« オウム死刑囚死刑執行で大慌ての様相のテレビ番組が多いが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「公共の電波を使った{政治運動}等の後で、{ご都合日本人論}」等を常連出演者等がばら撒いていたが・・・。 »

過去同様の劣悪オウム問題情報配信を続けている進歩・進化大不足のテレビ・マスコミ等問題・・・。

『「オウム地下鉄サリン事件等が発覚してから、既に、20年以上も経っている」のに「未だに、

正義ぶり、優等生ぶり、カルト宗教対策等を何とかしなければいけませんねぇ・・・の旨等々」では

「本当に呆れるばかり・・・」だ。

「カルト宗教等にまで依存する者たちを生み出している」のは

「未だ、巷に溢れている、比べっこ主義の擦り込み情報」であり

「汝、考えるな!先生や教科書や参考書等々の言葉等を覚えよ!状態の学校教育」等に他ならない。

「精神構造・精神文化面でも、既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を基」に

「実体や本質を探究する教育」や

「本質・快適探究主義の情報」等が

「十分に在る状態」なら

「カルト宗教等に限らず、悪戯な比べっこ主義による支配権・被支配権争い等基づいた

自虐的な思考等に翻弄されて操られてしまう人々の数」は

「激減しているのに!」

「その重大な実務」を

「怠って来ているばかりか、

旧来からの比べっこ主義や上辺記憶主義等に基づいた

劣悪レベルの情報・教育を行い続けて来ている者たち」の

「責任は、非常に大きい」。

「公共の電波を使えたり、公共的マスコミ上で大量配信等出来たりする、高い立場」や

「それに伴う高報酬や実権等」などは

「絶対に相応しく無い実態が其処に在る」が

「政界とは違い、選挙も無い情報・教育界」では

「旧来からの既得権益の維持~増大に努める内部営業等が得意な者たち等」が

「重用されつっ付けて来ている」様相で

「十分な改善の兆しさえ、未だ、見えて来ていない状態」だ。

「その様な劣悪過ぎる情報・教育界等」は「どうすれば、改善されるのか?!!」』

『「例えば、学校教育」で

「現状で既に科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

人類誰もの自分の実体把握等の教育」が

「行われている」なら

「丸ごと一人ダケの死生観・人生観等に基づいた古からの宗教等」は

「実体通りに歴史文化遺産等として捉えられる人々が大多数になっている筈」だ。

「旧来からの宗教等は、歴史文化遺産等として維持・保護等する価値があると

多くの人々が思えるモノなら、歴史文化遺産等として保護すれば良い」し

「旧来からの宗教を利用した新興宗教等」は

「その実体把握に基づいた実体通りの理解・把握が必然になる」。

「例えば、オウムの様に、仏教やヨガをダシ」に

「信者支配等」をしたり

「信者等からの集金」をしたり

「集めた金を基に、武器や大量破壊科学兵器等を生産し、使用したり」した

「上辺は宗教法人だったモノ」の

「実体」は

「宗教やヨガを悪用した実質的。国家転覆等を目的とした工作組織に他ならない事になる」。

「オウム程過激では無いにしても、同様に

宗教等を悪用した実質的、国家転覆等を目的とした工作組織等」は

「他に無いのか?」や

「宗教等を悪用した実質的、国家転覆組織等の裏には何がある?」等の

「実態把握等も極めて重要になる」。

「反日スパイ・工作活動国家等」の

「出先暴力装置」等として

「つくり出されている可能性も極めて大になるから」だ。

「その辺りの基本的な実態把握が出来ている」なら

「例えば、オウムの松本死刑囚が何故?尊師が殺せ!と言ったら殺す事が救済になる」等の

「普通に考えるなら、現実離れしている事等」を

「平然と信者に擦り込み続けて来たのか?」も

「相応に理解・把握出来る事になる」。

「宗教ダケ」なら

「殺傷は不要な場合がほとんど」だが

「反日工作組織」なら

「日本国民殺傷や日本国家転覆等は本来の役割になる」。

「オウムは、宗教団体では無く、工作組織だから、公安の監察も必要になっている」のが

「実態」で

「公安の監察が付いている」から

「オウムの流れの宗教団体等は、現状では、現状では、大きな事は行い辛い」。

「ここで、多くの日本国民が気づくべきところ」は

「日本国内の反日他国の工作組織はオウムの流れダケか?」になる。

「今更、言うまでも無く、オウムは氷山の一角」で

「しかも、大雑把に判り易い酷い事を行った一組織に他ならない」。

「多くの他の工作組織等」は

「戦後日本の現行法・現行の摘発体制等では摘発困難な手法」を

「主として使う、日本国民粛清工作や日本国家転覆工作等々」を

「連綿と行い続けて来ている」。

「戦後日本社会」が

「何処と無く、スッキリしていない大きな元凶」は

「其処に在る」。

「昨今、日本社会の至る所に仕込まれてしまっている、

工作電磁波発生ソフト・装置から出ている工作電磁波」を

「工作員等が誘導電磁波等を使って、執拗にターゲットに当て続けている

電磁波工作」の

「実害」は

「多くの飲食物工作同様」に

「不快感・イライラ・心不全・内臓不全・ガン・脳卒中等々を誘っている」が

「そんなモノが巷に溢れていれば、スッキリしない」のは

「極めて当たり前の事」になる。

「因みに、筆者の実体験」でも、

「渡米した時には、日本とは違う明らかなスッキリ感が在った」。

「社会面では、

銃問題や移民問題や多大な格差問題等々、

日本より遥かに怖い面も多々あるのに!」だ。

「電磁波工作と飲食物工作等々不健常な工作」の

「在る世界」と

「無い世界」では

「明らかに、スッキリ感が違う」。

「筆者の場合」も

「現状では、自主防衛しか無い」から

「金も手間も時間もかけて、工作電磁波対策を行い続け、

飲食物工作には常に気を付けている状態」だが

「対策無しの時より遥かに健康状態が良くなっている」。

「本来なら、社会的合意を基に、日本国内の不健常な工作活動等を徹底撲滅する、させる」のが

「当然の道」だが

「その当然の道に、善悪をごちゃ混ぜにした似非差別や似非人権等々と盾に抗う

工作員等の手助けをしている政治家・政党・学者・論客等々まで少なからずいる」のが

「戦後日本の異常な実態」だ。

「戦後日本の工作活動汚染」は

「何時、取り除かれるのか?」

「北朝鮮金政権問題等が片付く」なら

「その多くが取り除かれそう・・・」等と

「感じたり、思ったりしている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「自分の実体やその実体の根本的な目的さえも???状態」では

「落ち着ける訳も無く、自虐行動等を避け続ける事等が出来る訳も無い」。

「人は、実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置けた時、初めて、落ち着く事が出来る」。

「本質的自虐行動等を行わない、本質的に悪い事を行わない事を実現し続ける事」により

「人間は、自己承認欲求の本来欲求を充足させる事が出来る」。

「人間の誕生・死も細胞ごとの実現象であり、

今生きている人間なら、

何処の誰でも、

今、この瞬間にも、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら存続している」のが

「既に、科学レベルで判明している現実」だ。

「死の実体験は、誰もが、今、この瞬間にも行っている」のだから

「死を恐れる必要は全く無い」。

「死が細胞レベルの実体験現象である事等を理解・把握出来ていなかった

古の時代の人々」が

「死が怖かった」のは

「死の実体を理解・把握出来ていなかったから」に

「他ならない」。

「死が細胞レベルの実現象である事を十分に理解・把握出来ている」なら

「死自体を恐れる事も無くなる、代わりに、どう生きるか?が激烈に問題に成って来る」。

「人の意識」は

「丸ごと一人で考え・思いたがる」。

「何故か?」

「狭義の自分一個体を健常に支配し続ける為には、その方が好都合だから」だ。

「どう生きるか?」の「答え」は「其処に在る」。

「自己健常支配の継続」だ。

「自己健常支配を継続する」なら

「支配欲の本来欲求が充足され続けるダケでは無く、

自己承認欲求を充足する事も容易になる」。

「自己承認欲求を充足させ続ける為」には

「本質的に悪い事を行わない事が必要になる」。

「自己健常支配中なら、本質的に悪い事は行い辛い」から

「その面でも、合理的になる」。

「他の者・物・事に対する支配欲・他の者・物・事による被支配欲」とは

「自己健常支配欲の代償欲求に過ぎ無い」。

「代償欲求には充足が在り得ない」。

「自分本来の欲求では無いから」だ。

「どんなに他の者・物・事を支配して」も

「どんなに、大いに頼れそうな者・物・事に自分を支配させて」も

「自己健常支配欲は充足されず、

その代償欲求が充足されないまま、

代償欲求追及欲求が次々を起こって来る」。

「どんなに金や権力等を持っても、本当の満足はあり得ない」。

「どんなに金や権力等を持っている者に依存出来ていても、本当の満足はあり得ない」。

「自己健常支配の継続を過剰に怠り続けている」という

「本質的に悪い事」が

「自己承認欲求を充足させる事を困難にしたりするダケ」だ。

「代償欲求の追及」は

「免疫を養う程度に、遊び程度」が

「健常範囲になる」。

「政治でも宗教でも独裁傾向の強いモノ程、実際は、構築度が低い、劣悪な状態のモノ」だ。

「多くの人間の自己健常支配の継続が容易になる政治・社会・経済システム等」が

「性能の良い精神文化製品になる」。

「現状の政治・社会・経済システム等の精神文化製品」は

「余りにも、出来が悪い」のだから

「性能の良い精神文化製品をつくり出す事」は

「多くの人間にとって、非常にやる価値がある重要な仕事になる」。

「個々の人間の精神構造を健常進歩・正常進化させる事に役立つ

テレビ番組・映画・アニメ・小説・漫画・音楽・絵画等々」が

「大流行する事により、

多くの人々の精神構造が健常進歩・正常進化した」なら

「大枠の精神物価製品である政治・社会・経済システム等の性能アップもより容易になる」。

「この重大な実務」を

「意識的、かつ、積極的に行う事」は

「地球環境問題の解決にも直結している」。

「逆に、それを怠る」なら

「人類滅亡の時が急速に迫って来る事になる」。

「もう、今時は、

人類成人が、

カルト宗教や独裁政治等々に、

現実逃避している時代では無い」。

「意識的かつ、積極的」に

「物質文明面だけでは無く、精神文化面でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して

多くの精神文化製品の性能を向上させるべき時代」だ』。

『「時代が要求している仕事が出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「以前同様の論調しか言えない・書けない者たち等」を

「常連出演・常筆等させ続けていてもロクな事は何も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

« オウム死刑囚死刑執行で大慌ての様相のテレビ番組が多いが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「公共の電波を使った{政治運動}等の後で、{ご都合日本人論}」等を常連出演者等がばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事