« サンデーモーニングでは「公僕?」と公共の電波を使っている、政治・社会問題等では公僕的であるべき、テレビ常連出演者等が、自浄に言及しないまま、官僚・政治家ばかりを責めて正義ぶっていたが・・・。 | トップページ | 日米首脳会談が始まり北朝鮮問題等が話し合われたとの事だが・・・。 »

テレ朝朝番では、財務省事務次官問題で、「ネットの匿名性を大批判等している常連出演者等」が「ハニートラップ等を仕掛けた金の手下、工作員等かも知れない、女性記者の{匿名権}維持を訴えていたり」等していたので本当に呆れた・・・。

『「財務省事務次官問題の実体」は「未だ、不明」だ。「仮に、セクハラだったとしても、{三―ツツウ!!}の流れが出て来ている昨今」、

「{三―ツウ!!}の流れを正義ぶって後押し等する論調を喧伝し来ているメディア等」が

「記者?の匿名{権}の維持」を

「喧伝している事」は

「明らかに変」だ。

「明らかに変な者・物・事の裏には、相応の本質が在る場合が多い」』。

『「日頃から、実態解明等を正義ぶって訴えて来ているメディア等」なら

「{セクハラされた!}等と騒いでいる女性記者」も

「その時に女性記者が録音したと主張している音源の全て」も

「公開する」のが

「当然になる」。

「日本の行政文書等では全面公開(日本丸裸化策略)を強く主張」し

「そんな主張をする、メディア自らはスティルス状態を維持」では

「其処に露呈している」のは

「日本国・多くの日本国民にとっての公益性では無く」、

「例えば、

日本の乗っ取り支配工作等を行い続けている

反日国独裁政権等にとっての

利便性等になる」。

「その様なメディアの不健常状態を是正する事」等は

「日本の公益に直結している」』。

『「今回の財務省事務次官セクハラ?問題」も

「現状」では、

「他の多くの大問題化されている実質的、小問題同様、

メディア側が一方的に持ち出して来ている

偏向・偏重、極一部情報ダケ」が

「基」の「大騒ぎ」だ。

「事の実体」は

「セクハラなのか?ハニートラップなのか?羽目を外した飲み会等なのか?」も

「未だ、不明」というのが

「現状」だが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「メディア(新潮)が出した

実質的、偏向・偏重、極一部情報を基」に

「最初から、

財務省事務次官セクハラ決め打ち」や

「それをダシにした

悪イメージ付け誘導等による

反安倍政権感増大的論調」で

「視聴者・読者等の頭の中を埋め尽くす為」の

「情報の一方的大量配信」等を

「行い続けている様相」だ』。

『「其処に在る」のは、

「本質や実体や事実・現実を解明し、大衆周知等する

健常なメディア等では断じて無い」。

「日本の現状の政治や

北朝鮮に厳しい安倍政権等に対し、

悪いイメージを付ける事」等により、

「日本も韓国同様に、従北政権したい様相が強く露呈している

実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作機関」等になる』。

『「その様な実体を露呈している現状の日本のメディア」が

「仕掛けた、ハニートラップや

情報工作等の可能性もかなりある」のが

「今回の財務省事務次官セクハラ?問題」だ。

「先ずは、実態解明が極めて重要である事」は

「言うまでも無い事になる」』。

『「財務省側は、{お役所的に}実態解明に動いている」。

「メディア側はどうか?」

「19日に発売される新潮」で

「取材内実」が、

「セクハラされたと言うなら、該当記者の{三―ツゥ!!}も含めて、

前後関係と共に、

全面公開等される」なら

「実態解明に動いていると言える様になる」』。

『「全容が良く判らない内から、悪イメージ・被害者イメージ等だけで

事の実態を決めつけて

其れを基に、他の判断をする事」は

「非常に危険」だ。

「実質的には、

メディアが日本全国を大騒ぎさせている問題」により、

「多くの日本国民を危険状態に陥れない為」にも

「メディア自らが

意識的、かつ積極的に、

全容解明に動く事」は

「極めて公益性が高い事になる」』。

『「それなのに、未だに、多くのテレビ等」では

「実態解明さえロクに行っていないメディア等が正義ぶり、紳士ぶり、優等生ぶり、

該当事務次官や現政権等に悪イメージを付る事等」により、

「実質的に、視聴者・読者等を騙している」。

「上記の様な情報配信実態」では

「多くの視聴者・読者等が

先ず、メディア側は、正しい等と思い込み易くなり、

先に正しいと思い込まされているメディアの論に忠実になり易くなる」。

「戦後日本の学校教育」等では、

「最初に見た動物を親と思う動物を育成する様な教育内実になっているから」だ』。

『「戦後日本の情報・教育の大問題」は

「根深い」から

「酷い状態から一刻も早く、多くの日本国民を解放する為」にも、

「その是正は急務」だ』。

『「官僚や政権等は実質的に、強い権力を持つ」。

「直接、法等を決められ、政治等も出来るから」だ。

「しかし、政権の裏には民意が在る」し

「基本的に、官僚より、民意により選ばれた国会議員等の方が上」で

「政権も、その国会議員等が選ぶモノ」だ。

「代理制民主主義の実態が其処にある」が

「民主主義であるが故に

民度が問われている事」は、

「決して、忘れてはいけない」。

「メディアには選挙が無いから、基本的に、人脈交代等も無い」。

「戦後日本のメディア界の多くは、実質的に、同じ人脈のまま・・・」だ。

「戦後日本の学校教育界も、同様」だ。

「米軍による占領政策により、所謂、日本の保守系の者たちが徹底排斥された」のが

「戦後日本の情報・教育界の始まり」だ。

「所謂、日本の保守系を排斥する代わりに、其処に入れられた」のが

「所謂、左翼と朝鮮系の者たち」だった。

「所謂、左翼と朝鮮系の者たちは、同じ器の中で仲を深めた」。

「朝鮮半島が南北に分断された頃」から

「朝日新聞等の論調も一気に変わった」。

「それまでは、所謂、保守系だった朝日新聞等が

圧倒的、左翼系になった」。

「つまり、北朝鮮や中国共産党や旧ソ連に親和性が高い系になった訳」だ。

「東西イデオロギー対立が続いていた冷戦終結時まで」は

「所謂、左翼にも、相応の必要性があった」。

「万一、自由・資本主義系が負けた場合の{保険}としての意味合い」だ。

「東西冷戦終結後、要らなくなった{保険}」だ。

「それでも、人脈交代が実質的に、無い、多くの情報・教育界」では

「未だに、所謂、左翼」が

「自らの保身等の為」に

「多くの日本国民に所謂、左翼の思想等を持たせよう・・・」等と

「必死の様相」だ。

「まるで、地動説の方が遥かに合理的である事が判明した後の

天動説派の様に」・・・』。

『「そんな状態の現状の所謂、左翼」は

「進歩的でも革新的でも無い」。

「むしろ、北朝鮮や中国共産党等同様の遅れた実体を露呈している」。

「論理上の整合性で勝ち目が無くなった者たちが往々にして陥る罠」は

「論理でダメなら、力で!」だ。

「北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等武装等と同様」の

「多くのメディアによる

実質的、同一論調、同じ、者・物・事等強い」という

「力技により、

旧態依然とした利権等を保持したがっている」のが

「現状の、もはや、左翼とは言えない、時代遅れの守旧派の者たちの実態」だ。

「時代遅れ同志馬が合うのか?元々からのオトモダチだからか、

北朝鮮や中国共産党等とも親和性が高い」のが

「現状の日本の所謂、左翼の実態」だ』。

『「もちろん、今時の多くの日本国民」は

「そんな守旧派の論や考え・思い等で

自らを

縛ったり、

染め上げたり・・・等する

必要は全く無い」』。

『「北朝鮮金政権の実態・実体」は

「非道な極悪事んを積み重ねて来ている劣悪・極悪政権」だ。

「核を持ったから・・・等の理由で、劣悪・極悪政権を黙認する事」は

「人類に大きな危機をもたらす事に直結している」。

「所謂、左翼の様相の常連出演者等」は

「他国への内政干渉等は絶対ダメ!」等の

「旧態依然とした論を喧伝していた」が

「物質文明製品の急速な進歩・進化等の現実をちゃんと考慮する」なら

「物質文明の急速な進歩・進化等に必要最低限ついてこれていない精神文化状態の

他国等へは、内政干渉して、是正しなければダメ!!」というのが

「現状人間世界の現実」だ。

「何故なら、そうしなければ、劣悪過ぎる精神文化の下で、

急速に進歩・進化し続けている物質文明製品が

悪用されてしまう可能性が非常に大きくなってしまうから」だ。

「この様な当たり前の事さえ???の様相」なのが

「未だに、左翼」の

「実態」だ』。

『「何事においても、

実体や事実・現実の解明」は

「極めて、重要」だ。

「何故なら、実体把握や事実・現実把握」は

「民主主義の基本中の基本である民度も高めるから」だ。

「何処かの誰かの論や考え・思い等をオウムの様に繰り返すダケ」では

「その何処に、本来の自分が在るのか?」

「乳幼児レベルなら、それもアリだろう」が、

「実体や事実・現実を把握して、自らの感等で味わい、

自らの頭で考え出した論や考え・思い等が発現等出来てこそ

成人レベル」になる。

「乳幼児レベル」を

「メディア等が操る政治・社会等」とは

「メディアファシズム状態」で

「民主主義状態では無い」。

「民主主義とは、成人レベルの民意の集大成等によって、実現出来るモノ」だ』。

『「未だに、公共の電波や公共的マスコミ等を使って、

実質的、政治運動等を行っている者たち等」は

「本当にどうかしている」。

「イメージで視聴者・読者等を操り続けたい様相」は

「正に、悪魔に魂を売り渡した者たちの実態」等だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「公僕?」と公共の電波を使っている、政治・社会問題等では公僕的であるべき、テレビ常連出演者等が、自浄に言及しないまま、官僚・政治家ばかりを責めて正義ぶっていたが・・・。 | トップページ | 日米首脳会談が始まり北朝鮮問題等が話し合われたとの事だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事