« 「北朝鮮劣悪国家指導者等の延命外交」を支援している日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、乗船出演者等が「ユーチューブ本社襲撃事件と台湾火鍋かけ事件をダシに、実質的、ネット批判・非難」等を行っていた様相だったが・・・。 »

公共の電波を使って「反対野党や北朝鮮等の為に、北朝鮮に厳しい安倍政権・与党等を悪イメージで染め上げようとする、政治工作、大衆誘導」等を行い続けているテレ朝昼番等・・・。

『「北朝鮮のオトモダチ、反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が「言葉狩り等をする素になる省庁文書等」を

「執拗に出せ!」と

「迫る」のは

「日本の為の政治・政策論争等では勝ち目が無いから」と

「強く推定出来る」。

「行政上の●●文書等はある筈だから出せ!」と

「国会上で要求すれば、

行政側は情報公開法等に基づいて出す事になる」が

「もちろん、相応の手間と時間がかかる」。

「文書を出させる目的」が

「日本国・多くの日本国民等の公益」なら

「行政側も手間も時間も惜しまない状態に成り易い」が

「文書を出させる目的」が

「政府・与党等に悪イメージを付ける為の言葉狩りの素等が欲しいから」等々なら

「やる気が出ない状態に陥り易くなるのも当然になる」。

「適当に探して、無い」と「報告」したり、

「徹底的に探すが、他の仕事を犠牲にし続ける訳にも行かないから、

とても、時間がかかる」等の

「事態が発生し易くなる」。

「文書等が出てくれば、

言葉狩り」で、

「文書等が出て来なかったり、出て来る時が遅かったりするなら、

その事自体」で

「政府・与党等に絶大なる悪イメージを付けよう・・・」等と

「して来ている」のが

「反対野党等やそのお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「もちろん、政府・与党等に悪イメージ等を付けて正義ぶっていても、

反対野党やそのお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等が

本当に日本の為になる正義の組織・情報配信機関等とは限らない」。

「見事なまでの北朝鮮金政権等に対する寛容性等」からも

「日本の為より北朝鮮金政権等の為」の

「臭い」を

「強く感じている有権者・視聴者・読者等も数多い」。

「だから、実際に、選挙のある政界では、反対野党等は、圧倒的少数派」だ。

「民意で、圧倒的少数派になっている反対野党等」を

「少しでも利そうと、反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が

昨今、良く使い続けている{大衆誘導の暗示の言葉}」は

「一強はダメ!」だ。

「事あるごとに、

一強状態であるが故に行政も官邸ダケ見ている、

一強状態であるが故に日本の政治が上手く機能出来ていない、

・・・等々」と

「民意を少しでも、反対野党側に落とし込むべく

民意による結果を

実質的に、是認せず

無理やりにでも否定させたがる内実の

情報配信等を続けている」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界には選挙が無いから

人脈交代も無い事」による

「余りにも、醜く、酷い、実態」が

「其処に露呈している」』。

『「冷静に考えるなら、誰もが判る事」だ。

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「提出された文書等から

言葉狩り等をして

国政上の大問題等々と大騒ぎする事」で

「日本国や多くの日本国民の生活等が良くなるのか???」

「報告文書等」は

「内実が分れば良い」。

「表現上で戦闘等の言葉を使うか?別の言葉にするのか?の問題」は

「記入者の表現上の問題」だ。

「実態が分る」なら、

「表現は、戦争でも、戦闘でも、自衛の為の武力行使等でも、大きな齟齬は無い」。

「至極当たり前の事だが、

自衛隊が派遣された場所の

他力的な環境は

常に一定とは限らない」。

「紛争等が起こっていようがいまいが、

イラクはイラクだ」。

「自衛隊の実態は、専守防衛軍」だが

「それを軍隊と言おうが、自衛隊と言おうが、内実は変わらない」。

「表現を縛る」なら

「例えば、戦争なら戦争の厳密な定義から始めなければ意味が無い」。

「国家間の近代兵器を用いた武力争いのみを戦争とする」とすれば、

「小規模な衝突も戦争になる」から

「規模の大きさの定義も要る事になる」。

「そんな事にどんなに手間と時間を使っても、

戦争自体が防げる訳も無いし、

起こってしまった戦争が止められる訳も無い」。

「起こってしまった戦争の被害に変化が出る訳も無い」。

「言葉では無く、

死者数・負傷者数・被害建造物・農地等広さ・乗り物数等々の被害実態等の実と

戦死者遺族や戦傷者や戦争被害者等の実感等の実」が

「戦争実態を明らかにする」。

「表現上を問題にする机上の空論に貴重な時間を費やしている暇がある」なら

「戦争の元である人間社会の精神文化や個々の人類の精神構造の問題に

スポットライトを当て、

精神文化と精神構造を健常進歩・正常進化させる事に有益な事」を

「意識的かつ積極的に行うべきだ」が

「オトモダチ、北朝鮮等の為に、北朝鮮に融和的な日本の政権にしたがっている様相」の

「反対野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」には

「上記の様な、より進歩的・革新的な提案等さえも出来ていない」。

「現政権や与党等より良い政治・政策等をロクに訴えられない野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「現政権与党等を批判・非難等する事」を

「仕事にし続けていたい様相」だが

「今時なのに、そんな劣悪レベルの事を行い続けている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「森友関連の異常に詳しい財務省文書の場合」は

「保守政治家や保守政治家夫人がらみの一保守系小学校設立・一国有地払い下げ事案だった」ので

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)官僚・公務員等が

日本の保守を貶める為の具として仕込んだ様相でもある」。

「元文科省事務次官前川氏の乱」等と

「同様」に

「所謂、左翼(同上)官僚・公務員等による政治工作の様相」だ。

「今時、バレるのが分っているのに、

ワザワザ書き換え・削除等を行ったりした辺りからも、

工作の臭いは濃厚に漂って来る」。

「しかも、バラしたのが、

南北朝鮮分断頃以降からバリバリの所謂、左翼(同上)の実態を露呈し続けて来ている

朝日新聞」だ。

「財務省内部と朝日新聞等の裏パイプ等の存在が大いに疑われる」が

「その辺りを追及しようとしている様相のマスコミ等は表立って出て来ていない」。

「官僚・公務員等の工作等を防ぐ為にはどうすれば良いのか?」や

「日本国内の北朝鮮等による工作等を撲滅する為にはどうすれば良いのか?」等も

「真剣に議論され、十分な対策が講じられるべき事」だが

「その辺りを喧伝するテレビ・ラジオ・マスコミ等は皆無状態」だ。

「実質的に、同じ人脈の者たちばかり・・・が

公共の電波も公共的マスコミ等も

実質的に独占出来続けている事の

実害」が

「其処に露呈している」』。

『「反対野党等への政権交代は無理」と

「悟っている様相」の

「そのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「自民党の中の親北派等への政権交代を目論んでいる様相」だ。

「ご推奨」は

「実質的に、北朝鮮も利す、日本の反原発運動にも熱心な小泉元総理の子、

反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が世襲でも大問題視しなかった

小泉ジュニアの意向(未だ、当人が総理候補として出る事は困難だから)」や、、

「北朝鮮製の金の延べ棒が三本も金庫から出て来たという、

故金丸氏と似た臭いが漂って来る

岸田政調会長」や

「反対野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等が度々重用し続けて来ている野田聖子氏」や

「憲法改正問題でもスジを通したがるところ等の精神構造が

何処と無く、小沢氏にも似ている様相の

石破氏」等々の様相だ』。

『「実を取る」なら

「文面上のスジより、改正後の世論や実運用上の問題等」というのが

「北朝鮮人脈等の日本国民まで少なからず居る戦後日本の政治の常道」だが

「日本攻略をより容易にする」なら

「情報・教育で、上辺やイメージ等で操り易い人間を育成」し、

「政治や法や行政等では、

上辺からはっきり縛ったり、

何でも公開等させたり、

・・・等々する事」が

「合理的になる」。

「上辺」では「朝鮮民主主義人民共和国」でも

「内実」は「金政権独裁恐怖政治状態の北朝鮮」と

「同様の状態を具現化させない為」には

「上辺では無く

内実や本質等を重んじる人々の慣習等」が

「重要になる」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」により

「本質や快適を探究する

今時の成人として健常な精神構造」を

「育成する情報・教育等」は

「本当に重要」だが

「戦後の日本社会では、

この重要な情報・教育が大きく阻害され続けて来ている」。

「その代わりに在り続けている」のが

「上辺に拘り、教えられた者・物・事等を良く覚え、自分ではあまり考えない

操り易い人間を育成する情報・教育だ」。

「小問題の大問題化等で

北朝鮮のオトモダチ、反対野党等を利す考え・思い等を

知らず知らずの内に抱けてしまっている人々等」は

「戦後日本の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等情報の犠牲者」だ。

「日本を北朝鮮の様な状態にしたくない」なら

「情報・教育の正常化・健常化が必需になる」。

「一番の元凶」は

「選挙も無い」から

「ずっと同じ人脈の者たちが情報・教育界の実権を握り占められている事」であり

「それが、所謂、左翼(親朝鮮等)人脈である場合が異常な程多い事」だ。

「民意により実権者を変えさせる為に、

必要な法・体制等の整備をする事」や

「偏向・偏重情報配信によりイメージで視聴者・読者等を操れない様にする為に、

政治・社会問題等の面では特に厳しく、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信の徹底義務等を課す事」や

「対論・各論併記状態の義務」や

「公共の電波上や公共的マスコミ上で自論を配信する者の

過剰な常連出演・常筆等の禁止」等々が

「合理的になる」。

「現状の様に、

何処の民放でも、

NHKでも、

紙面等でも、

同じコメンテーター等が出ていたり、

取り上げられていたり、

筆を振るっていたり等

出来ている状態」は

「明らかに異常」だ。

「其処に露呈している」のは

「出演依頼者・執筆者・執筆依頼者等」が

「特定極一部の者たちを有名人化し、

有名人化した者に

ご都合論等を語らせたり、書かせたりする事」で

「有名人と自分を同一視している心理を

自覚の有無に関わらず、保有させられてしまっている

多くの視聴者・読者等」を

「操り続ける{悪魔の策略}」だ。

「良心的な情報配信」なら

「出演者や執筆者への視聴者・読者等の不要な同一視を防ぐ為」にも

「出演者や執筆者の有名人化は避け、

論の内実に視聴者・読者等の興味が行く様にする」。

「誰かを覚えて、論内実は誰かのコピー」では

「民主主義社会の民として成人化していない状態」だが

「論内実を実体把握して自分で考え・思い、自論を構築する」なら

「自らの頭も育つ上に、

民主主義社会の民としての成人状態にも至る様に成り易くなる」。

「自己を成人化出来た後で、論を情報配信等した他者を見る」なら

「同一視では無い、自分から見たその人の実態や実体が見えて来る」。

「それは、自分を他人に操らせず、

自らの人生を生きる為」にも、

「とても重要な事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「北朝鮮劣悪国家指導者等の延命外交」を支援している日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、乗船出演者等が「ユーチューブ本社襲撃事件と台湾火鍋かけ事件をダシに、実質的、ネット批判・非難」等を行っていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事