« サンデーモーニングでは「反対野党等の為の政治運動等」や「ご都合デマ論」等を公共の電波上で配信していたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「富山の警察官拳銃強奪&殺傷事件」や「韓国の酷い、美容整形手術室内の実態」等をダシに常連出演者等が自論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

ネット関連講師殺人事件で常連出演者等の顔色も・・・の様相だったりしていたが・・・。

『「該当事件に対するコメント等」が「何時もの様に、好き勝手に言う・・・等の状態では無い様相の常連出演者等」・・・。

「慎重なコメント等ぶりの裏」には

「相応の反省・自省等が在るなら、良いのだが」・・・』。

『「殺害されてしまったネット関連講師の行った事」は

「該当講師のブログ上での容疑者とのやりとりで、容疑者を批判等した事」と

「容疑者の身勝手な書き込みの削除等を要請した事」と

「ネット関連の講師として強硬的な安全対策等を教えたりしていた事」等だ。

「主として、個人レベルの逆恨みを誘ってしまったダケ」等の「実態」が

「其処に露呈している」。

「テレビ常連出演者等の場合」は

「日頃から、日本国・多くの日本国民を不利にする反面で

反日他国や反日他国人脈等を実質的に利すコメント等」を

「日本の公共の電波上」で

「好き勝手に喧伝等している場合も多い」。

「実質的には、日本国・多くの日本国民に少なく無い実害をもたらしている場合も在る」と

「思ったり、感じたりしている視聴者等も多い筈」だ。

「しかも、選挙も無いから、人脈交代等も無い」。

「例えば、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等常連出演者・常筆等」が

「実質的に、応援・推奨等していた民主党」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報に乗った有権者票分が加わった事等により

政権の座に付けた」が

「実際に行った政治」が

「日本を細らせた反面で

中・韓(北朝も含む)や日本の中の中・韓(北朝も含む)人脈等を大いに太らせた」では

「多くの有権者の支持も直に離れて当然」となり

「程なく、政権を失った」ばかりか

「選挙故、国会議員の数も大いに減った」が

「民主党を推奨・応援等していたテレビ・ラジオ常連出演者やマスコミ常筆等は、

その後も現在も常連出演や常筆と言う場合が多い」。

「民意反映が不十分」な

「公共性の高い仕事上」に

「主として、出現し続け、

好き勝手を言えている厚顔無恥ぶり等」は

「本当に酷い」等と

「感じている視聴者・読者等も多い筈」だ。

「選挙がある」なら

「民主党同様に、少数化し、野党化する=主では無くなる」のが

「当然の事になる筈なのに」・・・』。

『「そんな常連出演者や常筆等」の

「極めて酷い事の一つ」は

「日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等さえ

十分に告発等して来ていない事」だ。

「その結果、実質的には、スパイ・工作活動等の支援・応援等になっている」。

「例えば、拉致の実態」は

「拉致工作に他ならない」。、

「多くの場合、

日本全国各地から、

拉致対象者を選び出し、

有益分子化教育を行い、

主として、日本海側の北朝鮮への運び屋工作員等のところまで

工作員や協力者等の中を穏便に移動させた上」で

「北朝鮮行きの工作船等に乗せた」から

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致するという大悪業が実現してしまった」のが

「現実」だ。

「拉致工作を行った者たち」が

「その後、北朝鮮金政権等から命令・指令・協力要請等々を受けていない訳も無い」。

「実際に、受けている」から

「飲食物工作や電磁波スパイ・工作や侵入スパイ・工作や情報・教育工作や医療工作や

政財界工作等々、数多くのスパイ・工作活動等」が

「戦後の日本国内で蔓延り続けて来ている」。

「それなのに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が行って来ている事」は

「拉致と言えば、圧倒的マイナーなケースである

日本海側で運び屋工作員等に直接拉致された

横田めぐみさんの事や

海外での拉致を主軸にして、

日本国内での多くの拉致の実態を黙殺している」。

「その結果、日本国内のスパイ・工作員・協力者等」に

「スポットライトが当てられる事も無く、

スポットライトも当てられないスパイ・工作員・協力者等には

北朝鮮金政権等からの命令・指令も容易で

スパイ・工作活動の実害は多くの一般人も含む日本国民に

襲い掛かり続けて来ている」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

多くの日本国民の安全・安心の為にも

意識的かつ積極的に告発等していて当然」なのに

「現状では、北朝鮮金政権等の実質的、支援等をしている状態」だ。

「更に、実質的には、北朝鮮の核・ミサイル等の宣伝や日本国民脅し等になる情報配信等」は

「熱心に行い続けて来ている」。

「北朝鮮が一番困る日韓国内のスパイ・工作活動へのスポットライト当て」は

「行わず」、

「北朝鮮が一番嫌う戦争」は

「戦争絶対悪論」等で「北朝鮮を実質、援護」し

「北朝鮮は核放棄をしなくても仕方ない論」や

「北朝鮮の核放棄に費用がかかるから日韓等は支援するべき論」等まで

「喧伝」し、

「多くの視聴者・読者等に北朝鮮金政権等の都合に沿う様に考え・思わせる事を目的としている様相」の

「情報配信等を続けて来ている場合が少なく無い」。

「言うまでも無く、

北朝鮮の核・ミサイル等」とは、

「もし、実用するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けになる戦争に直結する

実質的には、使えない兵器」だ。

「だから、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等がその問題を論じる」なら

「北朝鮮が核・ミサイル等を使っても、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる戦争になるだけの旨等論じる」のが

「当然になる」。

「核放棄合意を一方的に反故にして開発~保有して来ている北朝鮮の核の放棄」も

「行うのが当たり前の事」だ。

「その費用は、

核放棄合意を一方的に反故にして核開発~保持をして来た

北朝鮮が負担するのが当然になる」。

「正当な論では無い、実質的、北朝鮮金政権等支援論等」で

「多くの視聴者・読者等の頭の中を染め上げようとして来ている実態」は

「明らかに酷い」。

「個人レベルでは無い、

多くの日本国民の大いなる怒り等が生まれても何の不思議も無い実態」が

「其処に在る」。

「選挙がある」なら

「日本の側に立たず、北朝鮮金政権の側に立っている論等を

日本の公共の電波上や日本の公共的マスコミ上等で喧伝等し続けて来ている

常連出演者・常筆等のほとんど」が

「落選」し

「日本の側に立つ論等を喧伝等する者が当選する事」により

「常連出演者・常筆等の人の入れ替わりがある」のが

「当然になる」。

「選挙も無いなら、極めて厳しい、自浄等があって然るべき」だが

「現状では、その様相さえ無い」から

「実際に、常連出演者や常筆等は、以前からの者が未だに、主である場合が多い」』。

『「視聴者・読者等の内在的不満」は

「今も、どんどん膨らんでいる」のが

「現実」で

「その内在的不満が顕在化する時」には

「大きな動き等が生まれても何の不思議も無い」。

「内在的不満を顕在化出来るか?出来ないか?の違い」は

「{テレビ・ラジオ・マスコミ等マインドコントロール}のインチキやズルを

意識化出来るか?否か?の違い」と

「同じ」と

「強く推定出来る」。

「意識化出来る人々の数」は

「今、この瞬間にも増えている」から

「選挙も無い、自浄も無い・・・ままでは、何れは、大きな動きが生まれる事になる」。

「何時まで経っても、

個々の視聴者・読者の精神構造の健常進歩・正常進化と

人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化への貢献度が低すぎる

性能の悪い精神文化製品をつくり出し続ける事で

過分な立場・報酬・権力等が得られ続ける時代が

続く訳も無い」。

「ましてや、公共の電波や公共的マスコミ等を使った実質的、政治運動等」とは

「ナチス・ヒトラーの世界」だ。

「戦争が主だったナチス・ヒトラーの様に、

兵器も含む物質文明製品の急速な進歩・進化を実現出来ないが故」に

「スパイ・工作活動等を主にして来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等やその実質的、手下等」が

「日本の公共の電波や公共的マスコミ等を使って、政治運動」とは

「一刻も早く是正する、させるべき、本当に酷過ぎる事態」だ。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等により、

多くの場合、時間をかけて、殺傷されてしまったり、

本来の人生を喪失させられてしまったり、している日本国民の数」は

「少なく見積もっても、何百万人レベルになる」。

「何故なら、其れは、

何十万人もの工作員・協力者等による数十年にも渡る

集団スパイ・工作活動等による実害だから」だ』。

『「個人レベルの怒りや八つ当たりや勘違い等」は

「集団レベルより小規模であるが故に勃発し易く、収束し易い」。

「集団レベルは、一度動き始めたら、大変な事になり易い」のは

「先の大戦前の状況からも明らか」だ。

「そして、一端動き始めてしまった」なら

「容易には止まらない」のも

「先の大戦等からも明らか」だ。

「八つ当たりや勘違い」は

「誤解を生まない丁寧な説明等で防ぎ得る」が

「実態に対する怒り」は

「本質の是正やそれまでの責任・補償等が無ければ、なかなか収まるモノでは無い」。

「散々、実質的には、酷い事を行って来ている者たちが連綿と常連出演・常筆等のまま・・・」では

「怒りは時と共に、内在的にせよ、増大し続けてしまう」のが

「当然になる」。

「早めの自浄が望ましい」。

「北朝鮮金政権等の自浄と同様で困難なのかも知れない」が

「個人レベルでの身の処し方は、北朝鮮では無い日本では自由な筈だが」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「反対野党等の為の政治運動等」や「ご都合デマ論」等を公共の電波上で配信していたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「富山の警察官拳銃強奪&殺傷事件」や「韓国の酷い、美容整形手術室内の実態」等をダシに常連出演者等が自論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事