« サンデーモーニングでは「サッカー、ワールドカップ等をダシにした、ご都合差別論や国家主義論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | オウム死刑囚死刑執行で大慌ての様相のテレビ番組が多いが・・・。 »

北朝鮮金政権等の合意違反等は十分に問題化しない、反対野党やそのお仲間テレビ・マスコミ等が佐川氏の偽証?等を正義ぶって追及する政治運動等を行っているが・・・。

『「現実日本社会に対する悪影響等の大きさ」からすれば「圧倒的に、北朝鮮金政権等の問題の方が大きい事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「野党が本気で日本の与党になりたい」のなら

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等」を

「徹底摘発する事等を訴えていて当然」だ。

「何しろ、重大な問題であるにも関わらず、

現状まででは与党側の実効のある対策も???状態」だから、

「日本国・多くの日本国民の為に、本気で与党を追及する為」なら

「非常に好都合になる材料に他ならないから」だ。

「ところが、北朝鮮金政権等のオトモダチ人脈の臭いも濃い、

反対野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「日本国・多くの日本国民がより良い状態を得られ易くする事」等よりも

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等が行い続け易くする事」等の

「方」が

「重要!といった雰囲気まで、醸し出し続けて来ている様相」で

「日本国内のスパイ・工作活動等の問題に対しては、実質的に、沈黙・黙殺状態」だ。

「日本国・多くの日本国民にとって、重要な仕事を行わない反面」で

「微に入り細に入る言葉狩りや態度狩りや証言狩り等々をダシ」に

「正義ぶって、与党批判・非難等を行う反与党政治運動等」には

「異常な程、熱心」だ。

「特に、北朝鮮に厳しい安倍政権に対する反安倍政権政治運動等」には

「異常な程、熱心な様相が露呈し続け来ている」。

「一学校法人設立問題であり、一国有地払い下げ問題であり、

籠池氏問題の様相も色濃い森友学園問題」や

「一獣医学部新設問題である加計学園問題」の

「実体」は

「国政上では小問題」だ。

「国政上での実質的、小問題」を

「無理やり、安倍総理等と強く結着させたイメージで喧伝し、

大騒ぎし、

無理やり大問題化する、させる事」により、

「多くの人々の中に、反安倍政権感情・思い等を醸成させよう・・・」等と

「し続けて来ている様」の「実体」は

「実質的、政治工作等になる」。

「スパイ・工作活動等の問題を告発しない、出来ない」のは

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「実質的、政治・社会工作等を行い続けて来ているから・・・かも知れない」が、

「其れより、強く感じる臭い」は

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の臭い」等という

「人々の数」も

「決して、少なく無い筈」だ』。

『「昨今の異常気象、もしくは、極端気象に重なって

工作電磁波の害も在るから」だろう

「熱中症等の実害が頻発している」。

「原発再稼働に反対している人々」は

「市民というより政治活動家の臭いが濃い様相」だが

「新安全基準への適合義務もある、元々、ほとんど起きる可能性の無い原発の重大事故」と

「原発使用による地球温暖化抑止効果」や

「その事による、少なく無い数の死者まで居る熱中症等防止効果」や

「原発使用による電力安価安定供給」等々の

「原発使用メリット」を

「比べ」て

「原発使用メリットを選択しない、出来ない」のは

「一部テレビ・ラジオ・マスコミ等により

放射能潔癖症や原発恐怖症等の状態に追い込まれてしまっている人々」や

「良く分らないモノは嫌状態の

原発を幽霊等状態にしか理解・把握等出来ていない人々」や

「日本に原発を使用させない事によるメリットが得られる反日国人脈等の人々」等になる。

「温暖化による異常気象・極端気象が急激に酷く成って来ている昨今、

減らすべきは火力発電である事」は

「論を待たない」。

「急激な温暖化等の大きな元凶」は

「人口も多く、急速な経済発展をして来ている中国等の国々」だ。

「中国等の急速な経済発展の裏」には

「現状の人間世界の精神文化が在り、

現状の人間社会・経済システムが在る」。

「比べっこ主義の人間世界」には

「先駆者利権が付きモノ」だ。

「だから、実際」に

「武力による比べっこ支配権・被支配権争い時代」には

「列強による植民地支配が流行り、

植民地を持った列強」は

「先駆者利権を得、大いに太れた」。

「先の大戦後、武力による比べっこが経済による比べっこに{進歩}した後」は

「国境線より経済圏が上に成り易くなり、

比べっこ上で優位に立つ為」に

「自由主義圏の多くの大企業」は

「更に、大きく多種多様に・・・という構築度アップの法則そのまま」に

「経済圏拡大による先駆者メリットを争って来ている」。

「東西冷戦終結後、その経済圏拡大の範囲」が

「旧社会・共産圏にまで至る様になった」。

「東西冷戦の終結を受けた

中国共産党支配下の中国」は、

「一国二制度政策を実行した」。

「中国の大人口を多大な消費者や市場等として捉えた自由主義圏の大企業等」は

「中国への進出を始めた」が

「中国共産党支配下・・・では、自由主義圏の様な商売は直には出来なかった」。

「それでも、時と共に、自由主義圏の要素を濃くせざるを得なくなった」のが

「お金に目が眩んだ中国{共産}党」で

「強大な中国共産党{大企業}」は

「経済比べっこ上で、中国国内のその絶対的に優位な立場等を利用して大いに太った」。

「ここで、問題だった」のが

「フェアや環境面への思いの至りぶりが少な過ぎた事」だった。

「中国共産党幹部等の経済は大いに太った」が

「環境破壊等も熾烈を極め、多くの中国国民の思いの中からフェアも消えて行った」。

「元々の人口が膨大」なので

「その悪影響も多大になる」のは

「必然」だ。

「中国のフェアでも無かった、環境への配慮も足りなかった{経済発展}」は

「地球温暖化を急激に酷くして来ている」。

「さすがに、習政権」では、

「汚職・賄賂等の徹底撲滅等を行い、

温暖化等対策も積極的に行う様」に

「舵が切られている様相」だが

「基が酷い」ので

「その実効が十分になるまでには、相応の時間を要する」。

「中国同様に人口の多い、急速な経済発展をして来ている国々である

インドとブラジル」が

「若干、救われている」のは

「元々、自由主義圏」で、

「暖かく、冬季の化石燃料使用暖房等の必要性も低いから」だ。

「その辺りの実状を十二分に理解・把握済みの米国トランプ政権」が

「自国第一主義」で

「もはや、実効のある是正は非常に困難・・・と、温暖化嘘論等を言って来ている」のは

「現実主義だから」と

「強く推定出来る」』。

『「旧来の社会・共産主義」の「構築度」は

「自由主義圏より低かった」から

「東西比べっこ冷戦」で「東は西に負けた」。

「構築度の低い、比べっこ主義」に

「拘り続けて来ているが故」に、

「人類は、自らに負け、

地球環境さえも危うくし続けて来ている」。

「構築度の高い物質文明製品等を自虐使用しない為」には

「物質文明製品以上に構築度が高い精神文化製品の普及により

多くの人々の精神構造を必要十分以上に健常進歩・正常進化させる必要がある」。

「地球環境問題を解決する為に必要」なのは

「物質文明側の科学技術等ダケでは断じて無い」。

「社会・経済システム等精神文化側の精神文化製品の性能」を

「物資文明側レベル以上に進歩・進化させる事」が

「絶対に必要」だ。

「当たり前の事」だ。

「比べっこ主義」から

「本質・快適探究主義」への

「精神構造の健常進歩・正常進化」が

「今、生きている、全ての人類の大人」に

「激烈に求められている」。

「何時まで経っても、子ども時代同様の比べっこ主義」では

「本当に、情けない」。

「比べっこ主義に好都合な現状社会・経済システム等の是正も急務」だ。

「それは、自らの精神構造を本質・快適探究主義に健常進歩・正常進化させる事が出来ていない

{天動説に執着しているレベル}の者たちとって」は

「不可能にさえ思える事かも知れない」が

「今時の成人として当たり前の本質・快適探究主義の精神構造を保持出来ている人々にとって」は

「それ程、難しい事では無い」。

「現状からの軟着陸進歩・進化を実現させる為」にも

「経済・社会学者や政治家等々の精神構造の進歩・進化」が

「重要になる」。

「多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる為」には

「精神文化側の情報・教育の急速な健常進歩・正常進化が必需」だ。

「比べっこ心を養う為」には

「誰が・・・の世界が好都合になる」が

「本質・快適探究」なら

「何が・・・や、どうして・・・や、どうやって・・・、等々の世界が非常に重要になる」。

「誰が・・・」は、

「基本的に、

何処の誰でも、地球生命体細胞群(広義の自分)の中の

約60兆とも言われている人類として構築されている細胞群の一個体(狭義の自分)になる」から

「その重要性は、比べっこ時程、強く成り得ない」。

「物質文明の世界を見る」なら

「誰もが分る事」だ。

「物質文明の世界では、基本的に、主体」は

「つくり出された物質文明製品自体に在り

それをつくった者には無い」。

「誰がつくった物なのか?が重要なのでは無く、

よい製品なのか?否か?が重要」なのが

「物質文明製品の世界」だ。

(「比べっこ精神文化が蔓延っている現状」では

「誰がつくったのか?を比べっこに利用しよう、させよう・・・という

{魂胆}が

露呈している場合もあるが」。)

「例えば、テレビ番組や映画や小説やアニメや音楽や絵画等々」にしても、

「視聴者・読者等が、本質と快適を探究する上」で

「性能が良い精神文化製品なのか?性能が悪い精神文化製品なのか?」等を

「考え、理解・把握しようとする」なら

「現状の多くの精神文化製品の性能の悪さ」に

「多くの人々が気づいたり、思いが至ったりする筈」だ。

「人殺しドラマ等で、殺人や逮捕の仕方・され方、言い訳の仕方、等々を覚えさせられる」のと

「殺人欲動を殺すドラマで、殺人欲動の殺し方の一例等を知る事」等の

「精神文化製品としての性能の差」の「積み重ね」は

「殺人事件等の維持・増大等」と

「減少・激減等」の

「差」となって

「実人間社会に還元される事になる」。

「全ての精神文化製品に同様の実効が伴っている面がある」のだから

「精神文化製品群自体を健常進歩・正常進化させる事」の

「実効」は

「多大になる」』。

『「上記の様な事」が

「既に、明らかになっている昨今、

未だに、旧態依然としている

{天動説レベル}の精神文化製品等を

つくり出し続け、大量配信等し続けている事」の

「実体」は

「資源・エネルギー等の無駄」であり

「環境破壊等に力を加えている自虐業」とでも

「言った方が適切なくらい・・・」だ。

「そんな低レベルの仕事???に対して、

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは「サッカー、ワールドカップ等をダシにした、ご都合差別論や国家主義論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 | トップページ | オウム死刑囚死刑執行で大慌ての様相のテレビ番組が多いが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事