« 個人的事情により一週間程、ブログ記入をお休みします・・・。 | トップページ | 「米・英・仏によるシリア化学兵器関連施設への限定攻撃が行われた」が・・・。 »

無事帰還しましたので、ブログ復活です・・・。

『「現状日本社会」には

「大多数の善人・常人が居る」。

「圧倒的少数派の悪人等も居る」。

「善人・常人の多く」は

「戦後日本の情報・教育等により

日本の中の悪人等の存在を

積極的に把握し対処等しようとはしていない」から

「その様な人々だけなら、

どの職業にも居るスパイ・工作員等が

スパイ・工作活動等を行う事も容易になってしまっている」。

「所謂、平和ボケ状態」だ。

「善人・常人の中にも、

現時点では少数派だが

身近に居る悪人等の存在を積極的に把握・対処等しようとしている人々も居る」。

「その様な人々の居る割合いは職業によってかなり違う」。

「かなり、その様な人々の密度の高い職業もある」が

「特定の極少数の職業を除き、

多数派は、

悪人等の存在を積極的に把握し対処等しようとはしていない人々が多数派の

企業・組織等だ」。

「結果、多くの場合で、

悪人等の存在を積極的に把握し対処等しようとしている善人・常人の対策の穴を突いた

小さなスパイ・工作活動等の積み重ねが可能になってしまっている」』。

『「一つ一つは小さなスパイ・工作活動等でも

集団で何十年にも渡って行い続けて来ている場合

その悪の実効はかなりのモノになってしまう」』。

『「筆者の事情で訪れた場所でも、

事態は同様だった」。

「多くの職業人は善人・常人の悪者等を積極的には把握し対処等しようとしていない人々で、

小さな穴はところどころに多数在り、

その穴を突こうとしていた悪人等も居た様相で、

少数派だが確実に悪者等を把握し対処等しようとしている人々が居た」。

「動ける状態の人間なら、

悪者等が小さな穴を突こうとする事を封じる手立ても打つ事等が

可能になる」。

「動けない状態では、

悪者等の存在を積極的に把握し対処する善人・常人に頼るしかない」。

「多くの善人・常人が悪人等の存在を積極的に把握し対処する様になる必要性」が

「ここに露呈している」』。

『「職業人は、その職業についてはプロの場合が多い」。

「相当に高い能力を持っている方々も稀では無い」。

「しかし、その職業以外の分野では、どうか?」』

『「集団工作活動を行っている悪者等の側は、

数多くの職業のプロが居て、プロの技術を悪用して

小さめのスパイ・工作活動等を行い続けている」』。

『「化学技術のプロが飲食物工作の素を作成し、集団で利用したり、

電子技術のプロが工作電磁波等を発明???し、集団で仕込み続け、

それを工作員や協力者等がコントロール(オン・オフ・強さ・絞り・方向等)していたり、

情報・教育のプロが、

情報・教育で小さな

(・・・小さく無く思わせられてしまう場合も多いが、

実体としては、

情報・教育等を行う者が

勝手に変えられる程、小さなモノ)

捻じ曲げ等を積み重ね続ける事で本筋を捻じ曲げていたり、

・・・等々」。

「侵入スパイ・工作等の場合は、

ほぼプロ程度以上で無ければ、直にバレそう・・・で

工作集団の中の比較的少数派かも知れないとも思えてしまう」が、

「侵入工作が出来る状態の者を

少々の訓練(子どもに行わせる遊び程度)で量産している可能性も非常に大きい」。

「侵入工作の基の鍵はその道のプロが用意で、

工作電磁波覗きにより留守や電子機器の在りかや形・オン/オフ等を把握し、

防犯カメラ等を避ければ、バレる確率は激減するので、

少々の訓練をされた者程度でも侵入スパイ・工作等も可能で

少数派では無い可能性も大きい」』。

『「重篤な病気やケガや

寝たきり介護状態等になってしまうと

動けない状態になってしまう」。

「動けない状態で例えば、工作電磁波を当て続けられる」なら

「凝りや痛みが発生したり、

どんどん衰弱したり、

痙攣や

心不全等が発生させられたり、

長時間同部位に当てられ続けるとガン等が発生させられたり、

・・・する可能性絶大」だ。

「健常状態でも、

凝りや痛みが発生したり、

思考力・言語力等が不順状態になったり、

芽のピントが合い辛くなったり、

白内障に追い込まれたり、

集中力が阻害されたり、

イライラさせられたり、

疲れ易くなったり、

・・・等々する」のが

「通常(?)の出力の工作電磁波の悪の実効」だ。

「集中し、エネルギーが高くなっている工作電磁波の場合」は

「脳細胞や眼の網膜等、細胞群の極一部がいきなり破壊されたり、

毛細血管等が破壊されたり(脳や心臓等や肺等なら、その実害はかなりのモノになる場合も少なく無い)、

・・・等々、

直に、身体部位の部分破壊に繋がる場合もある」。

「大電力が利用出来得しまうなら、身体部位の部分破壊程度では無く、

いきなり殺人も可能になる」のが

「工作電磁波の実体」だ。

「至るところに工作電磁波発生装置・ソフト等を仕込み、

街中を工作電磁波で薄く包み、

ターゲットには絞った強い工作電磁波を当てる」なら

「好き勝手に、粛清工作が出来てしまう」。

「既に、その様な実態が露呈している様相なのに、

告発すべきテレビ・ラジオ・マスコミ等は、

かつての竹島問題や拉致問題の如く黙殺状態」だ。

「そればかりか、

北朝鮮のオトモダチ人脈の臭いも濃い、

反対野党

共々、

北朝鮮に厳しい安倍政権を降ろす為に

小事を大事化して大騒ぎしている状態」だ。

「陰険なナチス・ほとらーによる、

ガス室でのユダヤ人大量殺害に匹敵する

工作電磁波での日本人大量殺害を防止する為にも、

工作電磁波対策は本当に急務!」なのに』。

『「集団工作活動の無い日本社会」なら

「どれ程、晴れ晴れとするのか!」を

「筆者等は思いっきり味わってみたい」。

「多くの日本国民が実感する」のも

「晴れ晴れ感等になる」と思う。

「現状では、多くの日本国民が、日本社会の中の工作員集団等も含む悪人等を

積極的に把握し対処等しようとしていない」ので

「現状が当然等と勘違い出来てしまっている状態の人々も多いかも知れないが

現状の日本社会は

明らかに、

集団工作活動汚染で

どんより・・・」だ』。

『「もちろん、言うまでも無く、汚染解消の日は、早い方が良い」。

「米・日・韓等が道を誤らなければ、

汚染解消の日は近い」ので

「何としても、日本の道を誤らせよう・・・とし続けている」のが

「日本の中で集団工作を行い続けて来ている者たちの実態」だ。

「小さな問題を大問題化する事で

大きな問題の選択を誤らせる集団工作等には

くれぐれもご用心!!」』。

|

« 個人的事情により一週間程、ブログ記入をお休みします・・・。 | トップページ | 「米・英・仏によるシリア化学兵器関連施設への限定攻撃が行われた」が・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事