« アクア約1年だが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、相変わらず、もはや、今時としては、劣悪レベルの経済論や水道法論等々を常連出演者等が日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

核・ミサイル開発を続けている北朝鮮金政権&戦争等を当時のまま繰り返し復習させる番組の配信に熱心な今、一番戦争が困る北朝鮮金政権等の都合に沿う情報配信を続けている日本のテレビ・・・。

『「北朝鮮金政権等との対話・合意等が無駄な事」は「既に、過去の対話・合意等が示している」。

「米朝会談時の核放棄合意」も

「口先等ダケである実態」は

「既に、露呈して久しい」。

「それでも、未だに、対話・交渉等を続けている米国トランプ政権等」は

「何れは、限定攻撃や戦争等に移行するしか無くなる事も重々承知の上」で

「現状では北朝鮮金政権等に対し、異常なまでの甘い対応を行っている」。

「米国トランプ政権の核放棄するまで制裁解除はしない等の要所を押さえた上での

以上なまでに甘い

北朝鮮金政権への対応にも関わらず、

北朝鮮金政権等が核・ミサイル等の開発や他国内での工作活動等を行い続ける」なら

「北朝鮮金政権等の極悪度は国際社会内でより高く認知され易くなる」。

「北朝鮮金政権等は中国共産党やロシア等を抱き込む事により

国際社会が持つ極悪イメージを和らげさせようと必死」だが

「中国共産党にしてもロシアにしても

米国トランプ政権と北朝鮮金政権のどちらを最終的に選ぶのか?の選択」で

「北朝鮮金政権等を選ぶ訳も無い」。

「核放棄前に朝鮮戦争の終結宣言や米国による体制保証等を欲しがっている北朝鮮金政権等」だが

「終結宣言しても強い裏切り等があるなら直に開戦宣言が出来る

朝鮮戦争の終結宣言はあっても、

核放棄前の体制保証はあり得ない」。

「散々、国際的合意を反故にし続けて来ているばかりか、

極悪非道な大悪事を積み重ねて来ている北朝鮮金政権等が

今、取るべき態度」は

「本気の自首等以外にあり得ない」。

「それは、至極当たり前の事」だが

「至極当たり前の事に徹底的に叛いて無理やり政権を立ち上げ

恐怖政治や粛清や他国内での工作活動等々により無理やり政権を維持して来ているのが

北朝鮮金政権等の実態」だ。

「自首前の極悪犯とは通常の話しが成り立たない場合が多い」のと

「全く同様の事態」が

「北朝鮮金政権等の合意反故」で

「先の米朝会談での合意」も

「反故にするのが当たり前の状態なのが北朝鮮金政権等の実態」だ。

「そんな北朝鮮金政権等の都合の良い口先等に乗って

下手な支援等をしている中国共産党支配下の中国等」の

「国際的地位等はどんどん下降して行く事になる」から

「米中貿易戦争の早い終結と北朝鮮金政権等に対する支援等の打ち切り」の

「タイミングを見計らっている」のが

「現状の中国習政権の実態」だ。

「米国トランプ大統領が呼びかけた二度目の米朝会談」に

「北朝鮮金政権等が応じても、応じなくても、

北朝鮮金政権等が自首しない限り

結果は同じになる」。

「北朝鮮金政権等が自首しないなら、

北朝鮮金政権等の先は非常に短い事になる」』。

『「上記の様な実態」は

「既に、明らか」なのに

「未だに、北朝鮮金政権等の都合に沿う情報配信等を行い続けている

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が多い」。

「学校教育等でも同様」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の

北朝鮮金政権等汚染度はかなり高い」。

「その様な実態」は

「朝鮮系の者たちや所謂、左翼を重用した米軍の占領政策時~南北分断時から

今でも、在り続けている」から

「例えば、日本全国から多数の日本国民を拉致した拉致工作でさえも

しばらくの間は

多くの日本人男性が勝ち目の無い戦場に強制徴収されて送り込まれていた戦時中の

当時の日本国民であった朝鮮人の軍事施設等々への強制連行等と

バーターにされ無い事、黙殺、黙認状態」が

「情報・教育上で実質的に強いられていたり」、

「日本国内のスパイ・工作活動等対策が異常なまでに甘いままだったり」

「等々・・・している異常状態」が

「戦後の日本社会では数多く露呈し続けて来ている」。

「異常状態に対する対策を行わない、行わせない状態も続いている」から

「例えば、

未だに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や学校教育等々では

北朝鮮金政権等の都合に沿う情報・教育等が主流なまま・・・」だ』。

『「未だに、毎年、この時期になる」と

「原爆被害」や

「戦争被害」等々ばかりが

「公共の電波上や公共的マスコミ上で大々的に配信され続けている」。

「本来」なら

「当時の人々の精神構造の問題」や

「当時の人間世界の精神文化の問題」を「掘り下げる事」等により

「何故、戦争になったのか?」や

「戦争を二度と起こさない為には何が必要なのか?」等々が

「探究されているべきなのに!」

「日本からの戦争が絶対と言って良い程無くなっている

スパイ・工作活動天国状態の戦後の日本」に

「実際に必要な事」は

「反戦!では無く、反スパイ・工作活動!!である事」は

「自明の事実なのに!!!」

「北朝鮮金政権等の手下等では無い

必要な資質・能力等が有る者たち等」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事を行っている」なら

「今、情報配信されていて当然の情報内容」が

「其処に在る」』。

『「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮金政権等の手下等」や

「資質・能力等が不十分な者たち等」を

「何時までも、重用」し、

「重要な立場を与え続けたり、

過分な報酬・権力等を与え続けたり、する必要は全く無い」。

「選挙のある政界」では

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等が持つ力」は

「もはや、圧倒的に小さく是正されている」が

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」では

「未だに、北朝鮮金政権等の実質的、手下等が旺盛な状態が露呈し続けている」。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« アクア約1年だが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、相変わらず、もはや、今時としては、劣悪レベルの経済論や水道法論等々を常連出演者等が日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事