« 「行っても無駄の三度目」の南北首脳会談が行われたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「金正恩賛美」や「ご都合平和論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

「実態が判明している、有名ジャニーズタレントのセクハラ」と「未だ、実態解明が不十分な前財務次官のセクハラ?」を同じくセクハラ扱いしているメディア等の「情報イメージによる大衆誘導」等問題・・・。

『「有名ジャニーズタレントの場合」は「仕事上圧倒的に優位な立場の者が、仕事上圧倒的に劣位な女子高生」を

「飲酒の上、自宅に誘い、更に、強制的にキスをした」という

「明らかなパワハラ・セクハラ」で

「実際に、現行法上でも明らかに罪になる」から

「被害者側は警察に被害届を出している」し

「例え、被害届等が出されていなくても、警察等による捜査~摘発が可能」だ。

「そして、パワハラ・セクハラの前」に、

「アルコール依存等の問題がある様相の{事件}」だ。

「メディア等が、

アルコール依存等の問題も忘れずに、

セクハラ問題扱いして

喧伝するに

十分な根拠がある{事件}になる」』。

『「前財務次官のセクハラ?問題」は

「未だ、実態解明が不十分であるばかりか、

前財務事務次官がセクハラを認めていない、

現状では

メディア等は

先ず、実態解明を訴え、

実態解明前は、推定無罪扱いする」のが

「適切な問題」だ。

「ところが、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等ではセクハラ決め打ち!扱いで大喧伝状態」、

「財務省」も

「前財務次官による反証等も不十分」で、

「セクハラ?問題で世間を騒がせ、財務省に対する信頼を失墜させた責任等は重い」等の

「理由」から

「早々に、セクハラを認定」し

「その責任を問い、減給処分を下した」。

「テレ朝女性社員」という「メディアの一員による訴え」に「対し」、

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「先ず、実態解明」を「十分に言わず」、

「メディアの一員からの訴えを全面的に支持」して

「セクハラ決め打ち!情報配信を大々的に行った事」の「実態」は

「メディア圧力による実態解明圧殺に他ならない」。

「財務省が早々に処分を下し、この問題の鎮静化を図った裏」には

「それなりの裏がある筈」だ。

「例えば、

セクハラ問題を探究されると困る者たちが多数居る」とか

「{工作}取材や情報{工作}配信等の実態がバレ、

日本の中の工作活動等の問題が公然化すると

困る者たちが多数居る」、

等々の「裏」が

「容易に推定出来る」』。

『「何れにしても、実態解明が阻害されているまま

セクハラ悪イメージ等ダケが大々的に喧伝されている現状」は

「明らかに不健常」だ。

「その裏には、何があるのか?」等は

「多くの日本国民が意識して考え・探究等すべき事」になる』。

『「北朝鮮問題の顕在化に伴って

日本社会の中でより明らかになって来ている」のは

「人脈の問題」だ。

「終戦時にほとんど全ての日本人が日本本土に強制的に帰還させられた朝鮮半島内とは全く違い、

戦後日本社会の中には、

戦後米軍の占領政策等に食い入って日本で利権を得たりしたり、

日韓併合時・朝鮮戦争時等に自主的に渡来したまま、

日本に居残り続けている朝鮮系の者たちも多数居る」。

「朝鮮が南北に分かれた以降、

北朝鮮側に付いた者たちも多数居る」。

「その様な戦後日本国内の朝鮮系の人々が

日本国民を賛同者・協力者等にするべく動き、

朝鮮系の人々の賛同者・協力者等となった者たちも

多数居る」。

「在日の母を持つ金正恩独裁政権にとっては

韓国の支配はもちろん

日本の支配も必需」だ。

「その為には、

金独裁政権に厳しい日本の政権では無く、

金独裁政権に従う日本の政権が必要になる」。

「その日本の政権争いの為」の

「情報工作~大衆誘導」等と「捉える」なら

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等による

異常な、或いは、不健常な、情報配信状態」も

「非常に合理的になる」。

「北朝鮮金政権による極悪事や

北朝鮮金政権による日本の中の工作活動(非人道的なモノも多い)等の重大問題等々は

出来る限り黙殺状態で伝え、

金正恩賛美情報等は

大いに喧伝している実態等」からも

「その様相は良く判る」。

「森友・加計問題等では実態解明を声高に訴えていながら、

テレ朝女性社員による

前財務次官の言葉がセクハラ!訴え問題では

実態解明前にセクハラ決め打ち!情報配信を行っている

明らかなダブルスタンダードを露呈している酷いテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「公共の電波を使えていたり、公共的大マスコミ等であったり出来ている事の

重大な危険性」等は

「戦後日本社会に実在し続けている

早々に解決すべき

本当に深刻な重大問題に他ならない」』。

『「一国有地払い下げ問題等」や

「一獣医学部新設問題等」の

「問題の深刻さ」と

「セクハラ実態があったのなら、

財務事務次官という非常に重要な要職にある者によるセクハラ問題等になる問題」であり、

「工作等の実態があったのなら、

日本国の要職にある者に対するメディア界等の者による工作・トラップ等で

日本国の政治・政策等が阻害された事等になる問題」の

「問題の深刻さ」の

「どれが一番深刻なのか?」は

「言うまでも無い事」だ。

「パワハラ等を伴わないセクハラ等の問題なら、個人レベルの問題になる」。

「財務省事務次官と大メディアの社員のパワーの差は、どれ程のモノか?」

「実態としては、大メディアの方が強いくらい・・・」なのが、

「大メディアによる実質的、大衆誘導等が未だ、蔓延り続けられている

戦後日本社会の実態」だ。

「一国有内払い下げ問題は、

一国有地払い下げの問題であり、

他の国有地払い下げ実態との徹底比較や

根本的な異常性等の有無等が徹底解明されてこそ

実体の大きさ等が判明する問題」だ。

「政権批判・非難等の為のダシにする前」に、

「実体解明が優先されて然るべき事」だ。

「一獣医学部設新設問題」も

「一国有地払い下げ問題と同様」になる。

「新たな枠を利用した新設」は

「違法性等が問われるのは当然」だが

「今のところ違法性等は出て来ていない」のだから

「新たな枠自体を問題にして騒ぐなら、未だ、話しは分る」が

「新たな枠を利用して出来た一獣医学部をダシ」に

「政治運動等を行う」のは

「明らかに、変」だ。

「戦後日本の人脈の問題故に発生し続けている」が

「未だ、メディア等が本来の役割を駆使して

大衆周知~注意喚起~自己防衛等推奨~公の対策構築~実行へ!等の

訴え~世論喚起等さえしていない

戦後日本の

元は反日他国人脈等によろ工作活動(非人道的なモノも多い)等の

重大問題」は

「上記の他の問題に比べて明らかに大きな非常に深刻で重大な大問題」だ。

「工作活動問題等を大衆周知等する為の一つの糸口とも成得る問題」とも

「推定出来る」

「現状不健常(?・・・一応付けておく)メディア等の取材手法等の実態解明等」は、

「健常なメディア等により、

場合によっては、警察等も加わって、

意識的かつ、積極的に行われるべき事になる」』。

『「何れにしても、

不健常状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等」に

「過分に力を持たせ続けたり、

過分に稼がせ続けたり、

・・・等々する必要は全く無い」』。

『「日本国民」なのに、

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩の手下情報配信機関かも知れない

テレビ・ラジオ・マスコミ等の配信情報等を鵜呑みにして、

頭の中を染め上げてしまう必要は全く無い」。

「事実・現実部分ダケを吸い上げ、

イメージや論調には操られず、

自らの頭や感覚で判断する{自己防衛}」が

「必需になっている

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等は

未だ、数多い」。

「もちろん、こんな状態の是正は急務」だ』。

|

« 「行っても無駄の三度目」の南北首脳会談が行われたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、常連出演者等が「金正恩賛美」や「ご都合平和論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事