« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

「米韓合同軍事演習中止でも、核増産&日本国内の電磁波工作等もより強化・増大」の北朝鮮金政権・・・。

『「米国トランプ政権の堪忍袋の緒が切れる時」が「どんどん近づいている」。

「軍事戦略上」での

「日韓に大きな被害を出さずに北朝鮮金政権問題を解消する実効の高い手段」は

「米軍による先制核攻撃になる」。

「そもそも、風水の云われ」でも、

「自国の、新たな気が生じるとされている、東北方位」で

「核実験を何回も行うという行為」は

「核攻撃を呼び込んでいる{儀式}の様なモノ」だった。

「その後の核実験場爆破」も

「核攻撃の後の通常攻撃を呼び込んでいる{儀式}の様なモノ」だ。

「そんな自虐的な{儀式}を積み重ねて来た」だけでは無く、

「米朝首脳会談での首脳同士の約束である核放棄実行」を

「怠り続けて来ている」だけでは無く、

「更なる核増産や日本等他国内での工作活動等の強化・増大等まで行い続けている

国際的合意だけでは無く、

首脳同士の約束も守らない、

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等」が

「連綿と人間世界内で存続し続ける事等」を

「容認し続ける人々や国々ばかりでは無い事」は

「至極当たり前の事」だ。

「金正恩に騙された」では

「選挙で勝てる訳も無い米国トランプ政権」は

「北朝鮮金政権等に首脳同士の合意を確実に早期実行する事」を

「当然の如く、強く求め、

その証として、米韓合同軍事演習まで中止している」のに

「北朝鮮金政権等側の対応」が

「米国トランプ政権を騙して、不当利益を得続けよう・・・」では

「米国トランプ政権がタダで済ます訳も無い」。

「米軍の先制核攻撃を呼び込んでいる超自虐的な現状の北朝鮮金政権等の態度」が

「早々に改められない限り」、

「北朝鮮金政権等の悪夢」は

「それ程、遠く無い時に現実のモノとなる」』。

『「北朝鮮金政権等に今求められているのは{自首}」だ。

「{自首}しないなら、強制逮捕や排除・駆除等が当然になる」のが

「散々の極悪事を積み重ねて来ている政権等の宿命」だ。

「少なく無い数の核兵器等大量破壊兵器等まで保持してしまっている」となると

「強制逮捕や排除・駆除等を実行する為の手段も相応に高くなる」のは

「当然の事」だ。

「日韓等他国へ一番悪影響が出ない手段」が

「米軍による先制核攻撃等である事」は

「軍事戦略を少し考える」なら

「何処の誰でも直に分る事」だ。

「先生核攻撃にお墨付きを与える事に直結している」のが

「米韓軍事演習中止なのに、核増産!」や

「未だに、主として、日韓内等、

他国内でのスパイ・工作活動等を

強化・増大等し続けている実態」になる』。

『「自虐的な事を連綿と行い続けられて来ている程、

超おバカな北朝鮮金政権等」は

「超上から目線で、大量の核兵器等を保持してしまえば、

米国トランプ政権等も、

中国習政権も、

オトナシクさせ続ける事が出来るばかりか、

騙し続ける事等も可能等」と

「超勘違いしているかも知れない」が

「もちろん、現実世界ではそんな事はあり得ない」。

「あり得ると思い込めるのは、裸の王様ばかりなり・・・の世界」だ』。

『「北朝鮮金政権が大量の核兵器を保有する事=米軍等による先制核攻撃を呼び込んでいる事」というのが

「現状人間世界の現実」だ』。

『「米軍等が先制核攻撃を行う」なら

「北朝鮮のミサイル等が日・韓・米等を襲う事も無い」。

「その代わりに、若干の核汚染の影響」が

「日韓等にやって来てしまう可能性は高い」が

「その害」と

「北朝鮮金政権が持つ核・ミサイル・大量破壊兵器等や

北朝鮮金政権等による他国内でのスパイ・工作活動等を容認し続ける事の害」を

「天秤にかける」なら

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の核・ミサイル・大量破壊兵器・工作活動等を

駆逐しない事の実害の方が遥かに膨大である事」は

「冷静に考えるなら、世界中の何処の誰にでも分る」。

「現状の先進諸国の首脳等の判断が間違う訳も無い」から

「北朝鮮金政権等」が

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を維持し続ける道」は

「既に、閉ざされている」。

「この後に及んで、未だに、核増産や日本も含む他国内での工作活動等を強化・増大等し続けている

北朝鮮金政権等の

超おバカ・超自虐ぶり」には

「呆れるしか無い」が

「それは、自覚無き劣悪者等の常でもある」』。

『「物質文明の急速な進歩・進化等」は

「北朝鮮金政権等レベルでも、

核・ミサイル・大量破壊兵器等々を保持出来てしまう事態」を

「生み出している」。

「精神文化側の進歩・進化が未だ不十分過ぎる現状人間世界」では

「その対処法も現有出来ている物質文明製品頼りとなる」のは

「ある意味、必然」で

「北朝鮮金政権等が保有出来てしまっている物質文明製品等より大きな破壊力を持つ

物質文明製品を実用する事による

北朝鮮金政権等問題の解決」は

「現状人間世界の問題解決法のスタンダードでもある」』。

『「北朝鮮金政権等はいい加減に自覚するべき」だ。

「北朝鮮金政権等は、散々の極悪事を積み重ねた段階で既に負けている」。

「負けているのに負けを認めず、

既に、勝負は付いているのに、

今更、無理やり勝とうとしても無駄」だ。

「現実離れした妄想を懸命に追及する結果」は

「負けを認めていない者たち等への鉄槌になる」。

「負けを認めない為に、

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等々を

強化・増大等し続けている」なら

「それ以上の大きさを持つ鉄槌を実用する事が必要になる」。

「其れダケの事」だ。

「何れにしても、既に、勝負が付いている結果が覆る事は絶対に無い」。

「北朝鮮金政権等はこの現実くらい真摯に認め、

速やかに{自首}するべき」だ。

「核増産や他国内での工作活動等を強化・増大等し続けている」なら

「米軍による先制核攻撃が程なく現実のモノになってしまう」のだから

「北朝鮮金政権等の速やかな{自首}」は「本当に急務」だ』。

|

テレ朝昼番では「昨今の酷い事件を受けたご用達心理学者等の低レベル論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「起こってしまった事件・事故等」を「外形的に分類等」しても「同様の新たな事件・事故等」を

「激減させる対策に直結する訳も無い」。

「少なくとも、心理学者等」なら

「無意識レベルにまで至る事件・事故等の問題解析等が出来ているべき」で

「公共の電波上に配信する情報」は

「其れを、分り易くしたモノ等であって「然るべき」だ。

「外形的な分類学等や事件実態の推定等」では

「同様の新たな事件等を誘発させる事等には有益になってしまう」が

「同様の新たな事件等を激減させる事には余り効果が無い」。

「その様な情報配信を続けて来ている番組等の本音」は

「同様の新たな事件・事故等を激減させる事では無く

同様の新たな事件・事故等を繰り返し繰り返し起こさせ続ける方向に力を加える事による

常連出演者等の利権維持~増大を目的している!」等と

「感じられたり、思われたりしても、仕方無い」。

「そうでは無い等というのなら、是正が急務」になる』。

『「そもそも、人類誰もの実体は

広義の自分も含むその実体の本来の目的に沿う行動等を起こし続ける事により

常に、自己承認欲求の本来欲求を充足させる事が出来ない限り、

根本的不満を抱き

状況を変える欲動が起きる様に出来ている」。

「現状までの人間社会やその中で暮らしている人間の実態」は

「上記の本来求められている実態とは程遠い」から

「其れこそ、何処の誰でも、

自己承認欲求の本来欲求の充足が不順となり、

根本的不満を抱き続けて来ている」。

「ここで、根本的不満を誤魔化そうとするのか?」

「根本的不満を生じさせる状態を改善しようとするのか?」の

「違い」は「絶大」だが

「この根本的な絶大なる差を意識化して考えたりする情報・教育等」は

「異常な程、希薄」だ。

「その様な情報・教育面の重大瑕疵もあり

現状人間社会では、

多くの人々が根本的不満を誤魔化す選択を主にしてしまっている」』。

『「金権社会でもある現状人間社会内」で

「根本的不満を誤魔化す為に便利な道具は金であり権力になる」。

「元々が自己承認欲求の本来欲求が満たされていない事による

根本的不満」なので

「その誤魔化し法」は

「自己承認欲求の代償欲求の追及になる」。

「自己承認欲求の代償欲求として簡単に浮上する欲求」は

「他の者・物・事に自己を認めさせたり、

他の者・物・事を認める欲求」だ。

それは、

「他の者・物・事を用いて自分にお墨付きを付けさせる事」で、

「外側から本来欲求不充足状態の不安定な自分を支えさせよう」としたり、

「他の者・物・事を認め、その者・物・事に依存する事」で

「本来欲求不充足状態の不安定な自分を誤魔化そう」としたりする「虚しい、企み」だが。

「支配・被支配の関係」で

「支配側を欲する」と「他の者・物・事に自分を認めさせる欲求が肥大化し易くなり」、

「被支配側を欲する」と「他の者・物・事を認める欲求が肥大化し易くなる」。

「自己承認欲求の本来欲求不が充足である状態」により、

「自己健常支配の継続も困難になっている」が

「本来欲求不充足状態を是正しようともしていない」ので

「必然的に、自己健常支配の代償欲求である

他の者・物・事支配/被支配欲求が生じている」。

「云わば、深層心理の負のスパイラル状態」が

「其処に在る」』。

『「自己承認欲求の本来欲求不充足状態を誤魔化す為の金権」には

「偏在が合理的になる」。

「何しろ、基本的には、他の者・物・事との比較を利用した誤魔化しだから」だ。

「例えば、

通常より良い食事をしたり、

通常より良い家に住んだり、

通常より良い異性パートナー等を得たり、

通常より強い権力を持ったり、使用したり、

・・・等々」による

「比べっこ上の優位者になる事」や

「比べっこ上の優位者を認め、其処に自分を投影・転嫁・同一視等して依存したりする事」での

「本来欲求不充足状態の誤魔化し」には

「金権の偏在があった方がよりコントラストが付き、誤魔化し依存度も高め易くなる」。

「しかし、どんなに代償欲求を追及したところで本来欲求不充足状態が改善される訳も無い」。

「改善されない本来欲求不充足状態を誤魔化し続ける為には、

更なる誤魔化しの為の代償欲求の追及が必需になる」。

「充足が在り得ない、代償欲求の追及」が

「肥大化し易い」のは「ある意味、当然の現象になる」。

「どんなに金を集められても、

どんなに強い権力を持てても

どんなに通常より良いとされる異性パートナーを得る事が出来ても、

どんなに通常より良い住処等を所有出来ていても、

・・・等々、

更に、更に・・・と欲求が生まれ続ける」のが

「充足され得ない代償欲求が持っている宿命」だ』。

『「代償欲求追及型人間が蔓延っている現状の金権比べっこ人間社会」では

「当然の如く、不適合者等が生まれ続ける」。

「比べっこや金権偏在構造自体」が

「根本的自虐を要求している」。

「人類誰もの自分の実体や

その実体の本来の目的から

整合性を取ってつくられている社会では無いのだから、

自分の実体やその本来の目的に従順でも不適合に成り得てしまう」。

「それでも、多くの人間が相応に現状人間社会との折り合いを付けられている」のは

「現状の金権比べっこ人間社会が相応に巧妙につくられているから」だ。

「代償欲求追及によりある程度以上自分本来の実体を誤魔化せる人間の割合」が

「大半になる様につくられれば、

自らの代償欲求による誤魔化しメリットを否定する事にも繋がる

現状人間社会の是正」に

「反する人間の数も相応に多くなる」。

「そして、その様な状態の是認」が

「現状適応を強いる圧力となり

個人レベルでも、集団レベルでも、その圧力が発せられ、

個人にも、集団にも、その発せられた圧力が当てられている」のが

「現状人間世界の実態」だ。

「自己承認欲求の本来欲求不充足状態でもあり、

現状人間世界からの圧力も当てられている人間の中」では

「その様な現状を脱出する欲動がどんどん蓄積される事になる」。

「蓄積されている現状脱出欲動」は

「無意識レベルの大きなエネルギーを持ち」、

「些細なキッカケによってでも暴発し易い」。

「現状人間世界の中の数多くの酷い事件・事故等の裏に在る」のは

「現状脱出欲動の蓄積と暴発」だ。

「同様の新たな事件・事故等を激減させる為に必要な事」は

「現状脱出欲動を蓄積させない事であり、

無意識レベルの欲動等を意識化して健常にコントロールする事」になる』。

『「代償欲求の追及に邁進している者たちの実体」とは

「本来欲求充足」や

「自己健常支配継続」が「出来ていない」

「根本的不適合者に他ならない」。

「根本的不適合者を是とする現状人間社会のまま時を重ねて来た結果」が

「戦争の歴史(金権偏在、比べっこ金権支配/被支配争いだからある意味、当然だ)」であり

「昨今の急激な環境変動」等だ。

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って人間社会を構築する」なら

「自己承認欲求の本来欲求を素直に充足させ易くなる人間の数も大幅に増える」。

「結果、自己健常支配の継続も行い易くなる人間の数も大幅に増える」。

「世界平和が当たり前となり、

急激な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明相応の

精神文化を

保持する事が出来ている人間社会では

自虐となる環境破壊等も大幅に抑えられる事になる」。

「現状脱出欲動の暴発も大幅に減る」から

「酷い事件・事故等も激減する事になる」。

「それら人間本来の状態を大きく阻害している」のが

「代償欲求過剰追及者たちの実体」だ。

「本来の人間社会への健常進歩・正常進化を大きく阻害している」のが

「現状の多くの情報・教育等」だ。

「是正が急務である事はもはや、言うまでも無い事になる」』。

『「何時まで経っても、

特定極一部の者たちの現状利権を維持~増大する為に好都合になる

低レベルの論等や悪い論等ばかり・・・」を

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々で

喧伝等し続け、

無理やり、公然化させ続ける悪業」を

「行い続けていて良い訳は無い」。

「根本的劣悪者たちに相応しい場所」は

「永遠の恥辱に染まる道の上等になる」』。

『「現状までの天動説レベルの所謂、文系学校教育等の優等生」が

「力量不足」なのは

「ある意味、当然の現象」だ。

「何しろ、天動説を、変とも思わず、感じず、鵜呑みにする、

鵜呑みにして覚える事による現状利権を追及する、

レベルの状態なのだから!」

「其処に在るのは、時代遅れの宗教の信者の様な実態等」になる。

「生贄を必要とした宗教も在った」が

「何時まで経っても、

実質的に、多数の人間を生贄状態にし続けて来ている、

精神文化面での天動説を是としている{宗教}の

宗教信者状態では、

実に、情けない」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「本質を言わない、言えない、仕事論とか老化論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「本質抜きの論等」とは「あの世や幽霊等々の存在まで可能にしてしまう丸ごと一人の死生観・人生観論等」と

「同じ」、

「実体や事実・現実を意識的かつ積極的に利用していない実質虚論」等になる。

「それは、今時の精神文化製品としては余りにも低性能という話しにもになる」』。

『「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的」から

「整合性を取った上」で

「仕事を定義する事」は「簡単」だ。

「逆に、その様に本質から整合性を取らない」なら

「例えば、戦時中は敵という同じ人類を殺す事が{仕事}と出来てしまう」。

「人類誰もの自分の実体」とは

「地球上の生命体細胞群に他ならない」。

「その中の約60兆とも言われている細胞群個体がそれぞれの人になる」。

「広義の自分は地球生命体細胞群」であり

「狭義の自分はその中の約60兆とも言われている細胞群個体」だ。

「そして、広義の自分の根本的目的」は

「その存続である事は疑いの余地が無い」。

「地球生命体細胞群」は

「単細胞から多数化・多様化し

高度に構築した多様な多細胞群は数多くの種類の生物を生み出して来ている」。

「それは、この宇宙に存続している限り逃れる事が出来得ない

時間の進行に伴う物理崩壊エネルギーに抗い

存続し続ける為の生体としての非常に合理的な対処法」だ。

「地球外での存続まで視野に入れている地球生命体細胞群」は

「地球外の利用を可能とする人類という種まで生み出した」。

「全ては、地球生命体細胞群=個々の人類にとっての広義の自分の存続の為」だ。

「この本質から整合性を取る」なら

「仕事とは、地球生命体細胞群の存続に貢献する事」等の

「実体を伴った定義」が

「簡単につくり出せる」。

「現状人間社会で仕事とされている事が仕事なのでは無い」。

「地球生命体細胞群の存続への貢献が仕事」だ』。

『「現状人間社会」は「金権社会化されている」。

「その結果、{仕事}とは自らの下への金集め等」と

「本質的に、大勘違いしてしまっている人々も多い」。

「この、金権社会化下の仕事に対する自虐的大勘違い」を

「意識化させない為に有用になる」のが

「現状に在る{仕事}の実質、賛美・偏重等」だ。

「大金を稼ぐ{仕事}とは大金が集まる{仕事}に他ならない」が

「有名人スポーツ選手や有名人ゲイノウ人や株由来大金持ち等々、

大金を稼ぐ{仕事}は実質的に、大賛美されている」。

「それら、直接金集めの要素が強い{仕事}」は

「{仕事}体験テーマパーク等では扱わず、

他の直接金より人助け的要素を感じやすい{仕事}」を

「偏重して扱っていたりするのが現状の実態」だ。

「その実体」は

「人類の精神文化」が

「武力による比べっこ支配権/被支配権争いだった時代」の

「多くの人類の{仕事}」が

「兵や兵器を生み出す事であり、

当時は、優秀な兵や優秀な兵器を生み出す事等が大賛美されていた事」と

「何ら、変わりが無い」。

「武力による」が「経済による」に「変わったダケ」の

「比べっこ精神文化下」では

「本質的自虐劇が繰り返されている」』。

『「現状に在る{仕事}を偏重し、その効率を良くすればより良い社会がつくれる」等と

「考えた」のが

「旧社会・共産主義」だった。

「自由主義圏」では、

「{仕事}自体が需要と供給の関係上で自由に生み出されたから

{仕事}も多様になった」。

「現状に在る{仕事}を偏重して{優秀な}者の指導で効率良くしようとした

旧社会・共産主義圏の国々」と

「自由主義圏の国々」は

「対立」し

「東西冷戦となった」が

「勝利したのは多様性が担保されていた西側自由主義圏の方」だった。

「構築度の法則からも、至極当たり前の結果」だ。

「小さいモノより大きいモノの方」が

「共存を前提」に

「単体より多体の方」が

「単種より多種の方」が

「構築度が高くなる」。

「そして、全く同じ事が出来るなら大きく重いモノより小さく軽いモノの方が構築度が高い」。

「つまり、精神文化として崩壊に抗い易くなる」。

「本当の理想」は

「人類誰もの自分の実体やその実体の実体から整合性を取った

多種多様快適共存状態」だが

「単純化された東側の世界より多種多様化が自由だった西側の世界の方」が

「崩壊に抗い易く勝ち残った現実」は

「相応の教訓になる」。

「現状の学校教育等がまとも」なら

「人類誰もの自分の実体やその本来の目的」や

「人類の精神文化の進歩・進化の方向性」や

「人類の精神文化史上の教訓」等々も

「教えられていて然るべき」で

「その様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実等」を

「物質文明側同様に意識的かつ積極的に使用している

精神文化側の学校教育=所謂、文系の学校教育」なら

「要らない論など出る訳も無いのだが」。

「この辺りの基本中の基本が無い現状までの

精神文化側の学校教育等」とは

「天動説の世界」で

「その優等生や高学歴者の実体」は

「古の時代の教会派、つまり、宗教信者状態に他ならず」、

「そんな状態の者たちが生み出し続け来ている

精神文化製品(テレビ・ラジオ番組、映画、アニメ、小説、絵画、音楽等々)が

物質文明製品(車・家電・スマホ・コンピューター・ロボット等々)程に

性能が良くならず、

実体としては非常に低性能である事」は

「ある意味、当然の現象に他ならない」』。

『「現状にある仕事に拘る」等の「精神文化状態」では

「AIやロボットの急速な進歩・進化に対応出来る訳も無い」。

「仕事とは?」から「本質的に紐解いた上」で

「狭義の自分自らに適性が有る仕事を行う、行える様にする」のが

「順当な対処法になる」。

「AIやロボット等もどの様に進歩・進化させるのか?どの様につかうのか?」を

「決め出して行く」のは

「個々の人々の精神構造とそれを基にした人間社会の精神文化」だ。

「今までが、遅れ過ぎている分だけ

精神文化側には物質文明側以上に仕事の幅も需要も在る」のが

「現実」だ。

「必要な仕事が出来る人材を生み出す情報・教育が非常に重要な時」に

「旧態依然とした性能の悪い精神文化製品を公共の電波上にばら撒いている様では」・・・。

「大いに呆れている」のは

「筆者だけでは無い筈」だ』。

『「老化の本質」も

「構築度から考える」と

「直に解る」。

「現状の老化論」では

「細胞やDNAの物理破壊(原因は物理的でも生物的でも)の老化では無い破壊問題」と

「老化問題」を

「直結させている」が

「破壊問題は破壊問題」だ。

「破壊を防ぐ事や破壊から出来るだけ早く回復する事により

不要な早期崩壊は防げる事になる」が

「老化の本質」は

「破壊とは別に在る」。

「先ず、考えるべき」は

「広義の自分が老化しているのか?」だ。

「もちろん、広義の自分である地球生命体細胞群」は

「老化などしていない、ばかりか、健常成長し続けようとしている」。

「狭義の自分だけを偏重する」なら

「先ず、狭義の自分の成長実態を認識するべき」だ。

「受精卵が細胞分裂し

細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら、

多種多様に育ち

母体内から出て

更に、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら

狭義の自分自体が大きくなって行く

成長期」。

「構築度の法則からすれば、大きくなる事で構築度を上げている実態」が

「良く分る」。

「成長に合わせて、多種多様な者・物・事や動きを覚えて行く実態」は

「多種多様化であり、多種多様共存化でもある」。

「自分個体を大きくして行く事」は

「環境面(自然・物理両方)・自らの生体面との折り合い」で

「一定程度で止まる」。

「其処で行われている事の実体」は

「外界とのバランスの最適点を見つけ出す作業」だ。

「狭義の自分だけを偏重して考えても、

広義の自分や身の回りの自然環境・物理環境等との最適点を見出す事で

自らの存続を容易にする重要実務の実体に突き当たる」。

「外界とのバランスから生まれて来る事態」は

「構築度の法則」の

「全く同じ事が出来るなら大きく重いモノより小さく軽いモノの方が

構築度が高くなる事」の

「実用」だ。

「出来る事が必要な事」は

「広義の自分に対する事」も

「狭義の自分に対する事」も

「在る」。

「広義の自分に対して必要な事」は

「ある特定の狭義の自分が行わなければならない事では無い事も多い」。

「多種多様共存性を保ったままの分業制による構築度アップ」が

「時間経過と共に求められる様に成って来る理由」だ。

「分業制によって専門家した狭義の自分個体の行っている仕事」が

「他の狭義の自分個体が行える仕事」より

「低レベルとなった時」、

「その座を開け渡す事こそが

広義の自分の構築度アップに繋がる事になる」。

「其処で、順当な交代が行われると生まれる」のは

「退いた狭義の自分個体がそれまで偏重して使っていた部位を使用しなくて良くなる状態」だ。

「使われなくなった部位を保持し続ける事」より

「使われなくなった部位は放棄する事」の「方」が

「高い構築度が保ち易い」。

「つまり、時間経過による物理崩壊にも抗い易くなる」。

「使われなくなった部位が狭義の自分全体を包み込む」なら

「狭義の自分自体が退いた方が広義の自分の構築度は高め易くなる」。

「老化や狭義の自分個体の{死}」とは

「広義の自分にとって必要で出来る事の要請」により

「狭義の自分の部位存続の放棄を行う事で生まれる

広義の自分の健常存続の為の自然現象に他ならない」。

「特定の狭義の自分個体を不{死}化する事により

広義の自分が健常存続し易くなる」なら

「不{死}化もアリかも知れない」が

「不{死}化に値する特定の狭義の自分など、先ず、在り得ない」。

「特定の狭義の自分の不{死}化とは、人類個体のガン細胞化と同じ事だから」だ。

「ガン細胞が人類個体の{死}を誘う様」に、

「特定の狭義の自分の不{死}化」は

「広義の自分の死を誘う事に直結する事になる可能性大」だ。

「人類にとって、実現可能で合理的な永遠の命」とは

「広義の自分の存続~永続に他ならない」』。

『「精神構造面」で、

「上記の様な現実をちゃんと理解・把握・認識等している人々が増え、

人間社会の精神文化も時代相応に健常進歩・正常進化する」なら

「人類が生み出す物質文明製品にも相応の良い変化が起きる事になる」。

「現状では封印されている

宇宙に本格進出する為には必需」な

「時空制御技術」等は

「自虐的な精神構造や精神文化の徹底撲滅抜き」には

「解放され得ない」。

「逆に、自虐的な精神構造や精神文化が余りにも酷く蔓延り続ける」なら

「時空制御技術等の自虐使用により地球消滅もあり得てしまう」・・・』。

『「仕事と自虐破壊行為等の区別さえ???のまま自分の下への集金に明け暮れている

本質的、自覚無き、大迷惑者たちの数」を

「急速に減らす為」にも

「情報・教育の正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「富山の警察官拳銃強奪&殺傷事件」や「韓国の酷い、美容整形手術室内の実態」等をダシに常連出演者等が自論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「韓国関連批判・非難等をいくら行っても、北朝鮮金政権等が正当化されたり、より良く思えたり、する訳も無い」。

「それでも、

韓国社会・米国社会・日本社会等に対する批判・非難等」には

「結構熱心」で

「北朝鮮社会に対する批判・非難等には異常な程、非積極的」というのが

「日頃から、北朝鮮金政権等の

実質的、手下の様相を露呈し続けている

テレビ番組や常連出演者等の実態」だ。

「美容整形とは?」等さえも

「探究しようとしていない

低レベルの

実質、韓国社会批判・非難論」等で

「正義ぶり、優等生ぶっている厚顔無恥ぶり等」には

「本当に呆れる」。

「この様な情報が多くの視聴者等の頭の中に入り込み、擦り込まれて行く事の

悪害等について、

もう少し、真剣に考えたらどうか!」

「同様の状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等ばかり・・・」だから

「同様の新たな事件・事故等が起こり続けている面もかなりある」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数は決して少なく無い筈」だ。

「富山の警察官拳銃強奪~殺傷事件」も

「過去散々、繰り返されて来ている、

現状脱出欲動の暴発に基づく、

大量無差別殺傷事件等の実態が露呈している、

同様の新たな事件に他ならない」。

「本質の改善無き人間社会」では

「同様の新たな事件・事故等が起こり続ける」。

「しかも、急速に進歩・進化し続けて来ている物質文明製品等の実用を伴って!」』

『「元陸自の該当容疑者」にとって、

「小学校を襲い、大量殺傷事件を起こす目的と強く推定される事件」の

「実行作戦を考え出す事」等は

「容易だった」に違い無い。

「昨今の小学校では、教師等がサスマタで防御する」から

「飛び道具が要る」。

「飛び道具と言えば、拳銃」で

「どうやって手に入れるのか?」で

「警察官を襲う」とは

「かなり安易で短絡的な発想にも思える」が

「警察官のスキを付いて襲い、

警察官の身体と強固に繋げられている拳銃を切り離す為に必要な刃物等を予め持つ」とは

「相応に作戦の臭いが強い事になる」。

「ネット等を悪用して、裏マーケット等で拳銃を買う等」の

「悪社会の手段を使わず、

{正々堂々と}警察官を襲った辺り」からも

「容疑者の思想信条等が垣間見える」。

「容疑者の其処までの現状脱出欲動」は

「どうして形成され、どうして暴発したのか?」

「その辺りをちゃんと探究し、問題の本質を是正する実務を行わない限り、

同様の新たな事件・事故等の再発を激減させる事は出来得無い」。

「当たり前の事」だ。

「それなのに、未だに、上辺論」を

「正義ぶり、優等生ぶり、言うダケ・・・レベル」では

「本当に情けない」。

「上辺対応でも、

例えば、警察側の拳銃を取られない様にする為の対応」も

「古臭い」が

「その指摘も無い」。

「警察官が拳銃を持つ必要性から検証し直して

拳銃では無い新たな今時の物質文明製品に変える等の手段」が

「本気で論じられて然るべき時代に既になっている」。

「本人認証付きの新たな必要備品等なら

万一強奪等されても強奪した者等が使用する事も困難になる」。

「基本的に、容疑者等を殺害する必要は無い」のだから

「威嚇や拘束等の役に立つ

殺害に直結しない

登録本人しか使用出来ない備品」が

「合理的になる」。

「今時の物質文明の進歩・進化状態からすれば、

その様な備品等を開発~配備等する事等は

結構容易な事の筈」だ。

「もちろん、上辺では無く、本質の改善が一番である事は言うまでも無い事」だ。

「現状脱出欲動」は

「何故?形成されるのか?」

「何故?肥大化するのか?」

「何故?暴発してしまうのか?」

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪い状態」が

「其処からの脱出欲動を生む」。

「それは、極めて健常な事」だ。

「しかし、現状の多くの人々」は

「何処のどの部分が整合性が悪いのか?」等を

「意識化出来て無い場合が多い」。

「その結果、現状脱出欲動」は

「基本的状態が改善されない限り、

無意識レベルで蓄積され続け、

時と共に肥大化して行く」。

「意識レベルの制御無き現状脱出欲動」が

「ある程度以上の大きさにまで肥大化してしまい

其処に、暴発を誘う刺激等が加わる」と

「現状脱出欲動は容易に暴発する」。

「基本的には、現状をチャラにする目的が基になっている現状脱出欲動暴発の上辺」は

「現状脱出欲動を暴発させる者の頭の中」で

「無意識レベルの強大な脱出欲動と共に構築されて行く」。

「其処では現状人間社会上の常識等は大きな実権を持てない」。

「大きな実権を持っているのは、現状を壊す事、無くす事等」だ。

「其処には、現状脱出欲動を暴発させる本人を無くす事も含まれる」から

「大量殺傷等による死刑狙い等」とは

「現状脱出欲動追及の一つの定型となっている」。

「元々は、人類誰もの自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性が悪いが故に

生じている健常欲動の一つ」の

「現状脱出欲動」が

「意識化されないが故に、状態の是正無きまま蓄積され、肥大化し、

肥大化した現状脱出欲動がその即時充足~解消等を欲している」のに

「意識化も無く、自己制御もロクに出来ない状態の人間の中」で

「代償欲求を過剰追及する形等で暴発する」。

「それが、幾多の大量殺傷事件等の精神構造の実態」だ。

「基本構造が判れば、対策も判る」。

「重要な事は意識化であり、

意識化に基づく現状是正であり、

自己健常制御であり、

代償欲求の追及では無く、本来欲求の充足」だ。

「それなのに、現状脱出欲動の意識化」や

「意識化に基づく現状是正等」さえも

「行わず」、

「自己健常制御の代わりに、他の者・物・事等による被支配や他の者・物・事等の支配を実質、推奨等」し

「本来欲求の充足を誘わず、代償欲求の追及を促進させている」のが

「現状の多くの情報・教育等の実体」だ。

「結果、現状人間世界は、人類滅亡方向に向かって急速に転げ落ち始めている」』。

『「大量殺傷等にまで至らない現状脱出欲動の代償欲求の追及の一例」として

「美容整形等が在る」。

「美容整形等」とは

「自分本来のルックスやスタイル等」を

「否定」し

「現状人間社会が良いとしているルックスやスタイル等に自分を改造する行為」だ。

「特定のルックスやスタイルを良いとするルックス・スタイル差別」は

「ルックス・スタイル差別商売等を行っている者たち等にとっては重宝かも知れない」が

「そんなモノに躍らせられて自分を痛める」とは

「酷い代償欲求の追及の仕方になる」。

「本来欲求を充足させる為」には

「ルックス・スタイル差別を無くせば良い」。

「異性パートナー同士で一番重要なのは相性」であり

「ルックスでも、スタイルでも、お金でも、学歴でも、学力でも、能力でも、仕事でも、権力等々でも、断じて無い」。

「相性の良いパートナー同士が一緒になる」なら

「本来欲求も充足される」ばかりか

「本質的に、不当な差別を否定する事にもなる」から

「人間社会の健常度も高くなる」。

「ルックス・スタイル等々の差別」で

「人間社会を不健常にした上での利権を貪っている」のは

「本質的、悪人になる」。

「本質的、悪人等」は

「自己承認欲求の充足も困難になる」から

「その代償として、

他の者・物・事等に自分を認めさせる事等の過剰追及欲動等が生じ易くなる」。

「そんな事態を具現化する為に有用」なのが

「お金であり、権力であり、金権を増大化させる事」だ。

「金権社会化した上で、お金を大量に保持する」なら

「多くの実権を金に代理させる事も可能になり易くなり」、

「他の者・物・事等に金権を持つ自分を認めさせる事も容易になる」。

「その裏」では

「多くの人々の中で、現状脱出欲動の増大が起き、

現状脱出欲動の意識化を

金権実態等の意識化にも直結するから等と

阻害し続ける」なら

「意識化されていない現状脱出欲動の暴発等も起き易くなる」。

「其処でも助かる為に・・・」と

「金権を利用して身の回りを強固にガードしても

本来欲求が充足される訳も無く、無駄」だ。

「本質的に、自分に自信が持てない状態を自らつくり出し、

自己承認欲求の代償欲求の追及に明け暮れた人生を正当化する為に有用」なのが

「{自らの}子に金権等を受け継がせる事」だ。

「本質的には、人間世界を壊す悪業を行ったが故に自己承認欲求の本来欲求の充足せもが

困難になっている自虐的愚か者たち」が

「多くの場合、他の人々を犠牲にして掻き集めて来ている金権等を

その子孫等に継承させ

子孫等に産まれながらの金権等を持たせる悪業」は

「更なる、現状脱出欲動を生み出している」。

「人間何処の誰でも産まれて気づいたら、

例えば、

ドナルドト・ランプはドナルド・トランプであり、

安倍晋三は安倍晋三であり、

金正恩は金正恩であり、

あなたはあなたであり、

私は私」だ。

「産まれる親を選んだのは該当本人では断じて無い」から

「産まれながらで、

人生を決定付けるレベルの大権が得られてしまったり、

人生を決定付けるレベルの不利益が与えられてしまったり、する異常事態」は

「即刻にでも是正するのが当たり前の事」だ。

「この当たり前の極めて重要な是正」にも

「自己承認欲求の本来欲求を充足させる事を阻害している事等を

行って来ている者たち等は大いに抗う場合が多い」。

「人間何処の誰でも、産まれた後、自らの意思で何を行ったのか?」が

「極めて重要」だ。

「例えば、産まれて気づいたら、金正恩だったから・・・と

金政権が代々積み重ねて来ている極悪事等を行い続ける」のは

「最低最悪な意思~行動等」で

「独裁者の立場を利用して極悪事等を直ちに止め、過去の極悪事を清算する」のが

「極めて良い意思~行動等」になる。

「最低最悪な意思~行動等」には、

「自己承認欲求の本来欲求が充足出来得ない重大な罰が付いている」。

「極めて良い意思~行動等」には

「自己承認欲求の本来欲求の充足が容易になる絶大なる褒美も付いている」。

「褒美を取らず、重大な罰を取る」のは

「どうしようも無いおバカか、悪」になる』。

『「いい加減に、テレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「健常進歩・正常進化」し

「より性能の良い精神文化製品を提供するべき」だ。

「いい加減に、

無意識レベルの現状脱出欲動の暴発を防ぐ為に意識化させる事くらい、

現状人間社会の是正に有益な情報配信くらい、

自己健常制御の役に立つ情報配信くらい、

行ったらどうか!!」

「もし、それが、出来ないなら、出来る者に立場を譲るべき」だろう』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』、

|

ネット関連講師殺人事件で常連出演者等の顔色も・・・の様相だったりしていたが・・・。

『「該当事件に対するコメント等」が「何時もの様に、好き勝手に言う・・・等の状態では無い様相の常連出演者等」・・・。

「慎重なコメント等ぶりの裏」には

「相応の反省・自省等が在るなら、良いのだが」・・・』。

『「殺害されてしまったネット関連講師の行った事」は

「該当講師のブログ上での容疑者とのやりとりで、容疑者を批判等した事」と

「容疑者の身勝手な書き込みの削除等を要請した事」と

「ネット関連の講師として強硬的な安全対策等を教えたりしていた事」等だ。

「主として、個人レベルの逆恨みを誘ってしまったダケ」等の「実態」が

「其処に露呈している」。

「テレビ常連出演者等の場合」は

「日頃から、日本国・多くの日本国民を不利にする反面で

反日他国や反日他国人脈等を実質的に利すコメント等」を

「日本の公共の電波上」で

「好き勝手に喧伝等している場合も多い」。

「実質的には、日本国・多くの日本国民に少なく無い実害をもたらしている場合も在る」と

「思ったり、感じたりしている視聴者等も多い筈」だ。

「しかも、選挙も無いから、人脈交代等も無い」。

「例えば、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等常連出演者・常筆等」が

「実質的に、応援・推奨等していた民主党」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報に乗った有権者票分が加わった事等により

政権の座に付けた」が

「実際に行った政治」が

「日本を細らせた反面で

中・韓(北朝も含む)や日本の中の中・韓(北朝も含む)人脈等を大いに太らせた」では

「多くの有権者の支持も直に離れて当然」となり

「程なく、政権を失った」ばかりか

「選挙故、国会議員の数も大いに減った」が

「民主党を推奨・応援等していたテレビ・ラジオ常連出演者やマスコミ常筆等は、

その後も現在も常連出演や常筆と言う場合が多い」。

「民意反映が不十分」な

「公共性の高い仕事上」に

「主として、出現し続け、

好き勝手を言えている厚顔無恥ぶり等」は

「本当に酷い」等と

「感じている視聴者・読者等も多い筈」だ。

「選挙がある」なら

「民主党同様に、少数化し、野党化する=主では無くなる」のが

「当然の事になる筈なのに」・・・』。

『「そんな常連出演者や常筆等」の

「極めて酷い事の一つ」は

「日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等さえ

十分に告発等して来ていない事」だ。

「その結果、実質的には、スパイ・工作活動等の支援・応援等になっている」。

「例えば、拉致の実態」は

「拉致工作に他ならない」。、

「多くの場合、

日本全国各地から、

拉致対象者を選び出し、

有益分子化教育を行い、

主として、日本海側の北朝鮮への運び屋工作員等のところまで

工作員や協力者等の中を穏便に移動させた上」で

「北朝鮮行きの工作船等に乗せた」から

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致するという大悪業が実現してしまった」のが

「現実」だ。

「拉致工作を行った者たち」が

「その後、北朝鮮金政権等から命令・指令・協力要請等々を受けていない訳も無い」。

「実際に、受けている」から

「飲食物工作や電磁波スパイ・工作や侵入スパイ・工作や情報・教育工作や医療工作や

政財界工作等々、数多くのスパイ・工作活動等」が

「戦後の日本国内で蔓延り続けて来ている」。

「それなのに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が行って来ている事」は

「拉致と言えば、圧倒的マイナーなケースである

日本海側で運び屋工作員等に直接拉致された

横田めぐみさんの事や

海外での拉致を主軸にして、

日本国内での多くの拉致の実態を黙殺している」。

「その結果、日本国内のスパイ・工作員・協力者等」に

「スポットライトが当てられる事も無く、

スポットライトも当てられないスパイ・工作員・協力者等には

北朝鮮金政権等からの命令・指令も容易で

スパイ・工作活動の実害は多くの一般人も含む日本国民に

襲い掛かり続けて来ている」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

多くの日本国民の安全・安心の為にも

意識的かつ積極的に告発等していて当然」なのに

「現状では、北朝鮮金政権等の実質的、支援等をしている状態」だ。

「更に、実質的には、北朝鮮の核・ミサイル等の宣伝や日本国民脅し等になる情報配信等」は

「熱心に行い続けて来ている」。

「北朝鮮が一番困る日韓国内のスパイ・工作活動へのスポットライト当て」は

「行わず」、

「北朝鮮が一番嫌う戦争」は

「戦争絶対悪論」等で「北朝鮮を実質、援護」し

「北朝鮮は核放棄をしなくても仕方ない論」や

「北朝鮮の核放棄に費用がかかるから日韓等は支援するべき論」等まで

「喧伝」し、

「多くの視聴者・読者等に北朝鮮金政権等の都合に沿う様に考え・思わせる事を目的としている様相」の

「情報配信等を続けて来ている場合が少なく無い」。

「言うまでも無く、

北朝鮮の核・ミサイル等」とは、

「もし、実用するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けになる戦争に直結する

実質的には、使えない兵器」だ。

「だから、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等がその問題を論じる」なら

「北朝鮮が核・ミサイル等を使っても、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる戦争になるだけの旨等論じる」のが

「当然になる」。

「核放棄合意を一方的に反故にして開発~保有して来ている北朝鮮の核の放棄」も

「行うのが当たり前の事」だ。

「その費用は、

核放棄合意を一方的に反故にして核開発~保持をして来た

北朝鮮が負担するのが当然になる」。

「正当な論では無い、実質的、北朝鮮金政権等支援論等」で

「多くの視聴者・読者等の頭の中を染め上げようとして来ている実態」は

「明らかに酷い」。

「個人レベルでは無い、

多くの日本国民の大いなる怒り等が生まれても何の不思議も無い実態」が

「其処に在る」。

「選挙がある」なら

「日本の側に立たず、北朝鮮金政権の側に立っている論等を

日本の公共の電波上や日本の公共的マスコミ上等で喧伝等し続けて来ている

常連出演者・常筆等のほとんど」が

「落選」し

「日本の側に立つ論等を喧伝等する者が当選する事」により

「常連出演者・常筆等の人の入れ替わりがある」のが

「当然になる」。

「選挙も無いなら、極めて厳しい、自浄等があって然るべき」だが

「現状では、その様相さえ無い」から

「実際に、常連出演者や常筆等は、以前からの者が未だに、主である場合が多い」』。

『「視聴者・読者等の内在的不満」は

「今も、どんどん膨らんでいる」のが

「現実」で

「その内在的不満が顕在化する時」には

「大きな動き等が生まれても何の不思議も無い」。

「内在的不満を顕在化出来るか?出来ないか?の違い」は

「{テレビ・ラジオ・マスコミ等マインドコントロール}のインチキやズルを

意識化出来るか?否か?の違い」と

「同じ」と

「強く推定出来る」。

「意識化出来る人々の数」は

「今、この瞬間にも増えている」から

「選挙も無い、自浄も無い・・・ままでは、何れは、大きな動きが生まれる事になる」。

「何時まで経っても、

個々の視聴者・読者の精神構造の健常進歩・正常進化と

人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化への貢献度が低すぎる

性能の悪い精神文化製品をつくり出し続ける事で

過分な立場・報酬・権力等が得られ続ける時代が

続く訳も無い」。

「ましてや、公共の電波や公共的マスコミ等を使った実質的、政治運動等」とは

「ナチス・ヒトラーの世界」だ。

「戦争が主だったナチス・ヒトラーの様に、

兵器も含む物質文明製品の急速な進歩・進化を実現出来ないが故」に

「スパイ・工作活動等を主にして来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等やその実質的、手下等」が

「日本の公共の電波や公共的マスコミ等を使って、政治運動」とは

「一刻も早く是正する、させるべき、本当に酷過ぎる事態」だ。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等により、

多くの場合、時間をかけて、殺傷されてしまったり、

本来の人生を喪失させられてしまったり、している日本国民の数」は

「少なく見積もっても、何百万人レベルになる」。

「何故なら、其れは、

何十万人もの工作員・協力者等による数十年にも渡る

集団スパイ・工作活動等による実害だから」だ』。

『「個人レベルの怒りや八つ当たりや勘違い等」は

「集団レベルより小規模であるが故に勃発し易く、収束し易い」。

「集団レベルは、一度動き始めたら、大変な事になり易い」のは

「先の大戦前の状況からも明らか」だ。

「そして、一端動き始めてしまった」なら

「容易には止まらない」のも

「先の大戦等からも明らか」だ。

「八つ当たりや勘違い」は

「誤解を生まない丁寧な説明等で防ぎ得る」が

「実態に対する怒り」は

「本質の是正やそれまでの責任・補償等が無ければ、なかなか収まるモノでは無い」。

「散々、実質的には、酷い事を行って来ている者たちが連綿と常連出演・常筆等のまま・・・」では

「怒りは時と共に、内在的にせよ、増大し続けてしまう」のが

「当然になる」。

「早めの自浄が望ましい」。

「北朝鮮金政権等の自浄と同様で困難なのかも知れない」が

「個人レベルでの身の処し方は、北朝鮮では無い日本では自由な筈だが」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「反対野党等の為の政治運動等」や「ご都合デマ論」等を公共の電波上で配信していたが・・・。

『「配信情報の内実探究等が出来ない人々」を「つくり出して来ている」のは「テレビももちろん含む、戦後日本の情報・教育界」に他ならない。

「災害等非常時のデマ」でも

「躍らせられてしまう状態の人々の精神構造」は

また

「通常時にテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等によっても

操り易い精神構造でもある」。

「そうだから」だろう「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」が

「この深刻な精神構造の問題」を

「本気で改善させよう」とは「して来ていない」。

「ネット普及以降、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報と学校教育による

情報統制状態が崩され」、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等と学校教育等の{既得権益}」が

「大きく損なわれる様に成って来る」と

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」が

「行って来た」のは

「ネット批判・非難」や

「ネットネガティブキャンペーン」等であり

「人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる事に有益な情報・教育では無かった」。

「自らの{既得権益}を守る為に、未だに、大衆誘導等を行い続けようとしている実態」は

「本当に醜悪」で

「多くの人々が呆れる」のも「極めて当たり前の事態」になる』。

『「戦後日本で長く蔓延り続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報と学校教育等による

ファシズム」が

「利して来ている」のは、

「何処のどのような者たち等なのか?」等を

「考える」なら

「戦後日本の情報・教育等の裏にある元凶」にも

「思いが至る事になる筈」だ』。

『「例えば、本日のサンデー・モーニングでの{政治運動}情報配信」が

「実質的に利しているのは?」

「加計理事長の記者会見をダシにした実質的、安倍政権批判等」で

「多くの大衆の思いが動かされてしまう」なら

「北朝鮮金政権に厳しい安倍政権」から

「北朝鮮金政権に従う●●政権」への

「政変劇が起き易くも出来てしまう」。

「日本の政権も韓国の政権の如く従北政権化されてしまう」なら

「喜ぶのは北朝鮮金政権等になる」。

「日本のカジノを含むIR法案の成立」を

「一番嫌がっている」のは

「カジノを持つ韓国」等と

「強く推定出来る」。

「加計学園獣医学部新設等をダシにした安倍政権批判・非難等」も

「日本のカジノを含むIR法案の成立に反対!」も

「実質的に、利している」のが

「北朝鮮金政権と韓国等と朝鮮」だ。

「更に、ご都合デマ論等」では、

「移民・難民問題」や、

「ヘイトや差別問題」等も

「常連出演者等が声高に言っていた」が

「其処でも、実質的に利している」のは

「在日朝鮮人在日中国人等と、朝鮮も含まれている」』。

『「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」は

「何故?これ程、朝鮮を利そうとして来ているのか?」

「其処に在る」のは

「人脈の問題」と

「強く推定出来る」』。

『「もちろん、不当差別やヘイトはダメ」だ。

「では、不当差別やヘイトはどうしたら無くせるのか?」

「例えば、戦後も日本に居残っている朝鮮系の者たち」にも

「善人・常人も多いが悪人も居る」。

「実際に、日本全国各地から多数の日本国民が拉致されてしまった裏」には

「北朝鮮金政権等の実質的、手下、工作員やその協力者等が居る」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、それら工作員・協力者等の悪人」を

「徹底糾弾・告発等していて当然になる」が

「何故か?この極めて大切で重大な仕事は異常な程、疎か、もしくは、黙殺状態」だ。

「その結果、

日本国内でも、

拉致以降も、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下でのスパイ・工作活動等」が

「続けられてしまって来ている」。

「スパイ・工作活動等の多く」は

「日本の現行法・現行の摘発体制等では摘発困難な手法で行われている」。

「例えば、飲食物に微量な有害物や弱毒物等々を少しずつ連綿と入れ続ける事」も

「戦後日本の現行法や現行の摘発体制では摘発困難」だ。

「例え、その結果が発ガン率や発病(脳卒中・心筋梗塞等々)等の増大等であったりしていて」も

「明らかな悪意等の立証が出来ない限り、摘発も無し」だ。

「鍵に成らない鍵ばかりが主流な状態」も

「現行法・現行の摘発体制では摘発出来ない」。

「昨今では、ピッキング等で簡単に開いてしまう鍵はさすがに減って来ている」が

「ディンプルキーでも開かない鍵は無い」とは

「鍵士等の証言」で

「更に、ユーザーをバカにしている」のは、

「ほとんどの鍵はメーカーと種類と番号さえ分るなら、複製は簡単という現実」だ。

「北朝鮮等、国家レベルの工作組織等」なら、

「当然の如く、鍵の複製が出来る機器等も保有済み」で、

「侵入工作等のターゲットの家等の鍵のメーカー・種類・番号等の情報さえ得てしまえば、

侵入工作用の鍵は程なく作られ、工作員等に配布される様になっている」。

「巷の公の弱毒物・有害物等の微量連綿工作に加え、

侵入工作で、ターゲットの飲食物や食器等々に工作用の弱毒物や有害物等が加えられる」なら

「ターゲットの発ガン・発病(脳卒中・心筋梗塞等々)率等は更に高められてしまう事になる」。

「更に、電磁波工作まで在る」。

「日本の電波法が、周波数依存状態だから」か、

「工作電磁波」は、

「経時変化のある

悪魔の複数和音輪唱、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき実態」を「持っている」。

「工作電磁波は、ソフトでも発生させる事が可能」だ。

「元々、電波」とは

「電線内の電子・ホールの動き」を

「アンテナを通じて外界に反映させているモノ」だから

「工作電磁波の電子・ホールの動き」を

「ソフトやハードでつくり出し、

リード線等の曲がっているところ等」を

「アンテナとして利用する様」に

「電子・ホールの特定の動きを調整する」なら

「指向性のある工作電磁波をリード線の曲がっているところ等から

飛び出させる事が可能になる」。

「エアコン室外機や

家電製品や

スマホや

電線・電話線や

車・バス・電車の電気機器・電子機器や

病院等も含む施設内電気機器・電子機器等々、

あらゆる電化製品に仕込む事が出来てしまう」のが

「工作電磁波発生システム・装置等」で

「其処から、ターゲットに向かって、工作電磁波を当て続ける」と

「更に、発ガン率や発病(脳卒中・心筋梗塞等々)率が高められてしまう」。

「元々が、音波同様の性質を持つ工作電磁波」は

「覗きにも悪用出来る

(例えば、隣の部屋の中は見えないが音を聞く事が可能という事態は

音波は壁を通り超えて来ているで

音波同様の電磁波を使うなら

隣の部屋の中も覗き放題状態に出来てしまう)」から

「ターゲットの居場所や体勢等も工作電磁波覗きで把握出来てしまっている」ので

「工作員が執拗にターゲットに工作電磁波を当て続ける事も可能になっている」。

「工作電磁波」は

「オンオフ出来る

強さも調節出来てしまう

今時の物質文明の進歩・進化により実用可能となってしまっている

工作道具」だ。

「工作電磁波が当てられているダケ」でも

「頭も含む生体の電気信号に大きなストレスや邪魔等がかかる」から

「イライラしたり、不安になったり、酷い場合には、気絶させられそうになったり、・・・等々する」。

「脳細胞破壊効果等もある様」で

「アルツハイマー等の元にも成り得る」。

「・・・等々の工作実態」は

「現行法・現行の摘発体制等上では、

迷惑扱い状態レベル」で

「刑法犯等としての摘発・告発」は

「重大な悪意等の立証等が出来なければ困難状態」だが

「組織的犯罪行為である事は間違い無い」。

「スパイ・工作活動等を行っている者たち等」が

「それを薄々とは感じたりしている人々等から好ましく思われない」のは

「極めて当たり前の事」だ。

「終戦直後の日本社会」でも、

「多くの人々が好ましく思えない事態があった」。

「日本の敗戦につけ込んだ{火事場泥棒}等」だ。

「占領軍は占領政策上で朝鮮人等を重用した」が

「武器を持った朝鮮人の中には、{火事場泥棒}を行った者たちが少なからず居た」。

「最終的には、米軍も其れが余りにも酷かったので鎮圧に動いたくらい」だった。

「{火事場泥棒}等で不当に太った者たちのその後」を

「守る方向に動いて来ている」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実態」だ。

「人道面からも、{火事場泥棒}等不当利権維持の援助等」は

「大いに問題」になる。

「戦後日本の法もまた異常」で

「誰からも摘発等されず、二十年間、その土地に住み続けていれば、その人の物」だ。

「不当差別やヘイト等を無くす為」に

「極めて重要な事は善悪区別をはっきりさせる事」だ。

「スパイ・工作活動等を行い続けて来ている悪者たち等」を

「徹底的に告発・糾弾等する事」等や

「{火事場泥棒}等を正当化しない事」等により

「悪事を行っていない善人・常人等への不当差別・ヘイト等」を

「無くす事」が

「非常に容易になる」。

「{火事場泥棒}の子として産まれた者」が

「悪い事をしていない」なら

「その者は、産まれた気づいたら、{火事場泥棒}の子だったダケ」だ。

「それは、他の全ての人々と同じ事」で

「差別やヘイト等の対象にしてはいけない」。

「しかし、

親・祖父世代等の{火事場泥棒}等を正当化する為や

反日国悪権力者等による日本乗っ取り支配命令・指令の下」等々の

「目的等」から、

「スパイ・工作活動等の悪事を行っている」なら

「糾弾・告発・摘発等されて然るべき存在になる」。

「その辺りをちゃんと実態解明し、明確に区別する事」こそが

「非常に重要」になる』。

『「ところが、

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等では、

善悪区別をロクに行わないまま

差別やヘイト等ダケを大声で叫んでいる状態」だ。

「どんなに大声で叫んでも、

本質的正当性の無いごちゃ混ぜ論」等では

「多くの人々の納得等が得られる訳も無い」』。

『「実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置けた時、

人は落ち着く事が出来る」。

「実体や事実・現実を封印、もしくは、黙殺せしめて

人心を浮足立たせ、人々の依存心を煽り、

如何にも頼れそうな虚像等を喧伝する事等により

多くの人々を都合良く操り

特定極一部の者たちの利権維持~増大を図り続けようとする」のは

「悪魔に魂を売り渡した者たち等の行う悪業に他ならない」。

「現状までの戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」は

「人々に落ち着きをもたらす善の情報・教育を行って来ているのか?」

「悪魔に魂を売り渡した悪業を行って来ているのか?」

・・・「その答は、もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等による政治・事件・事故・社会問題等の情報配信内容」は

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信であるべき」だ。

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信とは別」に

「人々の精神構造の健常進歩や正常進化の役に立つ情報・教育等を行うべき」だ。

「多くの視聴者・読者・生徒等が

自ら本質と快適を探究出来る精神構造を得ている状態になる」なら

「現状の様」な

「テレビ・ラジオ・マスコミ等上では、

何処の局でも、マスコミ等でも、

特定極一部の同様の者たち等ばかり・・・が

偏重・偏向コメント/解説等を喧伝し続け、

多くの視聴者・読者等の考え・思い・感等を

特定極一部の者たち等の利権維持~増大等の都合に沿う様に

操り続ける様な悪態からの脱却」も

「容易になる」』。

『「自分の実体さえ???」では

「人は根本的に落ち着けない」。

「生きている人間なら、

何処の誰でも、

今、この瞬間にも細胞レベルの誕生・死を実体験しながら存続している

約60兆とも言われている細胞群である狭義の自分の現実」や

「その細胞群の命の連続性の現実から判明する広義の自分の現実」を

「心の底から実態・実感把握出来ている」なら

「人は根本的には落ち着ける」。

「死への不安等が無くなるから」だ。

「逆に、どう生きるべきか?」等が

「強烈に浮上して来る」。

「其処で極めて重要になる」のが

「自分の実体の本来の目的」だ。

「広義の自分である地球上の生物全ての細胞群の根本的目的は?」

「・・・それが、存続である事は疑いの余地が無い」。

「地球上の生物は単細胞から始まり、数多くの進歩・進化を積み重ねながら

時間経過による物理崩壊に抗い

広義の自分の存続を実現して来ている」。

「人類に託されている」のは

「地球無き後の存続まで可能にする地球外への進出等」だ。

「その為には、高度な物質文明製品群を生み出す必然が在る」。

「高度な物質文明製品等を自虐使用しない為に必要になる」のが

「高度な物質文明製品以上に高度な個々の人々の精神構造と人間社会の精神文化」だ。

「その為の情報・教育が激烈に求められている」。

「其れなのに、未だに、公共の電波を使っていても、{政治運動}や{お手盛り論}等々ばかり・・・状態」で

「何処の局でも、同様の顔・同様の論ばかりが主流状態」では

「本当に情けない」。

「選挙も無いから人の交代も無い・・・で

仕方無い・・・で済まされて

良い事では断じて無い」。

「是正が急務である事は言うまでも無い事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

何処の局でも一斉に「言葉狩りの成果の大喧伝状態」だが・・・。

『「大声のヤジでは無い、普通声の個人のつぶやきさえも狩る言葉狩りぶり」は

「ある意味、末期症状」だ。

「更に、それを公共の電波まで使って、大いなる成果の如く大喧伝等している状態」も

「本当に終わっている」。

「どんなに正義ぶって自民党議員等を責めて」も

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「以前とは違う良い状態になっている訳では無い」から

「大いなる支持増大等に繋がる訳も無い」。

「それでも、こんな醜態を曝し続けなければならない裏には何がある?」

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の裏に居るかも知れない

反日他国の権力者等の命令・指令等だったりして・・・」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数」は

「決して、少なく無い筈」だ。

「日本の野党や日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「現与党より高い支持を得たいなら、

現与党より良い、実現可能な、政治・政策等を

分り易く提示等し、

訴え続けたりすれば良いダケ」だ。

「例えば、日本の中の北朝鮮等の工作員等を徹底摘発する事等により、

日本国・多くの日本国民により高い安全と安心等をもたらす

法・体制等整備~実用等」を

「提示し、訴え続けるなら、相応に支持増大等が見込めると思う」。

「その逆」に

「北朝鮮等の工作員等の便宜を図る方向の事等を行い続けている」なら

「多くの日本国民からの支持がその実態が明らかになる度にどんどん離れて行く」のは

「極めて、当然の現象になる」。

「当たり前の正道の上を歩めず」に、

「自民ダメ!等の与党側を貶めるネガティブキャンペーン等を行い続けているところ」に

「明らかな異常性等を感じている人々も数多い筈」だ』。

『「そんな実質的に、日本にとって、劣悪な事を行い続けて来ている常連出演者等」が

「国会議員等の資質が無い」等と

「公共の電波上で偉ぶっている姿を露呈している事」は

「目糞鼻糞嗤うの世界」で

「実質的、醜態以外の何モノでも無い」。

「テレビを付けているダケで、そんな情報」が

「知らず知らずの内に頭の中に入れられてしまう状態」は

「まるで、受動喫煙の様」だ。

「テレビ常連出演者としての資質が???の者たち」は

「早々に退場させられるべき」だが

「政権が変わろうが、以前と同様の顔・同様の論ばかりが主流」というのが

「選挙も無い!から人脈交代も無い!!

戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界の実態」だ。

「ある意味では、政治家より公共性が高い場合も少なからずある仕事」の

「重要な立場で実質的には、大きな実権等まで保有出来ている者たち等」が

「同じまま・・・」という「異常事態」の

「改善」が

「急務である事」等は

「言うまでも無い事」になる』。

『「該当やじ、ならぬ、つぶやき」で

「他人の話しを遮らなければ自分の意見も通せない旨」等

「言う事で、該当自民党議員等を実質的に貶めていた常連出演者等も居た」が

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の実状」とは

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等で

特定極一部の者たちを大実権者や常連・常筆等として重用する事により

流す情報を限定させなければ

多くの人々に相手にされない内実の情報配信がテンコ盛り状態」だ。

「公共の電波や公共的マスコミ等の圧倒的に優位な立場から配信する情報」を

「実質的に、特定化・限定化等する事」とは

「他人の話しを遮る事より遥かに酷い行為に他ならない」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等を悪用したファシズム化」とは

「ナチス・ヒトラーが行った事と同じ」で

「先の大戦後の世界なら、何処の国でも絶対に避けるべき事に他ならない」。

「戦後の極東地域で、

未だに、

ナチス・ヒトラー同様の手段を使い続けたがっている」のは

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等くらい」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界や学校教育界等々」に

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等と同様の臭いが

濃厚に漂い続けて来ている」のは

「単なる偶然では無い」。

「例えば、

戦後の日本の中には、多くの朝鮮系の者たちも居る事」や

「戦後の日本に居る朝鮮系の者たちが

朝鮮半島南北分断後には北系と南系に分れ北朝鮮系の者たちも少なからず居る事」や

「旧社会党等と北朝鮮労働党等とがオトモダチ」や

「戦後日本の情報・教育界等には

北朝鮮金政権等の命令・指令故か(?)朝鮮系の者たちが多い事」等は

「既に、多くの日本国民が知っている事」だろう。

「政界には選挙がある」から

「もはや、北朝鮮系の者たちの実権は、

北朝鮮金政権自体の酷さ故、

当然の如く、

減少している」。

「ところが、情報・教育界には選挙も無い」。

「ネット普及以降」は

「実質的、民意圧力等により、いくらかは是正傾向も出て来ている様相」だが

「未だ、是正状態は、不十分過ぎる域を脱していない」。

「例えば、実際」に、

「今回の{言葉狩り}の大喧伝」の様に、

「何処の局でも、同様の顔・同様の論ばかりが主流」という

「異常状態も、旧態依然としたまま・・・」だ。

「社会問題や事件・事故等の本質探究等々」にしても

「起用されている常連出演者や常連解説者・コメンテーター等のレベル」が

「起用側のご都合レベル」だからか、

「何処の局等でも同じ、実質的には、劣悪レベルな場合が多い」。

「その結果、

実体としては、

同様の新たな事件・事故等が繰り返し起こされ続けている一つの要因にも

なってしまっている」。

「殺人ドラマ等を見た人々は、知らず知らずの内に、殺人事件を覚える」。

「殺人の仕方を覚え、殺人する悪人の態度を覚え、逮捕される事や、逃げ口上等まで覚える」。

「もちろん、だからと言って、実際に殺人まで行ってしまう人々は極稀」だが

「実際の殺人事件の多くが、ドラマ同様の手段で繰り返されている事もまた事実」だ。

「殺人欲動を殺すドラマが出来ない」のは

「作家・脚本家・テレビドラマ等製作者の力量不足故か?人脈問題故か?」

「殺人やいじめ等を覚えさせるドラマの悪の実効による害」は

「非常に大きい」。

「同様に、殺人欲動を殺すドラマによる善の実効も非常に大きなモノになる」。

「もはや、

実質的、政治運動や

旧態依然とした事件・事故・社会問題等の解説???や

殺人ドラマ等々を行い続けているのが良い時代では無いのだが」。

「それは、物質文明製品の急速な進歩・進化と

精神文化側の異常な進歩・進化不足の

酷いアンバランスがもたらす人類の危機等からも

明らかな事」だ。

「実効のある改善が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

NHK夜ニュースでは「自民党議員に対する{言葉狩り}をダシにした野党立憲民主党宣伝」や「低レベルの相模原大量殺傷事件の容疑者手記出版問題論」等を公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。

『「総理や大臣や自民党議員等に対する{言葉狩り}をダシ」に「反対野党等を良いイメージで喧伝」する

「公共の電波や公共的マスコミ等を使った{政治運動}」は

「本当に醜悪」だ。

「この手の{政治運動}の仕込み元」は

「旧社会党系等の人脈の者たち等の得意技」で

「実際の{政治運動}目的」も

「旧社会党系等の人脈の者たちや政党等」や

「旧社会党系の者たちと同調している者たちや政党等」を

「利す内容になっている場合が圧倒的に多い」。

「言うまでも無く、

言葉狩りでダシにされている

失言や暴言等」とは、

「あくまでも言葉に過ぎ無い」。

「物理的に圧倒的な大音量が在った」とか

「権力を元にしたパワハラ的要素の強い言葉」等では

「無い限り」、

「表現の自由の問題も在る

問題があったとしても問題としての絶対的大きさも小さい

実質的、小問題」だ。

「実質的、小問題でまるで鬼の首を取ったかの如き大騒ぎをする事等」により

「小問題を大衆の中で大問題化させる事による

{政治工作}等が可能になる」。

「それは、スパイ・工作活動等に軸足を置く北朝鮮金政権等の得意技でもある」。

「日本の公共の電波や公共的マスコミ等」が

「北朝鮮金政権等ご用達の政治工作等に利用され続けていて良い訳は無い」。

「公共の電波上や公共的マスコミ上等での政治的偏向等は禁止されていると言う」が

「その実態は、有名無実状態」だ。

「是正が急務である事は言うまでも無い事」だ。

「公共の電波上や公共的マスコミ上等での政治・社会問題等の情報配信」は

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信であるべき」だ。

「何故なら、その様な情報配信の基本こそ」が

「以下の相模原大量殺傷事件容疑者等が個人的に保有してしまっている

愚かな思想等の予防や是正等」にも

「大きな力を発揮する事になるから」だ』。

『「障がい者は殺しても良い」等の

「余りにも稚拙で酷い思想等」は

「どの様にして生まれてしまうのか?」

「実体や事実・現実を重んじる」なら

「障がい者論を論じる為には、障がい者とは?の本質探究から行わなければならなくなる」。

「現状の障がい者」とは

「現状人間社会システムとの適合性が悪いが故に

障がい者扱いされている同じ人類」だ。

「現状人間社会システムをある意味では絶対的なモノにしているが故」に

「障がい者の差別・被差別利権等を付け加える事で

帳尻合わせが行われているのが実体」だ。

「現状人間社会システムは言うまでも無く、金権システムでもある」。

「学校利権もあり学歴担保や学歴優遇等も在る」。

「そんな社会システムは、もちろん、言うまでも無く、完成品では無い」が

「現状社会社会システム故の利権を受けている者たちの多く」は

「その既得権益を維持したがっている」。

「現状社会システム上での金持ちや権力持ちこそが人生の成功者等」と

「勘違い、思い違い出来てしまっている状態の人々も未だ多い」。

「実は、金持ちや権力持ちこそが人生の成功者等という思想」と

「障がい者は殺してもかまわないという思想」は

「現状社会システム偏重という同じ土俵の上の思想に他ならない」。

「現状社会システム上で金持ちや権力持ち等の成功者と思えている状態に成れなかった者の一人」が

「現状社会システムを偏重した上で自分の価値を他の人々に認めさせようとした結果の一つ」が

「容疑者の異常な思想」になる。

「現状社会システム上の障害を取り除くのは正義だ!」という

「思想」に

「障害と人間との区別さえ出来ていない愚かさが加わる」と

「障がい者は殺しても良い等の酷い思想も簡単に生み出せてしまう」。

「現実」としては、

「実際に障害があるのは、

特定の状態の人間では無く、

現状社会システムの方」だ。

「この当たり前の現実」を

「現状社会システム偏重者たち等は容易に無い事に出来てしまっている」。

「その事自体が、

実体や事実・現実の把握障害という

ある意味では

病的な状態に他ならないのだが」。

「該当容疑者の病気」は

「自己承認欲求の本来欲求を満たせていないところにも在る」。

「人間誰でも、本質的に悪い事を行うと、自分で自分を認める事が困難になる」。

「本質的に悪い事」とは

「自己健常制御の欠落」だ。

「自己健常制御を継続出来ている」なら

「他の者・物・事等に対する支配欲や

他の者・物・事等による被支配欲」も

「過剰にならずに済む」。

「自己健常支配により支配欲の本来欲求が充足されるから」だ。

「他の者・物・事等に対する支配欲や

他の者・物・事等による被支配欲」とは

「自己健常支配欲の代償欲求に過ぎ無い」。

「代償欲求はどんなに充足させようとしても充足させる事が出来得ない欲求」だ。

「代償欲求は往々にして肥大化し易い」。

「どんなにお金や権力等を持てて、他の者・物・事等の支配が可能になっていても、

更なる金や権力や支配等を追及する者たちの裏に在る」のも

「本来支配欲の充足不足故の代償欲求の過剰追及」だ。

「代償欲求の過剰追及状態に陥ってしまっている者たち」は

「自己承認欲求の充足も困難になる」。

「何故なら、そのままの状態の自分を認める事とは、病的な状態の自分を認める事となり、

病的な状態を無理やりにでも是としようとしてしまう事になる」が

「生体としての本質はその様な矛盾を是とし得ないから」だ。

「生体としての本質」は

「今、生きている人類は、何処の誰でも、

今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

約60兆とも言われている細胞群に他ならない」。

「誕生も死も細胞レベルで実体験しながら存続しているのが生きている人類の実態」なのだから

「そもそも、丸ごと一人の殺人や死生観や人生観等は

この根本的な現実との整合性が悪過ぎる事になる」。

「根本的に整合性が悪い死生観や人生観等で自分を縛らずに、

殺したいモノの実体を探究出来ている」なら

「殺すべきは、特定の状態に在る人間では無く、

現状の人類誰もの実体との整合性が悪い社会システム等である事等」は

「何処の誰でも直に解る事になる」。

「もちろん、この正当な是正法を行おうとする」なら

「現状社会システム故の{病床利得}等も手放す必要に迫られる事になる」。

「其処で、多くの人々は、未だに、

自らの{病床利得}等はそのままに、

他の者・物・事等で帳尻合わせをして

事を片付け続けようとしている場合が多い」。

「しかし、もちろん、そんな誤魔化しが通用する時代では、もう無い」。

「障がい者は殺しても良い等の酷い思想等」が「大問題にされる」のと「同様」に

「現状社会システムはこのままで良い等の酷い状態を維持せしめる酷い思想等」も

「大問題にされる」のが

「正当な扱い」等になる』。

『「物質文明製品の急速な進歩・進化を実現させ続けて来ている人類」にとって

「急速な進歩・進化をし続けて来ている物質文明製品相応」に

「精神文化製品も急速に進歩・進化させる事」は

「絶対に必要な事」だ。

「物質文明製品の急速な進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的かつ積極的な実用により可能になっている」。

「精神文化側でも同様の事を行えば良いダケ」だ。

「行わなければならないダケ」だ。

「例えば、人の誕生・死は細胞レベルの実現象なのだから、

個々の人類が持つ、死生観・人生観等も

細胞レベルの誕生・死という科学レベルで判明している現実を

意識的かつ積極的に実用してつくり出せば良い」。

「其処には、

丸ごと一人のあの世や霊等が消え去り、

丸ごと一人の殺傷欲動等が激減した

死生観・人生観が在る事になる」。

「丸ごと一人レベルで問題の本質を探究しようとする」と

「誰が?の世界に陥り易くなり、

丸ごと一人の悪者やヒーロー等に頼り易くなってしまう」が

「細胞レベルの誕生・死という現実」と

「人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがるという現実」を

「双方とも実用する」なら

「問題の本質を丸ごと一人に預けて無理やり片付けようとするのでは無く、

問題の本質自体に対し、

実体や事実・現実との整合性を高める、

事細かな、対策を施す事により

全人類の丸ごと一人レベルの自己健常制御をより行い易くする方法の実践等」が

「容易になる」』。

『「時代遅れの精神文化製品レベルのテレビ番組等」は

「いい加減に、時代相応に進歩・進化させるべき」だ。

「それが出来ない」なら

「過分な立場・報酬・権力等は早々に手放し、

それが出来る者たち等と交代するべき、させるべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「単独では国の存続さえ危うくなっている北朝鮮の命乞い外交」を実質的に、賛美等している常連出演者等が多いが・・・。

『「日韓併合前の韓国」は「単独では国の存続さえ危うくなった」から「日本に助けを求めた」。

「現状の北朝鮮金政権等」は

「単独では国としての存続さえ危うくなっている」ので

「中国習政権に助けを求めている」。

「日韓併合時の韓国の存続問題解決法」は

「日本に吸収合併される道を選択した事」だった。

「現状のまま行く」なら

「北朝鮮金政権等は、中国に吸収合併される道を選択する事」により

「延命を図る可能性大」だ。

「しかし、北朝鮮金政権」とは

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

在日の母を持つ

独裁政権」だ。

「北朝鮮金政権等が存続し続ける為に必要になる事」とは

「積み重ねて来ている散々の極悪事を追及される事を防ぐ為の核等保持」と

「日韓の乗っ取り支配」等になる。

「中国習政権」が

「北朝鮮金政権等の核等保持は容認出来て」も

「少なくとも、最終的には、日韓の乗っ取り支配を容認出来る訳も無い」。

「何故なら、日韓の乗っ取り支配を容認する事」とは

「米国とのガチの対決を意味する事になるから」だ。

「現状の米中貿易戦争状態」が

「意味しているところ」は

「中国習政権」が

「北朝鮮金政権等に乗せられて

日韓の乗っ取り支配まで画策する」なら

「米国は容赦しないという事」でもある。

「北朝鮮金政権等の言う、中国習集権の支配圏は日韓まで・・・という{甘い罠}」に

「中国習政権が乗ってしまうのか?」

「中国習集権は、北朝鮮の言う{甘い罠}には乗らず、米国との実を取るのか?」は

「近々結論が出される事になる」。

「米国と北朝鮮のどちらを取るのか?」の「選択」で

「北朝鮮を選択する程、中国習政権は自虐的では無い」。

「中国習政権が米国を取った時点」で、

「米中貿易戦争状態は終わり、

中国習政権も北朝鮮金政権等に対して北風政策を採る事になる」』。

『「北朝鮮金政権等が生き延びようとする」なら

「北朝鮮金政権等に残されている道」は

「最初から{自首}しか無い」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている時点で

既に大負けしているのが北朝鮮金政権等の実体」だ。

「大負けしている大犯罪集団等が生き延びる為に必要な事」は

「{自首}以外の何モノでも無い」。

「当たり前の事」だ。

「未だに、{命乞い外交}を行っている事」は

「賛美に値しない愚劣極まりない事」だ。

「何故なら、其れは、北朝鮮金政権等にとって更なる自虐にしか成り得ない事だから」だ。

「其れなのに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「日本の公共の電波上」でも

「北朝鮮金政権等の{命乞い自虐外交}等を実質的に、賛美等している」。

「{自首}を薦めるべき立場にある者たち」が

「実質的に、{先の無い逃げ}を賛美等する事」で

「北朝鮮金政権等に更なる自虐行動等を誘っている劣悪な醜態」等が

「其処に露呈している」』。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」が

「日本の公共の電波上等」で

「劣悪な醜態等を露呈する事」の

「実効」は

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、工作員・その協力者等を元気付け、

日本の中のスパイ・工作活動等を未だに、旺盛に行わせ続ける事等への応援等になる」。

「既に負けている北朝鮮金政権等に更なる悪事等を積み重ねさせる事により、

多くの日本国民等に大迷惑や殺傷事態等を無理やりもたらし続けている」と「共」に、

「北朝鮮金政権等の未来をより暗くしているその自虐実態」は

「本当に劣悪で醜悪」だ。

「日本の公共の電波等がこんな劣悪で醜悪な事等の為に使われ続けていて良い訳は無い」』。

『「事の本質さえもが???状態のおバカ」や

「事の本質は解っているのに大いなる自虐事態等を招き続ける事に力を加え続けている悪」等を

「テレビ等常連出演等させる事により、

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では、高槻の地震等をダシに反原発等、政治運動を行っていた様相だったので、本当に呆れた・・・。

『「公共の電波を使った{政治運動}」が「いったい、何処の誰等の為なのか?」は

「今更、言うまでも無い事」だろう。

「それは、その{政治運動}によって利を得るところを探究する」なら

「何処の誰にでも分る事になる」』。

『「地震という天災までもダシにして

極東地域日本のみ脱原発{政治運動}を行い、

万一、日本が脱原発する」なら

「漁夫の利を得て喜ぶ」のは、

「中国であり、韓国であり、北朝鮮等になる」。

「森友・加計問題等で

北朝鮮に厳しい安倍政権に対する

反政権{政治運動}等を行い、

万一、日本も韓国同様に従北政権化出来てしまった」なら

「喜ぶのは、北朝鮮であり、中国共産党支配下の中国等になる」。

「その様な{政変}を実現させる為」には

「北朝鮮等のオトモダチ、反対野党等を与党にする事が合理的になるから」か

「政治問題では、圧倒的に反対野党等贔屓」というのが

「公共の電波を使った{政治運動}等を行い続けて来ているテレビ番組等の実態」だ。

「公共の電波を使った政治的偏向等、非難されて然るべき実態が其処に在る」』。

『「北朝鮮問題」でも

「北朝鮮金政権贔屓ぶり等」が

「半端では無い」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等の実態は

何処へやら、

北朝鮮金政権がまるで、普通の国の政権であるかの如く

異常な程、丁重に扱い続けて来ている」。

「更に、国際的合意を一方的に反故にして

開発~保持等し続けて来ている

北朝鮮金政権等が国際社会内に戻るなら放棄が当たり前の

核・ミサイル等々について」も

「まるで、

北朝鮮金政権等が正当な手段で既に得ている既得権益の如く

扱い続けて来ている」』。

『「{政治運動}共々、その実態」は

「北朝鮮金政権等の手下」等と

「表するのが適切な様相」なのだから

「本当に酷い」』。

『「何故?その様な酷い実態を露呈し続けて来ているテレビ局等が

日本の公共の電波を使い続けられているのか???」

「是正無き実態の裏」にも

「酷い実態が在る」と

「強く推定出来る」』。

『「戦後日本の情報・教育等は明らかに変」だ。

「是正は急務」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニング等では「北朝鮮金政権等ご用達の米朝首脳会談論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「核放棄約束で{粛清}された金日成」、「拉致を認めて{粛清}された金正日」の「後」を

「米朝首脳会談で核等放棄合意文書に署名までした金正恩」が「継ぐ事」等は

「北朝鮮金政権等問題の歴史を考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でも分る事」になる。

「現状の北朝鮮金政権の本当の実権者等」が

「拉致は解決済み」等を「主張」していて

「核放棄するつもりも無い事」等も

「同様に分る事」だ。

「では、北朝鮮金政権等問題の今後はどうなるのか?」』

『「北朝鮮金政権等にとって」は

「他国との交渉・会談等は大歓迎」だ。

「何故なら、その場は北朝鮮金政権等の要求を突きつけられる場所だから」だ。

「北朝鮮」は「今までは、実質的に、弱小国扱いされていた」から

「交渉・会談時に北朝鮮金政権側の要求が通り易い状態」だった。

「核{開発}放棄」と

「引き換え」に

「重油も軽水炉等々までも得られた金日成時代」の

「北朝鮮は、明らかな弱小国状態だった」。

「北朝鮮金政権等には、核放棄の意思など元から無かった」ので

「核放棄合意をした担がれている独裁者は、その後、程なく{粛清}となった」。

「担ぎ出す表の顔の独裁者」は

「血統内から・・・」が

「北朝鮮金政権等の本当の実権者等にとっては好都合」なので

「独裁政権の表の顔は金日成の子、金正日になった」。

「その後も、

ミサイルや核以外の大量破壊兵器等々の開発~保持に邁進した

北朝鮮金政権等」は

「主として、日韓内等、他国内でのスパイ・工作活動等に軸足を置きながら、

偽札製造~使用や

覚せい剤製造~販売等々まで行っている

国家というより、実質、犯罪組織として強大化して来ている」。

「実質、犯罪組織としての強大化」に「合わせて」、

「他の国々からの対応」も

「相応に強固になって来ている」が

「北朝鮮国内を犠牲にする

制裁の穴を抜ける等々」の

「如何にも、北朝鮮金政権等らしい手段」で

「対抗」し、

「主として、日韓内等、他国内でのスパイ・工作活動等に軸足を置いた、

核・ミサイル等々の開発~保持に邁進して来た」。

「表では、核放棄合意もした」が

「中では、合意を守っていなかった」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「少しでも、外貨を多く得たい北朝鮮金政権等」は

「日朝収納会談にも応じた」が

「金正日が拉致を認めた事により、

得られたのは、外貨では無く、

更なる、非難・制裁等になった」。

「拉致を認めた金正日」も

「その後、程なく、{粛清}された」。

「{粛清}した者たちを神格化する事」で

「北朝鮮国民の興味を独裁者として担がれた金一族に集中させ、

その金一族の裏」で、

「実質的、犯罪組織を強大化させ続けて来ている」のが

「北朝鮮金政権等の本当の実権者たち等の実態」だ。

「責任と非難等は、表の金一族に擦り付け、

その裏で、実質的、犯罪組織がもたらす不当な利権を

好き勝手に使って来ている

北朝鮮金政権等の本当の実権者たち等」が

「{自首}する」か

「強制的に、逮捕・排除・駆除等される」まで

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の問題は解決し得ない」』。

『「北朝鮮金政権等の本当の実権者たち等にとって」の、

「今後の予定」は

「交渉・会談等で時間と資金等を稼ぎ、

核放棄はせず、

日韓国内のスパイ・工作活動等にも直結している拉致問題は解決済みを

主張し続け、

主として、日韓内等、他国内でのスパイ・工作活動等をより旺盛に行い続ける事により、

先ずは、日韓の支配を実現する事等」と

「強く推定出来る」。

「米国トランプ政権も日本の安倍政権もその様な実態」は

「重々承知」だから

「現状まで」に、

「国際的制裁の強化」と、

「担がれている表の顔の独裁者金正恩等を十二分に利用する事等々」により、

「外堀を埋めて来ている」。

「北朝鮮金政権等」が

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内でのスパイ・工作活動等」を

「完全放棄する」まで、

「国際的制裁の解除は無い」。

「其処で、北朝鮮金政権等は、中国等にすり寄り、何とかして制裁に穴を開けようとしている」のが

「現状」だ。

「米朝貿易摩擦の裏に在る」のは

「北朝鮮金政権等問題に対する対応でもある」。

「中国習政権」は

「現状では北朝鮮寄りにふるまっている」が

「程なく、米国寄りにふるまう様に変化する」。

「米朝貿易摩擦は収束」し

「北朝鮮金政権等に対する国際的圧力はより高まる事になる」。

「それに合わせて、

北朝鮮金政権等が

金正恩を{粛清}出来ない」なら

「北朝鮮金政権等に残っている選択」は、

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内でのスパイ・工作活動等の完全放棄しか無くなる」。

「しかし、それらを完全放棄する事」は

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等が

散々、行い続けて来ている極悪事の全てが公になる事でもある」。

「{自首}せず、逃げ続けようとしている北朝鮮金政権等の本当の実権者たち等」が

「選択する」のは

「金正恩の{粛清}になる」。

「金正恩の{粛清}により、国際的同情を誘い、

その裏で、

核等は放棄せず、

拉致問題等も解決させず、

制裁弱めや支援等を得る

北朝鮮金政権等の本当の実権者等の要求の実現」が

「画策されている」。

「金正恩等の立場からすれば、

出来る限り早く、

北朝鮮金政権等の本当の実権者たち等の全てを

粛清してしまう事」等しか

「生き目は無い事になる」。

「米国トランプ政権等に対し、

{自首}し、

支援等してもらい、

北朝鮮金政権等の本当の実権者たち等の全てを粛清し、

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内でのスパイ・工作活動等の全てを

完全放棄する」なら

「拉致問題も含む北朝鮮金政権問題の全ての解決に大いに貢献した事になる」から

「米国トランプ大統領と北朝鮮金正恩のノーベル平和賞もアリかも知れない」。

「金正恩等がおバカや悪では無い」のなら

「北朝鮮金政権等の本当の実権者との間で行われている

現在のチキンレースで

先に仕掛けて、勝ちを得ようとするのが普通になる」』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」も

「本当の実権者等と金正恩等のどちらに付くのか?」が

「実質的に問われている状態」だが

「未だに、テレビ・ラジオ・マスコミ等では、

本当の実権者等に付いている状態を露呈している場合が多い様相」だ。

「実質的、犯罪組織の維持~増大側に付く」のは

「悪人等」で

「悪人等に相応しい」のは

「自首しないなら、逮捕・排除・駆除等になっている」のだが。

「更に、

金日成や金正日や金正恩等同様、

何時、トカゲの尻尾の如く、切り捨てられるかもわからない事になる」のだが』。

『「北朝鮮金政権等に厳しい米国トランプ政権と日本の安倍政権等」に

「対する、批判・非難等を行い続ける

政治運動等」を

「行っている暇がある」なら

「事の本質や、

自らの実体等々を

省みて、身の処し方や、自虐的にならない対応等を

考え、実行するべき」だが』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「北朝鮮労働新聞で森友・加計問題が書かれている事」や「日朝首脳会談」等を喧伝していたが・・・。

『「森友・加計問題の裏」には「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等による工作等」が

「在る臭い等」が

「大いに伝わって来る

北朝鮮労働新聞での森友・加計問題取り上げ」だ。

「更に、テレ朝朝番の常連出演者等」は

「北朝鮮が安倍政権を相手にしようとしていない旨」等を

「言っていた」。

「北朝鮮金政権や日本の中のその実質的、手下等」が

「日本も韓国同様に従北政権化しようとしている臭い等」が

「濃厚に漂って来ている」』。

『「拉致問題」とは

「拉致工作問題」であり

「北朝鮮金政権等による日本国・日本国民に対する工作」は

「拉致だけでは無い」。

「拉致ダケしか言わず、

拉致ダケで事を収めようとしている様相の

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信内容等」は

「明らかにオカシイ」。

「そのオカシナ流れの上」での

「日朝首脳会談論」等も

「明らかにオカシイ」』。

『「米朝首脳会談の肝」は

「トップ二人だけ(通訳は居たが)の会談内容」だ。

「其処で、金正恩が核等の完全放棄の意思を明らかに示した」から

「トップ二人会談後のトランプ大統領は上機嫌になれていた」。

「もちろん、金正恩から」は

「北朝鮮内を核等の完全放棄に導く為には・・・と

数々の{お願い}が出された」が

「核等の完全放棄という実を取るトランプ大統領」は

「その{お願い}を快諾」した。

「現状」は

「その流れの上に在る」から

「北朝鮮金政権の都合ばかりが通っている状態が露呈している」が

「先に、米国側が、米韓合同軍事演習の中止まで行う事を決めた」のだから

「北朝鮮側も

其れに直ぐ応えて

具体的な核等完全放棄の実務を行わなければならなくなっている」。

「ここで、北朝鮮金政権が核等完全放棄実務を何も進めなければ、

米国トランプ政権の逆鱗に触れる事になる」。

「当然、トップ二人だけの会談内容」は

「録音・録画等されている」から

「金正恩は容易に裏切れない」。

「北朝鮮金政権が核等の完全放棄を行わない事を正当化する為」には

「その確約をしてしまった金正恩を排除する必要がある事になる」。

「現状の北朝鮮金政権等が取れる選択」は

「核等の完全放棄の実務を行う」か

「金正恩を排除するか」しか無い。

「金正恩が本当に力を持っている独裁者」なら

「排除される事は無く、北朝鮮金政権の核等の完全放棄の実務が進む筈」だが

「金正恩が今まで露呈し続けて来ている実体」は

「周囲の目上の者(年上の実権を持つ者)の言いなりになる

風見鶏、或いは、八方美人等」だ。

「金日成と同様のルックスを身に付けなさい!」と言われれば、

「太り、眼鏡をかけ、態度・振る舞い等まで、その様に・・・」。

「金正日の先軍政治を継承している事を示しなさい!」と言われれば、

「核・ミサイル開発等を積極的に行わせ、韓国に対する砲撃まで命令し・・・」。

「独裁体制を決める為に叔父を粛清しなさい!」と言われれば、

「叔父までも粛清し・・・」。

「兄の金正男が生きていると危ないから暗殺しなさい!」と言われれば、

「他国内で化学兵器まで使った暗殺テロまで行わせ・・・」。

・・・・・・・。

「中国習主席との中朝首脳会談」で、

「核等は放棄しなさい!」と言われれば、

「核等放棄します。でも、米国等に段階的でなければ無理等と、言ってもらえませんか」等と

「甘え・・・」。

「トランプ大統領との米朝首脳会談」では

「トランプ大統領に核等を完全放棄しなさい!」と言われれば、

「そうしますから、北朝鮮内を納得させる事等を{助けて}下さい・・・」等と

「米国トランプ大統領にも従順になり、甘え・・・」。

「その何処」にも、

「国家の長等としての骨太の芯等」が

「無い」。

「その場、その時、周りに居た

大きな実権を持つ者」の

「言いなり状態」だ。

「自ら独裁政権をつくり出したのでは無く、

独裁政権をつくり出した者たちに

担ぎ出された

独裁者の立場血統相続二代目」の

「実態」等は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰でも、分る事」になる』。

『「はっきりしている事」は

「北朝鮮の核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等の問題」とは

「北朝鮮金政権が自らつくり出した

世界に大迷惑をかけ

北朝鮮に自虐をもたらす

問題である事」だ。

「問題解決の為の努力・費用等」は

「当然、北朝鮮金政権等が持たなければならない事」だ。

「仮に、他国がそれを負担する」なら

「その分を北朝鮮の負債として背負わせるのが当然の事」だ。

「そんな実態を北朝鮮にもたらした金政権等の是非」は

「多くの北朝鮮国民等も真剣に考えるべき事になる」。

「金政権等の排除」は

「ナチス・ヒトラーを排除したドイツ同様」、

「多くの北朝鮮国民等にとっても自らの自虐性を少なくする合理的な道になる」』。

『「戦後の日本には情報機関等も無ければ、

スパイ・工作活動等対策も圧倒的に不十分」だ。

「国防も米国頼り状態」で

「普通の独立国の状態からはほど遠い」。

「しかし、その様な戦後日本の体制だったが故に、

実質的には、国防は安上がりで、経済発展がより容易になっていた」のも

「事実」だ。

「昨今の世界情勢の急変の裏」には

「急速な進歩・進化を実現し続けている人類の物質文明製品が在り」

「人類の精神文化の進歩・進化が、

物質文明相応に、進んで来ていない現実が在る」。

「物質文明側の進歩・進化に十分に対応出来て来ていない

人類の精神文化側の問題が

現状の世界情勢の急変等を生み出している」。

「戦後日本の政治・社会体制等」も

「人類の精神文化製品の一つに他ならない」。

「物質文明製品の急速な進歩・進化」は

「武器も急速に進歩・進化させ続けて来ている」が

「武器を扱う精神文化は旧態依然としたまま」だ。

「物質文明製品の急速な進歩・進化」は

「スパイ・工作活動等もより簡単に行い易くして来ている」が

「戦後日本の現状までのスパイ・工作活動等対策等は圧倒的に不十分なまま」だ。

「結果、戦後の日本」では、

「防衛は米国頼り、

スパイ・工作活動等は天国状態」となり

「北朝鮮金政権等による

拉致も含む、数多くのスパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等までもが

蔓延り続けて来ているままの状態」だ。

「北朝鮮金政権等が自虐的大問題である核・ミサイル開発等を行った」ので

「北朝鮮金政権等の問題を世界レベルで解決する、させる、流れが出て来ている」のが

「現状」だ。

「北朝鮮金政権等の問題が片付く事」は

「日本の中の北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等の問題も片付く事に直結している」。

「それは、米国頼りか?自力か?の問題では無い」。

「北朝鮮金政権等の問題を出来るだけ早く片付ける問題」だ。

「それと同時に、

日本の政治・社会体制等々も含む、

精神文化製品の性能を上げる実務を積極的に行う」なら

「北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等の排除」で

「スパイ・工作活動等が激減する」事になる

「日本国内」が

「再び、スパイ・工作活動等によって、蝕まれる可能性」も

「大いに減らす事が出来る様になる」』。

『「精神文化製品の進歩・進化の前」には

「個々の人々の精神構造の健常進歩・進化がある事が望ましい」。

「その為にも、情報・教育等」を

「より、人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が高いモノ」に

「健常進歩・正常進化させる事」が

「非常に重要になる」。

「成人年齢が引き下げられる事になった」が

「成人の資質等が言われていない事等」は

「明らかに、不十分」だ。

「比べっこによる

他の者・物・事等の支配/他の者・物・事等による被支配

追及」という

「幼少レベルの精神構造の状態」から

「本質・快適を探究」する

「成人レベルの精神構造状態」に

「自らを成長させる事が出来て」こそ、

「自己健常支配の継続」により

「他の者・物・事の支配/被支配という代償欲求の過剰追及を行わなくても済む状態に

成り続けていて」こそ

「成人としての資質が有る事になる」。

「物質文明製品の使用権も含む

人間社会上の実権等」も

「精神構造の健常進歩・正常進化状態に合わせて決められる様にする」なら

「劣悪な情報・教育等が

公共の電波上や公共的マスコミ上や

学校教育上等々で蔓延る悪態も

是正出来る事になる」。

「現状では、現状の学校教育上等の学力等は問われても、

精神構造の健常進歩・正常進化等は問われていない」から

「精神構造上では幼少レベルの者たち等」でも

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々」で

「実質的には、稚拙なままの自己正当化等の為」の

「情報・教育等までもが行えてしまっている」。

「実に、醜悪で劣悪な実態が露呈し続けられている」が

「精神構造の健常進歩・正常進化を阻害されている人々」は

「其れを実体通りに認識する事が困難な状態に追いやられている」。

「そればかりか、劣悪レベルの精神文化製品等を送り出している者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等まで与え続けられている状態」だ。

「コレでは、劣悪レベルの精神文化製品等により、稼いで大量所費自慰生活等をしようとしたがる

劣悪な追従者等が大量に生まれ続けていても、ある意味、仕方無い」。

「人間誰でも、

知っている事、覚えている事しか行え辛く、

学ばなければ、言葉によるコミュニケーション等も困難」だ。

「情報・教育が健常化・正常化されていない事の実害は膨大」になる。

「もちろん、こんな不健常状態の是正は急務」だ。

「北朝鮮金政権等の問題」も

「多くの人類の精神構造が健常進歩・正常進化し、

人間世界の精神文化が

物資文明同様レベルにまで

健常進歩・正常進化する」なら

「容易に解決する事になる」。

「世界平和が当たり前の世界」が

「多くの人類の精神構造・人間世界の精神文化の十分な健常進歩・正常進化」により

「実現される事になる」』。

『「未だに、比べっこによる政権争い等の為の政治運動等を行っている番組等」は

「明らかに、遅れ過ぎている」。

「誰が、或いは、どの政党が、政権を持つか?」が「需要なのでは無い」。

「多くの人々の精神構造や人間世界の精神文化」を

「ちゃんと健常進歩・正常進化させる政治の仕事を行うのか?否か?」が

「重要」だ。

「その意味から整合性を取って行く」なら

「例えば、

北朝鮮金政権等との親和性が高い政権より

北朝鮮金政権等に厳しい政権の方が遥かに合理的になる」。

「報道等では、基本的に、全ての問題」を

「実体や事実・現実に基づいて原寸大で情報配信等する、させるべき」だ。

「大衆誘導等の為の解説等など要らない」。

「判断等は視聴者・読者等が行える様」に、

「視聴者・読者等の精神構造を健常進歩・正常進化させ続ける付帯情報・教育等」を

「必要十分に付け加えれば良い」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界等々」の

「人脈も含めた(その方が早い実効が得られる可能性大だから)正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「在日の母を持つ北朝鮮金独裁政権等の悲願、在韓・在日米軍の撤退」等を大喧伝していたが・・・。

『「北朝鮮の問題の本質」は「政権の精神文化の問題」だ。「具体的には、独裁であり、スパイ・工作活動を重用している事等」が

「重大問題の本質に他ならない」。

「北朝鮮の時代遅れの核・ミサイル等の軍備」は

「実用するなら、アッと言う間に北朝鮮が負けるモノに他ならず、

脅威では無く、迷惑であり、

スパイ・工作活動等の仮面に他ならない」。

「北朝鮮金政権が核等を放棄したところで

北朝鮮金政権問題の本質は解決出来ていない」。

「この現実に在る重大事を無い事にする」と

「軍備ダケを偏重した、

スパイ・工作活動等や

独裁支配等の重大問題を黙殺・容認等せしめる

北朝鮮金政権等ご用達論等が出来上がる」。

「そんなモノを日本の公共の電波上で大喧伝等する」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」と

「相場は決まっている」』。

『「朝鮮戦争が終われば、在韓・在日米軍は要らない???」

「北朝鮮金政権が独裁のまま、

中国共産党政権が独裁のまま、で

在韓・在日米軍抜きは在り得ない」。

「米国トランプ大統領だったら、経済を理由に撤退させるかも!」という

「北朝鮮金政権等ご用達論」は

「米国トランプ大統領が現実主義者である事を抜きにしている虚論になる」。

「米国トランプ大統領が在韓・在日米軍の撤退にGOを出す為」の

「必要条件」は

「独裁政権の民主化」だ。

「中国・北朝鮮が民主化するまで」は、

「更なる、費用負担を日・韓に求める事はあっても、

撤退させる事は無い」。

「当たり前の話し」だ』。

『「この当たり前の話し」を

「日・韓の民意や政権等を

日・韓内の工作活動等により

北朝鮮金政権等にとって都合の良いモノに変えさせる事」等により

「排除」せしめ、

「在日の母を持つ北朝鮮金独裁政権等の悲願」である

「日韓の乗っ取り支配」を

「何としても、実現させよう・・・としている」のが

「北朝鮮金独裁政権の実質的、手下等」だ。

「在日・在韓米軍を撤退させる事に成功する」なら

「北朝鮮金独裁政権等による日・韓内の工作活動等は

非常に行い易い状態になる」。

「例え、核・ミサイル等を放棄しても、

在日・在韓米軍が居なくなるなら、

日・韓内で、かなり酷いスパイ・工作活動等を行い続けたとしても、

報復攻撃等により北朝鮮金独裁政権等が一気に困窮状態に追いやられる心配も

非常に少なくする事等が出来てしまう」。

「日本の自衛隊と韓国軍ダケの中なら、

北朝鮮金独裁政権の手下等を送り込む事も容易で

既に、相応に送り込めているから」だ。

「自衛隊内や韓国軍内の実状」も

「日・韓の政界やテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々と同様になってしまっている」』。

『「排除すべき」は

「独裁支配体制」だ。

「独裁支配体制排除前の在日・在韓米軍の撤退はあり得ない」。

「在日・在韓米軍の実質軍備の縮小・維持・増大」と

「人員削減や基地規模等の縮小」は「全く違う」から

「武器等の進歩・進化に合わせて

人員削減や基地規模等を縮小させながら、

実質軍備を維持~増大させる事等は

大いにあり得る」。

「何れにしても、独裁支配体制が排除されない間」は

「民主主義圏を守る為に、在日・在韓米軍が必需になる」。

「この当たり前の事を言わない

独裁支配体制側等ご用達論」が

「日本の公共の電波上で大喧伝等され続ける事等」の

「実害等について、

多くの視聴者等も考えるべき」だ』。

『「米国の核等が脅威にならない」のは

「米国が民主主義国だからに他ならない」。

「北朝鮮金政権の核・ミサイル等が大問題となっている」のは

「北朝鮮金政権が散々の極悪事を行い続けて来ている独裁政権だから」だ。

「この根本」は

「決して忘れてはいけない前情報」等として

「常に、配信され続けるべき」だ。

「この根本の重要情報等を抜き」にした

「情報配信等」により

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、工作員等を

元気付け続けて来ている」のが

「日本のテレビ・ラジオ界等の

北朝鮮金政権等の実質的、手下等の実態」だ。

「実際の手下等では無い」のなら

「直ちに是正するのが当たり前の実態」が

「其処に露呈し続けている」』。

『「独裁支配者等にとっての友好関係」とは

「対象者が独裁支配下に入る事」だ。

「独裁支配者等との友好関係を言う者たちの実体」は

「独裁支配下に在る者」に他ならない。

「普通の健常な人間」なら、

「独裁者側に対し」、

「独裁支配をやめなさい、

独裁支配を続けている限り、私はあなたと友人等にはなれないのだから!」等と

「是正等を促す」のが

「当たり前」になる』。

『「健常な人間の基本中の基本」は

「自己健常支配の継続」だ。

「自己健常支配の継続により

本来の支配欲を充足し続けられている」なら

「他の者・物・事等を支配しようとしたり、

他の者・物・事等の被支配下に自分を置こうとしたり

する

支配欲の代償欲求が過剰に生まれる訳も無い」。

「古の人類」は

「生体維持に必要なモノも乏しく、

自分の実体さえも???状態だった」から

「代償欲求の過剰増大を防ぐ事も出来ず、

独裁や生贄等の酷い精神文化さえも流行らせざるを得なかった」が

「21世紀の今日、

未だに、独裁等」では、

「大迷惑」で、

「時代遅れもいい加減にしろ!」の

「世界」だ。

「即刻にでも是正すべき、させるべき、実体は独裁」になる』。

『「在日の母を持つ朝鮮の独裁政権にとって必要な事」は

「北朝鮮・北朝鮮国民と韓国・韓国国民と日本国・日本国民の支配」だが

「金正恩等が独裁を止め民主化する」なら

「北朝鮮・北朝鮮国民や韓国・韓国国民はもちろん、

日本国・日本国民の支配も必要無くなる」。

「そうなった後」なら

「友好関係を築く事も非常に容易になる」。

「逆に、在日の母を持つ独裁政権である内」は

「北朝鮮との友好関係を築く事は非常に困難」なのが

「現実」だ。

「当たり前の事」だ』。

『「当たり前の事を無い事にした情報配信等」は

「何時も、オカシイ」。

「オカシナ情報配信」で

「視聴者等の頭の中をオカシク染め上げようとしている」なら

「非常に酷い事をやっている事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番等では、常連出演者等が、米朝首脳会談を受けて「北朝鮮の勝ち!」等と大喜びの様相だったらしいが・・・。

『「公共の電波上で、糠喜び等している様では、本当に困ったモノ」だ。「米朝首脳会談の本質」は

「トランプ大統領が何故?あんなに大喜びだったのか?」と

「若き独裁者、金正恩の実体」を

「理解・把握する」なら

「世界中の何処の誰にでも直に分る」』。

『「トランプ大統領」と

「金正恩」の

「トップ二人だけ(通訳は別)の会談時」に

「何が話されたのか?」

「言うまでも無く、トランプ大統領は、金正恩に核放棄を求めた」。

「其れに対して、金正恩はどう答えたのか?」

「目上の者の言う事を良く聞く、風見鶏的若き独裁者」が

「トランプ大統領が求めた核放棄に対し、YES!の旨言う以外の返事をする訳も無い」。

「つまり、トップ二人の会談」では

「核放棄合意が行われた」。

「その他の問題でも、同様に、トランプ大統領の言う事を良く聞き、

トランプ大統領が望む返答をした」のが

「トップ二人会談時の金正恩」だった。

「金正恩が、本気で核放棄をするか?否か?」は

「会って一分で判る」旨公言していた

「トランプ大統領」が

「十分に満足出来る対応をした」のが

「トップ二人きり会談時の金正恩」だった。

「だから、出て来た後から、トランプ大統領はハイテンションで平和!を強調出来ていた」。

「金正恩を大いに気に入り、大いに評価もしている旨まで公言する大サービスぶり」だ』。

『「トップ二人だけの会談」で

「北朝鮮の本気の核放棄等の合意が出来た」のだから

「その後の米国側が、合意文書上等」で、

「大サービス」して

「北朝鮮の本気の核放棄に対する呼び水を与えた」のは

「ある意味、当然の事になる」。

「合意文書にもある段階的な核放棄」を

「早々に、実践する為」に、

「先ず、米国側が一段分北朝鮮に与えた」のが

「現状」だ。

「ここで、北朝鮮側が応分の対応で応えない」なら

「トランプ大統領の逆鱗に触れる事になる」。

「現状のトランプ大統領」は、

「北朝鮮側も直に応分の対応を行うと思っている」から

「北朝鮮の核放棄は進む!平和になる!!」等と

「上機嫌になっている」。

「それは、トップ二人だけ会談時の担保が在るが故の状態」だ』。

『「トップ二人だけ会談時の合意通りに事が進むなら良い」が

「目上の者なら誰の言う事でも良く聞くが故に、

北朝鮮の独裁者として担ぎ出されている

若き風見鶏的金正恩という実体」から

「そうは行き辛い実態が露呈して来る」。

「父の先軍政治を受け継いでいる事を示しなさい!」の

「薦め(実質、命令)」も

「強い事を示す為に、韓国を砲撃する命令を出しなさい!」の

「薦め(実質、命令)」も

「独裁を完成させる為には、叔父を粛清しなさい!」の

「薦め(実質、命令)」も

「独裁が危うくなるから、兄を暗殺しなさい!」の

「薦め(命令)」も

「全て、素直に聞いて来ている金正恩」が

「今度は、米国トランプ大統領の求めに応じ、核放棄合意」では

「北朝鮮金政権を実質的に牛耳っている旧来からの者たち等」が

「納得出来る訳も無い」。

「つまり、金正恩にしても、トップ二人だけ会談時の本当を言える訳も無い」。

「北朝鮮内に戻った後は、

旧来通り、

北朝鮮を牛耳っている旧来からの者たちの意向に沿って

忠実にふるまうダケになる」』。

『「若き風見鶏的独裁者により、

米国トランプ政権と北朝鮮金政権との齟齬」は

「時と共にドンドン大きくなる」。

「トランプ大統領」が

「一年後には、あの時、間違った判断をしたと言うかも知れない旨公言している」のも

「その様な北朝鮮内の実態を考慮しているが故」だ』。

『「北朝鮮の旧来からの実権者の都合によって担ぎ出された金正恩」は

「目上の者の言う事なら誰の言う事でも良く聞く風見鶏的若き独裁者」として

「育って来ている」。

「だから、米国トランプ大統領の言う事も良く聞いた」。

「しかし、米国トランプ大統領との約束通りに北朝鮮内を動かす事は困難」だ。

「其処までの実権は無いから」だ。

「今頃は、北朝鮮の旧来からの実権者を如何に騙して、米国トランプ大統領との約束を果たすか?等を

一生懸命考え、実践しようとしているかも知れない」が

「どんなに考えても、風見鶏的若き独裁者に出来る事は知れている」。

「米国トランプ政権に対し、半落ちでは無く、{自首}か、完落ち」し

「米国トランプ政権の後ろ盾を得た後で、北朝鮮内を動かそうとした」なら

「どうにか出来た事でも、どうにもならない状態」なのが

「北朝鮮金正恩等の現状」だ』。

『「時と共に膨らんで行く」のは

「北朝鮮内の不満」と

「米国トランプ政権による鉄槌が降り下ろされる事になる確率の大きさ」だ』。

『「米国トランプ政権が求めている核等放棄の段階」を

「十分に踏みしめて進む事が出来ない北朝鮮金政権等」では

「制裁や圧力が弱められる訳も無い」。

「そればかりか、

トップ合意反故のツケと

最初に米国が踏みしめた段階の分のツケ」等も

「大きく襲い掛かって行く事になる」。

「北朝鮮金政権が出来る選択」は

「遅過ぎる{自首}」か

「負けが最初から決まっている対米戦争になる」。

「動か無い事による、待ち逃げ等を狙っても無駄」で

「動かないまま時を重ねようとする」なら、

「米軍等による限定攻撃等が行われる事になる」』。

『「元々、散々の極悪事を積み重ねて来ている段階」で

「北朝鮮金政権等の勝ち」は

「既に、在り得無くなっている」。

「核放棄問題にしても、

実体としては、

過去の合意を履行するダケの事」だ。

「既に、核放棄に対する見返り等は十分に与えている」のが

「現実」で

「その事を金正恩も自覚していた」から

「トランプ大統領とのトップ二人だけの会談時」には

「核放棄するしか無い・・・と、核放棄合意をした」。

「それでも、北朝鮮国内を説得するには時間や手間等もかかるから、

段階的に・・・と泣きついた」。

「本気で直に核放棄するなら、段階を踏んでも全体の時間はかなり短く出来る」から

「段階的でも良い」と

「トランプ大統領は応じた」。

「そして、米国から先に、段階を進めた」。

「早々に、北朝鮮金政権等が段階を進めて応えない」なら

「トップ二人だけの会談時の合意が反故にされた事になる」。

「そうなれば、米国トランプ政権の堪忍袋の尾が切れるのは、時間の問題」だ。

「一年くらいの間に、実効がある実態が生まれる事を求めている」のが

「米国トランプ政権」だから

「一年後には・・・発言もあった訳」だ』。

『「今後の北朝鮮金政権等の対応」で

「事がどの方向に動いて行くのか?」等は

「直に、はっきりする事になる」。

「それは、近い内の事でもある」』。

『「上記の様な実態も???の様相」で

「北朝鮮金政権等サイドに立って、糠喜びしていた様相だった」というのだから、

「現状のその様な態度等を露呈して来ている、

テレビ常連出演者等の資質等」は、

「大いに問題」だ』。

『「昨今の、

酷い、

八つ当たり的事件や、

子ども犠牲犯罪や、

性犯罪等々の問題を受けて」も

「比べっこによる他の者・物・事等支配/被支配から

本質・快適等探究による自己(狭義・広義両方)健常支配への

精神構造の健常進歩・正常進化等の重要性も言わず、

殺人欲動を激減させる事に繋がる

丸ごと一人の死生観・人生観等の是正、もしくは、現実化等も

言わない、

言えない、

酷い低レベルぶり」だ。

「未熟で稚拙な精神文化製品の為に

時間も、資源も、エネルギー等々も、

無駄にし続けて来ている

その酷い劣悪ぶり」は

「本当に醜悪」だ。

「劣悪な精神文化製品等の実質的、{押し売り}等」と

「引き換え」に、

「過分な立場・報酬・権力等まで得ている」のだから

「本当に、酷い」。

「自覚を持てたら、恥ずかしくて、、恥ずかしくて、堪らなくなるレベルの事を行っていながら、

平然・・・等としている」のは

「裸の王様状態だからに他ならない」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

米朝首脳会談、「自首せず、半落ち」でリビア方式になる道を選択した北朝鮮金政権だが・・・。

『「金正恩を子ども扱いしていたトランプ大統領」という「実態」が「示していた事」は

「北朝鮮を大人扱いして直に軍事行動等を採る事さえもバカらしい」等と

「米国トランプ政権が判断した事」でもある。

「{自首}はしなかった北朝鮮金政権」だが

「米朝首脳会談という取調室に出向いて半落ち状態になっていた」から

「金正恩も米国主導でつくり出されたリビア方式を可能にする合意文書」に

「署名」した。

「合意文書の肝」は

「非核化を行う旨合意した事」と

「北朝鮮内に米国が入り込む事を実質的に認めた事」だ。

「今後、具体的に事が進められる」なら

「米国側は非核化を理由にどんどん北朝鮮内に入り込んで行く事になり、

北朝鮮側が其れを拒否する」なら

「双方の努力による非核化実現の合意を破った事になる」から

「軍事オプション実用の大きな正当化理由になる」』。

『「しかし、

シンガポール取り調べ室」で

「核犯罪を認め、その処理を米国共々行う旨の取り調べ調書にサインした

半落ち状態の金正恩」等の

「実体」は

「北朝鮮に居残っていた北朝鮮金政権幹部の中でも直に分る」。

「米国トランプ政権が合意したのは北朝鮮の体制保証であり体制保障では無い」。

「北朝鮮金政権を政権として認めるものの、

金正恩等が米国に守られる訳では無い」。

「北朝鮮内で米国を呼び込む事に合意・サインしてしまった金正恩等」が

「守られる訳も無い」』。

『「行くなら、リビア方式の核放棄処理等」となり

「帰ろうとするなら、米軍等による軍事オプションの実用等」となる

「合意文書にサインした金正恩」が

「北朝鮮内でどれ程持つのか?」は

「大疑問」になる』。

『「元々、散々の極悪事を積み重ねて来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権の代表金正恩等が

生き延びられる道」は

「{自首}しか無かった」。

「それなのに、{自首}」せず、

半落ち状態」で、

「米国さん、どうぞ、いらっしゃって下さい!文書」に

「合意・サインをした」のだから、

「今後、

北朝鮮が

かなり積極的に核放棄実務を

国際社会が納得出来る内実を明らかに示しながら、

北朝鮮主導で行い続けない限り、

北朝鮮内に米国が入り込む事態は防げない」。

「拒否する」なら

「米軍等による軍事オプション実用が待っている」。

「核放棄に積極的では無い北朝鮮内の要人等」が

「金正恩等をどう思うのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」になる』。

『「北朝鮮金政権」は

「先軍政治」で

「国際社会からのダメ出しと、

多大な制裁・圧力等を

北朝鮮に呼び込んだ」。

「恐怖政治で困窮していた多くの北朝鮮国民は更に困窮する状態に追いやられた」。

「其処で、昨今、経済優先に舵を切ろうとしている」が

「経済優先の政策を実行する事には、

漏れなく、海外からの者・物・事の大量流入も付いている」。

「恐怖政治を行い続けて来ている独裁政権にとって

其れは致命傷を与える実弾でもある」。

「独裁政権を維持する為には、他の支配が必需」だ。

「その為の重要な道具」が

「核兵器」だ。

「核の脅しの下で、独裁政権を維持して来た」のが

「北朝鮮金政権の実体だった」が

「今回のシンガポール米朝首脳会談ならぬ、

米国トランプ政権による北朝鮮金政権等取り調べ」では、

「北朝鮮金正恩」は

「半落ち状態」となり

「取り調べ調書に当たる核放棄等合意文書」に

「サインせざるを得なかった」。

「独裁の後ろ盾を放棄する事に合意した金正恩等」が

「独裁政権を維持したい者たちの間でどう思われ、どう扱われる事になるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「北朝鮮内」は、

「北朝鮮の内からも、米国等外から」も、

「独裁VS独裁排除の戦いでいっぱいになる事になる」』。

『「米国トランプ政権」は

「先」に

「北朝鮮に多大なアメを多数与えた」。

「コレで、北朝鮮金政権等」が

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等の放棄の実務」を

「行わない」なら

「北朝鮮は責められるべき大きな理由を自らつくり出す事になる」。

「お互いに事を進めない」なら

「合意違反となる」から

「体制保証合意等も破棄状態となる」。

「軍事オプション実用派等にとって

都合の良い状態」が

「直に、生まれる事になる」。

「トランプ大統領にとっても、

先ずは、徹底して、平和的に事を進めた」が

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等が

其れを裏切った」。

「もはや、

米国から遠い所での

軍事オプション実用しか解決方法は無い」という「事態」が

「都合の悪い事ばかりでは無い事になる」』。

『「何れにしても、

米朝首脳会談(トランプ政権による極悪北朝鮮金政権取り調べ)を行った事」により、

「極悪北朝鮮金政権等問題」は

「今後、益々、急速に動かざるを得なくなった」。

「それは、

極悪北朝鮮金政権等」を

「戦略的忍耐という美辞麗句の裏で

実質的に放置・容認し続けた

オバマ政権時」より

「遥かに良い事態」が

「トランプ政権によって実現されている事でもある」』。

『「身の程知らず、北朝鮮金政権等」は

「核・ミサイル等を持てば、米国と対等に交渉出来る等」と

「大勘違い」して

「米朝首脳会談を望んでいたかも知れない」が

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等」が

「世界の警察を担って来ている

米国トランプ政権の前に行く事」の

「実体」は

「警察の取り調べ室に出向く事に他ならない」。

「実質的には、

北朝鮮金政権等」は、

「国際社会内で、既に、逮捕されている状態に成っている」が

「北朝鮮金政権等にはその自覚さえも無い」。

「逮捕の後に待っている」のは

「取り調べと罪と罰の決定」で

「現状は、その真っ最中」だ。

「未だに、国際的留置場から逃げ出そうとしているのが北朝鮮金政権等」だが

「もちろん、其れは無駄、もしくは、自虐以外の何モノでも無い」。

「{自首}というより、自ら出頭と言った方が適切かも知れない」が

「北朝鮮金政権等自らが出頭して完落ちする事のみ」が

「北朝鮮金政権等が減刑を得る事の出来る唯一無二の手段だった」。

「出頭はしたが、半落ち」では

「減刑は困難になる」。

「今後」は、

「リビア同様となる」か、

「北朝鮮の強硬派が金正恩等を排除する政変となり、その後、戦争等となる」か、

「・・・何れにしても、厳罰が下される状態になる」のが

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等」の

「近未来」だ』。

『「上記の様な実体」が

「どんどんはっきりして来ている」のに

「未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「米朝首脳会談と合意文書等」の

「上辺の一部を偏重」し、

「北朝鮮金政権等にとって都合の良い偏向論・虚論等」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上等で大喧伝等している」。

「その実態」は

「北朝鮮内の新聞等と実質的に、瓜二つ」だ。

「どんなに大衆マインドコントロール等を行い続けても

散々の極悪事を積み重ねて来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等」が

「罪と罰から逃れられる訳も無い」。

「お仲間やオトモダチなら{自首}を薦められて当然」だが

「手下等では、親分の言いなりになるしか無い」のだろう。

「哀れで醜悪な実態が露呈している」』。

『「拉致等日本も大きな被害を受けている

北朝鮮金政権等による工作活動の問題」は

「北朝鮮金政権等が{自首}するか、

完落ちするか、

壊滅するか、

・・・等々、

しなければ、

解決出来る訳も無い」。

「下手に先走って、

日朝首脳会談等を行うと

北朝鮮側に逃げ延びる為の道具等として

利用され易くなる」から

「米国トランプ政権による核放棄実務のある程度以上の進行を待ち、

北朝鮮金政権等の完落ち状態等を見極めてから、

慎重に行った方が、

解決も早くなる」。

「当たり前の事」だ。

「しかし、

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「早々の日朝首脳会談等」により、

「北朝鮮金政権等の{逃げ}を援助したい様相」なのだから

「本当に、呆れる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝等では「二度目の米朝首脳会談を平壌で」という北朝鮮金政権のご都合論等を日本の公共の電波上で大喧伝しているが・・・。

『「米朝首脳会談の傾注点」は「北朝鮮金政権等が{自首}するか?否か?」だ。

「{自首}していない北朝鮮金政権等」なら

「話しても無駄」で

「更なる会談等を続ける事」は

「北朝鮮金政権等が{自首}しないまま逃げ続ける事を援助する事にしかならない」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の問題」を

「解決しないまま、

更なる時間を

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等に与える」なら

「早々に、人類滅亡の時がやって来る事になる」。

「北朝鮮金政権等が{自首}しない」なら

「米国トランプ政権」は、

「遠慮無く、

話しの通じない相手に対する対応」を

「採るべき」だ。

「全世界も其れを後押しするべき」だ。

「金正恩に{自首}する意思があるか?否か?」は

「トランプ大統領なら、其れこそ、一分で判る事」だ』。

『「実態」として

「現状までに出て来ている北朝鮮側の対応」は

「北朝鮮金政権等に{自首}する意思が無い事を如実に表している」。

「つまり、現状まで」では、

「米朝首脳会談~合意等が成り立つ訳も無い」。

「それでも、今回、米朝首脳顔合わせが行われる事になった」のは

「米国トランプ政権が、北朝鮮金政権に最初で最後のチャンスを与える為」だ。

「此処で、北朝鮮金政権等が{自首}しない」なら

「その後、北朝鮮金政権等がどうなるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「それなのに、未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「{自首}していない状態の北朝鮮金政権等による希望論等」を

「日本の公共の電波上等で大喧伝等している」のだから

「本当に呆れる」。

「手下では無く、仲間やオトモダチ等なら、{自首}を強く薦める事等も

容易な筈」だが

「手下では、親分の意向に沿った行動を起こし続けるしか無い

・・・そんな実態が露呈している様相」だ』。

『「このままで行く」なら

「米朝首脳顔合わせ」の「結果」は

「一瞬で出る事になる」。

「何故なら、現状までの北朝鮮金政権等は{自首}していないから」だ。

「金正恩が

トランプ大統領と会った瞬間、

先ず{自首}する」なら

「その後は、平和穏便に事が進み易くなる」が

「{自首}しない」なら

「北朝鮮金政権等の終わりが確定する」』。

『「北朝鮮の要人専用機でシンガポールに行けず、

中国のボーイング747=米国製ジェット」で

「遠回りして、シンガポール入りした

金正恩等」は

「その時点で、自ら、終わりを呼び込んだ様なモノ」だ。

「徹底したチキン状態を全世界に露呈させた事」で

「もはや、北朝鮮内の金正恩等の威厳等も地に墜ちた状態になっている」。

「其処で、核放棄宣言等までする」なら

「北朝鮮内から金正恩等の終わりが襲い掛かり」、

「核放棄宣言しない」なら

「米国等国際社会側から金正恩等の終わりが襲い掛かる」。

「どちらにしても、金正恩等の政権は終わりになる」。

「747を金正恩等に貸した中国習政権」と

「米国トランプ政権」の

「間」では

「北朝鮮金政権等をどう処理するのか?の合意等」が

「とっくの昔に、出来ている」と

「強く推定出来る」。

「その筋書きの上に乗せられているダケの状態」なのが

「現状の北朝鮮金政権等の実態」だ。

「北朝鮮金政権等」が

「その筋書きの上から抜け出す唯一無二の方法」は

「{自首}になる」』。

『「散々の極悪事を積み重ねて来ているばかりか、

国際的核放棄合意も一方的に反故にして核等を開発~保持して来ている

北朝鮮金政権等」が

「国際的制裁・圧力等により追い詰められてから、

付け焼刃的に外交を急勉強する為に各国を回ったたダケ」の

「金正恩等の実体」は

「米国トランプ大統領等に直に分り、

未熟者の極悪チキンが{自首}も出来ない」なら

「その後」は

「言わずと知れた事になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「失礼にも当たる異常な大きさの親書」で

「二度目の米朝首脳会談を平壌で!」等と

「図々しく提案等する事」等により

「大物イメージ等をつくり出そう」等としても、

「そんな虚構は、最初から崩れている」。

「北朝鮮金政権等が{自首}する」なら

「然るべき時期、例えば、北朝鮮の核放棄が完了した後等」に

「平壌での米朝首脳会談もアリかも知れない」が

「もちろん、それは、先の事」だ。

「6月首脳顔合わせ」で

「首脳会談の本番は7月に平壌で」とは

「{自首}しない北朝鮮金政権等のご都合論等に他ならない」。

「{自首}していない北朝鮮金政権等のご都合論等」に

「米国トランプ政権が乗せられてしまう訳も無い」。

「それでも、{自首}していない北朝鮮金政権等のご都合論等を

日本の公共の電波上等で大喧伝等しなくてはならない」のが

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」なのだろう。

「実に、情けない実態」が

「其処に露呈している」。

「米朝首脳会談」で

「注目すべき」は

「北朝鮮金政権等が{自首}するか?否か?」等の

「当たり前の健常論等」を

「ちゃんと情報配信出来ない」のは

「本当に、異常」だ。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等が散々、行い続けて来ている極悪事等」を

「本気で、十分に、大衆周知し続けて来ている」なら

「{自首}していない北朝鮮金政権等を容認等出来る訳も無い」。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等が散々、行い続けて来ている極悪事等」を

「内心では、賛美、容認等している」なら

「{自首}していない北朝鮮金政権等のご都合論等で

視聴者等の頭の中を染め上げる情報工作、或いは、マインドコントロール等を

行いたくなっていても、

何の不思議も無い」。

「何れにしても、実体は、既に、バレバレ状態」なのが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「韓国より北緒戦のが反日感情等が少ないゾ!」の旨等喧伝し、少しでも北朝鮮のイメージを良くしようとしていた様相だっりしていたが・・・。

『「韓国の反日の裏」にも「北朝鮮金政権等の工作が在る」。「日韓分断工作」や「民族意識向上工作」等により

「有利になる」のは

「北朝鮮金政権等」だから

「スパイ工作活動政権である北朝鮮金政権等」は

「その手の情報・教育工作等も熱心に行い続けて来ている」。

「北朝鮮金政権等による情報・教育工作等」で

「マインドコントロールされている韓国国民等」が

「反日や

朝鮮民族マンセー状態になっている」のが

「実態」だ。

「北朝鮮金政権等による情報・教育工作等」は

「韓国内ダケでは無く、日本国内でも行われ続けて来ている」。

「しかし、昨今」では、

「ネットの普及により、テレビ・ラジオ・マスコミ等と学校教育等による情報統制状態が崩された事と

多くの日本国民が実体や事実・現実を重視する精神構造を持っている事等」により

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

スパイ・工作活動非人道独裁政権である

北朝鮮金政権の実体」が

「実体通りに把握・認識される様に成って来ている」。

「それなのに、未だに、

北朝鮮金政権等の実質的、手下等が

日本の公共の電波等まで使って

少しでも、北朝鮮金政権等のイメージを良くしようとしている様相」なのだから

「本当に呆れる」』。

『「米朝首脳{顔合わせ平和イメージショー}問題」でも

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「北朝鮮金政権等の為になる実効を期待している様相」だ。

「仮に、朝鮮戦争の終戦が宣言される」なら

「北朝鮮金政権等」は

「核兵器を持ったから米国に勝った!等」と

「大喧伝等する事になる」。

「朝鮮戦争の終戦が宣言」されても

「北朝鮮金政権等」が

「直に、完全に核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない」なら

「米朝戦争の開戦が直ぐになる」のが

「現実」なのに・・・。

「米国トランプ政権」は

「今は、北朝鮮金政権等による核等の完全放棄をし易くする為」に

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等に対し、

非常に優しい対応をしている」が

「北朝鮮金政権等が三度目の核等放棄詐欺を行おうとする」なら

「直ちに、開戦に舵を切る事になる」。

「北朝鮮金政権等は実の無い平和イメージショー等を行い

三度目の核等放棄詐欺を行いたい」のかも知れないが、

「米国トランプ政権等」は

「実のある問題解決しか行わない」。

「先ず」は、

「顔合わせ平和イメージショーを行う」が

「其処から実のある問題解決に向かわない」なら

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等問題の解決の為」に

「より強硬な手段が実用される事になる」のは

「極めて当たり前の事」だ。

「北朝鮮金政権等」は、

「平和イメージショーが終わる前に{自首}するべき」だ』。

『「中国やロシアが本気で北朝鮮金政権等に付く訳も無い」。

「米国トランプ政権と北朝鮮金政権の何れかの選択」で、

「中国も、ロシアも、

北朝鮮金政権を選ぶ事は無い」。

「中国やロシア等は、

米国トランプ政権に対する発言力等を向上させる為に北朝鮮金政権等を利用しようとしている」が

「それが逆効果と判れば、直に、北朝鮮金政権等を手放す」。

「当たり前の事」だ。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

国際的核等放棄合意を一方的に反故にした北朝鮮金政権等」に

「残されている道」は

「{自首}か、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等」に

「既に、なっている」。

「ここで{自首}を選ばない」のは

「余程のおバカか、確信犯の超自虐的悪等になる」』。

『「それなのに、未だに、日本の中の陰険なナチス・ヒトラーの裾野等」は

「工作活動等を行う事」等により、

「極悪非人道独裁政権等が

核等を保持したまま

体制維持出来る状態を

何としても、構築しよう・・・等としている様相」だ。

「北朝鮮金政権等が体制維持したい」なら

「{自首}」し

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄」し

「積み重ねて来ている散々の極悪事を詫び、補償等する意思等を示すしか無いのに!」

「{自首}出来たなら、金正恩等は相応に大物」だが

「旧来の酷い体制のままの体制維持等を未だに画策している」なら

「金正恩等はどうしようも無く劣悪な小物になる」。

「米朝首脳{顔合わせ}」で

「注目すべき」は

「金正恩が自首するか?否か?」だ。

「否の場合」には

「どうしようも無く劣悪な小物に対する処置が行われる事になる」』。

『「それなのに、未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「朝鮮戦争終結宣言等で、北朝鮮金政権等の勝ち!」を

「喧伝等したがっている様相」だ。

「散々の極悪事を行ってしまった段階で既に、負けている北朝鮮金政権等」の

「実体」から

「永遠に目を背け続けたがっている様相」だ。

「もちろん、そんな{病的}状態の者たち等」を

「日本の公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や

学校教育上等々の要所等で

重用等し続ける必要は全く無い」』。

『「散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等」が

「悪く認識されている」のは

「当たり前の事」だ。

「北朝鮮金政権等が悪く認識されない為」には

「先ず{自首}が必要である事」は

「言うまでも無い事」だ。

「この当たり前の事さえも言わず、

北朝鮮金政権等が悪く認識されている事を

変えさせようとする」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等になる」。

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」を

「日本の公共の電波上で蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「選挙も無いから、

刑事事件等でも起こさない限り、

辞めさせられる事さえも無い」のが、

「テレビ常連出演者等」の

「大問題」だ。

「何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかり、

しかも、北朝鮮や韓国等を実質的に、利す内実を持つモノが

主流」という

「異常事態」の

「是正は急務」だ。

「安倍降ろし!麻生降ろし!」の「裏」には

「日本の従北政権化等の目的がチラホラ・・・」、

「カジノ法案反対!」の「裏」には

「韓国のカジノを保護する目的等がチラホラ・・・」なのに

「その様な実体・実態等が十分に言われる事さえも無い」。

「拉致は工作の一部に過ぎ無い」のに

「拉致工作と実体通り言われず、

拉致以外の工作等が

十分に、問題にされたり、告発等されたり、

する事さえも無い」。

「実質的には、

北朝鮮金政権等による日本国内での工作等」を

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が黙殺せしめている状態」で、

「本当に異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝等では「北朝鮮の核放棄は時間がかかるゾ!」とか「米朝首脳会談は、何回も行われるゾ!」等々の旨、日本の公共の電波上で喧伝しているが・・・。

『「北朝鮮の核放棄は技術的に見て15年はかかる」等の旨言ったのは「米国の反トランプ政権側の専門家??」だった。

「もちろん、実際の北朝鮮の核放棄」は

「北朝鮮金政権等が{自首}状態なら、極短期間で実現可能になる」から

「15年もかかる訳も無い」。

「逆に、北朝鮮金政権等が{自首}しない、させない事を前提にする」なら

「其れこそ、15年でも実現可能かどうか分らない事になる」。

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等に

{自首}を求めない、ばかりか、

{自首}無き北朝鮮金政権等を逮捕も排除も駆除もしない事を

前提とする北朝鮮の核放棄論」を

「重用している」のが

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」になる。

「もちろん、米国トランプ政権等」は

「北朝鮮の核問題の早期完全解決を目指している」。

「何故なら、それが、当たり前の事だから」だ。

「北朝鮮金政権が現在保持している核兵器等」とは

「北朝鮮金政権自体が合意した

核放棄とそれに伴う見返りの国際的合意」を

「北朝鮮金政権等が一方的に反故にして、

見返りダケを貪り、

核兵器の開発~保持を行い続けて来たから在る物」だ。

「北朝鮮が国際社会の中に戻る為」には

「国際的合意をちゃんと順守状態に北朝鮮が成る必要がある」。

「北朝鮮金政権自らが合意した核放棄等を順守する事抜きに

北朝鮮の国際社会内復帰はあり得ない」。

「北朝鮮金政権が核等を完全放棄するまで

国際社会からの圧力は無くせる訳も無い」。

「国際的合意を一方的に反故にした事に対する応分の罰」として

「北朝鮮金政権が持つ、

ミサイル・核以外の大量破壊兵器・他国内での工作活動等の

完全放棄」も

「当然の事となっている」。

「国際的合意を一方的に反故にした北朝鮮金政権等とは

国際社会との政治戦争に負けた政権に他ならない」。

「合意を一方的に反故にした大悪事故の大敗北」を

「北朝鮮金政権等は選択」した。

「既に、負けているのに、負けを認めない」なら

「北朝鮮金政権等に待っている」のは

「政治戦争より判り易い手段による負けが与えられる事」になる。

「北朝鮮金政権等の言い分等は、もはや、国際社会で通る訳も無い」。

「北朝鮮金政権等は、この現実を直視するべき」だ』。

『「米国トランプ大統領」が

「北朝鮮金政権等との会談等を何度か行う必要がある旨等述べている」のは

「もちろん、言うまでも無く、

極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等問題の解決に対して

実効のある会談等なら!」だ。

「実効が無く、

極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の

悪戯な延命の助けになってしまう会談等など

米国トランプ政権が行う訳も無い」。

「陰険なナチス・ヒトラー状態の北朝鮮金政権等に長い時間を与える選択」は

「在り得ない」。

「北朝鮮金政権等は、早々に{自首}するべき」だ』。

『「例え、共通の知人・友人等が加わっても

金正恩が{自首}しない限り、

極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権の独裁者金正恩と

米国大統領のトランプが

仲良しやオトモダチになれる訳も無い」。

「{自首}していない金正恩とトランプ大統領が仲良しやオトモダチになってしまう事」は

「米国大統領と極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権の独裁者が

同類である事」を

「全世界に示す事になってしまう」。

「もちろん、

実際」は、

「米国大統領と北朝鮮の独裁者は

全く別で

断じて同類では無い」。

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等は

米国トランプ大統領と北朝鮮金正恩が同等に交渉し

オトモダチ等になる事等を期待している様相」だが

「{自首}しない限り、極悪人状態である北朝鮮金正恩等と

極悪人問題を解決する為に動いている米国トランプ大統領等」の

「立場は、全く別で同等では無い」。

「{自首}していない極悪人等が圧倒的に低い位置に在る」。

「{自首}するから、弱い罰で許してください!」等と

「懇願する立場に在るのが現状の金正恩等」だ。

「{自首}せず、核ミサイル等やスパイ・工作活動等により

{自首}しないままの我らを認めよ!」等とやるなら

「北朝鮮金政権等に待っているのは壊滅になる」。

「当たり前の事」だ。

「北朝鮮金政権等」は、

「悪事を行った段階で、既に負けている」。

「悪事を積み重ねて来た事を誤魔化す為に極悪事にまで手を染めた段階で、

既に、壊滅させられても当然の状態に陥っている」。

「{自首}しないなら、逮捕・排除・駆除等が当然」なのが

「北朝鮮金政権等」だ。

「既に、国際社会全体から、

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等問題の早期解決が求められている」。

「北朝鮮金政権等問題解決の為の主役を担っているのが

米国トランプ政権等」だ。

「{自首}しないなら、

主役により、逮捕・排除・駆除等される」のが

「悪者役の当たり前」だ。

「北朝鮮金政権等は、自ら、悪者役状態に北朝鮮を墜ちさせて来ている」。

「北朝鮮を常道に戻す為」には、

「北朝鮮金政権等が{自首}するか、

米国トランプ政権等が北朝鮮金政権等を逮捕・駆除・排除等するか、

しか無い」』。

『「北朝鮮金政権等問題を解決する為の実効の無い事等」に

「無駄な時間や費用等を費やせる時代」は

「既に、終わっている」。

「陰険なナチス・ヒトラー、散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等問題の

解決」は

「今の人類の急務」だ』。

『「北朝鮮の窮状を生み出した」のは

「北朝鮮金政権」だ。

「悪い事をした段階で、負けが決まり、

悪い事直さない為に、極悪な事まで行った段階」で

「大敗北が決定している」のが

「北朝鮮金政権等の実体」だ。

「どんなに核兵器等を持っても、

他の国で工作活動等を行っても無駄」だ。

「北朝鮮金政権等自体が{自首}し

自らを是正しないなら、

北朝鮮金政権等をどんな手段を使っても

逮捕・排除・駆除等する事」が

「全人類にとっての正当な道になる」。

「{自首}しない北朝鮮金政権等を放置し続ける」なら

「使われるべきでは無い最終手段等が使われ、

人類滅亡の時が直にやって来る事になる」』。

『「米国トランプ政権等が、重大な判断を誤る事は無い」。

「場合によっては、日本は一時チリに埋もれる状態になるかも知れない」が

「それでも、人類壊滅より遥かにマシ」だ』。

『「重要な事」は、

「陰険なナチス・ヒトラー、{自首}していない北朝鮮金政権等」に

「長い時間等を絶対に与えない事」だ。

「それなのに、未だに、日本のテレビ等でも、

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の実質的、手下等が

北朝鮮金政権等問題の解決には時間がかかる旨等を

多くの視聴者等の中で公然化させようとしている様相」なのだから

「本当に呆れる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、行われる事になった米朝首脳会談を受けて、常連出演者等が「朝鮮戦争の終戦や在韓・在日米軍の撤退」等を期待していた様相だったが・・・。

『「先日の金英哲等の訪米を受けて、米国トランプ大統領の言動が変わっている訳」は

「スパイ・工作活動組織である北朝鮮金政権の実体」を「考えれば誰でも分る」。

「トランプ大統領に対するロシアゲート疑惑脅し」が

「効いている様相」だが

「もちろん、米国トランプ政権」は

「その打開策等も既に構築している」。

「そうなると、残る」は

「スパイ・工作活動等の姑息な手段まで使って

米国大統領に脅しをかけた事に対する

米国トランプ政権等の絶大なる怒り」等になる。

「北朝鮮金政権等問題が今後どうなるのか?」は

「想像に難く無い」』。

『「6月12日の米朝首脳{顔合わせ}」では

「合意は無し」になる。

「当然、

朝鮮戦争の終戦宣言等も無ければ、

在韓・在日米軍の撤退に繋がる事の発表」等も

「無い」。

「それでも、テレ朝朝番常連出演者等がその辺りに言及した」のは

「北朝鮮金政権等のスパイ・工作活動等により、

米国トランプ政権も含む世界が動かせる」等と

「信じ込み続けたいから」かも知れない。

「もちろん、

極悪非道な大悪事を散々積み重ねて来ている

在日の母を持つ

劣悪な北朝鮮金独裁政権等」が

「{自首}も無しに

世界の中で認められる訳も無い」。

「過去に既に二回も与えられている核放棄に対する見返り等」を

「また要求している

盗人猛々しい状態の極悪政権」に

「必要な事」は

「{自首}であり、

{自首}しない場合は、

逮捕・排除・駆除等になる」。

「当たり前の事」だが

「この当たり前の事」を

「多くの人々に当たり前と認知させない為の

情報工作等を世界中で行い続けて来ている」のが

「極悪非道スパイ・工作活動政権である

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の実態」だ。

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」も

「北朝鮮金政権等の{自首}無きままの体制維持

=極悪非道スパイ・工作活動独裁政権のままの北朝鮮金政権等の公然化」を

「平和イメージで喧伝等し続けて来ている」。

「もちろん、そんな状態の北朝鮮金政権等が

スパイ・工作活動等の内実を知る拉致被害者等を帰せる訳も無い」。

「{自首}無き北朝鮮金政権等の体制維持を是としている者たち等」は

「実質的に、拉致被害者の帰還が実現しなくても良いと考えている者たちでもある」。

「かつての所謂、左翼系のテレビ・マスコミ・学校教育等」では

「戦後日本の平時における北朝鮮金政権等による

日本全国各地からの多数の日本国民の拉致」を

「問題にすべきでは無い論」等までもが

「喧伝」等されていた。

「戦前~戦中

(つまり、日韓併合国家間契約に基づいて二国が一国になっていた時だが、

所謂、左翼等の表現では日本による朝鮮植民地支配時等)の

{多数}の朝鮮人強制連行等を考えるなら

北朝鮮による日本国民拉致被害など大した事は無いから

問題にするべきでは無い等」の旨が

「喧伝」等されていた。

「その様な思想信条等を未だに保持している」なら

「拉致被害者が帰還出来なくても仕方無い、或いは、当然、等と

考え・思い、或いは、信じたりしていても

ある意味、合理的になる」。

「その様な実体」を

「露呈」している

「裸の王様状態」の

「テレビ等」が

「未だに、日本の公共の電波上で、蔓延れている」。

「早々に是正すべき、本当に深刻な問題が其処に在る」』。

『「日本国・多くの日本国民等に大いなる不利益をもたらした

民主党政権等の成立」に

「大きな力を発揮した」のも

「それらの、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・ラジオ等や公共レベルの大マスコミ等」だった。

「選挙のある政界では、もはや、旧民主党系の者たち等は少数派になっている」が

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界等」では

「未だに、旧民主党系等の者たちが未だに多大な実権等を保持し続けられている」。

「そして、その様な者たち等」が

「昨今、大声で叫び続けている」のが

「安倍辞めろ!」

「麻生辞めろ!」等々だ。

「北朝鮮金政権に厳しい安倍政権」を

「北朝鮮金政権に都合の良い従北政権に変える為の

公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使った

実質的、政治運動・政治情報工作等」が

「其処に露呈している」。

「安倍総理や麻生財務大臣」等々が「辞める前」に

「民主党政権の成立に

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等で大きな力を加えた者たち等」こそ

「辞めるべき、辞めさせられるべき」等と

「感じたり、考えたり、思ったり、・・・等々している人々の数」は

「かなり多い筈」だ。

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等」を

「特定の勢力をより優位にする為の政治運動や政治情報工作等に

使い続けて来ている実態」は

「禁止され、罪と罰が与えられるべき、悪事等に他ならない」。

「その実質的、大悪事だけでも、

辞める、辞めさせるに相応しい内実になる筈」だが

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界等」では

「未だに、旧来からの人脈の者たちが主として大蔓延り状態」だ。

「国会議員等はテレビ・ラジオ・マスコミ等の圧力に屈せず、

多くの視聴者・読者等もテレビ・ラジオ・マスコミ等のお手盛り論等に騙されず、

早急な是正が可能になる様に

早急に実効のある法改正等を行うべき」だ』。

『「その辺りの

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等に対する日本国内での対策」が

「十分に行われる」なら

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の裾野は、どんどん狭くなり、

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等問題の解決が容易になる」。

「逆に、

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の裾野を放置するなら、

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の問題の解決は困難になる」。

「人間世界の制御ロジックをスパイ・工作活動等に持たせない為」にも

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の問題の解決は人類の急務」だ』。

『「米朝首脳{{顔合わせ}で米国トランプ大統領等が行うべき事」は

「はっきりしている」。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の極悪非道実体を

全世界に周知する事」だ。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の実体」が

「全世界に周知される」なら

「その後、

北朝鮮金政権等問題解決の為に、

どの様な強行な対応が取られても、

全世界から是認される事になる」。

「逆に、陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等を

現状のまま認めてしまう」なら

「米国トランプ政権の権威失墜等はもちろん、

人類滅亡の時が

急速にやって来る事になる」。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等に必要な事」は

「{自首}であり、

{自首}しないなら、

逮捕・排除・駆除等する事こそが

人類の正道」だ。

「似非平和ショー」では

「直に、似非平和である事がバレる」。

「実体告発~全世界周知」なら

「歴史に残る大業になり、その後の本当の平和構築に繋がる」。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等のスパイ・工作活動等に墜ちて

米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に屈するなら、

米国トランプ政権は、全世界の笑いモノになる」。

「もちろん、そんな選択を米国トランプ政権がする訳も無い」。

「{自首}無きまま・・・」なら、

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等には惨憺たる近未来が待っている」』。

『「日本の公共の電波上や公共レベルのマスコミ上」で

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の実質的、手下等が蔓延り続けている状態」の

「是正」も

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

米国トランプ大統領の発言等を受けて日本の中の北朝鮮金政権の実質的、手下等は{元気}になっている様相だが・・・。

『「北朝鮮金英哲等の訪米国トランプ政権」で「はっきりした事」は

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている極悪犯状態の北朝鮮金政権等」に

「{自首}の意思も無く、永遠に逃げ続けようとしている事」等だった。

「もはや、言葉で伝えても無駄である事を悟らざるを得なくなった米国トランプ政権」は

「言葉以外の手段による北朝鮮金政権等問題の解決に舵を切った」から

「トランプ大統領」は、

「金正恩からの親書も見ない内」に

「6月12日の米朝首脳会談を公表」し

「最大限の圧力という{言葉}は使いたくない」旨も

「公言」した。

「北朝鮮金政権等」は

「米国トランプ政権の上辺の言葉等に喜んでいる場合では無い」のに

「未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等は、

トランプ大統領の言葉等を受けて、大喜び状態」等なのだから

「本当に呆れる」』。

『「米国が極悪犯状態のままの北朝鮮金政権等に経済支援等する事はあり得ない」が

「経済支援等の臭いを出さなければ、現状の北朝鮮金政権等は

とりあえずの納得もしない」。

「其処で、日韓等近い国々をダシに経済支援等を言った」のが

「米国トランプ大統領による

日韓等との合意無きままの北朝鮮経済支援発言等の実体」だ。

「もちろん、そんな{絵に描いた餅}を北朝鮮金政権等が食べられる訳も無い」。

「{自首}無き北朝鮮金政権等に待っている近未来」は

「滅亡等になる」』。

『「{自首}していない北朝鮮金政権等との首脳会談等」は

「何度行っても無駄になる」。

「当たり前の事」だ。

「米国トランプ大統領による

米朝首脳会談は一回では無く、

何回も行う旨の発言の実体」は

「リップサービス」に他ならず、

「その内実」は、

「北朝鮮金政権よ!早々に、{自首}しなさい!」に他ならない。

「北朝鮮金政権やその手下等」は

「米国トランプ大統領等の発言等を受けて

糠喜び等している場合では無く

直にでも{自首}に舵を切るべきだが!」』

『「上記の様な実体」は、

「上辺では無く、内{実}等を冷静に考えるなら

世界中の何処の誰にでも分る」。

「それでも、

往生際の悪い極悪犯状態の北朝鮮金政権等」は

「{自首}しないまま、逃げ続けようとする可能性が

未だ、大きい」。

「対話しても無駄な相手と話す暇があるなら、

対話以外の手段を早々に実行する」のが

「正当な対処法になる」のが

「現実なのに!」

「北朝鮮金政権等は早々に{自首}するべき」だ』。

『「6月12日の米朝首脳{顔合わせ}ショー」は

「行われる」だろうが

「北朝鮮金政権等による{自首}無き場合、

その直後から事態は急速に動き始める事になる」。

「何故なら、最後のチャンスを与えたのに{自首}しない極悪犯の実態」が

「全世界に露わになるから」だ。

「{自首}しない極悪犯との会談等は何度行っても無駄である事」は

「既に、明らか」だから

「最後のチャンス以降に待っている」のは

「対話以外の手段による北朝鮮金政権等問題の解決になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「今は、極悪犯に対する最後のチャンスの直前」だから

「米国トランプ政権」は

「未だ、極悪犯状態である北朝鮮金政権に対し、

あり得ない程、優しい対応を採っている」。

「しかし、

北朝鮮金政権等が{自首}出来る最後のチャンス」は

「最後のチャンス以外の何モノでもあり得ない」。

「北朝鮮金政権等はこの現実を真摯に受け止め、

早々に{自首}するべき」だ。

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」も

「トランプ大統領の発言の上辺で喜んでいる場合では無い筈だが!」』

『「そもそも、

極悪犯状態の小国北朝鮮の金政権等」が

「大国米国のトランプ政権」と

「対等交渉等出来ると勘違いし続けられている事自体異常」だ。

「北朝鮮金政権等による{核放棄します詐欺}が通用した」のは

「米国が北朝鮮を余りに小さな駆け出し国であるが故に

過剰に甘やかしたから故の負の現象に過ぎ無い」。

「北朝鮮側の詐欺が巧みだったから通用したのでは無く、

米国側が駆け出し小国に対して過剰に甘やかしたから通用した」のが

「今までの北朝鮮金政権等による{核放棄します詐欺}の実体」だ。

「もちろん、言うまでも無く、三度目の{核放棄します詐欺}は通用しない」。

「人権面からも

極悪犯状態の金政権等から北朝鮮等を解放する事」は

「今の人類の責務」だ。

「北朝鮮金政権等が{自首}しないなら

北朝鮮金政権等に長い未来は許されていない」。

「当たり前の事」だ』。

『「未だに、陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の一味として

実質的、悪事等を行い続けている者たち等」も

「早々に改心し、態度等を是正するべき」だ。

「事が起きた後の是正では、

{自首}しない北朝鮮金政権同様、

与えられる事になる罪と罰から逃れられる訳も無い」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「危機管理」等とやっていたが・・・。

『「危機管理の基本中の基本」は「根本的に悪い事を行わない事」だ。

「根本的に悪い事」には

「現行法や現行の摘発体制では摘発困難な事も含まれる」。

「悪やおバカ等は現行法や現行の摘発体制等を基準に

身勝手に事を行おうとしたりする」から

「往々にして、根本的悪い事も行ってしまい易くなる」。

「常人や善人」は

「根本的悪い事は行わない事が大前提だから

常人状態や善人状態を維持出来ている」。

「根本的悪い事も含む、悪い事を行ってしまった後の危機管理」とは

「後の祭りの言い訳管理」で

「その様な場合の危機管理なら

人心を如何に騙し宥めるか?等の

詐欺師的手段等さえも有用になる」。

「基本中の基本の危機管理無き

後の祭り言い訳管理の危機管理ダケを

重用しているところ等」では

「根本的悪い事を行ってしまったが故の自虐劇等が起こり易い」。

「昨今大騒ぎになっている日大アメフトの問題」も

「その一例に過ぎ無い」。

「同様の事態」は

「政財界はもちろん、

テレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等々」にも

「在る」。

「同様の事態を有しているところ等の者たち」が

「基本に立ち返って十分な自浄等を行わないまま

ご都合危機管理論等を公共の電波上等で喧伝する姿」は

「実に醜悪で劣悪になる」。

「その様な実体をありのまま実体通りに認識出来ている視聴者等が十分に多ければ、

テレビ・ラジオ界等の是正も早くなる筈」だ』。

『「根本的悪い事」とは

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的に叛く事」だ。

「科学レベルで既に判明している現実」として

「生きている人類の一個人とは、

世界中の何処の誰でも、

地球の生命体であり

今この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している

約60兆とも言われている細胞群の一塊」だ。

「細胞レベルの命の連続性を見る」なら

「すくなくとも、地球の全ての生物との繋がりが見いだせる」のが

「一個人の実体」だ。

「狭義の自分」は

「約60兆とも言われている、今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している、

細胞群の一塊」であり、

「広義の自分」は

「細胞レベルの命の連続性が見いだせる少なくとも地球の全ての生物になる」。

「広義の自分の根本的な目的」が

「存続である事」は

「疑いの余地は無い」。

「実際に、広義の自分である地球生命体細胞群は

その生体構築度を高めながら物理崩壊に抗う事により

長い存続を実現し続けて来ている」。

「しかし、生体構築度を高め続けるダケでは、

地球上は直にいっぱいになってしまい、

地球外への進出も困難」だ。

「広義の自分の地球外への進出も可能にする事により

その存続~永続を実現させる事が出来る様にする為」に

「地球生命体細胞群」は

「現実把握能力が高く

高度な物質文明等の創造も実現出来る

人類の様な種を生み出す必然性が在り、

それに{成功}した」。

「ところが、現状までの多くの人類個体」は

「自らの実体把握さえ不十分」で

「その結果、本質的自虐になる根本的悪い事さえも

平然と行ってしまっている場合も多い」。

「結果、人類も含む地球生命体細胞群の存続さえもが危うくされている」のが

「昨今」だ。

「出来の悪過ぎる精神文化製品に過ぎ無い

経済・人間社会システム等に依存している状態の人類個体」は

「容易に根本的悪い事さえも行ってしまい易い」。

「主従を逆転させているが故の自虐が其処に露呈している」。

「正当な順番で事を学ぶ」なら

「事態は非常に簡単」だ。

「人類誰もが自分の実体把握を十分に行い

その実体の本来の目的も十分に理解・把握し

人類誰もの共通目的に沿って

性能の良い物質文明製品だけでは無く

精神文化製品も生み出し続ける」なら

「現行の出来の悪過ぎる経済・人間社会システム等など

アッと言う間に是正出来る事になる」。

「世界平和が当たり前の新世代人間世界は既に実現可能なモノになっている」が

「未だに、旧態依然とした出来の悪過ぎる経済・人間社会システム上での悪徳利権等に

執着し続けている根本的悪者たちが多い」ので

「人類の自虐からの解放劇はナカナカ進まない」。

「直すべきは、何処の誰のどの様な精神構造か?

人類のどの様な精神文化か?」は

「もはや、明らか」だから

「裸の王様たちの醜悪状態」は

「基本中の基本が理解把握出来ている全ての人類の目の中では

既に、明らか」だ。

「それでも、

自分は裸では無いと醜悪に抗い続けようとし、

他の多く人類にも生物にも大迷惑をかけ続けている者たち」が

「未だに、数多くいる」。

「出来の悪過ぎる経済・人間社会システム故の不当利権等が充満しているところに

数多く居易くなっている」』。

『「今時の人類に必要な情報・教育等を行わず、行えず、

劣悪で醜悪な既得権益を維持させる為には好都合になる

情報・教育等を行い続けている者たち等」も

「その代表例」だ。

「そんな者たちを、例えば、テレビ常連出演等させ続けていたところで、

人類の自虐度はより高まり易くなるダケだから、

直にでも止める、止めさせるべき」だが

「自虐的偏在利権を得続ける事によりその力を増させ

悪徳利権等の維持~増大等さえも行い続けようとしている様相の者たち」は

「近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事が確定的であっても

醜悪な悪徳利権への執着状態を是正しようとしていない」。

「どんなに、正義ぶり、優等生ぶり、

例えば、現政権や現状の社会の問題等を

批判・非難等しようが

根本的悪状態の者たちは

根本的悪状態の者たちに他ならず、

そんな者たちを

常連出演等で公然化する事による実害も

相応に高くなる」のだから

「是正は急務」だ』。

『「多くの人類の精神構造の健常進歩・正常進化」や

「人間世界の精神文化の健常進歩・正常進化」の

「必要十分役に立たない

劣悪レベルの精神文化製品等を生み出し続けている事により

過分な立場・報酬・権力等まで得られてしまっている者たち等の

根本的な罪は非常に大きい」。

「ニュースショー等での

要でも無い、

多くの場合、政治目的の臭いさえもが濃厚な

{マインドコントロール}解説等の

醜悪さ、劣悪さ等は、

今更、言うまでも無い事」だろう。

「殺人ドラマで稼ぎ、多くの視聴者等や現状人間社会の中で殺人を公然化する事」とは

「悪魔に魂を売り渡した者の行う事」だ。

「健常な人類なら、殺人欲動を殺すドラマ等で、

多くの視聴者等や人間社会の中から殺人を激減させる事等に

尽力するのが当たり前」だ。

「悪魔に魂を売り渡した者たちやその実質的、手下等」が

「例えば、高級住宅地に住み、高級車等を乗り回し、高級料理等を食べ続けたり・・・等々している姿」を

「正常な情報・教育等が得られていない視聴者等が見聞きする」なら

「短絡的に金を追い求め、

現状の不当で劣悪な金権を益々高める事に力を加えてしまう愚か者等が

数多く生み出され易くなってしまう」。

「それは、現状で不当利権を得続けようとしている

悪魔に魂を売り渡した者たち等にとっては好都合かも知れない」が

「人類誰もの広義の自分が存続~永続する為には、非常に不都合になる事に他ならない」。

「正常な情報・教育等を得ている視聴者・読者・生徒等」なら

「現行の出来の悪い経済・社会システム等を

出来の良い経済・社会システム等に改善しようとする」のが

「当たり前」だ。

「金持ちに憧れるのでは無く、

自虐的経済システムを自虐的では無い経済システムに是正する事等により

不当な大金持ちも貧困も撲滅させようとする」のが

「当たり前」になる。

「比べっこ主義」は

「武力にしても、経済にしても、ルックス等々にしても、

自虐を誘い易い」。

「精神構造上では、比べっことは幼少レベルのモノ」だ。

「本質と快適を探究する」なら

「全ての者・物・事に多大な自虐を強いずに問題を解決する事等も可能になる」。

「精神構造上では、本質と快適を探究するのは、成人レベル」になる。

「幼少レベルの精神構造を公然化する実効が有る」のが

「幼少レベルの精神構造に基づいた、

映画・ドラマ・アニメ・音楽等々を

積極的に配信等して流行らせる事」だ。

「もちろん、そんな事をし続けているなら、

人間世界の自虐度はどんどん高くなってしまう事になるが」。

「劣悪レベルの精神文化製品等を生産~配信等する為に

資源もエネルギー等も使い続ける」なら

「人類滅亡の日が急速に迫って来る」。

「当たり前の事」だ。

「精神文化製品の正常化・健常化」は

「今の人類の急務」だ』。

『「戦後の日本社会」は

「多くの世界で異常な状態が続いてしまっている」。

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「米朝首脳会談が6月12日に行われる事になった」等と喧伝されているが・・・。

『「行われる{予定}」なのは「米朝首脳{顔合わせ}」で「{会談}とは成り得ない」。

「首脳会談前の事前合意等は未だ、出来ていない」のだから

「実質的には、{顔合わせショー}にしか成り得ない」。

「ショーが大好き」等と

「喧伝されている

米国トランプ大統領」と

「ショーやイメージで時間稼ぎ等を行い続けたい

北朝鮮金政権等」にとっては

「{顔合わせショー}でも行う価値が十分ある・・・」なのかも知れないが

「もちろん、{顔合わせショー}が

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等問題の解決に

大きく役立つ訳も無い」』。

『「しかし、その裏」には

「{顔合わせショー}の為」に

「金正恩等をシンガポールまで引っ張り出せる事の意味が大きい事もある事」等を

「忘れてはいけない」。

「何しろ、大韓航空機を爆破した北朝鮮金政権等」であり

「北朝鮮国内の強硬派や親中派等からも

米国等に媚びている

親中派の叔父張や兄金正男を殺した

在日の母を持つ

若造

金正恩等に対するダメ出し等も出ている」。

「金正恩等の後ろ盾」の

「金英哲の訪米=媚米国対応」等により

「その圧力は益々高まっている」。

「米国にしても、表に出て北朝鮮金政権等との交渉を行っている」のは

「問題解決の為なら何でもアリ・・・等とも言われているCIA」だ。

「金正恩等が無事シンガポールに着けるのか?」等は

「未だ、未知数になる」』。

『「そもそも、散々の極悪事を行い続けて来ているばかりか、

国際的核放棄の合意を一方的に反故にして核等開発~保有まで行っている

北朝鮮金政権等」が

「国際社会の中で普通に扱われる訳も無い」。

「北朝鮮金政権等は、未だに、段階的核放棄とその見返り等を要求している」が

「北朝鮮の核放棄に対する見返り等は既に与え済み!」というのが

「現実」だ。

「核放棄に対する見返り等まで得ながら

一方的に、国際的な核放棄合意を反故にして

核等開発~保有して来ている

現状の北朝鮮金政権等が

更なる見返り等を言う事自体、

途轍も無く異常な事になる」。

「途轍も無く異常な事を平然と言えている北朝鮮金政権等」を

「まるで、普通の国の政権であるかの如く喧伝し続けて来ている

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」も

「本当にどうかしている」が

「陰険なナチス・ヒトラーの構成員等なら、当然の態度等になる」のだろう』。

『「北朝鮮金政権等が時間稼ぎをしている間、

主として、日韓内等、北朝鮮以外の他国内での

北朝鮮金政権等の命令・指令等による工作活動(非人道的なモノも多い)等も

継続中になる」。

「実際に、筆者の周囲の

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の工作活動等も未だ旺盛」だ。

「もちろん、米国トランプ政権等もこの実態等は重々承知」だから

「米国トランプ政権等が陰険なナチス・ヒトラーによる非人道的な工作活動等を容認しない」なら

「北朝鮮金政権等問題の早期解決を目指している筈」だ。

「非人道的な工作活動等を容認する政権」なら

「米国トランプ政権も陰険なナチス・ヒトラーの一味に他ならず、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在となる」が

「その様な実体は米国トランプ政権には無い」と

「強く推定出来る」』。

『「北朝鮮金政権等が{自首}しない限り

北朝鮮金政権等の未来は非常に短いモノになる」。

「北朝鮮金政権等が散々行って来ている極悪事からも、

それは、至極当たり前の事」だ。

「在日の母を持つ独裁政権であるが故に

日本の乗っ取り支配までもが必需となり

その為に

未だに、非人道的な工作活動等を日本国内でも行い続けている」のが

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金正恩政権の実態」だ。

「世界が陰険なナチス・ヒトラーを容認する」なら

「漏れなく人類滅亡が付いている」。

「陰険なナチス・ヒトラーを早々に滅ぼす事」等は

「今の人類の急務」だ』。

『「{自首}していない極悪犯」との

「首脳会談」を

「会談だから平和」等と「喧伝する」のは

「明らかに間違っている」。

「その{時間稼ぎ}の裏」では、

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等による

非人道的な工作活動等が行われ続けているのだから!」

「{自首}せず、逃げ続けよう・・・と画策している極悪犯等が行う事」は

「更なる悪事等」と「決まっている」。

「更なる悪事を容認しない事」こそが

「今の人間世界に強く求められている事に他ならない」。

「{首脳顔合わせショー}」より

「実際の北朝鮮金政権等問題の解決」が

「優先されなければならない」。

「その為の手段は、何でもアリ」も「容認されて然るべき」だ。

「北朝鮮金政権等の実態」は

「非人道的な極悪事を積み重ねて来ている極悪犯なのだから!」

「極悪犯等を利して、

非人道的な工作活動等を継続させる」なら

「人類滅亡の日は直にやって来る事になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「北朝鮮の多くの国民等」も

「金独裁政権から解放される事等を強く望んでいる」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている劣悪独裁政権の排除・撲滅等」は

「人間世界に平和をもたらす入口でもある」。

「其処に居るのは、同じ人間では無い」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪犯」だ。

「{自首}していない極悪犯に笑顔で対応」では

「極悪犯による更なる極悪事もやりたい放題」等となり、

「米国大統領の権威も地に墜ちる」。

「極悪犯を{自首}させてこそ、

{自首}しないなら、逮捕・排除・駆除等させてこそ

極悪犯による更なる極悪事も防げ、

米国大統領としての一流の仕事が出来た事になる」。

「米国トランプ政権の北朝鮮金政権等に対する対応」は

「米国トランプ政権の本質」を

「全世界に露呈させる重大事に他ならない」』。

『「6月12日までに何が起きるのか?」

「6月12日に何が起きるのか?」

「人類の近未来がどうなるのか?に大きく関わる実態」を

「どうなるのか?見てみよう」』。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「米朝首脳{会談}を喧伝したがっている様相」だが

「米朝首脳{顔合わせ}による時間稼ぎの間」にも

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等は

継続~拡大中」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「日本の中の北朝鮮金政権等による工作活動等を

意識的かつ積極的に告発等する事により

工作活動等を行っている者たちが

工作活動等を行い辛くなる状態をつくり出し

多くの日本国民を守る事に繋げるべき」だ。

「多くの日本国民の為になる仕事」より

「北朝鮮金政権等の為になる情報配信等を行い続けて来ている者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮金政権等の問題」は

「核だけでは無い」。

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄させる事抜き」に

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の問題は解決し得ない」。

「北朝鮮の非核化はもちろん、

他の大量破壊兵器・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄しない限り

散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等」を

「国際社会が受け入れてはいけない」。

「北朝鮮金政権等が{自首}している」なら

「日本の中の工作活動等も止められていて当然」だが

「未だ、継続~拡大中」だ。

「米国トランプ政権」は

「北朝鮮金政権の詐欺に騙されてはいけない」』。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の臭いも、未だ、濃い

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「懸命に命乞い外交を行っている金正恩等」を外交巧者等と日本の公共の電波上で賛美喧伝等していたが・・・。

『「米朝首脳会談を何としても行いたい北朝鮮金政権等」は「金正恩の側近、金英哲を米国に行かせざるを得なかった」。

「北朝鮮金政権問題に対する主導権」は

「北朝鮮金政権に在る訳も無く、

米国トランプ政権に在る事」等を

「北朝鮮金政権等が認めざるを得なくなった事の証左」が「其処に露呈している」。

「米国ポンぺオ国務長官」は

「北朝鮮金英哲との会談で

米朝首脳会談開催に向けて大きな前進があった旨公言」した。

「北朝鮮金政権等」は

「何としても行いたい米朝首脳会談の為に完全核放棄を約束せざるを得なかった実態」が

「露呈」している。

「しかし、未だに、核放棄等の手法についてはゴネている」らしい。

「結果、米朝首脳会談の開催自体も不透明になっている」。

「トランプ大統領も米朝首脳会談に積極的!」等と

「北朝鮮金政権等の援護射撃をしている配信情報もある」が

「米国トランプ大統領が積極的なのは、

北朝鮮金政権等に核等を完全放棄させる事」だ。

「ノーベル平和賞にも値する内実を実現させる事に積極的」なのが

「米国トランプ大統領」だ。

「内実が伴わ無い米朝首脳会談には全く興味が無い」のが

「米国トランプ大統領」だ。

「北朝鮮金政権等が核等を完全放棄しない」なら

「米朝首脳会談は行われないか、行われても直に不調に終わる事になる」。

「米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に求めている事」は

「最初から変わっていない」。

「この現実を未だに、十分に認識出来ていない様相」なのが

「北朝鮮金政権等やその実質的、手下等」だ。

「未だに、{自首}しようとせず、逃げ続けようとしているその様」は

「本当に劣悪で醜悪」だ。

「米国ポンぺオ国務長官と北朝鮮金英哲の会談の裏」では

「金正恩等がロシア要人を呼び、命乞い外交を行っていた」。

「もちろん、ロシア側は、

散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮{若造}金正恩独裁政権等」を

「本気で相手にする訳も無い」。

「北朝鮮金政権等の希望である段階的核放棄論等を聞き、

そうですよねぇ~等」と

「適当に同調等したダケ」と

「強く推定出来る」。

「元々の国際的合意であった北朝鮮金政権の核放棄」を

「一方的に反故にして開発~保持して来ている北朝鮮の核等に対して

お墨付きを与える事等」は

「世界中の何処の国も行わない」。

「当たり前の事」だが

「この当たり前の事を北朝鮮金政権等は何とかして曲げさせよう・・・等として来ている」。

「しかし、それが、無駄な努力、或いは、自虐になる負の努力でしか無かった事」は

「もはや、明らか」で

「北朝鮮金政権等自体も認めざるを得なくなった」。

「其処で、懸命に命乞い外交を行っているのが北朝鮮金政権等の現状」だが

「散々の極悪事を積み重ねて来ているままの体制保障等を求めるその悪態ぶり」には

「世界中が呆れている」。

「散々の極悪事に対する{自首}無き

在日の母を持つ金正恩等独裁政権」では

「体制保障等は与えられる訳も無い」のだから

「今、北朝鮮金政権等に求められている」のは

「命乞い外交等では無く、{自首}である事は至極、明らかな事になる」』。

『「それなのに、未だに、

北朝鮮金政権等の命乞い外交等を

実質的に賛美等している

テレビ常連出演者等が

日本の公共の電波上で蔓延れている」のだから

「日本の公共の電波上等の常連出演者等要人の問題」は

「本当に深刻」だ。

「{自首}を薦めるべき北朝鮮金政権等」の

「{逃げ外交}等を賛美する事等」により

「北朝鮮金政権等を{自首}に向かわせる力等を

実質的に削いでいるその実態」は

「本当に酷い」。

「そんな事を行う」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等と相場は決まっている」』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等の手下等にとって」は

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩独裁政権等が

日本を支配する事等も{歓迎!}なのかも知れない」が

「日本国・日本国民等を金正恩等が独裁支配する事等」は

「多くの日本国民等が絶対に容認出来ない事だ」。

「日韓の乗っ取り支配が必需になっている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金独裁政権等」の「実体」を

「はっきり認識出来ている日本のテレビ・ラジオ・マスコミ人等」なら

「在日の母を持つ金正恩等による{命乞い外交}を

外交巧者等と賛美等は出来ない筈」だ。

「賛美等出来てしまう」のは

「確信犯の北朝鮮金政権等の手下等の実質的、悪者等」や

「実体把握が不十分過ぎる

テレビ・ラジオ・マスコミ人としての資質が乏しすぎる

実質的、劣者等になる」。

「実質的、劣悪者等を日本の公共の電波上や日本の公共的マスコミ上等で

重用し続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮金政権等が放棄するのが当たり前の

核放棄合意を一方的に反故にして開発~保持し続けて来ている

核兵器等の全てを

直ちに米国等に受け渡す事抜き」に

「米朝首脳会談は成立し得ない」。

「米朝首脳会談が実現する」なら

「北朝鮮金政権等の核等の完全放棄も実現する事になる」。

「その後の北朝鮮金政権等の体制保障等にも条件が付く事になる」。

「ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等々の

他国等乗っ取り支配等を目的とした非人道的なモノも多い悪業の全てを

完全に放棄する事」が

「北朝鮮金政権等が実際の体制保障等を得る為に必要な事になる」。

「北朝鮮金政権等が{自首}をする」なら

「北朝鮮金政権等もある程度の主導権を握る事等も可能になる」が

「逃げ続けよう・・・と更なる他国内での工作活動等や命乞い外交等に邁進し続ける」なら

「主導権は圧倒的に米国トランプ政権等の側が持つ事になる」。

「其処には、実効のある内実を得る為の軍事オプションの行使も含まれている」。

「北朝鮮金政権等にとって」は、

「{自首}した方が遥かに、得になる事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「北朝鮮金政権等」が

「内実として、{自首}しない場合」は

「米朝首脳会談は例え、行われても不調で終わる」。

「つまり、行っても無駄」になる。

「その後がどうなるのか?」は

「もはや、記すまでも無い事」だろう。

「米国トランプ政権等が求めている」のは

「北朝鮮金政権問題の内実のある解決」だ。

「つまり、

北朝鮮金政権に対し、

陰険なナチス・ヒトラー、極悪非道な劣悪独裁政権状態から

普通の政権状態への改善を強く求めている」。

「その入り口」として、

「国際的合意を一方的に反故にして開発~保有している核兵器等を

全て一気に完全放棄する事等を求めている」。

「北朝鮮金政権等が

完全核放棄等拒否で

段階的核放棄等を主張し続け、

この入口の扉さえも開けない」なら

「必然的に、強制的に開けさせる手段が実行される事になる」。

「米国トランプ政権」は

「良い実効の無い事には興味が無い」。

「散々の極悪事で

世界に大迷惑をもたらし

瀬戸際外交で

迷惑を解消する為には・・・と、不当利権を貪り、

平和イメージ等を作る事で

散々の悪態を誤魔化し、黙殺せしめる等により

極悪体制を維持し

不当利権を貪り続けて来ている

北朝鮮金政権等」とは

「考え方も実行政策等も全く違う」のが

「現実」だ。

「北朝鮮金政権等」は

「この現実」を

「一刻も早く

十分に理解・把握するべき」だ』。

『「国際的合意を一方的に反故にしても核兵器を持ったら勝ち!」は

「北朝鮮金政権等の中でダケ成り立つ屁理屈」だ。

「実際は、国際的合意を一方的に反故にした段階で

国際社会からダメ出しを与えられ

ダメ出しが完全に解除される為には

国際的合意を順守したラインにまで戻るだけでは無く

国際社会に迷惑をかけた分の補償等が必需になる」。

「当たり前の事」だ。

「米朝首脳会談を何としても行い

米朝首脳会談の中で

金正恩等がトランプ大統領等を上手く騙せば勝ち!」も

「北朝鮮金政権等の中ダケで成り立つ屁理屈に他ならない」。

「例え、その場では騙せた様な実態がつくられてしまっても

不当な合意等は不当故にその縛りや実効等が直に排除され無くなる」。

「当たり前の事」だ。

「正当な国際的合意等を一方的に反故にして悪事に邁進し続けて来ている

北朝鮮金政権等は孤立無援状態に陥った」が

「不当な合意を廃棄して正当な状態を構築しようとする政権等」には

「世界中から援軍等が付き易くなる」。

「当たり前の事」だ。

「散々の極悪事を行った段階で北朝鮮金政権等は負けている」。

「最初」に

「自己健常制御を行えなかった事」で

「北朝鮮金政権等自体が負けている」。

「北朝鮮金政権等自体の負けを絶対に認めないゾ!」とばかりに

「工作活動等や大量破壊兵器・ミサイル・核等を保持して

他の国や他の国の人々等を巻き込んで悪足掻きし続けても

負けによる被害が更に広がったダケ」で

「単なる負け」を

「大負け~極大負けに拡大してしまって来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「普通なら、余りにも、自国・多くの自国民等を困窮状態に陥らせてしまった段階で

気付き、是正出来るモノ」だが

「劣悪な独裁者等は更なる悪事に邁進してしまい易い」から

「最終的には、

外からの圧力等により

強制的にでも是正される場合が多い」。

「他の者・物・事等を支配する代償欲求には充足は在り得ない」が

「自己健常制御には充足が在る」。

「劣悪な独裁者等とは、

自己健常制御を疎かに

他の者・物・事等の徹底支配等に邁進し続けている

実体としては、精神を病んでいる状態の者」だ。

「劣悪な独裁者等に自己を支配させる事を是としてしまっている者たち等とは、

自己健常制御を疎かに

劣悪な独裁者等による被支配に自己を委ね続けられている

実体としては、精神を病んでいる状態の者たち等」だ。

「どちらの者でも、自己健常制御を十分に行う事で

自らの本来欲求を充足させる健常状態に戻る事が可能になる」が

「既に、行ってしまっている悪事に対する応分の補償等は

自己健常制御をより行い易くする為にも

積極的に行うべき事になる」』。

『「{自首}させるべき者」の

「{逃げ}等を賛美等する」のは

「自らも{逃げ}続けようとしている

実体として、悪状態の者である場合が多い」。

「裸の王様」は

「何処に居ても、

例えば、

何処かの国の独裁者等や

テレビ常連出演者等になっていても

裸の王様」だ。

「裸の王様状態から抜け出し

服を着る」のは

「裸の王様自身が行うべき事に他ならない」。

「北朝鮮金政権等は速やかに{自首}するべき」だし

「今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信等なら

北朝鮮金政権等の{自首}の後押しをする内実であって然るべき」だ』。

『「何れにしても

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »