« ネットケーブルから工作電磁波が発生する様になってしまったが・・・。 | トップページ | 豊かにしても融和共存等出来る訳の無い北朝鮮劣悪国家指導者問題の本質・・・。 »

テレ朝では「米政権人事で北朝鮮への武力行使が無くなる事等」を常連出演者等が期待し、「煽り運転等の原因の一つ、工作電磁波問題等を黙殺したまま正義ぶっていたり」等々している様相だが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、米国の北朝鮮への対応」は「トランプ大統領の側近人事等」で「変わる訳も無い」。

「実のある結果の為」に

「必要なら軍事行動もアリ」が

「現実」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が{自首}しない限り

軍事オプションの行使になる」のは

「極めて当たり前の事」だ。

「逆に、北朝鮮劣悪国家指導者等の側に立つ」なら

「軍事オプションが行使されない限り、

核・ミサイル等の開発~実戦配備も

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等も

今まで通りに継続可能」だから

「戦争や軍事オプションの行使が止められる」なら

「{自首}する必要も無くなる事になる」。

「テレ朝朝番の常連出演者等」が

「日・米・韓等の側をより有利にする論を言っているのか?」

「北朝鮮劣悪国家指導者等の側をより有利にする論を言っているのか?」は

「もはや、明らか」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

核・ミサイル等の開発~実戦配備と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「放棄しない」なら

「米軍等による軍事力行使」こそが

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を

実際に解決出来る

唯一無二の道になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を

このまま放置・容認等し続ける」なら

「問題は時と共にどんどん深刻化する」。

「軍事力行使による解決が可能な内に解決しない場合

北朝鮮劣悪国家指導者等による

先ずは、日韓支配、

そして、全世界支配の

工作活動(非人道的なモノも多い)等が

大量な核・ミサイル等の脅しの下で行われ続ける事になる」。

「その事態を取り除く為には、

本格的な核戦争の覚悟が要る事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「早期解決が必需の重大問題」だ』。

『「金正日や金正恩等」が

「偽造パスポートまで使って日本に何度も来ていた」のは

「極めて当然の事」だ。

「何しろ、金正日の二番目の妻は在日朝鮮人だった」のだし

「それは、金正恩等の母でもあるから」だ。

「一番目の妻の子であった金正男が

偽造パスポートを使って来日した時バレた」のも

「在日の母の子では無かったからバラされ、

その事によって

金正日の跡継ぎは在日の母の子となる可能性を

大いに高める事が出来たから」と

「強く推定出来る」。

「在日の母を持つ金正恩政権を正当化し続ける為」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓支配が必需になる」。

「最低でも日韓支配・・・それが、北朝鮮の言う体制維持の実体」だ。

「もちろん、独裁政権が認められ続ける為には、全世界支配が必要になる」。

「日韓支配に成功する」なら

「それをベースに全世界支配に邁進せざるを得ない」のが

「独裁政権の宿命」だ。

「悪い芽は早々に摘む」のが

「正道」だが

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「余りにも長い間、実質的に、放置・黙認等され続けて来てしまっていた」。

「もちろん、協議結果の合意さえも守らない北朝鮮劣悪国家指導者等故の問題もある」が

「それは、

話しの通じない

人を騙す事や欺く事等が得意な

極悪非道劣悪独裁者等に対する対応」として

「常人に対応を行ってしまっていたが故」の

「問題でもある」。

「つまり、世界は対応を誤り続けて来ている」。

「極悪非道劣悪独裁者等に対する実効のある対応」は

「逮捕・排除・駆除等」だ。

「その為の軍事力等の行使」には

「相応に高い正当性が在る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者問題」は

「出来る限り早く片付けるべき重大問題」だ』。

『「韓国内は言うまでも無く、

日本の中にも

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相を露呈している者たち等が

少なからずいる」。

「例えば、メディアの者たち等」でも

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「実質的に、黙殺し続けて来ている者たち等」が

「数多く居る」。

「現状」で

「車を運転している多くの人々」が

「強いストレス状態に追いやられている裏」には

「現状社会・経済システム故の圧力」等だけでは無く、

「車に仕掛けられている工作電磁波の問題」が

「かなり在る」。

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき工作電磁波」を

「発生させる工作」は

「ソフトでもハードでも可能」だ。

「運転している車が工作電磁波を発生する様に工作されている」と

「他の車や電線や建物等々からの工作電磁波」と

「不協和音状態」が

「つくり出されてしまい易い」。

「人体の音に対する感受性」からも

「良く判る事」だが

「大音量」や

「不快な音」による

「ストレス」は

「結構大きい」。

「工作電磁波が重ねられる事」は

「実質的な大音量化」だ。

「全ての工作電磁波の内実は同じでは無く、

経時変化やオンオフによる立ち上げ回数等による変化のある

工作電磁波の多く」は

「重なり合うと不協和音状態になり易い」。

「車運転中」に、

「少なくとも、無意識レベルでは否応無しに感じさせられる

大音量や

不協和音状態」の

「電子・ホール大和音」が

「周囲を取り巻く車や建物やインフラ等々の状況により

乱雑に当てられ続ける」なら

「運転手のストレスがどんどん増大化し易くなり

乱暴運転や

事故等々」も

「彦起こされ易くなる」。

「この事故や危険運転・煽り運転等の元」を

「ちゃんと告発しようともせず

全てを運転者個人等に擦り付け

正義ぶっているマスコミ人等」は

「真のマスコミ人等では無い」。

「むしろ、

電磁波工作等を黙殺せしめる情報工作等を行い続けている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等とでも言った方が適切になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等に

弱みを握られていたり

優遇等してもらっていたり

・・・等々しているかも知れない者たち」に

「日本の公共の電波を使っている仕事や

公共的マスコミ等の仕事や

学校教育等の仕事等々」を

「何時までも、行わせ続ける必要は全く無い」』。

『「今まで、散々、出口非核化の交渉・対話等を行って来た事の結果」は

「既に、明らか」なのに

「未だに、出口非核化論等を喧伝している者たち等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「今更、対話をする」なら、

「入口非核化」が

「当たり前」だ。

「核ダケでは無く、

ミサイルや

化学兵器等や

他国内での工作活動等」の

「入口放棄」では無い対話・交渉等の「実体」は

「北朝鮮が望む時間・資金等稼ぎにしか成り得ない」。

「軍事力行使さえ避けられ続ける」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、何時までも、時間・資金等を稼げてしまう事になる」から

「{自首}もしない」。

「入口放棄無き場合」は

「対話・交渉等によらず

軍事力行使する」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を実際に解決する為の正道になる」』。

『「正道が十分に言われず」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等が望んでいる

出口核放棄という二枚舌上の対話・交渉・協議等や

軍事力行使無し等」が

「喧伝されている状態」は

「明らかに異常」だ。

「日本国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等の重大問題」を

「実質的に、黙殺し続けて来ている事」も

「明らかに異常」だ。

「戦争犠牲脅し」等より

「工作活動犠牲を黙殺せしめている事」等も

「明らかに異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« ネットケーブルから工作電磁波が発生する様になってしまったが・・・。 | トップページ | 豊かにしても融和共存等出来る訳の無い北朝鮮劣悪国家指導者問題の本質・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事