« テレ朝朝番では、常連出演者等が「懸命に命乞い外交を行っている金正恩等」を外交巧者等と日本の公共の電波上で賛美喧伝等していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「危機管理」等とやっていたが・・・。 »

「米朝首脳会談が6月12日に行われる事になった」等と喧伝されているが・・・。

『「行われる{予定}」なのは「米朝首脳{顔合わせ}」で「{会談}とは成り得ない」。

「首脳会談前の事前合意等は未だ、出来ていない」のだから

「実質的には、{顔合わせショー}にしか成り得ない」。

「ショーが大好き」等と

「喧伝されている

米国トランプ大統領」と

「ショーやイメージで時間稼ぎ等を行い続けたい

北朝鮮金政権等」にとっては

「{顔合わせショー}でも行う価値が十分ある・・・」なのかも知れないが

「もちろん、{顔合わせショー}が

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等問題の解決に

大きく役立つ訳も無い」』。

『「しかし、その裏」には

「{顔合わせショー}の為」に

「金正恩等をシンガポールまで引っ張り出せる事の意味が大きい事もある事」等を

「忘れてはいけない」。

「何しろ、大韓航空機を爆破した北朝鮮金政権等」であり

「北朝鮮国内の強硬派や親中派等からも

米国等に媚びている

親中派の叔父張や兄金正男を殺した

在日の母を持つ

若造

金正恩等に対するダメ出し等も出ている」。

「金正恩等の後ろ盾」の

「金英哲の訪米=媚米国対応」等により

「その圧力は益々高まっている」。

「米国にしても、表に出て北朝鮮金政権等との交渉を行っている」のは

「問題解決の為なら何でもアリ・・・等とも言われているCIA」だ。

「金正恩等が無事シンガポールに着けるのか?」等は

「未だ、未知数になる」』。

『「そもそも、散々の極悪事を行い続けて来ているばかりか、

国際的核放棄の合意を一方的に反故にして核等開発~保有まで行っている

北朝鮮金政権等」が

「国際社会の中で普通に扱われる訳も無い」。

「北朝鮮金政権等は、未だに、段階的核放棄とその見返り等を要求している」が

「北朝鮮の核放棄に対する見返り等は既に与え済み!」というのが

「現実」だ。

「核放棄に対する見返り等まで得ながら

一方的に、国際的な核放棄合意を反故にして

核等開発~保有して来ている

現状の北朝鮮金政権等が

更なる見返り等を言う事自体、

途轍も無く異常な事になる」。

「途轍も無く異常な事を平然と言えている北朝鮮金政権等」を

「まるで、普通の国の政権であるかの如く喧伝し続けて来ている

日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」も

「本当にどうかしている」が

「陰険なナチス・ヒトラーの構成員等なら、当然の態度等になる」のだろう』。

『「北朝鮮金政権等が時間稼ぎをしている間、

主として、日韓内等、北朝鮮以外の他国内での

北朝鮮金政権等の命令・指令等による工作活動(非人道的なモノも多い)等も

継続中になる」。

「実際に、筆者の周囲の

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の工作活動等も未だ旺盛」だ。

「もちろん、米国トランプ政権等もこの実態等は重々承知」だから

「米国トランプ政権等が陰険なナチス・ヒトラーによる非人道的な工作活動等を容認しない」なら

「北朝鮮金政権等問題の早期解決を目指している筈」だ。

「非人道的な工作活動等を容認する政権」なら

「米国トランプ政権も陰険なナチス・ヒトラーの一味に他ならず、

近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在となる」が

「その様な実体は米国トランプ政権には無い」と

「強く推定出来る」』。

『「北朝鮮金政権等が{自首}しない限り

北朝鮮金政権等の未来は非常に短いモノになる」。

「北朝鮮金政権等が散々行って来ている極悪事からも、

それは、至極当たり前の事」だ。

「在日の母を持つ独裁政権であるが故に

日本の乗っ取り支配までもが必需となり

その為に

未だに、非人道的な工作活動等を日本国内でも行い続けている」のが

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金正恩政権の実態」だ。

「世界が陰険なナチス・ヒトラーを容認する」なら

「漏れなく人類滅亡が付いている」。

「陰険なナチス・ヒトラーを早々に滅ぼす事」等は

「今の人類の急務」だ』。

『「{自首}していない極悪犯」との

「首脳会談」を

「会談だから平和」等と「喧伝する」のは

「明らかに間違っている」。

「その{時間稼ぎ}の裏」では、

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等による

非人道的な工作活動等が行われ続けているのだから!」

「{自首}せず、逃げ続けよう・・・と画策している極悪犯等が行う事」は

「更なる悪事等」と「決まっている」。

「更なる悪事を容認しない事」こそが

「今の人間世界に強く求められている事に他ならない」。

「{首脳顔合わせショー}」より

「実際の北朝鮮金政権等問題の解決」が

「優先されなければならない」。

「その為の手段は、何でもアリ」も「容認されて然るべき」だ。

「北朝鮮金政権等の実態」は

「非人道的な極悪事を積み重ねて来ている極悪犯なのだから!」

「極悪犯等を利して、

非人道的な工作活動等を継続させる」なら

「人類滅亡の日は直にやって来る事になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「北朝鮮の多くの国民等」も

「金独裁政権から解放される事等を強く望んでいる」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている劣悪独裁政権の排除・撲滅等」は

「人間世界に平和をもたらす入口でもある」。

「其処に居るのは、同じ人間では無い」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている極悪犯」だ。

「{自首}していない極悪犯に笑顔で対応」では

「極悪犯による更なる極悪事もやりたい放題」等となり、

「米国大統領の権威も地に墜ちる」。

「極悪犯を{自首}させてこそ、

{自首}しないなら、逮捕・排除・駆除等させてこそ

極悪犯による更なる極悪事も防げ、

米国大統領としての一流の仕事が出来た事になる」。

「米国トランプ政権の北朝鮮金政権等に対する対応」は

「米国トランプ政権の本質」を

「全世界に露呈させる重大事に他ならない」』。

『「6月12日までに何が起きるのか?」

「6月12日に何が起きるのか?」

「人類の近未来がどうなるのか?に大きく関わる実態」を

「どうなるのか?見てみよう」』。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「米朝首脳{会談}を喧伝したがっている様相」だが

「米朝首脳{顔合わせ}による時間稼ぎの間」にも

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等は

継続~拡大中」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「日本の中の北朝鮮金政権等による工作活動等を

意識的かつ積極的に告発等する事により

工作活動等を行っている者たちが

工作活動等を行い辛くなる状態をつくり出し

多くの日本国民を守る事に繋げるべき」だ。

「多くの日本国民の為になる仕事」より

「北朝鮮金政権等の為になる情報配信等を行い続けて来ている者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮金政権等の問題」は

「核だけでは無い」。

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄させる事抜き」に

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の問題は解決し得ない」。

「北朝鮮の非核化はもちろん、

他の大量破壊兵器・ミサイル・他国内での工作活動等を完全放棄しない限り

散々の極悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等」を

「国際社会が受け入れてはいけない」。

「北朝鮮金政権等が{自首}している」なら

「日本の中の工作活動等も止められていて当然」だが

「未だ、継続~拡大中」だ。

「米国トランプ政権」は

「北朝鮮金政権の詐欺に騙されてはいけない」』。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の臭いも、未だ、濃い

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、常連出演者等が「懸命に命乞い外交を行っている金正恩等」を外交巧者等と日本の公共の電波上で賛美喧伝等していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「危機管理」等とやっていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事