« 「米・英・仏によるシリア化学兵器関連施設への限定攻撃が行われた」が・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、財務省事務次官問題で、「ネットの匿名性を大批判等している常連出演者等」が「ハニートラップ等を仕掛けた金の手下、工作員等かも知れない、女性記者の{匿名権}維持を訴えていたり」等していたので本当に呆れた・・・。 »

サンデーモーニングでは「公僕?」と公共の電波を使っている、政治・社会問題等では公僕的であるべき、テレビ常連出演者等が、自浄に言及しないまま、官僚・政治家ばかりを責めて正義ぶっていたが・・・。

『「日本を韓国同様の手段で従北政権化したい者たちやそれらの者たちに操られてしまった者たち等」が

「国会前に集まった事」を

「大宣伝している」のは

「反対野党のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」というのが

「実体」と「強く推定出来る」。

「反対野党やそのお仲間テレビ・マスコミ等」では

「北朝鮮のオトモダチが大いに蔓延っている」。

「北朝鮮のオトモダチと同様の思い等で

多くの日本国民の頭の中を染め上げたい者たち等による

配信情報内実」は

「上辺」は「優等生的、正義的、紳士的等である場合が多い」が

「内実」は

「日本国・多くの日本国民に自虐を誘い、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す、

情報工作~大衆誘導等である場合が多い」。

「多くの日本国民」は

「北朝鮮のオトモダチ等に自らを操らせない様に

十二分にご用心!!」

「公共の電波を使っていたり、公共的大規模な情報配信等を行っている」のに

「公僕的役割りは何処へやら、

反日他国極悪国家指導者等を利し続けて来ている

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の大問題」は

「現状で、それらのテレビ・ラジオ・マスコミ等が

公共的立場等を実質的に、悪用」して

「何としても大問題化させようとしている

森友・加計・財務省文書・今治備忘録等々の

国政上の実質的、小問題より

遥かに重大で深刻な問題に他ならない」』。

『「世襲」は

「政治家の専売特許では無い」。

「テレビ・芸能界等の世襲ぶりは、かなりのモノ」だ。

「その上、テレビ常連出演者等を決めている者たち」の

「人脈世襲もかなりのモノ」だから

「選挙も無いが故に人脈交代も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「実質的には、未だに、北朝鮮のオトモダチ、旧社会党系の論調が主流」だ。

「政界には選挙がある」から

「今や、旧社会党系の人脈は少数派になっている」。

「民意反映のある政界」と

「民意反映は何処へやら・・・の戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「どちらに根本的な正当性が在る可能性が大きいのか?」は

「言うまでも無い事」だが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」に

「実質的に、マインドコントロールされている状態の人々の場合」は

「実質的、マインドコントロールの主を正当と信じたがる場合が多い」。

「実質的、カルト宗教状態が其処に在る」。

「実質的、カルト宗教の一つの極致は北朝鮮を見れば明らか」だから

「{信者}は一刻も早く、実質的、カルト宗教から自分を解放し、

本来の自分を取り戻すべき」だ』。

『「はっきり言えば、

森友・加計・財務省文書・今治備忘録等の国政上の実質的、小問題」は

「北朝鮮問題への対応等の国政上の実質的、大問題」を

「ちゃんと日本国・多くの日本国民にとって良い方向に片付けた後」で

「処理等すれば良い」。

「主従逆転をさせたい」のは

「北朝鮮問題への対応等を

日本国・多くの日本国民にとって良い方向に片付けたく無く、

むしろ、北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い方向に片付けさせたい者たち等」と

「強く推定出来る」』。

『「多くの日本国民」は

「森友・加計・財務省文書・今治備忘録等を大問題化して考える前」に

「北朝鮮問題への対応等の本当の大問題を考えるべき」だ。

「その上で、北朝鮮に厳しい安倍政権を今、無理やりにでも降ろそう等と

政治運動等する事の実質等を

理解・把握等するべき」だ。

「ちゃんと公僕的になっているテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「国政上の問題で主従逆転扱いはあり得ない」。

「主従逆転扱いして、実質的には、反対野党やそのオトモダチ、北朝鮮等を

利す世論等を

日本社会の中に

無理やりにでもつくり出そう・・・等としている」のは

「実質的には、

反対野党やそのオトモダチ、北朝鮮等の手下、情報工作機関等になる」』。

『「日本の公共の電波や公共的マスコミ等や学校教育等」が

「情報工作機関的に使われ続けているまま・・・で良い訳は無い」。

「是正は急務」だ』。

『「今治備忘録」は

「誰が?どんな目的で記したのか?」という

「根本の解明が重要」だ。

「記した側は、言った通りに記すとは限らず、

会わないまま、言わない事でも記せる事等も

決して、忘れるべきでは無い」。

「現状で露呈している事」は

「今治が備忘録を利用して、誘致が実現する様に、一生懸命彼方此方回った様相」だ。

「つまり、加計学園獣医学部新設について、今治が、かなり、積極的であった事実」だ。

「加計や今治が、かなり積極的だった事」を

「加計とお友達である安倍総理の政権の問題」に

「拡大化する策動」は

「如何にも、所謂、左翼(内実、親朝鮮)等の政治運動・・・」だが。

「財務省事務次官のセクハラか?女性記者によるハニートラップか?」は

「事の実態がはっきりするまで判らない事」だが

「事の実態がはっきりしない内」から

「セクハラ決め打ちで、視聴者・読者等の頭の中を染め上げようとしている」のが

「実質的、反現政府政治運動等を行い続けている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に厳しいトランプ政権や安倍政権が大嫌い」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等に優しい韓国従北政権等が大好きな様相」だが

「既に、散々の極悪人を積み重ねて来ている北朝鮮の金政権」を

「そんなにまで庇うのは何故か?」

「極悪人がオトモダチなら、自首を薦める。

自首しないなら、逮捕が容易になる様にする。

逮捕も不可能なら、オトモダチでは無い、多くの善良市民等を優先して、

極悪人の駆除・排除等も容認する」。

「それが、健常な人間の当たり前」だ。

「不健常状態に陥っている状態の者たちの実体」は

「極悪人の手下等に他ならない」。

「極悪人の手下等なら、極悪人同様、逮捕等が適切な対応になる」。

「どんなに数が多くても、適切な対応を怠ってはいけない」。

「適切な対応を怠れば怠る程、極悪人人脈の数は増えてしまうから」だ』。

『「核・ミサイル・戦争等の脅し」等で

「工作活動や工作活動犠牲を黙殺させられてはいけない」。

「日本国内では、今も、工作活動がどんどん拡大化され続けている、ばかりか、

工作活動犠牲者も増え続けている」。

「昨今、親の介護関連や、自らの検診関連等で、

いくつもの病院を訪れる機会があった筆者の知る限り、

病院内にも、電磁波工作の仕込みが在り、それが実用されている様相」だ。

「筆者の居るところや、訪れた場所等の少なく無いところ」で

「電線にも電磁波工作の仕込みが行われていて、

現状では、弱く実用されていた」。

「強く使われる」なら

「その地域を実質的に、電子レンジの中に入れる事等」により、

「大量殺傷等が可能になる可能性も大きい」。

「電線に流れている電気容量はかなり大きいから」だ。

「北朝鮮等との繋がりの濃い、

電設業者等が至るところに、

電磁波工作の仕込みを行っている可能性大」だ。

「ソフトでも、ハードでも、工作電磁波発生{装置}は仕込められる様相」だ。

(「音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、

経時変化によりエネルギー密度を増させている様相の、

工作電磁波の実体等は、以前の記事をご参照ください」。)

「電磁波工作対策は、急務」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「米・英・仏によるシリア化学兵器関連施設への限定攻撃が行われた」が・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、財務省事務次官問題で、「ネットの匿名性を大批判等している常連出演者等」が「ハニートラップ等を仕掛けた金の手下、工作員等かも知れない、女性記者の{匿名権}維持を訴えていたり」等していたので本当に呆れた・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事