« テレ朝朝番では「米朝首脳会談が中止になったのは米国ペンス大統領のせい・・・」等の旨の北朝鮮金政権等ご用達論の延長線上で常連出演者等が米朝首脳会談の実現を強く望んでいた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、常連出演者等が「懸命に命乞い外交を行っている金正恩等」を外交巧者等と日本の公共の電波上で賛美喧伝等していたが・・・。 »

テレ朝朝番では、日本の公共の電波上で、北朝鮮をしたたか等と実質的に賛美等していた、常連出演者等が日大アメフト問題等で正義ぶったり・・・していたが・・・。

『「今まで、散々、国際的合意までをも、一方的に反故にして来ている、北朝鮮金政権」が

「米国トランプ政権との合意が順守されるのか?不安に思い、

その担保を求める」とは

「お笑い」だ。

「言うまでも無く、北朝鮮金政権等」は

「米国トランプ政権との合意が守られる事に対する担保等を

要求出来る立場には無い」。

「過去の国際的合意である核放棄を実行する事」と

「北朝鮮金政権等が

散々積み重ねて来ている極悪事や

合意を一方的に反故して来ている事等への

応分の罰等に当たる

ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等の完全放棄する事」により

「国際社会への復帰が可能である事を示す事」が

「今、北朝鮮金政権等の強く求められている事に他ならない」。

「北朝鮮金政権等が

この後に及んで、未だに、条件闘争等しようとしている」なら

「北朝鮮金政権等は国際社会から排除等すべき存在である事の立証になる」。

「{自首}せず、逃げ続けようとしている極悪犯等に対する対処法」は

「既に、決まっている」』。

『「それなのに、

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「北朝鮮金政権はしたたか・・・」とか

「米国トランプ政権の中間選挙を睨んで時間稼ぎを行っている・・・」等々と

「未だに、

北朝鮮金政権等の条件闘争に対する実質的、援護射撃等になる

情報配信等を行っていた」のだから

「本当に呆れた」。

「北朝鮮金政権等を{持ち上げる}情報配信を行い、

それを正当等と思わせる為(と強く推定される)」に

「日大アメフト問題」や

「引きこもり問題」等々で

「いくら正義ぶったり、優等生ぶったり・・・」しても

「多くの視聴者等が北朝鮮金政権等を容認・是認等する訳も無いのだが!」

「露呈している」のは

「見事(もちろん、皮肉)!な程の北朝鮮金政権等の実質的、手下ぶり」等になる』。

『「もちろん、言うまでも無く、

日本の公共の電波上」に

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等を

蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「日大人事問題も深刻」だが

「戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界や学校教育界等々の

人事問題」も

「本当に深刻」だ。

「この問題の本質」は

「公共的大立場等やそれに伴う大きな実権等が在る」のに、

「選挙も無いから、

民意反映も

是正も

非常に行われ辛い事に他ならない」。

「是正の為に必要な事」は

「公共的大立場やそれに伴い多大な実権等を保有出来る所に在る人々に対し

政界の選挙同様の

民意を反映させる手段等を実用させる事」等になる。

「本質を告発出来ず、是正法等も言えない」のは

「この本質による不当利権による悪徳等に溺れ続けようとしているから」と

「強く推定出来る」。

「そんな内実、醜悪な姿等」が

「公共の電波等使用により、実質的に、公然化され続ける事の実害は非常に大きい」。

「是正は急務」だ』。

『「日大人事問題」でも

「ひきこもり等々の問題」でも

「同様」だが

「日本社会の現実」等と「表現する」と

「現実はあたかも変えがたいモノに思えてしまう」が

「今、在るのは、日本社会の現状」だ。

「現状に問題がある」なら

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的等との整合性をより高める事により

より現実適応状態が良い状態に

是正する」のが

「人類としての正当な仕事に他ならない」。

「問題のある現状を

現実等と表現し、

変え難いモノであるかの如く思わせ

実質的、悪徳利権等を維持させ、その悪の恩恵等を貪り続けようとする」のは

「悪魔に魂を売り渡した悪者等が行う事」だ。

「そんな悪者たち等が蔓延る」なら

「人類滅亡は当たり前の事になる」』。

『「先ず」は、

「個々の人類」が

「自己健常支配を主とする当たり前の健常生活等を身に付ける事等により

健常な民意を持てる状態にまで

健常成長する」。

「その為に必要な情報・教育等は

意識的かつ積極的に行う」。

「その上で、

民意反映等の手段も利用して

現実適応の悪い者・物・事等の現状を

現実適応の良い者・物・事等に是正して行く」。

「本質&快適を探究する事により

適材適所状態が構築され、

人間社会の正常化・健常化の実現も可能になる」。

「当たり前の事」だ。

「悪徳利権等に溺れ続けたがっている悪者状態の者たち」は

「その邪魔をしたがる」が

「人類が存続するなら

消え去る道の上を歩きたがる者たちの先は短く

連綿と消え去る道に執着し続けようとする者たち等は

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になるダケ」だ』。

『「北朝鮮金政権等の{自首}が強く求められている今日、

{自首}を阻害する、させる情報配信等」で

「実質的に、北朝鮮金政権等が極悪のまま逃げ続ける事等を実質的に支援等している者たち等」は

「本当に、哀れ」だ。

「国際的合意を一方的に反故にして開発~保持し続けて来ている北朝鮮金政権等の核等に

正当性等が在る訳も無い」。

「北朝鮮金政権等が即時無条件核放棄する」のは

「当たり前の事」だ。

「北朝鮮金政権等が核放棄しないなら、強制的にでもさせなければならない」のが

「今の人類の責務」だ。

「北朝鮮金政権等が散々積み重ねて来ている極悪事を

一刻も早く終わらせる事抜きに

人類の長い存続は在り得ない」』。

『「北朝鮮金政権やその手下等がどんなに悪足掻きしても、

米国トランプ政権が

北朝鮮金政権等の悪利権等にお墨付きを与える

自虐的な判断等を行う訳も無い」。

「北朝鮮金政権等が今、行うべきは{自首}」であり、

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄する事になる」。

「{自首}しない場合、強制逮捕・排除・駆除等になる」のは

「至極、当たり前の事」だ』。

『「悲惨な女児殺害事件を起こしてしまった容疑者」は

「異常(性)欲動の健常化が出来ていなかった」。

「異常欲動の健常化の為に必要な事」は

「異常欲動を生み出している精神構造より常に優位になる健常欲動を生み出す精神構造の構築」に

「他ならない」が

「自己健常支配を主とする為に必要な情報・教育等を封印等する事により

悪徳利権等の維持等を容易にしている

現状の情報・教育界等や

人間世界等」では

「この情報・教育等さえ健常状態なら比較的容易に出来る精神構造の改善さえも

ロクに行えない」から

「再犯や同様の新たな事件・事故等を激減させる事も出来ない」。

「ほとんど全ての人間」は

「言語を学習しなければ言語を使えない」のと

「同じ」で

「自己健常制御に必要な情報・教育等が無ければ

自己健常制御さえもロクに出来ない状態に容易に陥る」。

「その面では、政界等実権者の罪はもちろん、情報・教育界等の罪も、果てしなく深い」』。

『「昨晩のNHK(だったと思う)では

長い間、神仏習合を是として来た日本人の宗教観等を紹介していた」が

「そもそも、

神道にしても仏教にしても

ユダヤ教にしてもキリスト教にしてもイスラム教にしても

宗教とは、時の権力者(の都合)により

編纂され大衆周知等されて来ているモノ」だ。

「其処に在るのは科学の世界の現実等では無い」。

「主として在るのは、考え・思いによる納得法等」だ。

「古来から多くの日本人」は

「現実好きだから、特定の考え・思いによる納得法等にはあまり執着しない」。

「仏教が伝来して国の権力者に取り入られた後~明治以前まで

長い間続いた神仏習合を是とする感」も

「昨今の多くの日本人の生活習慣でもある

お正月は神道・神社で初詣、

結婚式はキリスト教・教会で

お亡くなりになったらお寺・仏教で等々」も

「無宗教等公言」等も

「皆、基本的に同じ、

考え・思いによる納得等よりも

現実・実利等を優先・重用等する、

精神構造上の実現象」だ。

「異端だったのが、明治~戦前までの国家神道{強要}状態だった」が

「もちろん、其の時代でも、

現実・実利等を優先・重用等する精神構造等は失われていなかった」から

「戦後の復興も急速な経済発展等も実現出来た」。

「再び、神仏習合容認状態が生まれて来ている事を受けて、

宗教復興等を言うのは、的外れ」で

「この先は、より、現実との整合性が高い精神文化を探究する様になって行く」のが

「多くの日本人が旧来から保持している精神構造に他ならない」。

「物質文明面では科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事により

急速な進歩・進化が実現出来ている」のだから

「精神文化面でも科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事により

急速な進歩・進化を実現させて行く」等の

「大きな流れ」が

「多くの日本人が持つ精神構造上から、

必然的に、起こる、起こされる事になる」。

「その大きな流れが生まれる事により、

政治・経済・人間社会システム等々やアニメ・漫画・テレビ番組・映画・小説・音楽・絵画等々の

精神文化製品の

急速な現実適応高度化が行われ

自己健常支配や世界平和が当たり前の新世代人間世界の扉が開かれる事になる」。

「その前に終わらせるべき世界を終わらせる為」に

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の終わり」や

「宗教偏執世界の終わり」が

「実現する、させられる、事になる」。

「地球環境問題の激化も伴う」から

「今後の人間世界の激変状態」は

「必然的に熾烈なモノになる」』。

『「新世代人間世界への軟着陸を容易にする為」にも

「今時のテレビ・ラジオ・公共的マスコミ等や

学校教育等で

行われる情報配信・教育等の内実」は

「相応に、合理的なモノであるべき」だ。

「旧態依然とした経済・社会システム上での悪徳利権等維持増大等の為に

醜悪で劣悪な情報配信や教育等を行い続けている場合では

断じて無い」』。

『「現状は余りにも、酷く劣悪過ぎる」。

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では「米朝首脳会談が中止になったのは米国ペンス大統領のせい・・・」等の旨の北朝鮮金政権等ご用達論の延長線上で常連出演者等が米朝首脳会談の実現を強く望んでいた様相だったが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、常連出演者等が「懸命に命乞い外交を行っている金正恩等」を外交巧者等と日本の公共の電波上で賛美喧伝等していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事