« テレ朝朝番では、日本の公共の電波上で、北朝鮮をしたたか等と実質的に賛美等していた、常連出演者等が日大アメフト問題等で正義ぶったり・・・していたが・・・。 | トップページ | 「米朝首脳会談が6月12日に行われる事になった」等と喧伝されているが・・・。 »

テレ朝朝番では、常連出演者等が「懸命に命乞い外交を行っている金正恩等」を外交巧者等と日本の公共の電波上で賛美喧伝等していたが・・・。

『「米朝首脳会談を何としても行いたい北朝鮮金政権等」は「金正恩の側近、金英哲を米国に行かせざるを得なかった」。

「北朝鮮金政権問題に対する主導権」は

「北朝鮮金政権に在る訳も無く、

米国トランプ政権に在る事」等を

「北朝鮮金政権等が認めざるを得なくなった事の証左」が「其処に露呈している」。

「米国ポンぺオ国務長官」は

「北朝鮮金英哲との会談で

米朝首脳会談開催に向けて大きな前進があった旨公言」した。

「北朝鮮金政権等」は

「何としても行いたい米朝首脳会談の為に完全核放棄を約束せざるを得なかった実態」が

「露呈」している。

「しかし、未だに、核放棄等の手法についてはゴネている」らしい。

「結果、米朝首脳会談の開催自体も不透明になっている」。

「トランプ大統領も米朝首脳会談に積極的!」等と

「北朝鮮金政権等の援護射撃をしている配信情報もある」が

「米国トランプ大統領が積極的なのは、

北朝鮮金政権等に核等を完全放棄させる事」だ。

「ノーベル平和賞にも値する内実を実現させる事に積極的」なのが

「米国トランプ大統領」だ。

「内実が伴わ無い米朝首脳会談には全く興味が無い」のが

「米国トランプ大統領」だ。

「北朝鮮金政権等が核等を完全放棄しない」なら

「米朝首脳会談は行われないか、行われても直に不調に終わる事になる」。

「米国トランプ政権が北朝鮮金政権等に求めている事」は

「最初から変わっていない」。

「この現実を未だに、十分に認識出来ていない様相」なのが

「北朝鮮金政権等やその実質的、手下等」だ。

「未だに、{自首}しようとせず、逃げ続けようとしているその様」は

「本当に劣悪で醜悪」だ。

「米国ポンぺオ国務長官と北朝鮮金英哲の会談の裏」では

「金正恩等がロシア要人を呼び、命乞い外交を行っていた」。

「もちろん、ロシア側は、

散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮{若造}金正恩独裁政権等」を

「本気で相手にする訳も無い」。

「北朝鮮金政権等の希望である段階的核放棄論等を聞き、

そうですよねぇ~等」と

「適当に同調等したダケ」と

「強く推定出来る」。

「元々の国際的合意であった北朝鮮金政権の核放棄」を

「一方的に反故にして開発~保持して来ている北朝鮮の核等に対して

お墨付きを与える事等」は

「世界中の何処の国も行わない」。

「当たり前の事」だが

「この当たり前の事を北朝鮮金政権等は何とかして曲げさせよう・・・等として来ている」。

「しかし、それが、無駄な努力、或いは、自虐になる負の努力でしか無かった事」は

「もはや、明らか」で

「北朝鮮金政権等自体も認めざるを得なくなった」。

「其処で、懸命に命乞い外交を行っているのが北朝鮮金政権等の現状」だが

「散々の極悪事を積み重ねて来ているままの体制保障等を求めるその悪態ぶり」には

「世界中が呆れている」。

「散々の極悪事に対する{自首}無き

在日の母を持つ金正恩等独裁政権」では

「体制保障等は与えられる訳も無い」のだから

「今、北朝鮮金政権等に求められている」のは

「命乞い外交等では無く、{自首}である事は至極、明らかな事になる」』。

『「それなのに、未だに、

北朝鮮金政権等の命乞い外交等を

実質的に賛美等している

テレビ常連出演者等が

日本の公共の電波上で蔓延れている」のだから

「日本の公共の電波上等の常連出演者等要人の問題」は

「本当に深刻」だ。

「{自首}を薦めるべき北朝鮮金政権等」の

「{逃げ外交}等を賛美する事等」により

「北朝鮮金政権等を{自首}に向かわせる力等を

実質的に削いでいるその実態」は

「本当に酷い」。

「そんな事を行う」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等と相場は決まっている」』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等の手下等にとって」は

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩独裁政権等が

日本を支配する事等も{歓迎!}なのかも知れない」が

「日本国・日本国民等を金正恩等が独裁支配する事等」は

「多くの日本国民等が絶対に容認出来ない事だ」。

「日韓の乗っ取り支配が必需になっている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金独裁政権等」の「実体」を

「はっきり認識出来ている日本のテレビ・ラジオ・マスコミ人等」なら

「在日の母を持つ金正恩等による{命乞い外交}を

外交巧者等と賛美等は出来ない筈」だ。

「賛美等出来てしまう」のは

「確信犯の北朝鮮金政権等の手下等の実質的、悪者等」や

「実体把握が不十分過ぎる

テレビ・ラジオ・マスコミ人としての資質が乏しすぎる

実質的、劣者等になる」。

「実質的、劣悪者等を日本の公共の電波上や日本の公共的マスコミ上等で

重用し続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮金政権等が放棄するのが当たり前の

核放棄合意を一方的に反故にして開発~保持し続けて来ている

核兵器等の全てを

直ちに米国等に受け渡す事抜き」に

「米朝首脳会談は成立し得ない」。

「米朝首脳会談が実現する」なら

「北朝鮮金政権等の核等の完全放棄も実現する事になる」。

「その後の北朝鮮金政権等の体制保障等にも条件が付く事になる」。

「ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等々の

他国等乗っ取り支配等を目的とした非人道的なモノも多い悪業の全てを

完全に放棄する事」が

「北朝鮮金政権等が実際の体制保障等を得る為に必要な事になる」。

「北朝鮮金政権等が{自首}をする」なら

「北朝鮮金政権等もある程度の主導権を握る事等も可能になる」が

「逃げ続けよう・・・と更なる他国内での工作活動等や命乞い外交等に邁進し続ける」なら

「主導権は圧倒的に米国トランプ政権等の側が持つ事になる」。

「其処には、実効のある内実を得る為の軍事オプションの行使も含まれている」。

「北朝鮮金政権等にとって」は、

「{自首}した方が遥かに、得になる事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「北朝鮮金政権等」が

「内実として、{自首}しない場合」は

「米朝首脳会談は例え、行われても不調で終わる」。

「つまり、行っても無駄」になる。

「その後がどうなるのか?」は

「もはや、記すまでも無い事」だろう。

「米国トランプ政権等が求めている」のは

「北朝鮮金政権問題の内実のある解決」だ。

「つまり、

北朝鮮金政権に対し、

陰険なナチス・ヒトラー、極悪非道な劣悪独裁政権状態から

普通の政権状態への改善を強く求めている」。

「その入り口」として、

「国際的合意を一方的に反故にして開発~保有している核兵器等を

全て一気に完全放棄する事等を求めている」。

「北朝鮮金政権等が

完全核放棄等拒否で

段階的核放棄等を主張し続け、

この入口の扉さえも開けない」なら

「必然的に、強制的に開けさせる手段が実行される事になる」。

「米国トランプ政権」は

「良い実効の無い事には興味が無い」。

「散々の極悪事で

世界に大迷惑をもたらし

瀬戸際外交で

迷惑を解消する為には・・・と、不当利権を貪り、

平和イメージ等を作る事で

散々の悪態を誤魔化し、黙殺せしめる等により

極悪体制を維持し

不当利権を貪り続けて来ている

北朝鮮金政権等」とは

「考え方も実行政策等も全く違う」のが

「現実」だ。

「北朝鮮金政権等」は

「この現実」を

「一刻も早く

十分に理解・把握するべき」だ』。

『「国際的合意を一方的に反故にしても核兵器を持ったら勝ち!」は

「北朝鮮金政権等の中でダケ成り立つ屁理屈」だ。

「実際は、国際的合意を一方的に反故にした段階で

国際社会からダメ出しを与えられ

ダメ出しが完全に解除される為には

国際的合意を順守したラインにまで戻るだけでは無く

国際社会に迷惑をかけた分の補償等が必需になる」。

「当たり前の事」だ。

「米朝首脳会談を何としても行い

米朝首脳会談の中で

金正恩等がトランプ大統領等を上手く騙せば勝ち!」も

「北朝鮮金政権等の中ダケで成り立つ屁理屈に他ならない」。

「例え、その場では騙せた様な実態がつくられてしまっても

不当な合意等は不当故にその縛りや実効等が直に排除され無くなる」。

「当たり前の事」だ。

「正当な国際的合意等を一方的に反故にして悪事に邁進し続けて来ている

北朝鮮金政権等は孤立無援状態に陥った」が

「不当な合意を廃棄して正当な状態を構築しようとする政権等」には

「世界中から援軍等が付き易くなる」。

「当たり前の事」だ。

「散々の極悪事を行った段階で北朝鮮金政権等は負けている」。

「最初」に

「自己健常制御を行えなかった事」で

「北朝鮮金政権等自体が負けている」。

「北朝鮮金政権等自体の負けを絶対に認めないゾ!」とばかりに

「工作活動等や大量破壊兵器・ミサイル・核等を保持して

他の国や他の国の人々等を巻き込んで悪足掻きし続けても

負けによる被害が更に広がったダケ」で

「単なる負け」を

「大負け~極大負けに拡大してしまって来ている」のが

「北朝鮮金政権等の実態」だ。

「普通なら、余りにも、自国・多くの自国民等を困窮状態に陥らせてしまった段階で

気付き、是正出来るモノ」だが

「劣悪な独裁者等は更なる悪事に邁進してしまい易い」から

「最終的には、

外からの圧力等により

強制的にでも是正される場合が多い」。

「他の者・物・事等を支配する代償欲求には充足は在り得ない」が

「自己健常制御には充足が在る」。

「劣悪な独裁者等とは、

自己健常制御を疎かに

他の者・物・事等の徹底支配等に邁進し続けている

実体としては、精神を病んでいる状態の者」だ。

「劣悪な独裁者等に自己を支配させる事を是としてしまっている者たち等とは、

自己健常制御を疎かに

劣悪な独裁者等による被支配に自己を委ね続けられている

実体としては、精神を病んでいる状態の者たち等」だ。

「どちらの者でも、自己健常制御を十分に行う事で

自らの本来欲求を充足させる健常状態に戻る事が可能になる」が

「既に、行ってしまっている悪事に対する応分の補償等は

自己健常制御をより行い易くする為にも

積極的に行うべき事になる」』。

『「{自首}させるべき者」の

「{逃げ}等を賛美等する」のは

「自らも{逃げ}続けようとしている

実体として、悪状態の者である場合が多い」。

「裸の王様」は

「何処に居ても、

例えば、

何処かの国の独裁者等や

テレビ常連出演者等になっていても

裸の王様」だ。

「裸の王様状態から抜け出し

服を着る」のは

「裸の王様自身が行うべき事に他ならない」。

「北朝鮮金政権等は速やかに{自首}するべき」だし

「今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信等なら

北朝鮮金政権等の{自首}の後押しをする内実であって然るべき」だ』。

『「何れにしても

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、日本の公共の電波上で、北朝鮮をしたたか等と実質的に賛美等していた、常連出演者等が日大アメフト問題等で正義ぶったり・・・していたが・・・。 | トップページ | 「米朝首脳会談が6月12日に行われる事になった」等と喧伝されているが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事