« サンデーモーニングでは「朝鮮人悪権力者やその手下等ご用達の朝鮮半島近代史論」等を常連出演者等が日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、金正恩の再訪中等を受けて常連出演者等が「朝鮮金政権ご用達論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

未だ、{自首}していない、極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている、在日の母を持つ、北朝鮮金独裁政権との日朝首脳会談や国交正常化等を望む日本の中の実質的、北朝鮮金政権の手下等・・・。

『「北朝鮮金政権が現状で望んでいる事」は「散々、積み重ねて来ている極悪事を不問にしたまま、

核・ミサイル・他国内での工作活動等も完全放棄しないまま、

実質的には、北朝鮮金政権等の工作によりつくり出されている

平和イメージ・南北融和イメージ等上で

各国との首脳会談を行い

制裁解除や支援等を得る事」に他ならない。

「だから、実際に、

核放棄も言うダケ、使えなくなった核実験場を閉鎖するダケ、等々の

既に、保持している核兵器温存と

裏で行われている核兵器製造~実戦配備等には

差支えの無い事等しか行わず、

平和イメージ・融和イメージ構築には大いに役立つ

各国との首脳会談等には極めて積極的」だ。

「北朝鮮の新聞」では

「平和・融和が進んでいるのに、制裁解除をしないのはけしからん旨まで

記載されている」との

「テレビ報道まであった」。

「北朝鮮金政権」は

「国際社会を騙し、

制裁を解除し、支援等を得る為」の、

「三度目の詐欺を企み、実行し続けている」』。

『「北朝鮮金政権の三度目の詐欺」を

「応援している」のが

「北朝鮮金政権の実質的、手下やその協力者等の

テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「そんな状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「日韓内にはもちろん、欧米でも少なからず在る」。

「三度目の詐欺が成立してしまうとどうなるのか?」は

「言うまでも無い事なのに!」』

『「北朝鮮金政権」は

「国際社会を騙す事に成功する度に、

制裁解除や支援等を不当に受け、

極悪非道な独裁体制を維持する為に

核・ミサイル・他国内での工作活動等を

強化し続けて来ている」。

「実際は使えない、使えば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」の

「核・ミサイル等は、脅しの道具としてのみ使い」、

「主として、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等により

極悪非道な独裁政権のままの延命~不当増長」を

「実現して来てしまっている」。

「現状の各国のあり得ないマスコミ論調等の裏」には

「北朝鮮金政権等による工作活動等が在る」と

「強く推定出来る」』。

『「普通に考える」なら

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権には、

{自首}を薦める」。

「{自首}しないなら、強制的に逮捕する」。

「逮捕が無理なら、駆除・排除等する」。

「その結果、

圧政に苦しめられ続けて来ている多くの北朝鮮国民が解放され、

北朝鮮金政権の命令・指令の下の、主として、日韓内等、他国内での工作活動等も無くなり、

北朝鮮金政権の核・ミサイル等の問題も解決出来る」。

「拉致問題も、極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている{自首}前の政権との交渉では

解決不能」だが

「北朝鮮の政権が別の健常な政権になる」なら

「簡単に解決出来る事になる」』。

『「米朝首脳会談」も

「{自首}前の北朝鮮金政権と板門店ではあり得ない」。

「何故なら、ロクな成果・結果が期待できる訳も無いから」だ。

「実質的には、行っても無駄な{自首}前の北朝鮮金政権との首脳会談」を

「どうしても、行うなら、中立第三国内で」が「当然」になる。

「首脳会談で問題が解決出来ない」なら

「どうするべきか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「例え、米軍が限定攻撃を行っても、北朝鮮は反撃出来ない」。

「万一、反撃するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「米軍の限定攻撃により、

核・ミサイル関連施設や

工作活動指令部等を

殲滅する」なら

「北朝鮮金政権は{自首}せざるを得なくなる」』。

『「未だに、{自首}前の北朝鮮金政権との交渉等を訴えている

似非平和主義者の正体」は

「極悪非道なままの北朝鮮金政権を支援している

北朝鮮金政権等の実質的、手下等」になる』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」や

「学校教育界」等々には、

「朝鮮系の人々が多数居る」。

「南北分断以降は、北朝鮮系になった者たちが多数居る」。

「もちろん、北朝鮮金政権の命令・指令の下の工作活動等無縁で

日本で平和に暮らしている方々は全く別」だが

「工作活動等を行っていたり、協力等していたりする者たち」には

「日本政府も警察等も強い態度で是正を求めるべき」だ。

「工作には、情報・教育工作も、政界工作も、粛清工作も、在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「朝鮮人悪権力者やその手下等ご用達の朝鮮半島近代史論」等を常連出演者等が日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、金正恩の再訪中等を受けて常連出演者等が「朝鮮金政権ご用達論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事