« 「北朝鮮の平和イメージ外交」は卓球の世界まで浸食しているが、中趙会談では核放棄さえ明言してないのが北朝鮮金政権の実態だ・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「朝鮮人悪権力者やその手下等ご用達の朝鮮半島近代史論」等を常連出演者等が日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

米朝首脳会談の場所・日時の発表前に、米韓首脳会談が行われる旨公表されたが・・・。

『「北朝鮮金政権が{自首}している」なら「米朝首脳会談の開催場所として板門店もアリ」だが、

「現状の北朝鮮金政権は{自首}していない」。

「当たり前の事」だが

「{自首}前の首脳会談が北朝鮮のお膝下で行われる訳も無い」から

「米朝首脳会談」は

「シンガポール等、中立第三国内で行われる事になる」』。

『「もちろん、{自首}」前の北朝鮮金政権との首脳会談」では

「ロクな成果は期待出来ない」。

「交渉決裂~トランプ大統領が席を立つ事態」も

「容易に推定出来る」。

「タダ単にトランプ大統領が席を立ったダケ」なら

「問題の先送り&北朝鮮金政権に更なる時間を与える事にしかならない」から

「当然、米側は席を立った後の事の準備までしておく必要がある事になる」』。

『「上記の様な事態」が

「露わになっている現状」で

「米国が韓国従北政権の大統領を{呼び出す}事の意味」は

「もはや、言うまでも無い事」になる。

「交渉決裂の場合は、限定攻撃等を行うから、従北大統領よ、覚悟して、協力せよ!」だ』。

『「北朝鮮金政権」は

「一刻も早く{自首}するべき」だ。

「早々に、

核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄しない限り、

北朝鮮金政権に延命の目は無い」』。

『「未だに、スポーツ競技等の世界まで政治利用」して

「平和・融和イメージ騙し」で

「{自首}」を逃れ続けようとし続けている極悪人等」の

「実体は既にバレバレ」だ。

「裸の王様である事を気づけない」のは

「ちゃんと実体を映し出す鏡さえ見れない、持たない者たち等」か、

「相当なおバカ」か、

「確信犯の悪」等と

「相場は決まっている」。

「劣悪政権・極悪政権等に未来は無い」のは

「当たり前の事」だ。

「一刻も早い、核・ミサイル・他国内での工作活動等の完全放棄等による{自首}をする」なら

「北朝鮮金政権にも未来が在る状態が生じ易くなる」。

「それなのに、中国要人との首脳会談でも核放棄さえ明言しなかった」のが

「金正恩等の現状」だ。

「現状のまま」なら、

「自滅にせよ、

他力崩壊にせよ、

北朝鮮金政権の未来は非常に短いモノになる」』。

『「{優しい}トランプ大統領」は

「板門店での首脳会談を熱望」し

「北朝鮮金政権の一刻も早い{自首}を待っている」。

「北朝鮮金政権等が自滅の道を転がり落ちるも

自滅を避けられる道に這い上がるも、

北朝鮮金政権次第」で

「それは、

代償欲求の過剰追及の世界に過ぎ無い、

比べっこによる他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配という

代償欲求過剰追及の世界の一つの極である独裁制度等」から

「自主・自立・自己責任が当たり前になる

自己健常支配の継続を主とする

本来欲求充足&本質・快適探究等の今時の人間社会制度等」への

「健常進歩・正常進化の神(≒自然の摂理)等」からの

「人類存続の為の根本要求」でもある』。

『「神(≒自然の摂理)からの要求を無視し続ける者たち等に待っている」のは

「この世(もちろん、あの世など無いが・・・)からの必然的な排除」だ』。

『「韓国従北大統領」等も

「人間としての本分を忘れていない、失っていない」なら

「北朝鮮金政権には{自首}を薦める」のが

「当たり前」だが、

「そう出来ていない裏」には

「北朝鮮金政権同様のバックボーンが在る事になる」。

「まぁ、北朝鮮金政権の命令・指令等の下の韓国内の工作活動等により成立出来た政権」なら

「当然の実態」だが』。

『「日本の中の北朝鮮金政権の手下等やその協力者等」も

「平和・融和イメージを増大させる事等」により、

「{自主}しないままの北朝鮮金政権の延命~不当増長等を応援し続けている」。

「普通の感性や頭脳等が在る」なら、

「既に、散々の極悪事を積み重ねて来ている

未だ、{自主}さえしていない北朝鮮金政権」が

「{自首}していない独裁政権のまま生き延びる為」の

「平和・融和イメージ等には、乗せられず、応援・支援等もしない」のが

「当然になる」が。

「在日の母を持つ金正恩独裁政権にとっての{平和}」とは

「朝鮮半島の支配はもちろん、日本の支配も出来てこそ、{平和}になる」。

「体制維持の為には、

体制にとっての不適応言論の圧殺はもちろん、

体制にとっての不適応分子の粛清までもが必需になる」のが

「独裁政権」だ。

「北朝鮮金政権も言うまでも無く、独裁政権」だ。

「もちろん、そんな独裁政権にとっての{平和}」は

「自由・民主主義社会の平和では断じて無い」。

「平和という上辺の言葉は同じでも本質は全く違う」。

「それは、融和でも同じ事」だ。

「独裁政権と自由・民主主義社会の平和の違い」等さえ

「十分に言わないテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当にどうかしている」。

「其処に露呈している実態」は

「余程のおバカか、

北朝鮮金政権等の実質的手下等」になる』。

『「もちろん、言うまでも無く、

余程のおバカや、

北朝鮮金政権の手下等」に

「日本の公共の電波上や日本の公共的マスコミ上や日本の政財界や学校教育界等々」で

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「幸いな事に政界には選挙がある」ので

「当然の如く、北朝鮮金政権の実質的、手下や協力者等は、今や、少数」だ。

「残念な事に、テレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界や財界や学校教育界等々には

選挙も無いから、実権者人脈の交代も無い」。

「財界の場合は、取引しない、買わない等の防衛手段もある」が

「多くの日本国民が

意識的かつ積極的に行わなければ、その効果も薄い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の場合」は

「一枚岩状態」だから

「見ない、読まない、では、実体や事実・現実情報等を失わされてしまう」。

「ネット普及で、ある程度は改善されているが、

メディア情報抜きの個人レベルで

現状社会等把握の為に必要な情報群を得る事等は、

未だ、かなり、困難」だ。

「つまり、取引しない、買わない等の対策さえ行い辛い」のが

「戦後日本の一枚岩テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「一枚岩状態であるが故に、生じている、悪徳利権等が其処に在る」。

「戦後日本社会が抱え続けさせられている

早急に是正すべき重大問題」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「北朝鮮の平和イメージ外交」は卓球の世界まで浸食しているが、中趙会談では核放棄さえ明言してないのが北朝鮮金政権の実態だ・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「朝鮮人悪権力者やその手下等ご用達の朝鮮半島近代史論」等を常連出演者等が日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事