« テレ朝等では、未だに、「選挙も無い常連出演者等が、反対野党等と同調している公共の電波を使った実質的、政治運動」等を行い続けているので、本当に呆れる・・・。 | トップページ | 「熱波は中国大陸から、大豪雨災害の元も地球温暖化」なのに反原発や中国経済頼り・・・では・・・。 »

オウム松本元死刑囚の神格化を喧伝し、人の誕生・死は細胞ごとの実現象を言わない、時代遅れ番組問題・・・。

『「遺骨等を、教組等を神格化する為の重要な道具に出来ていた時代」とは

「生物の誕生・死の実体が科学レベルで判明していなかった時代に他ならない」。

「逆から言う」なら

「生物の誕生・死の実体が科学レベルで判明している事」を

「人々がちゃんと理解・把握出来ている状態」なら

「遺骨等の神格化利用は、

絵に描いた餅、

もしくは、古の精神文化の一つ等にしか成り得無い事になる」。

「松本元死刑囚の遺骨が利用された神格化」を

「本当に心配している」なら

「人の誕生・死は細胞レベルの実現象である

既に、科学レベルで判明している現実」が

「より多くの人々の中」で

「心底、理解・把握される為に有効な情報を言わない事等はあり得無い」。

「逆に、松本元死刑囚の神格化の応援をしている」なら

「人の誕生・死の実態情報等を黙殺する事こそが合理的になる」。

「人の誕生・死の実態情報等さえ満足に配信していないテレビ等」が

「オウム信者等」と

「健常日本国民等」の

「どちらの為の情報配信を行っているのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「オウムで忘れてはいけない事」は

「オウムの実態」が

「化学兵器テロまで行った日本転覆工作を行った

工作組織であった事」だ。

「この重大な事実」を

「実質的に、黙殺して、

オウムを宗教団体として扱っている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「明らかに酷過ぎる」。

「実態として」は

「宗教やヨガを餌に、信者や賛同者等を集め、集金し

化学兵器まで製造~使用した

国家転覆テロ工作等を行った

テロ工作集団だった」のが

「オウム」だ。

「上辺では、ヨガ・宗教等でも、

内実としては、工作組織としての実態の方が遥かに濃い集団だった」のが

「オウム」だった。

「そんなオウムの後継団体の目的」が

「宗教では無く、工作等である可能性も非常に高い」から

「公安の監察付きになっている」のが

「実態」だ。

「ここで、多くの日本国民が考えるべき」は

「かつてのオウムの様な、

上辺は宗教団体等内実は工作組織という集団」は

「オウムだけなのか?」という

「重大事実」だ。

「現状の日本社会の至るところに仕込まれてしまっている

工作電磁波発生ソフト・装置等の実態等」からも

「その様な工作組織等がオウムだけでは無い事」は

「近未来において、多くの人々が、直に分る事になってしまう事」と

「強く、推定出来る」。

「ここで、更に考えるべき」は

「オウム以降、日本の工作組織対策等は十分になっているのか?」だ。

「もし、十分な工作組織対策が出来ている」なら

「巷は電磁波工作だらけ・・・等の実態が露呈する訳も無い」。

「まるで、言い訳の為や、アリバイつくりの為の如く、

オウム後継団体には公安の監察付き」でも

「その他の工作組織等々は従来通り、好き勝手にどうぞ・・・状態」では

「日本国・多くの日本国民の安全・安心等が守られる訳も無い」のだが

「与党も野党も、この重大問題に関しては、実質的に、沈黙状態・・・」だから

「本当に、酷い」。

「裏には、北朝鮮金政権等による核・ミサイル等の脅し等が在る」とも

「言われている」から

「北朝鮮金政権等問題がちゃんと片付けられた後」は

「要注目」かも知れないが』。

『「北朝鮮金政権等が実質的に詰んでいる現状でも、

未だに、旺盛に、

日本の中で

電磁波工作や侵入工作や飲食物工作等々を

行い続けている工作員・その協力者等」は

「昨今の異常な熱波を悪用」した

「ダニ等利用迷惑行為」まで

「行っている」。

「元々、工作に使えるモノは何でも積極的に使う様相の者たち」だから

「例えば、筆者の家の扉には、筆者の周囲では余り見かけない、

大きな蜂やクモや虫等々が

少々元気の無い状態で置かれていた事等が

多々あった」り、

「大気が化学スプレーで実質的に、汚染されている事等」も

「少なからずある」から

「洗濯物の外干しは出来ない」が

「今度は、熱波を利用してか、ダニが玄関から・・・」だ。

「電磁波工作等々を行い続けている者たちが行っている事」と

「強く推定出来る」。

「電磁波工作対策程では無いが、虫対策・大気対策にも、相応に金や手間等がかかる」。

「一般日本人にまで、迷惑、邪魔行為等を行っている暇がある」なら

「フェアに贔屓の国や国民等の為になる事等を頑張れば良いのに・・・」と

「呆れている」』。

『「そもそも、韓国や北朝鮮等の反日」は

「日韓併合により朝鮮半島内が急速に近代化され良くなった事に対する

自己正当化の為の反発」でもある。

「何しろ、朝鮮の指導者の下では、人民衰退化支配状態・・・と

今の北朝鮮同様の状態だった」から

「多くの朝鮮人も困窮していた」が

「日韓併合以降」は

「国家権力者同士が締結した国家間契約に基づく二国を一国化する同化政策が

朝鮮半島内でも行われ、

植民地支配を知らない日本国民によって

朝鮮半島内も日本本土同様に住みやすい状態を構築する事等が積極的に行われた」から

「多くの朝鮮人の衛生・教育・生活水準も大いに上がり、朝鮮人人口も大いに増えた」。

「実態としては、

多くの朝鮮人にとって、

それまでの朝鮮人の指導者等より遥かに良い政治・政策等が行われた」。

「それをそのまま事実・現実通りに認める精神文化や度量等が

戦後の朝鮮人権力者等に在ったなら

戦後の韓国も北朝鮮も、反日では無く、台湾同様の親日となっていた筈」だが

「実際」は

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒を行わせた、行った」のが

「その頃の多くの朝鮮人権力者等」だった。

「そんな朝鮮人権力者等が自己正当化を図る」なら

「反日」は

「合理的になる」ばかりか

「自己正当化を図り続ける為」には

「日本の乗っ取り支配等までが必需になる」。

「其処で、戦後の日本」には

「多数の手下等を残し続ける必要がある」ので「残し続けている」。

「ばかりか、子沢山化等工作等で、増やしている」。

「戦後日本の現行法・現行の摘発体制等」では、

「絶対に露呈させられないやり方」を

「主として、使い、

日本乗っ取り支配工作等を行い続けさせて来ている」。

「日本人の邪魔をして、そのスジの者たちが出世し易くしたり、

日本人人口を減らす事により、日本国内のそのスジの者たちの人口割り合いを高め、

多くの者たちが日本国籍を得る事等により

合法的に、政界等の状態をそのスジの者たちにとって都合の良い状態にしようとしたり」、

・・・等々、

「戦後日本社会の中で蠢き続けて来ているスパイ・工作員・その協力者等の実態」が

「其処に露呈している」。

「オウムの中にもその手の者たちがゾロゾロ・・・」で

「日本人を騙して集金する事」は

「そのスジの連中にとっては、工作の成功」になる。

「宗教団体仮面の集金」だけでは無く、

「振り込め詐欺集金等の裏」にも

「北朝鮮金政権等の濃厚な臭いが充満している」・・・』。

『「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「内実として、北朝鮮金政権等の都合に沿う情報配信等を続けて来ている」のは

「単なる偶然では無い」。

「其処には、北朝鮮金政権等のオトモダチ人脈の者たちがゾロゾロ・・・」だ。

「選挙のある政界では、当然の如く、少数派になっている」が

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界」では

「新たな者を雇う者や起用する者が北朝鮮金政権等のオトモダチ・・・」なら、

「雇われる者や起用される者の多くも北朝鮮金政権等のオトモダチ・・・」となり、

「コントラストを付ける為に少数起用される

北朝鮮金政権等にとって実害が無いレベルの

北朝鮮金政権等の反対派の者たち等」は

「脇役扱い」で、

「主役や主流の論等」は

「内実として、北朝鮮金政権等の都合に沿うモノばかり・・・状態となってしまっている」。

「結果、

自国民衰退化支配・敗戦火事場泥棒等々の

悪業を行い続けて来ている者たち等の人脈の実態や実体」が

「多くの視聴者・読者等に理解・把握・認識等される事も無く、

戦後の日本社会では、

平成30年の今日でも、

未だに、

スパイ・工作活動等天国状態であるばかりか

実効のある法や摘発体制等の整備さえほとんど進められていない」。

「それは、日本乗っ取り支配工作等を放置・容認等し、

一般日本人まで危うくし続けて来ている、

とんでも無く、酷い事」だ』。

『「工作活動等無縁の人々に対する差別は絶対にダメ」だが

「工作活動等を行い続けて来ている者たち等」は

「徹底的に厳しく摘発し、応分の罪と罰を与えるべき」だ』。

『「松本元死刑囚の神格化」は

「宗教面では集金の具にされるくらい・・・」だろうが

「工作活動面では、工作員等がまとまる礎等にも成り得てしまう」が

「公安の監察付きのところに集合して本音で語る工作員はほとんどいない」。

「問題にすべき」は

「既に摘発されていない、新興宗教団体等の団体・組織等」だ。

「反日他国の工作員等が

一般日本国民等から集金したり、集合する器として利用したり、している

新興宗教等の団体・組織等に対し、

過剰な優遇措置等を続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝等では、未だに、「選挙も無い常連出演者等が、反対野党等と同調している公共の電波を使った実質的、政治運動」等を行い続けているので、本当に呆れる・・・。 | トップページ | 「熱波は中国大陸から、大豪雨災害の元も地球温暖化」なのに反原発や中国経済頼り・・・では・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事