« テレ朝等では、相変わらず「北朝鮮金政権ご用達論」等を主にしている様相だが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「北朝鮮金政権等に厳しい安倍政権やトランプ政権に悪イメージを付け、北朝鮮金政権等に都合の良い中国共産党政権やイラン等に親和性を持たせる」等の情報配信を行っていた様相だったが・・・。 »

「既に、多くの方々が推定済みの新潟女子小学生殺害~遺体遺棄事件の実態」と「再犯防止策」及び「米朝首脳会談の開催より北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等の完全放棄が重要である事の当たり前」・・・。

『「新潟女子小学生殺害~死体遺棄事件の実態」は「以下の通り」と「推定」される。

「元々、歪んだ性欲動等に基づいたロリータ志向を持つ状態になってしまっていた容疑者」は

「以前に、女子中学生等との問題が摘発され書類送検された事」で

「新たな行動等の発現を押さえこまされる状態に追い込まれていた」。

「歪んだ性欲動等自体の是正無きまま、時が重ねられる」と

「その欲動を基にした行動等を発現させる無意識レベルの欲動」も

「増大化されて行く」。

「通常の日程」では

「仕事が入っている」から

「その分、不健常な行動等の発現も抑制され易くなる」が

「ゴールデンウィークで7連休ともなる」と

「仕事による押さえも無い状態が続いた事になる」。

「連休明け」には

「容疑者の

不健常欲動も

その欲動に基づいた行動等を発現させる欲動(無意識レベルも含む)も

かなり増大化されていた事」が

「強く推定出来る」。

「仕事に行くつもりで、車を出した容疑者が認知した」のが

「女子小学生たちの登校」だった。

「容疑者の思いと無意識の中」で

「優先するべき」は

「仕事では無く、不健常欲動の追及である旨の結論」等が

「容易に引き出されてしまった事」等は

「想像に難く無い」。

「仕事に向かわない選択をした時点」で

「その方向に向かうしかない・・・等の意識的思い等もかなり増大していた筈」だ。

「容疑者の頭の中」で

「女子小学生を拉致して悪さ等をする策略」が

「練られ始め、

その実行には

下校時に

人目が付かないところで

一人になる

女子小学生を狙う事が

合理的になる旨」等の「悪の作戦等」が

「容易につくり出されてしまった事」も

「想像に難く無い」。

「当日の雨」も

「容疑者が職場に向かう気を削ぐ」と「共」に

「容疑者の悪の作戦の実行の助け等として捉えていた」と

「強く推定出来る」。

「出社せず、

歪んだ性欲動等や悪の策略等を膨らませながら、

辺りを走り回っていた容疑者」は

「下校時に一人になる女子小学生が居る人目に付き辛い場所」に

「至ってしまった」。

「女子小学生に優しく声をかけ、巧みに車に乗せる事に成功したであろう容疑者」は

「悪さ実行場所として海岸を選んだ」のだろう。

「容疑者が悪さを実行し始めれば、当然、女子小学生は暴れ拒否等する」。

「其処で、首を絞めて大人しくさせる手段」を

「選択した」のだろう。

「殺意は今のところ不明」だが

「過去の生き証人故に、摘発~書類送検された実績」は

「口塞ぎとしての殺害を想起~実行させる十分な動機等になり得る」。

「殺害後、女子小学生のご遺体を乗せたまま、走り回り、

その後、

容疑者によって考え出された証拠隠滅策である線路上への遺棄が実行された」と

「推定出来る」。

「線路を跨ぐ様にご遺体を置いた」のは

「殺害方法を隠滅させる為では無く、悪さを隠滅させる為故」と

「推定出来る」。

「犯行実行後」は

「事故で済む事等を想定していたに違いない」と

「推定出来る容疑者」が

「事件である事が露呈した段階」で

「大いに焦った事等」も「想像に難く無い」。

「事件である事が報道された後」は

「捕まる事も想定の上、減刑策等を考えていた」と

「強く推定出来る」。

「当然、そんな状態では、出社出来る訳も無い」。

「逮捕前には、

車で出歩き、

反省~自暴自棄~自殺も覚悟の様相実態がつくり出せる状態」を

「構築していた様相」だが

「自殺が本気か?否か?、減刑目的のポーズか?」等も

「未だ、不透明な状態」だ。

「逮捕された容疑者が

殺害~死体遺棄を認める

{落ち}の状態を示している」のも

「心から悔いて全面白状しているのか?減刑目的なのか?」等も

「未だ、不透明な状態」だ。

「容疑者の表情等から短絡的に推定する」なら

「減刑目的」を「強く感じる方々」が「多い筈」だが・・・。

「上記の様な事件実態の推定」は

「昨今のテレビ・マスコミ等による報道情報等」から

「多くの方々が、容易に行っている事」と思う。

「しかし、重要な事」は

「同様の新たな事件・事故等」を

「どうやって防止するのか?」等だ』。

『「今回の事件でも良く判る事」は

「この手の事件の再犯防止の重要性」だ。

「通学時等に生徒等を守る手段を強化させる事」や

「防犯カメラ等の増設による犯罪抑止効果の向上」等も

「もちろん、有効になる」が

「根本的な問題」として、

「どうやって歪んだ性欲動等を生じさせない様にするのか?」や

「既に、歪んだ性欲動等を持ってしまっている者にどうやって是正させるのか?」が

「極めて重要になる」』。

『「産まれながらに歪んだ性欲動を保持している人間は居ない」。

「つまり、歪んだ性欲動等」も

「その人が暮らしている人間社会の精神文化」や

「その人が選択した者・物・事等も含めた、その人を取り巻いている情報・教育等」と

「その人の精神構造等」から

「つくり出されているモノに他ならない」。

「現状の日本社会の精神文化はどうか?」

「未だに、拝金主義や有名人等依存等々が大手を振って蔓延れている

極めて、

他の者・物・事への依存や、

他の者・物・事の支配/他の者・物・事による被支配等の

精神文化色が濃い

実質的、不健常状態」だ。

「情報・教育等はどうか?」

「現状の日本社会等の要求に応える人々を創り出そうとする教育」や

「現状の日本社会等の要求に応えている人々を大いに賛美する情報」等々が

「主流になっている」。

「その何処にも、その人本来の人生の構築等は無い」。

「例えて言うなら、

戦時中には

敵という同じ人類をより多く効率的に殺傷する者が{優秀}な者として求められ、

その様な{優秀}な者をになる事や

{優秀}な者を目指す事」が

「大推奨され、賛美等されていた」のと

「精神構造的には、何ら、変わりの無い実体が其処に在る」。

「武力による比べっこ支配権/被支配権争いに代わる

経済による比べっこ支配権/被支配権争いの人間社会」の「実体」は

「未だ、未だ、未熟で自虐的な精神文化の人間社会」に他ならない。

「武力戦士の代わりに経済戦士が求められ、

経済戦士として大活躍した者が重宝がられている

・・・それが、日本を含む現状の多くの国々の人間社会の実態」だ。

「その裏」には、

「産まれながらの大金持ち等までもが、重宝がられるインチキ」までもが

「付けられている」。

「人類としての根本的平等も無ければ、

人間社会としての公平性等も

金権の前では弱弱しい・・・」のが

「現状の多くの国々の実態」だ。

「武力が金力に進歩した分ダケはマシ」だが

「比べっこは比べっこに過ぎ無い」から

「数多くの問題も露呈し続けている」。

「元々が比べっこによる支配権/被支配権争い等への参加を

強く要求されている現状の日本社会の中」で

「該当容疑者も、その精神構造を否応無しに擦り込まれていた筈」だ。

「其処に、正欲動が加わる」と

「ある程度の確率」で

「不健常な異性支配等を求める者が生まれてしまう事になる」。

「他者支配のし易さを比べる」なら

「大人より子どもの方が支配し易いと考える人々が多い筈」だ。

「通常では子どもでは性欲動等は生じない筈」だが、

「支配/被支配関係に対するコンプレックス等が強い者たち等」は、

「自分が支配出来る者の中に性欲動を被せたがる傾向が強い」。

「本能に基づく性欲動は異性のフェロモン等により誘発され易い」が

「他者支配が先に立つ性欲動被せ」は

「その者が抱いている異性イメージ(多くの場合、ルックスや性器等外形的なモノ)等に

応えているモノさえ在れば、

優先するのは、支配のし易さ等に成り易い」。

「本来の性欲動」なら

「自己、或いは、自種保存の為の本来欲求」で

「対象となるのは、本質的に相性の良い異性になる」。

「つまり、自分と相性の良い異性との接触を目指す」のが

「本来欲求の充足に繋がる正道」になる。

「其処には、本質の探究は在るが、上辺の比べっこは無い」。

「しかし、現状の日本社会等では、

ゲイノウ界商売等の為か、

ルックス比べっこ等が大流行りさせられている」。

「その前に、金権比べっこ状態でもある」。

「その手の情報にマインドコントロール等される」と

「本質的に相性の良い異性より、

金権比べっこ上の優位者や、

ルックス比べっこ上の優位者等を

求めてしまう状態に陥る者たち」が

「多数出てしまう事になる」。

「其処に、支配/被支配関係の重用が先んじる」と

「該当容疑者の様な歪んだ性欲動等」も

「容易に生まれてしまう事になる」。

「上記の様な実体からも明らかな様に、

精神構造問題は、

現状人間世界で暮らしているほとんど全ての人々に在る重大な問題」だ。

「該当容疑者等ダケを不良品扱い等して正義ぶったところで、

他の人々の精神構造の問題が解決される訳も無い」。

「逆に、大きな流れとして、

人類の精神構造の健常化や

人間社会の精神文化の健常化等の流れを生み出す」なら

「該当容疑者の様な精神構造がつくり出されてしまう確率を

かなり減らす事が可能になる」。

「比べっこから、本質・快適等探究へ」の

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の大きな流れ」を

「つくり出す事」は

「今の人類の大きな責務」だ。

「世界平和を当たり前にし、

戦争・テロ等はもちろん、多くの事件・事故等も激減させる事に直結している

人類の精神構造と人間世界の精神文化の健常進歩・正常進化の大きな流れ」を

「つくり出す事」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や映画・音楽等や学校教育等々、

多くの情報・教育界の仕事を健常化させる事により

容易につくり出せる事」だ』。

『「現状の精神構造・精神文化をそのままに、

上辺ダケでモグラたたき的に事件・事故等に対処し続けるダケでは、

人間世界は、早々に限界を迎えてしまう」。

「何故なら、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ、積極的に実用し続けて来ている

人類の物質文明側の進歩・進化は

非常に急激だから」だ。

「今回の容疑者が使った車も、もちろん、物質文明側の製品」だ。

「車が無かったなら、困難な犯行でも、車が在るなら、容易になってしまう」。

「車をどう使うのか?」は

「精神構造・精神文化に基づく、個々の判断等の問題」だ。

「同じ事」が

「大呂破壊兵器等の武器も含む全ての物質文明製品に対して言える」のだから

「人類の精神構造・精神文化の問題」は

「今生きている全ての人類が本気で見つめ、是正するべき重大問題」になる』。

『「何事でも実効が無ければ仕方無い」。

「今回の事件を受けて、

同様の新たな事件・事故等をちゃんと防止し続ける事も重要」だし

「北朝鮮金政権問題の実効のある処理」も

「極めて重要」だ。

「北朝鮮金政権が核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄する事」でのみ

「北朝鮮金政権問題の実効のある解決が可能になる」。

「米朝首脳会談が行われる事が重要なのでは断じて無い」。

「北朝鮮金政権の問題が解決する事が極めて重要」だ。

「その為の手段」が、

「米朝首脳会談になるのか?」

「米軍等による限定攻撃~になるのか?」を

「決める」のは

「北朝鮮金政権等の問題解決意志の本気度による事になる」。

「{自首}無き北朝鮮金政権なら、限定攻撃等~が問題の実効のある解決になる」のは

「ある意味、極めて当然の現象になる」』。

|

« テレ朝等では、相変わらず「北朝鮮金政権ご用達論」等を主にしている様相だが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「北朝鮮金政権等に厳しい安倍政権やトランプ政権に悪イメージを付け、北朝鮮金政権等に都合の良い中国共産党政権やイラン等に親和性を持たせる」等の情報配信を行っていた様相だったが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事