« 過去同様の劣悪オウム問題情報配信を続けている進歩・進化大不足のテレビ・マスコミ等問題・・・。 | トップページ | テレ朝等では、未だに、「選挙も無い常連出演者等が、反対野党等と同調している公共の電波を使った実質的、政治運動」等を行い続けているので、本当に呆れる・・・。 »

サンデーモーニングでは、「公共の電波を使った{政治運動}等の後で、{ご都合日本人論}」等を常連出演者等がばら撒いていたが・・・。

『「反安倍政権・反原発」等の「公共の電波を使った実質的、政治運動」は「何時も、醜悪」だ。

「その{政治運動}」には

「{北朝鮮金政権等ご用達}等の臭いまで付いている場合も多い」のだから

「醜悪等を感じる」のは

「ある意味、当然!なのだろうが」。

「その後の常連出演者等ご用達日本人論」も

「酷かった」』。

『「周囲との共調性等を賛美し、特出したリーダー不在を嘆いたその実態」もまた、

「北朝鮮金政権等ご用達の様相」で

「政治家や学者等のリーダーシップ等を言っていたその実体」は

「他の者による支配/被支配の精神文化推奨に他ならない」。

「北朝鮮金政権等の上辺」は

「周囲との協調性があり、特出したリーダーも在る状態」だから

「その賛美を行っていた様相にも思える」。

「もちろん、日本の精神文化はそんなところには無い」。

「日本の精神文化の特徴の一つ」は

「実利主義」であり

「自分たちが使い易い様にする」だ。

「周囲との協調性等もその実利主義の上に在る」。

「特出したリーダーへの依存状態」は

「民衆の大きな実利を損なう」から

「日本でリーダーとされて来た人々の実体」は

「多くの場合」で

「集団としてまとまる為の象徴」だった。

「目的は、集団としてまとまり続けた上で、更なる実利向上を図る事」等だから

「天皇家の温存も実現した」。

「それは、人による支配/被支配精神文化が濃いところ等」では

「在り得ない現象」だ。

「日本人の周囲との協調性の前には実利が在り、実利向上が在る」。

「本来の日本人なら自らの内に在るから良く分る上記の様な実態」は

「本来の日本人では無い、日韓併合以降や終戦後等に渡来して日本国民となった人々等」にとっては

「分り難い事」なのだろう。

「だからか、日本人が見聞きさせられると、何処と無く、変・・・」という

「論等」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では蔓延っている」。

「野球とサッカーの違い」より

「野球やテニスを軟式にしてその当時の自分たちの集団の中で使い易くした事にこそ

日本の精神文化の分り易い特徴が在る」が

「その辺りへの言及が無くて良い・・・」等というのが

「渡来系のお方の感覚や思い等」なのだろう。

「古の時代に渡来した仏教でさえも

自分たちの集団の実利向上に都合が良い様に

日本流に改造して使って来ている」のが

「日本の精神文化の特徴」だ。

「元々、特出したリーダー等を根っから求めていない人々が多い」から

「科学技術の進歩・進化も実現し続けて来易くなっている」。

「物質文明側の科学技術等」で

「肝要になる」のは

「特出したリーダー等の人では断じて無い」。

「科学レベルで判明させる事が出来る再現性のある使える実体や事実・現実」だ。

「人に対する依存心等が低い精神構造を持っている人々が多いが故」に

「自然や科学や化学等々上の実体や事実・現実に対して

素直に従い易い精神構造の保持が容易になっている」のが

「多くの日本人の精神構造の特徴」だ。

「所謂、文系、精神文化側でも、同様に、

科学レベルで判明している、させる事が出来る、実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で

自らの集団の実利向上を図る」のが

「本来の日本人の精神文化」で

「特出したリーダー不在を問題化し

特出したリーダーをつくり出し、

特出したリーダーに多くの人々を依存させ

操り続けよう・・・等とする」のは

「今時では、超遅れ過ぎている北朝鮮金政権等ご用達の

精神文化論等」になる。

「日本人なら多くの人々が当たり前に分る事」さえも

「言わずに、言えずに、

内実として、北朝鮮金政権等にとっては都合の良い

特出したリーダー必要論等」を

「日本の公共の電波上で喧伝した者たちの実体は?」

「何故?そんな者たちが常連出演等し続けているのか?」

・・・等々、

「大いに疑問に感じた」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「他番組等」でも

「オウム死刑囚の刑執行を受けて」も

「要でも無い者・物・事等に捕まって、自分を操らせてしまわない様にご用心!」

「要でも無い者・物・事等はオウムやその流れだけでは無く、

今の日本社会の中にも多々在るからご用心!!」

「誕生・死の実体とは細胞レベルの実現象なのだから

丸ごと一人の死生観・人生観等を悪用しているところ等に騙されない様にご用心!」

・・・等々の

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為に有益になる情報配信等」さえ

「出来ていない」。

「それは、本当に、酷過ぎる実態」だ』。

『「酷い、劣悪レベルの仕事しか出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 過去同様の劣悪オウム問題情報配信を続けている進歩・進化大不足のテレビ・マスコミ等問題・・・。 | トップページ | テレ朝等では、未だに、「選挙も無い常連出演者等が、反対野党等と同調している公共の電波を使った実質的、政治運動」等を行い続けているので、本当に呆れる・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事