« 「米朝首脳会談中止」でも、未だに、北朝鮮金政権等を援護している、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「電撃的に行われた、二度目の南北首脳会談を受けて、米朝首脳会談は行うべきの旨」等を常連出演者等が喧伝していたが・・・。 »

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等は、米朝首脳会談が予定通り行われる様に戻った!」等と喧伝したがっている様相だが・・・。

『「米国トランプ大統領の{今の状態では}米朝首脳会談中止書簡を受けて、早々に、北朝鮮高官が米朝首脳会談会談を復帰させる為の

言葉上では、実に、失礼な返答をした」。

「言葉上よりも内実を求めている米国トランプ政権等」は

「北朝鮮高官による返答の裏で北朝鮮金政権が示した{とりあえずの}内実」に

「応え」、

「{その方向で行くなら}米朝首脳会談を予定通り行うのも、アリの旨

答えた」。

「もちろん、現時点で、米朝首脳会談を行う決定など成されている訳も無い」。

「それでも、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「米朝首脳会談は予定通り行われる事になった!」等の旨

「喧伝等したがっている様相」だ。

「米朝首脳会談で使われると強く推定されていたシンガポールのホテルでは、

予定の6月12日前後の予約が全く取れない状態から

予約が取れる状態に変わっていると言うテレビ等の情報まであったのに」・・・。

「普通に考える」なら

「北朝鮮金政権等が{自首}して

米国トランプ政権等の要求等を

直ちに、素直に、履行する状態にならない限り、

米朝首脳会談は行っても無駄になる」。

「{自首}していない北朝鮮金政権等が行いたがるのは、

三度目の平和イメージ詐欺等になるダケだから」だ。

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等の完全放棄等の実が得られない

米朝首脳会談を米国トランプ政権が行ってしまう」なら

「恥をかくのは米国トランプ政権になる」。

「北朝鮮金政権は、

米国共和党トランプ政権に恥をかかせ、

中間選挙時に米国共和党が不利になり、

トランプ政権がレームダック化し易くなってしまう分だけ

より有利になる事になる」。

「米朝首脳会談は行っても、

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等は

平和イメージ詐欺の為に一部放棄はしても

放棄完全放棄はせずに、

北朝鮮に厳しい米国トランプ政権をレームダック状態に陥れる事等により、

延命~更なる不当利権等の取得等を画策している」のが

「{自首}していない状態の北朝鮮金政権等の実態」だ。

「もちろん、米国トランプ政権等もその様な実態は重々承知」だ。

「それでは、今後はどうなるのか?」』

『「現状では、

北朝鮮側はもちろん、米国側も

{平和}や対話等を前面に出して

国際社会の中で北朝鮮金政権の問題を処理しようとしている」。

「しかし、もちろん、言うまでも無く、

{自首}前の極悪犯等との平和や

対話等による極悪犯問題の解決は極めて困難」だ。

「米国トランプ政権が平和・対話等を前面に出している」のは

「あくまでも北朝鮮金政権に{自首}を強く薦めているからに他ならない」。

「この現実を北朝鮮金政権等が誤解」し

「{自首}無きまま、米朝首脳会談等を行う事により、体制維持等が可能になる等と

実質的には、三度目の{平和イメージ詐欺}を行おうとする」なら

「米朝首脳会談は実現しない

ばかりか、

米軍等による限定攻撃等が

行われる事になる」。

「より強く{自首}を迫る為、

或いは、

{自首}しないから逮捕・排除・駆除等する為に

必要になる」のは

「限定攻撃等になるから」だ。

「米国トランプ政権」は

「北朝鮮金政権等に{自首}を真剣に求めている」。

「限定攻撃も圧力等だけで{自首}しないなら、

止むを得ず行う事」だ。

「だから、

実際に、

北朝鮮金政権側が{自首}路線を徹底した上で米朝首脳会談を行おうとするなら、

直にでも、予定路線と同様の路線に戻す旨等も返答した」。

「ここまで、寛大に、優しく、

散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等に対し

間口を広げている」のに

「北朝鮮金政権等が{自首}しない」なら

「軍事オプションの行使等の正当性が

極めて高いレベルで担保される」事になる。

「この現実」を

「北朝鮮金政権等は直視するべき」だ』。

『「米国トランプ政権」にとっては

「北朝鮮金政権等の{自首}」という

「将棋で言う」なら、

「北朝鮮金政権等が投了する形」で

「北朝鮮金政権等問題が片付いて」も

「北朝鮮への軍事オプション行使」という

「とりあえずは、王手飛車取りで、飛車を取る形」により

「読みが浅い北朝鮮金政権等に

より負けが気づき易い状態を直視させる方法で

北朝鮮金政権問題を解決に導いて」も

「どちらの場合」でも

「中間選挙時の人気は増大で勝ち」になる。

「現状」は、

「北朝鮮金政権等が負け方を選択出来ている状態に他ならない」。

「自らの読みも十分に深くあった事を示せる投了の方が

より優れた負け方である事」は

「将棋を知らなくても、少し考えるなら、誰もが分る事」だろう』。

『「北朝鮮金政権等が{自首}し、

過去の散々積み重ねて来ている極悪事等の過ちをちゃんと認め、

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄し

態度(政策等)を是正する」なら

「敗戦をちゃんと認めて、

体制を新たに、

再出発して繁栄も勝ち取った

戦後の日本の様な状態の構築も可能になるかも知れない」。

「逆に、既に、負けているのに、負けも認めず、

連綿と、核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等に執着して

先ずは、日韓等の支配を画策し続ける」なら

「近々、亡国・亡国民への道を急速に転がり落ちる事になる」。

「ノーベル平和賞等に値する道を選択する」も、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事を選択する」も、

「北朝鮮金政権等の実権者の意志次第」だ。

「どうするのか、見てみよう」』。

『「他の者・物・事等からの是認やお墨付き等を強く求めるプライド等」は

「自己健常支配を怠っている者たち等に顕著」だ。

「自己健常支配を怠っていない人々」なら

「自らの内から根本的な自己承認感等が得られている場合が多い」から

「下手なプライド等は要らず、実体や事実・現実等に素直に成れ易い」。

「自己健常支配を怠っている劣悪者等を国の長等として頂いている国」では

「健常繁栄等出来る訳も無い」。

「そんな国の民なら、恐れるべきは、恐怖政治等では無く、

劣悪者等を頂き続ける事になる」。

「散々の極悪事を行い続けていないと、

国のトップの座等も維持出来ない

北朝鮮金政権等が

選択するべき道は既に決まっている」。

「選択すべき{自首}の道を選択しない」なら

「北朝鮮を散々の極悪事を積み重ねて来ている劣悪国家指導者等から解放する為」の

「限定攻撃や解放戦争」等が

「正当になる」』。

『「北朝鮮金政権等は孤立してない」。

「北朝鮮内ダケで孤立状態なら、北朝鮮金政権等問題はとっくの昔に解決されている」。

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等は、主として、日韓内等、他国内にも多数居る」。

「戦争等を行うなら勝ち目が無いので

他国内でのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を

大人数で徹底的に行い続ける事等により

独裁支配体制を維持~増大化させようとし続けて来ている

陰険なナチス・ヒトラーの実態が其処に在る」。

「陰険なナチス・ヒトラーの実体を知らない

北朝鮮金政権等に騙されている国々等は

容易に、北朝鮮と国交等を持ってしまう」が

「それは、大きな過ち」だ。

「悪魔に力を与える愚業は直ちにでも止めるべき事に他ならない」。

「陰険なナチス・ヒトラーの排除・駆除等は、現在の人類の急務」だ。

「主として、日韓内等、北朝鮮では無い国々の中に居る

多数の、実質的、手下等が

元の独裁政権等が解消された後も

陰険なナチス・ヒトラーを続けようとする」なら

「それらの者たちも、排除・駆除等されるべき者たちになる」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる名の大きさ」を

「出来るだけ小さくする為」にも

「今現在も、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等として

スパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を行い続けている者たち等」は

「一刻も早く、態度を是正するべき」だ。

「もはや、北朝鮮金政権等は、弱体化している」のだから、

「ネット等を利用して、

スパイ・工作活動等の実態を告発する側に回るのも良い」。

「残党徹底摘発の前に、

出来るだけ早くから、

手下等の状態から抜け出そうとしている、抜け出した、実態を示しておく事が

極めて重要になる」』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下で行われている等と強く推定出来る

日本国内のスパイ・工作活動等の実態等」を

「意識的かつ積極的に告発等していて当然」だ。

「この重要な仕事を行わない、行えない」のは

「明らかに異常」で

「其処には、北朝鮮金政権等の手下等の臭いが濃厚に充満している」。

「もちろん、こんな状態の是正は急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「米朝首脳会談中止」でも、未だに、北朝鮮金政権等を援護している、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「電撃的に行われた、二度目の南北首脳会談を受けて、米朝首脳会談は行うべきの旨」等を常連出演者等が喧伝していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事