« テレ朝では「米政権人事で北朝鮮への武力行使が無くなる事等」を常連出演者等が期待し、「煽り運転等の原因の一つ、工作電磁波問題等を黙殺したまま正義ぶっていたり」等々している様相だが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは劣悪レベルの「仕事とは・・・」論等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。 »

豊かにしても融和共存等出来る訳の無い北朝鮮劣悪国家指導者問題の本質・・・。

『「豊かになれば、他民族等との平和共存も可能になる」が「経済が低迷すると他民族等は出て行け!等となる」は

「常人同士の世界」だ。

「この関係上で問題とすべき」は

「現状経済システム等の出来の悪さ等」だが

「当然の如く、

現状経済システム故に多大な利権等を得られているテレビ常連出演者等」からは

「その本質的な指摘等は出て来ない」。

「現状経済システム上で常人同士では成り立つ関係」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等との関係にまで広げたがる」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等や

戦後日本等の情報・教育等により平和ボケ化されてしまった人々等」で

「その現実離れした劣悪実態等」は

「本当に酷い、深刻な重大問題」でもある』。

『「人類誰もの自分の実体」や

「その実体の本来の目的」との

「整合性が悪過ぎる

出来の悪い精神文化製品の一つ」である

「現状経済システムの問題」は

「その生みの親である人類の精神構造」の

「健常進歩・正常進化」により

「必然的に、解消されて行くことになる」から

「先ずは、多くの人類の精神構造」を

「健常進歩・正常進化させる為に有益な

情報・教育等を

意識的かつ積極的に行う事」が

「極めて重要である旨」は

「既に、何度も記している」。

「具体的」には

「物質文明側同様」に

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」により

「有効な情報・教育等が生まれる旨等」も

「既に、何度も記している」。

「人類誰でも大きな関わりが在る重大問題」の

「死生観・人生観等」の

「現実化」から

「行えば効率的になる旨等」も

「既に、何度も記している」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観」では

「無く」

「細胞ごとの誕生・死という現実」や

「丸ごと一人レベルで考え・思いたがる人の意識の現実」の

「双方」を

「強く認識した死生観・人生観」の

「実用」が

「合理的等である旨」も

「既に、何度も記している」。

「今の人類に

意識的かつ積極的に行うべき情報・教育」を

「実際に大々的に行う」なら

「旧来からの丸ごと一人レベルの死生観・人生観上に構築されている

現状の人間社会・経済システム等」は

「個々の人々の死生観・人生観」の

「健常進歩・正常進化」により

「必然的に、是正されて行く事になる」。

「至極当たり前の事」だ。

「旧態依然利権等に縋り付いている

本質的には、病的な、或いは、悪者的状態の人々以外」なら

「自らの精神構造を健常進歩・正常進化させる事」を

「拒絶し続ける理由は無い筈」だ。

「それでも、未だに、上記の流れが本格的に起こっていない」のは

「多大な現状利権を保有出来ているが故に

旧態依然利権等の維持・保護等にも熱心」な

「病的、或いは、悪者的」な

「大実権者等の大妨害等故」と

「強く推定出来る」。

「もちろん、そんな状態は、一刻も早く解消する、させるべき」だ』。

『「個々の人類の精神構造」を

「健常進歩・正常進化させる事に有益な情報を配信する色々な人々等」が

「替わる替わる公共の電波上や

公共的マスコミ上等や

学校教育上等々」で

「活躍する」なら

「多くの人類の精神構造の健常進歩・正常進化」が

「どんどん進む事になる」。

「格差問題も環境問題も

その解決が容易になる」。

「人類の存続~永続」と

「人類の滅亡とセットの現状利権等」の

「どちらを選択する」のが

「正当か?」は

「言うまでも無い事」だ。

「正当では無い方を選択している」のは

「悪者等」になる。

「つまり、どんなに現状利権等を保持出来ていても、

実体が悪者等である事は、既に、バレバレの

裸の王様」だ。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち等」が

「其処に居る」』。

『「要でも無い、

現状人間社会・経済システム等の是正に繋がる情報配信等も出来ていない

劣悪レベルの者等」を

「何時までも、テレビ常連出演等させ続ける必要は全く無い」』。

『「そんな劣悪レベルの者たち等が得意」なのが

「平和ボケ化情報配信等」だ』。

『「経済を豊かにすれば、他民族等同士でも平和共存出来る」は

「経済{麻薬}中毒化による弱体化・去勢化故の一現象に過ぎ無い」。

「だから、経済{麻薬}が希薄になる」と

「大元の解決していない

他民族等故の対立等」が

「一気に表立つ事になる」。

「偽りの平和が戦乱を生む」。

「他民族等故の対立等を解消する為」にも

「多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」は

「極めて有効」だ。

「元々、民族主義等」は、

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している生きている人類の実体」から

「大きく現実離れしている」。

「親子は別人格の別人であり

人類の世代交代は個の保存では無く種の保存」だ。

「葬るべきは悪い精神文化等であり

民族等による差別で悪者を正当化する事等も

言うまでも無く、悪い精神文化の一つに他ならない」』。

『「それでも、常人同士の間」なら

「経済{麻薬}による共存状態の構築も可能」なのだから

「とりあえずは、経済{麻薬}利用の共存状態を構築する事等」も

「悪くは無い」。

「平和状態下の方」が

「人類の精神文化を健常進歩・正常進化させる情報・教育等も行い易くなるから」だ』。

『「ここで、多くの人々が強く認識しておくべき事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等は常人では無い事」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が常人」なら

「過去の経済援助等という経済{麻薬}でも

平和共存等への道を選択していた筈」だ。

「しかし、北朝鮮劣悪国家指導者等が実際に行った事」は

「核・ミサイル等の開発」や

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」等々だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、何故そんな事を行い続ける必要があるのか?」

「積み重ねて来ている重大悪事等故」だ。

「極悪非道劣悪国家指導者等が

逮捕等され罪を問われ罰を与えられず

逃げ続け

現状利権を満喫し続ける為」には

「他人や他国等の支配が必需になる」。

「それが、北朝鮮劣悪国家指導者等の言う体制維持の実体」だ。

「その劣悪国家指導者等の命令・指令の下で動き続けている者たち」とは

「実質的、カルト宗教信者」だ。

「常人と極悪人やカルト宗教信者等」では

「普通の対話・交渉・協議・合意等々」が

「成り立つ訳も無い」。

「それなのに、極悪人やカルト宗教信者等」を

「常人として扱いたがる」のが

「平和ボケ外交等」で

「その実際の結果」が

「現状の深刻化した北朝鮮問題」だ。

「そもそも、共存しようとしている者たち等」なら

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「集団で行い続ける訳も無い」。

「一般市民等にまで工作活動等を仕掛ける訳も無い」。

「他国の中で自分たちの血統を持つ人々や

その協力者等の割り合いを

意図的に増やし続けよう・・・等とする訳も無い」。

「共存では無く、乗っ取り支配等が目的だから

集団的工作活動等が行われ続けて来ている」のが

「現実」だ』。

『「極悪人は逮捕する」。

「逮捕が無理なら、排除・駆除等する」。

「カルト宗教信者」は

「マインドコントロールを解く」。

「マインドコントロールが解けるまでは隔離等する」。

「それが人間世界の常道」だ』。

『「極悪人の逮捕等に有効」なのは

「対話等では無い」。

「自首するまで圧力を加える」か

「逮捕、排除・駆除等に繋がる軍事力等行使」等になる。

「その際の小混乱等を防ぐ為」にも

「日本の中の極悪人の手下等や

カルト宗教信者等」は

「早々に隔離等するべき」だが

「その為に必要な法や摘発体制等も不十分で

対象者の数も少なく無い」ので

「その辺りを無理やり無い事にしている」のが

「現状」だろう。

「マスコミ人等なら告発等すべき状態が其処に在る」が

「極悪人の手下やカルト宗教信者等」なら

「告発する事等も出来得ない事になる」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」の

「内実」からも

「誰もが直に分る事」だ。

「戦後の日本国内では、

朝鮮系の者たち等を

不当に優遇し続けて来ている状態が在る」ばかりか

「その裏」で

「日本人に不当な自虐等を強い続けて来ている状態が在る」。

「もちろん、

日本国の、

その様な異常な状態」は

「一刻も早く是正する、されるべき事」だ』。

『「選挙のある政界」では

「是正も相応に進んでいる」。

「しかし、テレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等々」には

「選挙も無い」。

「相変わらず、以前と同じ人脈の者たち等」が

「蔓延り」

「直接は言わない詐欺師的情報配信等」により

「実質的には、

北朝鮮劣悪国家指導者等を利す考え・思い等」を

「視聴者・読者・生徒等に持たせようとし続けている」。

「例えば、

工作活動被害を言わない戦争被害脅しや

悪戯な反戦や

既にバレている拉致以外の工作活動等の黙殺や

極悪人・カルト宗教信者等と常人を区別しない経済平和論等々」だ。

「もちろん、視聴者・読者・生徒等は

そんなモノを鵜呑みにする必要は全く無い」。

「そんなモノに自分を操らせてしまう必要も全く無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「米軍等による軍事力行使によって」でも

「一刻も早く解決するべき重大問題」だ。

「日本国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等」も

「一刻も早く、解消させるべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝では「米政権人事で北朝鮮への武力行使が無くなる事等」を常連出演者等が期待し、「煽り運転等の原因の一つ、工作電磁波問題等を黙殺したまま正義ぶっていたり」等々している様相だが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは劣悪レベルの「仕事とは・・・」論等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事