« 2018年4月 | トップページ

「米朝首脳会談中止」でも、未だに、北朝鮮金政権等を援護している、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等・・・。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下か?否か?」は

「国際的合意を反故にして開発~保持している北朝鮮の核兵器等の廃棄を

当たり前としているか、否か」で

「直に判る」。

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「核等を北朝鮮が保持した事を認めた上での核等放棄」を言い

「その見返りも当然等の旨、主張」する。

「実際」は

「核放棄する合意を国際間でしたのに、

合意を破って勝手に核等の開発を続けて来た結果」が

「北朝鮮が現在保持出来ている核等」だ。

「北朝鮮が核等を保持している事の正当性は全く無い」のだから

「北朝鮮金政権等が国際社会内に戻りたいのなら、

核等放棄合意を守るラインに戻る事でしか無い、

北朝鮮の核放棄は当たり前の事」になる。

「北朝鮮金政権自らも合意した国際的合意を反故にして

身勝手に開発~保持等している北朝鮮の核等」を

「認める者たち等」とは

「国際的合意を認めない者たちに他ならず、

その実体は、北朝鮮金政権等の実質的、手下やお仲間等」になる』。

『「国際的合意を破った事に対する罰や補償等も在って然るべき」で

「北朝鮮金政権等が自らも合意した国際的合意を破った事を真摯に反省している」なら

「核等の完全廃棄は言うまでも無く、

他のミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄する事」等が

「合理的になる」。

「北朝鮮金政権等が其処までちゃんと行う」なら

「散々積み重ねて来ている極悪事という大問題は在っても、

とりあえずのノーベル平和賞等が金正恩等にも与えられても、

相応に合理的になる」。

「金正恩等が大物か?劣悪か?」は

「北朝鮮金政権等が行う事で直に明らかになる」。

「現状までは、明らかに劣悪」だ』。

『「国際的合意を守るラインにも戻らない北朝鮮金政権等との

会談や融和等が成り立つ訳も無い」。

「中国習政権等に助けを求めに行った北朝鮮金政権等」だが

「中国習政権等だって本気で相手にする訳も無い」。

「自らも合意した国際的合意を反故したままの政権等」との

「会談・合意等」など

「虚しいモノに過ぎ無いから」だ。

「面倒だから、とりあえずは、言い分を聞き、

北朝鮮金政権等の希望に応える旨等を

内実としては、至極いい加減に、

応えたダケ」と

「強く推定出来る」。

「逆に、米国トランプ政権等との対話・会談・合意(裏も含む)等」は

「虚しいモノとはならず、実になる」から

「中国習政権等も米国トランプ政権等とは本気で向き合っている」。

「北朝鮮金政権等は、この現実をちゃんと理解・把握するべき」だ』。

『「平昌冬季五輪参加や

南北首脳会談や

米朝首脳会談や

核実験場爆破~廃棄」等々の

「北朝鮮金政権等ご用達の{平和イメージショー}」で

「三度目の{平和イメージ詐欺}が行える程

国際社会は甘く無い」。

「北朝鮮金政権が過去の合意を守るラインにまでちゃんと戻る事」や

「合意反故に対する謝罪・補償等をする事」等が

「強く求められている」。

「それは、至極当たり前の事」だ。

「北朝鮮金正恩政権等に求められているのは{自首}」だ。

「{自首}するなら、北朝鮮金正恩政権等にも未来はある」が

「{自首}しないなら、北朝鮮金正恩政権等の未来は非常に短いモノになる」。

「北朝鮮内からも、

在日の母を持つ若造の政権ではダメ!の兆候が既に出ている」。

「米国との事前協議に{行けなかった}」のも

「北朝鮮内での実現策の合意等が出来なかったから」と

「強く推定出来る」。

「もはや、金正恩独裁は絵に描いた餅レベルに墜ちている様相」だ。

「現実知らずの対米強硬派」は

「米国との戦争を主張」し

「現実知らずの中国頼り派は中国習政権の庇護下での延命を主張」し

「そのどちらも、核等放棄に否定的」と

「強く推定出来る」。

「中国習政権等からは、

中国同様の開放・経済路線に向かっていた叔父の張や兄の金正男を

殺した

金正恩政権等が、

追い詰められたから・・・と

今更、開放・経済路線等を前面に出して来ている

恥知らずぶり等への

ダメ出しが行われ、

金正恩政権以外への政権転換要求等が出ている」と

「強く推定出来る」。

「段階的核放棄を行わせるにしても、

恥知らずの金正恩政権等ではダメ!と言う事」だ。

「米国トランプ政権等は、

将棋で言うなら、

既に、王手・飛車取り状態を手に入れている」。

「北朝鮮金政権等が{自首}しても勝ち」。

「北朝鮮金政権等が{自首}しない」なら

「限定攻撃や戦争でも、米国内は大盛り上がりで、勝ち」。

「北朝鮮金政権等」は

「この現実を真摯に受け止めるべき」だ。

「金正恩等が北朝鮮内から出て{自首}する・・・北朝鮮金正恩政権が生き延びられる道」は

「其処にしか無い」。

「米国に行って{自首}し、北朝鮮内が反発するなら、米軍に攻撃してもらう」のも

「アリ」だろう。

「その様な道を選択しない場合、

米軍による限定攻撃の後、中国共産党軍が進駐し、

金正恩等以外の

中国共産党が納得出来る者等が

北朝鮮政権の座に就く事になる」。

「北朝鮮内は、中国共産党支配下の中国並みとなり、

北朝鮮の核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等は

核等放棄に対する見返りと

国際的合意反故や散々の極悪事等が相殺されながら、

段階的に完全廃棄される事になる」』。

『「金正恩等は、

生き残りたいのなら、

一刻も早く{自首}し

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を

完全放棄するべき」だ。

「北朝鮮金政権等は、

散々の極悪事等を行った段階で既に負けているのだから!」

「実力のある国家指導者等は自国も自国民も物心共豊かにする」。

「実力が無いのに国家指導者等として君臨し続けようとすると

恐怖政治等による無理やり支配が必需になる」。

「更に、無理やり支配を正当化する為に

他国の乗っ取り支配等も必要になる場合もある」。

「もちろん、実力が無いのに支配しようとするのだから、

その為の手段も、スパイ・工作活動等の非道が主になる」。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権の終わりの日が近い事」は

「既に、決まっている」。

「それなのに、未だに、北朝鮮金政権等を援護等し続けようとしている者たち等」が

「日本の公共の電波上や、公共的マスコミ上や、政財界や、学校教育界等々の要所に

居続けている」のは

「本当に深刻な問題」だ。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」になる。

「まぁ、元の北朝鮮金政権等が終わるなら、必然的に終わる事」だが』。

『「米国トランプ大統領の米朝首脳会談中止通知を受けて、

早々に、

北朝鮮金政権等は、

実質的に、米朝首脳会談が行われなくては困る旨

返答して来た」。

「{自首}の前段階なら良い事」だが

「時間稼ぎ等の為なら、哀れ」だ。

「時間稼ぎ等をして、

工作活動や戦争準備等をしても、

事態が変えられる訳も無い」。

「結果は、ずっと前から、北朝鮮金政権等の負けで決まっているのだから!」

「後は、北朝鮮金政権等が負けている事を自覚出来るか?否か?」だが

「今まで、散々、恥じらいも無く、裸の王様状態を露呈し続けて来ている者たち等」が

「自覚するのか?」は

「大いに疑問」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈を含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「日大{組}アメフト元監督・コーチ+司会者の{刑事罰逃れ目的}会見」等が大喧伝されているが・・・。

『「もはや、学校法人やスポーツ部というより、●暴力の組的な、法逃れ目的」等が「前面に出ていた様相」の

「実に醜悪な会見」が

「昨晩行われ、テレビ・マスコミ上等」は

「その話題でいっぱい・・・」にされている』。

『「監督の弁」では

「あくまでルールに則ってが大前提」の旨だったが

「コーチも監督」も

「ルールに則った上で、相手クォーターバックを潰して来い」旨等は

「言っていない」。

「ルールに則った上が大前提である事」を

「日頃から周知徹底している実態が在る」旨等も

「言っていない」。

「現状で露呈している」のは

「該当元アメフト選手が告白した通り」の

「ワンプレー目で、相手のクォ―ターバックに怪我をさせて来い!」等になる。

「その様な実態が露呈している上」で

「元監督・コーチ等」が

「学校・スポーツ界の者として真摯に反省している」なら

「刑事罰に問われる事等など厭わず、

事実・現実をありのままに告白した上で

心の底から謝罪する会見になっていた筈」だ。

「ところが、該当会見」では

「信じてもらえなくても・・・」等々と

「他の人々の理解や感情等は何処へやら、

タダひたすらに、実質的には、刑事罰を逃れる為に必要になる{証言}を

連綿と続けていた」。

「その{厚顔無恥}ぶり」は

「本当に、お見事(もちろん皮肉)!」だ』。

『「其処に在る」のは、

「真摯な反省や人間としてのまごころ等では無い」。

「自らが現状で持てている利権等を如何に減らさずに保持し続けるか等」の

「醜い保身欲等だ」。

・・・「ほとんどの視聴者等がその様な感や思いを抱いた筈」だ』。

『「該当元アメフト選手」が

「悪組織やその下の{悪徳}弁護士等と組んで、

意図的な日大潰し工作や

日大実権者争い上の監督・コーチ等潰し工作等を

行ったのでは無い限り、

今回の大騒動の実体」は

「既に、明らか」だ。

「元監督・コーチ等が

ルールを逸脱した潰し等の酷い手段等まで選手に強いる事により

日大アメフト部に良い成績を取らせ、

その事により、自らの利権等の増大させる」。

「内実としては、私利私欲の為」に、

「支配下に置けている者たちに

実質的、違法行為まで行わせる」。

「その様な、学校やスポーツ部等常道の世界では在り得ない体質等」こそが

「今回の大騒動の元凶」と

「強く推定出来る」』。

『「その問題体質等の是正抜き」には

「同様の新たな事件・事故・問題等は防げない」。

「警視庁は、刑事事件として徹底捜査し、立件するべき」だ。

「スポーツ競技上の傷害{事件}の立件はどうか・・・等と考える必要は無い」。

「学校法人とそのスポーツ部がある意味では組織的に行わせた傷害{事件}なのだから、

社会的影響の大きさや同様事件等の再発防止等の意味からも、

徹底的に追及する事」が

「正道」になる』。

『「司会者の酷さ」も

「話題になっている」が

「司会者={組}のお仲間等と考える」なら

「世間等からどんなに非難されても、{親分}等を守ろうとする」のは

「ある意味、当然になる」。

「酷い司会者」からも

「日大{組}による組織的{犯行}の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「こんな状態の学校法人では」・・・。

「かつては、

その大きさ故に株式会社日大と揶揄される事もあった日大」だが

「今回問題で、日大{組}を感じた人々も数多い筈」だ。

「露呈している{悪}体質の

現状の実権者等も含む是正」は

「急務の筈」で

「{刑事罰逃れの保身会見}」等など

「行っている場合では無い」と思うが』。

『「該当会見等」を

「正義ぶり、優等生ぶり、伝えている

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の場合」も

「その内実は日大同様・・・である場合等がして少なく無い筈」だ。

「何故なら、戦後日本の情報・教育界の{人事}」は

「米軍の占領政策等により同様にされたところから始まり、

その後、政界の様な選挙も無いから」だ。

「実際」に

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の論調や取り上げる話題やその扱い等」は

「ネット普及前は尚更、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)偏向・偏重状態」だ。

「学校教育でもテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報でも、

所謂、左翼(親朝鮮等)ご用達の情報・教育等で

頭の中を染め上げられて来ている」のが

「戦後の多くの日本国民の実態」だが

「ネット普及以降は、

未だ、未だ、不十分だが、いくらかは、是正効果等が出て来ている」。

「多くの日本国民」が

「自分の実体に素直な考え・思い等を自然に、当たり前に、持てる状態に至る」のは

「何時の日か・・・」。

「情報・教育界の実権者人脈面での是正が行われる」なら

「それ程遠く無い日になる筈」だが』。

『「今回の問題」も

「選挙も無いから、実権者人脈の交代も無い情報・教育界故の問題」でもある。

「醜悪な会見を平然と行えている辺り」からも

「実権者人脈問題の深刻さ等が良く判る」。

「公共的情報・教育界等の実権者等人事」には

「ネット等を利用した推薦・投票等の民意」を

「入れたさせたらどうか・・・」

「いくらかは、風通しが良くなる筈」だが』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「やはり、怪しくなって来た米朝首脳会談」と「北朝鮮金政権の平和イメージ詐欺の為の核実験場廃棄ショー」等・・・。

『「{自首}無き北朝鮮金政権」とは「米朝首脳会談を行っても無駄な事」等は「少し考えるなら、世界中の何処の誰でも分る」。

「無駄な事など行う訳の無い、実を取る米国トランプ政権」が

「{自首}」無き北朝鮮金政権と首脳会談を行う訳も無い」。

「以前から、何度も記している通り、

{自首}無き北朝鮮金政権等に対する正当な対応」は

「米軍等による限定攻撃等になる」。

「米軍等による限定攻撃等を行い、

北朝鮮金政権等に強く{自首}を誘う」なら

「その後」には

「{自首}した北朝鮮金政権との実のある米朝首脳会談も可能になる」。

「つまり、{自首}していない北朝鮮金政権等は、

米軍等による限定攻撃等を実質的に、呼んでいる」のが

「実態」だ。

「早々に{自首}した方が、遥かに、自虐度が低くなる」が

「散々の極悪事を積み重ねて来ている劣悪状態の北朝鮮金政権等が選択するのは」・・・』。

『「日本国内でも、

未だに、

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の実質的、手下、工作員・協力者等による

工作活動(非人道的なモノも多い)等が旺盛」だ。

「政治では、

北朝鮮に厳しい安倍政権降ろし{工作}等を旺盛に行い続けている者たち等が

未だ、少なからず居る」。

「大衆周知情報等として、

散々の極悪事を積み重ねて来ている劣悪独裁政権である北朝鮮金政権を

まるで、平和の使者であるかの如く、実質的に、賛美喧伝等し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等も

未だに、ある」。

「それらの者たちが目指している」のは

「完全核等放棄無き北朝鮮金政権が米国トランプ政権と米朝首脳会談を行う事により

完全核等放棄無きまま体制保障を得る事」と

「在日の母を持つ金正恩政権にとって必需である日本支配を容易にする為に

日本を従北政権化する事」等と

「強く推定出来る」。

「先ずは、

何としても

北朝鮮金政権の要望に叶う米朝首脳会談を行わせたがっている」のが

「そのスジの者たち」の「実態」だ』。

『「北朝鮮の核実験場廃棄ショー」は

「北朝鮮金政権の平和イメージ詐欺上の一イベントに過ぎ無い」。

「それは、平昌冬季五輪への参加」や

「朝鮮半島内の非核化宣言」等々と「同じ」で

「北朝鮮金政権自らが、国際的に合意した核放棄を反故にし、

核・ミサイル等の開発・実験等を行い続けて来たが故に、

受けた国際社会からの制裁等」を

「少しでも緩めさせる為の策略に他ならない」。

「北朝鮮の核完全放棄は、過去の国際的合意を守る道の上に北朝鮮が戻る事」で

「北朝鮮が国際社会内に復帰するなら行って当たり前の事」だ。

「それを、未だに、朝鮮半島の非核化」と

「朝鮮半島内から米軍を追い出す道に繋がる言い分」に

「言い換えているところ」からも

「北朝鮮金政権が

{自首}しないばかりか

散々の極悪事を積み重ねて来ている

陰険なナチス・ヒトラー体質のまま

逃げ続ける道を選択している事」等が

「如実に現れている」。

「もちろん、そんな状態の北朝鮮金政権が行う

核実験場廃棄ショー等を

賛美等しても仕方無い」。

「北朝鮮金政権等に{自首}を促すべく

核実験場廃棄ダケか!

実際の核兵器完全廃棄は何時、どうやって行うのか!

他の大量破壊兵器の廃棄は!

ミサイルは!

人権問題はどうするのか!

今までの極悪事に対する謝罪や補償等は!等々と

厳しい論調で、情報配信等する」のが

「世界中のメディア等の正当な役割等になる」』。

『「北朝鮮金政権が会談中止を言った」のは

「条件闘争上の作戦に過ぎ無い」。

「実際に、会談中止となれば、北朝鮮が益々困窮して行く事は明らか」だ。

「米国トランプ政権が北朝鮮金政権の要求を呑まないなら

米国トランプ政権が選挙の為にも行いたがっている米朝首脳会談を行わないゾ!」の

「瀬戸際外交」に

「米国トランプ政権が乗せられてしまう訳も無い」から

「米国トランプ政権側からも譲歩はしない旨改めて伝えられ、

米国トランプ政権側からも米朝首脳会談は行われなくても良い旨公言された」。

「既に、チキンレースで米国トランプ政権に負けているのに、

更なるチキンレースを挑んでいる北朝鮮金政権の

劣悪度、もしくは、自虐度は、かなりのモノになる」。

「劣悪・自虐の先に待っているのは、米軍等による限定攻撃等になるのに」・・・。

「北朝鮮金政権等が{自首}し

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄する」なら

「ノーベル平和賞も大いに可能性がある」が

「{自首}無き北朝鮮金政権等」なら

「待っているのは、逮捕・排除・駆除等になる」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等が行わなくてはいけない事」は

「既に、決まっている」。

「この現実を否定したがる」のは

「裸の王様状態の者たち等になる」』。

『「散々の極悪事を積み重ねて来ている劣悪独裁政権相手」に

「劣悪独裁政権の{自首}無き平和は在り得ない」。

「当たり前の事」だ。

「北朝鮮の核兵器完全放棄は、過去の国際的合意を守るダケの事」だ。

「それさえ素直に行おうとしない」なら

「北朝鮮金政権が三度目の平和イメージ詐欺を行おうとしているダケである事等が明らかだ」。

「中国共産党や

中国共産党と同様の改革・開放路線等を利用して

{延命}しようとしている北朝鮮金正恩政権」だが

「中国共産党の改革・開放路線と深い繋がりがあった

叔父の張や兄の金正男を殺したのが

北朝鮮金正恩政権」だ。

「北朝鮮金正恩政権が行いたがっているのは

現状のままの{延命}であり

先ずは、日韓の支配」に他ならない。

「散々の極悪事を積み重ねて来ているままの劣悪独裁政権を維持させ

日韓の乗っ取り支配工作等を行い続けさせるなら

国際社会が

陰険なナチス・ヒトラーに負けた事になる」。

「もちろん、そんな事態が容認される訳も無い」。

「滅ぶべき劣悪独裁政権は、

{自首}しないなら、

近々、滅ぶ事になる」』。

『「もはや、金正恩等の人脈は実質的に、孤立している」。

「北朝鮮内からも、排除等の動きが出ていて何の不思議も無く、

しかも、その動きは、金正恩等の人脈には伝えらていない状態と

強く推定される」。

「中国共産党人脈からも、

北朝鮮を中国共産党人脈にとって好ましい人脈の支配体制にする戦略等が

行われ始めている筈」だ。

「米国トランプ政権も米朝首脳会談に拘っていない」。

「北朝鮮の内からも、

米国・中国等現在北朝鮮金正恩政権に強く関わっている外からも、

日韓からも、国際社会からも、

ダメ出しされている」のが

「金正恩政権の現状」だ。

「未だに、{自首}しない」のは

「超自虐」になる。

「もはや、北朝鮮内でも、下手に要人等を粛清しようとする」なら

「それが、口火となって、政権交代劇が起こる状態になっている」のが

「在日の母を持つ、

殺してしまった叔父の張や兄の金正男が行おうとしていた経済優先路線に舵を切ろうとしている

北朝鮮金正恩政権の実態」だ。

「殺してしまった叔父の張や兄の金正男と馴染みが深い中国共産党に助けを求めたり」、

「米国に通る訳の無い要求等を突き付けたり」しても、

「本気で相手にされている訳も無い」。

「米中の中では、

金正恩の代わりの者等への政権交代策が

練られ、

既に、実行に移されていても何の不思議も無い」。

「{自首}無き北朝鮮金正恩政権等の余命」は

「非常に短いモノになる」』。

|

「悪い事をやれ!」と言われて悪い事をやってしまった事を大反省して悔いている日大元アメフト選手だが・・・。

『「今時、唖然とする様な、まるで、●暴の様な、体質」が「日大アメフト部には在った様相」が

「露呈」している。

「監督やコーチの言う事は絶対!」で

「法やルールより優先」とは

「無視等して、破るべき極悪習慣等に他ならない」。

「極悪習慣等が、まかり通る世界」とは

「独裁支配国や●暴等と同類の世界」だ。

「極悪習慣等をまかり通らせて来ていた全ての責任者等」は

「学校教育界やスポーツ界から永久追放等されても全然オカシク無い」。

「現状」では、

「日大監督・コーチ等の側は、

該当アメフト選手の謝罪会見や他のマスコミ等報道等から露呈している

上記の様な体質等を否定している様」だが

「実態解明等される時」も

「そう遠く無い筈」だ。

「警察等の捜査により、上記の様な実態が解明された」なら

「より重大な責任の取り方等が要求されて然るべき・・・」となるから

「{自首}が適切になる」が・・・。

「現時点でも、

上記の様な実態では無く、

日大監督・コーチ等の側が主張している実態が出て来るとはとても思えない」のは、

「既に、他の選手等による証言の報道等まで在るから」だ。

「極悪習慣等に自らを染め上げさせ、悪事を行ってしまった該当元アメフト選手」も

「その罪から逃れられる訳も無い」。

「それは、実体」として

「傷害を負わせて来い!」と

「言われて、或いは、指示・命令等されたから、

実際に、相手に傷害を負わせてしまった重大悪事だから」だ。

「傷害を負わせて来い!」は

「殺人をして来い!」よりは

「マシだから良いなんて事は、在り得ない」。

「この事例から人々が学ぶべき」は

「何処の誰でも悪の支配下に陥ってしまってはいけない」という

「世界中の何処の誰もが

何時でも

決して忘れたり失ったりしてはいけない

重大事」だ。

「該当元アメフト選手」にも

「酷い事を要求する者の支配下から抜け出す選択肢があった」。

「しかし、該当元選手は、

それよりも、

自らが試合で起用されたい欲望を優先してしまった」。

「悪は、支配下に置く者の欲望を悪用して、支配下の者に悪事等を行わせる」。

「一端、悪事を行ってしまった者」は、

「その時点で、悪のお仲間となり、

悪の親分による支配がどんどん容易になって行く」。

「日本の中で、

極悪非道な大悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権等の実質的、支配下に置かれ、

工作活動(非人道的なモノも多い)等を行い続けている者たち等」にも

「在る構造実態」が

「其処に在る」』。

『「幸いな事」に

「該当元アメフト選手」は

「悪事を悔い、悪の支配下から抜け出し、

詫び、

罪の償いの一つとして、

実態をありのままに告白する道を選んだ」。

「つまり、{自首}」した。

「同様の道を選択するべき工作員・協力者等」は

「今頃、このニュースを見て、どう感じ、どう思っているのだろうか!」

「一刻も早く、

真人間(=自己承認欲求の本来欲求を満たせる本質的に悪い事をしていない状態)に

戻る道を選択して頂きたいモノだが」・・・』。

『「因みに、{自首」無き北朝鮮金政権等には、長い未来は無い」。

「核実験場廃棄{平和ショー}等で

似非平和イメージ等を増大させる事等により

国際社会を欺こうとしても

さすがに、三度目では

何処の国の何処の人々も騙されない」。

「軍と経済の併進路線」で

「核・ミサイル・他国内での工作活動等に邁進して来た

北朝鮮金政権が得たモノ」は

「国際社会からの絶大なる圧力」だった。

「其処で、慌てて、経済優先の解放路線に舵を切ろうとしている」が

「それは、金正恩等が殺した叔父の張や兄の金正男が行おうとしていた事に他ならない」。

「つまり、何の為の粛清だったのか?が問われて当然の状態」が「露呈している」。

「それが、在日朝鮮人の母を持つ血統が支配権を握る為の粛清だった」なら

「それを是とする北朝鮮の要人がどれだけいるだろうか???」

「粛清してしまった叔父の張や兄の金正男が行おうとしていた路線を選択した事」で、

「金正恩政権の正当性自体が大きく揺らいでいる」のが

「現状」だ。

「外からは、完全核放棄を求められ、

内からは、正当性が問われる状態」と

「成った金正恩政権」が

「選択出来る道は、非常に細い」。

「ベストは{自首}」だ。

「{自首}しない」なら

「外から逮捕されるか、北朝鮮内から粛清・暗殺等されるか、

米軍等の限定攻撃等や

中国共産党軍等により

排除・駆除等されるか、

・・・何れにしても、生き目は無しに等しい」。

「そんな状態なのに、

未だに、

米国に要求等を突きつけている」のだから、

「本当に哀れ」だ。

「日本の中で、北朝鮮金政権等の為に、

北朝鮮に厳しい安倍政権降ろし政治運動等を

必死で行い続けている者たち等」も

「哀れ」だ。

「愛媛県の中村知事が、

日本新党~新進党・・・つまり、野党非自民系を渡り歩いて来ている政治家である事」等は

「もはや、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の視聴者・読者等でも、

十分に知っている事」だろう。

「反対野党人脈の者たち等が

安倍降ろしの為に

一獣医学部新設問題という

国政上では実質的、小問題」で

「異常な程の大騒ぎをし続けている様」は

「実に、劣悪で醜悪」だ。

「その裏から、オトモダチ北朝鮮金政権等の臭いまで漂って来る様」では

「もはや、ご愁傷さま・・・の域」になる。

「差別の無い戦後日本の公務員界等には、

日本国籍を持つ内実、北朝鮮金政権等の手下、工作員等も、少なからず居る」。

「スパイ・工作活動等対策が圧倒的に不十分な戦後日本社会」では

「政財界・公務員界・医療界・情報/教育界等々、日本社会の要所に入り込んでいる

内実、北朝鮮金政権等の手下、工作員等が

摘発等される事が

実質的に、無い」。

「工作員等は、

日本の現行法・現行の摘発体制等では摘発困難な手段を使い、

例えば、北朝鮮金政権等を有利にする工作を

集団で行い続けて来ている」。

「日本社会の要所を悪用するダケでは無く、

日本社会の中で一般日本国民までもをターゲットにし続けて集団工作活動等を

行い続けて来ている」。

「森友・加計等の実質的、小問題」は

「北朝鮮金政権等問題」や

「戦後日本のスパイ・工作活動等対策圧倒的不十分問題」等々の

「重大問題」が

「片付いた後」に

「やれば良い」。

「主従逆転で、北朝鮮金政権等を利す愚業等」は

「多くの日本国民が望むところである訳も無い」』。

『「潔く{自首}した該当元アメフト選手の様に

潔く{自首}すべき人々」が

「日本国内には、未だ、未だ、多数居る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「北朝鮮金政権等に厳しい安倍政権やトランプ政権に悪イメージを付け、北朝鮮金政権等に都合の良い中国共産党政権やイラン等に親和性を持たせる」等の情報配信を行っていた様相だったが・・・。

『「加計ありき、ならぬ、安倍降ろしありき」の「情報配信」を「公共の電波を使って行い続けている様相」は

「本当に、醜悪」だ。

「重要なのは、事の重大性に適切に対応した情報配信に他ならないのに!」

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等の重大問題」と

「森友・加計等の国政上の実質的、小問題」を

「同じレベルで、或いは、森友・加計等の方を遥かに大きく

扱う事」の

「実体」は

「情報工作等になる」。

「常連出演者等」は

「多くの視聴者等」に

「北朝鮮金政権等にとって都合の良い

中国共産党やイラン等に親近感を持たせる等の目的」で

「米国トランプ政権を宗教政権等と批判・非難等した」のかも知れないが

「独裁政権等と、

何故か、或いは、情報工作上での当然の事として、イランの事は別にして宗教政権と貶めた

米国の政権のどちらがマシなのか?」等は

「多くの視聴者等が

常連出演者等の言い分を鵜呑みにして自らの頭の中を染め上げさせず、

事実・現実を少し考える」なら、

「直に、判る事」だ。

「それでも、未だに、

実質的には、北朝鮮金政権等の為の情報配信を行い続けなければならない裏等」が

「巣食っている」のだろう。

「劣悪で醜悪な実態を生み出している病根等を無くすまで、

劣悪で醜悪な情報配信が続けられてしまう・・・」等と

「強く推定出来る」。

「公共の電波使用なのだから、健常な公益の為にも、病根等の排除は急務」だ』。

『「亡くなった岸井氏を{利用}した情報配信も酷かった」。

「岸井氏が公害問題等を積極告発等して時の権力等に抗っていた時代」は

「所謂、反対勢力も、正当性が在る内実を保持出来ていた」が

「現状の多くの

実体や事実・現実に基づいた原寸大扱いを大きく逸脱している

反対の為の反対論等」を

「例えば、北朝鮮金政権等の為の政治運動等に使っている反対勢力等」には

「正当性がある訳も無い」。

「反権力等に拘る事で、

常道・正道を逸脱してしまったばかりか、

北朝鮮金政権等にとって都合の良い道具化してしまった

情報・教育界人等」は

「戦後日本社会の中に少なからず居続けて来ていた」が

「未だに、その重大な誤りから、解脱出来ていない」のは

「余程のおバカか、確信犯の悪等」になる。

「もちろん、余程のおバカや、確信犯の悪等を

公共の電波上や公共的マスコミ上や

学校教育上等々で重用し続ける必要は全く無い」』。

『「日本人は先の戦争を反省して食い続けろ!

そして、他人の言う事を聞け!」等の旨とは

「北朝鮮金政権等の要望・要求等でもある」。

「日本が先の大戦を反省するのは当然」だが

「もちろん、それも、実体や事実・現実等をちゃんと検証した上での

実効も、内実もある反省等で無ければ意味が無い」。

「日本は、反省し、二度と同じ過ちを起こさない対策等を行い続ける必要はある」が

「悔い続ける必要は全く無い」。

「悔いよ!」とは、

「戦争責任がある訳も無い

戦後産まれの日本国民等にまで

ネガティブで自虐的な感情や思い等を抱かせる

{悪魔}の言葉」だ。

「{悪魔}が利したいところ、例えば、北朝鮮金政権等の為」なら

「非常に合理的な言葉になる」。

「他人の話しを聞け!」も

「{悪魔}の問題解決法等」に他ならない。

「正当な問題解決法等」なら

「実体や事実・現実を探究し、

合理的な問題処理を行う事」で

「実際に問題も解決出来る様になる」等になる。

「他人の話しを聞く事が

実体や事実・現実の探究より前に来てしまう」と

「声大きく、話した者勝ち!の問題処理になってしまい易くなる」。

「それは、例えば、

北朝鮮金政権等の駄々っ子・瀬戸際外交等にとっては非常に都合が良い

問題解決法等になる」。

「そんな酷い論」等で

「多くの視聴者等の頭の中を染め上げよう・・・等としていた様相」の

「常連出演者等」を

「日本の公共の電波上等で重用し続ける必要は全く無い」』。

『「始めは{正当保守}だったかも知れない岸井氏」だが

「反権力等へのこだわり」と

「原寸大の逸脱」等により

「昨今の実態」は

「明らかに、反対野党や北朝鮮金政権等にとって都合の良い、所謂、左翼」だった。

「何れにしても、その様な実態を露呈していたお方の時代」は

「もう、終わり」だ。

「未だに、残っている{残党}のほとんどが、

日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々から消え去る時」も

「それ程、遠く無い」。

「現実人間世界」は

「その中で暮らしている全ての人間に

実体や事実・現実とのより高い整合性を求め続けて来ているから」だ。

「物質文明面ダケでは無く、

精神文化面でも、個々の精神構造面でも、

実体や事実・現実とのより高い整合性が求め続けられている」』。

『「未だ、宗教精神文化が旺盛な中東地域等の重大問題」は

「聖書預言のとおりの、

終わりの日の必要性を高く訴えている」。

「現状を終わらせなければ、次が始められない状態下に在る」のが

「宗教等の強い支配下に在る人間の実体だから」だ。

「米国トランプ政権」は、

「その辺りに強く関わっている人類にとって必需となってしまっている事」を

「具現化させる為」に

「一助を行っている」。

「この事の是非」は

「宗教に深く係わっている人々が、

終わりの日無しに、

新世代人類世界を始められるのか?」等を

「現実的に真剣に考える」なら

「解る事」だ。

「宗教の世界の実体は、天動説の世界でもある」。

「宗教による支配が比較的弱いアジア地域」では

「宗教の代わりに、独裁支配の問題が大きく露呈して来ている」。

「独裁支配とは、他の者・物・事等の徹底支配を必需とする体制に他ならない」が

「それも、天動説の世界で、実体や事実・現実との整合性が極めて悪い」。

「実際の全宇宙を含む自然界から人類が求められている事」は

「実体や事実・現実との整合性をより高め続けて行く

地動説の世界」だ。

「物質文明側だけでは無く、

精神文化側でも

天動説の世界から地動説の世界への

一大進化が

今の全人類に求められている」。

「世界中で起きている酷い現象」は

「現状の多くの人類がこの根本的な本質問題への取り組みが不十分であるが故の軋轢」に他ならない。

「公共的情報・教育等を十分に健常進歩・正常進化させる」なら

「かなり減らせる軋轢なのだが」』。

『「進歩・進化の方向性」は

「明らかに決まっている」。

「独裁も宗教も新世代人間世界には無い」。

「つまり、既に、終わりが見えている事に他ならない」。

「それでも、それらに拘り続ける事」は

「近未来において消え去る道を選択している事」だ。

「存続無きモノに縋る哀れが其処に在る」』。

『「未だに、悪足掻きしている北朝鮮金政権等」だが

「行うべきは、駄々や瀬戸際外交等では無い、{自首}だ」。

「米国トランプ政権が北朝鮮金政権の駄々や瀬戸際外交等により

方針を捻じ曲げるなら

北朝鮮金政権は米国に勝利した!と大喧伝するばかりか、

旧来からの詐欺路線を行い続けようとし続ける事になる」。

「もちろん、その先に、北朝鮮金政権等問題の解決は無い」。

「陰険なナチス・ヒトラーが存続し続けてしまう」。

「そして、それは、人類滅亡への特急券でもある」。

「米国トランプ政権は、どんなに米朝会談を行いたくても、

北朝鮮金政権等に核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄させる方針を

曲げてはいけない」。

「北朝鮮金政権等が駄々や瀬戸際外交等を行い続けようとするなら

米朝首脳会談の前に、限定攻撃を行うべき」だ。

「限定攻撃後の米朝首脳会談なら、話しも早く、簡単になる」。

「中間選挙前の北朝鮮金政権等問題完全解決の目途」も

「十分に可能になる」。

「北朝鮮金政権等の言い分で方針を捻じ曲げた場合」は

「北朝鮮金政権等問題は解決し辛くなる」から

「例え、米朝首脳会談を行っても、中間選挙時には

似非問題解決よるボロが続々と噴出する事になる」。

「北朝鮮金政権等問題の似非解決を図った米国トランプ政権と共和党は

大いに非難され、ボロ負けする可能性が非常に高くなる」。

「実を選択する米国トランプ政権が選択する道」は

「明らか」だ。

「北朝鮮金政権等は、直にでも{自首}するべき」だ』。

『「未だに、北朝鮮金政権等の手下等の様相を露呈し続けている

テレビ・ラジオ・マスコミ等も本当にどうかしている」。

「戦前の日本で重要だった反戦!」と

「同じ」く

「今の日本に重要な反工作活動!」を

「言わず」、

「今更、反戦!」で

「実質、反工作活動!隠し・・・」では

「本当に、呆れるばかり・・・」だ。

「日本社会を酷い方向に誘導して来ている」のは

「戦前も戦後も日本のメディア等」では

「本当に情けない」。

「幸いな事に、昨今では、ネットが普及している分だけ

情報統制状態も崩れている」が・・・』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「既に、多くの方々が推定済みの新潟女子小学生殺害~遺体遺棄事件の実態」と「再犯防止策」及び「米朝首脳会談の開催より北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等の完全放棄が重要である事の当たり前」・・・。

『「新潟女子小学生殺害~死体遺棄事件の実態」は「以下の通り」と「推定」される。

「元々、歪んだ性欲動等に基づいたロリータ志向を持つ状態になってしまっていた容疑者」は

「以前に、女子中学生等との問題が摘発され書類送検された事」で

「新たな行動等の発現を押さえこまされる状態に追い込まれていた」。

「歪んだ性欲動等自体の是正無きまま、時が重ねられる」と

「その欲動を基にした行動等を発現させる無意識レベルの欲動」も

「増大化されて行く」。

「通常の日程」では

「仕事が入っている」から

「その分、不健常な行動等の発現も抑制され易くなる」が

「ゴールデンウィークで7連休ともなる」と

「仕事による押さえも無い状態が続いた事になる」。

「連休明け」には

「容疑者の

不健常欲動も

その欲動に基づいた行動等を発現させる欲動(無意識レベルも含む)も

かなり増大化されていた事」が

「強く推定出来る」。

「仕事に行くつもりで、車を出した容疑者が認知した」のが

「女子小学生たちの登校」だった。

「容疑者の思いと無意識の中」で

「優先するべき」は

「仕事では無く、不健常欲動の追及である旨の結論」等が

「容易に引き出されてしまった事」等は

「想像に難く無い」。

「仕事に向かわない選択をした時点」で

「その方向に向かうしかない・・・等の意識的思い等もかなり増大していた筈」だ。

「容疑者の頭の中」で

「女子小学生を拉致して悪さ等をする策略」が

「練られ始め、

その実行には

下校時に

人目が付かないところで

一人になる

女子小学生を狙う事が

合理的になる旨」等の「悪の作戦等」が

「容易につくり出されてしまった事」も

「想像に難く無い」。

「当日の雨」も

「容疑者が職場に向かう気を削ぐ」と「共」に

「容疑者の悪の作戦の実行の助け等として捉えていた」と

「強く推定出来る」。

「出社せず、

歪んだ性欲動等や悪の策略等を膨らませながら、

辺りを走り回っていた容疑者」は

「下校時に一人になる女子小学生が居る人目に付き辛い場所」に

「至ってしまった」。

「女子小学生に優しく声をかけ、巧みに車に乗せる事に成功したであろう容疑者」は

「悪さ実行場所として海岸を選んだ」のだろう。

「容疑者が悪さを実行し始めれば、当然、女子小学生は暴れ拒否等する」。

「其処で、首を絞めて大人しくさせる手段」を

「選択した」のだろう。

「殺意は今のところ不明」だが

「過去の生き証人故に、摘発~書類送検された実績」は

「口塞ぎとしての殺害を想起~実行させる十分な動機等になり得る」。

「殺害後、女子小学生のご遺体を乗せたまま、走り回り、

その後、

容疑者によって考え出された証拠隠滅策である線路上への遺棄が実行された」と

「推定出来る」。

「線路を跨ぐ様にご遺体を置いた」のは

「殺害方法を隠滅させる為では無く、悪さを隠滅させる為故」と

「推定出来る」。

「犯行実行後」は

「事故で済む事等を想定していたに違いない」と

「推定出来る容疑者」が

「事件である事が露呈した段階」で

「大いに焦った事等」も「想像に難く無い」。

「事件である事が報道された後」は

「捕まる事も想定の上、減刑策等を考えていた」と

「強く推定出来る」。

「当然、そんな状態では、出社出来る訳も無い」。

「逮捕前には、

車で出歩き、

反省~自暴自棄~自殺も覚悟の様相実態がつくり出せる状態」を

「構築していた様相」だが

「自殺が本気か?否か?、減刑目的のポーズか?」等も

「未だ、不透明な状態」だ。

「逮捕された容疑者が

殺害~死体遺棄を認める

{落ち}の状態を示している」のも

「心から悔いて全面白状しているのか?減刑目的なのか?」等も

「未だ、不透明な状態」だ。

「容疑者の表情等から短絡的に推定する」なら

「減刑目的」を「強く感じる方々」が「多い筈」だが・・・。

「上記の様な事件実態の推定」は

「昨今のテレビ・マスコミ等による報道情報等」から

「多くの方々が、容易に行っている事」と思う。

「しかし、重要な事」は

「同様の新たな事件・事故等」を

「どうやって防止するのか?」等だ』。

『「今回の事件でも良く判る事」は

「この手の事件の再犯防止の重要性」だ。

「通学時等に生徒等を守る手段を強化させる事」や

「防犯カメラ等の増設による犯罪抑止効果の向上」等も

「もちろん、有効になる」が

「根本的な問題」として、

「どうやって歪んだ性欲動等を生じさせない様にするのか?」や

「既に、歪んだ性欲動等を持ってしまっている者にどうやって是正させるのか?」が

「極めて重要になる」』。

『「産まれながらに歪んだ性欲動を保持している人間は居ない」。

「つまり、歪んだ性欲動等」も

「その人が暮らしている人間社会の精神文化」や

「その人が選択した者・物・事等も含めた、その人を取り巻いている情報・教育等」と

「その人の精神構造等」から

「つくり出されているモノに他ならない」。

「現状の日本社会の精神文化はどうか?」

「未だに、拝金主義や有名人等依存等々が大手を振って蔓延れている

極めて、

他の者・物・事への依存や、

他の者・物・事の支配/他の者・物・事による被支配等の

精神文化色が濃い

実質的、不健常状態」だ。

「情報・教育等はどうか?」

「現状の日本社会等の要求に応える人々を創り出そうとする教育」や

「現状の日本社会等の要求に応えている人々を大いに賛美する情報」等々が

「主流になっている」。

「その何処にも、その人本来の人生の構築等は無い」。

「例えて言うなら、

戦時中には

敵という同じ人類をより多く効率的に殺傷する者が{優秀}な者として求められ、

その様な{優秀}な者をになる事や

{優秀}な者を目指す事」が

「大推奨され、賛美等されていた」のと

「精神構造的には、何ら、変わりの無い実体が其処に在る」。

「武力による比べっこ支配権/被支配権争いに代わる

経済による比べっこ支配権/被支配権争いの人間社会」の「実体」は

「未だ、未だ、未熟で自虐的な精神文化の人間社会」に他ならない。

「武力戦士の代わりに経済戦士が求められ、

経済戦士として大活躍した者が重宝がられている

・・・それが、日本を含む現状の多くの国々の人間社会の実態」だ。

「その裏」には、

「産まれながらの大金持ち等までもが、重宝がられるインチキ」までもが

「付けられている」。

「人類としての根本的平等も無ければ、

人間社会としての公平性等も

金権の前では弱弱しい・・・」のが

「現状の多くの国々の実態」だ。

「武力が金力に進歩した分ダケはマシ」だが

「比べっこは比べっこに過ぎ無い」から

「数多くの問題も露呈し続けている」。

「元々が比べっこによる支配権/被支配権争い等への参加を

強く要求されている現状の日本社会の中」で

「該当容疑者も、その精神構造を否応無しに擦り込まれていた筈」だ。

「其処に、正欲動が加わる」と

「ある程度の確率」で

「不健常な異性支配等を求める者が生まれてしまう事になる」。

「他者支配のし易さを比べる」なら

「大人より子どもの方が支配し易いと考える人々が多い筈」だ。

「通常では子どもでは性欲動等は生じない筈」だが、

「支配/被支配関係に対するコンプレックス等が強い者たち等」は、

「自分が支配出来る者の中に性欲動を被せたがる傾向が強い」。

「本能に基づく性欲動は異性のフェロモン等により誘発され易い」が

「他者支配が先に立つ性欲動被せ」は

「その者が抱いている異性イメージ(多くの場合、ルックスや性器等外形的なモノ)等に

応えているモノさえ在れば、

優先するのは、支配のし易さ等に成り易い」。

「本来の性欲動」なら

「自己、或いは、自種保存の為の本来欲求」で

「対象となるのは、本質的に相性の良い異性になる」。

「つまり、自分と相性の良い異性との接触を目指す」のが

「本来欲求の充足に繋がる正道」になる。

「其処には、本質の探究は在るが、上辺の比べっこは無い」。

「しかし、現状の日本社会等では、

ゲイノウ界商売等の為か、

ルックス比べっこ等が大流行りさせられている」。

「その前に、金権比べっこ状態でもある」。

「その手の情報にマインドコントロール等される」と

「本質的に相性の良い異性より、

金権比べっこ上の優位者や、

ルックス比べっこ上の優位者等を

求めてしまう状態に陥る者たち」が

「多数出てしまう事になる」。

「其処に、支配/被支配関係の重用が先んじる」と

「該当容疑者の様な歪んだ性欲動等」も

「容易に生まれてしまう事になる」。

「上記の様な実体からも明らかな様に、

精神構造問題は、

現状人間世界で暮らしているほとんど全ての人々に在る重大な問題」だ。

「該当容疑者等ダケを不良品扱い等して正義ぶったところで、

他の人々の精神構造の問題が解決される訳も無い」。

「逆に、大きな流れとして、

人類の精神構造の健常化や

人間社会の精神文化の健常化等の流れを生み出す」なら

「該当容疑者の様な精神構造がつくり出されてしまう確率を

かなり減らす事が可能になる」。

「比べっこから、本質・快適等探究へ」の

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の大きな流れ」を

「つくり出す事」は

「今の人類の大きな責務」だ。

「世界平和を当たり前にし、

戦争・テロ等はもちろん、多くの事件・事故等も激減させる事に直結している

人類の精神構造と人間世界の精神文化の健常進歩・正常進化の大きな流れ」を

「つくり出す事」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や映画・音楽等や学校教育等々、

多くの情報・教育界の仕事を健常化させる事により

容易につくり出せる事」だ』。

『「現状の精神構造・精神文化をそのままに、

上辺ダケでモグラたたき的に事件・事故等に対処し続けるダケでは、

人間世界は、早々に限界を迎えてしまう」。

「何故なら、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ、積極的に実用し続けて来ている

人類の物質文明側の進歩・進化は

非常に急激だから」だ。

「今回の容疑者が使った車も、もちろん、物質文明側の製品」だ。

「車が無かったなら、困難な犯行でも、車が在るなら、容易になってしまう」。

「車をどう使うのか?」は

「精神構造・精神文化に基づく、個々の判断等の問題」だ。

「同じ事」が

「大呂破壊兵器等の武器も含む全ての物質文明製品に対して言える」のだから

「人類の精神構造・精神文化の問題」は

「今生きている全ての人類が本気で見つめ、是正するべき重大問題」になる』。

『「何事でも実効が無ければ仕方無い」。

「今回の事件を受けて、

同様の新たな事件・事故等をちゃんと防止し続ける事も重要」だし

「北朝鮮金政権問題の実効のある処理」も

「極めて重要」だ。

「北朝鮮金政権が核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄する事」でのみ

「北朝鮮金政権問題の実効のある解決が可能になる」。

「米朝首脳会談が行われる事が重要なのでは断じて無い」。

「北朝鮮金政権の問題が解決する事が極めて重要」だ。

「その為の手段」が、

「米朝首脳会談になるのか?」

「米軍等による限定攻撃~になるのか?」を

「決める」のは

「北朝鮮金政権等の問題解決意志の本気度による事になる」。

「{自首}無き北朝鮮金政権なら、限定攻撃等~が問題の実効のある解決になる」のは

「ある意味、極めて当然の現象になる」』。

|

テレ朝等では、相変わらず「北朝鮮金政権ご用達論」等を主にしている様相だが・・・。

『「日本の公共の電波を使っているのに、北朝鮮金政権ご用達論等が主扱い等」とは

「本当に、異常」だ。

「昨晩の報ステ」でも

「北朝鮮金政権等が散々行い続けて来ている

極悪非道な大悪事等や

日本国内の工作活動等や

国際的合意を一方的に反故にして勝手に行い続けて来ている核兵器等」の

「重大問題」は「無い事」に

「北朝鮮に対してリビア方式の核放棄を求めている米国側」が

「北朝鮮に対して無理難題を押し付けている旨」等の

「論調だった」のだから

「本当に酷い」。

「言うまでも無く、

北朝鮮が国際的合意を一方的に反故にして

核開発~実戦配備等を行った事の是正法」は

「リビア方式等であって然るべき事」だ。

「それ」を

「段階的核放棄+その度の見返り等の方式ににする事」は

「北朝鮮金政権に対して、不当利益を与える事」に「等しい」。

「北朝鮮金政権等」が

「既に散々行い続けて来ている

極悪非道な大悪事の数々や

日本国内の工作活動等や

国際的合意を一方的に反故にして勝手に行い続けて来ている核兵器等の実態」等を

「十分に情報配信した後」なら

「多くの視聴者等が全く同意出来ない可能性が非常に高い論」等を

「実質的に、重要な情報配信等を抜きにする事」で

「多くの視聴者等に安易な同意感情・思い等を抱かせようとしている実態」は

「本当に、酷い」』。

『「選挙も無いから人脈交代等も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界故」の

「重大問題」が

「其処に露呈している」』。

『「本日のテレ朝朝番でも、

常連出演者等」が、

「未だに、

米国側に南北融和を好ましく思っていない要人等が居るのが問題等の旨、

喧伝等していた」。

「もちろん、言うまでも無く、

朝鮮半島等問題の本質」は、

「北朝鮮金政権等が

極悪非道な大悪事等々を行い続けて来ている劣悪独裁政権である事」だ。

「歪んだ似非平和・融和思想等を基」に

「北朝鮮金政権等の重大問題を無い事にして

問題解決等を図ろうとする事の実体」は

「北朝鮮金政権等を不当に利す事」で

「その様な事を行い続けている者たちの実態」は

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等になる」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界が抱えている人脈構造問題故」に

「現状で、テレビ・ラジオ・マスコミ上等で優位な立場に居られている様相」の

「北朝鮮金政権の実質的、手下等の様相さえ露呈し続けている者たち等」は

「自己正当化や自らの利権維持等の為」にも

「非常に熱心な様相」だ。

「ネット普及前」は

「実質的、情報統制状態の下」で

「安穏とご都合論等を喧伝出来、

自己正当化や利権維持等も容易だった」が

「ネット普及以降」は

「情報統制状態が崩れたので、そうも行かない」。

「其処」で、

「実質的に、ネットに悪い、怖い等のイメージ等を付ける論」等や、

「ネット上での論等を

無害化・虚勢化等する為の

実質的、粛清論等」を

「公共の電波上で喧伝している様相」だ』。

『「日本」の

「公共の電波」や

「公共的マスコミ」等が

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等にとって

都合の良い使われ方をされ続けていて

良い訳は無い」。

「北朝鮮金政権等が行い続けて来ている

拉致を含む日本国内での工作活動等や

国際的合意を一方的に反故にして行い続けて来ている核等の開発~実戦配備等や

ミサイル・大量破壊兵器」等々の

「重大問題」が

「在る以上」、

「日本国内の北朝鮮関連に対する対応」が

「厳しく、慎重になる」のは

「極めて当たり前の事」だ。

「もちろん、弁護士等の立場の人々が、日本側・北朝鮮側のどちらに付くのか?」は

「その人次第で、自由になる」。

「弁護士等個人レベルの自由を阻害してはいけない」。

「個人レベルの正当な権利を阻害等させて墓穴を掘らせる工作」等には、

「くれぐれもご用心!」

「問題にすべきは、公共レベル」だ。

「例えば、

公共レベルの大テレビ・大ラジオ・大マスコミ等」が

「一方的情報の大量配信等により

極悪非道なままの、

日本の支配も必需な在日の母を持つ独裁政権のままの、

北朝鮮金政権等を不当に利す論」等で

「視聴者・読者等の頭の中を染め上げようとする事」等は、

「早急な是正が求められて然るべき事になる」。

「例えば、

日本の中の北朝鮮関連問題の正道」は

「日本国内の北朝鮮金政権等の下の工作員・協力者等を徹底摘発等する事等」により

「日本国内に居る

問題のある北朝鮮系の人々と

工作活動等無縁の問題の無い北朝鮮系の人々を

明確に区別して、

それぞれに対して、適切な対応を取る事」だ。

「ところが、この正道」を

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の様相を露呈しているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「言わない」。

「正道を言わないまま、差別問題等を強調して言う」なら

「工作員等までもが利を受けてしまう状態を是としてしまう結論等」が

「想起され易くなる」。

「そんな事を行い続けて来ている」のが

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下の様相の

テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「もちろん、それは、直ちに是正すべき、是正させるべき、非常に酷い事に他ならない」』。

『「日本国・多くの日本国民の立場」なら

「言われていて当たり前の正論」等を

「黙殺したまま、

実質的に、北朝鮮金政権等を利す論等」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上等で大喧伝し続けて来ている

・・・それが、戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「もちろん、それは、早急な是正が必需な実態」だ』。

『「日本国・多くの日本国民にとっての正論を主にする」。

「北朝鮮金政権等ご用達論等は

北朝鮮金政権等ご用達論等である旨等ちゃんと情報配信してから参考論的に付け足す」。

「多くの視聴者・読者等に

自虐的等になってしまう誤った考え・思い等を

抱かせない為に行うべき

当たり前の事が

其処に在る」』。

『「この当たり前の事さえ十分に出来ていない」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「不十分な仕事しか出来ていない者たち等に

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「実権者たちが是正しない」なら

「実権者たちが確信犯の悪である事等になる」。

「それがまかり通り続けて来ている実態から」は、

「人脈の問題等が浮上して来る」。

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の人脈」が

「実質的に、同じ人脈である実態等」だ。

「何故そうなのか?」

「米軍等による占領政策の負の影」が

「大きく浮上して来る」。

「情報・教育界から、

日本の保守系を徹底排除して

左翼系や朝鮮系の者たち等を

大きく重用した占領政策」だ。

「政界では選挙がある」から

「時代に伴って、実権者人脈等も、相応に是正されて来ている」。

「情報・教育界には選挙も無いから、実権者人脈の是正も疎かで、

例えば、

未だに、

東西冷戦が終わっていない状態の論等が主流扱いされていたり・・・する」。

「東側である北朝鮮金政権等の問題でもそれが顕著」だ。

「未だに、東側が負けた事を認めたがらない者たち等が

東側ご用達論等を主流にし続けたがっている」。

「工作活動等、東側の悪い所等は、黙殺して」・・・。

「北朝鮮金政権問題」でも

「北朝鮮金政権から非人道性や他国内での工作活動等を取り去る事」が

「非常に重要」で

「そうする事こそが、南北融和~統一にも直結している事になる」のに、

「未だに、北朝鮮金政権等の側が核を持ったから東側の勝ち!論等の上」に

「大衆を乗せようとしている様相」だ。

「在日の母を持つ金正恩独裁政権が勝つ状態」とは

「金正恩独裁政権による日韓支配状態の実現に他ならないのに!」

「その為の工作活動(非人道的なモノも多い)等が

日韓内で旺盛に行われ続けて来ている」のだから

「それら工作活動等の告発こそが、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の本来の重要な仕事なのに!」

「工作活動等を行い続けて来ている悪い人々と

工作活動等無縁の善良な、或いは、常人レベルの人々」が

「明確に区別される」なら

「日本の中の善良な、或いは、常人レベルの、北朝鮮系等の人々の暮し易さも

改善され易くなる」のだから

「善悪ごちゃ混ぜにした朝鮮人差別訴え等では無く、

善悪区別による不当差別解消を訴えるのが

健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等として当たり前の事なのに!」』

『「極悪犯には、先ず、{自首}を薦める」。

「{自首}しないなら、逮捕・駆除・排除等する」のが

「人類として、正しい極悪犯対応」だ。

「現在までの北朝鮮金政権等は、{自首}していない極悪犯状態に在る」。

「{自首}していない極悪犯を実質的に、利す論」等を

「公共の電波上や公共的マスコミ上で一方的に大量配信し続ける事等」は

「行ってはいけない事に他ならない」。

「行ってはいけない事を行い続けている者たち等からは、

極悪犯の手下・お仲間等の臭いが濃厚に漂って来る」。

「そうでは無いのなら、是正が急務になる」。

「実質的、極悪犯の手下・お仲間等としての仕事???が行い辛くなるから・・・」等と

「言論封殺工作や無害化・虚勢化工作等を

公共の電波や公共的マスコミ等を使って行おう・・・等とする」のは

「明らかに間違っている」。

「身から出ている錆を自ら落とし、

極悪犯の手下・お仲間状態から解脱するのが正道」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

「未だ、{自首}していない散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権の瀬戸際外交」を喧伝している日本の中の北朝鮮金政権の実質的、手下等・・・。

『「北朝鮮金政権のダダ、もしくは、瀬戸際外交は、非難等すべき事で北朝鮮金政権の言い分等を喧伝する事では無い」。

「それなのに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「相変わらず、

北朝鮮金政権の言い分を日本の中で公然化する事」等に

「邁進している」。

「核放棄合意を一方的に破って核開発~実戦配備等を行い続けて来ている北朝鮮金政権」が

「一方的な核放棄を求められるのは極めて当たり前の事」だ。

「北朝鮮金政権が一方的に核放棄する事」が、

「協議の結果の合意を守る政権に是正した事を

国際社会の中で示した事」になるのだから

「一方的核放棄は嫌だ!の旨公言した事」は

「協議の結果の合意を守る政権に是正出来ていない事」を

「露呈した事」になる。

「{自首}前の北朝鮮金政権等との対話・協議等やその結果の合意等」は

「無駄」だ。

「未だ、

極悪状態のまま永遠に逃げ続けよう

・・・その為に、核・ミサイル・大量破壊兵器等の脅しと、

その下の他国内での工作活動等により支配圏を広げ続けよう・・・としている」のが

「北朝鮮金政権の実態」だ。

「極悪状態のまま逃げ続けようとしている極悪犯との協議・対話等やその結果の合意等」が

「無駄であるばかりか、極悪犯の利になってしまい易い事等」は

「少し考えるなら、誰もが直に分る」。

「北朝鮮金政権には、{自首}を薦める」。

「その為に、国際的圧力を最大限にまで高める」。

「それでも、{自首}しないなら、強制的に逮捕する、

逮捕が無理なら、排除・駆除等する」。

「陰険なナチス・ヒトラーをこれ以上蔓延らせない為に必要な

人間世界の正道」だ』。

『「北朝鮮金政権等が自らつくり出し続けて来ている問題である

北朝鮮の核兵器問題」を

「北朝鮮金政権が片付けず、

他の国々等に片付けさせるばかりでは無く、

その見返りの経済支援等までも得られてしまう」なら

「お手盛り核問題等をつくり出す事で安易で劣悪な国家運営さえ出来てしまう事に

お墨付きを与えてしまう事になる」。

「世界中に未だ、少なからず在る、劣悪な独裁政権が同じ道を選択する事」が

「ドンドン容易になって来ている事」は

「科学技術等が急速に進歩・進化し続け、核開発等がドンドン容易になり続けている

現状の人間世界の実状からも、明らか」だ。

「それが、

国家レベルから

テロリスト等個人~グループレベルになる時」も

「ドンドン近づいている」。

「核兵器等を持つ事で、

自己健常支配の継続を大いに怠っているが故に他の者・物・事等支配/被支配欲という代償欲求を強大化させてしまっている

劣悪個人~グループ等が

核兵器等の脅しの下で他者支配等を行い

核兵器等放棄の褒美として身の安全と大枚等を得られ易くなってしまう時」も

「ドンドン近づいている」。

「北朝鮮金政権に対する人間世界の対応」は

「この人類の重大問題」の「試金石」に他ならない。

「正道を絶対に踏み外すべきでは無い」』。

『「重要な事は、米朝首脳会談等を行う事では断じて無い」。

「極悪非道な大悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権の問題を

正当に片付ける事」だ。

「北朝鮮金政権が{自首}し

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄する」なら

「それが、一番好ましい」。

「{自首}後の北朝鮮の健常化」なら、

「其れこそ、国際社会全体で、大いに、援助・支援等すれば良い」。

「{自首}していない北朝鮮金政権を援助・支援等する事」は

「北朝鮮金政権の問題をより深刻化する事に直結している」。

「それは、北朝鮮金政権問題の歴史が実証している」。

「北朝鮮金政権等が困窮等すると行う

平和・融和イメージ詐欺等」に

「三度も騙される」なら

「騙される方にもかなりの責任がある事になる」。

「連帯責任として人類滅亡の特急券が渡される事態」は

「絶対に避けるべき事態」だ』。

『「北朝鮮金政権は、

今、

核放棄ダケ、もしくは、核の部分放棄ダケ」で

「米国からのお墨付き等を得ようと画策している」。

「核ダケ、或いは、一部の核ダケ、手放しても、

ミサイルと大量破壊兵器を持ち続けられるなら

その脅しの下で

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の継続も可能になる」から

「支配圏をドンドン広げ続ける事でのみ存続可能になる

極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている劣悪独裁政権状態のままの

体制維持も可能になる」。

「当面は、日韓を乗っ取り支配出来るなら、

極悪非道劣悪独裁政権のままでの体制維持も可能になる」のが

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩政権の実態」だ。

「そんな道にお墨付きを与えてしまう米朝合意等」は

「絶対に行ってはいけない事」を

「もちろん、米国トランプ政権は重々承知」だ。

「核放棄ダケ、或いは、核部分放棄ダケで、

極悪非道独裁政権にお墨付きを与えてしまうなら、

米国トランプ政権は世界的大恥をかいてしまう」。

「極悪非道劣悪独裁政権のままの北朝鮮金政権が

米国トランプ政権に容認される訳は無い」。

「この現実を北朝鮮金政権側も重々承知だから、

先ずは、お得意の詐欺で何とかしよう・・・等と画策している」。

「現状では、

未だに、

三度目の{平和・融和イメージ詐欺}を行い続ける事で

今回も、

米国も含む、国際社会を欺き、

その裏で、不当利権を貪ろう・・・等としている」。

「もちろん、米国トランプ政権が三度目の詐欺に騙される訳も無い」から

「現状の北朝鮮金政権は、かなり行き詰っている事になる」。

「一番好ましい打開策は、{自首}」だ。

「しかし、未だに、北朝鮮金政権は{自首}しようとしていない」。

「その結果、米国側の次の手とも成り得る

強制逮捕や駆除・排除等をかなり恐れている」。

「今回の米韓合同軍事演習に過敏に反応した」のも

「北朝鮮金政権自らが出し続けて来ている錆故の現象」だ。

「どんなに強がっても、

米朝首脳会談は行いたい」のが

「北朝鮮金政権の実態」だ。

「何故なら、米朝首脳会談を行うなら、それまでは、安全である可能性が高くなるから」だ。

「もちろん、首脳会談前には、米朝による合意内容の擦り合わせ等が必要になる」。

「現在も、その真っ最中」だが

「何しろ、{自首}していない北朝鮮金政権等」だから

「現状のままなら、

擦り合わせに失敗で、

米朝首脳会談が行われない可能性も大きい」。

「米朝首脳会談を行わないで、北朝鮮金政権が存続出来るか?」は

「少し考えるなら、誰もが分る事」だ。

「もはや、

これ以上、核・ミサイル実験等を行うなら、米韓等による軍事力行使等を呼び込むダケで、

国際社会全体からの制裁も終わらない

北朝鮮金政権の未来」は

「非常に短いモノになる」。

「現状で北朝鮮金政権等が使える手段」は

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等ダケ」だ。

「だから、

実際に、

日本国内でも、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等は、

ドンドン強化・増大等させ続けている」。

「それでも、短期間で、日本を従北政権化する事は不可能」だから

「北朝鮮金政権等の負けは、既に、確定している」。

「負けが確定しているのだから、

{自首}して

その後を少しでも良い状態に導こうとする事こそが

合理的になる」が

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている劣悪独裁政権等が

合理的な判断等を出来るのか?は大いに疑問だ」。

「実際に、今までも、合理的な判断に基づいた行動実態を示して来ていないから、

現状の北朝鮮は衰退し、

国際社会からのダメ出し等を与えられ続けて来ている」。

「核・ミサイル・大量破壊兵器等を持ったところで、

その酷い劣悪状態が改善される訳も無い」。

「核・ミサイル・大量破壊兵器等と他国内での工作活動等を完全放棄し、

他の者・物・事支配を諦め、

自己健常支配に舵を切る」なら

「北朝鮮の健常化も可能になるのに!」

「金正恩等の立場」なら

「極悪人として処分される道」と

「ノーベル平和賞等がもらえる道」の

「どちらを選択するのが合理的か?」は

「言うまでも無い事」だが

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている劣悪独裁者等が選択するのは」・・・』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「北朝鮮金政権に{自首}を薦めるべき」だ。

「北朝鮮金政権が{自首}しない」なら

「米朝首脳会談前に、

米軍等が

核・ミサイル・工作活動指令部等を限定攻撃する事等を

容認する論」等を

「喧伝等するべき」だ。

「大韓航空機爆破テロまで行った北朝鮮金政権だから、

金正恩等が米朝首脳会談に向かう時に乗っている北朝鮮機が爆破されても仕方無い論」等も

「喧伝等するべき」だ。

「北朝鮮が一発でもミサイル等を撃つなら、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ論」等も

「喧伝等するべき」だ。

「日本国内で行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等」の

「積極告発等も行うべき」だ。

「北朝鮮金政権等に対する日本の世論圧力等が増す事により

北朝鮮金政権が{自首}する可能性も高くなる」のだから

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

意識的、かつ積極的に、行うべき事が其処に在る」。

「北朝鮮金政権等の手下等では無いのなら、

出来ていて当たり前の事が其処に在る」』。

『「上記の旨等、記していたら、

上方向等からの工作電磁波が強化された」。

「何時も、ブログ内容等を覗き見等しながら、

電磁波工作や侵入工作等々を行い続けている

筆者の近隣に居る

北朝鮮金政権の手下、工作員等と推定される者たち等」も

「かなり、行き詰っている様相」だが・・・。

「未だに、工作電磁波強化の為に色々と行っている様」だが

「当方も、その度、対策を強化するダケ」だ。

「金も時間も手間もかかるので迷惑な事だが、

北朝鮮金政権問題の先もそう長く無いから、

もうしばらくの辛抱か」・・・。

「もはや、

北朝鮮金政権等の手下等による裏切り工作員等粛清工作等も

そうそう簡単には出来ない状態になっている」のだから、

「{自首}すれば良いのにねぇ」・・・』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「未だ、行われるか?否か?もはっきりしていない6月12日の米朝首脳会談」をダシに「日本蚊帳の外論等、北朝鮮金政権ご用達論」等を常連出演者等が公共の電波上で一方的に大喧伝していたが・・・。

『「日朝平壌宣言」とは「在日の母を持っていない金正日との間での宣言」だ。

「在日の母を持つ独裁者であるが故に、日本の支配まで必需になっている金正恩」とは

「全く、事情が違う状態での宣言」だ。

「この重大事実」さえも

「ちゃんと言わずに、日本からの北朝鮮に対する経済支援等を喧伝する事の実体」は

「実質的に、北朝鮮金政権を利す事になる」。

「実質的、北朝鮮金政権への日本売国・日本国民売国民論」等が

「日本の公共の電波上で、一方的に大量配信され続けていて良い訳は無い」』。

『「北朝鮮金政権が拉致問題は解決済みと主張している事」は

「日本乗っ取り支配工作を止めない旨宣言している事」と

「同じ」だ。

「北朝鮮金政権が日本に帰せない拉致被害者」は

「日本乗っ取り支配工作等の実態をある程度知っている状態にあるから

北朝鮮金政権が日本乗っ取り支配工作を行い続ける限り、日本に帰せない」。

「それは、

在日の母を持つが故に日本乗っ取り支配が必需になっている

独裁者金正恩故に生じている悪現象」だ。

「日本が対話に舵を切らないから、拉致被害者の帰還が実現出来ないのでは無い」。

「在日の母を持つ金正恩独裁政権故に日本乗っ取り支配が必需になっているので、

日本乗っ取り支配工作を行い続けているから

それを知る拉致被害者は帰せない」のが

「現実」だ。

「この重大現実を黙殺し続けている」のは

「実質的に、北朝鮮金政権ご用達の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等になる」』。

『「北朝鮮金政権は今、核放棄ダケして、経済支援を得る事により、

主として、日韓等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

更に、強化・増大させながら行い続け、

先ずは、日韓の乗っ取り支配を実現させる策略」に

「舵を切ったダケ」だ。

「それは、

北朝鮮に厳しい米国トランプ政権がリードして来ている

徹底的な圧力等により、

もはや、核放棄は仕方の無い状態にまで追い込まれたが故の

方針転換に他ならない」。

「しかし、

既に、韓国は韓国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等により、

従北政権化出来てしまっている状態」だ。

「核放棄しても韓国を乗っ取り支配出来るなら、

北朝鮮金政権の地盤は広くなり

政権維持も容易になる」。

「其処で韓国では、

従北政権状態を維持させるべく

平和・融和ムード工作等を徹底的に行い続けている」。

「日本の今の政権は北朝鮮に厳しい安倍政権」だ。

「安倍政権では従北化は困難」だから

「日本の中の北朝鮮金政権の手下、工作員やその協力者等は

安倍降ろし工作に邁進し続けて来ている」。

「安倍政権の屋台骨でもある

麻生副総理兼財務大臣

降ろし工作」も

「日本従北政権化工作の一環」に他ならない』。

『「北朝鮮の核実験場廃棄{ショー}」は

「核放棄ダケは行う策略に舵を切った北朝鮮金政権による

平和ムード増大化工作の一つに過ぎ無い」。

「その裏では、

コレだけちゃんと核放棄に向かって邁進しているのだから・・・と、

一部制裁解除等の経済メリットに直結する見返りを要求している」。

「段階的核放棄で、段階的に経済メリットを増大させながら、

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

強化・増大させて行く事で、

先ずは、日韓の乗っ取り支配を、何としても完成させようとしている」のが

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩政権の悪の策略」だ。

「全世界は、北朝鮮金政権の核放棄ダケ策略に乗せられてしまってはいけない」。

「戦争では勝ち目が無いから・・・と、スパイ・工作活動等を徹底的に行う事により

支配圏を広げ続けて

非人道極悪独裁政権の存続を図っている

陰険なナチス・ヒトラーを

壊滅させる事」は

「今の人類の重大な責務だ」』。

『「米国トランプ政権」は

「安易な妥協はしない筈」だ。

「北朝鮮金政権は、核放棄ダケで

経済支援等を得て

工作活動等を強化・増大させ、

非人道極悪独裁政権を維持し

先ずは、日韓の乗っ取り支配を実現させよう・・・としている」。

「しかし、

国際的合意を反故にして身勝手に開発~実戦配備等し続けて来ている

北朝鮮の核兵器を

出来るだけ高く売る事と

それをダシにした平和・融和仮面の下で

非人道極悪独裁国家状態のままの体制維持を実現させ続ける為に

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

徹底的に強化・増大させ続ける

在日の母を持つ北朝鮮金独裁政権の策略」は

「既にバレバレ」だ。

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等の完全放棄無し」には

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金独裁政権の問題は解決し得ない」から

「北朝鮮金政権の体制維持が容認される訳も無い」。

「北朝鮮金政権が{自首}しない限り、

北朝鮮金政権の体制維持は実現し得ないのが現実」だ』。

『「今後はどうなるのか?」

「現状のまま・・・なら、米朝首脳会談不成立の可能性が高い」。

「何故なら、未だに、北朝鮮金政権は不当にツッパリ続けようとしているから」だ。

「先のチキンレースで米国を始めとする国際社会負けたから、

核放棄&平和・融和仮面策略に舵を切らざるを得なくなっているのが

現状の北朝鮮金政権の実態」だが、

「未だに、次のチキンレースを行おうとしている劣悪ぶり、醜悪さには、

本当に呆れる」。

「米朝首脳会談が不成立となればどうなるのか?」は

「少し考えるなだ、世界中の何処の誰でも直に分る」。

「その先に、北朝鮮金政権の存続が在る訳も無い」。

「往生際の悪さが北朝鮮金政権の余命を短くしている」。

「北朝鮮金政権は、

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を

直ちにでも、完全放棄するべき」だ。

「そうする」なら

「北朝鮮金政権から他国支配工作等や非人道性を排除した体制維持も在り得る」ばかりか

「金正恩のノーベル平和賞だってあり得る状態に成り得る」。

「逆に、核ダケ放棄で、工作活動等に活路を見出そう等とし続ける」なら

「北朝鮮金政権の余命は非常に短いモノになる」。

「どちらを選択するべきか?」は

「世界中の何処の誰でも直に解る事」だ』。

『「それなのに、未だに、

日本の中の北朝鮮金政権の実質的、手下等やその協力者等は、

工作活動を行い続ける路線に勝ち目がある等と

思い違い・勘違い等出来てしまっている様相」だ。

「どこまで劣(おバカ)悪(自虐確信犯)なのか!!!」等と

「呆れている方々もかなり多い筈」だ』。

『「世界平和は簡単な事」だ。

「人類誰もが自己健常支配を継続し

自己支配欲の代償欲求に過ぎ無い他の者・物・事支配や

他の者・物・事による被支配を

過剰に追及しなければ!!」

「他の者・物・事支配追及者の極致が独裁者」であり

「他の者・物・事による被支配の極致が独裁政権下を求め続けている人々」だ。

「もちろん、その両者とも、

実体としては、

病気状態に他ならないのだが」。

「支配・被支配病」を

「蔓延させない為にも

自己健常支配の継続により支配欲の本来欲求を充足させ続ける

健常な精神文化や生活習慣等の

全人類レベルの大流行~普遍化」が

「極めて重要」だ。

「その為に有益な仕事が出来る立場に在る

情報・教育界の者たち等」が

「未だに、独裁政権等の利を図る情報配信等を行い続けている現状」は

「本当に酷過ぎる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が、未だに、「日本は、{自首}前の北朝鮮金政権と対話せよ!」の旨等、日本の公共の電波上で喧伝していたが・・・。

『「日本を韓国同様に従北政権化する為」には「安倍総理と麻生副総理を無理やりにでも降ろす必要がある」等と

「日本の中の北朝鮮金政権の手下等は、考え、数々の策略等を仕掛け続けて来ている様相」が

「露呈している」。

「例えば、

何でも、同じ、セクハラ扱い」の

「情報配信等による悪イメージ付け等の悪質手口もその一つ」だ。

「セクハラとされている事」には

「強姦や、

強制わいせつ等々」の

「重罪レベルの本当に深刻な問題も在る」し

「セクハラだ!の申告により、セクハラとされた言葉や会話等々」の

「法的には罪に当たらない、実質的には、軽微な問題も在る」。

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」なら

「それらは、確実に分けられていて当然になる」。

「確実に分けられていて当然の事」を

「ごちゃ混ぜにしたり、同じ扱いにしたり、する事」は

「明らかに悪質」だ。

「悪質な情報配信を基に

大衆心理や世論等を

特定の方向に向かせようとする事」は

「更に、悪質で、極悪レベルの事」になる』。

『「公共の電波や公共的マスコミの悪用」等は

「厳しく禁止されなければ、

メディアによる大衆誘導・マインドコントロール等という大悪事」が

「容易に蔓延れてしまう」。

「それは、ナチス・ヒトラーが行った大悪事」だ。

「学校教育」で

「実体や事実・現実や本質の探究」が

「しっかりと教えられていて、

ほとんどの人々がメディア等の上辺情報等に騙されない様になっている」なら

「未だ、良い」が

「戦後日本の学校教育等」は

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等と同様」で

「先ずは、先生や教科書や参考書のいう事(上辺)等を{覚えなさい}」状態だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や

先生や教科書や参考書等の

いう事(上辺)を

オウム返しする事等を

仕込まれている人々」は

「容易に、それらの情報により操られてしまう」。

「その国を乗っ取り支配しようとする」なら

「先ず、情報・教育を押さえろ!」は

「何十年もかけて他国を乗っ取り支配する悪の策略の常道」だ。

「同時に、乗っ取り支配する人脈の人口比率を上げる事」も

「積極的に、行う」のが

「悪の策略の常道」だ。

「正道」は

「自己健常制御を疎かにし、

その代償欲求を膨らませ続け、

例えば、

他の国や国民を乗っ取り支配等しようとするのでは無く、

自己を健常に支配する事を学び、覚え、

支配欲の本来欲求を健常に充足し続けられる様にする」のが

「当たり前の事なのに!」

「正道を逸脱している不健常な国家指導者等」は

「不健常なままの自己を正当化し続ける為」に

「自国民はもちろん、他国・他国民にも、不健常な物事等を仕掛け続けようとする」。

「北朝鮮金政権」の

「圧政・恐怖政治」や

「積み重ねて来ている散々の極悪事」の

「裏に在る」のは

「不健常な国家指導者等が不健常なまま自己正当化を図り続けている醜態」だ。

「健常状態になる」なら

「過去の圧政・恐怖政治・散々の極悪事等々を

悔い、詫びる、

{自首}状態になる」のが

「当然」だが、

「未だに、北朝鮮金政権」は

「国際的合意を反故にして作り続けて来ている核兵器等を材料に

交渉等し、

利権を得る事で

不健常なまま存続し続けようとしている」。

「核ダケ放棄しても不健常な金政権が続く」なら

「多くの北朝鮮国民はもちろん、

北朝鮮金政権による工作活動の犠牲に成り続け来ている

主として、日韓内等の多くの国民等も

実質的には、全く、救われない事になる」。

「北朝鮮金政権問題」は

「全世界が本気で健常解決する、させるべき非常に重大な問題」だ。

「核(上辺)ダケの不健常解決」では

「不健常なままの金政権が存続~不当増大等出来てしまう事にもなり得てしまう」から

「根本的健常解決が必需」だ』。

『「現状では、米朝の間」で

「首脳会談前の調整が積極的に行われている様相」だが

「核実験場の廃棄にしても、核(上辺)ダケの事」だ。

「其処に未だ、本当の平和解決の目は出て来ていない」から

「過剰な賛美・歓迎等は相応しく無い」。

「もちろん、実権を持つトランプ大統領のリップサービス」は

「北朝鮮金政権に更なる先を促しているリップサービス」だ。

「上辺の言葉では無い、内実を知る事が重要になる」。

「北朝鮮金政権が、上辺に拘り、平和イメージ等を増大させる事により

その先を怠ろうとする」なら

「米朝首脳会談は、行っても、破談」で

「軍事オプションの行使等が待っている事になる」。

「北朝鮮金政権等が

核・ミサイル・大量破壊兵器等々と

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

完全放棄しない」なら

「北朝鮮金政権等は、不健常なままの存続~不当増大等を画策している事が明らか」だ。

「もちろん、全世界は、不健常なままの存続~不当増大等を絶対に容認等してはいけない」。

「北朝鮮金政権が{自首}しないなら、

逮捕する、

逮捕も無理なら、排除・駆除等する」。

「不健常独裁者等の容認が

人類滅亡に直結するレベルにまで

物質文明製品等の急速な進歩・進化を実現している

今時の人類にとっての正道」は

「其処にしか在り得ない」』。

『「それなのに、

日本でも、

未だに、北朝鮮金政権の手下、情報配信機関等の様相を露呈し続けている

テレビ・ラジオ・マスコミ等が

在る」。

「それは、本当に、深刻な状態」だ。

「不健常独裁者の手下等が蔓延れている状態なのだから!」

「戦後日本」の

「多くの

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」は

「北朝鮮金政権等に乗っ取り支配されている様相」だ。

「もちろん、こんな状態の是正は急務」になる』。

『「北朝鮮金政権の実質的、手下、テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「北朝鮮金政権に厳しい安倍政権やトランプ政権等を嫌い、

北朝鮮金政権に従っている韓国従北政権や

北朝鮮金政権にとって都合の良い策を採る中国習政権等が大好きな様相」で

「同様の感や考え・思い等」を

「多くの視聴者・読者等に抱かせる為の

情報配信~大衆マインドコントロール等を行い続けている様相」だ。

「其処には、劣悪で醜悪な実態」が「露呈している」』。

『「どんなに安倍政権やトランプ政権等を批判・非難等しても、

散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権が正当化される訳も無い」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権」に

「従ったり、その利を図ったりする」のは

「極悪犯等のお仲間等」と

「相場は決まっている」。

「極悪犯等には、自首を薦める、

自首しないなら逮捕する、

逮捕も無理なら、排除・駆除等する」。

「それが、人類の正道」だ』。

『「日本の中でも、

何十万人もの工作員やその協力者等が

何十年にも渡って行い続けて来ている

集団工作活動等による犠牲者数」は

「少なく見積もっても、数百万人レベルになる」。

「戦争犠牲者が問題にされ、工作活動犠牲者が問題にされない」のは

「絶対に変」だ。

「陰険なナチス・ヒトラーの解消」は

「人類の重大な責務であり、急務」だ。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等の

実質的、手下、工作員やその協力者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「与えられるべきは、罪と罰」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「拉致問題終息済み!」では「余命約三カ月の北朝鮮金政権」なのに・・・。

『「拉致」とは「言うまでも無く、拉致工作」だ。

「拉致工作の目的は?」等を

「考える」なら

「拉致被害者等が強いられた事等」からも

「誰もが、主として、日韓内等に、その国の国民と見分けがつかない状態の工作員等」を

「送り込む為の下準備である事等」が

「何れ、判る事になる」。

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致した事」は

「日本乗っ取り支配工作等の為の始めの一歩」で

「工作活動問題の本質」は、

「その後」の

「多種多様な、

非人道的なモノも多い、

一般日本国民もターゲットにしている

北朝鮮金政権の命令・指令の下の

工作活動等」だ。

「日本国内でも未だに旺盛に行われ続けている

実際の

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

情報・教育工作や

政財界工作等々の

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等」は

「その実態を如実に現している」』。

『「金正恩」が

「拉致を認めない、或いは、拉致問題は既に解決済みである旨」等

「公言した事」は

「北朝鮮金政権が拉致から繋がる

主として、日韓内等での工作活動(非人道的なモノも多い」等を

「今後も行続ける宣言等をした事に他ならない」』。

『「核等は放棄~解消等しても、

核等の脅しの下」で

「連綿と行い続けて来ている

主として、日韓i内等、他行内での工作活動非(人道亭なモノも多い」等は

「止めなゾ!宣言」等が

「其処に露呈している」』。

『「もちろん、その様な実態」は

「既に、バレバレ」だ。

「だから、実際」に

「北朝鮮金政権にとって都合の良い方向」に

「日本の政治・世論等を操ろう・・・等としている者たち等」は

「その実権をどんどん喪失し続けて来ている」』。

『「例えば、

ネット普及以降」は、

「戦後の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等による

実質的、情報統制状態の下の

大衆誘導・マインドコントロール等」が

「どんどん衰退して来ている」。

「政界」でも、

「かつては、大きな勢力だった、北朝鮮金政権の手下、もしくは、オトモダチ等」は

「もはや、圧倒的少数派」だ』。

『「それでも、

未だに、

主として北朝鮮系の者たち等」は

「この現実を認めたがらない傾向が強い」。

「そればかりか、工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続けている者たち等まで居る」』。

『「其処に出て来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達論等の大喧伝等」だ』。

『「もちろん、言うまでも無く、拉致問題は既に解決済み等」とは

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達論」に

「他ならない」。

「実際」は、

「拉致問題=拉致工作問題」であり

「拉致問題の解決」とは

「拉致を含む日本に対する北朝鮮金政権による工作問題の解決に他ならない」。

「拉致工作の目的は、日韓乗っ取り支配の為に送り込む工作員等教育等の為」で

「それは、北朝鮮劣悪国家指導者等が、

日・韓等を

乗っ取り支配する為の手始めの工作」に他ならない。

「拉致工作の本来の目的」は

「拉致工作により{手に入れた}日本国民等を悪用して

「日本社会に溶け込ませる事の出来る、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」を

「送り込み、その者たち等」に

「日本を北朝鮮劣悪国家指導者等

乗っ取り支配等し易くする工作等を行わせる為」だ。

「拉致被害者が帰国出来たダケでは、

北朝鮮金政権の工作問題は解決し得ない」。

「拉致被害者の帰国の大前提」として

北朝鮮金政権が主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

完全放棄している事」が

「極めて重要」になる』。

『「現状の北朝鮮金政権」は

「世界の中で、核は放棄等しても、

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い等は

行い続けるゾ!!と公言している状態」だ。

「何の為に?・・・とりあえずは、日韓乗っ取り支配の為に!」だ。

「日韓の乗っ取り支配が出来た」なら

「それをベースに全世界の乗っ取り支配を企んでいる」のが

「他の者・物・事等の支配無しでは存続し得ない」のが

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている独裁政権の実体」だ』。

『「独裁者の微笑み外交や{平和・融和仮面}に騙される事」は

「悪魔に魂を売り渡す事と同じ」になる。

「北朝鮮金政権が、核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

完全放棄していない状態で

独裁者と{交渉}しても

ロクな結果は得られない」。

「当たり前の事」だ』。

『「核・ミサイル・大量破壊兵器等の放棄はもちろん、

他国内での工¥作活動等の放棄」等を

「十二分に担保出来ない」なら、

「米国」は、

「北朝鮮と首脳会談を行うべきでは無い」。

「首脳会談前の限定攻撃こそが正しい道になる」』。

『「現状の北朝鮮金政権」は

「核ダケの放棄を目隠し」に

「主として、日韓内等、他国内での工作活動等を

より深化させて行おうとしている状態」だ。

「そんな状態を米国が認め、お墨付き等を与え、公然化等してしまう事」は

「米国」が

「悪魔に魂を売り渡してしまった事の証になってしまう」。

「日韓等の乗っ取り支配等を画策等している間」は

「北朝鮮金政権等が{自首}していない事が明らか」だ。

「{自首}前の極悪犯等とディール等する事」は

「極悪犯等の思う壺に他ならない」』。

『「日韓内にも多数居る、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等による

情報配信や教育等」により、

「米国トランプ大統領に届く情報等も、

かなり歪められている可能性が非常に高い」。

「もちろん、米国の実権者等はその様な実態も重々ご承知の筈」だ。

「北朝鮮金政権問題の真の解決の為に必要な事」なら

「軍事オプションを使用する事も十二分にあり得る事になる」』。

『「拉致工作問題は解決していない」のに

「北朝鮮金政権は解決済みと嘯いている」。

「北朝鮮による日韓等他国の国民の拉致の目的」が

「先ずは、日韓の乗っ取り支配である事」からも

「明らかな様に、

北朝鮮金政権による拉致は

他国乗っ取り支配等の工作の

手始めの一手段」だ。

「拉致を無い事にしたがる北朝鮮金政権」とは

「日韓等乗っ取り支配工作を行い続ける金政権に他ならない」。

「米国がそんな金政権にお墨付きを与えてしまう」なら

「米国は、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「北朝鮮金政権」が

「核・ミサイル・・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を完全放棄するまで

全世界は徹底的に圧力を加えるべき」だ。

「圧力で北朝鮮金政権が態度を是正しない」なら

「例えば、米軍等による限定攻撃等も積極的に容認するべき:だ。

「核放棄ダケで、北朝鮮問題放置・容認等」とは

「悪魔による平和ボケ罠等に価ならない」。

「全人類の根本の資質が、今、問われている」』。

『「北朝鮮金政権問題を似非解決等してしまったなら、

全人類の未来は、非常に短いモノになる」』。

『「北朝鮮金政権」が

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄しない」なら

「北朝鮮金政権の余命はセイゼイ三カ月程度にするべき」だ。

「全世界がその方向に向かう」なら

「北朝鮮金政権が{自首}する可能性も高くなる」。

「それでも{自首}しない」なら

「軍事オプションを使用してでも

逮捕・排除・駆除等する」のが

「正道」になる』。

『「公共の電波を使えていながら、

公共的マスコミ等で情報配信出来ていながら、

学校教育上の立場が在りながら、

根本的本質情報配信・教育等さえ、十分に出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等との

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「加計ありき」か?「北朝鮮に厳しい安倍政権降ろしありき」か?は、北朝鮮等の現状を直視して少し考えるなら誰もが直に判る事でしょ・・・。

『「今時、もし、安倍総理が、友人の加計氏に利権等を誘導したい」なら、「安倍総理の取る態度が無関係を徹する事になる」のは

「当たり前の事」だ。

「何故なら、反対野党、もしくは、審議拒否野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」に

「つけ入る隙を与える事」は

「全てをご破算にする、

ばかりか、

安倍氏の政治生命や安倍政権等自体も崩壊させる事に直結している事になるから」だ。

「普通以上の頭がある人間なら誰もが分る現実」が

「其処に在る」』。

『「上記の現実」からも

「加計ありき!」は

「現実的に、先ず、あり得ない」と

「強く推定出来る」』。

『「それでは、昨今の政治茶番劇騒動の内実は何か?」』

『「日本にも関わりが深い、

昨今、急変している事態」として

「北朝鮮金政権問題が在る」。

「在日の母を持つ

極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮金政権」は

「昨今、国際社会から多大な圧力を受け、

窮地に追い込まれている」。

「在日の母を持つ事からも明らかな様に、

日本の中にも北朝鮮金政権の実質的、手下等は

各界に、其れこそ、ゴマンと居る」。

「もちろん、情報・教育界や政財界も例外では無い」。

「それらの在日北朝鮮金政権手下人脈等にとって」は

「北朝鮮に厳しい日本の政権では困る」。

「出来る事なら、韓国同様に、

日本も従北政権化する事」が

「必需」だ』。

『「韓国を従北政権化した{工作}の実態」は

「朴大統領自身の問題を追及する事によってでは無く、

朴大統領の友人の問題を大問題化する事によって」だった。

「同様の{工作}仕込み」が

「日本で行われていない訳も無い」が

「日本の政権の場合」は

「韓国の政権より、その手の対策がしっかりしている」。

「それは、北朝鮮金政権の手先等にとって都合の悪い事」だが

「だからと言って、窮地に追いやられている北朝鮮金独裁政権が

起死回生の一発を打つ為」には

「韓国だけでは無く

日本の従北政権化も必需」だ。

「在日の母をもつ金正恩故に生じている{自爆}要求が其処に在る」』。

『「北朝鮮金独裁政権の強い要求、要望等を受けて

積極的に活動している」のが

「反対野党、もしくは、審議拒否野党等や

そのお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」という

「実態」が

「露呈している」等と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「無理やりにでも、所謂、保守系の安倍氏(総理になる前から)と

強い繋がりを持つべく

懸命に動いていた様相なのが、

森友学園籠池氏等」だった。

「所謂、左翼(内実、親朝鮮)等の

官僚・公務員等の{支援}と

そのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等による

情報工作・大衆マインドコントロール等の

多大なる支援付き」の

「様相を伴って!」

「安倍氏の旧来からのご友人加計氏も

ターゲットに入れられていた事は想像に難く無い」。

「何故なら、森友学園籠池氏等の場合」は

「籠池氏等の側が一方的に、安倍氏や安倍夫人に

擦り寄り、何としても、強い繋がりを持とう・・・としていた様相に過ぎ無い」が

「安倍氏と加計氏は、予め友人関係である事がはっきりしている旧知の仲だから」だ』。

『「国家戦略特区」に

「加計学園の獣医学部新設」が

「非常に上手くハマった事」は

「日本を従北政権化する工作等に邁進していた者たち等にとって

非常に好都合になった」。

「現在、総理大臣にまでなっている安倍氏」と

「強い友人繋がりを持つ加計氏」の

「実態」と

「国家戦略特区上での加計学園の利権取得等」を

「組み合わせて大宣伝する」なら

「如何にも、安倍総理が旧知のご友人の為に

国政上で便宜を図った様にも

喧伝等出来てしまうから」だ』。

『「実際」に

「昨今の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や反対野党、もしくは、審議拒否野党等の論調」は

「実態解明では無く、加計ありき喧伝状態」だ。

「実際は、北朝鮮に厳しい安倍政権降ろしありき!」の様相なのに。

「それは、審議拒否野党の審議拒否日数」が

「金正恩の誕生日である一月八日を賛美する意にも取れる

日本の政治を18日も休む事で停滞させる

18日の審議拒否だった事等」からも

「容易に感じられる」』。

『「加計ありき!」では

「安倍政権の自爆になってしまう」のが

「昨今の政治の現実」だ。

「普通に考える」なら

「加計ありき!」は

「考え辛い」。

「北朝鮮金政権に厳しい安倍政権降ろしありき!」なら

「昨今の北朝鮮金政権の状況から考えても

非常に整合性が取れる事になる」』。

『「実態・実体」としては、

「加計ありき!では無く、

北朝鮮に厳しい安倍政権降ろしありき!」が

「露呈している」が

「未だに、反対野党、もしくは、18日審議拒否野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「北朝鮮に厳しい安倍政権降ろしありき!」の「可能性」さえ

「大衆周知させようとしていない」。

「その事自体」もまた

「北朝鮮に厳しい安倍政権降ろしありき!」を

「物語っている」』。

『「裸の王様が裸である事」は

「多くの人々が分る」。

「裸の王様なのに、裸である事を認めたがらない」のは

「裸の王様を騙している者たちと

騙されている王様ダケ」だ。

「そんな醜悪な臭い」が

「反対野党、もしくは、18日審議拒否野党等や

そのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」や

「その大元と強く推定される北朝鮮金政権等」から

「強烈に漂って来る」。

「健常な人々なら、誰もが直ちに判る悪臭、もしくは、毒臭が其処に漂っている」』。

『「不健常な人々による自爆劇、自虐劇等」は

「何時まで続けられてしまうのだろうか」・・・』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が未だに「板門店での米朝首脳会談」や「{自首}前の北朝鮮金政権との対話」等を渇望していた様相だったが・・・。

『「米国ポンぺオ国務長官の訪朝・金正恩等との会談等に伴い、拘束されていた三人の米国人は米国に帰還出来た(現時点で、既に、米国内で、もう直ぐ、ワシントンに着くとの事)」。

「米朝首脳会談を行う事」も「決まった」らしい。

「場所として、板門店は無い旨、トランプ大統領が公言」した。

「シンガポールでの米朝首脳会談を前提に準備が進められている旨の報道もある」。

「何時行うのか?」は、

「米朝間で行われている議案・合意内容等の調整次第だろう」が

「何しろ、{自首}前の北朝鮮金政権」だから、

「正当な合意内容を基にした調整はかなり困難な筈」だ。

「過去の国際間の協議~合意だった北朝鮮の核放棄」を

「反故にしたばかりか、

核・ミサイル開発~実戦配備や他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を続け、

問題を更に深刻化させ続けて来ているのは北朝鮮金政権」だから

「正当な合意内容」なら、

「先ず、北朝鮮金政権が、過去の合意内容である核放棄を完全に実現する」のが

「当たり前になる」。

「更に、合意を反故にしたばかりか、

核・ミサイル等の開発~実戦配備や他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等により、

問題を更に深刻化させた事に対する謝罪や補償や応分の罰等があって当然になる」。

「{自首}前の北朝鮮金政権からの謝罪・補償等は困難」だろうから

「応分の罰」として

「核以外の大量破壊兵器の完全放棄」と

「長距離だけでは無く中・短距離用のミサイルの完全放棄」と

「他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の完全放棄」等が

「求められて当然になる」。

「北朝鮮金政権がそれらに、同意しない」なら

「米朝首脳会談は行っても、ロクな結果が得られる訳も無い」』。

『「北朝鮮金政権による国際的合意反故の上の問題の深刻化」を

「黙認・容認等」し、

「段階的核放棄等で見返りを与える事等」は

「過去の協議~合意等の三番煎じになり、

北朝鮮金政権等問題の更なる深刻化を招くダケにしか成り得ない」から

「絶対に行ってはいけない事になる」』。

『「{自首}前の極悪人等に対する対応」を

「三度も誤る事」は

「極悪人等が蔓延る人間世界をつくり出してしまう事に他ならない」。

「何故なら、

それは、

極悪人でも核兵器等の後ろ盾の力を持てば、

極悪人のまま存続出来るばかりか、

更なる、悪徳利権等を貪り続ける事等までもが、

容認・黙認等される人間世界の構築になってしまうから」だ。

「そんな人間世界なら、

多くの不健常な人類が

自らを健常にする道よりも

核兵器等強大な力を持つ道を

選択し易くなる」。

「自らの健常化を行わず、強大な力を持つ極悪人等がどんどん増えてしまうと、

極悪人同士の力による支配権争いが勃発する事になる」。

「其れが収拾のつかないモノになる事は、少し考えるなら誰もが直に分る」。

「何しろ、極悪人の判断で事が起こされるのだから!」』

『「{自首}前の

他者支配が必需な

極悪独裁政権」を

「黙認・容認等」し

「その極悪独裁政権が希望する会談~合意等を三度も行い続ける事」は

「人類滅亡の特急券を買う事に他ならない」』。

『「米朝首脳会談を行う」なら

「北朝鮮金政権が{自首}した後」が

「正道になる」』。

『「自己健常支配の継続を疎かに、

その代わりに他の者・物・事支配等を行い続ける事の極致が

独裁支配」だ。

「精神構造的に独裁支配者が{自首}する事」とは

「自己健常支配を主に是正」し

「他の者・物・事等支配を止める事」等になる。

「他の者・物・事等の支配に邁進している間」は

「上辺がどんなに平和・優等生等的でも、

内実としては、{自首}していない事が明らか」だ』。

『「独裁支配から北朝鮮国民を解放する事」や

「独裁支配故に必要になっている

先ずは、日韓を乗っ取り支配する為の他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等

を完全に止める事」や

「恐怖政治や工作活動等の後ろ盾」の

「核・ミサイル等を完全放棄する事」等を

「実現した」なら

「北朝鮮金政権は{自首}している事になる」』。

『「現状の北朝鮮金政権」は

「本来なら、自主的に、積極的に、廃棄すべき、

合意反故後に開発~実戦配備等した核兵器等」を

「テコ」に

「三度目の不当利権の取得を目論み、

不当利権が得られたなら

それを利用して、主として、日・韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

強化~増大させる事等により、

極悪独裁政権のままの体制維持

~先ずは、日・韓の乗っ取り支配等を実現させようとしてる」のが

「実体」だ。

「そんな状態の北朝鮮金政権」と

「首脳会談等を行い、

北朝鮮金政権の不当要望等の実現にお済み付きを与える事等を盛り込んだ

合意等をつくり出す事等」は

「悪魔に魂を売り渡した者等でなければ行えない事になる」』。

『「米国は、北朝鮮に高いハードルを越える事など求めていない」。

「過去の合意を反故にして、問題を深刻化させた分を直せ!」等と

「極めて、当たり前の事を要求しているだけ」だ。

「それなのに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下、テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「北朝鮮金政権の合意反故は問題にせず、

米国が北朝鮮に高いハードルを越える事を要求している!等」と

「喧伝している」。

「未だに、

米朝首脳会談を

シンガポールでは無く、

平壌か板門店で行わせたがっている」。

「極悪独裁政権状態のままの北朝鮮金政権にとって都合の良い考え・思い等」で

「多くの視聴者・読者等の頭の中を染め上げようとしている

実質的、情報工作、或いは、マインドコントロール等」は

「本当に、酷い」』。

『「日韓内等の北朝鮮金政権の実質的、手下等」が

「未だに、北朝鮮金政権等ご用達の情報配信等を行い続けている事や

日韓国内の一般市民までターゲットにしている工作活動(非人道的なモノも多い)等が

未だに、旺盛である事等自体」が

「北朝鮮金政権が未だ、{自首}していない事」を

「如実に現している」』。

『「拘束されていた三人の米国人が米国に帰還出来た事」により

「米軍の限定攻撃のハードルはかなり下がった筈」だ。

「北朝鮮金政権が{自首}しない」なら

「米軍は、遠慮無く、米朝首脳会談前に、

核・ミサイル関連施設と工作活動指令部等に対する限定攻撃を行うべき」だ。

「首脳会談は、

北朝鮮金政権が{自首}した後でこそ

有意義になる」』。

『「未だに、

米朝首脳会談には積極的でも、

非核化等は段階的に!」等と

「{自首}していないのが北朝鮮金政権」だ。

「米国に限らず、首脳会談等を行い続けている間」は

「平和イメージ等を先走らせる事が可能になり、

その間は、

{自首}しないままの北朝鮮金政権の維持も行い易くなる」。

「{自首}しないまま、逃げ続ける為の{平和仮面}策」の「裏」では

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等が

旺盛に行われ続けている」。

「時間を稼いでいる間に、工作活動(非人道的なモノも多い)等により

先ずは、日・韓を落とし、乗っ取り支配する」のが

「在日の母を持つ北朝鮮金政権の現在の策略」だ。

「実質的に、その策略を支援する会談~合意等を実現させてしまう事」は

「悪魔の罠に墜ちる事に他ならない」』。

『「先ずは、

散々の極悪事を積み重ねて来ている

非人道独裁政権の北朝鮮金政権を

{自首}させる事」だ。

「その為には、

国際社会全体からの徹底した圧力と

米軍による限定攻撃」等が

「合理的になる」。

「圧力だけ」では

「{平和仮面}等を駆使して逃げ続けようとし、

{自首}していない」のが

「北朝鮮金政権の実態だから」だ』。

『「未だに、

北朝鮮金政権等の実質的、手下、情報・教育機関等の様相さえ露呈している場合も多い

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、金正恩の再訪中等を受けて常連出演者等が「朝鮮金政権ご用達論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮金政権の不当要望」は「行い続けて来ている散々の極悪事や過去の合意反故等は無い事にしたまま、

「米朝首脳会談を平壌か板門店で行い、

段階的核放棄等による見返りを得る、

{三度目の合意}を得る事」だ。

「その策略」に

「米国トランプ大統領を落とし込む事」だ。

「もちろん、米国トランプ政権」は

「北朝鮮金政権の策略等は既に、お見通し」だから、

「米朝首脳会談はシンガポールで行う旨、北朝鮮金政権に伝えた」。

「更に、

北朝鮮金政権等による散々の極悪事と合意反故に対する応分の罰」として

「北朝鮮金政権」の

「核兵器はもちろん、核兵器以外の大量破壊兵器の廃棄」も、

「ある程度以上大きなミサイルの廃棄」も

「工作活動等の問題とも密接に関連している人権の改善」も

「強く求めた」』。

『「ここで、焦った」のが

「未だ、{自首}状態に無い、

極悪のまま逃げ続ける上に、更なる悪徳利権等の増大まで目指している

北朝鮮金政権」だ。

「北朝鮮金政権の微笑み外交等」と、

「主として、日韓内等の北朝鮮金政権の手下等やその協力者等による、

世界中の多くの人々に南北平和・融和イメージを持たせる情報工作」等により

「米国トランプ政権の軍事オプションを実質的に、封じ、

更に、米朝首脳会談の開催場所を平壌か板門店にする事」で

「米国トランプ政権が

北朝鮮金政権の不当要求を呑まざるを得ない状態をつくり出す工作」が

「破綻したから」だ。

「金正恩等」が「大慌て」して

「再訪中」したのは、

「北朝鮮金政権と韓国従北大統領政権ダケ」では、

「この事態を変える事が無理だから」だ。

「中国習政権を味方に付け、

中国習政権に米国トランプ政権に働きかけてもらう事」等により

「北朝鮮金政権が要望している路線に

米朝首脳会談等を何としても乗せる工作」を

「金正恩等は、必死に行った」。

「しかし、北朝鮮金政権が得た成果」は「虚しいモノ」だった。

「それは、発表された習主席と金正恩の写真等の表情等から良く判る」。

「少し考えるなら、誰もが直に分る当たり前の事」だが

「中国習近平政権が、米トランプ政権と北朝鮮金政権のどちらを選択するのか?等」は

「明らかな事」だ。

「過去の合意を反故にして来ているのだから

今回は過去とは違う事を立証する為にも

北朝鮮金政権よ!本気で誠実に米朝会談を行え!等の旨」が

「伝えられた事」は

「想像に難く無い」。

「北朝鮮金政権による、戦争になったら・・・等の{脅し}等も

平和・融和イメージ工作等も、

効果無しだった筈」だ。

「習主席はトランプ大統領に電話会談」で

「金正恩等の{希望}を伝えた筈」だが

「もちろん、それは、金正恩は未だに、寝言を言っている等の伝達でもある」』。

『「北朝鮮に戻った金正恩等」は

「米国ポンペオ国務長官の訪朝を受け、

拘束されている三人の米国人の解放と

米朝首脳会談開催地・日時・議題・合意内容等に対する

北朝鮮金政権の返答等を求められている筈」だが

「どちらも、先延ばしにする可能性も決して少なく無い」。

「時間稼ぎをしている間に、

更なる、核・ミサイル等の開発とその脅し等と

他国内での工作活動等により、

何としても、北朝鮮金政権の{希望}を通そうとする」のが

「{自首}前の極悪人等の常だから」だ』。

『「日本の中の北朝鮮金政権の実質的、手下等やその協力者等」も

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等を必死に頑張っている様相だ」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等情報工作

~北朝鮮金政権にとって良い状態を是とする民意誘導~増大化工作等」も

「政界従北政権化の為の北朝鮮に厳しい政権を貶める工作等」も

「その実例になる」』。

『「本日のテレ朝朝番」では

「常連出演者等が、

未だに」、

「首脳会談の開催場所はトランプ大統領の思い次第で

板門店で行い、ドラマチックな演出をするなら

米国中間選挙も有利になり、

トランプ大統領のノーベル平和賞も・・・」等の旨まで

「喧伝していた」。

「もちろん、言うまでも無く、

実効の無い、パフォーマンスだけの、

米朝首脳会談やその後の合意等」では

「米国トランプ大統領はもちろん、

米国共和党政権の

権威・名誉・人気等も、

失墜する」。

「中間選挙では米国民主党が勝ち、

トランプ政権はレームダック化する」。

「北朝鮮金{独裁政権}等は

弱体化せず、むしろ、不当増長等し易くなる」。

「在日の母を持つ、北朝鮮金正恩{独裁政権}はもちろん、

北朝鮮金正恩{独裁政権}等の

命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等を

主として、日韓内等、他国内で行い続けている者たち等にとっては

都合の良い状態が其処に在る」。

「米国要人等による南北分断状態好都合論も酷かった」。

「現状の朝鮮半島内が分断状態のままなのは、

言うまでも無く、

東西冷戦終結後も、北朝鮮が極悪非道な独裁政権だから」だ。

「東西冷戦終結後、北朝鮮が民主化されていた、もしくは、

中国共産党支配下の中国並みになっていた」なら

「朝鮮半島内も緩やかに統一方向に動いて来ていた」が

「北朝鮮が極悪非道な独裁政権のまま・・・だった」から

「事態はより深刻化して来ている」のが

「現実」だ。

「米国の都合で分断状態が継続している旨のインチキ論」は

「実質的に、極悪非道な北朝鮮金独裁政権を黙認・容認等させる論」でもある』。

『「拉致工作や

主として、日韓内等、他国内での非人道的な粛清等の工作まで含む工作や

大韓航空機の爆破工作や

他国内での爆破要人殺傷工作や

他国内での化学兵器使用暗殺工作や

偽札製造~使用や

覚せい剤等製造~使用や

ネット悪用、情報・資金等不当搾取やコンピューター等破壊工作や

多くの北朝鮮国民衰退化支配政策や

政権維持の為の恐怖政治・・・公開処刑・粛清等々や

国際的合意を反故にした核等開発や

・・・等々、・・・等々、

散々の極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権の実態」は

「国際法上合法な戦争を行い、敗戦国になった国等より

遥かに酷い」。

「戦争になれば、アッと言う間に負けるから・・・」と、

「非人道的な手段による北朝鮮国民支配」と、

「他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等と

核・ミサイル・大量破壊兵器等々の開発~実戦配備等の重大問題行動等」を

「元」に、

「体制維持を図り続けて来ている

「極悪非道な独裁政権・・・陰険なナチス・ヒトラー」の

「実体が其処に在る」』。

『「北朝鮮金政権」が

「早々に{自首}しない」なら

「米国は

北朝鮮の核・ミサイル・工作活動指令部等に対する

限定攻撃を行うべき」だ。

「限定攻撃の後なら、北朝鮮金政権が{自首}する可能性もかなり高くなる」。

「米朝首脳会談」を

「限定攻撃~北朝鮮金政権の{自首}後に行なう」なら

「正道・常道上に在る国々・国民等にとって

良い実のある成果」が

「得られる事になる」。

「平和・融和イメージの裏で

北朝鮮金独裁政権が極悪非道な工作活動等を連綿と続けられる状態」では

「ノーベル平和賞等に値する訳も無い」が

「正道・常道上に在る国々・国民等にとって

良い実のある成果が得られた」なら

「それは、正に、ノーベル平和賞等が与えられて当然の事になる」。

「米国トランプ政権も、全世界も、

上辺の平和・融和イメージ等に三度も騙される事無く、

陰険なナチス・ヒトラーを{自首}させ、

或いは、

逮捕・排除・駆除等し、

壊滅させる実を取るべき」だ』。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」に

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上や

政財界上等々」で

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「選挙のある政界では、それらの勢力は当然の如く、マイナー」だ。

「選挙の無い界の是正が激烈に求められている」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

未だ、{自首}していない、極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている、在日の母を持つ、北朝鮮金独裁政権との日朝首脳会談や国交正常化等を望む日本の中の実質的、北朝鮮金政権の手下等・・・。

『「北朝鮮金政権が現状で望んでいる事」は「散々、積み重ねて来ている極悪事を不問にしたまま、

核・ミサイル・他国内での工作活動等も完全放棄しないまま、

実質的には、北朝鮮金政権等の工作によりつくり出されている

平和イメージ・南北融和イメージ等上で

各国との首脳会談を行い

制裁解除や支援等を得る事」に他ならない。

「だから、実際に、

核放棄も言うダケ、使えなくなった核実験場を閉鎖するダケ、等々の

既に、保持している核兵器温存と

裏で行われている核兵器製造~実戦配備等には

差支えの無い事等しか行わず、

平和イメージ・融和イメージ構築には大いに役立つ

各国との首脳会談等には極めて積極的」だ。

「北朝鮮の新聞」では

「平和・融和が進んでいるのに、制裁解除をしないのはけしからん旨まで

記載されている」との

「テレビ報道まであった」。

「北朝鮮金政権」は

「国際社会を騙し、

制裁を解除し、支援等を得る為」の、

「三度目の詐欺を企み、実行し続けている」』。

『「北朝鮮金政権の三度目の詐欺」を

「応援している」のが

「北朝鮮金政権の実質的、手下やその協力者等の

テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「そんな状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「日韓内にはもちろん、欧米でも少なからず在る」。

「三度目の詐欺が成立してしまうとどうなるのか?」は

「言うまでも無い事なのに!」』

『「北朝鮮金政権」は

「国際社会を騙す事に成功する度に、

制裁解除や支援等を不当に受け、

極悪非道な独裁体制を維持する為に

核・ミサイル・他国内での工作活動等を

強化し続けて来ている」。

「実際は使えない、使えば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」の

「核・ミサイル等は、脅しの道具としてのみ使い」、

「主として、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等により

極悪非道な独裁政権のままの延命~不当増長」を

「実現して来てしまっている」。

「現状の各国のあり得ないマスコミ論調等の裏」には

「北朝鮮金政権等による工作活動等が在る」と

「強く推定出来る」』。

『「普通に考える」なら

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権には、

{自首}を薦める」。

「{自首}しないなら、強制的に逮捕する」。

「逮捕が無理なら、駆除・排除等する」。

「その結果、

圧政に苦しめられ続けて来ている多くの北朝鮮国民が解放され、

北朝鮮金政権の命令・指令の下の、主として、日韓内等、他国内での工作活動等も無くなり、

北朝鮮金政権の核・ミサイル等の問題も解決出来る」。

「拉致問題も、極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている{自首}前の政権との交渉では

解決不能」だが

「北朝鮮の政権が別の健常な政権になる」なら

「簡単に解決出来る事になる」』。

『「米朝首脳会談」も

「{自首}前の北朝鮮金政権と板門店ではあり得ない」。

「何故なら、ロクな成果・結果が期待できる訳も無いから」だ。

「実質的には、行っても無駄な{自首}前の北朝鮮金政権との首脳会談」を

「どうしても、行うなら、中立第三国内で」が「当然」になる。

「首脳会談で問題が解決出来ない」なら

「どうするべきか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「例え、米軍が限定攻撃を行っても、北朝鮮は反撃出来ない」。

「万一、反撃するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「米軍の限定攻撃により、

核・ミサイル関連施設や

工作活動指令部等を

殲滅する」なら

「北朝鮮金政権は{自首}せざるを得なくなる」』。

『「未だに、{自首}前の北朝鮮金政権との交渉等を訴えている

似非平和主義者の正体」は

「極悪非道なままの北朝鮮金政権を支援している

北朝鮮金政権等の実質的、手下等」になる』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」や

「学校教育界」等々には、

「朝鮮系の人々が多数居る」。

「南北分断以降は、北朝鮮系になった者たちが多数居る」。

「もちろん、北朝鮮金政権の命令・指令の下の工作活動等無縁で

日本で平和に暮らしている方々は全く別」だが

「工作活動等を行っていたり、協力等していたりする者たち」には

「日本政府も警察等も強い態度で是正を求めるべき」だ。

「工作には、情報・教育工作も、政界工作も、粛清工作も、在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「朝鮮人悪権力者やその手下等ご用達の朝鮮半島近代史論」等を常連出演者等が日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「先の大戦時の朝鮮人徴用工」と「日韓併合時の朝鮮人徴用工」と「日本による植民地支配時の朝鮮人徴用工」の

「どの表現」が「事実・現実に近いのか?」

「言うまでも無く、先の大戦時の朝鮮人徴用工」だ。

「多くの日本人男性が徴用され、

多くの場合勝ち目の無い戦場に強制的に送り込まれていた時代」には

「朝鮮人の徴用」等も

「在った」。

「従軍高報酬売春婦と同じく

戦時中という非常時に起きていた

平時なら問題となる事」を

「戦後何十年も経ってから、

現在の問題感覚の下で持ち出し、

大騒ぎする事」で

「政治・経済等の悪徳利権取得を画策する」。

・・・「実に、醜悪な工作実態が其処に露呈している」が

「その工作の元は、北朝鮮金政権等」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮金政権等の手下状態の韓国民も、日本国民も、

確信犯の悪では無いのなら

いい加減に、手下状態から抜け出すべき」だ』。

『「歴史上の現実」では

「日清戦争に勝利した日本は、台湾を清から割譲された」。

「日本は台湾に軍事侵攻して占領~支配した訳でも無く、

清による支配時代より、

日本による近代化同化政策時代の方が遥かにマシだった」上に、

「日本の敗戦時にも不当利権を貪り取ろう等とはしていない」から

「多くの台湾の方々は戦後も素直に親日に成れている」。

「朝鮮人悪権力者やその手下等ご用達論」では

「日本は朝鮮を侵略~支配した」だが

「もちろん、歴史上の現実は違う」。

「元々、日韓併合前の韓国」は

「単独では国の存続さえ出来ない状態に陥っていた」。

「それまでの韓国権力者による多くの人民を衰退させる事による支配故」だ。

「ロシアや清等が、衰退した韓国の侵略~支配を始めていた」。

「二国間の契約である日韓併合の前」に

「日本の韓国は日本が韓国を保護する条約を締結している」。

「当時の韓国の権力者等は、保身と国の存続の為に、先ず、日本による保護を求めた」。

「その後、日本のよる保護政策が余りにも好都合だった為

対等合併を望む様になるが、

実際に締結出来た二国間の契約」は

「国力相応の日韓併合」だった。

「日韓併合により日本よりの同化政策が行われる事になった」のが

「当時の朝鮮半島内の実態」だ。

「つまり、日本が武力を元に朝鮮半島内を侵略~支配したのでは無く、

一国では国の存続さえ困難になっていた当時の韓国の権力者等が

保身と国の存続の為、日本と国家間契約を締結した」のが

「現実」だ。

「当時の韓国の王朝は、日本の皇族に準じる立場を得て、

当時の韓国の貴族は、日本の貴族になった」。

「朝鮮半島内で実際に行われていたのは、

日韓併合契約に基づく近代化同化政策」だった。

「当時の韓国国民の多くは、

それまでの王朝等による支配より

日韓併合以降の近代化同化政策の方が良く実感していた」から

「当時の朝鮮半島内には、

日韓併合は悪く無い、むしろ、良かったと考え・思い・言う人々が数多く居た」。

「日韓併合時の近代化同化政策に武力まで用いて抗った」のが

「3.1抗日集団等」だったが

「それらの反政府勢力」は

「多くの朝鮮人からも迷惑がられた」から

「多くの朝鮮人も率先して、その排除に動き、

時と共に、白頭山の山中に追いやられ、

大勢に影響の無い状態になった」。

「近代化同化政策が進むにつれ、次第に、仲を深めて来ていた

日本人と朝鮮人の状態を一変させた」のが

「旧日本軍による中国への侵攻から始まる先の大戦」だった。

「中国だけでは無く、米国とも戦う、全く勝ち目の無い大戦争に突入してしまった事により、

日韓併合時日本国民だった朝鮮人の中にも

日本の敗戦を見越した企みを持つ者たちが少なからず出て来た」。

「日本が負けるなら、朝鮮半島内は・・・、

自主的に渡来した日本本土内では・・・、

同じ日本国民では、敗戦後に強い発言権等は得られない・・・、

・・・等々の考え・思いの先」に

「国と国との国家間契約を日本による侵略~植民地支配に{してしまう}策略」等が

「誕生する事になる」。

「そして、日本の敗戦後、

日韓併合時に米国に渡り、

米国要人等に対し、植民地支配詐欺を行い続けていた李承晩等を

利用した

米軍の占領政策に深く食い入る策等」が

「実行された」。

「米国に対抗」し、

「旧ソ連が担ぎ出した」のが

「金日成」だった。

「素直に、日韓併合契約を解消する策を採っていた」なら

「朝鮮半島内の統一状態も保てた筈」だが、

「南北それぞれの勢力が、

火事場泥棒的に、戦後朝鮮半島内の支配権を争う状態となった」ので

「朝鮮半島内」は

「南北に分断された」』。

『「朝鮮半島内統一の為」には

「北の民主化が一番」で

「北の民主化前の平和・友好ムード等ダケ」では

「今までの、二の舞・三の舞になる」。

「北朝鮮金政権」が

「独裁を止め、核・ミサイル・他国内での工作活動(非自動的なモノも多い)等を

完全放棄する」なら

「朝鮮半島内は、民意を基に、緩やかに統一されて行く事になる」。

「独裁支配者が居る間」は

「独裁支配者による支配か?

民主主義側が独裁政権の支配を排除するか?

にしか成り得ない」から

「統一もあり得ない」。

「経済・思想麻薬等でどんなに誤魔化して」も

「この根本的な実体は変わらない」。

「根本的実体が変わらないまま時を重ねる事」は

「独裁支配者側を不当に利すダケに成り易い」。

「融和政策等で経済支援等を行っても、

その利の多くは独裁者に押さえられるから、

独裁支配が崩れる訳も無い」。

「それは、過去二回が実証している」。

「北朝鮮金政権の問題」は

「より深刻化したダケ」だ』。

『「北朝鮮金政権」が

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄し、

金血統独裁支配も止めるまで、

圧力等を加え続ける事」こそが、

「北朝鮮金政権問題への正当な対処法になる」。

「圧力で{自首}しない」なら、

「逮捕・駆除・排除等こそが正道になる」』。

『「其れなのに、未だに、北朝鮮金政権等ご用達論を

日本の公共の電波上等にばら撒き続ける事等により、

多くの視聴者の頭の中に、

北朝鮮金政権等にとって都合の良い考え・思い等を持たせよう・・・としている様相」の

「テレビ番組等」には

「本当に呆れる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

米朝首脳会談の場所・日時の発表前に、米韓首脳会談が行われる旨公表されたが・・・。

『「北朝鮮金政権が{自首}している」なら「米朝首脳会談の開催場所として板門店もアリ」だが、

「現状の北朝鮮金政権は{自首}していない」。

「当たり前の事」だが

「{自首}前の首脳会談が北朝鮮のお膝下で行われる訳も無い」から

「米朝首脳会談」は

「シンガポール等、中立第三国内で行われる事になる」』。

『「もちろん、{自首}」前の北朝鮮金政権との首脳会談」では

「ロクな成果は期待出来ない」。

「交渉決裂~トランプ大統領が席を立つ事態」も

「容易に推定出来る」。

「タダ単にトランプ大統領が席を立ったダケ」なら

「問題の先送り&北朝鮮金政権に更なる時間を与える事にしかならない」から

「当然、米側は席を立った後の事の準備までしておく必要がある事になる」』。

『「上記の様な事態」が

「露わになっている現状」で

「米国が韓国従北政権の大統領を{呼び出す}事の意味」は

「もはや、言うまでも無い事」になる。

「交渉決裂の場合は、限定攻撃等を行うから、従北大統領よ、覚悟して、協力せよ!」だ』。

『「北朝鮮金政権」は

「一刻も早く{自首}するべき」だ。

「早々に、

核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄しない限り、

北朝鮮金政権に延命の目は無い」』。

『「未だに、スポーツ競技等の世界まで政治利用」して

「平和・融和イメージ騙し」で

「{自首}」を逃れ続けようとし続けている極悪人等」の

「実体は既にバレバレ」だ。

「裸の王様である事を気づけない」のは

「ちゃんと実体を映し出す鏡さえ見れない、持たない者たち等」か、

「相当なおバカ」か、

「確信犯の悪」等と

「相場は決まっている」。

「劣悪政権・極悪政権等に未来は無い」のは

「当たり前の事」だ。

「一刻も早い、核・ミサイル・他国内での工作活動等の完全放棄等による{自首}をする」なら

「北朝鮮金政権にも未来が在る状態が生じ易くなる」。

「それなのに、中国要人との首脳会談でも核放棄さえ明言しなかった」のが

「金正恩等の現状」だ。

「現状のまま」なら、

「自滅にせよ、

他力崩壊にせよ、

北朝鮮金政権の未来は非常に短いモノになる」』。

『「{優しい}トランプ大統領」は

「板門店での首脳会談を熱望」し

「北朝鮮金政権の一刻も早い{自首}を待っている」。

「北朝鮮金政権等が自滅の道を転がり落ちるも

自滅を避けられる道に這い上がるも、

北朝鮮金政権次第」で

「それは、

代償欲求の過剰追及の世界に過ぎ無い、

比べっこによる他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配という

代償欲求過剰追及の世界の一つの極である独裁制度等」から

「自主・自立・自己責任が当たり前になる

自己健常支配の継続を主とする

本来欲求充足&本質・快適探究等の今時の人間社会制度等」への

「健常進歩・正常進化の神(≒自然の摂理)等」からの

「人類存続の為の根本要求」でもある』。

『「神(≒自然の摂理)からの要求を無視し続ける者たち等に待っている」のは

「この世(もちろん、あの世など無いが・・・)からの必然的な排除」だ』。

『「韓国従北大統領」等も

「人間としての本分を忘れていない、失っていない」なら

「北朝鮮金政権には{自首}を薦める」のが

「当たり前」だが、

「そう出来ていない裏」には

「北朝鮮金政権同様のバックボーンが在る事になる」。

「まぁ、北朝鮮金政権の命令・指令等の下の韓国内の工作活動等により成立出来た政権」なら

「当然の実態」だが』。

『「日本の中の北朝鮮金政権の手下等やその協力者等」も

「平和・融和イメージを増大させる事等」により、

「{自主}しないままの北朝鮮金政権の延命~不当増長等を応援し続けている」。

「普通の感性や頭脳等が在る」なら、

「既に、散々の極悪事を積み重ねて来ている

未だ、{自主}さえしていない北朝鮮金政権」が

「{自首}していない独裁政権のまま生き延びる為」の

「平和・融和イメージ等には、乗せられず、応援・支援等もしない」のが

「当然になる」が。

「在日の母を持つ金正恩独裁政権にとっての{平和}」とは

「朝鮮半島の支配はもちろん、日本の支配も出来てこそ、{平和}になる」。

「体制維持の為には、

体制にとっての不適応言論の圧殺はもちろん、

体制にとっての不適応分子の粛清までもが必需になる」のが

「独裁政権」だ。

「北朝鮮金政権も言うまでも無く、独裁政権」だ。

「もちろん、そんな独裁政権にとっての{平和}」は

「自由・民主主義社会の平和では断じて無い」。

「平和という上辺の言葉は同じでも本質は全く違う」。

「それは、融和でも同じ事」だ。

「独裁政権と自由・民主主義社会の平和の違い」等さえ

「十分に言わないテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当にどうかしている」。

「其処に露呈している実態」は

「余程のおバカか、

北朝鮮金政権等の実質的手下等」になる』。

『「もちろん、言うまでも無く、

余程のおバカや、

北朝鮮金政権の手下等」に

「日本の公共の電波上や日本の公共的マスコミ上や日本の政財界や学校教育界等々」で

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「幸いな事に政界には選挙がある」ので

「当然の如く、北朝鮮金政権の実質的、手下や協力者等は、今や、少数」だ。

「残念な事に、テレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界や財界や学校教育界等々には

選挙も無いから、実権者人脈の交代も無い」。

「財界の場合は、取引しない、買わない等の防衛手段もある」が

「多くの日本国民が

意識的かつ積極的に行わなければ、その効果も薄い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の場合」は

「一枚岩状態」だから

「見ない、読まない、では、実体や事実・現実情報等を失わされてしまう」。

「ネット普及で、ある程度は改善されているが、

メディア情報抜きの個人レベルで

現状社会等把握の為に必要な情報群を得る事等は、

未だ、かなり、困難」だ。

「つまり、取引しない、買わない等の対策さえ行い辛い」のが

「戦後日本の一枚岩テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「一枚岩状態であるが故に、生じている、悪徳利権等が其処に在る」。

「戦後日本社会が抱え続けさせられている

早急に是正すべき重大問題」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「北朝鮮の平和イメージ外交」は卓球の世界まで浸食しているが、中趙会談では核放棄さえ明言してないのが北朝鮮金政権の実態だ・・・。

『「多くの人々」は「平和」に「弱い」。

「何故なら、多くの人々が平和を渇望しているから」だ。

「平和VS戦争対立上の平和ダケ」では「無く」、

「実人間生活上では、数々の平和渇望事態が在る」。

「それが、現状の多くの人々の現状に他ならない」。

「悪」は、

「その様な多くの人々の現状から必然的に生じている感さえ

悪の為に利用する」。

「本当の平和状態は悪にとっては都合が悪い」から

「平和イメージだけを悪用している場合が多い」』。

『「平和イメージ」だけ

「悪用した悪の思惑等」で

「操られる」と

「知らず知らずの内に大悪を容認せざるを得ない状態に追いやられてしまう場合が多い」。

「悪の罠にハマった善人・常人等は、

悪の罠にハマった段階で悪に身体や思考や心等の一部を

押さえられてしまうから」だ』。

『「平和等に関する事」は

「イメージレベルで判断せずに、実体を確かめる事等が非常に重要である理由」は

「其処に在る」』。

『「さて、

上記の今時の人類として持つべき常識等」から

「現状の北朝鮮問題平和解決イメージ等」を

「検証する」なら

「誰もが本当の事に気づく筈」だ』。

『「現実:として

「北朝鮮金政権」とは

「既に、散々の極悪事を積み重ねて来ている独裁政権に他ならない」。

「現状の金政権のドンである金正恩」は、

「未だ、過去の極悪事等を認め、謝罪等している{自首}状態では無い」。

「独裁政権にとっての平和」とは

「その独裁政権による支配が行われている状態に他ならない」。

「在日の母を持つ金正恩独裁政権」なら

「朝鮮半島内の支配はもちろん、日本の支配まで出来てこそ

{平和に出来た}事になる」』。

『「北朝鮮の核・ミサイル・主として、日韓内等での工作活動(非人道的なモノも多い)等」とは

「{北朝鮮金政権にとっての平和}を構築する為の策に他ならない」。

「北朝鮮金政権の体制存続を認める事」とは

「{北朝鮮金政権にとっての平和}構築を認めさせられてしまう事でもある」』。

『「全人類」は

「平和イメージ」に

「絶対に騙されてはいけない」』。

『「北朝鮮金政権が本気で本来の平和を探求している」なら

「その障害となっている核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノ多い)等」を

「完全放棄する宣言から始めている筈」だ。

「ところが、実際」は、

「核放棄と言えば、

北朝鮮自体の核放棄では無く、朝鮮半島内の非核化と

朝鮮半島内かが米軍核を追い出す目論見を前面に出している状態」だ。

「ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等の放棄」には

「未だ、十分に言及してない」。

「更に、今回行われた中・朝会談では

核放棄さえ明言してない」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権」は

「未だ、逃げ続けようとしているばかりか、

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非陣投擲なモノも多い)等

更なる極悪事までも実行中」というのが

「現実」だ』。

『「卓球で、南北合同チームを急につくる事による平和イメージ増大」は

「未だ、行い続けている

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

誤魔化す為の

北朝鮮金政権やその協力者等による

煙幕策略等に他ならない」。

「全世界がそんな策略に踊らされていて良い訳も無い」』。

『「北朝鮮金政権が{自首}し、

核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を完全放棄するまで、

全世界は、北朝鮮に圧力を徹底的に加え続けるべき」だ。

「それでも{自首}しない」なら

「強制的に逮捕するか、逮捕が無理なら、排除・駆除等する」のが

「人類が行うべき、極悪政権に対する正当な対処法」になる』。

『「平和イメージ工作」で「騙され」、

「道を誤る事」は

「人類滅亡への特急券を買う事に他ならない」』。

|

TOKIOの{騒動売り}宣伝が激しいが・・・。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界と芸能界の繋がりの濃さ、或いは、人脈の同様性等が良く判る」。

「筆者等」は

「メンバーの一人が、強制わいせつ事件等で起訴猶予になった事等」を

「ダシ」に

「そのメンバーが所属しているグループ」を

「トップニュース等として扱うのは何故???」と

「感じていた」ら

「TOKIOのリーダー」が

「五人は一人の為に、一人は五人の為に!」と

「北朝鮮の独裁政権正当化の為の屁理屈である主体思想、

みんなは一人の為に、一人は皆の為に!」と

「同様の事を喧伝した」ので、

「北朝鮮人脈の意向等だったのねぇ・・・」等と

「思わず、納得してしまった」。

「同様の感を抱いた方々も少なからず居る」と思う』。

『「この手の問題」には

「当然の如く繋がりが在る」。

「例えば、北朝鮮人脈のだったなら、

そのグループやそのグループが所属しているゲイノウ事務所等の稼ぎ等も

北朝鮮金政権等に流れているのでは・・・等の

疑いは、少し考えるなら、誰でも持てる事」だ。

「ジャニーズのドン、ジャニー喜多川(だったと思う・・・)の本意」は

「ジャニー北流れを意味するジャニー北川だったりして・・・」等の「感」も

「拭い切れなくなる」・・・。

「万一、その様な事態が本当に実在してしまう」なら

「ジャニーズファン等は知らず知らずの内に、

北朝鮮金政権に献金等させられているかも知れない事になる」・・・』。

『「その様な危険性の存在さえ想起させた」のが

「リーダーの、五人は一人の為、一人は五人の為!喧伝」だった』。

『「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ界等」では

「圧倒的に、ジャニーズと吉本等が強い」。

「戦後日本のゲイノウ関係の仕事」は

「かなりの割り合いで朝鮮系の人脈に押さえられ続けて来ている」。

「南北分断後は、当然の如く、ゲイノウ界も北と南に分かれた」。

「集団工作活動(非人道的なモノも多い)等まで実用している北人脈」が

「昨今の日本社会の中で、かなり有利に事を進めて来ている事」は

「疑いの余地は無い」』。

『「今、北朝鮮金正恩にとって重要な事」は

「独裁体制が悪く無い事等を世界の中で大衆周知させる事」だ。

「独裁政権問題がクローズアップされる」なら

「北朝鮮金政権による散々の極悪事等も必然的に大注目される事になる」が

「独裁政権問題が問題にされない状態になる」なら

「例え、散々の極悪事を積み重ねて来ている{自首}していない独裁者でも、

その場の上辺のイメージ等で

大衆を騙す事が容易になる」。

「その為の情報工作の臭いさえ濃厚に漂って来る」のが

「多くのテレビ等がトップニュース扱いで伝えている

TOKIOの会見」だ』。

『「北朝鮮金政権の問題」は

「北朝鮮ダケの問題では断じて無い」。

「戦後日本の重大問題でもある」。

「現実として、

日本国内にも北朝鮮金政権の実質的、手下等やその協力者等が少なからず居る」。

「拉致を含む数多くの集団工作活動が連綿と続けられている裏」には

「相応の数の北朝鮮金政権の手下やその協力者等の存在が必要不可欠だし、

実際に、日本国内に居る」から

「実際の拉致や飲食物工作・電磁波工作・侵入工作・医療工作・情報教育工作・政財界工作等々の

北朝鮮金政権の命令・指令の下の日本国内の集団工作活動等も可能になり、

実際に、行われ続けて来ている」。

「同様の事態、或いは、もっと、酷い事態」は

「韓国内にも在る」から、

「韓国では、既に、従北政権化く工作が結実してしまっている」。

「多くの日本国民はもちろん、全世界は、この現実」を

「決して、見逃してはいけない」。

「陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき、

極悪非道工作活動カルト宗教国家状態の北朝鮮の現実」を

「決して、誤解させられてはいけない」』。

『「北朝鮮金政権が{自首}し

核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を完全放棄するまで、

国際社会は徹底的に圧力を加え続けるべき」だ。

「それでも北朝鮮金政権が{自首}しない」なら

「強制的に逮捕する、逮捕も無理なら、駆除・排除等する」のが

「人間としての正道」だ。

「米軍は北朝鮮金政権が{自首}しないなら、

北朝鮮への限定攻撃等を躊躇うべきでは無い」。

「国際社会も北朝鮮金政権が{自首}しないなら

米軍の限定攻撃等を支持するべき」だ。

「韓国従北政権と北朝鮮金政権による{平和イメージ詐欺}に騙される事」は

「人類の未来を非常に短くする事と同じになる」』。

『「何れにしても、

一強制わいせつ事件で起訴猶予になったメンバーが居るゲイノウグループ等」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上等々で、

トップニュース扱いとし、

大々的に扱う事」は

「明らかに変」だ。

「悪事からみ」は

「宣伝にならず、戒めになる様に、

無視、もしくは、極少扱いが相応しい」。

「悪事問題、例えば、強制わいせつ問題等なら、

その特定の悪事を行った特定の者やその関連者の

有名人利権等を増大させない方法で、

強制わいせつ問題として、

例えば、

全ての事件の問題点や対処法等を

情報配信等する」のが

「正当な情報配信方法」になる』。

『「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「特定の者たち等の有名人利権等を増大させる情報配信」は

「得意」でも

「今時の情報配信として健常状態になる情報配信は十分に出来ていない」。

「つまり、レベルが明らかに劣悪過ぎる」』。

『「劣悪レベルの仕事等しか出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「北朝鮮の核廃棄は完全には出来ない論」等を喧伝していたが・・・。

『「散々の極悪事を積み重ねて来ている金独裁政権のまま、実質的、核兵器保有国として全世界に認めさせたい」のが

「北朝鮮金政権の思惑」だ。

「その思惑の都合に沿う論」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上等で喧伝等している」のが

「実質的、日本の中の北朝鮮金政権等の手下等」になる。

「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮の核放棄は完全なモンで無ければならない」。

「何故なら、当たり前の事だが、

散々の極悪事を積み重ねて来ている独裁政権の核保有の放置・容認等」は

「核の脅しの下で、散々の極悪事を放置・容認する事と同じ」で、

「人類が絶対に行ってはいけない事だから」だ』。

『「政権交代のある民主主義国家等の核保有なら、未だ、安全度が高くなる」から

「北朝鮮が独裁政権を止める」なら

「未だ、話しは分る」。

「しかし、

北朝鮮が独裁政権を止める事=金独裁政権による散々の極悪事の

罪を認め罰を受ける事による政権交代~民主化等」だ。

「未だ、{自首}さえしていない、ばかりか、

核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を駆使して

散々の極悪事の罪を黙殺せしめ、罰から逃れ続けようとしている」のが

「現状の北朝鮮金政権の実態」だ。

「核についてなら、完全核放棄以外は認めてはいけない状態が其処に在る」。

「それなのに、テレ朝朝番常連出演者等」は

「北朝鮮が実質的、核保有国として全世界に認められる状態」等を

「日本の公共の電波上で喧伝等していた」。

「見事!(もちろん、皮肉)なまでの北朝鮮金政権の手下ぶり」だ』。

『「もちろん、

北朝鮮金政権の手下等を

日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や

学校教育上等々で

常連出演等させたり、

常筆として重用したり、

教師・教授等々として重用等

し続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮金政権にしてみれば

米朝首脳会談の開催場所は

ベストは平壌等北朝鮮内で

次は、板門店等従北政権状態の韓国と北朝鮮の間になる」。

「北朝鮮金政権と韓国従北政権による南北首脳会談」が

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を北朝鮮が放棄する具体策等無しのまま

異常なまでの{平和ボケお祭り}化している」のは

「韓国が従北政権だからに他ならない」。

「かつての、金・金や金・盧と同様の三番煎じ」が

「其処に在る」。

「今回は違う」等は「全くのインチキ論」だ。

「根本的に北朝鮮金政権と韓国従北政権による

{平和・融和等イメージ増大の為のイベント}に過ぎず、

その目的は

北朝鮮金政権の利権増大・延命等」だ。

「だから、実際に、

北朝鮮金政権の脅し利権が減る事に直結している

具体的な核・ミサイル・他国内での工作活動等放棄の実態が無い」。

「在るのは、使えなくなった核実験場の閉鎖」と

「米国が強く出て来ている現状では、行える訳も無い

核・ミサイル実験等の停止」等ダケだ。

「代わりに北朝鮮金政権が得ようとしている」のは

「連綿と続けられる関係各国等との首脳会談等」で

「その平和イメージを先走りさせ、全世界を騙せている間の分ダケ

北朝鮮金政権」は

「一番困る戦争等を遠ざけられると共に

他国内で今も行い続けている工作活動(非人道的なモノも多い)等を

強化・増大等させながら継続出来る時間を得る事等も可能になる」。

「主として、日韓内等、他国内での工作活動等により、

先ずは、韓国、そして、日本を従北政権化出来てしまう」なら

「北朝鮮金政権が、

散々積み重ね続けて来ている極悪事等の責任や罪等を

問われる可能性もかなり減らす事が可能になってしまう」。

「散々の極悪事を無い事にして日韓を支配出来てしまう」なら

「北朝鮮金政権は当面の間安泰・・・という事」だ。

「北朝鮮金政権が受けるべき罰の代わりに、

絶大なる不利益が与えられてしまうのが

支配下に置かれてしまう日韓の国や国民等」で

「核・ミサイルの脅し」と

「他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)」等により

「そんな事態を実現する事を放置・容認・黙認等してしまった人類」には

「早々に、人類滅亡の時がやって来る事になる」。

「韓国従北政権は、

その絶大なる悪のメリットを北朝鮮金政権が得る為の、

絶大なる悪の協力をしているダケ」だ。

「全世界の人々」は、

「詐欺等が得意中の得意である精神構造を持つ国家・民族等の要人」等に、

「決して、騙されてはいけない」』。

『「万一、板門店で米朝首脳会談が行われてしまう」なら

「金正恩もトランプ大統領」も

「その反対人脈等から強烈に嫌われている」ので

「二人ともまとめて抹殺」という「シナリオの実現」も

「非常に容易になってしまう」。

「例えば、韓国軍の中の北朝鮮金政権の手下等で金正恩が嫌いな者等」が

「タダの一発、相応の破壊力を持つミサイルでも砲弾でも両者の居るところに打ち込めば、

両者共、オシマイ・・・」で

「戦争にもならず、

米国はトランプ政権では無くなる」。

「巧みに、金正恩ダケ、トランプ大統領ダケを狙う事も可能」だろうが、

「韓国軍からのミサイル・砲弾等で、

金正恩ダケ・・・では

北朝鮮の反撃を誘発する事になるから困難」だ。

「トランプ大統領ダケ・・・」なら

「北朝鮮金政権等も大喜びになる」・・・』。

『「朝鮮人の懐に入っての首脳会談では、

朝鮮人が有利になる事」は

「言うまでも無い事」だ。

「トランプ大統領が席を立つ」なら

「トランプ政権を終わらせる韓国軍の中の北朝鮮の手下等による工作攻撃」等までもが

「容易になるところでの米朝首脳会談」は

「その分だけ金正恩がトランプ大統領から譲歩を引き出し易くなる」ので

「絶対に行うべきでは無い」』。

『「米国は、板門店での米朝首脳会談は絶対に行うべきでは無い」。

「シンガポール等中立第三国での首脳会談」なら

「自首前の金正恩等なら、行っても無駄」だが

「行う事がより悪い状態を急激に呼び込む事等には直結しない」』。

『「米国トランプ政権」が

「北朝鮮金政権問題を

どんな手段を使ってでも

健常に解決する」なら

「トランプ大統領へのノーベル平和賞等も当然になる」が

「トランプ大統領」が

「金正恩との首脳会談」で

「金正恩に悪のメリットを与えてしまう」なら

「トランプ大統領」は

「荒らす憎むべき者」になる。

「その後は推して知るべし」だ』。

『「米朝首脳会談が行われるのか?否か?」は

「北朝鮮金政権が{自首}したのか?否か?」によって

「決められて然るべき」だ。

「{自首}していない金正恩との会談等は無駄なばかりか、

金正恩等に

更なる、悪事を積み重ねる時間と

悪のメリット等を

与えてしまう大悪事に

非常になり易い」。

「極悪人と会談・協議・交渉等して、

極悪人に更なる、悪のメリット等を与える必要は全く無い」。

「極悪人には自首を薦め、自首しないなら強制的に逮捕する、

逮捕も無理なら、排除・駆除等する、

それが、人間世界の正道」だ』。

『「金正恩等が{自首}しない」なら

「米軍は限定攻撃を行うべき」だ。

「それこそが、

6ッカ月以内に

北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等を完全撲滅する

唯一無二の道なのだから!」』

『「現状のトランプ大統領等による

{板門店でも良い}旨等」は

「ある種のリップサービスなのかも知れない」。

「極悪人に

米国大統領のリップサービスまでもが与えられても

極悪人が自首しない」なら

「どうするのが正解か?」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「北朝鮮金政権」は

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を直ちに完全放棄し

{自首}するべき」だ。

「{自首}する」なら

「延命や褒美等も大いにあり得る」が

「{自首}しない場合、待っている」のは、

「逮捕・排除・駆除等になるのだから!」』

『「昨夜のTBSでは、テレビ常連出演者の池上等」が

「日本はテロ先進国」と

「とんでもなく酷い事」を

「述べていた」。

「テロ先進国とは、テロを行っている方を先進と賛美している言葉に他ならない」。

「日本の状態を言う」なら

「テロ・工作活動等対策後進国」等になるが

「その様な当たり前の表現を使う」と

「日本の中の工作活動等問題にも必然的にスポットライトが当たる事になる」。

「つまり、工作活動等が黙殺状態であるが故に、非常に行い易くなってしまっている

現状の日本社会の中で、

悪の工作活動等を行い続けて来ている

北朝鮮金政権等の手下等の悪の利権を損ねる事にも繋がる」。

「その様な事情への配慮等故に、

テロ・工作活動等を行っている側を賛美等する事に繋がる表現を用い、

日本のテロ・工作活動等対策の後進状態を是正する世論等の喚起等を損ねた」なら

「その配慮は、多くの日本国民への配慮では無く、

日本の中でテロ・工作活動等を行い続けている者たち等への配慮になる」。

「この例の様に、

実質的には、

多くの日本国民の利より、

日本の中で工作活動等を行い続けている者たち等の利を図る

情報配信等を行っている者たち」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等で主流になっている」のは

「明らかに異常」だ』。

『「明らかな異常さの裏に在る」のは

「戦後日本の情報・教育等の毒か?人脈か?該当者の劣悪か?」

・・・「何れにしても、是正は急務」だ』。

『「ついでに、記しておく」なら

「今更、{君たちはどういきるべきか?}も無い」でしょう。

「戦前の日本社会の実態等を今時の日本社会に生きる人々に反映等させても、

時代遅れになるダケ」だ。

「例えば、上下関係で言う」なら

「年齢や上級・下級自体に上下が在るのでは無く」、

「いじめ、暴力等、悪い事を行った者が悪い事を行ったが故に下になる」のが

「今時の当たり前」だ。

「比べっこでは無く、本質を探究するなら、当たり前になる事」を

「比べっこの世界に傾注させる事で、本質探究を疎かにさせる」のが

「古書・歴史等、持ち出し、実質的、マインドコントロールの悪質なところ」だ。

「本質探究の為の実体解明等が不十分であったが故に、

比べっこ精神構造・精神文化の中で生きざるを得なかった時代の人々」の

「当時の問題解決模索物語等」は

「歴史を知る為等には有用」でも

「実践的には、時代遅れ」になる。

「本質探究が十分に可能になっている今時の人々に必要な情報配信等を行わず、

比べっこ精神構造・精神文化等を増大させる為には合理的になる

情報配信・教育等を行い続けている」のが

「今時としては、悪劣なテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」だ。

「多くの日本国民等を後進状態に貶める為等には合理的になる情報・教育等」に

「過分な力を与え続ける必要は全く無い」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

多くの番組で「北朝鮮金政権の延命策、米朝首脳会談や日朝首脳会談等を推奨している」が・・・。

『「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権」が「極悪事を止め、悔い、{自首}した後」なら「首脳会談も有意義になる」。

「しかし、現状の北朝鮮金政権」は

「明らかに{自首}していない」。

「それは、南北首脳会談時」に

「金正恩自らが命令した韓国への砲撃さえも詫びていない事」等からも

「良く判る」。

「現状の北朝鮮金政権」は

「散々の極悪事を未だ継続したまま、

核放棄するフリをする事や

他国との首脳会談等を積極的に行い続ける事等」により

「何としても、時間を稼ぎ」、

「その裏で、工作活動(非人道的なモノも多い)等を

積極的に強化・増大等させながら続ける事で

日韓等の乗っ取り支配等を実現」させ、

「極悪状態の独裁政権のままの体制維持」を

「世界の中で公然化させよう・・・としている状態」だ』。

『「北朝鮮金政権が核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄するまで、

全世界は圧力を高めながら加え続け、

北朝鮮金政権の{自首}を勝ち取る」のが

「ベスト」だが、

「それは、金政権が極悪であるが故に、実現困難」だろう。

「極悪人等に対する、ベターチョイス」は

「強制逮捕」になる。

「強制逮捕も無理」なら

「排除・駆除等が極悪人等に対する正しい道」になる』。

『「米国は

北朝鮮がリビア方式の核・ミサイル・他国内での工作活動等放棄を

実際に進めている実態を示さない」なら

「米朝首脳会談を止め

北朝鮮の核・ミサイル・工作活動指令部等に対する、限定攻撃をするべき」だ。

「北朝鮮が反撃する可能性は非常に低い」。

「何故なら、北朝鮮が反撃する」なら、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケだから」だ。

「現状では{自首}していない北朝鮮金政権」も

「米軍による限定攻撃の後なら{自首}せざるを得なくなる」。

「北朝鮮金政権が縋り付いている牙の多くが折られるから」だ。

「反撃すれば、完全消滅」、

「{自首}するなら、延命は可能」の

「選択を突きつけられた時、

北朝鮮金政権が選ぶのは、どちらになるのか?」は

「言うまでも無い事」だろう。

「未だ、延命の為に逃げ続けようとしている独裁者等が選ぶ」のは

「延命の道になる」』。

『「米朝首脳会談は板門店で行われる」等の旨「喧伝等している」のは

「朝鮮中心主義者等」だ。

「北朝鮮の軍備の脅しが効く板門店での米朝首脳会談は絶対に行うべきでは無い」。

「米朝首脳会談」は、

「北朝鮮が

リビア方式の核・ミサイル・他国内での工作活動等放棄を

粛々と行い続け、

仮に行われる事になった」としても、

「開催場所」は

「金正恩のトランプ大統領道連れ自爆脅し等」が

「不可能な場所に限定するべき」だ。

「板門店にトランプ大統領が行く事」は

「北朝鮮の罠に陥る道」になる。

「現状のまま・・・なら、米朝首脳会談は行っても無駄」だ。

「{自首}前の金正恩等では、どんなに話しても、ロクな結果は得られない」。

「それでも、

平和解決の努力を全世界に見せつける為等の目的で

米朝首脳会談を行う」なら

「その場所」は、

「北朝鮮の直下、板門店では無く、

中立第三国内に限定するべき」だ』。

『「工作活動継続中の極悪状態の金政権」と

「日朝首脳会談等を行っても、

日本国内の工作活動にも大きく関わっている拉致等の問題は解決し得ない」が

「{自首}や強制逮捕後なら

日本国内の北朝鮮金政権による工作活動等も無くなるので

拉致等の問題も容易に解決出来る事になる」。

「拉致等の問題を本当に解決したい」なら

「先ずは、北朝鮮金政権に{自首}させる事」だ。

「{自首}しないなら、強制逮捕・排除・駆除等により、

北朝鮮を金政権の独裁支配から解放させる事が必要になる」。

「当たり前の事」だ。

「{自首}前の日朝首脳会談等を喧伝する」のは

「北朝鮮金政権の実質的、手下等になる」』。

『「金独裁政権にとっての平和とは、金独裁政権による支配が完成する事に他ならない」。

「民主主義社会の平和と独裁政権にとっての{平和}は全く違う」。

「朝鮮半島」は

「北朝鮮が民主化するなら、徐々に統一されて行く」が

「独裁政権を維持したまま、

つまり、北朝鮮の現体制を認めたまま」の

「独裁社会と民主主義社会の統一」は

「独裁社会による支配による統一以外に在り得ない」。

「平和ムード」や

「北朝鮮金政権ご用達の情報」等で

「騙されている方々」は

「この根本的な現実」を

「思い出すべき」だ』。

『「少々の核兵器等は保有出来ているモノの、

未だ、弱小国状態である北朝鮮の金独裁政権にとって、

一番怖いのは、

戦争」だ。

「戦争になるなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる事」は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰でも、もちろん、金正恩等でも、分る」。

「それなのに、

テレビ・ラジオ・マスコミ上等で、

戦争脅し等」により

「日・米・韓等の国民等に

北朝鮮金政権にとって都合の良い考え・思い等を

抱かせ続けよう・・・としている」のは

「余程のおバカ等か、北朝鮮金政権等の実質的、手下等になる」。

「余程のおバカ等や、

北朝鮮金政権の実質的、手下等」を

「テレビ・ラジオ・マスコミ等上で、重用し続ける必要は全く無い」。

「日・米・韓等の側の民が持つ、

自虐的にならず、合理的になる

考え・思い等」は

「北朝鮮金政権が{自首}しないなら、

限定攻撃も

戦争も

辞さない事を支持する」等になる。

「日・米・韓の大衆民意」が

「北朝鮮金政権を利す状態に在る事」と

「北朝鮮金政権の{自首}を促す状態に在る事」では

「その実効は大いに違う」。

「実質的に、北朝鮮金政権を利す民意をつくり出させよう・・・」としている

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「もちろん、北朝鮮金政権等の手下等」に

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ上や日本の政権上等で

重要な立場等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「選挙も無いから実権者人脈の交代等も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等の重大な{欠陥}」が

「露呈している」。

「是正は急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2018年4月 | トップページ