« サンデーモーニングでは「電撃的に行われた、二度目の南北首脳会談を受けて、米朝首脳会談は行うべきの旨」等を常連出演者等が喧伝していたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、日本の公共の電波上で、北朝鮮をしたたか等と実質的に賛美等していた、常連出演者等が日大アメフト問題等で正義ぶったり・・・していたが・・・。 »

テレ朝朝番では「米朝首脳会談が中止になったのは米国ペンス大統領のせい・・・」等の旨の北朝鮮金政権等ご用達論の延長線上で常連出演者等が米朝首脳会談の実現を強く望んでいた様相だったが・・・。

『「米朝首脳会談が予定通り行われなくなった原因」が「事前協議等を一方的にキャンセル等した北朝鮮側にある事」は

「言うまでも無い事」だ。

「其れなのに、

未だに、

{誰が?}の世界で視聴者等を欺くべく(と強く推定される)

ペンス副大統領の特定の場所での特定の発言内容の一部を

大問題化し

米朝首脳会談が中止になった元凶等としていた」のだから

「その北朝鮮金政権等の実質的、手下ぶり」等は

「本当にお見事(もちろん、皮肉)!」だ。

「其れだけ、北朝鮮金政権等に近い(と強く推定される)から」か

「北朝鮮内の人事情報等は早い」。

「今回は軍幹部が続々と更迭(粛清では無く)された旨、情報配信していた」。

「粛清では無く、更迭であるところからも

金正恩等の軍に対する実権の弱さが良く判る」。

「もはや四面楚歌状態なのが金正恩等の実態」だが

「日本の中の北朝鮮金政権の実質的、手下等は

未だに、{金正恩等マンセー!}状態なのだから本当に呆れる」』。

『「米国トランプ政権」は

「実質的に、

韓国の従北大統領等を

北朝鮮金政権等との

連絡係等として使っている」が

「もちろん、現状の韓国の政権が

北朝鮮の工作によってつくり出された従北政権である事等」も

「十二分に把握している」。

「当然、従北大統領等に伝えられている内容は限定的」だ。

「例えば、北朝鮮金政権が完全核放棄するダケで

体制保障とは

実際は、あり得ない事」だが

「従北大統領はその旨、北朝鮮金政権に伝えている」。

「北朝鮮金政権が完全核放棄するダケで

北朝鮮金政権の体制保障をする事」とは

「北朝鮮金政権等による

ミサイルも

核以外の大量破壊兵器も

他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等も

散々積み重ねて来ている極悪事も

全て米国が認める事に他ならない」。

「そんな事を米国トランプ政権が行ってしまう」なら

「米国トランプ政権は永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」から

「当然、行えない」。

「完全核放棄は最初の扉に過ぎ無い」。

「その最初の扉さえ素直に開かない」なら

「北朝鮮金政権等は滅ぼす以外に無い政権になる事」が

「決定されるダケ」だ。

「北朝鮮金政権等が{自首}するか、

北朝鮮が金政権以外の普通の政権になるかして、

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄する」なら

「散々積み重ねて来ている極悪事と

核放棄等が相殺されながら行われる

ある意味、段階的な核放棄でも

事を収められる様になる」が

「北朝鮮金政権の{自首}も無く、

北朝鮮の普通の政権化も無ければ、

一気の核放棄以外で事を収める事は出来得ない」。

「一気の核放棄」とは

「北朝鮮金政権等問題解決への扉が開けられる事に他ならない」。

「その後のミサイル・大量破壊兵器・北朝鮮以外の他国内での工作活動等」の

「現在進行形の重要問題の処理」と

「散々積み重ねて来ている極悪事に対する処理」を

「行える様にする為の扉が開けられる事に当たる」のが

「北朝鮮金政権の完全核放棄」だ』。

『「もちろん、

米国トランプ政権等も

北朝鮮の軍部等も

上記の様な実体は重々承知の筈」だ。

「知らぬ」は、

「平和ボケの人々」や、

「北朝鮮金政権等の都合に沿って北朝鮮金政権問題の処理を考える

北朝鮮金政権等やそのの実質的、手下等」に

「なる」』。

『「北朝鮮の軍幹部等が続々と更迭されている事」は

「例え、シンガポールでの米朝首脳会談が決まっても、

金正恩等が乗る北朝鮮のジェット機等が

其処に辿り着けなくなる可能性が非常に大きくなっている事」でもある。

「それは、

北朝鮮の政権を

自らの保身等しか考えていない風見鶏状態の若造政権から

中国共産党にとって都合の良い座りの良い政権に変えたい

中国共産党にとっても好都合」になる。

「北朝鮮金政権等が生き残る道」は

「腹を決めた{自首}しかない」。

「腹を決めた{自首}を行い

北朝鮮金政権等が核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄した上で

米朝首脳会談には米国機等で行く」なら

「金正恩等もほぼ確実にシンガーポールに行く事が出来る」。

「米朝首脳会談」では、

「北朝鮮金政権等の{自首}を全世界に公言」し

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等の完全放棄を宣言すれば良い」。

「{自首}は屈服では無い。勇気ある現実対応」だ。

「北朝鮮金政権等が{自首}しない」なら、

「確実に敗北に追い込まれる」ので

「屈服する」か、

「滅亡する」かの

「どちらかにしか成り得なくなる」。

「{自首}してその後の処理も順当に行う」なら、

「散々積み重ねて来ている極悪事等は

ある意味、不問とされ易くなり、

ノーベル平和賞等も大いにあり得る状態になる」。

「{自首}するなら、ある意味、天国」が

「{自首}しないなら、確実に地獄」が

「待っている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「ここで、地獄を選択する」のは

「超自虐的な者等になる」。

「選択すべきは、ある意味、天国である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「北朝鮮金政権等が核ダケ放棄で、

その後も陰険なナチス・ヒトラーを続けようとする」なら

「米国トランプ政権等の逆鱗に触れる事になる」。

「悪魔を放置し続ける程、米国トランプ政権も世界も甘く無い」。

「先ずは、完全核放棄で扉を開けるのも悪くは無い」が

「言うまでも無く、その後を誤るなら、北朝鮮金政権等に長い先は在り得ない」。

「最初からの{自首}なら北朝鮮軍部等による反乱等も困難だが、

先ずは完全核放棄・・・と段階的に是正を行うなら

北朝鮮軍部等による反乱等も容易になる」。

「北朝鮮金政権等にとって、どちらが良いか?」等は

「言うまでも無い事」だ』。

『「何れにしても、

北朝鮮金政権等の実質的、手下等を

日本の

公共の電波上や

公共的マスコミ上や

学校教育上や

政財界等々で

蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「幸いな事に政界には選挙がある」ので

「政界ではある程度是正されている」。

「問題なのは、選挙も無いから実権者人脈等の交代も無い世界」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「電撃的に行われた、二度目の南北首脳会談を受けて、米朝首脳会談は行うべきの旨」等を常連出演者等が喧伝していたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、日本の公共の電波上で、北朝鮮をしたたか等と実質的に賛美等していた、常連出演者等が日大アメフト問題等で正義ぶったり・・・していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事