« テレ朝等では「北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う、南北会談論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | テレ朝等では「5月末までに、出来るだけ遅く、トランプ大統領と金正恩のトップ会談を実現させたい様相」だが・・・。 »

テレ朝朝番では「韓国の宣伝&視聴者脅しの後、金正恩等との対話を推奨」等していたが・・・。

『「韓国スケートの実質的、宣伝」の後「ミサイルを連想させる巨大避雷針の落下」や「日本の荒天」等を

「喧伝」し

「米・日の北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」を

「推奨等していた」のだから

「本当に、策略的情報配信」だ。

「其処」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」の

「情報工作等の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「元々、散々の大悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話や交渉や合意等」が

「成り立つ訳も無い」。

「極悪非道劣悪国家指導者等の目的」は

「散々の大悪事の罪や罰から永遠に逃れ続ける事に他ならない」。

「その為には、

核・ミサイル等の開発~実戦配備や

他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等の

重大問題行動・重大悪事等を

行い続ける」と「共」に

「対話(口先)等で世界を欺き続ける必要がある」。

「核・ミサイル等の開発~実戦配備等の重大問題行動を大悪事の盾にし

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の大悪事で大悪事を黙認させよう・・・等とし

対話(口先)等で

世界を極悪非道劣悪国家指導者等の都合に沿うように動かし続ける事」等が

「必要になる」』。

『「人間世界の正道」は

「極悪人等には、先ず、自首を求める」。

「自首しないなら、強制的に逮捕する」。

「逮捕が無理なら、排除・駆除等する」。

「それは、

人種・民族・国籍等問わず、

至極当たり前の事」だ。

「この至極当たり前の事」を

「韓国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等や民族差別等を基に

先ず、韓国との間で崩し、

韓国を利用して米国との間で

対話(=口先で極悪非道劣悪国家指導者等の都合を米国や全世界に強いる機会)等を

実現させようとしている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ。

「現状でも、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等という大悪事が継続中である事」は

「韓国同様の従北政権化工作が行われ続けている日本の政界」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う情報配信や教育等を続けている情報・教育界等々の

工作の実態」や

「筆者の周りでも旺盛な

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々の実態」からも

「はっきりと判る」』。

『「まるで、

米朝首脳会談が実現するのが当然の如き論調」の

「情報配信を行っていた上」に

「日本も対話に向かわないと置いてきぼりになるゾ~!」等の

「{脅し}」まで付け

「優等生的に、しっかり見極めた上で対話を!」等と

「多くの視聴者に対話実現が良い感等を持たせる事」等で

「締め括る」・・・。

「対話等では、

極悪非道な大悪事jを積み重ねて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等が要求を言うダケになり、

その要求を実現させたところで

北朝鮮の核・ミサイル等が無くなる訳も無い事」等は、

「既に、歴史が実証済み」だ。

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている劣悪国家指導者等がその罪から逃げ続ける為」には

「全世界を支配する必要がある」から

「先ずは、韓国、そして、日本の支配を企んでいるのが実態」だ。

「その為には、核もミサイルも他国内での工作活動等も手放せる訳も無い」。

「見せ球として、核放棄等ダケして、その見返りとして経済援助等を受ける」なら

「得た資金等を悪用して、他国内での工作活動等を更に旺盛に行い続ける」のが

「極悪非道劣悪国家指導者等の実態」だ。

「そして、そんな実態を全世界に無理強いする為」に

「核・ミサイル等の脅しの道具」を

「世界を欺いても保持し続けようとする」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が本気で平和解決を目指している」なら

「国籍を問わず、全員、拉致等の被害者も帰国出来、

他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)等も無くなる事になる」から

「米国との対話を求める前に、その様な傾向が出ていて当然」だが

「未だ、その様な傾向は、全く無い」。

「つまり、未だに、

北朝鮮劣悪国家指導者等は、

北朝鮮劣悪国家指導者等の都合を

全世界に強いる道を選択し続けている」のが

「現実」だ。

「そんな状態である限り、

北朝鮮劣悪国家指導者等問題の本当の解決法」は

「自首・逮捕・駆除・排除等しか在り得ない」。

「対話は無駄

どころか、

北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う事」だ』。

『「日本の政界」では

「財務省文書問題をテコ」に

「先ずは、麻生副総理兼財務大臣降ろし工作」が

「行われている」。

「安倍氏に万一の事があっても、

副総理が麻生氏なら、

従北政権には成り得ない」が

「麻生氏を降ろし、

副総理に従北人脈の者が就く」なら

「安倍総理{粛清工作}で日本を従北政権化出来てしまう」。

「従北政権になる反対野党等が政権交代で政権を取る事は

実質的に、不可能」だし

「通常の総裁選等による総理交代にも時間がかかる」。

「早々に、日本を従北政権化したい北朝鮮劣悪国家指導者等やその日本の中の手下等」が

「選択している悪魔の策略」は

「実に、劣悪で醜悪」だが

「それは、北朝鮮劣悪国家指導者等側が

既に、結構追い込まれている事の裏返しでもある」。

「とっくの昔に詰んでいる」のだから

「早々に、北朝鮮劣悪国家指導者等から離れた方が良いのに

未だに、その実質的手下や協力者等の状態に在る者たち等の裏」には

「北朝鮮劣悪国家指導者等に握られてしまっているかなりの弱み」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等からのかなりの褒美」等々が「在る」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮を経済的に支援等する」なら

「その辺りの褒美等も充実する仕組みにでも成っている」のだろう。

「保身や利権等の為」に

「極悪非道劣悪国家指導者等の下に居続けている者たち等」は

「人種・民族・国籍等問わず、極悪人の同類に他ならない」。

「陰険なナチス・ヒトラー」は

「一刻も早く撲滅するべき」だ』。

『「例え、韓国従北政権が北朝鮮劣悪国家指導者等の盾になったところで、

もはや、米国が判断を誤る訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が{自首}しない」なら

「極悪非道劣悪国家指導者等の逮捕・排除・駆除等の為」の

「軍事オプション等が行使される事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等も容認した」という

「米韓軍事演習」は

「極めて大規模に行うべき」だ。

「そのまま、限定攻撃に入る戦略等も大いにアリ」だ。

「何故なら、その方が、

北朝鮮劣悪国家指導者等問題の真の解決に繋がるから」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等による騙し平和ムードや

問題解決の対話に成り得ない対話等に

これ以上、悪戯に時間や手間等をかける事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題を

更に大きくする悪魔の道以外の何モノでも無い」。

「全世界の人々」は

「上辺の平和イメージに騙されてはいけない」。

「実際に、

日本国内でも、

未だに、

工作活動(非人道的なモノも多い)等を

旺盛に行わせ続けている

極悪非道劣悪国家指導者等との対話等など

在り得ない」。

「上辺の言葉の核放棄等の{美辞麗句}に騙されてはいけない」。

「核放棄の代わりを得る為の嘘以外の何モノでも無い事」は

「歴史が実証済み」だ。

「日本国内の工作活動等が無くなった」なら

「当ブログでもその旨アップする」が

「現状は、益々、旺盛に、酷い工作活動等が行われ続けている」。

「一番判り易い」のは

「日本国内の工作活動実態を知る拉致被害者全員を日本に帰還させる事の実現」との

「セット」になる。

「実質的、

小問題を大問題化させる事等を悪用して

北朝鮮劣悪国家指導者等や従北人脈等を利す

情報・教育・政界工作ぶり等」からも

「ある程度」は

「日本国内の工作活動実態が分る」と思う。

「その辺りが、小事は小事、大事は大事として扱われる状態に正常化される」なら

「その分、悪影響の元からの命令・指令等が減っている事になる」。

「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、電磁波工作等」が

「無くなるか、

テレビ・マスコミ等により、告発され

警察等に摘発等される様になる事等によって」でも

「日本の中の非人道的な工作活動等への

対処等の改善ぶり等が

良く判る事になる」』。

『「本来なら、より良い人間社会の状態を構築する事等に有益な情報を配信するべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の応援状態・・・」では

「本当に、酷い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝等では「北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う、南北会談論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | テレ朝等では「5月末までに、出来るだけ遅く、トランプ大統領と金正恩のトップ会談を実現させたい様相」だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事