« 日米首脳会談が始まり北朝鮮問題等が話し合われたとの事だが・・・。 | トップページ | 昨今、筆者の寝床に当てられている下方向からの非常に強い工作電磁波が寝床の中心線に沿うレーザーライン的に変更されたが・・・。 »

財務省事務次官セクハラ?問題の実体は、「テレ朝女性社員によるセクハラトラップ取材」か?「財務省事務次官によるセクハラ」か?「両者コラボの安倍政権転覆工作」か?・・・。

『「一年半も前から、一対一取材をしていたというテレ朝女性記者」は「その直後から隠しどり録音も行っている」。

「財務事務次官との一対一の酒の席」に

「招かれる状態」が

「どの様にしてつくられたのか?」から

「検証しないと、この問題の本質も分らない事になる」が

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「セクハラ決め打ち状態」だ。

「現状では、

少なくとも、タイトルの3事態くらいは想定した

検証が必需なのに!」』

『「韓国で従北政権化工作が成功」し

「日本の従北政権化工作がより旺盛になって来ている昨今」、

「従北政権とは程遠い、

北朝鮮に厳しい

日本の安倍政権と

米国トランプ政権を

過剰なまでに、一方的に批判・非難等し続けて来ている」のが

「日本の中の従北テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「{差別の無い}官僚・公務員の世界」にも

「従北人脈の者たちは、少なからず居る」。

「そして、そのどちらにも、東大卒等、所謂、高学歴者等も居る」』。

『「昨今、日本社会の中で大騒ぎ化されている

実質的、小問題の裏」には

「従北政権化工作の臭いが濃厚に漂っている場合が多い」』。

『「今回の財務省事務次官問題」でも

「反対野党やそのお仲間マスコミ等」は

「事の実体解明等より、

安倍政権の批判・非難等に忙しい様相」を「露呈」している』。

『「テレ朝女性社員」は

「未だ、名乗り出て来ない」が

「本当にセクハラなら、

Me Too!!の流れが出て来ている昨今、

その流れを増大させる為にも

堂々と出て来るべき」だ。

「メディアの者が、言葉上のセクハラレベルで沈黙」を

「公然化する事」は

「セクハラを行う側にパワーを与えてしまう事に直結している」。

「逆に、言葉上のセクハラレベルでも堂々と告発されてしまう事等」が

「公然化する」なら

「それは、セクハラに対する大きな抑止力になる」。

「メディアの者なら、取るべき態度は明らか」だ。

「出て来ない状態」では

「セクハラトラップ取材等の可能性が強く言われても

ある意味、仕方無い事になる」』。

『「現状までに出て来ている実態」から

「事務次官が一対一で

何度も

酒席に誘いたくなっていた者であった事」は

「疑いの余地が無い」。

「更に、約一年半の{お付き合い}で

昨年の11月の録音があるとの事なので、

{隠し}録音が、

かなり早期から行われていた事も明らか」だ。

「録音付き{通常}取材なら、

財務事務次官ともあろうお方が

絶対に口にしないであろう言葉の数々」も

「客観的に見るなら{口説いている}」で

「思わせぶりな素振り等が、前後も含めて全く無い事等が

判明しない限り

直ちに{セクハラ!}とは言い難い」。

「何しろ、一対一の酒席」だ』。

『「忘れてはいけない可能性」は

「両者コラボによる日本の従北政権化工作の一端」等の

「事態」だ。

「日本人のほぼ全てが帰還した朝鮮半島内とは違い、

北朝鮮系の者も少なからず居る」のが

「戦後日本社会の実態なのだから!」』

『「その時の社会や政治等の大きな流れも含む、状況等を黙殺し、

言葉の部分ダケ等を偏重して

事の実体を歪めて伝える悪癖」は

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「直ちに直すべき悪癖」だ』。

『「財務省事務次官問題で、

セクハラ決め打ち報道等を続けている

テレビ等」では

「北朝鮮の核保有を異常なまでに高く評価していたりする」。

「更に、今後の極東情勢として、

中・北朝・韓等の反日コラボの成立等を言い、

それを睨んで、

それらの国々との親和性の高い日本の政治等を訴えていたり・・・等々している」。

「お仲間である反対野党等を少しでも利そうとしている

視聴者等マインドコントロールの実態が露呈している」。

「もちろん、公共の電波や公共的マスコミ等を使って

実質的、大衆誘導等を行う事は、

厳しく取り締まるべき事」だ。

「ラジオ等悪用のナチス・ヒトラーの二の舞を絶対に許さない為にも!」』

『「商業コマーシャル等ならイメージによる大衆誘導等も

視聴者も重々承知で、

ある意味、仕方無い事」だが

「公共的大媒体が、

政治・社会等の面で

イメージによる大衆誘導等」は

「絶対にダメ!!」だ。

「学校教育が未だ未熟な戦後日本社会」で

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による

政治・社会等の面での

イメージによる大衆誘導が許容される事」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム状態の日本社会にする事等を

可能にしてしまう

悪魔の罠の道に他ならない」』。

『「財務省事務次官問題」でも

「少なくとも、タイトルの三事態くらいは、

列挙した上で、

本質探究情報配信等を行うべき」なのが

「公共的媒体」だ。

「逆に、個人レベル・個人個人等」は、

「それぞれ自由・勝手であるべき」だ。

「偏向・偏重等の無い、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信を

素に

個人個人が個々の自由・勝手な判断等をする事等を

可能にする人間社会であってこそ、

民主主義等も成り立ち得る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム」と

「民主主義」は

「全く別モノ」だ』。

『「2020年までに北朝鮮の核・ミサイルを無くす

北朝鮮問題の解決法」とは

「リビア方式に他ならない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等がリビア方式を承諾しない」なら

「体制転換策が実行される事になる」。

「この都に及んで、核を持ったから北朝鮮の勝ち!等のイメージを喧伝している者等」は

「本当にどうかしている」。

「散々の極悪事を積み重ねた段階で北朝鮮の負けは決まっている」。

「その上、国際社会の意向を無視して、核・ミサイル等まで保持する事で

逃げ延びようとし続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だが

「それも、もう、オシマイ!」というのが「実体」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等は既に詰み、

今は、敗戦処理に忙しい」のが

「現実」で

「敗戦処理を誤ると、北朝鮮劣悪国家指導者等も逮捕・排除・駆除等される」のが

「現実」だ。

「その後に在る」のは、

「反日国コラボ状態の極東地域では無い」。

「旧社会・共産圏的精神文化から

自由・民主的精神文化に以降して行く極東地域」だ。

「この後に及んで、

未だに、

旧社会・共産圏や、反日コラボ等との親和性を言う、

時代遅れの所謂、左翼(内実、親朝鮮等)は

本当にどうかしている」。

「公共の電波上で、そんな者等を公然化する事により、

同様の時代遅れの考え・思い等を抱きしめ易くなる

視聴者等を育成等させよう・・・等としていても

本当に、仕方無い」。

「今時のテレビ等による配信情報内容」は

「今時が要求しているレベルに十分に達しているべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 日米首脳会談が始まり北朝鮮問題等が話し合われたとの事だが・・・。 | トップページ | 昨今、筆者の寝床に当てられている下方向からの非常に強い工作電磁波が寝床の中心線に沿うレーザーライン的に変更されたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事