« サンデーモーニングでは「危機管理」等とやっていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、行われる事になった米朝首脳会談を受けて、常連出演者等が「朝鮮戦争の終戦や在韓・在日米軍の撤退」等を期待していた様相だったが・・・。 »

米国トランプ大統領の発言等を受けて日本の中の北朝鮮金政権の実質的、手下等は{元気}になっている様相だが・・・。

『「北朝鮮金英哲等の訪米国トランプ政権」で「はっきりした事」は

「極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている極悪犯状態の北朝鮮金政権等」に

「{自首}の意思も無く、永遠に逃げ続けようとしている事」等だった。

「もはや、言葉で伝えても無駄である事を悟らざるを得なくなった米国トランプ政権」は

「言葉以外の手段による北朝鮮金政権等問題の解決に舵を切った」から

「トランプ大統領」は、

「金正恩からの親書も見ない内」に

「6月12日の米朝首脳会談を公表」し

「最大限の圧力という{言葉}は使いたくない」旨も

「公言」した。

「北朝鮮金政権等」は

「米国トランプ政権の上辺の言葉等に喜んでいる場合では無い」のに

「未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等は、

トランプ大統領の言葉等を受けて、大喜び状態」等なのだから

「本当に呆れる」』。

『「米国が極悪犯状態のままの北朝鮮金政権等に経済支援等する事はあり得ない」が

「経済支援等の臭いを出さなければ、現状の北朝鮮金政権等は

とりあえずの納得もしない」。

「其処で、日韓等近い国々をダシに経済支援等を言った」のが

「米国トランプ大統領による

日韓等との合意無きままの北朝鮮経済支援発言等の実体」だ。

「もちろん、そんな{絵に描いた餅}を北朝鮮金政権等が食べられる訳も無い」。

「{自首}無き北朝鮮金政権等に待っている近未来」は

「滅亡等になる」』。

『「{自首}していない北朝鮮金政権等との首脳会談等」は

「何度行っても無駄になる」。

「当たり前の事」だ。

「米国トランプ大統領による

米朝首脳会談は一回では無く、

何回も行う旨の発言の実体」は

「リップサービス」に他ならず、

「その内実」は、

「北朝鮮金政権よ!早々に、{自首}しなさい!」に他ならない。

「北朝鮮金政権やその手下等」は

「米国トランプ大統領等の発言等を受けて

糠喜び等している場合では無く

直にでも{自首}に舵を切るべきだが!」』

『「上記の様な実体」は、

「上辺では無く、内{実}等を冷静に考えるなら

世界中の何処の誰にでも分る」。

「それでも、

往生際の悪い極悪犯状態の北朝鮮金政権等」は

「{自首}しないまま、逃げ続けようとする可能性が

未だ、大きい」。

「対話しても無駄な相手と話す暇があるなら、

対話以外の手段を早々に実行する」のが

「正当な対処法になる」のが

「現実なのに!」

「北朝鮮金政権等は早々に{自首}するべき」だ』。

『「6月12日の米朝首脳{顔合わせ}ショー」は

「行われる」だろうが

「北朝鮮金政権等による{自首}無き場合、

その直後から事態は急速に動き始める事になる」。

「何故なら、最後のチャンスを与えたのに{自首}しない極悪犯の実態」が

「全世界に露わになるから」だ。

「{自首}しない極悪犯との会談等は何度行っても無駄である事」は

「既に、明らか」だから

「最後のチャンス以降に待っている」のは

「対話以外の手段による北朝鮮金政権等問題の解決になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「今は、極悪犯に対する最後のチャンスの直前」だから

「米国トランプ政権」は

「未だ、極悪犯状態である北朝鮮金政権に対し、

あり得ない程、優しい対応を採っている」。

「しかし、

北朝鮮金政権等が{自首}出来る最後のチャンス」は

「最後のチャンス以外の何モノでもあり得ない」。

「北朝鮮金政権等はこの現実を真摯に受け止め、

早々に{自首}するべき」だ。

「日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等」も

「トランプ大統領の発言の上辺で喜んでいる場合では無い筈だが!」』

『「そもそも、

極悪犯状態の小国北朝鮮の金政権等」が

「大国米国のトランプ政権」と

「対等交渉等出来ると勘違いし続けられている事自体異常」だ。

「北朝鮮金政権等による{核放棄します詐欺}が通用した」のは

「米国が北朝鮮を余りに小さな駆け出し国であるが故に

過剰に甘やかしたから故の負の現象に過ぎ無い」。

「北朝鮮側の詐欺が巧みだったから通用したのでは無く、

米国側が駆け出し小国に対して過剰に甘やかしたから通用した」のが

「今までの北朝鮮金政権等による{核放棄します詐欺}の実体」だ。

「もちろん、言うまでも無く、三度目の{核放棄します詐欺}は通用しない」。

「人権面からも

極悪犯状態の金政権等から北朝鮮等を解放する事」は

「今の人類の責務」だ。

「北朝鮮金政権等が{自首}しないなら

北朝鮮金政権等に長い未来は許されていない」。

「当たり前の事」だ』。

『「未だに、陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の一味として

実質的、悪事等を行い続けている者たち等」も

「早々に改心し、態度等を是正するべき」だ。

「事が起きた後の是正では、

{自首}しない北朝鮮金政権同様、

与えられる事になる罪と罰から逃れられる訳も無い」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「危機管理」等とやっていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、行われる事になった米朝首脳会談を受けて、常連出演者等が「朝鮮戦争の終戦や在韓・在日米軍の撤退」等を期待していた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事