« オウム松本元死刑囚の神格化を喧伝し、人の誕生・死は細胞ごとの実現象を言わない、時代遅れ番組問題・・・。 | トップページ | もはや、悪役はテレビ等の様相だが・・・。 »

「熱波は中国大陸から、大豪雨災害の元も地球温暖化」なのに反原発や中国経済頼り・・・では・・・。

『「地球温暖化による害」は「引っ越せば避けられるモノでは無い」。

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事」により

「人類の精神文化製品」である

「人間社会・経済システム等をより実体や事実・現実との整合性が高い高性能のモノに

進歩・進化させない限り、

地球温暖化も、格差問題等も解消し得ない」。

「現状の人間社会・経済システム等を絶対視して頼り、

その上での利権集め等々に邁進し続けている者たち」の

「罪」は

「本当に、大きい」。

「その様な状態を公然化したり、煽ったり、する、情報配信等を行い続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ・映画・小説・アニメ・音楽・絵画等々」も

「本当に、酷い」。

「現状のまま」なら

「地球温暖化や現状人間社会・経済システム等故の実害」が

「時と共に、倍々ゲーム状態で高まり、

早々に、{終わりの日}を迎える事になる」。

「現状の多くの人々の精神構造や

人間社会・経済システム等々をそのまま」に

「例えば、堤防等を高くしたり、耐震性等を上げたり、するダケ」では

「人類に長い先はあり得ない」。

「多くの人間」は

「早く、この重大な現実に気づくべき」だ』。

『「ある人類個体(人類誰もの狭義の自分)がある場所で産まれた事」とは

「その人類個体の初動エネルギーが其処からスタートした事に他ならない」。

「その後、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら成長して行く人類個体」は

「その都度、

その場所を含む環境での自己確認を行い、

自己承認欲求の本来欲求を充足すべく、

自分個体自体を環境適合させながら成長させて行く」。

「ところが、現状の人間社会・経済システム」は

「その様な人類誰もの自分の実体との整合性等を取ってつくられていない」。

「丸ごと一人の死生観・人生観等」の「地動説レベルの考え・思い」や

「他の者・物・事との比べっこ支配権/被支配権争い」という「乳幼レベルの精神構造」を

「基」に

「ある意味では、非常に短絡的な考え・思いを偏重」し

「人類誰もの自分の実体との整合性が悪い自虐的な人間社会・経済システム等」を

「つくり出し、

多くの人間を其れに依存させる事」で

「ある意味では、無理やり、維持し続けている

本質的には、超自虐的な状態」だ。

「超自虐状態の人間社会・経済システム等」という

「実質的、人類自滅器」を

「多くの人間たちが、一生懸命動かす」なら

「人類滅亡の時が急速に迫って来る」のは

「当然の現象」になる。

「現状人間社会・経済システム等の終わり」か

「人類滅亡」の

「選択」で

「人類滅亡を選ぶ」のは

「劣(おバカ)か悪(自虐者)になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「多くの人間」は

「上辺ではどうでも、本質では、現状人間社会・経済システムの終わりを選択する」。

「結果、現状人間社会・経済システムの終わりの日」が

「近々、やって来る事になる」。

「ここで、問題になる」のが

「現状人間社会・経済システムを終わらせた後、どうするのか?」だ。

「代わりが無い」では「お話しにならない」から

「現状人間社会・経済システムの代わりになる、

より高性能な精神文化製品を製造して置く必要がある」。

「そして、その実態情報等を十二分に配信して置く事」こそが

「多くの人間が実用している

人間社会・経済システムという大きな精神文化製品」の

「代変わり時」の

「軟着陸」に

「必要な事になる」』。

『「地球温暖化による悪影響が濃い、数多くの自然災害」や

「現状人間社会・経済システム等による悪影響が濃い、数多くの事件・事故等の人災」は

「人類に対する大きな警鐘」だ。

「大きな警鐘が成り続けている」のに

「現状利権等に溺れ、実質的、現実逃避や自慰等に邁進し続けている、

現状で相応に実権のある立場を持つ者たち等」の

「罪」は

「途轍もなく深い」。

「人類にとって、必要な仕事が出来ない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「未だ、

個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化に必要な

情報配信や教育等さえ満足に出来ていない

テレビ・ラジオ・マスコミ等や映画・アニメ・小説・音楽・絵画等々や

学校教育等を

平然と行い続けている者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」ばかりか、

「より酷い事等が訪れ易くなるダケ」だ』。

『「例えば、テレビ界」でも

「要でも無い者たちを常連出演等させ続け、過分な報酬や有名人利権等を与え続けていても、

ロクな事は何も無い」。

「公共の電波を使っている」のだから

「事件・事故等は実体や事実・現実に基づいた原寸大報道情報等を

十分に配信する」と「共」に

「原寸大報道情報に対する解釈」は

「視聴者等が自ら健常・正常に(つまり、自虐的にならない様に)行える様」に、

「視聴者等の精神構造の健常進歩・正常進化に必要な情報配信を付けたせば良い」。

「要でも無い者たちの同様な論ばかりを主流にして一方的に大量配信等する事」により

「多くの視聴者等を実質的にマインドコントロールしている状態の現状」は

「明らかに酷過ぎる」。

「酷い仕事???を行って来ている者たち等に相応しい」のは

「罪や罰等であり、断じて、過分な立場・報酬・権力等では無い」』。

『「公共の電波上」で、

「日本の大災害・大被害等を、実質的に、喜々として、情報配信等していたり、

日本の大災害・大被害等をダシに、平然と、優等生ぶり、正義ぶっている

常連出演者等」は

「明らかに、酷い」。

「要でも無い、言葉やコメント等など無し」に

「実体や事実・現実情報が原寸大に配信されている」なら

「多くの視聴者等の中」で

「何が出来るのか?何が必要なのか?等々」の

「感や考え・思い等」が

「自然に、沸々と湧き上がって来る筈」だ。

「其処に、

現状で行われている事や

ボランティアの参加の仕方や必要能力・資質等々や

義援金等の送り方・送り先等々」の

「情報」が

「局等の垣根を超えて実体や事実・現実通りに原寸大で付く」なら

「多くの視聴者等がその人が出来る行動等を起こし易くなる」』。

『「常連出演者等」は

「マインドフルネス」や「瞑想」等々の「前」に

「自らが行っている事の健常化・正常化等を行うべき」だ。

「マインドフルネス」や「瞑想」等は

「心ならずも、不測の事態に巻き込まれてしまった時等の対処法」としては

「適切な一手となる場合が多いかも知れない」が、

「元々、不健常・不正常な事を行い続けている者たち等」が

「自己正当化等する為の道具として使われても、その実効が虚しく思えるダケ」だ。

「最初から、

自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

仕事等を行おうとしている」なら

「自己健常制御が当たり前」で

「他の者・物・事に対する支配欲も

他の者・物・事による被支配欲」等々も

「過剰には生じない」から

「不測の事態等に陥らなければ、

マインドフルネスや瞑想等の特に行う自己制御法等を行わなくても、

全然問題の無い状態が続き易くなるモノ」だが』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« オウム松本元死刑囚の神格化を喧伝し、人の誕生・死は細胞ごとの実現象を言わない、時代遅れ番組問題・・・。 | トップページ | もはや、悪役はテレビ等の様相だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事