« テレ朝昼番等では、常連出演者等が、米朝首脳会談を受けて「北朝鮮の勝ち!」等と大喜びの様相だったらしいが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「北朝鮮労働新聞で森友・加計問題が書かれている事」や「日朝首脳会談」等を喧伝していたが・・・。 »

テレ朝朝番では、「在日の母を持つ北朝鮮金独裁政権等の悲願、在韓・在日米軍の撤退」等を大喧伝していたが・・・。

『「北朝鮮の問題の本質」は「政権の精神文化の問題」だ。「具体的には、独裁であり、スパイ・工作活動を重用している事等」が

「重大問題の本質に他ならない」。

「北朝鮮の時代遅れの核・ミサイル等の軍備」は

「実用するなら、アッと言う間に北朝鮮が負けるモノに他ならず、

脅威では無く、迷惑であり、

スパイ・工作活動等の仮面に他ならない」。

「北朝鮮金政権が核等を放棄したところで

北朝鮮金政権問題の本質は解決出来ていない」。

「この現実に在る重大事を無い事にする」と

「軍備ダケを偏重した、

スパイ・工作活動等や

独裁支配等の重大問題を黙殺・容認等せしめる

北朝鮮金政権等ご用達論等が出来上がる」。

「そんなモノを日本の公共の電波上で大喧伝等する」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等」と

「相場は決まっている」』。

『「朝鮮戦争が終われば、在韓・在日米軍は要らない???」

「北朝鮮金政権が独裁のまま、

中国共産党政権が独裁のまま、で

在韓・在日米軍抜きは在り得ない」。

「米国トランプ大統領だったら、経済を理由に撤退させるかも!」という

「北朝鮮金政権等ご用達論」は

「米国トランプ大統領が現実主義者である事を抜きにしている虚論になる」。

「米国トランプ大統領が在韓・在日米軍の撤退にGOを出す為」の

「必要条件」は

「独裁政権の民主化」だ。

「中国・北朝鮮が民主化するまで」は、

「更なる、費用負担を日・韓に求める事はあっても、

撤退させる事は無い」。

「当たり前の話し」だ』。

『「この当たり前の話し」を

「日・韓の民意や政権等を

日・韓内の工作活動等により

北朝鮮金政権等にとって都合の良いモノに変えさせる事」等により

「排除」せしめ、

「在日の母を持つ北朝鮮金独裁政権等の悲願」である

「日韓の乗っ取り支配」を

「何としても、実現させよう・・・としている」のが

「北朝鮮金独裁政権の実質的、手下等」だ。

「在日・在韓米軍を撤退させる事に成功する」なら

「北朝鮮金独裁政権等による日・韓内の工作活動等は

非常に行い易い状態になる」。

「例え、核・ミサイル等を放棄しても、

在日・在韓米軍が居なくなるなら、

日・韓内で、かなり酷いスパイ・工作活動等を行い続けたとしても、

報復攻撃等により北朝鮮金独裁政権等が一気に困窮状態に追いやられる心配も

非常に少なくする事等が出来てしまう」。

「日本の自衛隊と韓国軍ダケの中なら、

北朝鮮金独裁政権の手下等を送り込む事も容易で

既に、相応に送り込めているから」だ。

「自衛隊内や韓国軍内の実状」も

「日・韓の政界やテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々と同様になってしまっている」』。

『「排除すべき」は

「独裁支配体制」だ。

「独裁支配体制排除前の在日・在韓米軍の撤退はあり得ない」。

「在日・在韓米軍の実質軍備の縮小・維持・増大」と

「人員削減や基地規模等の縮小」は「全く違う」から

「武器等の進歩・進化に合わせて

人員削減や基地規模等を縮小させながら、

実質軍備を維持~増大させる事等は

大いにあり得る」。

「何れにしても、独裁支配体制が排除されない間」は

「民主主義圏を守る為に、在日・在韓米軍が必需になる」。

「この当たり前の事を言わない

独裁支配体制側等ご用達論」が

「日本の公共の電波上で大喧伝等され続ける事等」の

「実害等について、

多くの視聴者等も考えるべき」だ』。

『「米国の核等が脅威にならない」のは

「米国が民主主義国だからに他ならない」。

「北朝鮮金政権の核・ミサイル等が大問題となっている」のは

「北朝鮮金政権が散々の極悪事を行い続けて来ている独裁政権だから」だ。

「この根本」は

「決して忘れてはいけない前情報」等として

「常に、配信され続けるべき」だ。

「この根本の重要情報等を抜き」にした

「情報配信等」により

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、工作員等を

元気付け続けて来ている」のが

「日本のテレビ・ラジオ界等の

北朝鮮金政権等の実質的、手下等の実態」だ。

「実際の手下等では無い」のなら

「直ちに是正するのが当たり前の実態」が

「其処に露呈し続けている」』。

『「独裁支配者等にとっての友好関係」とは

「対象者が独裁支配下に入る事」だ。

「独裁支配者等との友好関係を言う者たちの実体」は

「独裁支配下に在る者」に他ならない。

「普通の健常な人間」なら、

「独裁者側に対し」、

「独裁支配をやめなさい、

独裁支配を続けている限り、私はあなたと友人等にはなれないのだから!」等と

「是正等を促す」のが

「当たり前」になる』。

『「健常な人間の基本中の基本」は

「自己健常支配の継続」だ。

「自己健常支配の継続により

本来の支配欲を充足し続けられている」なら

「他の者・物・事等を支配しようとしたり、

他の者・物・事等の被支配下に自分を置こうとしたり

する

支配欲の代償欲求が過剰に生まれる訳も無い」。

「古の人類」は

「生体維持に必要なモノも乏しく、

自分の実体さえも???状態だった」から

「代償欲求の過剰増大を防ぐ事も出来ず、

独裁や生贄等の酷い精神文化さえも流行らせざるを得なかった」が

「21世紀の今日、

未だに、独裁等」では、

「大迷惑」で、

「時代遅れもいい加減にしろ!」の

「世界」だ。

「即刻にでも是正すべき、させるべき、実体は独裁」になる』。

『「在日の母を持つ朝鮮の独裁政権にとって必要な事」は

「北朝鮮・北朝鮮国民と韓国・韓国国民と日本国・日本国民の支配」だが

「金正恩等が独裁を止め民主化する」なら

「北朝鮮・北朝鮮国民や韓国・韓国国民はもちろん、

日本国・日本国民の支配も必要無くなる」。

「そうなった後」なら

「友好関係を築く事も非常に容易になる」。

「逆に、在日の母を持つ独裁政権である内」は

「北朝鮮との友好関係を築く事は非常に困難」なのが

「現実」だ。

「当たり前の事」だ』。

『「当たり前の事を無い事にした情報配信等」は

「何時も、オカシイ」。

「オカシナ情報配信」で

「視聴者等の頭の中をオカシク染め上げようとしている」なら

「非常に酷い事をやっている事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝昼番等では、常連出演者等が、米朝首脳会談を受けて「北朝鮮の勝ち!」等と大喜びの様相だったらしいが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では「北朝鮮労働新聞で森友・加計問題が書かれている事」や「日朝首脳会談」等を喧伝していたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事