« スパイだ!と日本国民を拘束した北朝鮮金政権&日本の中の北朝鮮スパイ・工作員等を十分に摘発さえしていない戦後日本の歴代政権・・・。 | トップページ | 戦後73年を平和と言われてもねぇ・・・。 »

ずっと旧社会党系人脈が与党状態の戦後日本のテレビ・ラジオ・芸能界等と学校教育界等問題・・・。

『「政界には選挙がある」から「今や、旧社会党系の国会議員等は少数派」になっている。

「ところが、テレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界等や学校教育界等」には

「選挙も無い」から

「例え、

公共の電波を使っていても、

公共的大規模になっていても、

公立の学校教育等でも

与党的に実権を握り占めている人脈」は

「変わっていない」。

「採用人事権等も持っている」から

「世代交代しても、

公共的モノなら在って当然の民意反映等は何処へやら、

同様の人脈の者たちの割り合いが一定以上とされ

旧社会党系人脈の与党状態は変わらない」。

「その実態」は

「例えて言う」なら、

「旧社会党系人脈の者たちも大きな実権を保持していた民主党政権が

選挙も無く、

連綿と続けられている様なモノ」だ。

「実害」は

「以下の通り等々になっている」』。

『「戦後日本の学校教育」は

「先生の言う事や教科書や参考書の内容を覚えよ!状態」だ。

「授業」は

「実質的に、教科書や参考書等の内容を先生が脚色して行っている」から

「教師の思惑等も生徒に覚えさせる事が可能になっている」。

「もちろん、

所謂、理系の分野」では、

「教師の思惑等が天動説的思惑等なら

教科書や参考書等の内容と大きな齟齬がある事が直にバレる事になる」ので

「授業内実と思惑が強くリンクしている事は少ない」。

「しかし、

所謂、文系の分野」では

「教科書や参考書等の内容も考え・思いによる納得レベルが多い」ので

「教師の思惑等」を

「授業内容内に強く織り込んで覚えさせる事も可能になってしまっている」。

「戦後長い間、ネットが普及する前まで」は

「日本に自虐を強いる反面で中・韓(北朝も含む)を不当に利す思惑等」が

「平然と織り込まれ続けて来ていた」。

「現状では、

先生等上の立場の者の言う事には忠実に従う者仲間状態に成りなさい等、

有名人や大権を持つ者等で操るのに都合の良い精神構造を育成する思惑等」が

「主になっている」。

「比べっこレベルの精子構造を維持させ、

自己健常支配の継続による支配欲の本来欲求の健常充足は教えず、

その代わりに必然的に生まれ続ける支配欲の代償欲求」を

「上の者には従順に!・・・つまり、被支配される様に、

下の者は上の者の都合に沿う様に支配!・・・つまり、上の者の都合に沿う他者不健常支配が出来る様な

状態」に

「組み立てさせる{教育}」が

「史実や文学等々をダシ」に

「行われている」。

「その様な{教育}で育った者たちを操る」のが

「実質的には、

テレビ・ラジオ・マスコミ界がつくり出している

有名人等の役割」だ。

「その操りの目的」が

「旧社会党系人脈の者たちが強い実権を持つ政権の樹立であった事」は

「実質的に、テレビ・ラジオ・マスコミ等の多大な支援よりつくり出された

民主党政権」という「実態」からも

「既に、明らか」だ』。

『「問題」は「何故そんな事をし続けているのか?」になる。

「民主党政権時には、日本が細らせられた反面で、中・韓・北朝等が大いに太った」。

「旧社会党等と北朝鮮労働党はオトモダチ」だ。

「米軍の占領政策」では

「日本の保守派の教師等を徹底排除した裏」で

「所謂、左翼や朝鮮系の者たちを重用」した。

「在日の母を持つ北朝鮮金独裁政権がその正当性を担保し続ける為には

日韓の支配が必需になる」。

「戦後の日本社会は、

スパイ・工作活動対策が圧倒的に不十分な状態が

続いて来ている」が

「この重大問題」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等も学校教育でも、

ちゃんと取り上げられず、

むしろ、黙殺強い状態」だ。

「拉致までされ、オウム事件まで起こされているのに!!!」だ。

「・・・浮かび上がって来ている」のは

「北朝鮮金政権等の為の

北朝鮮金政権等のオトモダチ、もしくは、手下等による

日本乗っ取り支配等の思惑等になる」』。

『「比べっこレベルの精神構造状態を維持し続ける事等を

学校教育等やテレビ・ラジオ・マスコミ等により

教え込まれ続けている」のが

「現状の多くの視聴者・読者等の実態」だが

「テレビ・ラジオ・芸能界等が提供する比べっこの素」も

「同じ人脈が提供しているのが実態」だから

「与えられる者・物・事の中」で

「いくら一生懸命、比べっこしても、

出て来る結果は

その人脈の都合に沿う様になる」。

「毎日、何処の局でも同様の顔、同様の論が主流扱い」という

「テレビ界の異常性」も

「その人脈の都合を強い続ける為の悪現象」と

「強く推定出来る」。

「何処の局」でも、

「ゲイノウ人や血統家族主義や敵VS仲間概念や比べっこ等々を

反復学習させるのに好都合なドラマ等」は

「得意技」だ。

「最近では、NHKでもゲイノウ人を重用状態」だ。

「日テレやフジでは、与えるゲイノウ人や店・ファッション等々を覚えなさい!情報が主で

政治・社会・ニュース等はサブ的」になっている。

「TBSや朝日等では、与える政治・社会・ニュース等情報を覚えなさい!が主で

ゲイノウ人や店・ファッション等々を覚えなさい!はサブ的」になっている。

「若干の主・サブの違いはあっても、

配信情報内実は同様」だから

「何処の局でも、同様の者、同様の論、同様のニュース等が主扱い」で

「視聴者等がその中でいくら比べっこしても

得られる結果は同じ様になってしまう」のは

「極めて当たり前の現象」になる。

「テレビ・ラジオ界等」の

「情報内容や出演者等々の内実のある多様性の担保」は

「極めて重要」だ。

「多様性が明らかに不十分な現状は即刻にでも是正する、させられるべき」だ』。

『「学校教育」では

「精神構造をちゃんと健常成長させる事が出来る様にする事」こそが

「極めて重要」だ。

「例えば、

同じ史実を基にしても、

合戦等の勝者・敗者やその時代の覇者等を

覚えさせる{教育}」では

「精神構造の健常成長が促される訳も無い」が

「当時の人々は、何故、合戦を行ったのか?」や

「何故?覇権等を求めたのか?」等を

「探究する」なら

「必然的に、

当時の人々の精神構造や当時の人間社会の精神文化の実態等を

探究する事になる」。

「物質文明の進歩・進化と共に、合戦や覇権の内実も変わっている実態」と

「精神構造・精神文化の進歩・進化の遅さ等の実態」を

「理解・把握する」なら

「必然的に、

精神構造や精神文化を急速に健常進歩・正常進化させなければならない

今生きている人々が持たされている重大な仕事等」にも

「思いが至る人々が多数出る事になる」。

「比べっこ」と

「自己健常支配の代わりに

他の者・物・事等の支配や

他の者・物・事等による被支配を

過剰追及し続ける」

「乳幼レベルの精神構造」から

「成人レベルの本質・快適等探究の精神構造」に

「精神構造を健常成長させる為に有益な教育」は

「何故、行われないのか!」

「其処に露呈している」のも

「支配/被支配の構造に基づいた悪の思惑等に他ならない」』。

『「もう、いい加減に、米軍の占領政策の負」は

「解消する、させるべき」だ。

「特に、情報・教育界の負」は

「早々に解消する、させるべき」だ。

「解消させる為に必要な事」は

「現状で情報・教育等の仕事を行っている者たちの資質・能力等の向上か?」

「人脈の入れ替えか?」

「何れにしても、急務である事は変わりが無い」。

「選挙も無いから・・・」と

「旧態依然とした情報・教育等を行い続け、

実質的に、北朝鮮金政権等を利している者たち等」に

「何時までも、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« スパイだ!と日本国民を拘束した北朝鮮金政権&日本の中の北朝鮮スパイ・工作員等を十分に摘発さえしていない戦後日本の歴代政権・・・。 | トップページ | 戦後73年を平和と言われてもねぇ・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事