« サンデーモーニングでは「韓国より北緒戦のが反日感情等が少ないゾ!」の旨等喧伝し、少しでも北朝鮮のイメージを良くしようとしていた様相だっりしていたが・・・。 | トップページ | 米朝首脳会談、「自首せず、半落ち」でリビア方式になる道を選択した北朝鮮金政権だが・・・。 »

テレ朝等では「二度目の米朝首脳会談を平壌で」という北朝鮮金政権のご都合論等を日本の公共の電波上で大喧伝しているが・・・。

『「米朝首脳会談の傾注点」は「北朝鮮金政権等が{自首}するか?否か?」だ。

「{自首}していない北朝鮮金政権等」なら

「話しても無駄」で

「更なる会談等を続ける事」は

「北朝鮮金政権等が{自首}しないまま逃げ続ける事を援助する事にしかならない」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の問題」を

「解決しないまま、

更なる時間を

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等に与える」なら

「早々に、人類滅亡の時がやって来る事になる」。

「北朝鮮金政権等が{自首}しない」なら

「米国トランプ政権」は、

「遠慮無く、

話しの通じない相手に対する対応」を

「採るべき」だ。

「全世界も其れを後押しするべき」だ。

「金正恩に{自首}する意思があるか?否か?」は

「トランプ大統領なら、其れこそ、一分で判る事」だ』。

『「実態」として

「現状までに出て来ている北朝鮮側の対応」は

「北朝鮮金政権等に{自首}する意思が無い事を如実に表している」。

「つまり、現状まで」では、

「米朝首脳会談~合意等が成り立つ訳も無い」。

「それでも、今回、米朝首脳顔合わせが行われる事になった」のは

「米国トランプ政権が、北朝鮮金政権に最初で最後のチャンスを与える為」だ。

「此処で、北朝鮮金政権等が{自首}しない」なら

「その後、北朝鮮金政権等がどうなるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「それなのに、未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「{自首}していない状態の北朝鮮金政権等による希望論等」を

「日本の公共の電波上等で大喧伝等している」のだから

「本当に呆れる」。

「手下では無く、仲間やオトモダチ等なら、{自首}を強く薦める事等も

容易な筈」だが

「手下では、親分の意向に沿った行動を起こし続けるしか無い

・・・そんな実態が露呈している様相」だ』。

『「このままで行く」なら

「米朝首脳顔合わせ」の「結果」は

「一瞬で出る事になる」。

「何故なら、現状までの北朝鮮金政権等は{自首}していないから」だ。

「金正恩が

トランプ大統領と会った瞬間、

先ず{自首}する」なら

「その後は、平和穏便に事が進み易くなる」が

「{自首}しない」なら

「北朝鮮金政権等の終わりが確定する」』。

『「北朝鮮の要人専用機でシンガポールに行けず、

中国のボーイング747=米国製ジェット」で

「遠回りして、シンガポール入りした

金正恩等」は

「その時点で、自ら、終わりを呼び込んだ様なモノ」だ。

「徹底したチキン状態を全世界に露呈させた事」で

「もはや、北朝鮮内の金正恩等の威厳等も地に墜ちた状態になっている」。

「其処で、核放棄宣言等までする」なら

「北朝鮮内から金正恩等の終わりが襲い掛かり」、

「核放棄宣言しない」なら

「米国等国際社会側から金正恩等の終わりが襲い掛かる」。

「どちらにしても、金正恩等の政権は終わりになる」。

「747を金正恩等に貸した中国習政権」と

「米国トランプ政権」の

「間」では

「北朝鮮金政権等をどう処理するのか?の合意等」が

「とっくの昔に、出来ている」と

「強く推定出来る」。

「その筋書きの上に乗せられているダケの状態」なのが

「現状の北朝鮮金政権等の実態」だ。

「北朝鮮金政権等」が

「その筋書きの上から抜け出す唯一無二の方法」は

「{自首}になる」』。

『「散々の極悪事を積み重ねて来ているばかりか、

国際的核放棄合意も一方的に反故にして核等を開発~保持して来ている

北朝鮮金政権等」が

「国際的制裁・圧力等により追い詰められてから、

付け焼刃的に外交を急勉強する為に各国を回ったたダケ」の

「金正恩等の実体」は

「米国トランプ大統領等に直に分り、

未熟者の極悪チキンが{自首}も出来ない」なら

「その後」は

「言わずと知れた事になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「失礼にも当たる異常な大きさの親書」で

「二度目の米朝首脳会談を平壌で!」等と

「図々しく提案等する事」等により

「大物イメージ等をつくり出そう」等としても、

「そんな虚構は、最初から崩れている」。

「北朝鮮金政権等が{自首}する」なら

「然るべき時期、例えば、北朝鮮の核放棄が完了した後等」に

「平壌での米朝首脳会談もアリかも知れない」が

「もちろん、それは、先の事」だ。

「6月首脳顔合わせ」で

「首脳会談の本番は7月に平壌で」とは

「{自首}しない北朝鮮金政権等のご都合論等に他ならない」。

「{自首}していない北朝鮮金政権等のご都合論等」に

「米国トランプ政権が乗せられてしまう訳も無い」。

「それでも、{自首}していない北朝鮮金政権等のご都合論等を

日本の公共の電波上等で大喧伝等しなくてはならない」のが

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」なのだろう。

「実に、情けない実態」が

「其処に露呈している」。

「米朝首脳会談」で

「注目すべき」は

「北朝鮮金政権等が{自首}するか?否か?」等の

「当たり前の健常論等」を

「ちゃんと情報配信出来ない」のは

「本当に、異常」だ。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等が散々、行い続けて来ている極悪事等」を

「本気で、十分に、大衆周知し続けて来ている」なら

「{自首}していない北朝鮮金政権等を容認等出来る訳も無い」。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等が散々、行い続けて来ている極悪事等」を

「内心では、賛美、容認等している」なら

「{自首}していない北朝鮮金政権等のご都合論等で

視聴者等の頭の中を染め上げる情報工作、或いは、マインドコントロール等を

行いたくなっていても、

何の不思議も無い」。

「何れにしても、実体は、既に、バレバレ状態」なのが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「韓国より北緒戦のが反日感情等が少ないゾ!」の旨等喧伝し、少しでも北朝鮮のイメージを良くしようとしていた様相だっりしていたが・・・。 | トップページ | 米朝首脳会談、「自首せず、半落ち」でリビア方式になる道を選択した北朝鮮金政権だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事