« 未だ、{自首}していない、極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている、在日の母を持つ、北朝鮮金独裁政権との日朝首脳会談や国交正常化等を望む日本の中の実質的、北朝鮮金政権の手下等・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、常連出演者等が未だに「板門店での米朝首脳会談」や「{自首}前の北朝鮮金政権との対話」等を渇望していた様相だったが・・・。 »

テレ朝朝番では、金正恩の再訪中等を受けて常連出演者等が「朝鮮金政権ご用達論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮金政権の不当要望」は「行い続けて来ている散々の極悪事や過去の合意反故等は無い事にしたまま、

「米朝首脳会談を平壌か板門店で行い、

段階的核放棄等による見返りを得る、

{三度目の合意}を得る事」だ。

「その策略」に

「米国トランプ大統領を落とし込む事」だ。

「もちろん、米国トランプ政権」は

「北朝鮮金政権の策略等は既に、お見通し」だから、

「米朝首脳会談はシンガポールで行う旨、北朝鮮金政権に伝えた」。

「更に、

北朝鮮金政権等による散々の極悪事と合意反故に対する応分の罰」として

「北朝鮮金政権」の

「核兵器はもちろん、核兵器以外の大量破壊兵器の廃棄」も、

「ある程度以上大きなミサイルの廃棄」も

「工作活動等の問題とも密接に関連している人権の改善」も

「強く求めた」』。

『「ここで、焦った」のが

「未だ、{自首}状態に無い、

極悪のまま逃げ続ける上に、更なる悪徳利権等の増大まで目指している

北朝鮮金政権」だ。

「北朝鮮金政権の微笑み外交等」と、

「主として、日韓内等の北朝鮮金政権の手下等やその協力者等による、

世界中の多くの人々に南北平和・融和イメージを持たせる情報工作」等により

「米国トランプ政権の軍事オプションを実質的に、封じ、

更に、米朝首脳会談の開催場所を平壌か板門店にする事」で

「米国トランプ政権が

北朝鮮金政権の不当要求を呑まざるを得ない状態をつくり出す工作」が

「破綻したから」だ。

「金正恩等」が「大慌て」して

「再訪中」したのは、

「北朝鮮金政権と韓国従北大統領政権ダケ」では、

「この事態を変える事が無理だから」だ。

「中国習政権を味方に付け、

中国習政権に米国トランプ政権に働きかけてもらう事」等により

「北朝鮮金政権が要望している路線に

米朝首脳会談等を何としても乗せる工作」を

「金正恩等は、必死に行った」。

「しかし、北朝鮮金政権が得た成果」は「虚しいモノ」だった。

「それは、発表された習主席と金正恩の写真等の表情等から良く判る」。

「少し考えるなら、誰もが直に分る当たり前の事」だが

「中国習近平政権が、米トランプ政権と北朝鮮金政権のどちらを選択するのか?等」は

「明らかな事」だ。

「過去の合意を反故にして来ているのだから

今回は過去とは違う事を立証する為にも

北朝鮮金政権よ!本気で誠実に米朝会談を行え!等の旨」が

「伝えられた事」は

「想像に難く無い」。

「北朝鮮金政権による、戦争になったら・・・等の{脅し}等も

平和・融和イメージ工作等も、

効果無しだった筈」だ。

「習主席はトランプ大統領に電話会談」で

「金正恩等の{希望}を伝えた筈」だが

「もちろん、それは、金正恩は未だに、寝言を言っている等の伝達でもある」』。

『「北朝鮮に戻った金正恩等」は

「米国ポンペオ国務長官の訪朝を受け、

拘束されている三人の米国人の解放と

米朝首脳会談開催地・日時・議題・合意内容等に対する

北朝鮮金政権の返答等を求められている筈」だが

「どちらも、先延ばしにする可能性も決して少なく無い」。

「時間稼ぎをしている間に、

更なる、核・ミサイル等の開発とその脅し等と

他国内での工作活動等により、

何としても、北朝鮮金政権の{希望}を通そうとする」のが

「{自首}前の極悪人等の常だから」だ』。

『「日本の中の北朝鮮金政権の実質的、手下等やその協力者等」も

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等を必死に頑張っている様相だ」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等情報工作

~北朝鮮金政権にとって良い状態を是とする民意誘導~増大化工作等」も

「政界従北政権化の為の北朝鮮に厳しい政権を貶める工作等」も

「その実例になる」』。

『「本日のテレ朝朝番」では

「常連出演者等が、

未だに」、

「首脳会談の開催場所はトランプ大統領の思い次第で

板門店で行い、ドラマチックな演出をするなら

米国中間選挙も有利になり、

トランプ大統領のノーベル平和賞も・・・」等の旨まで

「喧伝していた」。

「もちろん、言うまでも無く、

実効の無い、パフォーマンスだけの、

米朝首脳会談やその後の合意等」では

「米国トランプ大統領はもちろん、

米国共和党政権の

権威・名誉・人気等も、

失墜する」。

「中間選挙では米国民主党が勝ち、

トランプ政権はレームダック化する」。

「北朝鮮金{独裁政権}等は

弱体化せず、むしろ、不当増長等し易くなる」。

「在日の母を持つ、北朝鮮金正恩{独裁政権}はもちろん、

北朝鮮金正恩{独裁政権}等の

命令・指令の下の工作活動(非人道的なモノも多い)等を

主として、日韓内等、他国内で行い続けている者たち等にとっては

都合の良い状態が其処に在る」。

「米国要人等による南北分断状態好都合論も酷かった」。

「現状の朝鮮半島内が分断状態のままなのは、

言うまでも無く、

東西冷戦終結後も、北朝鮮が極悪非道な独裁政権だから」だ。

「東西冷戦終結後、北朝鮮が民主化されていた、もしくは、

中国共産党支配下の中国並みになっていた」なら

「朝鮮半島内も緩やかに統一方向に動いて来ていた」が

「北朝鮮が極悪非道な独裁政権のまま・・・だった」から

「事態はより深刻化して来ている」のが

「現実」だ。

「米国の都合で分断状態が継続している旨のインチキ論」は

「実質的に、極悪非道な北朝鮮金独裁政権を黙認・容認等させる論」でもある』。

『「拉致工作や

主として、日韓内等、他国内での非人道的な粛清等の工作まで含む工作や

大韓航空機の爆破工作や

他国内での爆破要人殺傷工作や

他国内での化学兵器使用暗殺工作や

偽札製造~使用や

覚せい剤等製造~使用や

ネット悪用、情報・資金等不当搾取やコンピューター等破壊工作や

多くの北朝鮮国民衰退化支配政策や

政権維持の為の恐怖政治・・・公開処刑・粛清等々や

国際的合意を反故にした核等開発や

・・・等々、・・・等々、

散々の極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権の実態」は

「国際法上合法な戦争を行い、敗戦国になった国等より

遥かに酷い」。

「戦争になれば、アッと言う間に負けるから・・・」と、

「非人道的な手段による北朝鮮国民支配」と、

「他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等と

核・ミサイル・大量破壊兵器等々の開発~実戦配備等の重大問題行動等」を

「元」に、

「体制維持を図り続けて来ている

「極悪非道な独裁政権・・・陰険なナチス・ヒトラー」の

「実体が其処に在る」』。

『「北朝鮮金政権」が

「早々に{自首}しない」なら

「米国は

北朝鮮の核・ミサイル・工作活動指令部等に対する

限定攻撃を行うべき」だ。

「限定攻撃の後なら、北朝鮮金政権が{自首}する可能性もかなり高くなる」。

「米朝首脳会談」を

「限定攻撃~北朝鮮金政権の{自首}後に行なう」なら

「正道・常道上に在る国々・国民等にとって

良い実のある成果」が

「得られる事になる」。

「平和・融和イメージの裏で

北朝鮮金独裁政権が極悪非道な工作活動等を連綿と続けられる状態」では

「ノーベル平和賞等に値する訳も無い」が

「正道・常道上に在る国々・国民等にとって

良い実のある成果が得られた」なら

「それは、正に、ノーベル平和賞等が与えられて当然の事になる」。

「米国トランプ政権も、全世界も、

上辺の平和・融和イメージ等に三度も騙される事無く、

陰険なナチス・ヒトラーを{自首}させ、

或いは、

逮捕・排除・駆除等し、

壊滅させる実を取るべき」だ』。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」に

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上や

政財界上等々」で

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「選挙のある政界では、それらの勢力は当然の如く、マイナー」だ。

「選挙の無い界の是正が激烈に求められている」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 未だ、{自首}していない、極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている、在日の母を持つ、北朝鮮金独裁政権との日朝首脳会談や国交正常化等を望む日本の中の実質的、北朝鮮金政権の手下等・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、常連出演者等が未だに「板門店での米朝首脳会談」や「{自首}前の北朝鮮金政権との対話」等を渇望していた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事