« 財務省文書書き換え問題の本質は「何故、バレると解っているのに、官僚は文書を書き換えたのか?そして、何故、朝日新聞がスクープ出来たのか?」でしょ・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも、「北朝鮮金正恩等に厳しい安倍政権・トランプ政権等を多くの視聴者等に否定させる為の政治運動」等を日本の公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。 »

「財務省文書書き換え等を、民主主義の根幹を崩す・・・等」と責めている「テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導等により、散々、戦後日本の民主主義の根幹を壊して来た者たち」問題・・・。

『「多くの日本国民が傾注する国政上の主題」を「一国有地払い下げ問題」等や「財務省文書書き換え問題」等に「させる事」により、

「実質的には、反対野党等を利しているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に酷い」。

「同様の事態」が

「戦後の日本社会の中で連綿と続けられて来ている」から

「拉致までされているのに、

未だに、

十分な実効を持つスパイ・工作活動防止法や摘発体制等の

整備等さえも行われず、

その結果として、

多くの日本国民(一般市民も含む)が

例えば、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等の

生贄状態に置かれ続けて来てしまっている」。

「日本国民の健康・安全・安心等を守る政治・政策等を行わせる世論等」を

「黙殺せしめる

実質的、情報・教育工作等」の「実害」は

「本当に、甚大」だ。

「戦後日本の異常な情報・教育や

それが元になってしまっている世論や政治等の下」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員やその協力者等は大いに蔓延り易くなり、

その裏で、

多くの一般日本国民が自虐状態を強いられ続けて来ている」。

「この異常事態の解消」等を

「訴える」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が行うべき重大な仕事」だが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が行うべき重大な仕事」を

「行わず」に

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の側を利し続けて来ている」のが

「現状までの多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等のオトモダチ人脈の問題」だ。

「そして、そのオトモダチ人脈の問題は

反対野党等の中にも在る」』。

『「事実・現実に基づいた原寸大情報配信」が「行われている」なら

「一国有地払い下げ問題」や

「一学校新設問題」等は

「一国有地払い下げ問題」であり

「一学校新設問題」等」に

「過ぎ無い」。

「財務省文書書き換え問題」等も

「同様」だ。

「余程の違法行為等が無い限り、

多くの日本国民の傾注を誘う、国政上の大問題並みの扱いとしては

報道等されない」のが

「当然になる」。

「ところが、現状」では

「一国有地払い下げ問題」や「一学校新設問題」等や

「財務省文書書き換え問題」等が

「国政上の大問題並みに、喧伝されている」。

「そればかりか、

実質的に、政権問題化され、

政争の具化されている」。

「その裏」で、

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

集団工作活。動(非人道的なモノも多い)等の

国政上の重大問題」等が

「黙殺され続けて来ている」。

「明らかに異常」だ』。

『「明らかに、異常な事を行い続けて来ている」のが

「反対野党や

反対テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「行うべき

実効のあるスパイ・工作活動等対策等を怠り続けて来ている様相」なのが

「与党等」になる』。

『「戦後の日本の中」の

「集団工作活動」が

「工作活動に関わっている者たちの数が余りにも多いから・・・」等と

「徹底的に、摘発等されていない裏」では

「どんなに少なく見積もっても

数百万人レベルの日本国民等が

集団工作活動等の犠牲者にされてしまって来ている」。

「集団で弱毒物や有害物等を執拗に飲食物や大気等に仕込み続ける粛清工作」や

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき工作電磁波を使った粛清工作」等では

「現れる実態」は

「被害者のガンや心不全や脳卒中等になる場合が多い」。

「事故や自殺等が誘発される場合も少なからずある」。

「工作活動の摘発無き世界」では

「病死や事故死や自殺等として処理されるダケ」だが

「実体としては、集団工作活動による大量殺傷以外の何モノでも無い」。

「{陰険なナチス・ヒトラー}を放置・容認等したままで良い訳は無い」』。

『「工作活動には実体が在る」から

「十分な体制を組んで、本気で摘発する」なら

「摘発自体はそれ程困難では無い」。

「例えば、電磁波工作なら、

ソフトにしても、ハードにしても、

工作電磁波を発生させる仕込みが必要」で

「実際に、その様な仕込みは、

至るところに仕込まれ続けて来ている」から

「工作活動を仕掛けている側が一気に無くす事も出来得ない」。

「実際に使用されているところからは、

工作電磁波独自の経時変化する複数和音的電磁波の実態が観測出来る」。

「周波数依存型の電磁波測定器塔では観測困難だが、

電界測定器や

音響兵器的特性があるので

金属板等に当て、音響化した後の音の測定」等では

「容易に観測出来る」。

「その悪影響の調査・実証等には、相応に時間がかかるかも知れない」が

「工作実態は、

工作電磁波を当てる人体実験が大々的に行われている様なモノ」だから

「工作電磁波が在った・在るところの被害者の実態」から

「実体把握も可能な筈」だ』。

(続きは、後程)

|

« 財務省文書書き換え問題の本質は「何故、バレると解っているのに、官僚は文書を書き換えたのか?そして、何故、朝日新聞がスクープ出来たのか?」でしょ・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでも、「北朝鮮金正恩等に厳しい安倍政権・トランプ政権等を多くの視聴者等に否定させる為の政治運動」等を日本の公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事