« NHK夜ニュースでは「自民党議員に対する{言葉狩り}をダシにした野党立憲民主党宣伝」や「低レベルの相模原大量殺傷事件の容疑者手記出版問題論」等を公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「反対野党等の為の政治運動等」や「ご都合デマ論」等を公共の電波上で配信していたが・・・。 »

何処の局でも一斉に「言葉狩りの成果の大喧伝状態」だが・・・。

『「大声のヤジでは無い、普通声の個人のつぶやきさえも狩る言葉狩りぶり」は

「ある意味、末期症状」だ。

「更に、それを公共の電波まで使って、大いなる成果の如く大喧伝等している状態」も

「本当に終わっている」。

「どんなに正義ぶって自民党議員等を責めて」も

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「以前とは違う良い状態になっている訳では無い」から

「大いなる支持増大等に繋がる訳も無い」。

「それでも、こんな醜態を曝し続けなければならない裏には何がある?」

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の裏に居るかも知れない

反日他国の権力者等の命令・指令等だったりして・・・」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数」は

「決して、少なく無い筈」だ。

「日本の野党や日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「現与党より高い支持を得たいなら、

現与党より良い、実現可能な、政治・政策等を

分り易く提示等し、

訴え続けたりすれば良いダケ」だ。

「例えば、日本の中の北朝鮮等の工作員等を徹底摘発する事等により、

日本国・多くの日本国民により高い安全と安心等をもたらす

法・体制等整備~実用等」を

「提示し、訴え続けるなら、相応に支持増大等が見込めると思う」。

「その逆」に

「北朝鮮等の工作員等の便宜を図る方向の事等を行い続けている」なら

「多くの日本国民からの支持がその実態が明らかになる度にどんどん離れて行く」のは

「極めて、当然の現象になる」。

「当たり前の正道の上を歩めず」に、

「自民ダメ!等の与党側を貶めるネガティブキャンペーン等を行い続けているところ」に

「明らかな異常性等を感じている人々も数多い筈」だ』。

『「そんな実質的に、日本にとって、劣悪な事を行い続けて来ている常連出演者等」が

「国会議員等の資質が無い」等と

「公共の電波上で偉ぶっている姿を露呈している事」は

「目糞鼻糞嗤うの世界」で

「実質的、醜態以外の何モノでも無い」。

「テレビを付けているダケで、そんな情報」が

「知らず知らずの内に頭の中に入れられてしまう状態」は

「まるで、受動喫煙の様」だ。

「テレビ常連出演者としての資質が???の者たち」は

「早々に退場させられるべき」だが

「政権が変わろうが、以前と同様の顔・同様の論ばかりが主流」というのが

「選挙も無い!から人脈交代も無い!!

戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界の実態」だ。

「ある意味では、政治家より公共性が高い場合も少なからずある仕事」の

「重要な立場で実質的には、大きな実権等まで保有出来ている者たち等」が

「同じまま・・・」という「異常事態」の

「改善」が

「急務である事」等は

「言うまでも無い事」になる』。

『「該当やじ、ならぬ、つぶやき」で

「他人の話しを遮らなければ自分の意見も通せない旨」等

「言う事で、該当自民党議員等を実質的に貶めていた常連出演者等も居た」が

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の実状」とは

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等で

特定極一部の者たちを大実権者や常連・常筆等として重用する事により

流す情報を限定させなければ

多くの人々に相手にされない内実の情報配信がテンコ盛り状態」だ。

「公共の電波や公共的マスコミ等の圧倒的に優位な立場から配信する情報」を

「実質的に、特定化・限定化等する事」とは

「他人の話しを遮る事より遥かに酷い行為に他ならない」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等を悪用したファシズム化」とは

「ナチス・ヒトラーが行った事と同じ」で

「先の大戦後の世界なら、何処の国でも絶対に避けるべき事に他ならない」。

「戦後の極東地域で、

未だに、

ナチス・ヒトラー同様の手段を使い続けたがっている」のは

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等くらい」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界や学校教育界等々」に

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等と同様の臭いが

濃厚に漂い続けて来ている」のは

「単なる偶然では無い」。

「例えば、

戦後の日本の中には、多くの朝鮮系の者たちも居る事」や

「戦後の日本に居る朝鮮系の者たちが

朝鮮半島南北分断後には北系と南系に分れ北朝鮮系の者たちも少なからず居る事」や

「旧社会党等と北朝鮮労働党等とがオトモダチ」や

「戦後日本の情報・教育界等には

北朝鮮金政権等の命令・指令故か(?)朝鮮系の者たちが多い事」等は

「既に、多くの日本国民が知っている事」だろう。

「政界には選挙がある」から

「もはや、北朝鮮系の者たちの実権は、

北朝鮮金政権自体の酷さ故、

当然の如く、

減少している」。

「ところが、情報・教育界には選挙も無い」。

「ネット普及以降」は

「実質的、民意圧力等により、いくらかは是正傾向も出て来ている様相」だが

「未だ、是正状態は、不十分過ぎる域を脱していない」。

「例えば、実際」に、

「今回の{言葉狩り}の大喧伝」の様に、

「何処の局でも、同様の顔・同様の論ばかりが主流」という

「異常状態も、旧態依然としたまま・・・」だ。

「社会問題や事件・事故等の本質探究等々」にしても

「起用されている常連出演者や常連解説者・コメンテーター等のレベル」が

「起用側のご都合レベル」だからか、

「何処の局等でも同じ、実質的には、劣悪レベルな場合が多い」。

「その結果、

実体としては、

同様の新たな事件・事故等が繰り返し起こされ続けている一つの要因にも

なってしまっている」。

「殺人ドラマ等を見た人々は、知らず知らずの内に、殺人事件を覚える」。

「殺人の仕方を覚え、殺人する悪人の態度を覚え、逮捕される事や、逃げ口上等まで覚える」。

「もちろん、だからと言って、実際に殺人まで行ってしまう人々は極稀」だが

「実際の殺人事件の多くが、ドラマ同様の手段で繰り返されている事もまた事実」だ。

「殺人欲動を殺すドラマが出来ない」のは

「作家・脚本家・テレビドラマ等製作者の力量不足故か?人脈問題故か?」

「殺人やいじめ等を覚えさせるドラマの悪の実効による害」は

「非常に大きい」。

「同様に、殺人欲動を殺すドラマによる善の実効も非常に大きなモノになる」。

「もはや、

実質的、政治運動や

旧態依然とした事件・事故・社会問題等の解説???や

殺人ドラマ等々を行い続けているのが良い時代では無いのだが」。

「それは、物質文明製品の急速な進歩・進化と

精神文化側の異常な進歩・進化不足の

酷いアンバランスがもたらす人類の危機等からも

明らかな事」だ。

「実効のある改善が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« NHK夜ニュースでは「自民党議員に対する{言葉狩り}をダシにした野党立憲民主党宣伝」や「低レベルの相模原大量殺傷事件の容疑者手記出版問題論」等を公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは「反対野党等の為の政治運動等」や「ご都合デマ論」等を公共の電波上で配信していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事