« テレ朝朝番では、常連出演者等が「北朝鮮金政権ご用達論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、常連出演者等が「北朝鮮の核廃棄は完全には出来ない論」等を喧伝していたが・・・。 »

多くの番組で「北朝鮮金政権の延命策、米朝首脳会談や日朝首脳会談等を推奨している」が・・・。

『「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権」が「極悪事を止め、悔い、{自首}した後」なら「首脳会談も有意義になる」。

「しかし、現状の北朝鮮金政権」は

「明らかに{自首}していない」。

「それは、南北首脳会談時」に

「金正恩自らが命令した韓国への砲撃さえも詫びていない事」等からも

「良く判る」。

「現状の北朝鮮金政権」は

「散々の極悪事を未だ継続したまま、

核放棄するフリをする事や

他国との首脳会談等を積極的に行い続ける事等」により

「何としても、時間を稼ぎ」、

「その裏で、工作活動(非人道的なモノも多い)等を

積極的に強化・増大等させながら続ける事で

日韓等の乗っ取り支配等を実現」させ、

「極悪状態の独裁政権のままの体制維持」を

「世界の中で公然化させよう・・・としている状態」だ』。

『「北朝鮮金政権が核・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄するまで、

全世界は圧力を高めながら加え続け、

北朝鮮金政権の{自首}を勝ち取る」のが

「ベスト」だが、

「それは、金政権が極悪であるが故に、実現困難」だろう。

「極悪人等に対する、ベターチョイス」は

「強制逮捕」になる。

「強制逮捕も無理」なら

「排除・駆除等が極悪人等に対する正しい道」になる』。

『「米国は

北朝鮮がリビア方式の核・ミサイル・他国内での工作活動等放棄を

実際に進めている実態を示さない」なら

「米朝首脳会談を止め

北朝鮮の核・ミサイル・工作活動指令部等に対する、限定攻撃をするべき」だ。

「北朝鮮が反撃する可能性は非常に低い」。

「何故なら、北朝鮮が反撃する」なら、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるダケだから」だ。

「現状では{自首}していない北朝鮮金政権」も

「米軍による限定攻撃の後なら{自首}せざるを得なくなる」。

「北朝鮮金政権が縋り付いている牙の多くが折られるから」だ。

「反撃すれば、完全消滅」、

「{自首}するなら、延命は可能」の

「選択を突きつけられた時、

北朝鮮金政権が選ぶのは、どちらになるのか?」は

「言うまでも無い事」だろう。

「未だ、延命の為に逃げ続けようとしている独裁者等が選ぶ」のは

「延命の道になる」』。

『「米朝首脳会談は板門店で行われる」等の旨「喧伝等している」のは

「朝鮮中心主義者等」だ。

「北朝鮮の軍備の脅しが効く板門店での米朝首脳会談は絶対に行うべきでは無い」。

「米朝首脳会談」は、

「北朝鮮が

リビア方式の核・ミサイル・他国内での工作活動等放棄を

粛々と行い続け、

仮に行われる事になった」としても、

「開催場所」は

「金正恩のトランプ大統領道連れ自爆脅し等」が

「不可能な場所に限定するべき」だ。

「板門店にトランプ大統領が行く事」は

「北朝鮮の罠に陥る道」になる。

「現状のまま・・・なら、米朝首脳会談は行っても無駄」だ。

「{自首}前の金正恩等では、どんなに話しても、ロクな結果は得られない」。

「それでも、

平和解決の努力を全世界に見せつける為等の目的で

米朝首脳会談を行う」なら

「その場所」は、

「北朝鮮の直下、板門店では無く、

中立第三国内に限定するべき」だ』。

『「工作活動継続中の極悪状態の金政権」と

「日朝首脳会談等を行っても、

日本国内の工作活動にも大きく関わっている拉致等の問題は解決し得ない」が

「{自首}や強制逮捕後なら

日本国内の北朝鮮金政権による工作活動等も無くなるので

拉致等の問題も容易に解決出来る事になる」。

「拉致等の問題を本当に解決したい」なら

「先ずは、北朝鮮金政権に{自首}させる事」だ。

「{自首}しないなら、強制逮捕・排除・駆除等により、

北朝鮮を金政権の独裁支配から解放させる事が必要になる」。

「当たり前の事」だ。

「{自首}前の日朝首脳会談等を喧伝する」のは

「北朝鮮金政権の実質的、手下等になる」』。

『「金独裁政権にとっての平和とは、金独裁政権による支配が完成する事に他ならない」。

「民主主義社会の平和と独裁政権にとっての{平和}は全く違う」。

「朝鮮半島」は

「北朝鮮が民主化するなら、徐々に統一されて行く」が

「独裁政権を維持したまま、

つまり、北朝鮮の現体制を認めたまま」の

「独裁社会と民主主義社会の統一」は

「独裁社会による支配による統一以外に在り得ない」。

「平和ムード」や

「北朝鮮金政権ご用達の情報」等で

「騙されている方々」は

「この根本的な現実」を

「思い出すべき」だ』。

『「少々の核兵器等は保有出来ているモノの、

未だ、弱小国状態である北朝鮮の金独裁政権にとって、

一番怖いのは、

戦争」だ。

「戦争になるなら、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる事」は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰でも、もちろん、金正恩等でも、分る」。

「それなのに、

テレビ・ラジオ・マスコミ上等で、

戦争脅し等」により

「日・米・韓等の国民等に

北朝鮮金政権にとって都合の良い考え・思い等を

抱かせ続けよう・・・としている」のは

「余程のおバカ等か、北朝鮮金政権等の実質的、手下等になる」。

「余程のおバカ等や、

北朝鮮金政権の実質的、手下等」を

「テレビ・ラジオ・マスコミ等上で、重用し続ける必要は全く無い」。

「日・米・韓等の側の民が持つ、

自虐的にならず、合理的になる

考え・思い等」は

「北朝鮮金政権が{自首}しないなら、

限定攻撃も

戦争も

辞さない事を支持する」等になる。

「日・米・韓の大衆民意」が

「北朝鮮金政権を利す状態に在る事」と

「北朝鮮金政権の{自首}を促す状態に在る事」では

「その実効は大いに違う」。

「実質的に、北朝鮮金政権を利す民意をつくり出させよう・・・」としている

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「もちろん、北朝鮮金政権等の手下等」に

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ上や日本の政権上等で

重要な立場等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「選挙も無いから実権者人脈の交代等も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等の重大な{欠陥}」が

「露呈している」。

「是正は急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、常連出演者等が「北朝鮮金政権ご用達論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、常連出演者等が「北朝鮮の核廃棄は完全には出来ない論」等を喧伝していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事