« 「未だ、{自首}していない散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権の瀬戸際外交」を喧伝している日本の中の北朝鮮金政権の実質的、手下等・・・。 | トップページ | 「既に、多くの方々が推定済みの新潟女子小学生殺害~遺体遺棄事件の実態」と「再犯防止策」及び「米朝首脳会談の開催より北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等の完全放棄が重要である事の当たり前」・・・。 »

テレ朝等では、相変わらず「北朝鮮金政権ご用達論」等を主にしている様相だが・・・。

『「日本の公共の電波を使っているのに、北朝鮮金政権ご用達論等が主扱い等」とは

「本当に、異常」だ。

「昨晩の報ステ」でも

「北朝鮮金政権等が散々行い続けて来ている

極悪非道な大悪事等や

日本国内の工作活動等や

国際的合意を一方的に反故にして勝手に行い続けて来ている核兵器等」の

「重大問題」は「無い事」に

「北朝鮮に対してリビア方式の核放棄を求めている米国側」が

「北朝鮮に対して無理難題を押し付けている旨」等の

「論調だった」のだから

「本当に酷い」。

「言うまでも無く、

北朝鮮が国際的合意を一方的に反故にして

核開発~実戦配備等を行った事の是正法」は

「リビア方式等であって然るべき事」だ。

「それ」を

「段階的核放棄+その度の見返り等の方式ににする事」は

「北朝鮮金政権に対して、不当利益を与える事」に「等しい」。

「北朝鮮金政権等」が

「既に散々行い続けて来ている

極悪非道な大悪事の数々や

日本国内の工作活動等や

国際的合意を一方的に反故にして勝手に行い続けて来ている核兵器等の実態」等を

「十分に情報配信した後」なら

「多くの視聴者等が全く同意出来ない可能性が非常に高い論」等を

「実質的に、重要な情報配信等を抜きにする事」で

「多くの視聴者等に安易な同意感情・思い等を抱かせようとしている実態」は

「本当に、酷い」』。

『「選挙も無いから人脈交代等も無い

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界故」の

「重大問題」が

「其処に露呈している」』。

『「本日のテレ朝朝番でも、

常連出演者等」が、

「未だに、

米国側に南北融和を好ましく思っていない要人等が居るのが問題等の旨、

喧伝等していた」。

「もちろん、言うまでも無く、

朝鮮半島等問題の本質」は、

「北朝鮮金政権等が

極悪非道な大悪事等々を行い続けて来ている劣悪独裁政権である事」だ。

「歪んだ似非平和・融和思想等を基」に

「北朝鮮金政権等の重大問題を無い事にして

問題解決等を図ろうとする事の実体」は

「北朝鮮金政権等を不当に利す事」で

「その様な事を行い続けている者たちの実態」は

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等になる」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界が抱えている人脈構造問題故」に

「現状で、テレビ・ラジオ・マスコミ上等で優位な立場に居られている様相」の

「北朝鮮金政権の実質的、手下等の様相さえ露呈し続けている者たち等」は

「自己正当化や自らの利権維持等の為」にも

「非常に熱心な様相」だ。

「ネット普及前」は

「実質的、情報統制状態の下」で

「安穏とご都合論等を喧伝出来、

自己正当化や利権維持等も容易だった」が

「ネット普及以降」は

「情報統制状態が崩れたので、そうも行かない」。

「其処」で、

「実質的に、ネットに悪い、怖い等のイメージ等を付ける論」等や、

「ネット上での論等を

無害化・虚勢化等する為の

実質的、粛清論等」を

「公共の電波上で喧伝している様相」だ』。

『「日本」の

「公共の電波」や

「公共的マスコミ」等が

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等にとって

都合の良い使われ方をされ続けていて

良い訳は無い」。

「北朝鮮金政権等が行い続けて来ている

拉致を含む日本国内での工作活動等や

国際的合意を一方的に反故にして行い続けて来ている核等の開発~実戦配備等や

ミサイル・大量破壊兵器」等々の

「重大問題」が

「在る以上」、

「日本国内の北朝鮮関連に対する対応」が

「厳しく、慎重になる」のは

「極めて当たり前の事」だ。

「もちろん、弁護士等の立場の人々が、日本側・北朝鮮側のどちらに付くのか?」は

「その人次第で、自由になる」。

「弁護士等個人レベルの自由を阻害してはいけない」。

「個人レベルの正当な権利を阻害等させて墓穴を掘らせる工作」等には、

「くれぐれもご用心!」

「問題にすべきは、公共レベル」だ。

「例えば、

公共レベルの大テレビ・大ラジオ・大マスコミ等」が

「一方的情報の大量配信等により

極悪非道なままの、

日本の支配も必需な在日の母を持つ独裁政権のままの、

北朝鮮金政権等を不当に利す論」等で

「視聴者・読者等の頭の中を染め上げようとする事」等は、

「早急な是正が求められて然るべき事になる」。

「例えば、

日本の中の北朝鮮関連問題の正道」は

「日本国内の北朝鮮金政権等の下の工作員・協力者等を徹底摘発等する事等」により

「日本国内に居る

問題のある北朝鮮系の人々と

工作活動等無縁の問題の無い北朝鮮系の人々を

明確に区別して、

それぞれに対して、適切な対応を取る事」だ。

「ところが、この正道」を

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の様相を露呈しているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「言わない」。

「正道を言わないまま、差別問題等を強調して言う」なら

「工作員等までもが利を受けてしまう状態を是としてしまう結論等」が

「想起され易くなる」。

「そんな事を行い続けて来ている」のが

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下の様相の

テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「もちろん、それは、直ちに是正すべき、是正させるべき、非常に酷い事に他ならない」』。

『「日本国・多くの日本国民の立場」なら

「言われていて当たり前の正論」等を

「黙殺したまま、

実質的に、北朝鮮金政権等を利す論等」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上等で大喧伝し続けて来ている

・・・それが、戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「もちろん、それは、早急な是正が必需な実態」だ』。

『「日本国・多くの日本国民にとっての正論を主にする」。

「北朝鮮金政権等ご用達論等は

北朝鮮金政権等ご用達論等である旨等ちゃんと情報配信してから参考論的に付け足す」。

「多くの視聴者・読者等に

自虐的等になってしまう誤った考え・思い等を

抱かせない為に行うべき

当たり前の事が

其処に在る」』。

『「この当たり前の事さえ十分に出来ていない」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「不十分な仕事しか出来ていない者たち等に

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「実権者たちが是正しない」なら

「実権者たちが確信犯の悪である事等になる」。

「それがまかり通り続けて来ている実態から」は、

「人脈の問題等が浮上して来る」。

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の人脈」が

「実質的に、同じ人脈である実態等」だ。

「何故そうなのか?」

「米軍等による占領政策の負の影」が

「大きく浮上して来る」。

「情報・教育界から、

日本の保守系を徹底排除して

左翼系や朝鮮系の者たち等を

大きく重用した占領政策」だ。

「政界では選挙がある」から

「時代に伴って、実権者人脈等も、相応に是正されて来ている」。

「情報・教育界には選挙も無いから、実権者人脈の是正も疎かで、

例えば、

未だに、

東西冷戦が終わっていない状態の論等が主流扱いされていたり・・・する」。

「東側である北朝鮮金政権等の問題でもそれが顕著」だ。

「未だに、東側が負けた事を認めたがらない者たち等が

東側ご用達論等を主流にし続けたがっている」。

「工作活動等、東側の悪い所等は、黙殺して」・・・。

「北朝鮮金政権問題」でも

「北朝鮮金政権から非人道性や他国内での工作活動等を取り去る事」が

「非常に重要」で

「そうする事こそが、南北融和~統一にも直結している事になる」のに、

「未だに、北朝鮮金政権等の側が核を持ったから東側の勝ち!論等の上」に

「大衆を乗せようとしている様相」だ。

「在日の母を持つ金正恩独裁政権が勝つ状態」とは

「金正恩独裁政権による日韓支配状態の実現に他ならないのに!」

「その為の工作活動(非人道的なモノも多い)等が

日韓内で旺盛に行われ続けて来ている」のだから

「それら工作活動等の告発こそが、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の本来の重要な仕事なのに!」

「工作活動等を行い続けて来ている悪い人々と

工作活動等無縁の善良な、或いは、常人レベルの人々」が

「明確に区別される」なら

「日本の中の善良な、或いは、常人レベルの、北朝鮮系等の人々の暮し易さも

改善され易くなる」のだから

「善悪ごちゃ混ぜにした朝鮮人差別訴え等では無く、

善悪区別による不当差別解消を訴えるのが

健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等として当たり前の事なのに!」』

『「極悪犯には、先ず、{自首}を薦める」。

「{自首}しないなら、逮捕・駆除・排除等する」のが

「人類として、正しい極悪犯対応」だ。

「現在までの北朝鮮金政権等は、{自首}していない極悪犯状態に在る」。

「{自首}していない極悪犯を実質的に、利す論」等を

「公共の電波上や公共的マスコミ上で一方的に大量配信し続ける事等」は

「行ってはいけない事に他ならない」。

「行ってはいけない事を行い続けている者たち等からは、

極悪犯の手下・お仲間等の臭いが濃厚に漂って来る」。

「そうでは無いのなら、是正が急務になる」。

「実質的、極悪犯の手下・お仲間等としての仕事???が行い辛くなるから・・・」等と

「言論封殺工作や無害化・虚勢化工作等を

公共の電波や公共的マスコミ等を使って行おう・・・等とする」のは

「明らかに間違っている」。

「身から出ている錆を自ら落とし、

極悪犯の手下・お仲間状態から解脱するのが正道」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

« 「未だ、{自首}していない散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金政権の瀬戸際外交」を喧伝している日本の中の北朝鮮金政権の実質的、手下等・・・。 | トップページ | 「既に、多くの方々が推定済みの新潟女子小学生殺害~遺体遺棄事件の実態」と「再犯防止策」及び「米朝首脳会談の開催より北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等の完全放棄が重要である事の当たり前」・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事