« 「東かfら西への台風」でも相変わらずの娯楽???劣悪情報配信等を続けている番組が多いが・・・。 | トップページ | 米朝会談で核放棄合意でも、相変わらず筆者の周囲の工作等は旺盛なまま・・・。 »

サンデーモーニングでは「プラスチックごみ問題」や「死刑制度問題」等々をダシに常連出演者等が反日&反現政権政治運動等を公共の電波上で行っていた様相だったので本当に呆れた・・・。

『「止めるべきは火力発電」だが「簡単には止められないごみ焼却を利用した発電」は「ある種のリサイクルになっている」。

「CO2の問題を言う」なら「原発積極使用であって然るべき」なのに

「原発はダメ論」を

「付けていた」のだから

「常連出演者等の論を総じる」と

「今の日本でやっている事はダメ!論」となり

「その実体」は

「反現政権論・反日論等になる」。

「死刑制度論」や

「一議員のLGBT論」等を

「ダシにした論」等の「実体」も

「同様」の「反現政権論・反日論等になる」。

「そして、現政権与党である自民党の総裁選」にも「言及」し

「実質的に応援していた」のが

「小沢氏と行動を共にし、自民党を離党した事もある石破氏だった」のだから

「テレビ情報による視聴者{マインドコントロール}で

どの様な感や考え・思い等」を

「多くの視聴者に抱かせようとしていたのか?」等は

「もはや、明らか」だ。

「公共の電波を正当に使用している」等とは「言い難い実態」が

「其処に露呈している」』。

『「日本の死刑制度の裏」には

「異常な戦後処理の問題」や

「日本の工作活動対策の不十分性」等々が「在る」。

「オウムの実態」も

「宗教団体というよりは国家転覆工作を行った工作組織だった」が、

「宗教を隠れ蓑にした工作組織」は

「日本国内に、未だ、多数存在している」。

「オウムを実態通りに工作組織として扱い、対処出来ていた」なら

「あの様な酷い被害も出ていなかった筈」で

「それは、拉致工作と全く同じ話し」になる。

「戦後日本」では

「スパイ・工作活動対策が圧倒的に不十分」だが

「それは、

その様な状態を放置・容認等させ続ける情報・教育等が蔓延させられているが故の

悪現象の一つ」だ。

「スパイ・工作活動等対策を不十分なまま」に

「死刑制度まで廃止する」なら

「日本国内に居る反日スパイ・工作員等は其れこそやりたい放題になる」。

「現状では、オウムの様に工作組織が摘発される」なら

「死刑もあり得る状態」だから

「現行法&現行の摘発体制では摘発困難な陰険な、非人道的な手段のスパイ・工作等」が

「主流になっている」のが

「現状日本社会の寒過ぎる実状」だ。

「死刑制度があるが故」に、

「オウム同様の即効のある工作手段を使えず、

実行されている工作手段が

飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作等々、

即効性は無いが連綿と執拗に行い続ける事により

ターゲットの殺傷も含む大いなる実効がある手段になっている」のが

「日本国内の反日人脈等によるスパイ・工作活動等の実態」だ。

「その様なスパイ・工作活動等の実態を黙殺せしめている」のが

「情報・教育等の工作等の実態になる」』。

『「筆者は、死刑制度反対論者」だが

「日本の死刑制度廃止の遥か前」には

「スパイ・工作活動等に対する実効のある対策が絶対に必要」と

「考え・思っている」。

「何故なら、数十万人レベルの工作員や協力者等による

数十年にも渡る陰険で非人道的なスパイ・工作活動等の

被害者」は

「どんなに少なく見積もっても、数百万人レベル~になるから」だ。

「陰険な手段で、数百万人~の犠牲者を出されていて、

それを、実質的に、黙認状態というのは、

明らかに異常」だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「戦後日本の中の

例えば、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等を

意識的かつ、積極的に告発等し、

政府・国会議員等に実効のある法・体制整備等を求めていて当然」だが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」では

「スパイ・工作活動等黙殺・黙認状態」という

「異常さ」だ。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事になる」』。

『「LGBTの問題について」は

「性や人類の世代交代の本質論から始めるべき」だが

「生産性」と

「現状の経済比べっこ第一主義目線で論じたところ」に

「該当議員の資質が露呈している」。

「逆から言えば、本質論抜きでLGBTをダシに

生産性や経済比べっこ上の優位を目指す論を

展開したのが該当議員の論の実体になる」が

「言葉狩りに都合の良い内実を含有させた結果」は

「既に、明らか」だ。

「日頃から表現の自由等を大声で訴えている

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」は

「言葉狩りによる政治運動が得意な者たちでもある」。

「ターゲットになり易い、与党等議員や首長等々なら、

その辺りの実状への十分な配慮等が在って然るべき」だが』。

『「何れにしても、現状のテレビ・ラジオ・マスコミ界の多く」は

「未だに、本当に酷い」。

「本質論等抜きの政治運動等による大衆マインドコントロール等の実態」は

「何時になったら是正されるのか?」

「核放棄を遅々として進めない北朝鮮金政権等の実態を

笑顔で言っていた常連出演者等の裏」には

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の臭いが濃厚に漂っている」。

「NHKも含む何処の局でも同様の顔、同様の論ばかりが主流」という

「異常事態」も

「本当に酷い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「東かfら西への台風」でも相変わらずの娯楽???劣悪情報配信等を続けている番組が多いが・・・。 | トップページ | 米朝会談で核放棄合意でも、相変わらず筆者の周囲の工作等は旺盛なまま・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事