« 佐川氏の証人喚問は明日だが、今日も「森友問題に興味を持つ事で反安倍政権思考を育成させよう!政治運動」等が日本の公共の電波上で盛んだ・・・。」 | トップページ | テレ朝朝番では「前後を暴行事件問題等で挟んで、金政権の訪中を実質的に、大賛美・・・」等していたが・・・。 »

「当たり前の如く、何も出て来ない佐川氏の証人喚問」と「訪中したが言い分が通らなかった金正恩」・・・。

『「キャリア官僚の証人喚問」で「国会議員等が質問ダケしたところで、何も出て来ない」のは

「当然の現象」だ。

「質問ダケでは無く、ブツ(証拠)をぶつけなければ」、

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等にしても、

与党等にしても」、

「言い分や主張等が正しい事等」を

「多くの国民に分かる様に、証明等出来る訳も無い」。

「多くの人々」は

「先ず、最初の段階」で

「キャリア官僚等高学歴者等が発する言語自体の理解」が

「十分に出来ない」から

「其れダケで、キャリア官僚等高学歴者等に対してネガティブなイメージを抱き易くなる」。

「証人喚問等に呼ばれている

悪者イメージが付けられている者なら尚更」だ。

「其処から、多くの人々が内在的に求めている結論が生まれ易くなる」。

「自分が、自覚の有無を問わず、悪者と思いたがっている者は

悪者であって欲しい、或いは、悪者であるべきだ、・・・等々」。

「多くの人々に分り易い言葉で語りかけている」のは

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「分り易く、悪者イメージで喧伝している者等」を

「多くの視聴者・読者等は、

悪者等と

知らず知らずの内に思い込まされたりしている」。

「この大衆が持つ、大衆に持たせる事が出来る特定のイメージ」を

「悪用する事」で

「政治運動等も可能になる」。

「現状、大騒ぎになっている

森友問題や

財務省文書書き換え・削除等問題」で

「多くの人々が持っている、持たされている結論」は

「森友問題」では、

「安倍総理夫人の関与があった」であり

「財務省文書書き換え・削除等問題」では

「安倍政権の関与があった」等になっている様相だ。

「しかし、もちろん、それが真実とは限らない」。

「そればかりか、

その様な事が真実である事を示すブツ(証拠)は

何も出て来ていない」。

「更に、嘘を言えば、偽証罪に問われる証人喚問」で

「佐川氏は、安倍総理・安倍総理夫人・総理官邸・麻生財務大臣等々による

財務省文書書き換え問題への関与」を

「強く否定した」。

「政治家や政治家夫人からの働きかけによる

森友学園関連一国有地払い下げ事案の湾曲等」も

「否定した」。

「証言上では、

反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が{要望}している結論」は

「実質的に、何も得られていない」。

「其処で、

{都合の良い真実}を導き出す事による政権交代等を目論んでいる様相の

反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「その様な証言をした佐川氏を益々悪者にした」り

「証人喚問ダケでは事は済まない!済ませない!!」等と

「更に、大騒ぎする事等」により、

「何としても

{都合の良い真実}を

無理やりにでも

つくり出そうとしている」様相だ。

「まるで、北朝鮮による駄々っ子瀬戸際外交の様に」・・・』。

『「森友関連財務省文書書き換え・削除等の問題」について、

「現状までに、はっきりしている事実」は、

「実態としては、財務省理財局の官僚・公務員等が自ら起こした問題である事」だ。

「大元は、異常なまでに詳しい決済文書の付帯事項等の記載」だ。

「其処には、金正恩の誕生日である1月8日付け」で

「安倍総理夫人関連の記載が登場した事実もある」。

「ここで、日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等について、

ある程度認識等がある人々」なら

「気づく事」は

「其れが、元々の工作指令だったのでは・・・」の「大きな可能性」だ。

「つまり、安倍総理夫人を森友学園に対する土地売買に強く関連付ける事」等を

「道具にして、

北朝鮮に都合の悪い安倍政権を降ろせ!」等の

「指令」だ。

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員・協力者等」は

「金正恩の誕生日である1.8や

抗日の日とされている3.1等に

強い関心を持ち続けながら生活や工作活動等を行い続けて来ている」。

「年明け早々、

金正恩の誕生日である1月8日付けで、

ワザワザ異常な程詳しい付帯文書で

安倍総理夫人の名が出された事」に

「呼応」した

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、テレビ・ラジオ・マスコミ界や政界や官僚・公務員界の者たち等」による

「集団的工作活動」が

「行われ続けて来ている」のが

「森友問題や財務省文書書き換え・削除等問題」の

「実体である可能性」は

「かなり高い」。

「その場合」

「一つの鍵になる」のは

「1月8日付け」で

「安倍夫人の名を乗せた異常に詳しい文書を

書いた・書かせた・書かざるを得ない状態を創った者等になる」。

「その後の集団的呼応状態等」は

「他の指令等からでも同じ実態が現れる、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等やその協力者等の

ルーティンワーク等」になる。

「ルーティンワーク上」では

「出来るだけ一般日本国民も巻き込む手口」が

「多い」から

「ルーティンワーク上で

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員やその協力者等ダケを

明確に選別する事等」は

「結構、難しい事になる」が

「不可能では無い事」だ。

「森友問題や財務省文書書き換え・削除等問題を徹底的に全容解明する」なら

「徹底的に行えば良い」。

「一つの鍵になる{その者}と北朝鮮劣悪国家指導者等との関係性等」が

「暴かれるなら、上記の実体」こそが

「真実である可能性大になる」。

「上記の様な可能性が大きい事態」を

「黙殺したまま、

無理やり、財務大臣や政権の責任にまで{格上げ}して扱わせよう・・・」等の

「政治運動等を行い続けている」のが

「反対野党やそのお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「実質的には、

北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等を利している実態が露呈している」』。

『「金正恩が訪中した」が

「金正恩は北朝鮮の言い分を伝え、

習近平は其れに呆れ、コイツでは駄目!!!と強く感じた」から

「訪中は無駄、どころか致命傷になった」。

「それは、会談後の両者の表情等から良く判る」。

「上辺ではどんなに笑っていても、死相がより濃くなった金正恩」と

「実質的には、苦笑い・・・で、呆れた事がアリアリと判る習近平」。

「実質的には、命乞いの為の訪中」でも

「素直に命乞い出来なかった金正恩」の

「哀れな実態が露呈していた」』。

『「未だに、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等やその協力者等」は

「中朝会談~金正恩政権の延命等を喧伝し

日本国内の工作活動等の継続~強化等を実質的に{命令}等している」が

「それは、もはや、恥の上塗り」だ。

「近未来、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる名の大きさを大きくしている

自虐業等」は

「いい加減に止めた方が良いと思うが」・・・』。

『「例え、米朝会談が実現しても、

金正恩が核・ミサイル・他国内での工作活動等を直ちに放棄しない限り、

金正恩の生き目は無い」。

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない場合、

金正恩が言う事は

今回の中朝会談の二番煎じになる」から

「米朝会談は無駄」だ。

「4.11の金正恩等の宣言で明確に

直ちに、核・ミサイル・工作活動等を放棄して、

経済と平和友好に生きる旨等が

明言されない限り」、

「直に、米軍が予防的攻撃をする道」こそが

「正道になる」。

「従北政権との対話等を行わせても、

事態が良くなる訳も無い

ばかりか、

むしろ、より深刻化する事は明白」だ。

「極悪人等に、過分な時間や資金やチャンス等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「未だに、

北朝鮮側からは、

今まで、散々な対応をし続けて来ている

中国に対し、

核等の放棄もせずに支援を願う事で延命を図ろうとしている

金正恩等」は

「本当に、どうかしている」。

「金正男より遥かに、国家指導者としての資質が悪い事は明らか」だ。

「北朝鮮の政権交代には高い必然性が在る」』。

『「日本の政権」は

「現政権より良い政権への政権交代なら行うべき」だが

「現政権より良い政権の具体像が見えていない現状では

悪戯な政権交代は不要になる」。

「政権交代を言う前に、

より良い政権の具体的提案が必要な事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「因みに、金正恩政権より良い具体的政権」は

「少し考えるなら、

世界中の多くの人々が

直に思い付く」。

「現実的には、

個人独裁政治体制と

独裁者の世襲を直ちに止め、

とりあえずは

中国共産党政権下の中国並みの状態にすれば良い」。

「その為の{一時的象徴者}を担ぎ出せば良い」。

「その後、情報の自由化等と共に、民主化すれば良い」。

「もっとも、現状人間社会・経済システム等の{終わり}の方」が

「早くやって来てしまう可能性大」だが・・・』。

|

« 佐川氏の証人喚問は明日だが、今日も「森友問題に興味を持つ事で反安倍政権思考を育成させよう!政治運動」等が日本の公共の電波上で盛んだ・・・。」 | トップページ | テレ朝朝番では「前後を暴行事件問題等で挟んで、金政権の訪中を実質的に、大賛美・・・」等していたが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事