« 相変わらず、少なくとも、筆者の周囲では、電磁波工作等が旺盛だが・・・。 | トップページ | オスプレイを大問題にしている日本の中の北朝鮮の工作員等を十分に問題にしない者たち等問題・・・。 »

自民党総裁選の裏にも漂う北朝鮮金政権等の臭い・・・。

『「戦後の日本社会の中には、朝鮮系の人々が多数居る」。「朝鮮戦争時からは、南北に分れた」。

「その結果、その後の日本社会の中」には

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等が多数居る状態となって来ている」。

「その様な人脈が在ったから」こそ、

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致する拉致{工作}までも」が

「実現してしまって来ている」。

「多くの拉致{工作}」は

「拉致対象者の割り出しに始まり、

割り出した拉致対象者に有益分子化教育等を施し、

多くの場合、日本海側に来る運び屋工作員のところまで

拉致対象者の実態把握を困難にさせたまま、穏便に移動させる為に

協力者等の家や宿等を使い、

運び屋工作員に渡す方法」で

「実行された」。

「現状の拉致問題でクローズアップされている

日本海側で北朝鮮の工作員に直接拉致された人々」は

「むしろ、レアケース」になる。

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致した拉致工作の目的」は

「日本全国各地に北朝鮮から送る北朝鮮の工作員を溶け込ませる為」の

「教育係が必要だったから」だ。

「そして、数多くの教育係にその場所に溶け込む為に必要な教育を受けた

数多くの北朝鮮の工作員」が

「日本国民の拉致とは真逆の手段により

北朝鮮から闇渡来し

日本全国各地に溶け込んでいる」。

「戸籍等などは差別の無い公務員等の中に協力者等が居る」なら

「どうにでもなった」のが

「実状」だ。

「何しろ、何十年か前までは、日本国にあり得ない住所でも転出届が受理されていたくらい」で

「戸籍上では実質的に、追跡困難となった者は、当然の如く、どんなに稼いでも無税」だった。

「在日外国人の通称使用が公然化していた当時の日本国内」では

「適当な名前での銀行口座の開設も容易だった」から

「そんな異常に甘い社会状態だった当時までに、

北朝鮮から渡来した工作員等」は

「戸籍も銀行口座等も保有出来ていて当然になる」から

「上辺では、一般日本国民との区別も困難になる」。

「そんな状態の者たち」が

「日本全国各地に送り込まれ、

北朝鮮金政権等にとって都合の良い

日本社会や世論の状態をつくり出す為の工作や

不適応分子粛清工作や

スパイ等々の

元締めを行い続けさせられて来ている」のが

「日本社会の寒過ぎる実状」だ。

「北朝鮮労働党のオトモダチも多数居る情報・教育界や反対野党等」による

「情報・教育工作も政界工作等」も

「実際に、大きな実効をもたたしてしまった」から

「戦後日本社会では

しばらくの間

日本が自虐を選択する事が当たり前・・・の状態にまで

なってしまっていた」。

「ネットの普及により、情報統制状態が崩れ、情報が是正されて来てから、

ようやく、是正の動きが出て来ている」が

「未だに、日本の中の北朝鮮金政権等の手下、スパイ・工作員等やその協力者等の

重大問題」は

「実質的、放置状態が続いてしまっている」。

「一説では、その裏に在る」のが

「北朝鮮金政権等による核・ミサイル等の脅し」だそうだ。

「逆から言う」なら

「北朝鮮金政権等による核・ミサイル等の脅しを排除出来る」なら

「日本の中の北朝鮮金政権等の手下、工作員・協力者等の

大々的告発~徹底摘発等が

実現可能になる事になる」』。

『「上記の様な戦後日本社会の中に在る重大問題にも思いを至らせた上」で

「今回の総裁選について考えてみるとどうなるのか?」』

『「立候補した、する」のは

「石破氏」と「安倍現総理」と言われている。

「北朝鮮対応について」は

「安倍現総理」は、

「米国との協調の下で、先ずは、徹底した圧力を訴えている」。

「石破氏」は

「北朝鮮金政権等との対話を公言」した。

「北朝鮮金政権等にとって、都合の良いのはどちらか?」』

『「自首前の極悪犯状態である現状の北朝鮮金政権等」にとって

「対話も、交渉も、会談も、合意も、・・・時間稼ぎや要求突き付けのチャンス」になる。

「先の米朝首脳会談」では

「一年以内の核放棄に合意した金正恩」だが

「その後、北朝鮮金政権等が実際に行い続けて来ている」のは

「用済みの施設等解体の裏で、核・ミサイルを量産し続けて来ている事等」だ。

「一年以内の核放棄」とは「全く相容れない実態」が

「其処に露呈している」が

「自首前の北朝鮮金独裁政権等にとって会談上の合意等は

守る必要など全く無い事に他ならない」から

「それは、ある意味、当然の現象でもある」。

「米朝首脳会談の合意さえ守らない

北朝鮮金政権等との対話等が

無駄な事は明らか」だが

「対話等の上辺の平和イメージ」は

「大衆受けが良い」。

「実際は、自首していない極悪犯状態の北朝鮮金政権等に

悪戯に、更なる時間等を与えるダケ」で

「その実効」は

「北朝鮮金政権等が持つ核・ミサイル等の増加や

主として、日韓内等、他国内での工作活動等の強化~増大等」に

「なってしまう、なってしまっているダケなのに!!」

「多くの人々は、

対話等の上辺の平和イメージ等に

何時までも騙され続けていてはいけない」』。

『「北朝鮮金政権等との対話で忘れてはいけない」のは

「金丸副総理(故人・当時)による北朝鮮金政権との対話」だ。

「実質的には、売国的内容を{軽約束}した金丸氏の金庫の中」には

「北朝鮮製の金の延べ棒がゾロゾロ・・・」という「後日談まで言われている」。

「北朝鮮金政権等の対話手口の実例の一つ」だ。

「さすがに、今日では同様の手段は使い辛いだろうが、

自首前の極悪犯等が行う事」は

「想像に難く無い」。

「極悪犯が自首するしか無いと悟り、自首するまで、

圧力等を高め続け、

必要なら、限定攻撃等までも厭わない

・・・それが、自首前の極悪犯等に対する実効のある対処法」になる』。

『「日本の中の北朝鮮金政権等の手下等やその協力者等」は

「対話を言った石破氏を圧倒的に推している筈」だ。

「実際に、

民主党政権等を推していたテレビ・ラジオ・マスコミ等やその常連出演者・常筆等の多くも

実質的に、石破氏推しの様相を露呈している」』。

『「今回の総裁選の有権者である

自民党国会議員や自民党員・党友等」の「多く」は

「民主党推しのテレビ・ラジオ・マスコミ等や

平和イメージで操られている世論等」には

「騙されない筈」だ。

「それでも、日本の中の北朝鮮金政権等の手下、工作員等やその協力者等の臭い」が

「未だに、濃厚に漂い続けている様相」なのは

「テレビ・マスコミ等が実質的につくり出した小泉ジュニア人気」の

「悪の効果を狙っているから」かも知れない。

「もっとも、此処で、悪の効果に利用された」なら

「小泉ジュニアの政治生命も終わりになる事になる可能性大」だが』。

『「何れにしても、

日本からの戦争が無い戦後の日本で

反戦!を訴えて、正義ぶっていたり、

核兵器の無い日本で

反核を訴えて、優等生ぶっていたり、

オスプレイに大反対!でも

日本の中の北朝鮮金政権等の手下、工作員等の問題には沈黙・・・だったり、

・・・等々して来ている人々」は

「明らかに変」だ。

「戦後の日本で訴えるべき」は

「反戦!では無く、北朝鮮等のスパイ・工作活動等の排除!!である事は疑いの余地が無い」。

「戦争になればアッと言う間に負ける北朝鮮にとっては反戦!こそが必要で

戦後の日本の中で行い続けて来ているスパイ・工作活動等を表沙汰にされる事等は

絶対に避けたい事!

なのかも知れないが」。

「北朝鮮金政権等が持つ核兵器等の脅し圧力を高めさせる為には、

日本を核ゼロ状態にする事が有効になるから

日本で反核兵器・反原発を訴える事等は

北朝鮮金政権等にとっては合理的になる」。

「元々、核兵器など持つ気も無く、

原発を環境問題対応の為に安全に使いたいダケの

多くの日本国民の考え・思い・感等は何処へやら、

温暖化~極端気象が益々顕著になって来ている今日、

悪戯な反核兵器・反原発運動等で

暑くなっている人々等」からは

「何処と無く、北朝鮮金政権等の手下等の臭いがして来る・・・」のも

「ある意味、当然の現象」なのだろう。

「何れにしても、北朝鮮金政権等問題の解決は急務」で

「その中には、言うまでも無く、

日本の中の北朝鮮金政権等の手下、工作員等やその協力者等が

行い続けて来ている悪事の徹底摘発~排除等も含まれている事」も

「当たり前の話し」になる。

「工作活動等汚染の無い健常な日本を取り戻す時」が

「一刻も早く訪れる事を願っている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

|

« 相変わらず、少なくとも、筆者の周囲では、電磁波工作等が旺盛だが・・・。 | トップページ | オスプレイを大問題にしている日本の中の北朝鮮の工作員等を十分に問題にしない者たち等問題・・・。 »

政治」カテゴリの記事