« ずっと旧社会党系人脈が与党状態の戦後日本のテレビ・ラジオ・芸能界等と学校教育界等問題・・・。 | トップページ | 戦争関連・お盆関連はそろそろ終わりの様だが・・・。 »

戦後73年を平和と言われてもねぇ・・・。

『「先の大戦後日本は戦争からは抜け出せている」が「経済戦争真っ只中」で「スパイ・工作活動天国状態」なのだから

「断じて平和では無い」。

「先の大戦時の日本国民の犠牲者の数は約310万人とも言われている」が

「戦後の数十年に渡る何十万人レベルの集団工作活動による犠牲者の数」も

「少なく見積もっても何百万人レベル」と「強く推定出来る」。

「武力戦争」は

「直接人間を判り易く殺傷する」。

「集団工作活動」は

「集団工作により滅多な事では判明しない様に、

例え、判明しても集団の大きさ故に滅多な事では露呈されない様に、

人間を殺傷等し続けて来ている」。

「更に、経済戦争」は

「間接的に人を殺傷する」。

「武力戦争が無いダケ」で

「平和」とは

「集団工作活動を行っている者たち等にとって都合の良い論」に

「他ならない」』。

『「では、どうすれば、人間世界は平和になるのか?」

「それは、何故?戦争が起こされたのか?」を

「当時の人々の精神構造や当時の人間社会の精神文化」等から

「紐解き、少し考える」なら

「世界中の何処の誰にでも分る」』。

『「人類が二度も世界大戦を繰り返した当時」の

「多くの人々の精神構造」は

「丸ごと一人の死生観・人生観」で

「血統家族主義や人種・民族・国家主義」であり

「家族や将来の家族に結び付くかも知れない好きな人等を守り、自己存続等も図る為等の目的」で、

「他国・他人種・他民族等との比べっこ支配権/被支配権争いを行う事を是としていた状態」だった。

「その様な当時の多くの人々の精神構造」が

「集団化する事」で

「つくり出された当時の人間社会の主流最先端精神文化」は

「帝国主義&植民地支配等による利権取得」だった。

「それを実現させる為の手段」が

「急速な進歩・進化した物質文明製品の一つである

より進んだ武器を使う事により

{敵}を手懐ける

武力侵略や武力戦争等」だった。

「帝国主義や帝国主義を支える植民地拡大に走っていた欧米列強」は

「中国大陸や極東地域にも迫って来た」。

「当時清だった中国は欧米列強に食い荒らされ、

当時の韓国は単独では国の存続さえ危うい状態に陥っていた」。

「極東地域では、日本のみ」が

「急速な近代化を成し遂げ、

欧米列強同様の当時の主流最先端精神文化である帝国主義&植民地取得へと動けた」。

「しかし、元々、帝国主義も植民地支配も知らない日本国」は

「富国強兵はそれなりに忠実に真似出来ていた」が

「大日本帝国と植民地支配は言葉ダケが先走る日本流の状態」だった。

「富国強兵の実効」は

「日清・日露戦争で直に現れた」。

「タダでさえ、欧米列強に食い荒らされていた清(中国)」は

「更に、混沌とした状態に陥った」。

「単独では国の存続さえ危うかった当時の韓国」は

「日本との対等合併を望んだ」が

「最終的には、国力相応の日韓併合」となり、

「国自体の滅亡は防げた」。

「清も当時の韓国」も

「当時の人間社会の主流最先端精神文化への対応が十分に出来ない

ある意味では、劣悪な状態だった」のだから

「無垢の被害者では断じて無い」。

「それは、何故、主流最先端精神文化に対応出来なかったのか?」を

「紐解くと直にはっきりする」。

「自国民の多くを衰退化させる事により多くの自国民より上に立つ事による支配」という

「劣悪な支配精神文化の賜物」が

「当時の主流最先端精神文化への対応不全」だ。

「欧米列強の帝国主義&植民地支配」は

「第一次世界大戦ダケでは終わらなかった」。

「第一次世界大戦の勝者も敗者」も

「その精神文化を大きく変える事が無かったから」だ。

「後追いで、必死に欧米列強を真似ていた状態の当時の日本」は

「当時の人間世界の主流最先端精神文化が変わっていない、

日本も変えようともしていないが故」に

「不器用に欧米列強同様の道をより大きく進もうとした」。

「結果、日米衝突に至り、太平洋戦争に突入した」。

「ヨーロッパではドイツが第一次世界大戦敗戦から急激に息を吹き返し

非常に強い勢力となり他国侵略等も始めていた」ので

「第二次世界大戦となった」。

「大戦初期に、急激に、旧日本軍は欧米列強の植民地だったアジアの地域」から

「欧米列強を駆逐した」が

「戦争が続いたので日本の植民地には出来なかった」。

「日米の圧倒的な資源等の差」は

「戦争が長引けば長引く程、戦果にも直結した」。

「日・独・伊三国同盟」と「連合軍」の「世界大戦」は

「最終的には原爆の実用までもたらし、大戦の犠牲が膨大だった」ので

「人間社会から帝国主義や植民地支配等を基本的に締め出し、

新たな主流最先端精神文化への転換を誘う実効も現した」。

「武力戦争精神文化から経済戦争精神文化への進歩」だ。

「戦時中はお互いに殺し合いながら、戦後の日米は仲良くなれた」のは

「日米の多くの人々」が、

「同じく、当時の主流最先端精神文化上で競い合った精神構造上の同類だから」だ。

「戦後の経済戦争で日本が勝者側に位置出来て来ている」のも

「その精神構造故でもある」。

「日本の敗戦を良い事」に

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)人等の集団」は

「火事場泥棒的に朝鮮半島内を自国とし

戦後の日本国内でも略奪等を行った」。

「主流最先端精神文化上で正々堂々と競い合う事を是とする精神文化」と

「火事場泥棒を是とする精神文化」が

「仲良くなれる訳も無い」から

「戦後の日韓(北朝も含む)は仲が悪い」。

「火事場泥棒を永遠に正当化し続ける為」に

「日本乗っ取り支配工作(非人道的なモノも多い)等を行い続けている集団まで在るとなれば、尚更」だ。

「日本の精神文化」には、

「水に流し、その後は平和共存・未来志向等というのがある」が

「火事場泥棒を是とする精神文化の者たち」に

「それが十分に理解出来るのか?」の「結果」は

「想像に難く無い」。

「戦後火事場泥棒を水に流してその後は未来志向に!」と

「日韓基本条約まで締結」しても

「その後のゴネぶり等」が

「枚挙に暇が無い」のが

「韓国」で

「北朝鮮金政権等に至って」は

「未だに、日本国内で、日本乗っ取りの為の集団工作等も行わせ続けて来ている状態」だ。

「精神構造・精神文化を健常進歩・正常進化させる事抜き」に

「日韓(北朝も含む)の真の友好関係等は成り立ち得ない」。

「戦争の撲滅」も

「世界平和の実現」も

「話しは全く同様」だ』。

『「集団工作の酷さ」は

「集団で一般日本国民まで含む個人までターゲットにしているところ」だ。

「例えば、侵入工作」では

「ターゲットの家に侵入工作を行い続ける為に必要な鍵(合鍵)」を

「鍵等のプロの工作員が準備」し

「侵入工作員に渡している」。

「侵入工作実行に際して」は

「ターゲット監視工作員がターゲットの家が確実に留守である間」を

「侵入工作員に伝えている」。

「ターゲットが出かけたり、近くまで戻って来る」と「伝えている」から

「その間は、侵入工作員は安心して侵入工作が行える事になる」。

「侵入工作で行う事も非人道的」だ。

「例えば、

油や醤油や酒や飲料等々、ターゲットが常用する物に弱毒物や有害物を仕込んだり、

ターゲットの個人情報や仕事情報等を吸い上げたり、

ターゲットの部屋の状態を工作電磁波が通り易くしたり、

・・・等々」。

「吸い上げた情報等は情報分析工作員等が解析し、

ターゲットの行動パターンを割り出したりする事で

出先での飲食物・電磁波等工作員との遭遇確率を上げたり」する。

「心理的に弱らせたり、身体的に弱らせたり、する事」により

「ターゲットに本来の実力を発揮させられない様にする」と

「共」に

「弱体化・病気化・早死に化」等を「目論んでいる」。

「ターゲットが怪我や病気になれば、

医療工作員であるそのスジの医師や看護師等々が

更なる、工作を仕掛ける」。

「仕事・商売等の邪魔・潰し工作も旺盛」だ。

「政財界にも、情報・教育界にも、工作員が居る」。

「工作活動を露呈させない為の圧力」として

「核・ミサイル等の脅しや金や弱み握りや権力保持等や

黙殺せしめ続ける情報・教育等を強い続ける事等は

大いに有効だから」だ。

「集団工作の結果、

ターゲットとされている日本人」は

「出世率も低くなり、

反対に、出世出来れば、その反面で

結婚・子造り・子育て等が困難にされ、

弱体化・減少等させられ続けて来ている」。

「工作活動無縁なばかりか、応援工作等まである

そのスジの者たち」は

「出世し易く、有名人化し易く、稼ぎ易く、子沢山化し易く」なっている。

「上辺では、北朝鮮金政権等の手下やオトモダチ等の見分けは困難」だが

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令等による工作活動等を

実質的に、放置・容認・黙殺等させ続けようとする内実」は

「共通」だ。

「それは、

摘発され、厳罰が与えられる状態になる」なら

「摘発される側になる」のだから

「当然の現象になる」』。

『「何れにしても、

集団工作まで蔓延っている経済戦争社会である

戦後日本社会を平和と言う」のは

「変」だ。

「変な事を公然化し続けようとしているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「変になる」』。

『「天皇陛下のお言葉上の平和」と

「世間一般の平和」とは「全く、実が違う」。

「天皇陛下のお言葉上の平和」は

「実際に平和だ!という事では無く、

平和であって欲しい・・・」だ。

「それを、実際の平和であるかの如く脚色して風潮する」のは

「本当に、酷い」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」や

「学校教育等」なら

「実際の戦後日本社会の実態を告発等する」と「共」に

「平和を得る為に必要な

多くの人類の精神構造と人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化に有益な

情報・教育等を行うべき」だ。

「武力戦争精子文化から経済戦争精神文化に進歩しても

地球環境を支配植民地の如く食い荒らしている状態を是認・黙認等し続けている」のでは

「本当に、仕方無い」。

「比べっこ故に必要となってしまっている

実施的、自虐を排除する為」にも

「多くの人類の精神構造」と

「人間社会の精神文化」を

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルに

健常進歩・正常進化させる実務」は

「今、生きてる、全ての人類の重要実務」だ。

「この重要実務上で、大きな力を発揮しているべき存在である

情報・教育界の者たち等」が

「現状の様に、比べっこ賛美状態ばかり・・・では、

本当にお話しにならない」。

「必要な仕事が出来ない者たち等」は

「情報・教育界の要職等の立場・報酬・権力等」を

「必要な仕事が出来る者たちに譲るべき」だ』。

『「世界平和さえも実現出来ていない」のは

「多くの人類が自分の実体やその実体の本来の目的さえ???状態」で

「現状に縋っている亡者状態だから」だ。

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い

自己健常制御を継続している人類がほとんど」なら

「世界平和が当たり前になる」ばかりか

「地球環境問題の解決も容易になる」。

「逆に、既に、科学レベルで判明している人類誰もの自分の実体や

自分の実体の本来の目的等を

黙殺せしめ続ける情報・教育等を続ける」なら

「恐竜が絶滅したのと同様に、人類滅亡が必然」になる』。

『「相変わらず、筆者の周囲の電磁波工作・飲食物工作・侵入工作等も酷い」。

「鍵のプロ工作員が家や車のコピーキーをつくり

侵入工作員等に渡しているところ」や

「ネット工作員(北朝鮮等他国内に居る者も少なく無いかも知れないが・・・)」等くらい

「早急に徹底摘発し、被害者数の多さ故の厳罰等を与えるべき」だ。

「工作活動等を実質的に黙殺せしめて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等も本当に酷い」』。

『「戦後日本」の

「れレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« ずっと旧社会党系人脈が与党状態の戦後日本のテレビ・ラジオ・芸能界等と学校教育界等問題・・・。 | トップページ | 戦争関連・お盆関連はそろそろ終わりの様だが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事