« サンデーモーニングでは、「公共の電波を使った{政治運動}等の後で、{ご都合日本人論}」等を常連出演者等がばら撒いていたが・・・。 | トップページ | オウム松本元死刑囚の神格化を喧伝し、人の誕生・死は細胞ごとの実現象を言わない、時代遅れ番組問題・・・。 »

テレ朝等では、未だに、「選挙も無い常連出演者等が、反対野党等と同調している公共の電波を使った実質的、政治運動」等を行い続けているので、本当に呆れる・・・。

『「西日本豪雨災害」までも「政治利用」して

「他の法案審議を止めさせたり、遅滞させたり、しようとしている

反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に酷い」。

「元々、多くの法案には賛否が付きモノ」だ。

「その法案に反対だから・・・」と

「天災(実際は、地球温暖化という人災故の現象の様相だが)による大被害まで

利用しようとしているその様」は

「恥知らず」を

「大いに通り越した極悪状態等」になる。

「真に、被災者や被災地の事を考えている」なら

「政府同様、実効のある対策を率先して提案し、実行する様にする、させる」と

「共」に

「日本の国会議員としての日本国・多くの日本国民の為になる本来の仕事」も

「粛々と、遅滞無く行い続ければ良い」。

「日本の国会議員としての仕事を行い続けて来ている」なら

「それは、断じて、難しい事では無い筈」だ。

「日本の国会議員というより、

反日他国等の日本国内政治工作員等としての仕事をしようとしている」なら

「{何でも}利用して、反対!」等の「手段」で

「日本の政治を遅滞させたり、混乱させたり、する事」こそが

「合理的になる」が。

「因みに、

日本のカジノも含むIR法案が成立する」と

「極東地域のカジノ等の利権」が

「分散される事になる」から「嫌がっている」と

「強く、推定出来る」のは

「散々、反日情報・教育等を行い続けて来ている韓国」だ。

「日本より韓国(朝鮮)の利権を図る事が大好きなら

日本国内に居て、反対!や邪魔や混乱づくり等々を行っていないで

韓国(朝鮮)に行って、韓国(朝鮮)内をより良い状態にする事等」を

「頑張れば良い」等と

「感じたり、思ったりしている」のは

「筆者たちだけでは無い」。

「現状の様な{反対野党}状態」では、

「いくら、お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等が実質的、大衆誘導等を行おうとし続けても、

もはや、{反対野党}が与党になれる訳も無い」。

「民主党政権を成立させてしまった事による負の教訓」は

「多くの日本国民の中に深く刻まれているから」だ。

「そして、その負の教訓は、世代が変わっても、受け継がれている」。

「多くの日本国民に自虐を強いる反面で

中・韓(北朝も含む)等を利す

反対野党等」は

「もはや、多くの日本国民にとって、反与党の受け皿とは成り得ない」。

「多くの日本国民が望んでいる」のは

「健常野党」だ。

「与党より日本国・多くの日本国民の為になる実行可能な政治・政策等」を

「十分に訴えられてこそ、

与党になる可能性がある野党になる」』。

『「選挙区の問題」でも

「元々からの日本国民の多く」は

「県等の区分けによる地域特性の重要性等」を

「ある意味では、本能的に、ある程度以上は分っている」。

「廃藩置県にしても、

藩自体を完全消滅させた訳では無い、

ばかりか、藩の区分を結構積極的に利用した

日本流の政権交代に伴う変革を行った」のが

「実態」だ。

「その結果、その地域で連綿と続いていた歴史文化等の多くも継承されている」。

「支配者が変わると、

前の支配者や前の支配者の行った事等を全否定する精神文化が濃い

中国や朝鮮半島等とは全く違う

日本の精神文化が其処に在る」。

「その辺りを平然と無視出来てしまう人々の実体」は

「日本に根差している年月や深さ等が浅い」と

「容易に推定出来る」。

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等にその傾向が強い」のは

「単なる偶然では無い、相応の実態が在る」と

「強く、推定出来る」。

「そんな反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「その絶対人数より遥かに大きく

日本国内で蔓延れている」のは

「戦後日本故の一時現象」だろう。

「選挙のある政界」では

「反対野党等は当然の如く少数派となった」が

「選挙の無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々」では

「未だに、

所謂、左翼や朝鮮系が重用された

占領軍による占領政策の大きな影響下状態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」と思うが』。

『「所謂、左翼」が

「真に、革新的でも、先進的でも無く

媚朝鮮・媚中国共産党等であり

旧社会・共産圏の国々同様、スパイ・工作活動等が大好きである事」等は

「今までの、所謂、左翼の実態から、誰もが直に分る事」だ。

「元々、その当時の者たちが理解・把握出来ていた範囲の人間世界観を基」に

「ある種の理想像を考え・思い・つくり出した」のが

「旧社会・共産主義等の基本ロジック、精神文化」だった。

「ところが、実際の人間世界は、時の流れと共に、どんどん進歩・進化・変化する」。

「時の流れと共に生まれて来る進歩・進化・変化」を

「受け入れ易く、取り入れ易かった」のは

「指導者が指導する旧社会・共産主義の国々では無く」、

「個々の自由度が高い自由主義圏の国々だった」。

「結果、東西冷戦」では

「時の流れ共に生まれて来る進歩・進化・変化の取り入れがより容易だった

西側(自由主義圏側)が勝利した」。

「未だに、所謂、左翼、旧社会・共産圏の精神文化」で

「国を運営し続けている」のは

「中国共産党支配下の中国」や

「金独裁政権状態の北朝鮮」等々

「多くの人類から、迷惑に思われているところくらい」で

「実質的には、所謂、左翼が表舞台に在る必要性はもはや無く、

表舞台で大手を奮うなら大迷惑」というのが

「現実」になっている』。

『「ところが、戦後日本の学校教育」では

「教師の多くが所謂、左翼」で

「戦後学校教育上の優等生」とは

「所謂、左翼教師等の言う事を良く覚えた者」等と

「なってしまっている」。

「所謂、理系の方」では

「いくら、所謂、左翼教師が、{先生はこう思う!}等とやっても

実権が在るのは物理の法則や事実・現実等になる」から

「所謂、左翼教師等の実害も少ない」が

「所謂、文系の方」では

「所謂、左翼教師等が、

{先生はこう思う!君たちもこう思いなさい!}等とやり

生徒が、先生の思いを良く覚え、応えれば、優等生になる」。

「結果、所謂、文系の仕事」では

「所謂、左翼ご用達論者等として育成された者たち」が

「高学歴~テレビ・ラジオ・マスコミ界等での要職等」となり、

「現状の様」に、

「もはや、時代遅れの論等々」を

「平然と、

大衆に向かって

優等生ぶり、正義ぶり、

言い続けられていたり・・・する

実質的、醜悪・劣悪状態」が

「続けられて来てしまっている」。

「実態」としては

「上辺の言葉上手」と

「厚顔無恥」等が

「テレビ・ラジオ常連出演者やマスコミ常筆等に

求められている資質」となり

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化への貢献」という

「精神文化製品として極めて重要な性能が著しく悪い

情報・教育等漬け状態にされ続けて来ている

多くの視聴者・読者等の中」では

「知らず知らずの内に、

他の者・物・事への依存心等や

現状脱出欲動が蓄積され続け、

それが、時には暴発してしまう」から

「同様の新たな、事件・事故等も後を絶た無い」。

「同様の新たな、事件・事故等」は

「現状の常連出演者等が優等生ぶり、正義ぶり、今まで同様の自論等を

公共の電波上や公共的マスコミ上で一方的に語る為に都合の良い道具」とされ

「多くの視聴者・読者等の頭の中」では

「図々しく、低レベルの事を言っていたりするのに、

高報酬で有名人利権までも維持~増大等しているのは、

酷いなぁ・・・」とか、

「心や頭の汚染が大きい人々の中では、

自分も同様の手段で利権が得られれば良い・・・」等々と

「呆れや、悪魔に魂を売り渡した狭義の自分コントロールロジック等が

繰り返されたり、育成されり、している」。

「20年遅れの世紀末の様相」が

「其処に在る」』。

『「本日のテレ朝昼番」等では

「実力???の心理学者???や常連出演者」等が

「看護師薬剤混入殺傷事件等をダシ」に

「まるで、共産党の指導者の如く

社会不適合心理等を言っていた」が

「自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取っていない

上辺の正義論等」では

「本質的、説得力も、現状人間社会是正力等」も

「生まれて来る訳も無い」。

「心理学者」なら

「現状の多くの人間」が

「無意識の興味によって動かされている事」くらい

「重々承知の筈」だが

「その解説さえも無かった」から

「事件の大元の深層も見えて来ない」。

「該当看護師にしても、

先ずは、自分が救われたい」のに

「その自覚も持てていない」から

「代償欲求として、他人を救う仕事」を

「無意識の力にも誘われて選択していた」のが

「実態」と「強く推定出来る」。

「しかし、

他人を救う仕事を繰り返しても

直接、自分は救えない」。

「代償欲求には充足が無い」から

「どんなに他人を救い続けても、

救われていない自分は

そのまま、時を重ねている状態になる」。

「そうなると、無意識の中では、

そんな現状を脱出する欲動や

何らかの結着を求める力等々」が

「増大して来る」。

「丸ごと一人の死生観・人生観上で

その様な深層心理に基づくエネルギーが増大して来る」と

「人間の一つの結着点である丸ごと一人の死に対する興味が増大して来る」。

「代償欲求上で他人を救う事に邁進し続けていた

自分を救う事が十分に出来ていない者」が

「丸ごと一人の死に対する興味を増大させる」と

「他者の殺傷に向かい易い」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「該当看護師の意識上」では

「自分が強いられていた仕事を楽にする事により、自分を楽にしたい」等だったのかも知れないが

「深層心理内で、現状脱出欲動が暴発した」から、

「意識上の良心等では抑えきれず

丸ごと一人の死生観等に基づいた結着を

他人に被せた

代償欲求に基づく

殺傷行為まで行ってしまった」というのが

「実体」と

「強く推定出来る」。

「該当看護師の中では、現状の自分の状態が死ぬ程嫌だった」のだろうと

「強く推定出来る」が

「死ぬ程嫌な現状を

自分の実体やその実体の本来の目的から整合性をとって

どう現状との接点を取りながら

合理的に変えるか?」より「前」に

「丸ごと一人の死生観・人生観や

代償欲求の過剰追及や

現状脱出欲動の暴発」が

「やって来てしまったが故の惨劇具現化」と

「強く推定出来る」。

「同様の新たな事件・事故等を避ける為」には

「丸ごと一人の死生観・人生観等の天動説状態」から

「誕生・死とは細胞レベルの実現象であり、

人の意識は丸ごと一人レベルで考え・思いたがるという地動説状態」に

「多くの人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」と

「自己健常支配の継続による本来欲求の充足の大切さ」や

「代償欲求の追及では本来欲求が充足される訳も無い現実」等の

「理解・把握」等々が

「重要」になる。

「多くの人々の精神構造が健常進歩・正常進化する」なら

「必然的に、人間社会の精神文化である政治・社会・経済システム等を

健常進歩・正常進化させるエネルギーも増大する事になる」から

「同様の新たな事件・事故等の激減も具現化し易くなる」。

「所謂、文系、人類の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる仕事を行っているべき立場にある者たち」が

「未だ、酷く低レベルであり続けている現状」は

「早急に是正する、させるべき、現状の多くの人類にとっての重大な危機」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、「公共の電波を使った{政治運動}等の後で、{ご都合日本人論}」等を常連出演者等がばら撒いていたが・・・。 | トップページ | オウム松本元死刑囚の神格化を喧伝し、人の誕生・死は細胞ごとの実現象を言わない、時代遅れ番組問題・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事