« テレ朝朝番では「韓国の宣伝&視聴者脅しの後、金正恩等との対話を推奨」等していたが・・・。 | トップページ | 「南北首脳会談」と「米朝首脳会談」等で平和ムードを喧伝している北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等・・・。 »

テレ朝等では「5月末までに、出来るだけ遅く、トランプ大統領と金正恩のトップ会談を実現させたい様相」だが・・・。

『「北朝鮮の核・ミサイル{実験}の{中断}」と「{北朝鮮が反対しても、行われる}米韓軍事演習の{容認}」という

「上辺の譲歩」に

「大きな意義は無い」。

「極悪非道劣悪国家指導者等の上辺の譲歩という見せ球」は

「詐欺師の美辞麗句に他ならない」。

「内実」は

「後、何ヵ月間かの時間と、必要な資金さえ得れば

米国全土を標的に出来てしまうICBMの実戦配備が可能になる」。

「米国との本当の交渉等はその後にしたい」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等」だ。

「もちろん、米国側もそんな北朝鮮劣悪国家指導者等の思惑は重々承知」だから

「核・ミサイル・他国内での工作活動等放棄に繋がる

上辺の言葉ダケでは無い

内実のある北朝鮮の行動等」を

「強く求めている」。

「米朝トップ会談の前」に

「それが実現出来されない」なら

「米朝トップ会談は

北朝鮮の時間稼ぎの為である事が明らか」だから

「当然、米朝トップ会談が行われない事になる」。

「逆に、北朝鮮が

核・ミサイル・他国内での工作活動等の放棄に繋がる

内実のある行動をする」なら

「北朝鮮の米国全土を標的に出来る核ミサイルが完成する前まで」なら

「米朝トップ会談を行っても良い」というのが

「米国トランプ政権の今回の回答の内実」だ。

「そして、そのタイムリミット」は

「5月まで」だ』。

『「5月まで」を

「出来る限り遅く、5月末までとしたい」のが

「北朝鮮側」で

「5月になる前、出来る限り早期に・・・としている」のが

「米国側」だ。

「テレ朝朝番等」では

「5月末までに・・・」と

「画面に出していた」のだから

「その北朝鮮劣悪国家指導者等への従属ぶり」は

「本当に、お見事(もちろん、皮肉)!」だ』。

『「現実的に考える」なら

「既に、3月中旬になる現在から

4月中までに

米朝トップ会談を実現する為の必要準備を全部終える事等」は

「非常に困難」だ。

「その辺りの実態は北朝鮮劣悪国家指導者等でも十分に判る」から

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「核・ミサイル等の開発~実戦配備も

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」も

「続行し続けている」のが

「現状」だ。

「当然、こんな状態では、

米国側も米朝トップ会談が行える訳も無い」。

「上辺では、トップ会談への準備が行われるだろう」が

「現状のまま・・・なら、

米朝トップ会談の実現」は

「ほぼ確実に無い」』。

『「そこで、北朝鮮側の者たち等が期待している」のは

「トランプ大統領の気まぐれ」という訳だ。

「トランプ大統領も、随分と、ナメられている様相」だが

「北朝鮮側の者たち等がどんなにトランプ大統領等を見下した判断をし続けていて」も

「実際のトラップ大統領は、

そんなにおバカでは無い、

ばかりか、

実を取る、

非常に秀でた人間」だ。

「気まぐれに思える」のは

「無理やり下に置いてみようとするから」で

「実態を公正に見ようとする」なら

「今までの、トランプ氏(大統領のなる前から)の判断や行動等が

現実的で、合理的で、非常に秀でている事等」は

「世界中の何処の誰にでも分る筈」だ。

「当然、北朝鮮問題でも実のある結果を求めている」のが

「トランプ大統領」だから

「虚の対話・平和ムード等の裏で

核・ミサイル・他国内での工作活動等を

連綿と続け

実効支配者数や実効支配国・地域等を

連綿と拡大し続けようとしている

北朝鮮劣悪国家指導者等」の

「詐欺的手法」に

「騙される訳も無い」。

「平和ボケ優等生」等とは

「全く違う

現実レベルに

存在している」のが

「米国トランプ政権」の「実態」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が米朝トップ会談を望む」なら

「米朝トップ会談を実現可能とする

核・ミサイル・他国内での工作活動等放棄に繋がる現実」を

「つくり出さなければならない」』。

『「米朝トップ会談が不調になった場合」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「米軍等の限定攻撃等により

北朝鮮の牙が現実として折られる事になる」。

「その時に、北朝鮮が反撃する」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「つまり、北朝鮮の反撃は、亡国への特急券にしか成り得ない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」でも

「もはや、どうする事が延命に繋がるのか?」は

「直に分る」だろう。

「先ずは、核・ミサイル・他国内での工作活動等の放棄に繋がる実効のある行動をする事」だ』。

『「米朝トップ会談の実現は未だ決まっていない」のが

「現実」なのに

「既に、米朝トップ会談が決定したかの如き論調」で

「情報配信等しているテレビ・ラジオ・マスコミ等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「米朝トップ会談実現の前:に

「必要」なのは、

「北朝鮮の核放棄等のロードマップでは無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

核・ミサイル・工作活動等を放棄する事に直結する

実体のある行動に他ならない」』。

『「それなのに、北朝鮮劣悪国家指導者等の米国への親書内容等」を

「大讃美等していたテレビ等もある」のだから

「本当に呆れる」』。

『「米朝トップ会談に前のめり」という「トランプ政権」の「上辺」の「裏」には

「実を求めている冷徹な判断が在る事」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等」は

「決して忘れるべきでは無い」。

「陰険なナチス・ヒトラーを容認・放置する程

米国トランプ政権は甘く無い」のが

「現実」だ』。

『「現時点では、米朝トップ会談に前のめり・・・というトランプ政権」だが

「北朝鮮側がトップ会談前に必要な事を行わなかった場合」、

「前のめり・・・が、アッと言う間に完全否定~他の手段選択~実行に変わる事」を

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「散々の悪事を積み重ねて来ている極悪非道北朝鮮劣悪国家指導者等問題」が

「対話等により平和完全解決出来る」なら

「理想的」だが

「現実は、そんなに甘く無い筈」だ。

「それでも、北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「近々、

どんな手段によってでも、

完全解決せざるを得ない重大問題に他ならない」。

「5月までに、

北朝鮮劣悪国家指導者等問題の

重大転機がやって来る可能性大」だ』。

『「日本の従北政権化工作等」を

「未だに、行い続けている様相」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や国会議員等々」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様相を露呈し続けて来ている者たち等」は

「英国のロシア人元諜報員等の事件等から

粛清工作等を恐れている」のかも知れないが

「日本で英国の様な事件が起きる事=日本国内の工作活動等の問題にも一気に注目が集まる事」だから

「現状の日本社会の中では、

極めて、露呈し辛い、

摘発困難な手段等での

北朝鮮劣悪国家指導者等の裏切り者・不適応分子等の粛清が

ほぼ全てになっている」。

「例えば、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を集団で連綿と行い続ける事による粛清」だ。

「ストレス増加や、人体弱体化等による

ガン等病気化や

事故・自殺等誘発による

早死に化」等の

「陰険な手法」が

「ほとんど」だ。

「つまり、滅多な事では、いきなり殺されたりする事は無い」のだから

「余程の臆病者等では無い」のなら

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や政界等の者たち」でも

「既に詰んでいる泥船から脱出して、

泥船の内実等を告発等する側に回れば良い」。

「それが出来ない」のは

「カルト民族等宗教信者等」か

「余程の悪等」になる』。

『「はっきり言えば、反対野党等が大問題化しようとしている小問題等」に

「国政の貴重な時間を費やしていてもロクな事は何も無い」。

「小問題を大問題化する事で国政を遅滞させている

反対野党やそのお仲間マスコミ等」は

「そんな暇がある」なら

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等の告発等でも行ったらどうか!」

「もっとも、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」なら

「日本の国政遅滞工作」や

「日本を従北政権化する工作」等々は

「出来て」も

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

告発等する事」等は

「出来なくて当然・・・になるが!!」』

『「現在、検察が入って調べている財務省官僚文書の問題」を

「無理やり

財務大臣や政権の問題とし

大問題化する工作的手段」を

「一生懸命頑張っている

国会議員やテレビ・ラジオ・マスコミ等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「検察が入っている官僚文書の問題等」は

「検察捜査の結果を待ってからで十分」だ。

「其処で、違法性等が露呈した」なら

「追及等すれば良い」。

「検察の捜査結果等が出る前」に

「国政の貴重な時間を費やし、

テレビ・ラジオ・マスコミ等で大騒ぎ等する事では無い」のは

「明らか」だ。

「自民ダメ~!」が「困難になる」と

「官僚ダメ~!」を「行う事」で

「お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の大応援の下、

無理やり存在感を示そうとしている

反対野党・国会議員等」に

「貴重な血税等を与え続ける必要がどれ程あるのか???」

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

撲滅する政治・政策・法・摘発体制の整備等々の仕事をする政党や国会議員等」なら

「血税だけでは無く、私財をつぎ込んででも応援したい!」等と

「考えたり、思ったりしている人々」なら

「数多く居る」が』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では「韓国の宣伝&視聴者脅しの後、金正恩等との対話を推奨」等していたが・・・。 | トップページ | 「南北首脳会談」と「米朝首脳会談」等で平和ムードを喧伝している北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事