« 国連事務総長も原爆記念碑に献花だが・・・。 | トップページ | スパイだ!と日本国民を拘束した北朝鮮金政権&日本の中の北朝鮮スパイ・工作員等を十分に摘発さえしていない戦後日本の歴代政権・・・。 »

サンデーモーニングでは、本日も日本の公共の電波を使って「実質的に北朝鮮金政権等を利す政治運動」等を行っていたので本当に酷い・・・。

『「お亡くなりになっても政治運動に利用されている翁長氏」が「主張されていた」のは

「沖縄にこれ以上米軍基地はつくらせない!」等だった。

「しかし、沖縄に新たな米軍基地をつくらせない事の実態」は

「{世界一危険な}普天間基地の継続使用」になる。

「翁長氏の主張を生み出させた源泉の一つ」は

「民主党鳩山政権時」の「最低でも県外!」で

「最低でも県外!{カルト宗教}に毒されてしまった」のは

「翁長氏だけでは無かった」。

「最低でも県外!が何故{カルト宗教}か?」と言えば

「それが理想論であり現実論では無いから」で

「米軍のオペレーション上」や

「昨今の極東情勢」等により

「現実としては無理な理想論は理想論でしかなかった」から

「言い出しっぺの鳩山氏自身」も

「後には、勉強すればする程・・・等」と

「自身の弁を取り下げて是正した」から

「{世界一危険な}普天間基地機能の一部」を

「辺野古に移すプロジェクト」も

「その後、再進行する事になり、現状に至っている」。

「それなのに、その後も、最低でも県外!{カルト宗教}漬けの人々」は

「本当に哀れ」だ。

「現実論としては成り立たない理想像に執着させられる事の実効」は

「{世界一危険な}普天間基地継続使用となっている」から

「理想像に執着する事等により、

{世界一危険}を温存させてしまう自虐行為を行ってしまっている」のが

「実態」になる。

「そんな自虐を煽り続けている」のが

「北朝鮮金政権等の実質的、手下の様相を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「本来」なら

「{世界一}危険な」普天間基地機能の一部を辺野古に移設する事」と

「沖縄米軍基地の縮小」が

「行われている現状実態通り」に

「伝わる情報配信をすべき、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「反自民党政権や反米感情を煽る事等には都合が良い

{辺野古に新たな米軍基地}ダケを強調する

{辺野古移設}等の言い回しを常用する

実質的、情報操作等を行う事」等により

「最低でも県外{カルト宗教}信者状態に多くの人々が陥る事」等を

「煽っている」のだから

「本当に酷い」。

「{カルト宗教}煽りや、

反対野党や北朝鮮金政権等を利す政治運動」等を

「行っているのでは無い、

実態や事実・現実を原寸大で伝える

健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「辺野古移設」と「言わず」に

「普天間基地機能一部辺野古移設&沖縄米軍基地縮小」等の「表現」を

「常用すべき」だ。

「沖縄知事選の有権者」は

「{カルト宗教}等煽り、テレビ・ラジオ・マスコミ等々に操られた

自虐行動を起こさない、起こさせられない様に、

ご用心!!」』

『「自民党総裁選」でも

「見極めるべき」は

「安倍氏と石破氏のどちらが北朝鮮金政権等にとって都合が良いか?」になる。

「戦後の日本に襲い掛かり続けて来ている北朝鮮金政権等の重大問題」は

「昨今、日本の中の北朝鮮金政権等の実質的、手下等により

無理やりにでも重大問題化させられ様とし続けて来ている

森友・加計等の実質的、小問題」より

「遥かに深刻な今、絶対に抜きにしてはいけない事だから」だ。

「元々の人脈や未までの発言内容等々」から

「既に、明らかな事」は

「北朝鮮金政権等にとって」は

「安倍氏より石破氏の方が都合が良い事」だ。

「金(金丸)・竹(竹下)・小(小沢)政権」とは

「北朝鮮金政権等と仲の良かった政権」で

「後に、金丸氏の金庫からは北朝鮮製の金の延べ棒がゾロゾロ・・・という事態」等は

「多くの人々が既に、知っている事」だろう。

「石破氏と小沢氏が、自民党を離れ、行動を共にしていた事もある事等」も

「多くの人々が既に、知っている事」だろう。

「逆に、安倍政権が北朝鮮金政権等に厳しい事」等も

「多くの人々が既に、良く知っている事」だろう。

「北朝鮮金政権等の重大問題が片付くまで」は

「北朝鮮金政権等に対して厳しい政権の方が合理的である事」等も

「もはや、多くの人々の常識」だろう。

「何しろ、北朝鮮金政権等に対する太陽政策」は

「独裁者等にとって、好都合」で

「ゆとりを与えられた独裁政権が行った事」は

「より確実に独裁を継続させる為」に

「核・ミサイル・大量破壊兵器等や

他国内での工作活動等」の

「増強だった」のだから!

「ところが、常連出演者等」は

「石破氏側」を

「保守本流」等と

「イメージ賛美宣伝」等していた。

「安倍氏側」が

「日本の保守である事等は既に明白」なので

「常連出演者等の言う保守本流」とは

「北朝鮮金政権等にとっての保守の意味に思えた」のは

「筆者たちだけでは無い筈だが」。

「実質的、少数派」を

「本流等々」と

「如何にも多数の如く喧伝する事」等が

「そのスジの者たちの得意技である事」等も

「既に、多くの人々が重々承知の事と思うが」』。

『「米国トランプ政権」の「イラン対策」で

「世界」は

「二分化されて行く様相」でもある。

「ロシア・中国共産党支配下の中国・北朝鮮・イラン」等と

「欧米諸国や日本」等々の

「二分化」は

「近々、何れ終わりの日を迎えざるを得なくなる現状人間社会・経済システム等」が

「崩壊する時」の

「居場所にも直結している」。

「世界中の何処の誰が考えても、

悪者役を引き受けざるを得なくなる」のが

「ロシア・中国共産党支配下の中国・北朝鮮・イラン等である事」は

「疑いの余地が無い」。

「中国共産党支配下の中国」は

「民主化度や公正度等々が高まれば、

必然的に、ロシア・北朝鮮・イラン等から離れて行く事になる」が

「しがらみが強いロシアと余りにも酷い北朝鮮とイラン等の連携状態」は

「簡単には崩れない」。

「それら悪者役を相手」に、

「欧米側は正義役を行いながら、現状人間社会・経済システム等を崩壊させて行く事になる」。

「日本に求められている」のは

「現状人間社会・経済システム等崩壊後の次世代構築役等と既になっている」。

「それなのに、

未だに、

旧態依然とした

反対野党等や北朝鮮金政権等の為の

実質的、政治運動等を行い続けている劣悪状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等々が多い」のだから

「本当に呆れる」』。

『「核兵器禁止条約で核兵器が無くなる訳も無い」。

「核兵器を廃絶させる為」には

「無法者や無法国家等々には通用する訳も無い法等で縛るのでは無く、

ほとんどの人々の精神構造や

人間世界の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」等が

「必需」だ。

「法等を生み出している精神構造や精神文化自体」を

「健常進歩・正常進化させない限り、上辺の法等の実効は薄くなる」。

「精神構造や精神文化自体が健常進歩・正常進化している」なら

「上辺の法等に関わらず、相応に大きな健常進歩・正常進化実効が生まれる」。

「当たり前の事」だ。

「核兵器」とは

「武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争い」が

「人間世界の主流最先端精神文化であった時代」に

「必然的に生み出された物」であり、

「その実用により、

武力による~が

武力を後ろ盾にした経済による~に

若干、進歩させた{功績}」のある物」であり、

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」という

「現状人間世界の主流最先端精神文化上でも大いに有用な物」でもある。

「人々の精神構造や人間世界の精神文化」が

「比べっこレベルである限り、核兵器の有用性は無くならない」が

「多くの人々の精神構造や人間世界の精神文化」が

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルに健常進歩・正常進化する」なら

「核兵器」は

「自虐性の高い物」であり、

「有用な物では無くなる」。

「ここで、極めて重要になる事」は

「上辺を法等で縛り、人々の考え・思い等を拘束等する事では断じて無い」。

「有用と出来ている精神構造や精神文化自体」を

「健常進歩・正常進化させる事に他ならない」。

「つまり、

武力を後ろ盾にした比べっこ支配権/被支配権争いを行いながら

或いは、その利権等を貪りながら、

優等生ぶり、正義ぶり、

核兵器廃絶法等を訴えても、

偽善等にしか成り得ない」。

「本気で核兵器を廃絶させたい」のなら

「人々の精神構造や人間世界の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事」等に

「力を加えていて当たり前になる」』。

『「毎日、何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかりが主流・・・」という

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等や学校教育界等」は

「本当に異常」だ。

「特に、朝鮮半島内が南北に分断された後」は

「北朝鮮金政権等を実質的に、利す論や者等が主流になっている場合も多い」。

「本当に、異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「本当に、急務」だ』。

|

« 国連事務総長も原爆記念碑に献花だが・・・。 | トップページ | スパイだ!と日本国民を拘束した北朝鮮金政権&日本の中の北朝鮮スパイ・工作員等を十分に摘発さえしていない戦後日本の歴代政権・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事