« 北朝鮮金政権等の合意違反等は十分に問題化しない、反対野党やそのお仲間テレビ・マスコミ等が佐川氏の偽証?等を正義ぶって追及する政治運動等を行っているが・・・。 | トップページ | 過去同様の劣悪オウム問題情報配信を続けている進歩・進化大不足のテレビ・マスコミ等問題・・・。 »

オウム死刑囚死刑執行で大慌ての様相のテレビ番組が多いが・・・。

『「日頃から現行法で合法なら何でもOK&推定無罪等を大推奨している連中」が

「オウム死刑囚の死刑執行に対して」は

「アレコレ大いに言う」のは

「大いに変」だ。

「曰く、

神格化???」

「精神状態は???」

「今のオウムの後の団体等は・・・」

「一部被害者による真実を語って欲しい等の切実な、しかし、実現の可能性が極めて低い

思い」まで

「利用」して

「如何にも、死刑執行をしてしまった現政権等に問題があるかの如きイメージ等」を

「何としても、多くの視聴者等に抱かせたい様相」の

「情報配信内実」には

「大いに呆れる」。

「もっと、呆れる」のは

「精神文化の健常進歩・正常進化への情報・教育界の貢献が余りにも疎かであるが故」の

「悩める若者等の宗教・カルト宗教・大物等々頼り問題」に「対する論調」だ。

「現状までの情報・教育界の多くの者たち等の仕事等が余りにも劣悪だったが故の現象」に

「対し」、

「自らの仕事が十分に出来て来ていない従だな責任問題等々は何処へやら、

どうすれば良いのですかねぇ・・・的論調」を

「公共の電波上等で平然と実質的、公然化しようとしている様」は

「本当に、酷過ぎる」。

「更に言う」なら

「オウムの裏には北朝鮮金政権等の臭いさえも濃厚に漂っていた」が

「その事さえも黙殺状態であるが上」に

「オウム以外の北朝鮮金政権等の臭いが濃厚に漂っている

公安の監視さえも、公然とは付けられていない、幾多の宗教団体等々」の

「重大問題」の

「実質的、黙殺」は

「本当に酷い」。

「オウムの実体」は

「宗教団体といより、工作組織」だった。

「仏教やヨガ等を悪用した新興宗教をダシ」に

「実体把握が出来ない状態の者たちを信者化し、信者等から集金」し

「集金した金をサリン等暴力道具の開発~製造~実用等に使っていた」のが

「オウムの実態」だった。

「その実態」は

「北朝鮮金政権等の瀬戸際外交等々」と

「実質的に、同様」だった。

「その時点での日本政府等を転覆させる為」の

「日本国内の鉄砲玉の役割等」を

「担わされていた実態が露呈していた」。

「当時」は

「宗教法人免罪符」で

「余程の事が露呈していない限り、警察等による捜査等も容易に排除出来ていた」』。

『「オウム同様の新たな事件等を防ごうとする」なら

「宗教法人免罪符の問題」や

「北朝鮮金政権等、反日他国人脈による日本国内の宗教等団体を悪用した工作活動等問題」や

「多くの日本国民等が悪用されない為」の

「個々の人々の精神構造の健常進歩・正常進化」と

「日本社会の精神文化や精神文化製品の健常進歩・正常進化」等の

「重大問題への言及」は

「在るのが当然になる」』。

『「それなのに、未だに、多くのテレビ番組等」では

「アレフや光の輪等の今は?」等と

「実質的に、一部宗教団体等偏重宣伝」を

「行っていたり」、

「若者ならではの悩み」等と

「まるで、若者が悩むのは当たり前の如く喧伝」し

「現状の精神構造・精神文化側=所謂、文系の情報・教育等の異常な劣悪ぶり等」を

「実質的に、公然化しよう・・・としていたり」等々したのだから、

「本当に、酷い」』。

『「現状の若者等が悩む大きな一因」は

「現状の所謂、文系の情報・教育等が余りにも酷いから」だ。

「例えば、歴史でも、精神文化の進歩・進化等の基軸さえ教えていない」。

「その代わりに、歴史上起きた物事に対し、

その事や

年代や

その当時・その事等に対する実権者名等を覚えさせている」。

「コレでは、有名人依存商売等には都合の良い操り人形等」が

「調教され大量生産等されても当然」でも

「歴史から学ぶ人間が生まれ育たない」のも

「極めて、当然の現象になる」。

「例えば、古の時代、当時の人々は何を求めていたのか?」

「そして、何を得られていたのか?」

「誕生・死等に対しては、どの様に理解・把握出来ていたのか?」等々を

「知り」、

「其処から、当時の人々の精神構造や、当時の人間社会の精神文化」を

「学び」、

「時代が新しくなる度に、或いは、時代を遡る度に、

その精神構造や精神文化がどの様に変化したのか?等々を学ぶ」なら

「何処の誰でも、ほとんどの人々が、人類の精神構造や人間社会の精神文化」の

「進歩・進化の方向性等を知る事が出来る様になる」。

「精神構造や精神文化の実状や進歩・進化の方向性」を

「知り、学び、考える」なら

「異常な程、簡単に、カルト宗教等に騙される人々の数も激減する事になる」。

「現状では、理系・文系共優等生でも、

実質が伴っているのは、理系側ダケ」だ。

「何故なら、理系側は、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ、積極的に実用している」が

「文系側は、科学レベルでは無く、統計学レベルや考え・思いレベルである場合が多いから」だ。

「地動説レベルに達している理系」に対して

「天動説レベルの文系」とでも

「言うべき実態」が「其処に在る」。

「地動説レベルに達している理系の知識や技術等」を

「天動説レベルの精神構造や精神文化で実用してしまっている」のが

「多くの人類の現状」だ。

「その中で、更に酷い」のが

「精神構造・精神文化が天動説レベルである事を悪用」して

「他の者・物・事等の支配/被支配という代償欲求レベルの欲動」を

「過大に育てさせ、それを悪用して、

利権等を貪ったり、

人間や人間社会を壊す自虐業を行ったりする

者や者たちや組織等」だ。

「オウムもその一例に他ならず、

オウム以外にも、同様の組織・集団・個人等々は、

未だ、多数在る」のが

「文系の情報・教育等が余りにも劣悪な現状人間世界の実状」だ』。

『「上辺は、何であっても、北朝鮮金政権等の手下、工作員・工作機関等」は

「実体として、北朝鮮金政権等の手下、工作員・工作機関等」だ。

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩独裁政権」には

「政権の正当化の為に、日本を乗っ取り支配する必然性が在る」。

「独裁とは、他を支配するであり、必要になる他を全て支配する」だ。

「自己健常支配の継続の代わりに、他の者・物・事支配/被支配を是とする集団」を

「無理やりにでもつくり出す事により、独裁は可能になる」。

「無理やりの実行手段」が

「恐怖政治であり、核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等であり、

瀬戸際外交等々である」のが

「北朝鮮金政権の実態」だ。

「日本支配が必需になっている在日の母を持つ北朝鮮金正恩政権等の

実質的、手下、工作員・工作機関等々」は

「現状の日本国内に少なからず在る」。

「オウムの時代」には

「在日の母を持つでは無かった」から

「北朝鮮金政権等による日本乗っ取り支配工作等」も

「鉄砲玉を使って乗っ取れればラッキー!・・・程度のノリ」だった。

「現状の日本乗っ取り支配工作等」は

「ガチ」だから

「オウムの様な大雑把で判り易い手段は使われていない」。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々により

時間をかけて本来の日本国民を弱体化させ減少させる」と「共」に、

「子沢山指令等々により、

日本国内で日本国民の権利を持つ北朝鮮金政権等にとって

都合の良い血統の者たちの数を増やす戦略」が

「実行されている」のが

「実態」だ。

「日本国内の北朝鮮人脈等によるスパイ・工作活動等」を

「本気で、摘発して来ていない政府等もどうかしている」し

「本気で、告発等して来ていないテレビ・ラジオ・マスコミ等も本当にどうかしている」。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮金政権等に対する土下座外交等」や

「北朝鮮金政権等の手下・お仲間等の実態」になる』。

『「そんな中」で

「北朝鮮との繋がりが濃いとも言われているオウムの死刑囚に対する死刑を執行した事」の

「意味は大きい」。

「少なくとも、日本政府等は、北朝鮮金政権等に対する土下座外交等を

これ以上行わない事」の

「明らかな意思表示にもなるから」だ。

「其れなのに、未だに、日本の中の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「北朝鮮金政権等の実質的、手下状態では・・・」。

「其れは、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の是正が急務である事」等の

「一つの立証になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ。

「特に、所謂、文系では、必要十分な仕事も行得て来ていない実態」が

「既に、明らかなのだから!」』

|

« 北朝鮮金政権等の合意違反等は十分に問題化しない、反対野党やそのお仲間テレビ・マスコミ等が佐川氏の偽証?等を正義ぶって追及する政治運動等を行っているが・・・。 | トップページ | 過去同様の劣悪オウム問題情報配信を続けている進歩・進化大不足のテレビ・マスコミ等問題・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事