« テレ朝朝番では、常連出演者等が優等生ぶって「{お手盛り}セクハラ論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 金正恩等が「十分な核戦力を得たので、核実験・ミサイル実験等は{停止}する」旨公言したらしいが・・・。 »

財務事務次官セクハラ?問題、「テレ朝上司・幹部等によるパワハラ」等の可能性もあるのに「実態解明を訴えず、セクハラ決め打ち情報配信を続けている」テレビ等の異常性・・・。

『「例えば、テレ朝上司・幹部等が、該当女性社員」に「女を武器にしてでも、財務省事務次官からスクープネタを取って来い!

それが無理なら、

セクハラ等として訴えられる言葉や態度等を取り、弱みを握れ!」等の

「命令・指令等を与えられていた」としても、

「今回の財務省事務次官セクハラ?問題と同じ事態」が

「出来てしまう」。

「その様な場合」なら

「テレ朝女性社員に対する

テレ朝上司・幹部等からのパワハラ」等が

「問題にされて然るべき」だ。

「テレ朝女性社員」が

「テレ朝では無く、新潮にリークした事との整合性も取れる事になる」。

「テレ朝女性社員のリークを受けて新潮が

テレ朝のパワハラでは無く、

財務省事務次官のセクハラとして

大々的に扱った裏」には

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界に根深く巣食っている

実権者人脈の問題があるのかも知れない」。

「つまり、上辺は違っても、

テレ朝も新潮も、その他のテレビ・ラジオ・マスコミ等のほとんど」も

「同じ実権者人脈の下に在り、

その人脈の利権維持~増大等の為の判断が

一番力を持ち易い不健常な状態」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の利権維持~増大等の為」なら

「政治家はもちろん、財務事務次官でも

困窮状態に追い込むべく

ほとんど全てのテレビ・ラジオ・マスコミ等で

セクハラ決め打ち情報配信を行う

実質的、パワハラを公然と行い続ける」

・・・「そんな実態が露呈している様相でもある」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界のほとんど」と

「同じ実権者人脈と強く推定される

反対野党等、女性議員等が

♯Me Tooのプラカードを上げて

テレ朝女性社員がカミングアウトしない、させない旨等

訴えていた」のも

「本当に、変」だ。

「♯Me Too」とは

「セクハラ被害にも押しつぶされずに、

勇気を持ってカミングアウトする手段も含めて、

セクハラ実態を積極的に告発する事で

セクハラ事態を撲滅する事に力を加える

ネット上の有効な器」でもある。

「本来の♯Me Too」には、

「セクハラ実態等の実態解明を抜きに、

セクハライメージだけで、事を処理する、させようとする様な

姑息なモノは無い」。

「♯Me Too プラカード」を

「掲げていた該当女性議員等」が

「自らが受けたセクハラを告発等している」なら

「未だ、話しは分る」が

「該当女性議員がセクハラを受けた実態等は

報道等されていない」。

「該当女性議員等が訴えていた」のは

「セクハラ被害を受けたとされているテレ朝女性社員の

匿名性等の保護」等だった。

「そして、

実態解明が未だ不十分な状態のこの問題を

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や反対野党等が

強く主張している

セクハラ決め打ち!で

終始させようとしている様相等」だった。

「明らかに変な状態」が「露呈」していた』。

『「日本の国政を大いに乱している一因となっているばかりでは無く、

ここまで、多くの日本国民を騒がせてしまっている

財務省事務次官セクハラ?問題」で

「財務省事務次官」は

「仕事にならない状態をつくり出してしまう一因をつくってしまった責任を取って、

潔く、辞任」した。

「その上で、裁判等での実態解明を訴えている」。

「テレ朝女性社員」は

「テレ朝やほとんどのテレビ・ラジオ・マスコミ等に圧殺されている状態の様」で

「当事者であるのに、

大衆に向かった発言権等さえ

満足に持てていない、持つ事が許されていない様相」だ。

「其処から漂って来る」のは

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等」の

「強大な圧力等であり、

其れが、現状では、該当女性社員に対して、

実質的には、強大なるパワハラ等として

襲い掛かっている様相」だ。

「♯Me Tooの流れを大きく阻害している様相」の

「現状のほとんどのテレビ・ラジオ・マスコミ等の

この問題に対する情報配信内容」は

「明らかに変」だ。

「第一に優先すべき」は

「事の実態解明である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「事の実態解明等を疎かに、

セクハラ決め打ち!で

実質的には、反現政権政治運動等を行い続けている者たち等」に

「日本の公共の電波を使わせ続けたり、

日本の公共的マスコミ上で大々的に自論等を公表させ続けたり、

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「公共の電波を使っていたり、

公共的大マスコミとして情報を一方的に大量配信等していたり、

公共的教育上で、未熟であって当然の生徒等に教えられていたり、

するのに、

選挙も無いが故に人脈交代も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等の

重大問題の是正は急務」だ。

「実権者人脈の問題が濃い事」は

「偏重・偏向花盛りの事態扱いぶりや

その論調等」が

「選挙のある国政等ではマイナー勢力となっている反対野党等や

北朝鮮等との

親和性が高く」、

「所謂、保守政権・保守政治家等への拒絶性が高い」

事等からも

「良く判る事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、常連出演者等が優等生ぶって「{お手盛り}セクハラ論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | 金正恩等が「十分な核戦力を得たので、核実験・ミサイル実験等は{停止}する」旨公言したらしいが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事