« 豊かにしても融和共存等出来る訳の無い北朝鮮劣悪国家指導者問題の本質・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「散々、左翼野党・政策等や朝鮮等偏向・偏重情報配信等している常連出演者等が、日本青年会議所の、既に削除されている、宇予くんツイートを批判・非難」等していたので「大笑い!だった」が・・・。 »

サンデーモーニングでは劣悪レベルの「仕事とは・・・」論等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。

『「仕事とは?」「現状を前提とする」なら「戦時中なら敵という同じ人類を撲滅する殺傷行為等さえも仕事になる」。

「金稼ぎが目的」なら

「実務を行うより、金等転がしの方が遥かに効率が高い」のが

「現状経済システムの実体」だ。

「何れにしても、

現状を前提としたところ」には

「仕事とは?」の

「正当な答」は「無い」』。

『「それでは、現状を前提としない」なら

「何処に基準を求めれば良いのか?」

「それは、もはや、言うまでも無い事だろう」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取れば良い」。

「つまり、

広義の自分である狭義の自分も含む地球生命体細胞群の

根本的な目的である存続~永続」への

「貢献」こそが

「人類誰もにとって正当な仕事」だ。

「逆に、存続~永続を危うくする事等」は

「仕事では無く、破壊行為等になる」のが

「現実」だ。

「もちろん、地球生命体の存続~永続を可能にする為」には

「地球外での生活も可能にする必要が在る」。

「地球外が必要な未来を無視する」なら

「地球生命体細胞群は地球と共に終わりになってしまうから」だ。

「地球と共に終わりで良い」なら

「自然回帰こそが正答になる」が

「地球外での生活も実現させる」なら

「必要になる」のは

「高度に進化させた物質文明ダケでは無い」。

「高度に進化させた物質文明を自虐使用等しない為に必要な

高度に進化させた精神文化も要る事になる」。

「つまり、人類にとって本質的な仕事」とは

「現状の地球生命体細胞群(狭義の自分も含む広義の自分)の維持~健常成長等の為に必要な事」と

「近未来において

地球生命体細胞群(同上)が

宇宙への本格進出を実現する為に必要な

高度に進んだ物質文明の創造~実用等と

高度に進んだ物質文明を自虐使用等しない為に必要な

高度に進んだ精神文化の創造~実用等」になる』。

『「この基本中の基本抜き」の

「現状レベルだけの、仕事とは・・・論」等を

「使って」

「実質的、政治運動等を公共の電波を使って行う」のは

「明らかな悪者等になる」。

「上記程度の現実論さえも言えない哲学者等の

ご都合利用」も

「本当に醜悪」だ』。

『「仕事内実が問われていない労働問題等」では

「悪者が実質的、破壊行為や工作活動等を行わせる事」等でも

「仕事に出来てしまう」ばかりか

「報酬・立場等のエサで人々を操る事さえも可能になってしまう」。

「そんな悪態を維持し続ける為」には

「金権の維持~拡大が合理的になる」。

「金に権力を持たせてしまう事が容認されている人間社会」なら

「多くの金さえ持っていれば

破壊行為でも工作活動等でも

好き放題行えてしまう事になる」。

「出所さえ十分に問われていない現状の金権システム」では

「摘発されていない火事場泥棒等の盗み等が元」でも

「詐欺や悪徳商法等が元」でも

「非人道兵器や覚せい剤等々の製造~販売が元」でも

「偽札ロンダリング」でも

「ある程度得た元の金転がし」でも

「血統相続」等々による「金」でも

「汗水たらして、時には、命がけで、本来の仕事をこなした事に対する対価としての金」でも

「金としての価値は同じに扱われる」から

「酷く悪い手段を使ってでもより多くの金を得た者の方が

実権を持ち易い」。

「この重大な現状金権システムを是正する事」は

「人類の自虐を避ける為に必要な

人類の精神文化製品である経済システムの進歩・進化への貢献に他ならず、

立派な本来の仕事になる」が

「現状に媚びる事で現状利権を貪り続けたい様相の者たち」は

「例え、経済学者でも政治家等々でも、

その本来の仕事を行おうとせず

現状社会・経済システム上での

立場等向上や

金集め」等々の

「邁進している場合が多い」のだから

「本当に、劣悪で醜悪」だ。

「所謂、文系、精神文化側には、同様の状態を露呈している者たちが多い」のだから

「本来なら、

物質文明側に対して、明らかに遅れ過ぎている

人類の精神文化側を

意識的かつ積極的に進歩・進化させるべく

政治主導等で莫大な予算等でも付けるべき」だが

「未だに、その様な動きさえも無い」のが

「人類自滅方向に突っ走り続けて来ている

人間世界の寒過ぎる現実」だ。

「もちろん、こんな状態は一刻も早く是正するべき」だ』。

『「現状の劣悪レベルのテレビ常連出演者等」は

「上辺を捉えて本質をごちゃ混ぜにする事等により

問題の根本解決を阻害する論等」さえも

「平然と公共の電波上でばら撒けてしまっている」。

「例えば、

韓国等が大騒ぎしている従軍慰安婦問題について、

韓国の問題とせず

他の多くの国々も関連している戦時中性暴力問題とする論」等も

「その一例」だ。

「韓国等の問題」を

「一般化させる事により

韓国も利を得る手法」は

「朝鮮人等の詐欺師的得意技に他ならない」。

「現状の従軍慰安婦問題の本質」は

「韓国が更なるゴネ得利権を得る為の工作」なのだから

「その実体通りに伝える」のが

「本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信になる」』。

『「韓国悪権力者や北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」を

「日本の公共の電波上等で常連出演等させ続ける必要は全く無い」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ界等」では

「その様な実態が未だに、蔓延り続けている」。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「韓国が竹島に拘る」のは

「日韓併合二国間契約」を

「日本による侵略~植民地支配に捏造する詐欺論上」で

「竹島を日本が侵略した起点等として扱っているから」だ。

「実際」は

「悪政を続けて来ていたが故に単独では国の存続さえ困難になっていた当時の韓国」が

「当時のロシアによる侵略~支配から逃れる為」に

「日本に保護を求め、

日本側がそれを認め、ロシアによる侵略等から保護をした

日本による韓国保護契約」が

「日韓併合前に在り」

「その時の日本の対応が気に入った当時の韓国権力者等」が

「自らの保身や利権増大等の為にも日韓対等合併を望んだ」が

「実際は、国力相応の日韓併合契約になった」のが

「歴史上の現実」だ。

「日本側は二国が一国化する二国間の合意契約に基づいて

同一化政策を進めた」から

「その後の朝鮮半島内は日本並みに

急速に近代化整備が進んだ」。

「当時の日本人」は

「武器を持って朝鮮半島に渡り

侵略~支配しに行ったのでは無く

金と仕事と技術等をもって

朝鮮半島内を近代化整備しに行った」のが

「現実」だったから

「実際に、朝鮮半島内の近代化整備と共に

朝鮮人の人口も増え、

多くの朝鮮人の文化水準等も上がった」。

「多くの朝鮮人が日韓併合は悪く無い、むしろ良かった等と感じていた」から

「日韓併合に武器まで使って抗い

朝鮮半島内を支配しようとした

3.1抗日連中は多くの朝鮮人からも迷惑者扱いされ

終極的には

少数反政府武力集団化し

白頭山にまで

追いやられ

大勢に影響の無い状態になった」のが

「現実」だ。

「ところが、日本が戦争に向かって突き進んでしまった事により事態が急変する」。

「日韓併合当初から、米国内に渡っていた朝鮮人悪権力者の一部」が

「米国内で植民地支配詐欺を喧伝し資金集めを始めた」。

「集めた資金を米国要人懐柔資金に使い

懐柔された米国人要人」は

「日本の敗戦後に朝鮮半島内をその悪権力者等に統治させる事にした」。

「戦後韓国の初代大統領は、米国からの李承晩になった」。

「李承晩等にすれば、

日韓併合二国間契約では具合が悪い」。

「米国要人を懐柔して

戦後朝鮮半島内の統治権を

日本から火事場泥棒した事等が正当化出来ない」。

「日韓併合二国間契約では無く、日本による侵略~植民地支配で無ければならない」。

「戦後の日本が未だ、混乱低迷期の間」に、

「李承晩等により捏造史がつくり出され、

竹島も韓国領とする李承晩ラインが勝手に敷かれ、

在日特権等も要求され

捏造史が韓国国民に教育される様になる」。

「それでも、日本側は大人の対応をし続けた」。

「韓国の政権が変わり、朴大統領が誕生する」と

「朴大統領時代」には

「日韓基本条約が締結され

過去は全て清算済み扱いとし

未来志向の日韓関係へと舵が切られる様になった」。

「本来なら、日韓間の問題は、其処でオシマイで

その後は、未来志向の友好関係の筈だった」。

「ところが、

韓国内では、

財閥等に都合が良い

戦後火事場泥棒を正当化し続ける為の反日教育が続けられていた」ので

「朴大統領政権時」でも

「捏造史を改める事は出来なかった」。

「日韓基本条約により火事場泥棒が問われなくなった」から

「歴史教育も事実・現実通りに」が

「本来あるべき正当な道だった」が

「朴政権でも、其処に至らせる事はせず、出来ず

韓国内でも捏造史による実質的、マインドコントロール教育が続けられてしまった」。

「捏造史でマインドコントロールされ続けて来ている韓国人等にすれば

日本は韓国を助けたのでは無く、侵略~支配したのだから

謝罪・賠償等が当然」で

「戦後大した火事場泥棒利権に在り着けていない者たち」は

「火事場泥棒利権で財閥にまで成れた者たち等を見れば見る程・・・」に

「日本から何等かのモノ(例え、精神的なモノでも・・・)を取りたくもなったりする場合が

決して少なく無くなっても当然になる」。

「結果、反日無罪世論等は蔓延り、

日本に対するゴネの元等」が

「熱心に探し出し続けられる事になる」。

「韓国側の{工作}」は詐欺等得意人脈等だけあって巧妙悪劣」で

「日本の政権の朝鮮系の者に取り入り

言葉ダケの謝罪等を求め

実現するならその後は穏便に・・・等々と示唆しながら

実際は

公人の謝罪が在ったのだから

補償等をよこせ!

よこさなければ、更に騒ぐぞ!等々と

ゴネ得利権に邁進し続けて来ている」。

「実体や事実・現実から客観的に見る」なら

「従軍慰安婦問題も竹島問題も

世界的大恥晒し」なのだが

「ゴネ得・・・に邁進している

ギャンブル等依存症と同様の状態の者たち」には

「裸の王様の恥さえも、見えない・・・」のが

「実態」だ。

「日本の中で裸の王様の応援をしている」のが

「日本の中の裸の王様の実質的、手下等」という訳だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題でも、

基本的な精神構造実態は変わらない」。

「そんなモノが

選挙さえも無い

戦後日本の情報・教育界等では

蔓延り続けられて来ている」。

「もちろん、言うまでも無く、是正は急務」だ』。

『「現実のお墨付きが無い者・物・事は何れ消滅する」のが

「自然の摂理」だ。

「逆から言えば、現実のお墨付きがある者・物・事は

時と共に、その存在が

より多くの人々の中でも

より分り易く成って来る」。

「それは、仕事でも歴史認識等でも変わらない」。

「非現実的な者・物・事等を他の人々等へも無理強いし続けようとする者たち等」とは

「虚に生きようとしている者たち等に他ならず

虚の世界とは死後の世界の様なモノ」だ。

「虚しい努力をし続けている暇がある」なら

「実体や事実・現実の地平面に狭義の自分を立たせる事等による

真の落ち着きの実感でも

目指したらどうか!」

「自己健常支配に邁進する」なら

「他の者・物・事の支配や他の者・物・事による被支配を

過剰に求める

決して、充足され得ない代償欲求の過剰追及状態」という

「実質的、病気の状態」からの

「快復」も

「可能になる」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 豊かにしても融和共存等出来る訳の無い北朝鮮劣悪国家指導者問題の本質・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「散々、左翼野党・政策等や朝鮮等偏向・偏重情報配信等している常連出演者等が、日本青年会議所の、既に削除されている、宇予くんツイートを批判・非難」等していたので「大笑い!だった」が・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事