« 「猛烈な暑さ」等も、まるで、現状の人間世界の終わりを誘っている様相だが・・・。 | トップページ | アクア約1年だが・・・。 »

日本ボクシング連盟問題等で正義ぶっているテレビ等だが・・・。

『「現状のテレビ(NHKも含む)等」では「同様の顔・同様の論ばかりが主流扱い」だ。

「現状のテレビ界で、出演者等を決めている」のは

「実質的に、起用側テレビ局等の実権者等」と

「其処に{営業}をかけている芸能事務所等」だから

「大手芸能事務所が売ると決めた者等」が

「彼方此方の番組で常連出演者扱い」だったりしている。

「その{営業}の内実」は

「なかなか表沙汰にされていない」が

「得られる利権」は

「テレビ常連出演者等の異常なまでに高額な出演料等からも明らかな様に膨大」だから

「得られる利権相応の{営業}の実態」が

「アマチュアスポーツ界レベルでは無い事」は

「想像に難く無い」。

「テレビ界のピラミッド権力構造」が

「アマチュアスポーツ界よりマシ」等の

「話しも聞いた事も無い」から

「アマチュアスポーツ界等々の問題」で

「優等生ぶり、正義ぶり、ある意味では、好き勝手述べている、

常連主演者等の裏に在る

ドロドロとしたモノ」の

「酷さ」が

「相当なモノである事」も

「想像に難く無い」。

「この様な{疑念}等を持たれない為」にも

「テレビ出演者等の多種多様性の担保」や

「テレビ上の論の対論・他論等の担保」は

「非常に重要」だ。

「毎日、どの局でも、同様の顔・同様の論ばかりが常連出演&主流扱い」という

「異常状態」は

「即刻、是正されて然るべき事になる」』。

『「多くの視聴者が強く意識すべき」は

「現状の多くのテレビ出演者等」とは

「起用しているテレビ局の実権者等と

芸能(多くの場合大手)事務所等の{営業}の結果」等の

「押し売り状態である事」だ。

「其処に多くの視聴者の民意等が最初から在る訳も無い」のだから

「押し売りの結果を覚えたり、覚えさせられてり、して、

実質的には、つくり出されている有名人等やその言動・論等に

操られたり、自分を操らせたり、する事」は

「非常に危険である事になる」。

「其処に露呈している」のは

「ナチス・ヒトラーのラジオ等悪用大衆誘導と実質的に同様の極悪事」だ。

「先の大戦を大いに反省し、

歴史から学ぶ」なら

「即刻にでも排除し是正する、させるべき実態」が

「其処に在る」』。

『「自分が良く会う、良く目にする、他人」は

「段々と、自分が覚えた人」になり、

「自分が覚えた人」が

「自分に対して、印象深い、良好な態度等を取り続ける」なら

「自分が覚えた人」は、

「自分が覚えている=自分の一部として捉え、扱うべき、他人では無くなって行く

人間心理」が

「ある」。

「この人間心理を利用(悪用)して

特定極一部の者たちばかり・・・を

何処の局でも常連出演等させ

視聴者の都合に沿う態度や言動等を取らせ続ける」なら

「多くの視聴者等の中で常連出演者等が

自分が覚えている、大切に扱うべき人等」に

「化けてしまう」。

「直接、詳細等まで、知っている訳でも無いのに!」だ。

「そんな常連出演者等に政治・社会論等まで語らせている番組も数多い」。

「そして、その政治・社会論等の実態」は

「特定極一部の方向を向いた偏向・偏重論等である場合が多い」。

「反対野党等の為の政治運動」や

「在日外国人等や戦後日本の居残っている朝鮮系等の人々無条件無罪イメージ」等々の

「偏向状態等」が

「露呈している」。

「もちろん、公共の電波を使っている」のだから

「政治面でも

実体や事実・現実通りに、

民意も反映し、

公平・正確、原寸大で」が

「原則」で

「其処に、少数派の党や人々の論等」も

「原寸大で付け加える」のが

「健常な情報配信になる」。

「何処のどんな人脈の人々でも無条件無罪はあり得ない」から

「重要な事」は

「先ず、善悪差別がちゃんと出来る状態を誘う論等を

意識的かつ積極的に配信する事になる」。

「善悪差別をちゃんと行った上」で

「人種・国籍・民族・性等々に基づいた不当差別の解消を訴える」なら

「相応に実体を伴った説得力が出て来る」が

「善悪差別抜きの人種・国籍・民族・性等々に基づいた差別論だけの公然化」では

「例えば、日本乗っ取り工作等を行っている者たち等を不当に利してしまう事にも

なってしまう」。

「拉致工作問題からも明らかな様に

戦後日本のスパイ・工作活動等に対する法や摘発体制等は異常なまでに甘過ぎる」のだから

「その上」に、

「スパイ・工作員等を不当に利す、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や

学校教育等々まで乗せられてしまい続けている事」の

「実害」は

「かなりのモノになる」。

「是正が急務である事」は

「言うまでの無い事」だ』。

『「日本ボクシング連盟等の問題」も

「本当に酷い」が

「其れは、もう、既に、摘発された問題と言っても良い状態に在る」。

「摘発されている状態の悪」を

「スケープゴード」に

「摘発されるべき巨悪が放置され続ける」なら

「多くの人々が受けてしまい続けるデメリット等は膨大なモノになる」。

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々が

「現状のままで良い訳は無い」。

「其処に色濃く流れている」のは

「旧社会党系等の人脈・思想信条・贔屓国・贔屓国民等々の

濃厚な臭い」だ』。

『「例えば、

反旧日本軍等なら、未だ、話しは分る」が

「日本国・多くの日本国民に自虐を強いたり、

反日国・反日国国民等を不当に利させたり、

それに従わない日本国民等は不適応分子等として粛清工作等まで仕掛けたり、

・・・等々」では

「まるで、反日独裁国国家指導者等が

日本国・日本国民等に強いている精神構造や

日本乗っ取り支配工作等そのまま・・・」になる。

「もちろん、

一般日本国民にまで粛清工作等を仕掛け続けている者たち等」とは

「摘発され、厳罰が与えられるべき、差別すべき悪者等」で

「人種・国籍・民族・性等々の差別を盾に無条件無罪扱いされるべき者等」では

「断じて無い」』。

『「日本乗っ取り支配工作等の工作員等が大きな実権を持っているのでは無い」なら

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「健常化・正常化」が

「困難な訳も無い」。

「酷い現状が、ナカナカ是正されない裏に在る」のは

「例えば、北朝鮮金政権等の手下工作員等が持つ大きな実権等の

濃厚な臭い」になる。

「それは、善悪差別を基」に

「日本国内の反日国スパイ・工作員等を徹底摘発等する」なら

「排除可能な濃厚な臭い」かも知れない』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「猛烈な暑さ」等も、まるで、現状の人間世界の終わりを誘っている様相だが・・・。 | トップページ | アクア約1年だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事