« 多くの番組で「北朝鮮金政権の延命策、米朝首脳会談や日朝首脳会談等を推奨している」が・・・。 | トップページ | TOKIOの{騒動売り}宣伝が激しいが・・・。 »

テレ朝朝番では、常連出演者等が「北朝鮮の核廃棄は完全には出来ない論」等を喧伝していたが・・・。

『「散々の極悪事を積み重ねて来ている金独裁政権のまま、実質的、核兵器保有国として全世界に認めさせたい」のが

「北朝鮮金政権の思惑」だ。

「その思惑の都合に沿う論」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上等で喧伝等している」のが

「実質的、日本の中の北朝鮮金政権等の手下等」になる。

「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮の核放棄は完全なモンで無ければならない」。

「何故なら、当たり前の事だが、

散々の極悪事を積み重ねて来ている独裁政権の核保有の放置・容認等」は

「核の脅しの下で、散々の極悪事を放置・容認する事と同じ」で、

「人類が絶対に行ってはいけない事だから」だ』。

『「政権交代のある民主主義国家等の核保有なら、未だ、安全度が高くなる」から

「北朝鮮が独裁政権を止める」なら

「未だ、話しは分る」。

「しかし、

北朝鮮が独裁政権を止める事=金独裁政権による散々の極悪事の

罪を認め罰を受ける事による政権交代~民主化等」だ。

「未だ、{自首}さえしていない、ばかりか、

核・ミサイル・他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を駆使して

散々の極悪事の罪を黙殺せしめ、罰から逃れ続けようとしている」のが

「現状の北朝鮮金政権の実態」だ。

「核についてなら、完全核放棄以外は認めてはいけない状態が其処に在る」。

「それなのに、テレ朝朝番常連出演者等」は

「北朝鮮が実質的、核保有国として全世界に認められる状態」等を

「日本の公共の電波上で喧伝等していた」。

「見事!(もちろん、皮肉)なまでの北朝鮮金政権の手下ぶり」だ』。

『「もちろん、

北朝鮮金政権の手下等を

日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や

学校教育上等々で

常連出演等させたり、

常筆として重用したり、

教師・教授等々として重用等

し続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮金政権にしてみれば

米朝首脳会談の開催場所は

ベストは平壌等北朝鮮内で

次は、板門店等従北政権状態の韓国と北朝鮮の間になる」。

「北朝鮮金政権と韓国従北政権による南北首脳会談」が

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を北朝鮮が放棄する具体策等無しのまま

異常なまでの{平和ボケお祭り}化している」のは

「韓国が従北政権だからに他ならない」。

「かつての、金・金や金・盧と同様の三番煎じ」が

「其処に在る」。

「今回は違う」等は「全くのインチキ論」だ。

「根本的に北朝鮮金政権と韓国従北政権による

{平和・融和等イメージ増大の為のイベント}に過ぎず、

その目的は

北朝鮮金政権の利権増大・延命等」だ。

「だから、実際に、

北朝鮮金政権の脅し利権が減る事に直結している

具体的な核・ミサイル・他国内での工作活動等放棄の実態が無い」。

「在るのは、使えなくなった核実験場の閉鎖」と

「米国が強く出て来ている現状では、行える訳も無い

核・ミサイル実験等の停止」等ダケだ。

「代わりに北朝鮮金政権が得ようとしている」のは

「連綿と続けられる関係各国等との首脳会談等」で

「その平和イメージを先走りさせ、全世界を騙せている間の分ダケ

北朝鮮金政権」は

「一番困る戦争等を遠ざけられると共に

他国内で今も行い続けている工作活動(非人道的なモノも多い)等を

強化・増大等させながら継続出来る時間を得る事等も可能になる」。

「主として、日韓内等、他国内での工作活動等により、

先ずは、韓国、そして、日本を従北政権化出来てしまう」なら

「北朝鮮金政権が、

散々積み重ね続けて来ている極悪事等の責任や罪等を

問われる可能性もかなり減らす事が可能になってしまう」。

「散々の極悪事を無い事にして日韓を支配出来てしまう」なら

「北朝鮮金政権は当面の間安泰・・・という事」だ。

「北朝鮮金政権が受けるべき罰の代わりに、

絶大なる不利益が与えられてしまうのが

支配下に置かれてしまう日韓の国や国民等」で

「核・ミサイルの脅し」と

「他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)」等により

「そんな事態を実現する事を放置・容認・黙認等してしまった人類」には

「早々に、人類滅亡の時がやって来る事になる」。

「韓国従北政権は、

その絶大なる悪のメリットを北朝鮮金政権が得る為の、

絶大なる悪の協力をしているダケ」だ。

「全世界の人々」は、

「詐欺等が得意中の得意である精神構造を持つ国家・民族等の要人」等に、

「決して、騙されてはいけない」』。

『「万一、板門店で米朝首脳会談が行われてしまう」なら

「金正恩もトランプ大統領」も

「その反対人脈等から強烈に嫌われている」ので

「二人ともまとめて抹殺」という「シナリオの実現」も

「非常に容易になってしまう」。

「例えば、韓国軍の中の北朝鮮金政権の手下等で金正恩が嫌いな者等」が

「タダの一発、相応の破壊力を持つミサイルでも砲弾でも両者の居るところに打ち込めば、

両者共、オシマイ・・・」で

「戦争にもならず、

米国はトランプ政権では無くなる」。

「巧みに、金正恩ダケ、トランプ大統領ダケを狙う事も可能」だろうが、

「韓国軍からのミサイル・砲弾等で、

金正恩ダケ・・・では

北朝鮮の反撃を誘発する事になるから困難」だ。

「トランプ大統領ダケ・・・」なら

「北朝鮮金政権等も大喜びになる」・・・』。

『「朝鮮人の懐に入っての首脳会談では、

朝鮮人が有利になる事」は

「言うまでも無い事」だ。

「トランプ大統領が席を立つ」なら

「トランプ政権を終わらせる韓国軍の中の北朝鮮の手下等による工作攻撃」等までもが

「容易になるところでの米朝首脳会談」は

「その分だけ金正恩がトランプ大統領から譲歩を引き出し易くなる」ので

「絶対に行うべきでは無い」』。

『「米国は、板門店での米朝首脳会談は絶対に行うべきでは無い」。

「シンガポール等中立第三国での首脳会談」なら

「自首前の金正恩等なら、行っても無駄」だが

「行う事がより悪い状態を急激に呼び込む事等には直結しない」』。

『「米国トランプ政権」が

「北朝鮮金政権問題を

どんな手段を使ってでも

健常に解決する」なら

「トランプ大統領へのノーベル平和賞等も当然になる」が

「トランプ大統領」が

「金正恩との首脳会談」で

「金正恩に悪のメリットを与えてしまう」なら

「トランプ大統領」は

「荒らす憎むべき者」になる。

「その後は推して知るべし」だ』。

『「米朝首脳会談が行われるのか?否か?」は

「北朝鮮金政権が{自首}したのか?否か?」によって

「決められて然るべき」だ。

「{自首}していない金正恩との会談等は無駄なばかりか、

金正恩等に

更なる、悪事を積み重ねる時間と

悪のメリット等を

与えてしまう大悪事に

非常になり易い」。

「極悪人と会談・協議・交渉等して、

極悪人に更なる、悪のメリット等を与える必要は全く無い」。

「極悪人には自首を薦め、自首しないなら強制的に逮捕する、

逮捕も無理なら、排除・駆除等する、

それが、人間世界の正道」だ』。

『「金正恩等が{自首}しない」なら

「米軍は限定攻撃を行うべき」だ。

「それこそが、

6ッカ月以内に

北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等を完全撲滅する

唯一無二の道なのだから!」』

『「現状のトランプ大統領等による

{板門店でも良い}旨等」は

「ある種のリップサービスなのかも知れない」。

「極悪人に

米国大統領のリップサービスまでもが与えられても

極悪人が自首しない」なら

「どうするのが正解か?」は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「北朝鮮金政権」は

「核・ミサイル・他国内での工作活動等を直ちに完全放棄し

{自首}するべき」だ。

「{自首}する」なら

「延命や褒美等も大いにあり得る」が

「{自首}しない場合、待っている」のは、

「逮捕・排除・駆除等になるのだから!」』

『「昨夜のTBSでは、テレビ常連出演者の池上等」が

「日本はテロ先進国」と

「とんでもなく酷い事」を

「述べていた」。

「テロ先進国とは、テロを行っている方を先進と賛美している言葉に他ならない」。

「日本の状態を言う」なら

「テロ・工作活動等対策後進国」等になるが

「その様な当たり前の表現を使う」と

「日本の中の工作活動等問題にも必然的にスポットライトが当たる事になる」。

「つまり、工作活動等が黙殺状態であるが故に、非常に行い易くなってしまっている

現状の日本社会の中で、

悪の工作活動等を行い続けて来ている

北朝鮮金政権等の手下等の悪の利権を損ねる事にも繋がる」。

「その様な事情への配慮等故に、

テロ・工作活動等を行っている側を賛美等する事に繋がる表現を用い、

日本のテロ・工作活動等対策の後進状態を是正する世論等の喚起等を損ねた」なら

「その配慮は、多くの日本国民への配慮では無く、

日本の中でテロ・工作活動等を行い続けている者たち等への配慮になる」。

「この例の様に、

実質的には、

多くの日本国民の利より、

日本の中で工作活動等を行い続けている者たち等の利を図る

情報配信等を行っている者たち」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等で主流になっている」のは

「明らかに異常」だ』。

『「明らかな異常さの裏に在る」のは

「戦後日本の情報・教育等の毒か?人脈か?該当者の劣悪か?」

・・・「何れにしても、是正は急務」だ』。

『「ついでに、記しておく」なら

「今更、{君たちはどういきるべきか?}も無い」でしょう。

「戦前の日本社会の実態等を今時の日本社会に生きる人々に反映等させても、

時代遅れになるダケ」だ。

「例えば、上下関係で言う」なら

「年齢や上級・下級自体に上下が在るのでは無く」、

「いじめ、暴力等、悪い事を行った者が悪い事を行ったが故に下になる」のが

「今時の当たり前」だ。

「比べっこでは無く、本質を探究するなら、当たり前になる事」を

「比べっこの世界に傾注させる事で、本質探究を疎かにさせる」のが

「古書・歴史等、持ち出し、実質的、マインドコントロールの悪質なところ」だ。

「本質探究の為の実体解明等が不十分であったが故に、

比べっこ精神構造・精神文化の中で生きざるを得なかった時代の人々」の

「当時の問題解決模索物語等」は

「歴史を知る為等には有用」でも

「実践的には、時代遅れ」になる。

「本質探究が十分に可能になっている今時の人々に必要な情報配信等を行わず、

比べっこ精神構造・精神文化等を増大させる為には合理的になる

情報配信・教育等を行い続けている」のが

「今時としては、悪劣なテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」だ。

「多くの日本国民等を後進状態に貶める為等には合理的になる情報・教育等」に

「過分な力を与え続ける必要は全く無い」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 多くの番組で「北朝鮮金政権の延命策、米朝首脳会談や日朝首脳会談等を推奨している」が・・・。 | トップページ | TOKIOの{騒動売り}宣伝が激しいが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事