« テレ朝朝番等では、高槻の地震等をダシに反原発等、政治運動を行っていた様相だったので、本当に呆れた・・・。 | トップページ | NHK夜ニュースでは「自民党議員に対する{言葉狩り}をダシにした野党立憲民主党宣伝」や「低レベルの相模原大量殺傷事件の容疑者手記出版問題論」等を公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。 »

「単独では国の存続さえ危うくなっている北朝鮮の命乞い外交」を実質的に、賛美等している常連出演者等が多いが・・・。

『「日韓併合前の韓国」は「単独では国の存続さえ危うくなった」から「日本に助けを求めた」。

「現状の北朝鮮金政権等」は

「単独では国としての存続さえ危うくなっている」ので

「中国習政権に助けを求めている」。

「日韓併合時の韓国の存続問題解決法」は

「日本に吸収合併される道を選択した事」だった。

「現状のまま行く」なら

「北朝鮮金政権等は、中国に吸収合併される道を選択する事」により

「延命を図る可能性大」だ。

「しかし、北朝鮮金政権」とは

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

在日の母を持つ

独裁政権」だ。

「北朝鮮金政権等が存続し続ける為に必要になる事」とは

「積み重ねて来ている散々の極悪事を追及される事を防ぐ為の核等保持」と

「日韓の乗っ取り支配」等になる。

「中国習政権」が

「北朝鮮金政権等の核等保持は容認出来て」も

「少なくとも、最終的には、日韓の乗っ取り支配を容認出来る訳も無い」。

「何故なら、日韓の乗っ取り支配を容認する事」とは

「米国とのガチの対決を意味する事になるから」だ。

「現状の米中貿易戦争状態」が

「意味しているところ」は

「中国習政権」が

「北朝鮮金政権等に乗せられて

日韓の乗っ取り支配まで画策する」なら

「米国は容赦しないという事」でもある。

「北朝鮮金政権等の言う、中国習集権の支配圏は日韓まで・・・という{甘い罠}」に

「中国習政権が乗ってしまうのか?」

「中国習集権は、北朝鮮の言う{甘い罠}には乗らず、米国との実を取るのか?」は

「近々結論が出される事になる」。

「米国と北朝鮮のどちらを取るのか?」の「選択」で

「北朝鮮を選択する程、中国習政権は自虐的では無い」。

「中国習政権が米国を取った時点」で、

「米中貿易戦争状態は終わり、

中国習政権も北朝鮮金政権等に対して北風政策を採る事になる」』。

『「北朝鮮金政権等が生き延びようとする」なら

「北朝鮮金政権等に残されている道」は

「最初から{自首}しか無い」。

「散々の極悪事を積み重ねて来ている時点で

既に大負けしているのが北朝鮮金政権等の実体」だ。

「大負けしている大犯罪集団等が生き延びる為に必要な事」は

「{自首}以外の何モノでも無い」。

「当たり前の事」だ。

「未だに、{命乞い外交}を行っている事」は

「賛美に値しない愚劣極まりない事」だ。

「何故なら、其れは、北朝鮮金政権等にとって更なる自虐にしか成り得ない事だから」だ。

「其れなのに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」は

「日本の公共の電波上」でも

「北朝鮮金政権等の{命乞い自虐外交}等を実質的に、賛美等している」。

「{自首}を薦めるべき立場にある者たち」が

「実質的に、{先の無い逃げ}を賛美等する事」で

「北朝鮮金政権等に更なる自虐行動等を誘っている劣悪な醜態」等が

「其処に露呈している」』。

『「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」が

「日本の公共の電波上等」で

「劣悪な醜態等を露呈する事」の

「実効」は

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、工作員・その協力者等を元気付け、

日本の中のスパイ・工作活動等を未だに、旺盛に行わせ続ける事等への応援等になる」。

「既に負けている北朝鮮金政権等に更なる悪事等を積み重ねさせる事により、

多くの日本国民等に大迷惑や殺傷事態等を無理やりもたらし続けている」と「共」に、

「北朝鮮金政権等の未来をより暗くしているその自虐実態」は

「本当に劣悪で醜悪」だ。

「日本の公共の電波等がこんな劣悪で醜悪な事等の為に使われ続けていて良い訳は無い」』。

『「事の本質さえもが???状態のおバカ」や

「事の本質は解っているのに大いなる自虐事態等を招き続ける事に力を加え続けている悪」等を

「テレビ等常連出演等させる事により、

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番等では、高槻の地震等をダシに反原発等、政治運動を行っていた様相だったので、本当に呆れた・・・。 | トップページ | NHK夜ニュースでは「自民党議員に対する{言葉狩り}をダシにした野党立憲民主党宣伝」や「低レベルの相模原大量殺傷事件の容疑者手記出版問題論」等を公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事