのお仲間マスコミ等が

大悪・大問題のイメージで喧伝しているダケ」だ。

「内実としては、反対野党やそのお仲間マスコミ等対策の為」の

「現時点では法に触れない処理等に過ぎ無いかも知れないのに!」』

『「日本国・多くの日本国民にとってのメリット・デメリット等を忘れない」なら

「誰でも直に判る事」だ。

「北朝鮮のオトモダチ、反対野党やそのお仲間のマスコミ等」に

「従って、政権転覆劇に加担したり、

それらの者等が推奨する政権等を選択する」と

「日本はどうなってしまうのか?」

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」で

「日本はどうなったのか?その裏で、中・韓・北朝等はどうなったのか?」

「日本を細らせる裏で、中・韓・北朝等を太らせる事」等に

「加担する自虐」は

「二度と繰り返すべきでは無い」』。

『「現状の北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の

{負けたふり詐欺}による時間・資金等稼ぎ状態」だ。

「負けたふり詐欺}によって稼げている時間の間に

何としても、日本も従北政権化しようとしている」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」だ。

「戦後日本」の

「小事が大問題化されている国政問題等の裏」には

「この構造が在る場合が多い事」を

「多くの日本国民は、決して忘れるべきでは無い」。

「拉致までされている」のに

「スパイ・工作活動等対策が未だ不十分な戦後の日本」では

「今でも、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

日本乗っ取り支配等を目的とした工作活動(非人道的なモノも多い)等が

連綿と続けられている」』。

『「日本からの戦争が全く考えられない戦後の日本で反戦!を叫ぶ愚」は

「戦前に好戦!を叫んだ愚と同様で、自虐的」だ。

「戦前にこそ必要だったのが反戦!」だ。

「戦後の日本で必要になっている」のは

「反戦!では無く

反工作活動!」だ。

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等に加担してしまう事」は

「一億総玉砕させようとしている事に等しい超自虐行為に他ならない」』。

『「拉致は拉致工作」だ。

「日本全国各地に今も居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やその協力者等」が

「先ず、拉致対象者を選別」し

「次に、移動中に暴れられたりしない様に、有益分子化教育等を施し、

それから、移動させ、

北朝鮮への運び屋工作員に渡した」から

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致する事が出来てしまったのが現実」だ。

「拉致工作を行ったり、手伝ったりした者たち等の多く」は

「その後も世代交代までしながら、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を行い続けている」。

「政財界工作はもちろん、

情報・教育工作も、

懐柔や弱み握り脅し等々による、有益分子育成工作も、

弱毒物や発ガン物質等を仕込み続け、ターゲットに与え続ける飲食物工作(外食や販売食品等も下記の家の中等も含む)や

飲食物工作の仕込みや弱み把握や情報盗み等々の為の侵入工作や

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、覗きにも使える工作電磁波等々による、

不適応分子粛清工作も、

行い続けている」』。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信・教育では無い

偏向・偏重等溢れるイメージが主の情報配信・教育」の

「裏」にも

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等がある場合が多い」のが

「戦後日本社会の寒過ぎる実態」だ。

「この事」は

「森友関連財務省文書問題」等を

「考える時」にも

「誰もが

絶対に忘れてはいけない一面」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が日本の公共の電波上で、「南北~米朝会談で、北朝鮮劣悪国家指導者等が一番困る戦争等が避けられる可能性大だゾ~!等と喜び」、「3.11の原発・福島偏重情報配信等により日本の核ゼロ化世論を誘おう・・・等とし」、「森友財務省文書問題で、反安倍政権化の為の政争世論等の喚起させよう・・・等」等々、していた様相だったが・・・。

『「韓国従北政権が敷いたレールに乗って、米国トランプ政権が動く」と「トランプ大統領の支持率は急降下する事になる」。

「何故なら、

北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う南北首脳会談の後の

米朝首脳会談では、

ロクな結論は導き出せ得ない事になるから」だ。

「其処で、慌てて、武力行使等に舵を切る」なら

「米朝首脳会談時までに、

何としても、

米国全土を標的に出来るICBMを何機も実戦配備してしまう事に邁進している北朝鮮」による

「米国本土への反撃付き・・・となってしまう可能性大」だから

「多くの米国国民から

米朝首脳会談などに時間を費やしていた事等が

大非難される事になる」。

「逆に、韓国従北政権が敷いたレールに乗らず、

米朝首脳会談の前提条件として

北朝鮮の核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の完全放棄に繋がる

明確で具体的な行動等を求め、

それが、直ちに、実行されなかった場合は、

遠慮無く、早々に、

南北首脳会談等の北朝鮮劣悪国家指導者にとって都合の良い茶番劇など無視して

武力行使する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が米国の要求に応じた場合」でも

「北朝鮮劣悪国家指導者が米国の要求に応じず、

米国等が北朝鮮への早期武力行使等を行った場合」でも

「米国トランプ政権の支持率等は一気に上がる事になる」。

「韓国従北政権の敷いたレールに乗った場合と

乗らなかった場合の

どちらが正解か?」は

「もちろん、

トランプ大統領も

米国共和党政権も

重々承知」と

「強く推定出来る」』。

『「北朝鮮側からの

核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の完全放棄に繋がる

明確で具体的な行動が未だ無い、

ばかりか、

少なくとも、日本国内、筆者の周囲の工作活動(非人道的なモノも多い)等が

より旺盛に行われ続けている現状」で

「南北首脳会談~米朝首脳会談の流れダケ」から

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の平和解決が近づいて来ている」から

「戦争や武力行使等は絶対ダメ!」

「そんな事をすれば、日本も被害を受けるゾ~!」等々と

「公共の電波上や公共的マスコミ上等々で喧伝している者たち」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の問題」とは

「他国内の工作活動人脈の問題でもあり、

陰険なナチス・ヒトラーの問題」だ。

「陰険なナチス・ヒトラーの元締めである

ヒトラーに当たる北朝鮮劣悪国家指導者等を

自首させるなり、

逮捕・排除・駆除等する事により

北朝鮮国内はもちろん、

他国内のヒトラー信望者等を改心させ

ナチス工作組織等を解消させる・する事等」により

「初めて、本当に解決出来る

現状の人類がかかえている

本当に深刻な重大問題」だ』。

『「陰険なナチス・ヒトラー問題の真の解決が無い場合

人類の未来は、非常に短いモノになる」』。

『「東日本大震災からの復興」は

「その速度は遅いが、着実に進んで来ている」。

「それは、福島第一原発でも、原発事故被災地域でも同様」だ。

「着実に進んで来ている復興」を

「ほとんど進んでいないかの如きイメージで風潮等する事により

現政権批判・非難等の政治運動等を行ったり、

多くの視聴者・読者等の中で反原発感情等を育成する事により

実質的に、北朝鮮や中国や韓国等を利そう・・・等としている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様相さえ露呈し続けて来ている

日本の中の悪質な

テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「科学レベルで安全が確認されている場所が避難地域指定を解除される」のは

「当然の事」だ。

「その地で作った農産物塔が売れない」のなら

「その一番の元凶」は

「放射能潔癖症等を煽り続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信等」に

「他ならない」。

「自らの実質的、重大悪事」を

「反省し、詫び、その責任を取る事等さえしない、

選挙も無いが故に、人脈交代等も無い

テレビ・ラジオ・マスコミ界の者たち等」が

「未だに、自浄不十分なまま、自己正当化論等を

一方的に、大量配信し続けている実態」は

「本当に、劣悪で醜悪」だ』。

『「避難指定等が解除されても、元の地に戻らない人々」にも

「色々な本音や事情等がある事」は

「少し考えるなら、誰でも分る」。

「例えば、地域的繋がりが濃い、農業地域等の人々」が

「利便性も高く、地域的繋がりが薄い、都市部等に避難した」なら

「元々の人間関係からの解放と、都市部故の利便性等の魅力」が

「元の地に戻りたい願望に勝る場合も、少なからず出る事」は

「想像に難く無い」。

「元々の人間関係上の弱者や実質的、被差別者等なら、

その傾向が益々強くなっていて当然」だろう。

「この手の問題で、問題にすべき」は

「帰還しない事では無い」。

「元々の人間関係等や

元々の場所の非利便性等」になる。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

その辺りを解明~告発等してこそ

本来の仕事をしている事になる」。

「帰還しない事」を

「まるで、現政府・与党等の政治の責任であるかの如く喧伝等する」のは

「公共の電波上や公共的マスコミ上で

反対野党や北朝鮮劣悪国家指導者等の為の

政治運動等を行っているゲス等になる」。

「もちろん、そんな者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「森友学園、籠池氏問題の本質」は

「資金面で困窮していた

かなり図々しくうるさい性格でもある籠池氏による

一発逆転の為の酷技」だ。

「政治・行政等の側の

一番最初のボタンの掛け違い」は

「大阪府に出された籠池氏からの学校法人設立認可要請を

通してしまった事」になる。

「設立が認可されてしまった

{籠池氏の}学校法人に対する対応」を

「近畿財務局等は、本当に苦労して行った筈」だ。

「財務省の省内向け文書の中に特例等の記載が在り、

それが、省外向けでは、削除等されていた事」をして

「公文書改ざん等と大騒ぎし、大問題化し、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっては都合の悪い安倍政権を

一刻も早く終わらせる為の政治運動の具にしている」のが

「北朝鮮のオトモダチ人脈も蔓延っている反対野党や

朝日新聞やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」という訳だ。

「森友学園問題は、

基本的に、大阪府の一学校法人設立問題が元」であり

「その後の学校法人設立を前提とした一国有地払い下げ問題が主」だから

「現在の財務省文書問題でも、

大阪地検が動いている」。

「それを、

籠池氏が無理やり築いた、

安倍氏や安倍夫人等との関係を基に、

無理やりにでも、

政権の問題にする事等」により

「日本も韓国同様の従北政権にしよう・・・等としている様相」なのが

「北朝鮮のオトモダチ、反対野党等」や

「朝日等のマスコミ・テレビ・ラジオ等」だ』。

『「籠池氏等の{問題}人間」を

「要人に無理やりにでも繋げる事と

情報配信等の悪用等により、

要人自体を引き摺り下ろす政界等の工作」は

「極悪非道工作活動国家北朝鮮等の得意技」に他ならなない。

「多くの日本国民」は

「一学校法人設立問題や一国有地払い下げ問題等々」の

「国政上の実質的、小問題」を

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信等を悪用し

視聴者・読者等のイメージを操り

大問題化させる事等により

政権交代~従北政権化させてしまう

詐欺的工作」に

「乗せられてしまってはいけない」。

「事の大小は、原寸大通りに捉え、

実体や事実・現実に基づいて

必要な処置を求める」のが

「今時の先進国の民」だ。

「財務省文書の書き換えが何故必要だったのか?」の

「解明追及等は結構」だが

「それは、あくまでも、一国有地払い下げ問題上の事」だ。

「財務省の実務利益上での必要性等は在った筈」だが

「一国有地払い下げに対し、

タダでさえ忙しい国政の重大問題でも無いのに、

政権等からの意向や支持等がある訳も無い」。

「逆に、その様な意向や支持等があった異常事態がある」なら

「その事を告発した上で、政権の問題にするべき」だ。

「一国有地払い下げに関する財務省文書の問題」という

「行政上の、実質的には、小さな問題」を

「無理やり、政権の大問題にしよう・・・」等と

「し続けて来ている

反対野党や

テレビ・ラジオ・マスコミ等」からは

「日本の早期従北政権化を支持・命令等している

北朝鮮劣悪国家指導者等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「陰険なナチス・ヒトラー等の悪臭」だ』。

『「もちろん、

陰険なナチス・ヒトラー等とは、

排除・解消等する・させるべき存在に他ならない」。

「幸いな事に政界には選挙がある」。

「しかし、テレビ・ラジオ・マスコミ界等には選挙も無い」。

「多くの日本国民」は

「自民ダメ!|~政権交代!!~民主!!!で

民主党政権を成立させた事に

大貢献したテレビ・ラジオ・マスコミ等の実績を

決して、忘れるべきでは無い」。

「戦後、ずっと、その時からも、

テレビ・ラジオ・マスコミ界の人脈は変わっていない」のが

「現実」だ。

「そして、民主党等の人脈には、

北朝鮮のオトモダチ、旧社会党系の人脈も強く残り続け、

大いに実権を保持して来ている」のが

「現実」だ』。

『「日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」が

「上辺ではどんなに批判・非難等していても、

内実では、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す

情報・教育を行い続けて来ている事」には

「相応のバックボーンがある」』。

『「もちろん、多くの日本国民」には

「そんなバックボーンは無い」から

「バックボーンのある

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」に

「操られる事が必然的に自虐になる場合が多い」。

「多くの日本国民は、

戦後日本の

北朝鮮等のバックボーンを持つ

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等に

自分を操らせ続けていてはいけない」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等からは、

実体や事実・現実情報・教育等だけを得て

自分自身で考え・思い

自分自身で判断するべき」だ。

「そうする」なら

「例えば、小事の大問題化等の

酷い、実質的、情報・政治工作等」も

「直に判る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等に操られて、

従北政権等を選択する自虐等も

行わない様になれる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「南北首脳会談」と「米朝首脳会談」等で平和ムードを喧伝している北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等・・・。

『「現状の北朝鮮問題の内実」は「米国全土を標的に出来るICBMの完成まであと少しの北朝鮮」が

「何としても、後少しの時間と資金等を得る為」に

「韓国従北政権に南北首脳会談をセッディングさせると共に、裏資金を提供させ

その流れの延長線に

少々の時間稼ぎと

米国全土を標的に出来るICBMを保有した北朝鮮劣悪国家指導者等の要求を

米国に突き付ける機会となる

米朝首脳会談をセッティングさせた事」だ。

「その何処にも、本当の平和は無い」』。

『「米朝首脳会談時の北朝鮮劣悪国家指導者等の要求内容」も

「既に、バレバレ状態」だ。

「朝鮮半島の非核化の為に

米軍が朝鮮半島から出て行く」か、

「北朝鮮を核保有国として認めろ!」になる。

「北朝鮮を核保有国として認められる訳の無い米国が選択出来るのは

朝鮮半島内からの撤退になる等」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等は考えているから」だ。

「朝鮮半島から米軍を追い出す事に成功した」なら

「従北政権を利用して、

上辺の平和ムードの下で

粛々と

北朝鮮劣悪国家指導者等による韓国支配工作が

大々的に行われる事になる」。

「同時」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「見せ球の核・ミサイル等を放棄する」が

「隠し玉の核・ミサイル等は温存する」』。

『「在日の母を持つ金正恩等が頂点である事」を

「永遠に正当化させる為」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等を頂点にした朝鮮半島内の統一」を

「実現させる為」の

「核・ミサイル等の開発~実戦配備等と

韓国内等での工作活動等」と「共」に

「日本国内でも日本支配工作等も旺盛に行い続けて来ている」。

「米軍を朝鮮半島から追い出す事等に成功する」なら

「その勢いのまま、日本の従北政権・世論化等」と

「在日米軍の排除」等の

「工作等」が

「現状まで以上に、本格的に、行われる事になる」。

「一般市民も含む不適応分子の粛清工作等」も

「更に、過激になる」。

「その為の準備」として

「現状でも、

日本社会の至るところ」に、

「バージョンアップで強化出来る電磁波工作機器・ソフト等が仕込まれ続けている」。

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき工作電磁波」を

「レーザー的に当てる」なら

「現状レベルでも、心不全や脳卒中等の状態を引き起こさせる事等も可能」だが

「強化する事により、

不適応分子はほぼ確実に粛清出来れしまう状態にまで持って行ってしまう事等」が

「強く推定出来る」。

「核ミサイル等の脅しと

原発ゼロ化等による日本の核ゼロ化や

在日米軍喪失状態等の

実現」の「下」で

「不適応分子粛清工作を徹底的に行う」と「共」に

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等による情報統制状態をつくり出す事により

日本での従北政権化・従北世論化等を

徹底的に行う事等」が

「強く推定出来る」』。

『「その何処にも本当の平和は無い」』。

『「北朝鮮金政権」とは

「極悪非道の大悪事を既に、大量に積み重ねて来ている

極悪政権」だ。

「現在でも、他国内でも工作活動(非人道的なモノも多い)等を

旺盛に行い続けている」。

「主として、工作活動等により他の者・物・事等支配を拡大し続けて来ている

陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき実態」が

「其処に在る」』。

『「極悪人は自覚を持ち辛い」。

「何故なら、自覚する事は、自分が極悪人である事を自ら認める事になるから」だ。

「其処で、ほとんど全ての極悪人」は

「自覚の代わりに他の者・物・事等の支配に邁進する」。

「極悪人が正当ぶって存続し続ける為には

他の者・物・事等の全てを

極悪人の支配下に置き続ける必要があるから」だ。

「その為の悪の策略を練る事に邁進し続け

練り出した策略を連綿と実行に移して来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「だから、実際に、過去の大罪を悔い・詫び、罪を認め、罰を受けよう・・・等とした事は無い」。

「対話・協議等やその合意等も悪用し

取れるモノは取り、

合意等は簡単に反故にする」。

「それが、極悪人の実態」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が行って来た事もその通り以外の何モノでも無い」』。

『「極悪人には、自首を求め、

自首しないなら強制的に逮捕する」。

「逮捕が無理なら、排除・駆除等する」。

「それが、常道であり、正道だ」。

「既に、散々の極悪実績を持つ極悪人を

放置・容認等し続けようとしたり、

極悪人と

更なる対話・交渉等したがる」のは

「極悪人の手下等と相場は決まっている」』。

『「韓国従北政権がセッティングした

{4月下旬の}南北首脳会談という

北朝鮮劣悪国家指導者等への

{4月下旬までもの}時間与えや

その裏に在る資金等与え等」の

「悪の策略」を

「放置・容認等する必要は全く無い」。

「北朝鮮が

核・ミサイル・他国内での工作活動等の完全放棄に繋がる

具体的な行動実態を示さない」なら

「米軍等は、出来るだけ早く、

遅くとも、米韓合同軍事演習時には、

北朝鮮を攻撃するべき」だ』。

『「トランプ大統領」は

「米朝首脳会談の前提条件」として

「核・ミサイル・他国内での工作活動等の完全放棄に繋がる

具体的な北朝鮮の行動を

強く要求するべき」だし

「もちろん、

米国も上記の様な実態・実体は重々承知だから

そうする事になる筈」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が生き延びたいのなら、

それに忠実に応えるしか無い」。

「その様な流れが具現化した時こそ

北朝鮮劣悪国家指導者問題に対する

平和・解決等が見えて来た事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等と韓国従北政権等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の為」に

「南北首脳会談を実現させようとする」のは

「ある意味、当然」だ。

「しかし、

北朝鮮劣悪国家指導者等の時間・資金等稼ぎが目的の

南北首脳会談」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の解決に繋がる訳も無い」。

「むしろ、事態をより深刻化するダケになる事」は

「少し考えるなら誰もが直に分る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等に従う韓国の政権を

本気で喜べる韓国国民は居ない筈」だ。

「喜べるのは、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」と「強く推定出来る」。

「上辺の平和・対話ムード等に騙されてはいけない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が行いたい」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者の下での朝鮮半島統一」であり

「その為の韓国政権・世論・国民等従北化」であり

「在韓米軍の排除等」だ。

「核・ミサイル・通常兵器等を韓国に対しては使用しない{飴}」も

「絵に描いた餅、もしくは、言葉上ダケ」だ。

「それは、過去の核放棄宣言等からも良く判る」。

「自首も、逮捕等もされていない詐欺師の言葉を

何度も信じたがる」のは

「本当に深刻な平和ボケ病、

もしくは、

自分の頭を失わされてしまっている哀れな操り人形等になる」。

「朝鮮半島内を

極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に置かせてしまう事等」を

「本気で是と思える人々」は

「本当にどうかしている」』。

『「陰険なナチス・ヒトラーをこれ以上蔓延らせ続けてはいけない」。

「陰険なナチス・ヒトラーに大量のICBM等まで含む核兵器等を保有させてしまってはいけない」。

「陰険なナチス・ヒトラーによる他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を放置し続けていてはいけない」。

「極悪人等が自己正当化し続ける為に

他の者・物・事等支配に邁進し、

永遠に逃げ続けよう・・・とする」なら

「出来る限り早く、

遠慮無く、

強制逮捕・排除・駆除等する」のが

「正道になる」』。

『「日本の中にも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様相を露呈し続けて来ている者たち等が

少なからずいる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝等では「5月末までに、出来るだけ遅く、トランプ大統領と金正恩のトップ会談を実現させたい様相」だが・・・。

『「北朝鮮の核・ミサイル{実験}の{中断}」と「{北朝鮮が反対しても、行われる}米韓軍事演習の{容認}」という

「上辺の譲歩」に

「大きな意義は無い」。

「極悪非道劣悪国家指導者等の上辺の譲歩という見せ球」は

「詐欺師の美辞麗句に他ならない」。

「内実」は

「後、何ヵ月間かの時間と、必要な資金さえ得れば

米国全土を標的に出来てしまうICBMの実戦配備が可能になる」。

「米国との本当の交渉等はその後にしたい」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等」だ。

「もちろん、米国側もそんな北朝鮮劣悪国家指導者等の思惑は重々承知」だから

「核・ミサイル・他国内での工作活動等放棄に繋がる

上辺の言葉ダケでは無い

内実のある北朝鮮の行動等」を

「強く求めている」。

「米朝トップ会談の前」に

「それが実現出来されない」なら

「米朝トップ会談は

北朝鮮の時間稼ぎの為である事が明らか」だから

「当然、米朝トップ会談が行われない事になる」。

「逆に、北朝鮮が

核・ミサイル・他国内での工作活動等の放棄に繋がる

内実のある行動をする」なら

「北朝鮮の米国全土を標的に出来る核ミサイルが完成する前まで」なら

「米朝トップ会談を行っても良い」というのが

「米国トランプ政権の今回の回答の内実」だ。

「そして、そのタイムリミット」は

「5月まで」だ』。

『「5月まで」を

「出来る限り遅く、5月末までとしたい」のが

「北朝鮮側」で

「5月になる前、出来る限り早期に・・・としている」のが

「米国側」だ。

「テレ朝朝番等」では

「5月末までに・・・」と

「画面に出していた」のだから

「その北朝鮮劣悪国家指導者等への従属ぶり」は

「本当に、お見事(もちろん、皮肉)!」だ』。

『「現実的に考える」なら

「既に、3月中旬になる現在から

4月中までに

米朝トップ会談を実現する為の必要準備を全部終える事等」は

「非常に困難」だ。

「その辺りの実態は北朝鮮劣悪国家指導者等でも十分に判る」から

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「核・ミサイル等の開発~実戦配備も

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」も

「続行し続けている」のが

「現状」だ。

「当然、こんな状態では、

米国側も米朝トップ会談が行える訳も無い」。

「上辺では、トップ会談への準備が行われるだろう」が

「現状のまま・・・なら、

米朝トップ会談の実現」は

「ほぼ確実に無い」』。

『「そこで、北朝鮮側の者たち等が期待している」のは

「トランプ大統領の気まぐれ」という訳だ。

「トランプ大統領も、随分と、ナメられている様相」だが

「北朝鮮側の者たち等がどんなにトランプ大統領等を見下した判断をし続けていて」も

「実際のトラップ大統領は、

そんなにおバカでは無い、

ばかりか、

実を取る、

非常に秀でた人間」だ。

「気まぐれに思える」のは

「無理やり下に置いてみようとするから」で

「実態を公正に見ようとする」なら

「今までの、トランプ氏(大統領のなる前から)の判断や行動等が

現実的で、合理的で、非常に秀でている事等」は

「世界中の何処の誰にでも分る筈」だ。

「当然、北朝鮮問題でも実のある結果を求めている」のが

「トランプ大統領」だから

「虚の対話・平和ムード等の裏で

核・ミサイル・他国内での工作活動等を

連綿と続け

実効支配者数や実効支配国・地域等を

連綿と拡大し続けようとしている

北朝鮮劣悪国家指導者等」の

「詐欺的手法」に

「騙される訳も無い」。

「平和ボケ優等生」等とは

「全く違う

現実レベルに

存在している」のが

「米国トランプ政権」の「実態」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が米朝トップ会談を望む」なら

「米朝トップ会談を実現可能とする

核・ミサイル・他国内での工作活動等放棄に繋がる現実」を

「つくり出さなければならない」』。

『「米朝トップ会談が不調になった場合」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「米軍等の限定攻撃等により

北朝鮮の牙が現実として折られる事になる」。

「その時に、北朝鮮が反撃する」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「つまり、北朝鮮の反撃は、亡国への特急券にしか成り得ない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」でも

「もはや、どうする事が延命に繋がるのか?」は

「直に分る」だろう。

「先ずは、核・ミサイル・他国内での工作活動等の放棄に繋がる実効のある行動をする事」だ』。

『「米朝トップ会談の実現は未だ決まっていない」のが

「現実」なのに

「既に、米朝トップ会談が決定したかの如き論調」で

「情報配信等しているテレビ・ラジオ・マスコミ等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「米朝トップ会談実現の前:に

「必要」なのは、

「北朝鮮の核放棄等のロードマップでは無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

核・ミサイル・工作活動等を放棄する事に直結する

実体のある行動に他ならない」』。

『「それなのに、北朝鮮劣悪国家指導者等の米国への親書内容等」を

「大讃美等していたテレビ等もある」のだから

「本当に呆れる」』。

『「米朝トップ会談に前のめり」という「トランプ政権」の「上辺」の「裏」には

「実を求めている冷徹な判断が在る事」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等」は

「決して忘れるべきでは無い」。

「陰険なナチス・ヒトラーを容認・放置する程

米国トランプ政権は甘く無い」のが

「現実」だ』。

『「現時点では、米朝トップ会談に前のめり・・・というトランプ政権」だが

「北朝鮮側がトップ会談前に必要な事を行わなかった場合」、

「前のめり・・・が、アッと言う間に完全否定~他の手段選択~実行に変わる事」を

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「散々の悪事を積み重ねて来ている極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等問題」が

「対話等により平和完全解決出来る」なら

「理想的」だが

「現実は、そんなに甘く無い筈」だ。

「それでも、北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「近々、

どんな手段によってでも、

完全解決せざるを得ない重大問題に他ならない」。

「5月までに、

北朝鮮劣悪国家指導者等問題の

重大転機がやって来る可能性大」だ』。

『「日本の従北政権化工作等」を

「未だに、行い続けている様相」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や国会議員等々」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様相を露呈し続けて来ている者たち等」は

「英国のロシア人元諜報員等の事件等から

粛清工作等を恐れている」のかも知れないが

「日本で英国の様な事件が起きる事=日本国内の工作活動等の問題にも一気に注目が集まる事」だから

「現状の日本社会の中では、

極めて、露呈し辛い、

摘発困難な手段等での

北朝鮮劣悪国家指導者等の裏切り者・不適応分子等の粛清が

ほぼ全てになっている」。

「例えば、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を集団で連綿と行い続ける事による粛清」だ。

「ストレス増加や、人体弱体化等による

ガン等病気化や

事故・自殺等誘発による

早死に化」等の

「陰険な手法」が

「ほとんど」だ。

「つまり、滅多な事では、いきなり殺されたりする事は無い」のだから

「余程の臆病者等では無い」のなら

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や政界等の者たち」でも

「既に詰んでいる泥船から脱出して、

泥船の内実等を告発等する側に回れば良い」。

「それが出来ない」のは

「カルト民族等宗教信者等」か

「余程の悪等」になる』。

『「はっきり言えば、反対野党等が大問題化しようとしている小問題等」に

「国政の貴重な時間を費やしていてもロクな事は何も無い」。

「小問題を大問題化する事で国政を遅滞させている

反対野党やそのお仲間マスコミ等」は

「そんな暇がある」なら

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等の告発等でも行ったらどうか!」

「もっとも、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」なら

「日本の国政遅滞工作」や

「日本を従北政権化する工作」等々は

「出来て」も

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

告発等する事」等は

「出来なくて当然・・・になるが!!」』

『「現在、検察が入って調べている財務省官僚文書の問題」を

「無理やり

財務大臣や政権の問題とし

大問題化する工作的手段」を

「一生懸命頑張っている

国会議員やテレビ・ラジオ・マスコミ等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「検察が入っている官僚文書の問題等」は

「検察捜査の結果を待ってからで十分」だ。

「其処で、違法性等が露呈した」なら

「追及等すれば良い」。

「検察の捜査結果等が出る前」に

「国政の貴重な時間を費やし、

テレビ・ラジオ・マスコミ等で大騒ぎ等する事では無い」のは

「明らか」だ。

「自民ダメ~!」が「困難になる」と

「官僚ダメ~!」を「行う事」で

「お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の大応援の下、

無理やり存在感を示そうとしている

反対野党・国会議員等」に

「貴重な血税等を与え続ける必要がどれ程あるのか???」

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

撲滅する政治・政策・法・摘発体制の整備等々の仕事をする政党や国会議員等」なら

「血税だけでは無く、私財をつぎ込んででも応援したい!」等と

「考えたり、思ったりしている人々」なら

「数多く居る」が』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「韓国の宣伝&視聴者脅しの後、金正恩等との対話を推奨」等していたが・・・。

『「韓国スケートの実質的、宣伝」の後「ミサイルを連想させる巨大避雷針の落下」や「日本の荒天」等を

「喧伝」し

「米・日の北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」を

「推奨等していた」のだから

「本当に、策略的情報配信」だ。

「其処」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」の

「情報工作等の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「元々、散々の大悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話や交渉や合意等」が

「成り立つ訳も無い」。

「極悪非道劣悪国家指導者等の目的」は

「散々の大悪事の罪や罰から永遠に逃れ続ける事に他ならない」。

「その為には、

核・ミサイル等の開発~実戦配備や

他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等の

重大問題行動・重大悪事等を

行い続ける」と「共」に

「対話(口先)等で世界を欺き続ける必要がある」。

「核・ミサイル等の開発~実戦配備等の重大問題行動を大悪事の盾にし

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の大悪事で大悪事を黙認させよう・・・等とし

対話(口先)等で

世界を極悪非道劣悪国家指導者等の都合に沿うように動かし続ける事」等が

「必要になる」』。

『「人間世界の正道」は

「極悪人等には、先ず、自首を求める」。

「自首しないなら、強制的に逮捕する」。

「逮捕が無理なら、排除・駆除等する」。

「それは、

人種・民族・国籍等問わず、

至極当たり前の事」だ。

「この至極当たり前の事」を

「韓国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等や民族差別等を基に

先ず、韓国との間で崩し、

韓国を利用して米国との間で

対話(=口先で極悪非道劣悪国家指導者等の都合を米国や全世界に強いる機会)等を

実現させようとしている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「現状でも、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等という大悪事が継続中である事」は

「韓国同様の従北政権化工作が行われ続けている日本の政界」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う情報配信や教育等を続けている情報・教育界等々の

工作の実態」や

「筆者の周りでも旺盛な

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々の実態」からも

「はっきりと判る」』。

『「まるで、

米朝首脳会談が実現するのが当然の如き論調」の

「情報配信を行っていた上」に

「日本も対話に向かわないと置いてきぼりになるゾ~!」等の

「{脅し}」まで付け

「優等生的に、しっかり見極めた上で対話を!」等と

「多くの視聴者に対話実現が良い感等を持たせる事」等で

「締め括る」・・・。

「対話等では、

極悪非道な大悪事jを積み重ねて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等が要求を言うダケになり、

その要求を実現させたところで

北朝鮮の核・ミサイル等が無くなる訳も無い事」等は、

「既に、歴史が実証済み」だ。

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている劣悪国家指導者等がその罪から逃げ続ける為」には

「全世界を支配する必要がある」から

「先ずは、韓国、そして、日本の支配を企んでいるのが実態」だ。

「その為には、核もミサイルも他国内での工作活動等も手放せる訳も無い」。

「見せ球として、核放棄等ダケして、その見返りとして経済援助等を受ける」なら

「得た資金等を悪用して、他国内での工作活動等を更に旺盛に行い続ける」のが

「極悪非道劣悪国家指導者等の実態」だ。

「そして、そんな実態を全世界に無理強いする為」に

「核・ミサイル等の脅しの道具」を

「世界を欺いても保持し続けようとする」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が本気で平和解決を目指している」なら

「国籍を問わず、全員、拉致等の被害者も帰国出来、

他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等も無くなる事になる」から

「米国との対話を求める前に、その様な傾向が出ていて当然」だが

「未だ、その様な傾向は、全く無い」。

「つまり、未だに、

北朝鮮劣悪国家指導者等は、

北朝鮮劣悪国家指導者等の都合を

全世界に強いる道を選択し続けている」のが

「現実」だ。

「そんな状態である限り、

北朝鮮劣悪国家指導者等問題の本当の解決法」は

「自首・逮捕・駆除・排除等しか在り得ない」。

「対話は無駄

どころか、

北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う事」だ』。

『「日本の政界」では

「財務省文書問題をテコ」に

「先ずは、麻生副総理兼財務大臣降ろし工作」が

「行われている」。

「安倍氏に万一の事があっても、

副総理が麻生氏なら、

従北政権には成り得ない」が

「麻生氏を降ろし、

副総理に従北人脈の者が就く」なら

「安倍総理{粛清工作}で日本を従北政権化出来てしまう」。

「従北政権になる反対野党等が政権交代で政権を取る事は

実質的に、不可能」だし

「通常の総裁選等による総理交代にも時間がかかる」。

「早々に、日本を従北政権化したい北朝鮮劣悪国家指導者等やその日本の中の手下等」が

「選択している悪魔の策略」は

「実に、劣悪で醜悪」だが

「それは、北朝鮮劣悪国家指導者等側が

既に、結構追い込まれている事の裏返しでもある」。

「とっくの昔に詰んでいる」のだから

「早々に、北朝鮮劣悪国家指導者等から離れた方が良いのに

未だに、その実質的手下や協力者等の状態に在る者たち等の裏」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等に握られてしまっているかなりの弱み」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等からのかなりの褒美」等々が「在る」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮を経済的に支援等する」なら

「その辺りの褒美等も充実する仕組みにでも成っている」のだろう。

「保身や利権等の為」に

「極悪非道劣悪国家指導者等の下に居続けている者たち等」は

「人種・民族・国籍等問わず、極悪人の同類に他ならない」。

「陰険なナチス・ヒトラー」は

「一刻も早く撲滅するべき」だ』。

『「例え、韓国従北政権が北朝鮮劣悪国家指導者等の盾になったところで、

もはや、米国が判断を誤る訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が{自首}しない」なら

「極悪非道劣悪国家指導者等の逮捕・排除・駆除等の為」の

「軍事オプション等が行使される事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等も容認した」という

「米韓軍事演習」は

「極めて大規模に行うべき」だ。

「そのまま、限定攻撃に入る戦略等も大いにアリ」だ。

「何故なら、その方が、

北朝鮮劣悪国家指導者等問題の真の解決に繋がるから」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等による騙し平和ムードや

問題解決の対話に成り得ない対話等に

これ以上、悪戯に時間や手間等をかける事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を

更に大きくする悪魔の道以外の何モノでも無い」。

「全世界の人々」は

「上辺の平和イメージに騙されてはいけない」。

「実際に、

日本国内でも、

未だに、

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

旺盛に行わせ続けている

極悪非道劣悪国家指導者等との対話等など

在り得ない」。

「上辺の言葉の核放棄等の{美辞麗句}に騙されてはいけない」。

「核放棄の代わりを得る為の嘘以外の何モノでも無い事」は

「歴史が実証済み」だ。

「日本国内の工作活動等が無くなった」なら

「当ブログでもその旨アップする」が

「現状は、益々、旺盛に、酷い工作活動等が行われ続けている」。

「一番判り易い」のは

「日本国内の工作活動実態を知る拉致被害者全員を日本に帰還させる事の実現」との

「セット」になる。

「実質的、

小問題を大問題化させる事等を悪用して

北朝鮮劣悪国家指導者等や従北人脈等を利す

情報・教育・政界工作ぶり等」からも

「ある程度」は

「日本国内の工作活動実態が分る」と思う。

「その辺りが、小事は小事、大事は大事として扱われる状態に正常化される」なら

「その分、悪影響の元からの命令・指令等が減っている事になる」。

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、電磁波工作等」が

「無くなるか、

テレビ・マスコミ等により、告発され

警察等に摘発等される様になる事等によって」でも

「日本の中の非人道的な工作活動等への

対処等の改善ぶり等が

良く判る事になる」』。

『「本来なら、より良い人間社会の状態を構築する事等に有益な情報を配信するべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の応援状態・・・」では

「本当に、酷い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝等では「北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う、南北会談論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「韓国従北大統領と金正恩等の合意内実」は「北朝鮮が時間と金を得られる様にするから、北朝鮮は韓国を攻撃しない」だ。

「そして、その先」には、

「南北会談を続ける度」に

「核を持つ北朝鮮劣悪国家指導者等による韓国支配割り合いが上がる」という

「悪魔の策略まで付いている」。

「更に、在日の母を持つ核保有している極悪非道劣悪国家指導者等」は、

「韓国内の米軍を追い出す」と「共」に

「日本を支配する悪魔の策略に邁進しようとする」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の韓国内の工作活動等により

誕生してしまった

韓国従北大統領政権」による

「北朝鮮への韓国売国・売国民政策」の

「上辺」は

「如何にも、平和的な、南北首脳会談や南北ホットライン設置等々」だが

「内実は、悪魔の乗っ取り支配策略を容認した

先ずは、韓国滅亡への道以外の何モノでも無い」。

「朝鮮半島内の支配権を北朝鮮が握る事」を

「韓国内の従北者たち等」や

「中国共産党」や

「ロシア」等は

「歓迎出来る」から

「悪魔の策略を称賛等している」。

「平和ボケEU等」は、

「会談等の上辺の平和イメージダケに騙され、

内実、悪魔の策略を

称賛等してしまっている」。

「平和ボケ化された韓国国民等も同様」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「米国全土を標的に出来る核ミサイルの開発~実戦配備の為に

後ホンの何ヵ月間かの時間と

必要な資金等」を

「どうやっても欲しい」。

「米国全土を標的に出来る核ミサイル保持後」は

「米国に北朝鮮の核保有を認めさせる交渉を行い

朝鮮半島内から米軍を追い出し

朝鮮半島内を北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に置くつもり」だ。

「そして、同時に、

在日の母を持つ金正恩を正当化し続ける為」に

「日本に対しても

韓国の様に

従北政権化~乗っ取り支配へ」と

「悪魔の策略を進めるつもり」だ。

「だから、実際に、

如何にも平和的な南北首脳会談等が喧伝されている現在でも

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」は

「旺盛に行われ続けている」。

「更に、

北朝鮮劣悪国家指導者等と韓国従北政権等が仕掛けている

{平和イメージ工作}を受けて

緊張状態や戦争の解消等を訴えるテレビ常連出演者等まで居る」のだから

「本当に酷い」。

「言うまでも無く、

極悪非道の大悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等」とは

「未だ、犯罪継続中の大悪人」だ。

「実際」に、

「拉致被害者さえも帰していない」ばかりか

「他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等も積極的に行わせ続けている」。

「その大悪人」が

「大悪人の手下化出来ている韓国の政権等を使って

南北首脳会談や南北ホットラインの設置等々の

如何にも、平和・融和等のイメージが膨らむ{見せ球}」を

「提示させた」のが

「今回の南北会談の実体」だ。

「核・ミサイル等の開発~実戦配備等」や

「他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」等々を

「旺盛に継続中」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等」による

「如何にも、平和的な{見せ球}」に

「騙され、翻弄されている者たち等」とは

「簡単に詐欺師に騙される未熟者以外の何者でも無い」。

「未熟者や悪者等に国等を預けている人々」は

「本当に哀れ」だ。

「出来る限り早く是正するべき」だ』。

『「上辺」では、

「如何にも、北朝鮮にはご用心!的な論等も配信」しながら、

「内実」では、

「事は、北朝鮮劣悪国家指導者等の思惑通り進むゾ~!等」と

「喧伝等している」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「もしろん、事を北朝鮮劣悪国家指導者等の思惑通りに進ませてはいけない」から

「多くの視聴者・読者等はそんなテレビ・ラジオ・マスコミ等の

実質的、大衆誘導情報等に

マインドコントロール等されてはいけない」。

「上辺の平和イメージ等」より

「内実として、極悪非道劣悪国家指導者等が{自首}する状態の構築が重要」だ。

「その為の世論・民意の圧力が重要」だ。

「極悪非道劣悪国家指導者等が{自首}しない」なら

「強制的に逮捕するなり、排除・駆除等する事でしか

北朝鮮問題は解決し得ない」のが

「現実」だ』。

『「現実主義で実利派のトランプ大統領」が

「金正恩等と対話したところで、結果は知れている」。

「金正恩等は、巧妙に、金正恩等の悪魔の策略の実現に必要な事を通そう・・・とする」が

「その内実は、直に、トランプ大統領にもバレる事になる」。

「その様な結果」は

「見え見え」だから

「金正恩等は、

対話を餌に

トランプ大統領の排除工作等を行う可能性もある」。

「それが、極悪非道劣悪国家指導者等の正体」だ。

「自らの兄まで、

他国内で化学兵器まで使って暗殺した実績を持つ

極悪非道劣悪国家指導者等」に対し

「甘過ぎる対応を続けている人々や国々」は

「本当に、真剣に、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実体や

極悪非道劣悪国家指導者等が積み重ねて来ている大悪事等の事実・現実を

把握し、認識し、

北朝鮮劣悪国家指導者問題解決の為の実効のある対処」を

「早急に行うべき」だ。

「解く悪非道劣悪国家指導者等」が

「大量のICBM等まで保持出来てしまう」なら

「その対処は、非常に困難になってしまう」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「少々の犠牲が出ても、

近々の内に解決すべき

人類の重大問題」だ。

「現状レベル以上にまで、悪魔の策略を進めさせる」なら

「人類滅亡が必然になる」。

「逆に、悪魔の策略を排除出来た」なら

「人類の長い存続~永続も可能になる」。

「悪魔の策略」とは

「人類の精神構造の問題」だ。

「核・ミサイル・薬・電磁波・電子機器等々、あらゆる物質文明等を駆使して、

他の者・物・事の支配に邁進している」のが

「北朝鮮極悪非道劣悪国家指導者等の実体」だ。

「人類全体がその様な悪業を容認・黙認し続ける」なら

「あらゆる物質文明等を駆使した他の者・物・事支配ゴッコ故」に

「人類は早々に滅亡する事になる」。

「今時の人類に求められている」のは

「自己健常支配の継続」だ

「大悪事を積み重ねて来ている極悪人が自己を健常支配出来る」なら

「{自首}が当然になる」。

「自己健常支配出来ていない大悪人等を放置ぜず

人間世界全体で対処する

なら

逮捕し罪を問い罰を与える」のが

「当然になる」。

「逮捕が無理」なら

「排除・駆除等が当然になる」。

「他の者・物・事支配」という「代償欲求の世界」を

「大自虐になる程、過剰に蔓延らせないで済む状態に

人間世界の精神文化が進歩・進化する」なら

「その精神文化の進歩・進化の方向性」が

「人類の長い存続~永続へと繋がって行く可能性が高くなる」』。

『「北朝鮮問題でも、

上辺の平和イメージ等に騙されてはいけない」。

「内実」こそが

「重要」で

「内実」から

「人類滅亡方向に向かう流れを排除する事」が

「肝要」だ』。

『「民族差別を基にした平和・融和」に

「本当の平和・融和が宿る訳も無い」。

「極悪人には自首を求める」。

「自首しないのなら逮捕する」。

「逮捕が無理なら極悪人は排除・駆除等する」。

「そして、

民族・人種等問わず、

常人同士が実体や事実・現実を共有する事等」により

「平和状態が構築出来る」のが

「人間世界の現実」だ。

「極悪人だって、上記の現実は、重々承知」だから

「自首するつもりの無い極悪人」が

「全世界を標的に出来る核武装までする事や他国まで支配する事等により

逮捕や駆除・排除等を永遠に避け続けよう・・・と足掻いている」のが

「北朝鮮問題の本質」だ。

「極悪人を容認・黙認等したままの平和など在り得ない」。

「当たり前の事」だ』。

『「何れにしても

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝等では「韓国従北大統領の特使と金正恩等の会談」や「財務省文書大問題化」等を公共の電波を使って大宣伝等していたが・・・。

『「韓国従北大統領政権」が「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い動きをする」のは

「当然」だ。

「元々、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の韓国内の工作等により

従北政権化させられた時点」で

「韓国は北朝鮮側に組みしている状態されてしまっている」。

「一応は、米国の言う事等も聞く」が

「本音では、従北」なので

「実際に行う事は北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い事になる」のが

「韓国従北政権の実態」だ』。

『「今回」の

「特使+裏金等の派遣等」&「明確な核等放棄追及無し」も

「正に、北朝鮮劣悪国家指導者等の要望に叶う事」だから

「金正恩等が満足の旨公言した」のも

「当たり前」になる。

「今後の予定」では

「口先ダケの核放棄言及」+「南北首脳会談」等々で

「更なる時間と資金等を得て

核・ミサイル等の開発~実戦配備と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

どんどん進める」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の{ロードマップ}」で

「韓国従北政権はその{ロードマップ}に沿って事を薦めようとする可能性大」だ』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」も

「{ロードマップ}実現への力添えを忘れていない」。

「例えば、

一部常連出演者等」は

「韓国と北朝鮮の対話を二国間対話にさせない為にも日本も北朝鮮との対話を!」等の旨

「インド・パキスタン・イスラエル等の核保有を持ち出し

北朝鮮の核保有ダケが何故認められないのか?の旨」の

「極悪非道劣悪国家指導者独裁体制である北朝鮮問題の本質を抜きにした

核保有平等論等」を

「公共の電波上で喧伝したり・・・」していた。

「もちろん、言うまでも無く

極悪非道劣悪国家指導者等との対話・交渉・合意等が成り立たない事」は

「既に、北朝鮮問題の歴史が実証済み」だし

「散々の大悪事を積み重ねて来ている

極悪非道劣悪国家指導者等が

保身と

支配地域・国等拡大の為に

大量に持とうとしている

北朝鮮の核・ミサイル等が強く否定される」のは

「至極当たり前の事」だ。

「散々の大悪事を積み重ねて来ている極悪非道劣悪国家指導者等に相応しい」のは

「逮捕し罪が問われ罰が与えられる事等であり、

逮捕等が無理なら、排除・駆除等になる」。

「大量の核・ミサイル等の保有」が「相応しい訳も無い」。

「其処には、人類として当たり前の倫理観や危機感等の共有がある」から

「世界的合意が成立しているのが現実」だ。

「常道にある事実・現実論等を言わず

北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う論等」を

「日本の公共の電波上で喧伝等し続けて来ている者たち等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭いが

濃厚に漂って来る」』。

『「未だに、一学校法人設立問題&一国有地払い下げ問題に過ぎ無い森友学園問題」を

「大問題化させる事により

日本の国政を停滞させたり

他の、

例えば、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等問題等の

重大問題」を

「黙殺させ続けよう・・・等としている

反対野党等やテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に劣悪で醜悪」だ。

「其処」にも

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「政府・与党等の政治家の言葉狩りや態度狩り等が困難」なら

「官僚作成文書等まで微に入り細に入り調べまくり

何としても、難癖付けの材料を見つけ出し

大々的に訴える

時間や能力や{根性}等がある」なら

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等の実態を

把握し

大々的に告発等する事」も「容易な筈」だ。

「そのどちらがより日本国・多くの日本国民の為になるのか?」は

「言うまでも無い事」になる。

「より日本国・多くの日本国民の為になる事を行わず」に

「反対野党等や北朝鮮劣悪国家指導者等が喜ぶ事等」を

「意識的かつ積極的に行い続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等として明らかに異常」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達」なら

「日本の公共の電波上や日本の公共的マスコミ上では無く

北朝鮮の公共の電波上や北朝鮮の公共的マスコミ上で

情報配信等すれば良い」』。

『「そもそも、森友問題の本質」とは

「安倍氏や安倍夫人や自民党議員や官僚等々を意識的かつ積極的に利用する事で

何としても経営に行き詰っていた学園を立て直す為に

小学校の経営を行いたがっていた籠池氏の問題」だ。

「元々、政治家や政治家夫人等は、余程の事が無ければ、NO!は言い辛い」から

「籠池氏等が良い事ばかり伝え

うるさく執拗に協力等を願い続ける」なら

「余程の問題が無い限り、名前の使用や講演等」を

「容易に断わる訳も無い」。

「逆から言うなら、

安倍氏が名の使用を断った」のは

「籠池氏等に余程の問題を感じたから」だ。

「安倍氏にとっても籠池氏はウルサイ相手の一人」で

「籠池氏への対応はご夫人に任せていた」のが

「実態」と「強く推定出来る」。

「関わらされた官僚たち等」が

「必死に、政治家・官僚等を利用しまくろう・・・とする籠池氏関連の仕事」等は

「出来るだけ早く片付けたくなった」のも

「ある意味、当然の現象」だ。

「仕事を早く片付けたい官僚たち等にすれば

安倍夫人等の名前が在った事」は

「渡りに船だった」と

「強く推定出来る」。

「忖度では無く

面倒な仕事を早く片付ける為」の

「工夫が行われた」が

「安倍氏が総理になる」と

「反対野党等やお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「その普通では無い工夫等を政争の具にする事等により

従北政権等への政権交代等を行おうとしている様相」だ』。

『「法律問題」では

「公文書偽造」は「もちろん、罪」になる。

「公文書と言えるモノか?否か?」や

「書き換えがあったのか?否か?」や

「偽造か?修正か?」等々の「問題」は

「検察が捜査中」だから

「その結果を待てば良い」。

「実際に、大きな罪として問われるべき事態が露呈する」なら

「その実行者・指示者等への訴追等が行われる事になる」。

「基本的には、先ずは、検察に任せれば良い事」なのに

「反対野党等」は

「より日本を良くする政策等の訴え」や

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等の重大問題等の訴え」等で

「国会の仕事をしようとせず、

相変わらず、

今回は、政治家では無く、官僚文書等の言葉狩りを

政争の具として

騒いでいる」。

「コレで

国会議員の立場・権力・報酬等・・・なのだから、

随分、チョロイ商売だなぁ・・・」等と

「感じたり、思ったり、している方々も少なく無いと思う」。

「反対野党同様のテレビ・ラジオ・マスコミ等も同様」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題が片付いた後でも

同様の状態が続けられるのか?」等は

「見もの」になる』。

『「韓国従北政権が

どんなに

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の政治工作活動等を

行い続けても

米・日・中等が

実際に北朝鮮劣悪国家指導者問題を解決する流れ」は

「変わり得ない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が早々に{自首}しない限り

米軍等の限定攻撃等により

問題解決の為に必要な穴が開けられる事になる」。

「万一、北朝鮮劣悪国家指導者等が反撃しても無駄」だ。

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争になるダケだから」だ。

「その場合には、韓国内等にある程度の犠牲が出る事になる」から

「韓国の大統領等」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が真顔になって{自首}を考えざるを得なくなる親書等」を

「渡す」のが

「正道」だった。

「既に、大犯罪者でもある、極悪非道劣悪国家指導者等の都合等に配慮した親書等」では

「限定委攻撃時の北朝鮮の反撃等の呼び水等にも成り易い」から

「従北大統領は

韓国に

平和では無く戦乱を

呼んでしまったようなモノ」だ』。

『「もはや、北朝鮮劣悪国家指導者等が現状のまま生き延びる為」には

「米・日内の政治・世論等工作により

早々に、米・日内を韓国同様に従北政権化する事しか無い」が

「もちろん、それは、不可能」だ。

「現状を手放して、生き延びる為」には、

「核・ミサイル等の開発~実戦配備と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄」し

「{自首}すれば良い」。

「大犯罪の大部分を先代まで責任故に出来、

先代までを強く否定出来る」なら

「相応に生き延びる事も容易になる」。

「現状のまま行こうとする」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等の未来」は

「非常に短いモノと成る」。

「既に、散々の大犯罪を積み重ねて来ている、

極悪非道劣悪国家指導者等」の

「核・ミサイル等保有や

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」が

「容認され続ける事は無いから」だ』。

『「何れにしても

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「散々、左翼野党・政策等や朝鮮等偏向・偏重情報配信等している常連出演者等が、日本青年会議所の、既に削除されている、宇予くんツイートを批判・非難」等していたので「大笑い!だった」が・・・。

『「公益法人だから偏向・偏重情報配信等はダメ」なら「公共の電波を使っていたり、公共的大マスコミ等の偏向・偏重情報配信等もダメ」が

「当然」だから

「その様な{形だけの}規制等も在る」。

「しかし、実際の戦後のテレビ・ラジオ・公共的マスコミ等による情報配信等」は

「明らかに、所謂左翼や朝鮮・中国共産党等、偏向・偏重状態」だ。

「目糞鼻糞嗤う」の

「お笑い劇」を

「公共の電波上で恥じらいも無く行えていた常連出演者等」の

「厚顔無恥ぶりは本当にお見事(もちろん、皮肉)!」だ』。

『「日本青年会議所も足りていない」のは

「宇予くんダケ」で

「ツイート」し

「炎上等を狙ったから」で

「宇予くん(右翼)ダケでは無く、

沙予くん(左翼)も

辺募くん(平和ボケの中立派等)等も含めた

三者対論ツイートにでもすれば良かった」のに。

「また、中国や韓国全体を責めるダケでは無く、

ミサイルで爆破等の過激な暴力的表現を用いる」のでは無く

「中国共産党独裁や韓国悪権力者等や北朝鮮劣悪国家指導者等と

それらの国々の普通に善良な一般市民は区別した上で

実体や事実・現実に基づかない歴史認識や

実質的、悪者たちの自己正当化の為の悪戯な反日教育や

日本に仕掛けている工作活動等々

問題にするべき事の実態」を

「分り易くツイート等すれば良い」のに。

「朝日新聞等の優等生バカぶり」は

「本当に顕著」だが

「その内実をちゃんと記さないと

分らない人々も多い筈」で

「例えば、

戦前にこそ重要だった反戦!を

日本から戦争を仕掛ける事が全く考えられない状態の戦後の日本で、

優等生を掻き集め有益分子化し優等生的表現を使って声高に訴えている

趙おバカぶり」の「裏」には

「北朝鮮等反日他国人脈等による日本国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

読者等に黙殺させて来ている悪態が在る」。

「普通に考える」なら、

「日本からの戦争が無い戦後の日本で訴えるべきは反戦!では無い」。

「現実の日本社会の中に実在し続けて来ている

反日他国人脈等による工作活動等の排除!等だ」。

「拉致までされている」のに

「工作活動対策を必要十分に充実させられていない実態こそ」が

「メディアが告発し訴えるべき事だ」。

「それなのに、

拉致が拉致工作であり

拉致工作に手を染めた者たち等が

世代交代までしながら意図的に人員も増やし

その後も、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で

連綿と工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続けている事」等さえも

「ちゃんと告発等しようともしていない」。

「其処に露呈している実態」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」になる』。

『「日本青年会議所の出来の悪いツイート」にも

「責めるべきところはある」。

「しかし、そのツイートは既に削除されている」。

「戦後日本の

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様相を露呈し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」にも

「責めるべきところが多々ある」。

「そして、その問題は、未だ、削除も、解決もされていない」。

「どちらが、公共の電波上や公共的マスコミ上等々で

重大に扱うべき問題か?」は

「言うまでも無い事」だ。

「それなのに、現状では、

公共の電波上や公共的マスコミ上で重大に扱うべき事が

実質的に黙殺強要状態」で

「小問題や小悪事の大問題化」や

「要でも無いゲイノウ人の宣伝」等々が

「大々的に蔓延っている」。

「明らかに異常」だ』。

『「拉致工作の実態」は

「拉致に適する者の選別から始まっていた」。

「拉致に適する者の候補者に対して有益分子化教育が行われた」。

「移動を容易にする為」だ。

「その様なベースがあったから、日本全国各地から多数の日本国民が拉致出来てしまった」のが

「現実」だ。

「この事」は

「日本全国各地に多数の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下や協力者等が居た事を示している」。

「日韓併合時には、植民地支配政策では無く、二国が一国となる同化政策が行われていた」ので

「朝鮮人の日本本土渡来も容易だった」。

「実際に、多数の朝鮮人が自主的に日本に渡来し終戦を迎えた」。

「二国間の合意契約である日韓併合を正常に契約解消しようとせず

日本の敗戦につけ込んで朝鮮半島内等の支配権を取る道を選んだ

朝鮮人悪権力者等」は

「植民地支配詐欺で米国等の要人を騙し、懐柔等」し

「朝鮮半島内のほとんど全ての日本人を強制的に帰還させた」が

「日本国内の朝鮮人の多くは日本に居残られた」。

「後の工作活動等にも使う為」だ。

「戦後の朝鮮半島内は米ソの対立により

北朝鮮と韓国に割れた」が

「日本国内に居残っていた朝鮮人も

北・韓に割れて

それぞれの悪権力者等の命令・指令の下に置かれる状態となった」。

「それが、日本での拉致工作のベースとなり

社会主義等に共鳴していた日本国民の一部等は

それらの者たちの勧誘・懐柔等に安易に乗ってしまい

協力者等になってしまった」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等に手を染めてしまった者たち(日本国民も含む)」は

「その時点で北朝鮮劣悪国家指導者等に弱みを握られてしまっている事になる」。

「拉致工作以降も、

連綿と

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続けさせられている場合が多い」。

「それなのに、

戦後の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等では

拉致は無い事に・・・

拉致を認めても朝鮮人の強制連行とバーター扱いで・・・

更には、北朝鮮劣悪国家指導者等に親や親類縁者等々が人質に取られているから・・・

・・・等々」と

「犯罪者を庇い続けて来ていた」。

「明らかな異常」が「其処に露呈している」。

「事態がある程度以上好転した」のは

「ネット普及等により

一般日本国民でもある程度の発信が出来る様になってから」だ。

「選挙のある政界」では

「選挙による是正が可能」だから

「今や、反対野党や北朝鮮労働党等のオトモダチ等々は

当然の如く

圧倒的少数派になっている」。

「ところが、

テレビ・ラジオ界や

公共的マスコミ界や

学校教育界等々には

選挙も無い」。

「文系の学校では、朝日新聞等の有益分子となる優等生等を育成等」し

「それらの有益分子化された優等生たち」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等で重用されてい来ている」。

「もちろん、こんな酷い状態は一刻も早く是正する、させるべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは劣悪レベルの「仕事とは・・・」論等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。

『「仕事とは?」「現状を前提とする」なら「戦時中なら敵という同じ人類を撲滅する殺傷行為等さえも仕事になる」。

「金稼ぎが目的」なら

「実務を行うより、金等転がしの方が遥かに効率が高い」のが

「現状経済システムの実体」だ。

「何れにしても、

現状を前提としたところ」には

「仕事とは?」の

「正当な答」は「無い」』。

『「それでは、現状を前提としない」なら

「何処に基準を求めれば良いのか?」

「それは、もはや、言うまでも無い事だろう」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取れば良い」。

「つまり、

広義の自分である狭義の自分も含む地球生命体細胞群の

根本的な目的である存続~永続」への

「貢献」こそが

「人類誰もにとって正当な仕事」だ。

「逆に、存続~永続を危うくする事等」は

「仕事では無く、破壊行為等になる」のが

「現実」だ。

「もちろん、地球生命体の存続~永続を可能にする為」には

「地球外での生活も可能にする必要が在る」。

「地球外が必要な未来を無視する」なら

「地球生命体細胞群は地球と共に終わりになってしまうから」だ。

「地球と共に終わりで良い」なら

「自然回帰こそが正答になる」が

「地球外での生活も実現させる」なら

「必要になる」のは

「高度に進化させた物質文明ダケでは無い」。

「高度に進化させた物質文明を自虐使用等しない為に必要な

高度に進化させた精神文化も要る事になる」。

「つまり、人類にとって本質的な仕事」とは

「現状の地球生命体細胞群(狭義の自分も含む広義の自分)の維持~健常成長等の為に必要な事」と

「近未来において

地球生命体細胞群(同上)が

宇宙への本格進出を実現する為に必要な

高度に進んだ物質文明の創造~実用等と

高度に進んだ物質文明を自虐使用等しない為に必要な

高度に進んだ精神文化の創造~実用等」になる』。

『「この基本中の基本抜き」の

「現状レベルだけの、仕事とは・・・論」等を

「使って」

「実質的、政治運動等を公共の電波を使って行う」のは

「明らかな悪者等になる」。

「上記程度の現実論さえも言えない哲学者等の

ご都合利用」も

「本当に醜悪」だ』。

『「仕事内実が問われていない労働問題等」では

「悪者が実質的、破壊行為や工作活動等を行わせる事」等でも

「仕事に出来てしまう」ばかりか

「報酬・立場等のエサで人々を操る事さえも可能になってしまう」。

「そんな悪態を維持し続ける為」には

「金権の維持~拡大が合理的になる」。

「金に権力を持たせてしまう事が容認されている人間社会」なら

「多くの金さえ持っていれば

破壊行為でも工作活動等でも

好き放題行えてしまう事になる」。

「出所さえ十分に問われていない現状の金権システム」では

「摘発されていない火事場泥棒等の盗み等が元」でも

「詐欺や悪徳商法等が元」でも

「非人道兵器や覚せい剤等々の製造~販売が元」でも

「偽札ロンダリング」でも

「ある程度得た元の金転がし」でも

「血統相続」等々による「金」でも

「汗水たらして、時には、命がけで、本来の仕事をこなした事に対する対価としての金」でも

「金としての価値は同じに扱われる」から

「酷く悪い手段を使ってでもより多くの金を得た者の方が

実権を持ち易い」。

「この重大な現状金権システムを是正する事」は

「人類の自虐を避ける為に必要な

人類の精神文化製品である経済システムの進歩・進化への貢献に他ならず、

立派な本来の仕事になる」が

「現状に媚びる事で現状利権を貪り続けたい様相の者たち」は

「例え、経済学者でも政治家等々でも、

その本来の仕事を行おうとせず

現状社会・経済システム上での

立場等向上や

金集め」等々の

「邁進している場合が多い」のだから

「本当に、劣悪で醜悪」だ。

「所謂、文系、精神文化側には、同様の状態を露呈している者たちが多い」のだから

「本来なら、

物質文明側に対して、明らかに遅れ過ぎている

人類の精神文化側を

意識的かつ積極的に進歩・進化させるべく

政治主導等で莫大な予算等でも付けるべき」だが

「未だに、その様な動きさえも無い」のが

「人類自滅方向に突っ走り続けて来ている

人間世界の寒過ぎる現実」だ。

「もちろん、こんな状態は一刻も早く是正するべき」だ』。

『「現状の劣悪レベルのテレビ常連出演者等」は

「上辺を捉えて本質をごちゃ混ぜにする事等により

問題の根本解決を阻害する論等」さえも

「平然と公共の電波上でばら撒けてしまっている」。

「例えば、

韓国等が大騒ぎしている従軍慰安婦問題について、

韓国の問題とせず

他の多くの国々も関連している戦時中性暴力問題とする論」等も

「その一例」だ。

「韓国等の問題」を

「一般化させる事により

韓国も利を得る手法」は

「朝鮮人等の詐欺師的得意技に他ならない」。

「現状の従軍慰安婦問題の本質」は

「韓国が更なるゴネ得利権を得る為の工作」なのだから

「その実体通りに伝える」のが

「本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信になる」』。

『「韓国悪権力者や北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」を

「日本の公共の電波上等で常連出演等させ続ける必要は全く無い」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ界等」では

「その様な実態が未だに、蔓延り続けている」。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「韓国が竹島に拘る」のは

「日韓併合二国間契約」を

「日本による侵略~植民地支配に捏造する詐欺論上」で

「竹島を日本が侵略した起点等として扱っているから」だ。

「実際」は

「悪政を続けて来ていたが故に単独では国の存続さえ困難になっていた当時の韓国」が

「当時のロシアによる侵略~支配から逃れる為」に

「日本に保護を求め、

日本側がそれを認め、ロシアによる侵略等から保護をした

日本による韓国保護契約」が

「日韓併合前に在り」

「その時の日本の対応が気に入った当時の韓国権力者等」が

「自らの保身や利権増大等の為にも日韓対等合併を望んだ」が

「実際は、国力相応の日韓併合契約になった」のが

「歴史上の現実」だ。

「日本側は二国が一国化する二国間の合意契約に基づいて

同一化政策を進めた」から

「その後の朝鮮半島内は日本並みに

急速に近代化整備が進んだ」。

「当時の日本人」は

「武器を持って朝鮮半島に渡り

侵略~支配しに行ったのでは無く

金と仕事と技術等をもって

朝鮮半島内を近代化整備しに行った」のが

「現実」だったから

「実際に、朝鮮半島内の近代化整備と共に

朝鮮人の人口も増え、

多くの朝鮮人の文化水準等も上がった」。

「多くの朝鮮人が日韓併合は悪く無い、むしろ良かった等と感じていた」から

「日韓併合に武器まで使って抗い

朝鮮半島内を支配しようとした

3.1抗日連中は多くの朝鮮人からも迷惑者扱いされ

終極的には

少数反政府武力集団化し

白頭山にまで

追いやられ

大勢に影響の無い状態になった」のが

「現実」だ。

「ところが、日本が戦争に向かって突き進んでしまった事により事態が急変する」。

「日韓併合当初から、米国内に渡っていた朝鮮人悪権力者の一部」が

「米国内で植民地支配詐欺を喧伝し資金集めを始めた」。

「集めた資金を米国要人懐柔資金に使い

懐柔された米国人要人」は

「日本の敗戦後に朝鮮半島内をその悪権力者等に統治させる事にした」。

「戦後韓国の初代大統領は、米国からの李承晩になった」。

「李承晩等にすれば、

日韓併合二国間契約では具合が悪い」。

「米国要人を懐柔して

戦後朝鮮半島内の統治権を

日本から火事場泥棒した事等が正当化出来ない」。

「日韓併合二国間契約では無く、日本による侵略~植民地支配で無ければならない」。

「戦後の日本が未だ、混乱低迷期の間」に、

「李承晩等により捏造史がつくり出され、

竹島も韓国領とする李承晩ラインが勝手に敷かれ、

在日特権等も要求され

捏造史が韓国国民に教育される様になる」。

「それでも、日本側は大人の対応をし続けた」。

「韓国の政権が変わり、朴大統領が誕生する」と

「朴大統領時代」には

「日韓基本条約が締結され

過去は全て清算済み扱いとし

未来志向の日韓関係へと舵が切られる様になった」。

「本来なら、日韓間の問題は、其処でオシマイで

その後は、未来志向の友好関係の筈だった」。

「ところが、

韓国内では、

財閥等に都合が良い

戦後火事場泥棒を正当化し続ける為の反日教育が続けられていた」ので

「朴大統領政権時」でも

「捏造史を改める事は出来なかった」。

「日韓基本条約により火事場泥棒が問われなくなった」から

「歴史教育も事実・現実通りに」が

「本来あるべき正当な道だった」が

「朴政権でも、其処に至らせる事はせず、出来ず

韓国内でも捏造史による実質的、マインドコントロール教育が続けられてしまった」。

「捏造史でマインドコントロールされ続けて来ている韓国人等にすれば

日本は韓国を助けたのでは無く、侵略~支配したのだから

謝罪・賠償等が当然」で

「戦後大した火事場泥棒利権に在り着けていない者たち」は

「火事場泥棒利権で財閥にまで成れた者たち等を見れば見る程・・・」に

「日本から何等かのモノ(例え、精神的なモノでも・・・)を取りたくもなったりする場合が

決して少なく無くなっても当然になる」。

「結果、反日無罪世論等は蔓延り、

日本に対するゴネの元等」が

「熱心に探し出し続けられる事になる」。

「韓国側の{工作}」は詐欺等得意人脈等だけあって巧妙悪劣」で

「日本の政権の朝鮮系の者に取り入り

言葉ダケの謝罪等を求め

実現するならその後は穏便に・・・等々と示唆しながら

実際は

公人の謝罪が在ったのだから

補償等をよこせ!

よこさなければ、更に騒ぐぞ!等々と

ゴネ得利権に邁進し続けて来ている」。

「実体や事実・現実から客観的に見る」なら

「従軍慰安婦問題も竹島問題も

世界的大恥晒し」なのだが

「ゴネ得・・・に邁進している

ギャンブル等依存症と同様の状態の者たち」には

「裸の王様の恥さえも、見えない・・・」のが

「実態」だ。

「日本の中で裸の王様の応援をしている」のが

「日本の中の裸の王様の実質的、手下等」という訳だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題でも、

基本的な精神構造実態は変わらない」。

「そんなモノが

選挙さえも無い

戦後日本の情報・教育界等では

蔓延り続けられて来ている」。

「もちろん、言うまでも無く、是正は急務」だ』。

『「現実のお墨付きが無い者・物・事は何れ消滅する」のが

「自然の摂理」だ。

「逆から言えば、現実のお墨付きがある者・物・事は

時と共に、その存在が

より多くの人々の中でも

より分り易く成って来る」。

「それは、仕事でも歴史認識等でも変わらない」。

「非現実的な者・物・事等を他の人々等へも無理強いし続けようとする者たち等」とは

「虚に生きようとしている者たち等に他ならず

虚の世界とは死後の世界の様なモノ」だ。

「虚しい努力をし続けている暇がある」なら

「実体や事実・現実の地平面に狭義の自分を立たせる事等による

真の落ち着きの実感でも

目指したらどうか!」

「自己健常支配に邁進する」なら

「他の者・物・事の支配や他の者・物・事による被支配を

過剰に求める

決して、充足され得ない代償欲求の過剰追及状態」という

「実質的、病気の状態」からの

「快復」も

「可能になる」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

豊かにしても融和共存等出来る訳の無い北朝鮮劣悪国家指導者問題の本質・・・。

『「豊かになれば、他民族等との平和共存も可能になる」が「経済が低迷すると他民族等は出て行け!等となる」は

「常人同士の世界」だ。

「この関係上で問題とすべき」は

「現状経済システム等の出来の悪さ等」だが

「当然の如く、

現状経済システム故に多大な利権等を得られているテレビ常連出演者等」からは

「その本質的な指摘等は出て来ない」。

「現状経済システム上で常人同士では成り立つ関係」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等との関係にまで広げたがる」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等や

戦後日本等の情報・教育等により平和ボケ化されてしまった人々等」で

「その現実離れした劣悪実態等」は

「本当に酷い、深刻な重大問題」でもある』。

『「人類誰もの自分の実体」や

「その実体の本来の目的」との

「整合性が悪過ぎる

出来の悪い精神文化製品の一つ」である

「現状経済システムの問題」は

「その生みの親である人類の精神構造」の

「健常進歩・正常進化」により

「必然的に、解消されて行くことになる」から

「先ずは、多くの人類の精神構造」を

「健常進歩・正常進化させる為に有益な

情報・教育等を

意識的かつ積極的に行う事」が

「極めて重要である旨」は

「既に、何度も記している」。

「具体的」には

「物質文明側同様」に

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」により

「有効な情報・教育等が生まれる旨等」も

「既に、何度も記している」。

「人類誰でも大きな関わりが在る重大問題」の

「死生観・人生観等」の

「現実化」から

「行えば効率的になる旨等」も

「既に、何度も記している」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観」では

「無く」

「細胞ごとの誕生・死という現実」や

「丸ごと一人レベルで考え・思いたがる人の意識の現実」の

「双方」を

「強く認識した死生観・人生観」の

「実用」が

「合理的等である旨」も

「既に、何度も記している」。

「今の人類に

意識的かつ積極的に行うべき情報・教育」を

「実際に大々的に行う」なら

「旧来からの丸ごと一人レベルの死生観・人生観上に構築されている

現状の人間社会・経済システム等」は

「個々の人々の死生観・人生観」の

「健常進歩・正常進化」により

「必然的に、是正されて行く事になる」。

「至極当たり前の事」だ。

「旧態依然利権等に縋り付いている

本質的には、病的な、或いは、悪者的状態の人々以外」なら

「自らの精神構造を健常進歩・正常進化させる事」を

「拒絶し続ける理由は無い筈」だ。

「それでも、未だに、上記の流れが本格的に起こっていない」のは

「多大な現状利権を保有出来ているが故に

旧態依然利権等の維持・保護等にも熱心」な

「病的、或いは、悪者的」な

「大実権者等の大妨害等故」と

「強く推定出来る」。

「もちろん、そんな状態は、一刻も早く解消する、させるべき」だ』。

『「個々の人類の精神構造」を

「健常進歩・正常進化させる事に有益な情報を配信する色々な人々等」が

「替わる替わる公共の電波上や

公共的マスコミ上等や

学校教育上等々」で

「活躍する」なら

「多くの人類の精神構造の健常進歩・正常進化」が

「どんどん進む事になる」。

「格差問題も環境問題も

その解決が容易になる」。

「人類の存続~永続」と

「人類の滅亡とセットの現状利権等」の

「どちらを選択する」のが

「正当か?」は

「言うまでも無い事」だ。

「正当では無い方を選択している」のは

「悪者等」になる。

「つまり、どんなに現状利権等を保持出来ていても、

実体が悪者等である事は、既に、バレバレの

裸の王様」だ。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち等」が

「其処に居る」』。

『「要でも無い、

現状人間社会・経済システム等の是正に繋がる情報配信等も出来ていない

劣悪レベルの者等」を

「何時までも、テレビ常連出演等させ続ける必要は全く無い」』。

『「そんな劣悪レベルの者たち等が得意」なのが

「平和ボケ化情報配信等」だ』。

『「経済を豊かにすれば、他民族等同士でも平和共存出来る」は

「経済{麻薬}中毒化による弱体化・去勢化故の一現象に過ぎ無い」。

「だから、経済{麻薬}が希薄になる」と

「大元の解決していない

他民族等故の対立等」が

「一気に表立つ事になる」。

「偽りの平和が戦乱を生む」。

「他民族等故の対立等を解消する為」にも

「多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」は

「極めて有効」だ。

「元々、民族主義等」は、

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している生きている人類の実体」から

「大きく現実離れしている」。

「親子は別人格の別人であり

人類の世代交代は個の保存では無く種の保存」だ。

「葬るべきは悪い精神文化等であり

民族等による差別で悪者を正当化する事等も

言うまでも無く、悪い精神文化の一つに他ならない」』。

『「それでも、常人同士の間」なら

「経済{麻薬}による共存状態の構築も可能」なのだから

「とりあえずは、経済{麻薬}利用の共存状態を構築する事等」も

「悪くは無い」。

「平和状態下の方」が

「人類の精神文化を健常進歩・正常進化させる情報・教育等も行い易くなるから」だ』。

『「ここで、多くの人々が強く認識しておくべき事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等は常人では無い事」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が常人」なら

「過去の経済援助等という経済{麻薬}でも

平和共存等への道を選択していた筈」だ。

「しかし、北朝鮮劣悪国家指導者等が実際に行った事」は

「核・ミサイル等の開発」や

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」等々だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、何故そんな事を行い続ける必要があるのか?」

「積み重ねて来ている重大悪事等故」だ。

「極悪非道劣悪国家指導者等が

逮捕等され罪を問われ罰を与えられず

逃げ続け

現状利権を満喫し続ける為」には

「他人や他国等の支配が必需になる」。

「それが、北朝鮮劣悪国家指導者等の言う体制維持の実体」だ。

「その劣悪国家指導者等の命令・指令の下で動き続けている者たち」とは

「実質的、カルト宗教信者」だ。

「常人と極悪人やカルト宗教信者等」では

「普通の対話・交渉・協議・合意等々」が

「成り立つ訳も無い」。

「それなのに、極悪人やカルト宗教信者等」を

「常人として扱いたがる」のが

「平和ボケ外交等」で

「その実際の結果」が

「現状の深刻化した北朝鮮問題」だ。

「そもそも、共存しようとしている者たち等」なら

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「集団で行い続ける訳も無い」。

「一般市民等にまで工作活動等を仕掛ける訳も無い」。

「他国の中で自分たちの血統を持つ人々や

その協力者等の割り合いを

意図的に増やし続けよう・・・等とする訳も無い」。

「共存では無く、乗っ取り支配等が目的だから

集団的工作活動等が行われ続けて来ている」のが

「現実」だ』。

『「極悪人は逮捕する」。

「逮捕が無理なら、排除・駆除等する」。

「カルト宗教信者」は

「マインドコントロールを解く」。

「マインドコントロールが解けるまでは隔離等する」。

「それが人間世界の常道」だ』。

『「極悪人の逮捕等に有効」なのは

「対話等では無い」。

「自首するまで圧力を加える」か

「逮捕、排除・駆除等に繋がる軍事力等行使」等になる。

「その際の小混乱等を防ぐ為」にも

「日本の中の極悪人の手下等や

カルト宗教信者等」は

「早々に隔離等するべき」だが

「その為に必要な法や摘発体制等も不十分で

対象者の数も少なく無い」ので

「その辺りを無理やり無い事にしている」のが

「現状」だろう。

「マスコミ人等なら告発等すべき状態が其処に在る」が

「極悪人の手下やカルト宗教信者等」なら

「告発する事等も出来得ない事になる」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」の

「内実」からも

「誰もが直に分る事」だ。

「戦後の日本国内では、

朝鮮系の者たち等を

不当に優遇し続けて来ている状態が在る」ばかりか

「その裏」で

「日本人に不当な自虐等を強い続けて来ている状態が在る」。

「もちろん、

日本国の、

その様な異常な状態」は

「一刻も早く是正する、されるべき事」だ』。

『「選挙のある政界」では

「是正も相応に進んでいる」。

「しかし、テレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等々」には

「選挙も無い」。

「相変わらず、以前と同じ人脈の者たち等」が

「蔓延り」

「直接は言わない詐欺師的情報配信等」により

「実質的には、

北朝鮮劣悪国家指導者等を利す考え・思い等」を

「視聴者・読者・生徒等に持たせようとし続けている」。

「例えば、

工作活動被害を言わない戦争被害脅しや

悪戯な反戦や

既にバレている拉致以外の工作活動等の黙殺や

極悪人・カルト宗教信者等と常人を区別しない経済平和論等々」だ。

「もちろん、視聴者・読者・生徒等は

そんなモノを鵜呑みにする必要は全く無い」。

「そんなモノに自分を操らせてしまう必要も全く無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「米軍等による軍事力行使によって」でも

「一刻も早く解決するべき重大問題」だ。

「日本国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等」も

「一刻も早く、解消させるべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝では「米政権人事で北朝鮮への武力行使が無くなる事等」を常連出演者等が期待し、「煽り運転等の原因の一つ、工作電磁波問題等を黙殺したまま正義ぶっていたり」等々している様相だが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、米国の北朝鮮への対応」は「トランプ大統領の側近人事等」で「変わる訳も無い」。

「実のある結果の為」に

「必要なら軍事行動もアリ」が

「現実」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が{自首}しない限り

軍事オプションの行使になる」のは

「極めて当たり前の事」だ。

「逆に、北朝鮮劣悪国家指導者等の側に立つ」なら

「軍事オプションが行使されない限り、

核・ミサイル等の開発~実戦配備も

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等も

今まで通りに継続可能」だから

「戦争や軍事オプションの行使が止められる」なら

「{自首}する必要も無くなる事になる」。

「テレ朝朝番の常連出演者等」が

「日・米・韓等の側をより有利にする論を言っているのか?」

「北朝鮮劣悪国家指導者等の側をより有利にする論を言っているのか?」は

「もはや、明らか」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

核・ミサイル等の開発~実戦配備と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「放棄しない」なら

「米軍等による軍事力行使」こそが

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を

実際に解決出来る

唯一無二の道になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を

このまま放置・容認等し続ける」なら

「問題は時と共にどんどん深刻化する」。

「軍事力行使による解決が可能な内に解決しない場合

北朝鮮劣悪国家指導者等による

先ずは、日韓支配、

そして、全世界支配の

工作活動(非人道的なモノも多い)等が

大量な核・ミサイル等の脅しの下で行われ続ける事になる」。

「その事態を取り除く為には、

本格的な核戦争の覚悟が要る事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「早期解決が必需の重大問題」だ』。

『「金正日や金正恩等」が

「偽造パスポートまで使って日本に何度も来ていた」のは

「極めて当然の事」だ。

「何しろ、金正日の二番目の妻は在日朝鮮人だった」のだし

「それは、金正恩等の母でもあるから」だ。

「一番目の妻の子であった金正男が

偽造パスポートを使って来日した時バレた」のも

「在日の母の子では無かったからバラされ、

その事によって

金正日の跡継ぎは在日の母の子となる可能性を

大いに高める事が出来たから」と

「強く推定出来る」。

「在日の母を持つ金正恩政権を正当化し続ける為」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓支配が必需になる」。

「最低でも日韓支配・・・それが、北朝鮮の言う体制維持の実体」だ。

「もちろん、独裁政権が認められ続ける為には、全世界支配が必要になる」。

「日韓支配に成功する」なら

「それをベースに全世界支配に邁進せざるを得ない」のが

「独裁政権の宿命」だ。

「悪い芽は早々に摘む」のが

「正道」だが

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「余りにも長い間、実質的に、放置・黙認等され続けて来てしまっていた」。

「もちろん、協議結果の合意さえも守らない北朝鮮劣悪国家指導者等故の問題もある」が

「それは、

話しの通じない

人を騙す事や欺く事等が得意な

極悪非道劣悪独裁者等に対する対応」として

「常人に対応を行ってしまっていたが故」の

「問題でもある」。

「つまり、世界は対応を誤り続けて来ている」。

「極悪非道劣悪独裁者等に対する実効のある対応」は

「逮捕・排除・駆除等」だ。

「その為の軍事力等の行使」には

「相応に高い正当性が在る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者問題」は

「出来る限り早く片付けるべき重大問題」だ』。

『「韓国内は言うまでも無く、

日本の中にも

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相を露呈している者たち等が

少なからずいる」。

「例えば、メディアの者たち等」でも

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「実質的に、黙殺し続けて来ている者たち等」が

「数多く居る」。

「現状」で

「車を運転している多くの人々」が

「強いストレス状態に追いやられている裏」には

「現状社会・経済システム故の圧力」等だけでは無く、

「車に仕掛けられている工作電磁波の問題」が

「かなり在る」。

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき工作電磁波」を

「発生させる工作」は

「ソフトでもハードでも可能」だ。

「運転している車が工作電磁波を発生する様に工作されている」と

「他の車や電線や建物等々からの工作電磁波」と

「不協和音状態」が

「つくり出されてしまい易い」。

「人体の音に対する感受性」からも

「良く判る事」だが

「大音量」や

「不快な音」による

「ストレス」は

「結構大きい」。

「工作電磁波が重ねられる事」は

「実質的な大音量化」だ。

「全ての工作電磁波の内実は同じでは無く、

経時変化やオンオフによる立ち上げ回数等による変化のある

工作電磁波の多く」は

「重なり合うと不協和音状態になり易い」。

「車運転中」に、

「少なくとも、無意識レベルでは否応無しに感じさせられる

大音量や

不協和音状態」の

「電子・ホール大和音」が

「周囲を取り巻く車や建物やインフラ等々の状況により

乱雑に当てられ続ける」なら

「運転手のストレスがどんどん増大化し易くなり

乱暴運転や

事故等々」も

「彦起こされ易くなる」。

「この事故や危険運転・煽り運転等の元」を

「ちゃんと告発しようともせず

全てを運転者個人等に擦り付け

正義ぶっているマスコミ人等」は

「真のマスコミ人等では無い」。

「むしろ、

電磁波工作等を黙殺せしめる情報工作等を行い続けている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等とでも言った方が適切になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等に

弱みを握られていたり

優遇等してもらっていたり

・・・等々しているかも知れない者たち」に

「日本の公共の電波を使っている仕事や

公共的マスコミ等の仕事や

学校教育等の仕事等々」を

「何時までも、行わせ続ける必要は全く無い」』。

『「今まで、散々、出口非核化の交渉・対話等を行って来た事の結果」は

「既に、明らか」なのに

「未だに、出口非核化論等を喧伝している者たち等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「今更、対話をする」なら、

「入口非核化」が

「当たり前」だ。

「核ダケでは無く、

ミサイルや

化学兵器等や

他国内での工作活動等」の

「入口放棄」では無い対話・交渉等の「実体」は

「北朝鮮が望む時間・資金等稼ぎにしか成り得ない」。

「軍事力行使さえ避けられ続ける」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、何時までも、時間・資金等を稼げてしまう事になる」から

「{自首}もしない」。

「入口放棄無き場合」は

「対話・交渉等によらず

軍事力行使する」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を実際に解決する為の正道になる」』。

『「正道が十分に言われず」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等が望んでいる

出口核放棄という二枚舌上の対話・交渉・協議等や

軍事力行使無し等」が

「喧伝されている状態」は

「明らかに異常」だ。

「日本国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等の重大問題」を

「実質的に、黙殺し続けて来ている事」も

「明らかに異常」だ。

「戦争犠牲脅し」等より

「工作活動犠牲を黙殺せしめている事」等も

「明らかに異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »