« 何処の局でも一斉に「言葉狩りの成果の大喧伝状態」だが・・・。 | トップページ | ネット関連講師殺人事件で常連出演者等の顔色も・・・の様相だったりしていたが・・・。 »

サンデーモーニングでは「反対野党等の為の政治運動等」や「ご都合デマ論」等を公共の電波上で配信していたが・・・。

『「配信情報の内実探究等が出来ない人々」を「つくり出して来ている」のは「テレビももちろん含む、戦後日本の情報・教育界」に他ならない。

「災害等非常時のデマ」でも

「躍らせられてしまう状態の人々の精神構造」は

また

「通常時にテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等によっても

操り易い精神構造でもある」。

「そうだから」だろう「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」が

「この深刻な精神構造の問題」を

「本気で改善させよう」とは「して来ていない」。

「ネット普及以降、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報と学校教育による

情報統制状態が崩され」、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等と学校教育等の{既得権益}」が

「大きく損なわれる様に成って来る」と

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」が

「行って来た」のは

「ネット批判・非難」や

「ネットネガティブキャンペーン」等であり

「人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる事に有益な情報・教育では無かった」。

「自らの{既得権益}を守る為に、未だに、大衆誘導等を行い続けようとしている実態」は

「本当に醜悪」で

「多くの人々が呆れる」のも「極めて当たり前の事態」になる』。

『「戦後日本で長く蔓延り続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報と学校教育等による

ファシズム」が

「利して来ている」のは、

「何処のどのような者たち等なのか?」等を

「考える」なら

「戦後日本の情報・教育等の裏にある元凶」にも

「思いが至る事になる筈」だ』。

『「例えば、本日のサンデー・モーニングでの{政治運動}情報配信」が

「実質的に利しているのは?」

「加計理事長の記者会見をダシにした実質的、安倍政権批判等」で

「多くの大衆の思いが動かされてしまう」なら

「北朝鮮金政権に厳しい安倍政権」から

「北朝鮮金政権に従う●●政権」への

「政変劇が起き易くも出来てしまう」。

「日本の政権も韓国の政権の如く従北政権化されてしまう」なら

「喜ぶのは北朝鮮金政権等になる」。

「日本のカジノを含むIR法案の成立」を

「一番嫌がっている」のは

「カジノを持つ韓国」等と

「強く推定出来る」。

「加計学園獣医学部新設等をダシにした安倍政権批判・非難等」も

「日本のカジノを含むIR法案の成立に反対!」も

「実質的に、利している」のが

「北朝鮮金政権と韓国等と朝鮮」だ。

「更に、ご都合デマ論等」では、

「移民・難民問題」や、

「ヘイトや差別問題」等も

「常連出演者等が声高に言っていた」が

「其処でも、実質的に利している」のは

「在日朝鮮人在日中国人等と、朝鮮も含まれている」』。

『「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」は

「何故?これ程、朝鮮を利そうとして来ているのか?」

「其処に在る」のは

「人脈の問題」と

「強く推定出来る」』。

『「もちろん、不当差別やヘイトはダメ」だ。

「では、不当差別やヘイトはどうしたら無くせるのか?」

「例えば、戦後も日本に居残っている朝鮮系の者たち」にも

「善人・常人も多いが悪人も居る」。

「実際に、日本全国各地から多数の日本国民が拉致されてしまった裏」には

「北朝鮮金政権等の実質的、手下、工作員やその協力者等が居る」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、それら工作員・協力者等の悪人」を

「徹底糾弾・告発等していて当然になる」が

「何故か?この極めて大切で重大な仕事は異常な程、疎か、もしくは、黙殺状態」だ。

「その結果、

日本国内でも、

拉致以降も、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下でのスパイ・工作活動等」が

「続けられてしまって来ている」。

「スパイ・工作活動等の多く」は

「日本の現行法・現行の摘発体制等では摘発困難な手法で行われている」。

「例えば、飲食物に微量な有害物や弱毒物等々を少しずつ連綿と入れ続ける事」も

「戦後日本の現行法や現行の摘発体制では摘発困難」だ。

「例え、その結果が発ガン率や発病(脳卒中・心筋梗塞等々)等の増大等であったりしていて」も

「明らかな悪意等の立証が出来ない限り、摘発も無し」だ。

「鍵に成らない鍵ばかりが主流な状態」も

「現行法・現行の摘発体制では摘発出来ない」。

「昨今では、ピッキング等で簡単に開いてしまう鍵はさすがに減って来ている」が

「ディンプルキーでも開かない鍵は無い」とは

「鍵士等の証言」で

「更に、ユーザーをバカにしている」のは、

「ほとんどの鍵はメーカーと種類と番号さえ分るなら、複製は簡単という現実」だ。

「北朝鮮等、国家レベルの工作組織等」なら、

「当然の如く、鍵の複製が出来る機器等も保有済み」で、

「侵入工作等のターゲットの家等の鍵のメーカー・種類・番号等の情報さえ得てしまえば、

侵入工作用の鍵は程なく作られ、工作員等に配布される様になっている」。

「巷の公の弱毒物・有害物等の微量連綿工作に加え、

侵入工作で、ターゲットの飲食物や食器等々に工作用の弱毒物や有害物等が加えられる」なら

「ターゲットの発ガン・発病(脳卒中・心筋梗塞等々)率等は更に高められてしまう事になる」。

「更に、電磁波工作まで在る」。

「日本の電波法が、周波数依存状態だから」か、

「工作電磁波」は、

「経時変化のある

悪魔の複数和音輪唱、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき実態」を「持っている」。

「工作電磁波は、ソフトでも発生させる事が可能」だ。

「元々、電波」とは

「電線内の電子・ホールの動き」を

「アンテナを通じて外界に反映させているモノ」だから

「工作電磁波の電子・ホールの動き」を

「ソフトやハードでつくり出し、

リード線等の曲がっているところ等」を

「アンテナとして利用する様」に

「電子・ホールの特定の動きを調整する」なら

「指向性のある工作電磁波をリード線の曲がっているところ等から

飛び出させる事が可能になる」。

「エアコン室外機や

家電製品や

スマホや

電線・電話線や

車・バス・電車の電気機器・電子機器や

病院等も含む施設内電気機器・電子機器等々、

あらゆる電化製品に仕込む事が出来てしまう」のが

「工作電磁波発生システム・装置等」で

「其処から、ターゲットに向かって、工作電磁波を当て続ける」と

「更に、発ガン率や発病(脳卒中・心筋梗塞等々)率が高められてしまう」。

「元々が、音波同様の性質を持つ工作電磁波」は

「覗きにも悪用出来る

(例えば、隣の部屋の中は見えないが音を聞く事が可能という事態は

音波は壁を通り超えて来ているで

音波同様の電磁波を使うなら

隣の部屋の中も覗き放題状態に出来てしまう)」から

「ターゲットの居場所や体勢等も工作電磁波覗きで把握出来てしまっている」ので

「工作員が執拗にターゲットに工作電磁波を当て続ける事も可能になっている」。

「工作電磁波」は

「オンオフ出来る

強さも調節出来てしまう

今時の物質文明の進歩・進化により実用可能となってしまっている

工作道具」だ。

「工作電磁波が当てられているダケ」でも

「頭も含む生体の電気信号に大きなストレスや邪魔等がかかる」から

「イライラしたり、不安になったり、酷い場合には、気絶させられそうになったり、・・・等々する」。

「脳細胞破壊効果等もある様」で

「アルツハイマー等の元にも成り得る」。

「・・・等々の工作実態」は

「現行法・現行の摘発体制等上では、

迷惑扱い状態レベル」で

「刑法犯等としての摘発・告発」は

「重大な悪意等の立証等が出来なければ困難状態」だが

「組織的犯罪行為である事は間違い無い」。

「スパイ・工作活動等を行っている者たち等」が

「それを薄々とは感じたりしている人々等から好ましく思われない」のは

「極めて当たり前の事」だ。

「終戦直後の日本社会」でも、

「多くの人々が好ましく思えない事態があった」。

「日本の敗戦につけ込んだ{火事場泥棒}等」だ。

「占領軍は占領政策上で朝鮮人等を重用した」が

「武器を持った朝鮮人の中には、{火事場泥棒}を行った者たちが少なからず居た」。

「最終的には、米軍も其れが余りにも酷かったので鎮圧に動いたくらい」だった。

「{火事場泥棒}等で不当に太った者たちのその後」を

「守る方向に動いて来ている」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実態」だ。

「人道面からも、{火事場泥棒}等不当利権維持の援助等」は

「大いに問題」になる。

「戦後日本の法もまた異常」で

「誰からも摘発等されず、二十年間、その土地に住み続けていれば、その人の物」だ。

「不当差別やヘイト等を無くす為」に

「極めて重要な事は善悪区別をはっきりさせる事」だ。

「スパイ・工作活動等を行い続けて来ている悪者たち等」を

「徹底的に告発・糾弾等する事」等や

「{火事場泥棒}等を正当化しない事」等により

「悪事を行っていない善人・常人等への不当差別・ヘイト等」を

「無くす事」が

「非常に容易になる」。

「{火事場泥棒}の子として産まれた者」が

「悪い事をしていない」なら

「その者は、産まれた気づいたら、{火事場泥棒}の子だったダケ」だ。

「それは、他の全ての人々と同じ事」で

「差別やヘイト等の対象にしてはいけない」。

「しかし、

親・祖父世代等の{火事場泥棒}等を正当化する為や

反日国悪権力者等による日本乗っ取り支配命令・指令の下」等々の

「目的等」から、

「スパイ・工作活動等の悪事を行っている」なら

「糾弾・告発・摘発等されて然るべき存在になる」。

「その辺りをちゃんと実態解明し、明確に区別する事」こそが

「非常に重要」になる』。

『「ところが、

戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等では、

善悪区別をロクに行わないまま

差別やヘイト等ダケを大声で叫んでいる状態」だ。

「どんなに大声で叫んでも、

本質的正当性の無いごちゃ混ぜ論」等では

「多くの人々の納得等が得られる訳も無い」』。

『「実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置けた時、

人は落ち着く事が出来る」。

「実体や事実・現実を封印、もしくは、黙殺せしめて

人心を浮足立たせ、人々の依存心を煽り、

如何にも頼れそうな虚像等を喧伝する事等により

多くの人々を都合良く操り

特定極一部の者たちの利権維持~増大を図り続けようとする」のは

「悪魔に魂を売り渡した者たち等の行う悪業に他ならない」。

「現状までの戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」は

「人々に落ち着きをもたらす善の情報・教育を行って来ているのか?」

「悪魔に魂を売り渡した悪業を行って来ているのか?」

・・・「その答は、もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等による政治・事件・事故・社会問題等の情報配信内容」は

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信であるべき」だ。

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信とは別」に

「人々の精神構造の健常進歩や正常進化の役に立つ情報・教育等を行うべき」だ。

「多くの視聴者・読者・生徒等が

自ら本質と快適を探究出来る精神構造を得ている状態になる」なら

「現状の様」な

「テレビ・ラジオ・マスコミ等上では、

何処の局でも、マスコミ等でも、

特定極一部の同様の者たち等ばかり・・・が

偏重・偏向コメント/解説等を喧伝し続け、

多くの視聴者・読者等の考え・思い・感等を

特定極一部の者たち等の利権維持~増大等の都合に沿う様に

操り続ける様な悪態からの脱却」も

「容易になる」』。

『「自分の実体さえ???」では

「人は根本的に落ち着けない」。

「生きている人間なら、

何処の誰でも、

今、この瞬間にも細胞レベルの誕生・死を実体験しながら存続している

約60兆とも言われている細胞群である狭義の自分の現実」や

「その細胞群の命の連続性の現実から判明する広義の自分の現実」を

「心の底から実態・実感把握出来ている」なら

「人は根本的には落ち着ける」。

「死への不安等が無くなるから」だ。

「逆に、どう生きるべきか?」等が

「強烈に浮上して来る」。

「其処で極めて重要になる」のが

「自分の実体の本来の目的」だ。

「広義の自分である地球上の生物全ての細胞群の根本的目的は?」

「・・・それが、存続である事は疑いの余地が無い」。

「地球上の生物は単細胞から始まり、数多くの進歩・進化を積み重ねながら

時間経過による物理崩壊に抗い

広義の自分の存続を実現して来ている」。

「人類に託されている」のは

「地球無き後の存続まで可能にする地球外への進出等」だ。

「その為には、高度な物質文明製品群を生み出す必然が在る」。

「高度な物質文明製品等を自虐使用しない為に必要になる」のが

「高度な物質文明製品以上に高度な個々の人々の精神構造と人間社会の精神文化」だ。

「その為の情報・教育が激烈に求められている」。

「其れなのに、未だに、公共の電波を使っていても、{政治運動}や{お手盛り論}等々ばかり・・・状態」で

「何処の局でも、同様の顔・同様の論ばかりが主流状態」では

「本当に情けない」。

「選挙も無いから人の交代も無い・・・で

仕方無い・・・で済まされて

良い事では断じて無い」。

「是正が急務である事は言うまでも無い事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 何処の局でも一斉に「言葉狩りの成果の大喧伝状態」だが・・・。 | トップページ | ネット関連講師殺人事件で常連出演者等の顔色も・・・の様相だったりしていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事